生える人をふやす

    2017年09月27日 更新

    まだ20代なのにハゲてる? なんとかしたい若ハゲの原因と対策法

    一般的にハゲるイメージのない、10代や20代の男性でも薄毛が進行してしまう場合があります。実は、AGA(男性型脱毛症)になる原因は、加齢ではないのです。若ハゲに悩み気分が塞いでしまっている人も、正しく治療を行えば改善の見込みがあります。若ハゲの原因と予防法、治療薬についての理解を深め、適切な対策を取りましょう!

    実は多くの人が悩んでいる「若ハゲ」その原因とは?

    若ハゲの多くは、AGA(男性型脱毛症)の早期発症によるもの

    「若年性脱毛症」(通称: 若ハゲ)とは、まだ一般的にハゲる年齢ではない人が発症する脱毛症です。

    10代男性で約10%、20代男性で約25%もの人が若ハゲを気にしているという説もあります。

    若ハゲになる原因として考えられるのが、成人男性の3人に1人が発症すると言われる「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症。

    生活習慣やストレスが原因で若ハゲになる可能性もありますが、薄毛の原因のほとんどがAGAであるとされています。

    AGAかどうかを判断する基準としては、薄毛が進行している部位に着目するという方法があります。

    生え際や頭頂部から薄毛が進行している場合には、あなたの若ハゲはAGAの可能性が高いと言えるでしょう。

    一方で、部分的な脱毛が目立つ場合は、円形脱毛症などのAGA“以外”による若ハゲが疑われます。

    薄毛の種類によって原因や治療法が全く異なるため、自分がどのタイプに当てはまるのかを見極める必要があります。

    若ハゲの主な原因「AGA(男性型脱毛症)」を解説

    AGA(男性型脱毛症)による若ハゲは、毛周期が乱れることから始まる!

    若ハゲの主要因であるAGAは、成人男性の3分の1にあたる約1,200万人が発症しているとされており、この脱毛症には「毛周期」の乱れが大きく関係しています。

    毛周期とは、髪の毛が成長してから抜け落ちるまでの周期のことで、通常は成長期が2〜4年程度、退行期が1ヶ月程度、休止期が5ヶ月程度です。

    人はこの1,000〜2,000日の毛周期を繰り返すことで髪の毛を保っていますが、AGAを発症している人は毛周期が最短100日程度になり、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまいます。

    髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうことで、髪の毛が細く短くなった場所から薄毛になっていくのです。

    「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛周期を短縮させ、若ハゲが進む

    毛周期が乱される原因は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンです。

    ジヒドロテストステロンは、胎児の生殖器を発達させる役割を持つ重要な男性ホルモンなのですが、思春期を過ぎると毛周期に悪影響を与えてしまいます。

    このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンである「テストステロン」に、「5αリダクターゼ」という還元酵素が働きかけることで生み出されます。

    AGAによる若ハゲを改善するためには、還元酵素5αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑える必要があるのです。

    AGAの仕組みについて、より詳しい解説はこちら
    薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」って何?

    若ハゲを予防するには、頭皮環境を正常に保つことも大切

    若ハゲにならないためにすべきこと①:育毛剤を使用する

    育毛剤自体には、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑制する効果はありません。


    しかし、育毛剤の種類によっては、頭皮環境の改善や、髪の毛の成長に必要な栄養を補う効果を持つため、若ハゲの“予防”を目的とするのであればおすすめできるでしょう。

    血行促進の働きを持つものや、髪の毛の成長に大きな関わりを持つ毛母細胞を活性化させる成分を含む育毛剤を探してみましょう。

    育毛剤や育毛トニックについて、より詳しく知りたい人はこちら

    若ハゲにならないためにすべきこと②:食生活を改善する

    脂っこい食事やファストフードの食べ過ぎは、皮脂の過剰分泌を引き起こし、頭皮環境の悪化につながります。

    皮脂が過剰に分泌されている状態が続くと、毛穴の皮脂詰まりから脂漏性(しろうせい)脱毛症が発症してしまうことも。

    若ハゲを予防したいのであれば、頭皮環境を正常に保ち、栄養バランスの取れた食事をすることが大切なのです。

    食生活を見直して、若ハゲを予防したい人はこちら

    若ハゲにならないためにすべきこと③:過度な飲酒・喫煙を控える

    間接的ではありますが、過度な飲酒の習慣も若ハゲを進行させる原因の一つと考えられています。

    アルコールを分解する際に分泌されるアセトアルデヒドには、睡眠の質を低下させる作用があると言われています。

    睡眠不足や睡眠の質の低下は、ホルモンバランスの乱れや皮脂の過剰分泌につながあるおそれがあるのです。

    また、一説では、アセドアルデヒドがAGAの原因であるジヒドロテストステロンを増加させるとも言われています。

    完全に禁酒することは難しいかもしれませんが、若ハゲを予防したいのであれば、飲酒は適量に抑えたいところ。

    また、若ハゲを予防したい人にとっては、喫煙も控えるべき習慣の一つです。

    これはタバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、頭皮に必要な栄養素が行きわたるのを阻害するため。

    若ハゲを予防したい人にとって、タバコは百害あって一利なし。

    喫煙者は、徐々に本数を減らすなどの努力をしていきましょう。

    若ハゲにならないためにすべきこと④ ストレスを解消する

    慢性的なストレスも、血管の収縮につながるおそれがあるため、若ハゲを予防したい人にとっては要注意。

    ストレス状態が続くと、髪の毛を成長させる毛乳頭という部位に、栄養素が行き渡りにくくなり、抜け毛の増加や髪の毛の細毛化につながってしまうおそれがあります。

    また、円形脱毛症は、自己免疫疾患という免疫異常が原因ですが、この自己免疫疾患を発症するきっかけの一つとしてストレスが挙げられています。

    ストレスの解消法としては、適度な運動や睡眠時間の確保、定期的な入浴がおすすめ。

    AGA(男性型脱毛症)による若ハゲの進行には、治療薬が有効!

    生活習慣が引き金となって若ハゲが進行しているのであれば、生活習慣を見直すことである程度若ハゲの改善が見込める場合もあります。

    しかし、AGAによって若ハゲが進行している場合には、AGA治療薬を用いた治療を行うことが薄毛改善の近道です。

    ここからは、AGAによる若ハゲに有効な治療薬を紹介します。

    若ハゲを改善する治療薬① プロペシア(フィナステリド)

    プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、日本皮膚科学会が発表している男性型脱毛症診療ガイドラインにて、薄毛治療に推奨されている治療薬です。

    プロペシアは、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン」を生み出す、還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害する効果を持ちます。

    継続的にプロペシアを服用することで、ジヒドロテストステロンによって乱れた毛周期が整えられるため、薄毛の改善が見込めるのです。

    プロペシア服用に関しては、勃起機能の低下や精液量の減少といった副作用が発生する場合があることに注意しましょう。

    プロペシアによる治療について、より詳しく知りたい人はこちら
    本当に生えるの? AGAに効く成分「フィナステリド」の効果と注意点

    若ハゲを改善する治療薬② ザガーロ(デュタステリド)

    ザガーロ(デュタステリド)は、2016年6月からAGA治療薬として販売されている新薬です。

    ザガーロには、プロペシアと同じように5αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があります。

    ザガーロ最大の特徴は、「5αリダクターゼ2型」だけでなく、プロペシアでは効果が期待できなかった「5αリダクターゼ1型」に対しても阻害効果を持つ点です。

    また、5αリダクターゼ2型の阻害効果に関しても、プロペシアの約3倍だと言われています。

    若ハゲを改善する治療薬③ ミノキシジル外用薬

    ミノキシジル外用薬は、男性型脱毛症診療ガイドラインで高く推奨されている薄毛治療薬です。

    血管拡張の効果を持ち、頭皮に散布することで血流の増加を促すミノキシジル外用薬。

    血流の増加によって、健康な毛髪を育てるのに必要な栄養素が浸透しやすくなるため、太く長い髪が生えやすくなるのです。

    内服薬は、男性型脱毛症診療ガイドラインでは触れられていないものの、直接体内から働きかけることができるため、外用薬以上に高い効果が期待されているようです。

    そのため、AGA専門クリニックの中には、ミノキシジル内服薬を処方してくれるクリニックも増えています。

    ミノキシジルによる治療について、より詳しく知りたい人はこちら

    若ハゲを治すためには、AGA専門クリニックへ

    AGAによって若ハゲが進行している場合には、AGA専門クリニックでの治療を進めていく必要があります。

    たとえ20代、30代であったとしても、抜け毛の増加が見られた場合には、AGA専門クリニックを受診し、脱毛の原因を知ることをおすすめします。

    正しい知識と正しい治療で、悩ましい若ハゲを早めに改善しましょう。

    AGA治療の体験記はこちら


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加