生える人をふやす

    2017年11月06日 更新

    抜け毛予防のカギは頭皮環境! 生活習慣の見直しが薄毛改善につながる?

    「最近生え際が怪しいかも」「抜け毛を予防しなければ」と自分の頭皮について危機感を持ち始めたあなた。正しい抜け毛予防の方法、知っていますか? 抜け毛予防のカギは、ずばり頭皮環境。正しいケア方法を知って、抜け毛の起こりにくい頭皮を作りましょう。

    抜け毛を予防する生活習慣①:育毛剤を使用する

    育毛剤を使用することは、抜け毛を予防する効果が期待できるのでしょうか?

    育毛剤には、「頭皮環境を整える」効果がある

    育毛剤の成分には、頭皮環境を整えてくれる効果があるため、育毛剤を使うことは、抜け毛を予防する頭皮環境の実現のために適しています。

    育毛剤は医薬部外品であるため、「抜け毛を必ず予防してくれる」と明確に断言することはできませんが、頭皮にいいと言われる成分が多く含まれてるのは事実です。

    「育毛剤を使えば髪の毛が生える」というのは嘘の話ですが、「育毛剤を使えば頭皮環境がよくなる」というのは、本当の話でしょう。

    育毛剤によって頭皮環境を整え、抜け毛の予防に努めよう

    育毛剤の成分には、血行促進、毛母細胞の活性化、殺菌、栄養補給の効果があると言われています。

    頭皮の血行が促進されると、血液によって栄養分が毛母に届き、健康な髪の毛が育ちやすくなるでしょう。

    毛母細胞が活性化されれば、髪の毛の細胞分裂が盛んになり、髪の毛の成長が活発になると言われています。

    育毛剤の殺菌成分が作用すると、雑菌の繁殖を防ぐことができ、頭皮トラブルを避けられるかもしれません。

    血行がよく、毛母細胞の働きも活発で、目立ったトラブルのない頭皮に栄養分が行き渡っていれば、それは抜け毛が起きにくい環境と言えるでしょう。

    抜け毛の悩みからはほど遠い、理想的な頭皮環境の実現のために、育毛剤が一役買ってくれるかもしれません。

    抜け毛を予防する生活習慣②:シャンプーで、髪の毛・頭皮をケアする

    抜け毛を予防するためには、シャンプーを使った頭皮ケア・ヘアケアをすることも大切です。

    シャンプーを怠ると、頭皮環境が荒れてしまい、抜け毛が起きやすくなる可能性があります。

    髪の毛や頭皮の健康を害さないために、正しいシャンプーの仕方を学ぼう

    頭皮のケアに役立つシャンプーですが、間違った方法を続けると、髪の毛や頭皮の健康を害するおそれがあります。

    汚れを落とし、頭皮環境を健康に保てる「正しいシャンプーの方法」を知っておきましょう。

    抜け毛に強い頭皮を作るための、シャンプーケアの基本

    • 入浴前にブラッシングをする
    • シャンプーの前に、40度を超えない程度の熱すぎないお湯で頭皮を洗う
    • 少量のシャンプーで、下から頭頂部にかけてやさしく洗う

    入浴前にブラッシングをする

    お風呂に入る前に軽くブラッシングをしておくと、表面に付着している汚れやホコリを落とすことができます。

    頭皮を強くこすりすぎないよう、ブラッシングは強過ぎず、優しくするように心がけましょう。

    シャンプーの前に、40度を超えない程度の熱すぎないお湯で頭皮を洗う

    お風呂に入ったら、シャンプーで泡立てる前に、お湯を使ってよく洗浄すると効果的です。

    お湯でよくすすぐだけで、頭皮の汚れが落ち、シャンプーの量を少なく抑えることができます。

    40度を超えると頭皮に刺激を与えてしまうため、38度~40度くらいを目安に、熱すぎないお湯で洗うことをおすすめします。

    また、シャンプーに含まれる洗浄剤の刺激によって毛が抜けてしまうことがあるため、適量を意識しましょう。

    少量のシャンプーで、下から頭頂部にかけてやさしく洗う

    お湯でよくすすいだら、少量のシャンプーをとって、下から頭頂部にかけて優しく洗っていきます。

    シャンプーは直接頭につけるとよくないため、両手で泡立ててから頭につけるようにしましょう。

    下から上へと洗っていくのは、頭の血行は下から頭頂部へと流れているためです。

    爪を立てず、指の腹を使って優しくマッサージをするように、20〜30秒かけて、襟足や耳まわりなどから頭頂部にかけてをよく揉みます。

    マッサージしながらシャンプーすることで血行が促進され、栄養分が頭皮に行き渡るようになり、健康な頭皮環境の維持に有効でしょう。

    抜け毛を予防する生活習慣③:バランスのとれた食事を摂る

    抜け毛を予防するために、バランスのとれた食事を摂ることはとても大切です。

    野菜や、肉、炭水化物など、偏りのない食事を摂り、強い髪の毛を育てるための栄養素を摂取しましょう。

    抜け毛予防に! 強い髪の毛を育てる栄養素

    • 亜鉛
    • アミノ酸
    • ビタミン

    抜け毛に強い髪を育てる栄養素①:亜鉛

    亜鉛は、強い髪を育てる栄養素の代表格です。

    髪の毛の成長に不可欠なタンパク質「ケラチン」を生成するという、重要な役割を担っています。

    亜鉛が不足すると、摂取したタンパク質がケラチンに変換されなくなり、髪の成長が滞ってしまうというわけです。

    亜鉛を摂れば抜け毛を予防できるというわけではありませんが、健康な髪の成長に必要な栄養素はしっかり摂りましょう。

    抜け毛に強い髪を育てる栄養素②:アミノ酸

    アミノ酸は、三大栄養素の1つであるタンパク質を合成する20種類の有機化合物の総称です。

    過度に栄養が偏った食生活を続けていると、アミノ酸不足になりかねません。

    必須アミノ酸が多く含まれていると言われる、肉、魚、卵、豆類が不足していないかどうか、食生活を見直してみましょう。

    抜け毛に強い髪を育てる栄養素③:ビタミン

    ビタミン不足も、抜け毛予防の大敵です。

    ビタミンBは、ケラチンの生成を促進する効果をもっているだけでなく、皮脂の分泌を調整してくれる、大切な栄養素です。

    ビタミンBは、毛母細胞の活性化を促す効果もあると言われているため、しっかり摂取しておきましょう。

    また、コラーゲンの生成や鉄分吸収、抗酸化の作用を持つビタミンCも、頭皮環境の改善に役立つと言われています。

    野菜不足の人は、サプリメントなどで補いつつ、バランスのとれたビタミンの摂取を心がけましょう。

    抜け毛を予防する生活習慣④:喫煙・飲酒を控える

    タバコやお酒の成分そのものが抜け毛を引き起こすわけではないため、喫煙や飲酒をやめれば抜け毛を予防できる、ということでもありません。

    しかし、過度の喫煙や飲酒は、頭皮環境を悪化させ、抜け毛を引き起こしやすくする可能性があります。

    タバコによる血管収縮とビタミン不足が、抜け毛の起きやすい頭皮を作る?

    タバコを吸うことが直接、抜け毛を引き起こす原因になるわけではありません。

    しかし、喫煙による血管収縮、ビタミン不足は、頭皮環境を悪化させ、抜け毛が起きやすい状態を作ってしまうおそれがあります。

    タバコを吸うことで血管が収縮し、血行が悪くなると、毛根まで栄養分が十分に行き渡りません。

    毛根が栄養不足になると、健康な髪の毛が育たなくなり、毛が抜けるばかりで新しい髪の毛の成長が追いつかなくなってしまうのです。

    また、タバコに含まれるニコチンが原因で、ビタミン不足になってしまうことがあります。

    ニコチンには、体内のビタミンCを消費する働きがあるためです。

    ビタミンCが不足すると、栄養素の吸収効率が落ちてしまい、健康な髪の毛の成長に支障をきたすことがあります。

    抜け毛に強い頭皮環境のために、過度の喫煙は控えるべきでしょう。

    「適量」を超えた飲酒は、頭皮環境を壊す原因になりかねない

    過度の飲酒は、皮脂の分泌量を増加させ、頭皮環境を悪化させかねません。

    頭皮を乾燥から守るためには、適度な皮脂が必要ですが、過剰分泌されると毛穴を塞ぎ、髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼします。

    さらに、アルコールを多く摂取すると、アルコールを代謝するために、髪の成長に必要なアミノ酸やビタミン、亜鉛などの栄養素が不足します。

    また、お酒を分解する際に作られる「アセトアルデヒド」という成分は、薄毛対策の天敵です。

    アセトアルデヒドは、ハゲの原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の分泌を促進させる効果を持っていると言われています。

    ジヒドロテストステロンが増加すると、正常な毛周期を壊し、AGA(男性型脱毛症)を引き起こします。

    抜け毛を予防するために、飲酒は適量を心がけ、飲みすぎには注意しましょう。

    しかし、禁煙や禁酒で抜け毛を予防できるわけではない

    結局のところ、タバコやお酒を断てば抜け毛が起きなくなるというわけではありません。

    禁酒や禁煙によって、頭皮環境が悪化する原因を少し減らせるというだけです。

    好きだったお酒やタバコをやめることによってストレスを感じると、そのストレスが原因で頭皮環境が悪化してしまうこともあります。

    お酒やタバコはハゲるからやめなければなどと、気負いすぎないようにしましょう。

    抜け毛を予防する生活習慣⑤:十分に良質な睡眠をとる

    睡眠不足は、頭皮環境を悪化させる原因の1つです。

    髪の毛の発育を促す成長ホルモンは、決まった時間にまとまった睡眠をとることによって効率よく分泌されると言われています。

    良質な睡眠で抜け毛予防!

    抜け毛を予防するためには、だらだらと寝続けるよりも、短い時間で質のよい睡眠をとることが大切です。

    短時間でぐっすり眠るために、就寝前1時間はスマホの使用を控えたり、ゆったりお風呂に入ったり、睡眠環境を整えましょう。

    抜け毛を予防する生活習慣⑥:適度に運動をする

    適度な運動は、頭皮環境にいい影響を与えてくれるでしょう。

    逆に運動不足は、肥満につながり、集中力を低下させると言われ、頭皮環境にも悪影響を及ぼします。

    有酸素運動を中心に、適度な運動を取り入れましょう。

    適度な運動は、血行不良を解消してくれる

    運動不足の人は筋肉が凝り固まり、血行が悪くなってしまうため、髪への栄養素が滞りがち。

    適度に運動すると、身体中の血行が促進されます。

    血行不良が解消されることによって、末端の髪の毛や頭皮にもしっかりと栄養が届けられるようになるのです。

    髪の毛に十分に栄養素が届くことで、健康で抜けにくい髪の毛が育ちます。

    適度な運動で、ハゲのもと「ジヒドロテストステロン」が作られにくくなる

    誰もが持っている男性ホルモン「テストステロン」は、5αリダクターゼという酵素とつながると、抜け毛の原因である「ジヒドロテストステロン」に変化してしまうくせ者。

    しかし、運動することによって、このテストステロンが筋肉増量や骨の生成に使われ、ハゲのもとである「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制することができるのです。

    また、運動をすると、ジヒドロテストステロンが汗や尿によって排出されやすくなるという説も。

    適度に運動をすると、頭皮環境を整えるだけでなく、抜け毛の根本的な原因であるホルモンの生成を抑えることができるのです。

    【抜け毛を治療する方法】AGA治療の専門病院へ行こう

    以上の生活習慣を見直して、理想的な頭皮環境の実現に努めましょう。

    しかし、生活習慣を意識することでできるのは、あくまでも「抜け毛の予防」に過ぎません。

    すでに頭部がかなり薄くなり、これ以上の抜け毛は深刻だという人は、早めにAGA治療の専門病院に行って検査を受けましょう。

    生活習慣を変えることで、抜け毛の予防はできても、ハゲの改善はできません。

    AGAは進行性の病気なので、1日でも早く治療を受け、治療薬を服用することをおすすめします。


    薄毛改善への第一歩は、自分の頭皮環境の現状を知ることです。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加