生える人をふやす

    2017年09月19日 更新

    やはり病院に行くべき? 本気で髪の毛を増やす方法

    「昔と比べて髪の毛に元気がなくなってきた」「髪の毛を昔のようにもっと増やしたい」そんなことを思いながら、日々、髪の毛を増やすために暗中模索している男性は多いのではないでしょうか?
    今回はそんな人のために、髪の毛を増やすためにはどうすればいいのかをテーマに、薄毛治療の本当の話をいたします。

    髪の毛を増やすためには? ハゲる原因を知ることが始めの一歩

    髪の毛を増やすためにはまず、自身の抜け毛・薄毛の原因を知ることが大切です。

    1,200万人が悩むAGA(男性型脱毛症)

    AGA(男性型脱毛症)は成人男性のおよそ3人に1人、1,200万人もの人が悩まされていると言われる脱毛症です。

    AGAは進行性の脱毛症で、徐々に髪の毛が薄くなっていくため、初期段階で気づきにくいことが特徴。

    一度AGAが発症すると、脱毛はどんどんと進行し、自力で髪の毛を元の量に戻すのは至難の技です。

    薄毛や抜け毛における1番の原因は「男性ホルモン」

    AGAによって、薄毛や抜け毛になる原因は「男性ホルモン」によるものです。

    男性ホルモンの一種である、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が正常なヘアサイクルを乱すことにより髪の毛が抜けてしまいます。

    このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンである「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくことで生成され、AGAの脱毛部分にはジヒドロテストステロンが多くみられます。

    髪の毛を増やすためには、科学的根拠に基づいたAGA治療が必要

    AGAによって抜けた髪の毛を増やすためには、科学的なエビデンスに基づいた治療法を行うことが有効です。

    AGAによって抜けた髪の毛を増やすためには、科学的なエビデンスに基づいた治療法を行うことが有効です。

    【髪の毛を本気で増やす】プロペシア(フィナステリド)

    「フィナステリド」は元々、プロスカーという前立腺肥大の治療薬として使用されていましたが、処方された患者の多くから副作用として多毛の症状が見受けられました。

    その後の研究によって、AGAに対する効果が認められ、AGA治療薬として「プロペシア」という商品名で販売されるようになりました。

    プロペシアの中に含まれるフィナステリドには、AGAの原因である5αリダクターゼの活動を阻害する効果があります。

    ジヒドロテストステロンの生成を抑え、抜け毛・薄毛を改善、髪の毛を増やします。

    【髪の毛を本気で増やす】ザガーロ(デュタステリド)

    「デュタステリド」もフィナステリドと同じく、5αリダクターゼへの阻害効果があり、「ザガーロ」という商品名で販売されています。

    先ほど紹介したフィナステリドは、5αリダクターゼ2型を阻害する効果があり、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

    デュタステリドは5αリダクターゼ2型だけでなく、5αリダクターゼ1型の働きも阻害することができます。

    さらに、フィナステリドと比べ、5αリダクターゼ2型への阻害効果がおよそ3倍あるとされており、髪の毛を増やす効果が期待できます。

    【髪の毛を本気で増やす】ミノキシジル

    ミノキシジルは頭皮の血管を拡張し血行を促進させることで、直接毛母細胞に働きかけ、髪の毛の成長を促します。

    市販の育毛剤では、「リアップ」にのみミノキシジルが含まれています。

    髪の毛を増やす効果が期待できるミノキシジルですが、AGAの場合、根本的な毛周期の解決は難しいため、プロペシアやザガーロなどの内服薬との併用を行い、治療するケースが一般的です。

    病院に行かなくても髪の毛は増やせる?

    ここからは、上記の治療法以外で髪の毛を増やすことができるのかを見ていきたいと思います。

    育毛剤・育毛トニックで髪の毛を増やすことはできる?

    医療機関以外で治療を試みる多くの人が、髪の毛を増やすために市販の育毛剤や育毛トニックを使用しているのではないでしょうか。

    結論から言えば、育毛剤や育毛トニックのみで薄毛を根本から解決し、髪の毛を増やすことは極めて難しいです。

    育毛剤や育毛トニックは、基本的に頭皮環境を整えるもの。

    ミノキシジルが配合されている育毛剤でも、単独の使用ではAGAによる抜け毛の場合、根本からの解決はできません。

    市販の育毛剤や育毛トニックは、予防的観点からみれば一定の効果を見込める可能性もありますが、髪の毛を本気で増やしたいのであれば、医療機関への受診が近道です。

    サプリで髪の毛を増やすことはできる?

    髪の毛を増やすために、高価なサプリメントを購入し、試したことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。

    一般的に、髪の毛の成長のために必要とされる成分を含んでいるサプリメントには以下のようなものがあります。

    育毛によいとされるサプリ

    • アミノ酸
    • リジン
    • ビタミン
    • 亜鉛
    • ミノレット
    これらは、髪の毛の健康を保つために大切とされる栄養成分です。

    しかし、AGAの場合、原因は男性ホルモンにあるため、これらが十分に足りていたとしても薄毛になってしまうことがあります。

    サプリはあくまで、健康な頭皮作りの一つとして考えましょう。

    摂取しているからと言って、劇的な育毛効果や根本的な薄毛の解決は難しいです。

    近年、AGAの原因物質を抑える効果がある「ノコギリヤシ」のサプリも出回るようになっています。

    ただし、このノコギリヤシはAGA治療薬として、まだ日本では認可されておらず、その治療効果にも個人差があるようです。

    摂取を検討する場合には、専門の医師に相談するようにしましょう。

    「髪の毛を本気で増やしたい」ならば病院へ

    今回は、髪の毛を本気で増やしたいなら、どうするべきかを紹介してきました。

    髪の毛を増やすならやはりAGA専門のクリニックで、科学的根拠に基づいた治療をすることがベストのようです。

    現在、自力で髪の毛を増やすことを試みている人は、ぜひ一度AGA専門のクリニックで無料のカウンセリングに行ってみましょう。

    髪の毛を増やすための糸口が、きっと見つかるはずです。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加