AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
[薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説 アイキャッチ画像
    薬剤師

    2018年08月02日 更新

    [薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説

    AGAに本気で悩んでいるあなたにこそ、発毛効果が認められている数少ない成分「ミノキシジル」の効果を知ってもらいたい!今回のAGA+では、効能から副作用まで、ミノキシジルに関するさまざまな情報をお届けします。

    ミノキシジルとは?

    [薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説 1番目の画像
    ミノキシジルはAGAの治療に有効だと医学的に認められている成分。

    ミノキシジルには血管拡張効果があり、血流を促進するため発毛につながります。

    ミノキシジルがなぜAGAの治療に効果的なのか、さらに細かく確認していきましょう。

    ミノキシジルがAGA治療に有効な3つのポイント!

    • 医学的にAGA(男性型脱毛症)の治療に効果があると認められている
    • ミノキシジルの血行促進効果が発毛促進につながる
    • ミノキシジルと他のAGA治療薬の併用が推奨されている

    ミノキシジルの効果のポイント①:医学的に効果を認められている

    ミノキシジルの外用薬を使用したAGA治療は、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」(2017年版)で強く勧められています。

    ミノキシジルの他にAGA治療として有効だと認められている成分は「フィナステリド」と「デュタステリド」のみ。

    「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」について、詳しく知りたい人はこちら。

    【2017年版】薄毛治療を正しく理解したいならこれ! 「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」

    医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

    • 医薬品:効果・効能が認められていて治療が目的。医師の処方などが必要
    • 医薬部外品:病気の予防が目的
    • 化粧品:身体の清潔化・美化・健康化などが目的
    ミノキシジルは、AGA治療への効果が認められている医薬品です。

    ミノキシジル配合の育毛剤を入手するためには医師の処方を受けるか、薬剤師がいる薬局で購入するしかありません。

    市販の育毛剤は、発毛に効果があると認められておらず、医薬部外品や化粧品に分類されます。

    本気でAGAを治したいのであれば、きちんと効果が認められた医薬品を選びましょう。

    ミノキシジルの効果のポイント②:血行促進効果が発毛につながる

    [薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説 2番目の画像
    ミノキシジルには血管を拡張し、血流を促進する効果があります。

    血流が促進されると、頭皮の毛細血管から、毛根の中の毛乳頭が円滑に栄養を受け取ることができます。

    毛乳頭に栄養が行き渡り、毛母細胞が細胞分裂をすることで髪の毛が成長するのです。

    髪の毛の成長のために重要な毛乳頭毛母細胞に影響を与えることから、ミノキシジルはAGA治療薬として認められているのです。

    またミノキシジルは、もともと高血圧を改善するために開発されました。

    ところが、ミノキシジルを含む高血圧治療薬を服用していた患者に、髪の毛やすね毛、ひげなどの体毛が濃くなる“多毛症”が生じます。

    血管が拡張されることで血流が促進され、副作用として全身の毛根を刺激し多毛症が生じたのです。

    この副作用をきっかけに研究が進み、ミノキシジルを配合した発毛剤として「ロゲイン」が開発されました。

    現在、ミノキシジル配合の育毛剤が数多く開発・販売されていますが、日本で認可されているAGA治療薬としてのミノキシジル配合薬は「リアップ」のみ。

    ちなみに、男性型脱毛症診療ガイドラインで効果を認められているのは、ミノキシジルを5%以上配合した育毛剤であるということも、併せて覚えておきましょう。

    ミノキシジルの効果のポイント③:他のAGA治療薬との併用を推奨されている 

    ミノキシジルは「プロペシア」や「ザガーロ」というAGA治療薬との併用が勧められています。

    これは、AGA治療においてミノキシジル単体の服用では発毛を実感しにくいためです。

    プロペシアとザガーロは、発毛を阻害するジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼの発生を抑える薬。

    プロペシアの主成分「フィナステリド」について詳しくはこちらから

    [薬剤師監修]ハゲが治る飲み薬の成分「フィナステリド」! その効果と副作用は?

    ザガーロの主成分「デュタステリド」について詳しくはこちらから

    AGA治療薬の有効成分「デュタステリド」の効果を解説!


    「ジヒドロテストステロン」について詳しくはこちらから

    [薬剤師監修]薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」って何?


    髪に栄養を運ぶために血行促進を促すミノキシジルと、発毛を阻害する物質の生成を抑えるプロペシアやザガーロを併用すれば、ハゲの完治はそう遠くないはずです。

    Sponsored Link
     

    ミノキシジル外用薬の効果と注意点

    [薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説 3番目の画像
    ミノキシジルの外用薬は、髪の毛が少なくなっている部分(患部)に直接塗布することで以下のような効果を得られます。
    • 髪の毛の成長促進させる
    • 毛周期の“休止期”段階にある毛母細胞を活性化させる
    • 毛周期の“成長期”段階にある毛母細胞を成長させる
    ミノキシジルを塗布することで患部の血行を促進し、髪の毛を作り出す「毛母細胞」が活性化して発毛につながります。

    また、AGAの進行によって弱くなってしまった毛母細胞を活性化させることにも繋がります。

    患部に塗布する治療薬のため、頭皮環境が乱れていると期待した効果が得られない可能性が高いです。

    皮脂やフケなどの頭皮ケアをしっかり行った上で、ミノキシジル外用薬を使いましょう。

    ミノキシジル外用薬はAGA専門のクリニックで入手しよう

    ミノキシジルの外用薬は、AGA治療の専門クリニックで診察を受けてから処方してもらいましょう。

    ハゲを治すためには、AGAの進行具合やミノキシジルの摂取量などを医師に相談することが一番です。

    ミノキシジルが配合されている代表的な外用薬

    • ロゲイン(ファイザー社):男性用医薬品
    • カークランド(ロゲインのジェネリック薬):男女兼用医薬
    • ツゲイン(ロゲインのジェネリック薬):男女兼用医薬品
    • リアップX5プラス(大正製薬):男性用医薬品
    これらのミノキシジル外用薬は処方以外に個人輸入でも入手可能です。

    しかし、体質に合わない場合は副作用が強く出てしまったり、偽物である可能性があるなどリスクが高いです。

    はっきり言って、個人輸入によって入手した外用薬を使用するのは、おすすめできません。

    1日のミノキシジル摂取量の目安は「1日2回、1回1ml」とされていますが、医師の診断を受けて適切な使用量を決めることが安全でしょう。

    ミノキシジルの内用薬:ミノキシジルタブレット

    [薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説 4番目の画像

    ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は経口摂取する内用薬です。

    体内からミノキシジルが効き、全身の血行を促進します。

    そのためミノキシジルの外用薬よりも効果が高いという評価があったり、AGA治療の専門クリニックから他のAGA治療薬と共に処方されたりすることがあります。

    ここに要注意!

    • ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として未認可
    • ミノキシジルがAGA治療薬として認可されているのは「外用薬」のみ

    【要注意!】ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として推奨されていない!

    ミノキシジルタブレットも個人輸入で入手することができますが、おすすめはできません。

    薬選びや用法用量について、個人では適切な判断をできないからです。

    また、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」でも、ランクD(行うべきでない)となっており、外用薬とは逆にAGA治療薬としては推奨されていません。

    どうしてもミノキシジルタブレットを服用するならば、医師から処方を受けて用法用量を守りましょう。

    Sponsored Link
     

    ミノキシジルの副作用

    ミノキシジルはAGA治療に有効な成分です。

    しかし、副作用が生じる可能性が少なからずあります。

    ミノキシジルの使用で起こりうる副作用

    • 頭皮のかゆみ
    • 頭髪以外の部位の多毛
    • むくみ
    • 動悸・不整脈
    これらの副作用は、外用・内用を問わず起こる可能性があります。

    また、局部的にミノキシジルを塗布する外用薬よりも、体内からミノキシジルが作用するミノキシジルタブレットなどの内服薬の方が、副作用の可能性は高いと考えられています。

    副作用が起こったとしても症状の程度は軽いことがほとんどなので、医師の指導のもと服用すれば問題ないはずです。

    循環器系に持病がある人は要注意!

    [薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説 5番目の画像
    ミノキシジルの血管拡張・血流促進効果は、循環器系(心臓・血液・リンパ)に負担をかけることが考えられます。

    以下のような疾患を持っている人は、ミノキシジル配合の治療薬の使用を避けた方がいいでしょう。

    ミノキシジルの使用を避けた方がいい人

    • 不整脈の人
    • 高血圧の人
    • 低血圧の人
    • 心臓の疾患の人
    • リンパなどの疾患を持っている人
    もちろん、疾患を抱えていてもミノキシジルを使ったAGA治療を受けられる可能性はあります。

    必ずAGA治療の専門クリニックで診断を受け、医師のアドバイスのもとミノキシジルを使いましょう。

    ミノキシジル服用の前にまずはカウンセリングへ!

    [薬剤師監修]AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説 6番目の画像
    ミノキシジルは、AGAの治療に効果があると認められている数少ない成分です。

    ただし、ミノキシジルを使えばAGAが治るわけではありません。

    頭皮環境や生活習慣などを改善してこそミノキシジルが最大限に効果を発揮するのです。

    AGA治療を受けるときは薬の処方を受けるだけではなく、自分の生活習慣も見直しましょう。

    その上で、AGA治療の専門クリニックへ行き、自分に合った治療を受けることをおすすめします。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー