生える人をふやす

    2017年07月14日 更新

    加齢で薄毛になるのはAGA(男性型脱毛症)? 抜け毛を増やさないための薄毛対策法まとめ

    加齢によって、薄毛が気になることはありませんか? 加齢で薄毛になる原因はさまざまですが、もしかしたらそれはAGA(男性型脱毛症)などの病気かもしれません。薄毛を未然に防ぐための対処法は果たして存在するのでしょうか?
    今回は、加齢と薄毛に関する本当の話をいたします!

    加齢によって薄毛になる原因

    加齢は薄毛の避けられない原因の1つ

    髪の毛には、「毛周期」と呼ばれる成長サイクルがあります。

    約1,000〜2,000日の周期の中、新しく生えてから2~4年の間で成長期、1ヶ月程度の退行期、5ヶ月程度の休止期を経て抜け、また新しい髪に生え変わるというサイクルを繰り返しています。

    加齢にともない、毛母細胞が活性化しなくなることで、髪の毛の毛周期が乱れて薄毛になってしまう場合があるのです。

    加齢による薄毛は、身体の衰えの一部として起こるものなので、避けることができない原因の1つと言えます。

    男性ホルモンによって薄毛が発生することも

    加齢だけでなく、男性ホルモンが原因で発生する薄毛もあります。

    男性ホルモンが原因で起こる薄毛をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。

    男性ホルモンの1種である「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素で構成される「ジヒドロテストステロン」。

    このジヒドロテストステロンの働きによって、AGA(男性型脱毛症)が発症します。

    AGAは年齢に関係なく進行する病気なので、加齢が原因で起きるものではありません。

    薄毛を防ぐための対処法

    生活環境を見直すことは薄毛対策の第一歩!

    加齢による薄毛は避けられませんが、髪の毛の毛周期を一定に保ち、薄毛を進行させないためには、頭皮環境を整えることが大切でしょう。

    「加齢だから仕方ない……」と薄毛の改善を諦めるのではなく、頭皮環境を整えるために生活習慣を一度見直してみましょう。

    ・食生活
    食生活でとくに大切なのは、脂っこい物を摂り過ぎないことです。

    コレステロールの多量摂取が、血流を悪くしてしまい、頭皮の血行にも影響を及ぼしかねません。

    ・適度な運動
    加齢によって体力が衰えることも、髪の毛が成長しにくくなる原因の1つ。

    適度な運動は新陳代謝を高め、毛母細胞が刺激を受けることで頭皮の血行をよくすると言われています。

    ・睡眠
    夜更かしは、髪の毛の成長を妨げてしまうおそれがあります。

    薄毛を進行させないためには、夜10時〜深夜2時の間をなるべく睡眠に充てることが大切です。

    夜10時〜深夜2時の間は、「成長ホルモン」と呼ばれるホルモンが最も活発になる時間帯と言われています。

    成長ホルモンを活性化させるためにも、しっかりとした睡眠を心がけた方がいいでしょう。

    薄毛を進行させないための生活習慣の改善法まとめ

    • 食生活の改善→コレステロールを摂り過ぎない!
    • 適度な運動→新陳代謝を上げて細胞分裂を促す!
    • 睡眠→成長ホルモンが活発になる夜10時〜深夜2時の間は睡眠に充てる!

    正しいシャンプーを身に着けて薄毛になりにくい頭皮を作ろう

    薄毛を進行させないためには、生活習慣だけでなく頭皮環境を整えることも大切です。

    シャンプーの仕方を改善するのは、あくまで頭皮環境を維持するためですが、洗い方に気をつけることで余計な抜け毛を増やさずに済むかもしれません。

    詳しいシャンプーの仕方は、こちらをご覧ください。

    加齢による薄毛は治るのか?

    AGA(男性型脱毛症)は頭皮環境を整えても進行してしまう薄毛の病気

    加齢による薄毛の場合は、抜け毛を増やさないためにさまざまな対策を行うことが大切です。

    ただし、生活習慣を見直したり、頭皮環境を整えることで薄毛が治るわけではありません。

    また、AGAの場合は、加齢や生活習慣ではなく、男性ホルモンが原因である薄毛の病気です。

    AGAは進行性の男性型脱毛症なので、頭皮環境を整えても進行は止まりません。

    加齢と薄毛に関する本当の話

    AGA(男性型脱毛症)には適切な治療が必要

    加齢ではなく男性ホルモンが原因であるAGAを発症していた場合、頭皮環境の改善だけではなくAGA治療薬による治療が必要です。

    ジヒドロテストステロンを生成させる5αリダクターゼの働きを、「プロペシア」や「ザガーロ」といったAGA治療薬を使用して阻害し、「ミノキシジル」を使って育毛を促進させることが、科学的根拠に基づいた治療法です。

    少しでも気になったら、まずはAGA(男性型脱毛症)の専門クリニックへ。

    加齢による薄毛が気になる場合は、まずは生活習慣から見直してみましょう。

    加齢による薄毛は避けられないので、薄毛が根本的に治るわけではありませんが、薄毛になりにくい頭皮環境を作ることはできるでしょう。

    頭皮環境をいくら改善しても薄毛が治らない場合、AGAを発症しているおそれがあります。

    AGAは進行性の男性型脱毛症なので、頭皮環境を改善しても改善はされません。

    AGAの専門病院ならば、自分に合った治療法で薄毛を治していくことができます。

    何歳になっても、ヘア充でいたいものですよね。

    薄毛がどうしても気になったら、まずは気軽にAGAの専門病院へ足を運んでみましょう。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加