生える人をふやす

    2017年09月20日 更新

    頭頂部が薄毛になったら要注意! AGA(男性型脱毛症)の特徴と治療薬

    「薄毛」と聞くと、頭のどのあたりの髪が薄い状態をイメージしますか? 多くの人は、頭頂部がハゲている画を思い浮かべるかと思います。この「てっぺんハゲ」と呼ばれる薄毛は、放っておいたら危険なのです! 今回は、頭頂部のハゲと、その治療薬についてお伝えします。

    頭頂部の薄毛が危険な理由

    頭頂部の薄毛には要注意。

    頭頂部から薄毛になった場合、AGA(男性型脱毛症)の可能性があります。

    AGAは、男性ホルモンの働きによって発症する脱毛症。

    そのため、男性ホルモンの影響を受けやすいとされている頭頂部(つむじ)・おでこの生え際から毛が薄くなっていきます。

    人間の髪の毛は、毛周期と呼ばれる「髪の毛が生えてから抜けるまでのサイクル」を繰り返しています。

    したがって髪の毛が抜けるのは自然なことなのですが、成長のサイクルである毛周期が乱れることによって、必要以上に抜けてしまうのは別。

    AGAになると正常な毛周期が保てず、成長途中の段階でどんどん髪の毛が抜けてしまいます。

    髪の毛を生やすために必要な毛母細胞には限りがあるので、抜ければ抜けるほど新しく生えてくる髪の毛の本数は減っていくことに……。

    また、AGAは進行性の脱毛症なので、放っておいても自然に治ることはありません。

    むしろ放っておけば放っておくほど、手遅れになる確率が上がっていきます。

    頭頂部が薄毛になる原因

    頭頂部が薄毛になる原因の一つとして挙げられるAGAは、男性ホルモンの働きが関係する脱毛症。

    男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という還元酵素と結合することにより、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、このジヒドロテストステロンが脱毛を引き起こすのです。

    先に説明したように、AGAにかかると毛周期が乱れるため、どんどん髪の毛が抜けるスピードが早くなっていきます。

    毛根の数には限りがありますし、髪の毛が成長するよりも先にどんどん抜けていってしまえば、自然と薄毛になりますよね。

    また、髪の毛が完全に成長せずに抜け落ちてしまうので、弱く細いうぶ毛しか生えなくなるといった症状もあるため、どんどん髪の毛の密度が低くなってしまうのです。

    頭頂部の薄毛がもしもAGA(男性型脱毛症)だったら?

    AGAの症状を改善するためには、投薬によってジヒドロテストステロンの働きを抑制するしかありません。

    AGA治療の効果が科学的に認められている薬は、3種類あります。

    AGA(男性型脱毛症)の治療薬

    • プロペシア(フィナステリド)
    • ザガーロ(デュタステリド)
    • ミノキシジル
    続いて、そのAGA治療薬について詳しく見ていきましょう。

    プロペシア(フィナステリド)

    プロペシアに含まれている有効成分はフィナステリド。

    AGA(男性型脱毛症)の進行遅延が目的とされています。

    世界で初めてAGA治療薬として製品化され、全世界60カ国で認可されており、最も使われているAGA治療薬の1つです。

    国内では、ジェネリック医薬品の販売もされています。

    食事への影響はないのでいつでも服用できますが、次の服用までは24時間ほど置くことが望ましいとされています。

    ザガーロ(デュタステリド)

    ザガーロに含まれている有効成分はデュタステリド。

    ザガーロは2015年9月に厚生労働省から認可され、翌年2016年6月に販売開始された新しいAGA治療薬です。

    デュタステリドは、元々、前立腺肥大症(BPH)の治療薬として使われていた成分で、前立腺肥大症の治療薬として100ヶ国以上で認可されています(※ 2017年現在)。

    こちらも食事への影響はありませんが、プロペシア同様、次の服用までは24時間ほど置くことが望ましいとされています。

    ミノキシジル

    ミノキシジル外用療法は、男性型脱毛症診療ガイドラインにて、AGA治療の第一選択薬として推奨されています。

    ミノキシジル外用は、患部に直接塗れるところがメリットです。

    元々ミノキシジルは、血管を拡張させる働きがあったため、高血圧の人が服用する内服薬として使用されていました。

    ミノキシジルの投薬による治療患者に多毛症が見られ、ミノキシジルが発毛にも効果があることがわかり、AGA治療として用いられるようになりました。


    育毛効果を実感するまでには時間がかかる
    とされており、6ヶ月ほどはかかると言われています。

    万が一、体調に異常が出た場合は、医療機関に相談をしながら使用することが望まれます。

    まずは、AGA(男性型脱毛症)かどうかを調べよう

    最近、頭頂部の薄毛が気になる……もしかしたらそれはAGAかもしれません。

    AGAは自然に治らない進行性の脱毛症なので、放置しておくとどんどん薄毛が進んでしまいます。

    しかし、今回紹介したように科学的に効果が認められている治療薬があり、AGA治療専門のクリニックもあります。

    多くのクリニックで無料カウンセリングが行われているので、頭頂部の薄毛が気になる人は、まず医師に相談してみましょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加