AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
【薬剤師監修】前髪が薄くなる原因と今すぐできる対策を徹底解説! アイキャッチ画像
    薬剤師

    2019年03月13日 更新

    【薬剤師監修】前髪が薄くなる原因と今すぐできる対策を徹底解説!

    薄い前髪に悩まされていませんか? 前髪が薄くなる原因と今日から始められる薄毛対策について紹介します!薄毛をどうにかしたいのであれば、早めの対策が大切です。
    目次
      +前髪から薄くなる症状と原因は?
      1. 前髪が薄くなる症状と原因①:AGA(男性型脱毛症)
      2. 毛周期とは? 毛周期が乱れるとどうなる?
      3. 前髪が薄くなる症状と原因②:FAGA(女性男性型脱毛症)
      4. FAGAにおける症状の原因は「女性ホルモンの乱れ」
      5. FAGA(女性男性型脱毛症)の特徴と原因
      6. 前髪が薄くなる症状と原因③:牽引性脱毛症
      +前髪の薄毛はどうやって治す?
      1. AGAならば認められた治療薬で治そう!
      2. 前髪の薄毛治療法(AGA)①:プロペシア(フィナステリド)の内服療法
      3. AGA治療薬プロペシア(フィナステリド)の副作用と価格相場
      4. 前髪の薄毛治療法(AGA)②:ザガーロ(デュタステリド)内服療法
      5. AGA治療薬ザガーロ(デュタステリド)の副作用と価格相場
      6. 前髪の薄毛治療法(AGAとFAGA)③:ミノキシジル外用療法
      +前髪の薄毛を助長するものとは?
      1. 前髪の薄毛を助長するもの①:頭皮環境の乱れ
      2. 前髪の薄毛を助長するもの②:生活習慣
      3. ハゲを助長するおもな生活習慣
      4. 前髪の薄毛を助長するもの③:偏った食事
      5. 前髪の薄毛を助長するもの④:ストレスや生理不順
      6. 前髪の薄毛を助長するもの⑤:喫煙
      7. 前髪の薄毛を助長するもの⑥:アルコール
      +今すぐできる前髪の薄毛予防とは?
      1. 前髪の薄毛予防①:育毛剤を使う
      2. 前髪の薄毛予防:育毛剤(医薬部外品)の効果
      3. 前髪の薄毛予防②:正しいシャンプーとドライヤー
      4. 前髪の薄毛予防! シャンプーを使った正しい「髪の毛の洗い方」
      5. 前髪の薄毛を予防する「正しい髪の毛の乾かし方」
      6. 前髪の薄毛予防③:生活習慣の見直し
      7. 前髪の薄毛予防:生活習慣の見直しポイント
      -薄い前髪をカバーする髪型って?
      -前髪の薄毛を治したいなら、まずAGA治療の専門クリニックへ!

    前髪から薄くなる症状と原因は?

    【薬剤師監修】前髪が薄くなる原因と今すぐできる対策を徹底解説! 1番目の画像

    前髪が薄くなる症状と原因①:AGA(男性型脱毛症)

    成人男性に起こる前髪の薄毛は、AGA(男性型脱毛症)の可能性があります。

    AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で、男性ホルモンが原因とされる脱毛症。

    2017年現在、日本にいる成人男性の3人に1人がAGAと言われており、決して他人事とは言えない状況となっています。

    AGA発症の原因は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響。

    ジヒドロテストステロンは、髪の毛に栄養を送る「毛乳頭」に存在する酵素「5αリダクターゼ」と、毛細血管に流れる「テストステロン」が結びつくことで生まれます。

    このジヒドロテストステロンによって、髪の毛が持つ生理現象の「毛周期」が乱され、前髪や頭頂部の薄毛を進行させてしまうのです。

    毛周期とは? 毛周期が乱れるとどうなる?

    毛周期とは、髪の毛が生え変わる周期のことを意味します。


    健康な人ならば、成長期が2〜4年程度、退行期が1ヶ月程度、休止期が5ヶ月程度で1,000〜2,000日の毛周期を繰り返します。

    【薬剤師監修】前髪が薄くなる原因と今すぐできる対策を徹底解説! 2番目の画像

    ジヒドロテストステロンには、髪の毛が成長する「成長期」を短くする働きがあるため、毛周期が100日程度に短縮してしまうのです。

    「成長期」が短縮すると、しっかりとした髪の毛を育てることが困難となり、結果的に細い髪の毛や抜け毛が増え、AGAを進行させてしまうのです。

    前髪が薄くなる症状と原因②:FAGA(女性男性型脱毛症)

    前髪が薄くなる症状として、FAGA(女性男性型脱毛症)も挙げられます。

    女性(Female)に起こるAGAということで、このような名称が付けられました。

    FAGAは、前髪だけでなく髪全体が薄くなる「びまん性」をいう特徴を持っています。

    女性の薄毛であるのにも関わらず、「男性ホルモンが原因」と聞いて驚いた女性もいるかもしれませんが、女性の身体の中にも男性ホルモンは存在するのです。

    FAGAにおける症状の原因は「女性ホルモンの乱れ」

    「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンは、男性ホルモンとは異なり、髪の毛を育てる働きがあります。

    しかし、女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少していくため、FAGAになるリスクは加齢に伴って高くなります。

    女性ホルモンの分泌量が減ることで、女性の体内に分泌する男性ホルモンの影響が大きくなり、FAGAの発症につながるのです。

    そして、女性ホルモンの分泌量は加齢だけでなく、妊娠・出産にも影響されます。

    妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されますが、出産とともに分泌量は減少し、薄毛の症状が現れやすくなるのです。

    出産による急激なホルモンバランスの乱れから起こる薄毛を「分娩後脱毛」と呼びます。

    「髪の毛のボリュームが出ない」「髪の毛をセットしても割れて頭皮が見えてしまう」などの悩みを抱えている人は、FAGAを発症している可能性を疑いましょう。

    FAGA(女性男性型脱毛症)の特徴と原因

    • FAGAの特徴:髪全体が薄くなる「びまん性」
    • FAGA(女性男性型脱毛症)の原因:女性ホルモン分泌量の低下

    前髪が薄くなる症状と原因③:牽引性脱毛症

    女性の場合、牽引性脱毛症によって前髪が薄くなることもあります。

    牽引性脱毛症とは、髪の毛が引っ張られ続けることによって抜け落ちてしまう脱毛症。

    ポニーテールやエクステ、ヘアアイロンなど日常的に髪の毛を巻いたり、引っ張ったりする機会が多い女性ほど牽引性脱毛症になる可能性が高くなります。

    髪の毛が引っ張られると、特定の髪の毛に長期的に負荷がかかるため、頭皮の血行が悪化しやすくなります。

    血行が悪化することで、髪の毛の成長に必要な栄養成分が頭皮に十分行き渡りづらくなり、抜け毛・薄毛のリスクが高まります。

    過度なヘアアレンジは、とくに前髪への負担がかかりやすいため注意が必要でしょう。

    牽引性脱毛症に特別な治療法は存在せず、髪を結ぶ頻度を減らす・分け目や結ぶ位置を変えるなどして、なるべく髪に負担をかけすぎないことが大切です。

    【本当の話】治療費に不安があるならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    「○円〜」といった最低価格のみ掲載されていると、実際にどのくらいの金額になるのかわからず、不安ですよね。 AGAヘアクリニックは、治療にかかる費用をすべてオープンにしています。 診察は何度でも無料なので、まずはご予約を。スマートフォンから受けられる無料カウンセリングもこちらから!
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    前髪の薄毛はどうやって治す?

    【薬剤師監修】前髪が薄くなる原因と今すぐできる対策を徹底解説! 3番目の画像

    AGAならば認められた治療薬で治そう!

    AGAは進行性の病気です。

    とくに前髪の薄毛は、最も目立つ薄毛である上に、AGAによる前髪の薄毛だった場合、放っておけばおくほど悪化してしまいます。

    気づけば手遅れ……ということにならないよう、しっかりと薄毛対策をしておきたいところ。

    続いては、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑制する効果が認められた、AGA治療薬を紹介します。

    前髪の薄毛治療法(AGA)①:プロペシア(フィナステリド)の内服療法

    育毛や発毛に効果があるとされるのは、プロペシアの主成分である「フィナステリド」。

    公益社団法人日本皮膚科学会が発表した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 
    (2017年版)」において、Aランク(行うよう強く勧める)に分類され、最も推奨度が高い治療法とされています。

    プロペシア(フィナステリド)は、服用することでジヒドロテストステロンの働きを抑制し、健康的な毛周期に戻す効果が実証されています。

    ただし、医薬品であるプロペシア(フィナステリド)には副作用の可能性があることも忘れてはいけません。

    また、プロペシアは女性男性型脱毛症(FAGA)には推奨されていません。

    女性がプロペシアを服用することは禁忌とされているので、注意しましょう。

    AGA治療薬プロペシア(フィナステリド)の副作用と価格相場

    • 勃起機能不全(1%未満)
    • 性欲減退(1〜5%未満)
    • 精液量減少(1%未満)
    • プロペシアの価格相場:1箱28錠(1ヶ月分)で6,000~7,500円程度
      ※処方しているクリニックによって異なります。
    ※プロペシアの副作用は、「二重盲検比較試験(臨床試験)」で報告

    フィナステリドについてもっと詳しく知りたい人はこちら

    AGA治療におけるフィナステリド(プロペシア)の効果

    前髪の薄毛治療法(AGA)②:ザガーロ(デュタステリド)内服療法

    ザガーロ(デュタステリド)も、ガイドラインで認められたAGA治療薬の1つ。

    「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン (2017年版)」で新たにAランクとして推奨された治療薬です。

    デュタステリドは、フィナステリドと同様にジヒドロテストステロンの働きを抑制し、毛周期の短期化を阻止する効果があります。

    しかも、デュタステリドのAGA治療効果は、フィナステリドの1.6倍とより強力。

    デュタステリドにも、フィナステリドと同じような副作用が以下のように見られます。

    AGA治療薬ザガーロ(デュタステリド)の副作用と価格相場

    • 勃起機能不全(4.3%)
    • 性欲減退(3.9%)
    • 精液量減少(1.3%)
    • ザガーロの価格相場:1ヶ月で8,000〜12,000円程度
      ※処方しているクリニックによって異なります。
    • プロペシアと同様、女性の服用は禁忌。

    ※第Ⅱ・Ⅲ相国際共同治験で報告された内容。フィナステリドと同様、女性の服用は禁忌。

    ザガーロについてもっと詳しく知りたい人はこちら

    AGA対策! ザガーロ(デュタステリド)の発毛効果・副作用を解説

    前髪の薄毛治療法(AGAとFAGA)③:ミノキシジル外用療法

    「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」の中で、ミノキシジルは発毛に効果があることが認められました。


    ミノキシジル外用療法は、AGA・FAGAともに推奨された治療法。

    AGA治療では、毛周期を正常に戻す効果があるプロペシア(フィナステリド)と、血行促進による育毛効果が認められたミノキシジル外用薬の併用が推奨されています。

    FAGA治療の場合、プロペシアやザガーロの併用はできませんが、ミノキシジル外用療法がFAGA治療において唯一「Aランク(行うよう強く勧める)」に指定されています。

    【最新】「男性型および女性男性型脱毛症診療ガイドライン」について詳しくはこちらから

    【2017年版】薄毛治療を正しく理解したいならこれ! 「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」

    【本当の話】治療費に不安があるならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    「○円〜」といった最低価格のみ掲載されていると、実際にどのくらいの金額になるのかわからず、不安ですよね。 AGAヘアクリニックは、治療にかかる費用をすべてオープンにしています。 診察は何度でも無料なので、まずはご予約を。スマートフォンから受けられる無料カウンセリングもこちらから!
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    前髪の薄毛を助長するものとは?

    前髪の薄毛を助長するもの①:頭皮環境の乱れ

    頭皮環境の乱れは、前髪の薄毛を助長する最も大きな要因となります。

    • 頭皮の乾燥
    • 脂漏性皮膚炎

    頭皮環境の乱れの例として、乾燥により頭皮からフケが出る・皮脂の過剰分泌により頭皮の毛穴が詰まることなどが挙げられます。

    頭皮の汚れを落としたい一心で、洗浄力の高いシャンプーを使用して必要な皮脂までも落としてしまうと、頭皮が乾燥してしまいます。

    また、頭皮を乾燥から守るため過剰に皮脂の分泌が行われた結果、脂漏性皮膚炎になってしまう可能性も。

    脂漏性皮膚炎とは、過剰に分泌された皮脂のせいで、皮脂を餌にしているマラセチア菌が異常繁殖し、頭皮に炎症を起こす症状のこと。

    べたべたとしたフケが出たり、頭皮にかゆみがある人は要注意でしょう。

    前髪の薄毛を助長するもの②:生活習慣

    ハゲを助長するおもな生活習慣

    • 睡眠不足
    • 運動不足

    仕事や飲み会で、つい睡眠不足が続いてしまうこともあるでしょう。

    慢性的な睡眠不足は、自律神経を乱す原因だけでなく、血行不良を引き起こすおそれもあります。

    つまり、睡眠時間が短かったり、質の悪い睡眠を続けたりしていると、血行不良によって髪の毛が十分な成長を遂げることができなくなり、抜け毛の原因に。

    さらに、成長ホルモンには体の回復を促す機能があり、睡眠が足りていないと頭皮のダメージを蓄積させてしまうおそれもあります。

    乱れた生活習慣の2つ目に挙げられるのが、運動不足です。

    運動不足になると、血液循環が悪くなり、頭皮環境を悪化させてしまいます。

    特に女性は、冷え性の人も多いでしょう。

    冷えは、頭皮や血管・血流などに影響し、薄毛につながってしまうおそれがあります。

    血液の流れをよくするための、適度な運動や頭皮マッサージが効果的です。

    もちろん睡眠不足・運動不足は、お肌や健康にも影響するため、改善するよう心がけるといいでしょう。

    前髪の薄毛を助長するもの③:偏った食事

    • 脂質の多い食事
    • ムリなダイエット

    偏った食生活が薄毛の原因になることも。

    脂質が多い食事をとっていると、皮脂が過剰に分泌されます。

    その結果、頭皮環境を悪化させ、抜け毛を助長させてしまうのです。

    さらに、女性に多いのが無理なダイエットによる偏った食事です。

    ダイエット期間中、サプリメントで栄養を補っている人もいるでしょう。

    しかし、人間に必要な栄養素はサプリメントだけでは補いきれません。

    必要な栄養素を摂取できない結果、髪の毛に栄養が行き渡らないのです。

    栄養失調状態になるまでダイエットをした場合、髪の毛の組織も栄養不足に陥り、毛周期に影響を及ぼします。

    休止期が長くなると、より多くの抜け毛を引き起こしてしまうのです。

    また、ダイエットは自律神経の乱れや、ホルモンバランスの乱れを引き起こす危険性があります。

    ホルモンバランスの乱れは、薄毛にも大きく影響するので、注意したいポイントです。

    前髪の薄毛を助長するもの④:ストレスや生理不順

    働く女性が増えた昨今、男性同様あるいはそれ以上に、仕事でストレスを抱えてしまう場合もあります。

    また、家庭内でのストレスが、薄毛を助長してしまうことも珍しくありません。

    人間はストレスを受けると、自律神経が乱れ、血液量が減って血行が悪くなると言われています。

    頭皮の血行が悪くなると、髪の毛に十分な栄養素が行き渡らないため、髪の毛の成長(育毛)に悪影響を及ぼしかねません。

    そして、女性特有の症状で生理不順が挙げられます。

    生理不順にもさまざまな原因があります。

    ストレスや生活習慣が影響して生理不順を起こすこともありますが、中でも経口避妊薬(ピル)は女性ホルモンと関係するため、髪の毛の育成にも関わってくる可能性があるのです。

    経口避妊薬は、プロゲステロンという女性ホルモンの一種。

    これを一定期間内服した後で服用を中止した場合、一時的に休止期の髪の毛が多くなり、抜け毛を引き起こすと言われています。

    前髪の薄毛を助長するもの⑤:喫煙

    タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させます。

    血管が収縮すると、血液量が減って十分な栄養が髪の毛に行き渡らなくなります。

    結果的に成長した髪の毛に育たず、やせ細った髪の毛が生えるようになったり、抜け毛を引き起こす可能性があるのです。

    また、ニコチンには体内のビタミンCを消費する働きがあります。

    ビタミンCには栄養の吸収を促す働きがあるため、頭皮環境にもいい影響を及ぼしてくれるでしょう。

    しかし、ニコチンによってビタミンCが消費されると、身体に必要な栄養の吸収効率が落ち、頭皮が必要な栄養素を吸収できなくなる可能性があります。

    栄養補給が十分に行えなくなるため、喫煙は、ハゲの原因である頭皮環境の悪化となりかねません。

    また、他の人が吸っているタバコの煙(副流煙)にも有害な物質が含まれているので、副流煙を吸うことも避けたいところです。

    前髪の薄毛を助長するもの⑥:アルコール

    アルコールが体内で分解される際、「アセトアルデヒド」という毒性の物質が作られます。

    このアセトアルデヒドには、ハゲの原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を増加させる働きがあると考えられています。

    ジヒドロテストステロンが増加すると、毛周期が乱されて抜け毛を引き起こし、ハゲを助長してしまうのです。

    また、お酒を飲みすぎると、アルコールを代謝するために髪の成長に必要な栄養が不足しやすくなります。

    さらに、アルコールを多量接種すると、皮脂を過剰分泌させると言われているため、過度な飲酒は頭皮環境の悪化にもつながります。

    お酒による二日酔いで睡眠不足に陥り、頭皮に栄養が行き渡らなくなる悪循環に陥るおそれもあるでしょう。

    「アルコールの摂取が多いかも……」と感じる人は、生活習慣を見直すことをおすすめします。

    【本当の話】治療費に不安があるならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    「○円〜」といった最低価格のみ掲載されていると、実際にどのくらいの金額になるのかわからず、不安ですよね。 AGAヘアクリニックは、治療にかかる費用をすべてオープンにしています。 診察は何度でも無料なので、まずはご予約を。スマートフォンから受けられる無料カウンセリングもこちらから!
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    今すぐできる前髪の薄毛予防とは?

    前髪から起こる薄毛を未然に防ぐには、日頃からのケアが大切。

    頭皮ケアから生活習慣まで、今日からできる前髪の薄毛予防法を紹介します。

    前髪の薄毛予防①:育毛剤を使う

    頭皮ケアにおすすめなのが、医薬部外品の育毛剤を使うこと。

    市販されている多くの育毛剤は、髪を生やす効果こそないものの、頭皮環境を良好に保つにはおすすめのアイテムと言えます。

    前髪の薄毛予防:育毛剤(医薬部外品)の効果

    • 頭皮の血行をよくする
    • 頭皮に栄養を与える
    • 頭皮の殺菌作用

    前髪の薄毛予防②:正しいシャンプーとドライヤー

    頭皮環境を悪化させないためには、日頃から正しく髪を洗うことが大切。

    ここでは、抜け毛を防ぐシャンプー方法を簡単に紹介します。

    前髪の薄毛予防! シャンプーを使った正しい「髪の毛の洗い方」

    • ①: あらかじめブラッシングをする
      →髪の毛の絡まりをとるため
    • ②:お湯でよく予洗いする
      →汚れを落とし、泡立ちを良くするため
    • ③:手の平にシャンプーを取り泡立てる
      →直接つけると頭皮ダメージに
    • ④:頭皮に馴染ませる
    • ⑤:指の腹でマッサージするように洗う
      →爪を立てると頭皮を傷つけるため
    • ⑥:しっかりすすぐ
      →すすぎ残しは頭皮トラブルの原因になるため
    • ⑦:リンスは頭皮につけない
      →頭皮トラブルの原因になるため
    • ⑧:リンスもしっかりと洗い流す
    • ⑨:タオル・ドライヤーで乾かす
      →乾かさないと菌が繁殖するため

    シャンプー方法についてもっと詳しく知りたい人はこちらから(毛髪診断士監修記事)

    「抜け毛」の原因はシャンプーと頭皮ケアにあるかも?

    また、シャンプーの後は、ドライヤーを使ってしっかりと髪を乾かす必要があります。

    ドライヤーをするときも、頭皮にダメージを与えないよう、正しい使い方で乾かすようにしましょう。

    前髪の薄毛を予防する「正しい髪の毛の乾かし方」

    • ①:タオルを使い、しっかり水気をとる→事前にしっかりとタオルドライすることで、ドライヤーをかける時間を短縮できる。
    • ②:ドライヤーは髪の毛から20センチほど離して行う→ドライヤーによって頭皮の表面温度が上がると、頭皮にダメージを与えてしまう。
    • ③ドライヤーは根元→毛先の順で乾かす→髪の毛は毛根から毛先にかけて熱を伝導するため、ドライヤーの時間を短縮できる。
    • ④:ある程度乾いたら冷風に→仕上げの冷風によって髪の毛のキューティクルが引き締まる。

    前髪の薄毛予防③:生活習慣の見直し

    前髪の薄毛を未然に防ぐには、日々の生活習慣も見直さなければなりません。

    不規則な生活は、頭皮の血行を悪化させ、薄毛につながるおそれがあるのです。

    また、場合によっては直接的な薄毛の原因になることも。

    【本当の話】治療費に不安があるならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    「○円〜」といった最低価格のみ掲載されていると、実際にどのくらいの金額になるのかわからず、不安ですよね。 AGAヘアクリニックは、治療にかかる費用をすべてオープンにしています。 診察は何度でも無料なので、まずはご予約を。スマートフォンから受けられる無料カウンセリングもこちらから!
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    前髪の薄毛予防:生活習慣の見直しポイント

    • 栄養バランスのとれた食生活・髪によいサプリメントを使う
      →髪によい成分は「亜鉛・ビタミン・アミノ酸」。牡蠣やレモン・キウイ・シナモン・そばなどがおすすめ。
    • お酒やタバコの量を減らす
    • 十分な睡眠をとる
    • 適度に運動をする
      (エスカレーター・エレベーター移動を階段に変える・軽いウォーキングやジョギングなど)
    • 自分なりのストレス解消法を積極的に実践する

    薄い前髪をカバーする髪型って?

    【薬剤師監修】前髪が薄くなる原因と今すぐできる対策を徹底解説! 4番目の画像

    前髪の薄毛を治そうとAGA治療薬を使っても、すぐに髪が生えてくるわけではありません。

    その間に、薄くなった前髪をどのように隠そうか、頭を抱えることがあるのではないでしょうか。

    AGA+では、薄毛に悩む男性のために、上手に薄毛をカバーできるヘアスタイリングをいくつか紹介しています。

    前髪の薄毛を治したいなら、まずAGA治療の専門クリニックへ!

    【薬剤師監修】前髪が薄くなる原因と今すぐできる対策を徹底解説! 5番目の画像

    薄い前髪が気になる人は、まずAGAの専門クリニックで相談してみるのもよいでしょう。

    とはいえ、クリニックに相談ってなんか不安……という人も多いはず。

    AGAの専門クリニックでは、基本無料のカウンセリングと、スマホビデオ通話を使った気軽な診断が魅力。

    多くのAGAの専門クリニックで無料カウンセリングを行っているので、「最近、前髪の薄毛が気になってきた」「薄くなった前髪、どうにかしたい!」という人は、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか?

    AGAクリニック人気ランキング

    AGAクリニックランキング

    AGA+読者に選ばれたAGAクリニックの人気ランキングを紹介します!
    ※ 人気=予約件数

    1位:AGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック

    テレビCMで話題の「ヘアクリ」ことAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニックは、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリングを無料で行っているため、全国どこからでも、医師に直接相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることも可能です。

    2位:湘南美容外科クリニック

    湘南美容外科クリニック

    薄毛治療にも力を入れている「湘南美容外科クリニック」

    院長自ら出演するテレビCMが印象的ですよね。

    1ヶ月あたり最安3,000円から治療を受けられるリーズナブルな価格設定が、湘南美容外科の特徴です。

    治療薬の処方の他に、植毛やメソセラピー・ダブルマトリックスといった最新技術を駆使した治療も扱っています。

    カウンセリング・初診・再診すべて無料のため、治療を受けるべきかも含めて、一度相談してみるといいでしょう。

    3位:AGAINメディカルクリニック

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代の男性を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です。

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!



    >>毛髪診断士によるクリニックレビューはこちら<<

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー