生える人をふやす

    2017年08月09日 更新

    ラーメンを食べるとハゲるって本当の話? 頭皮環境に優しい食生活

    肥満や生活習慣病のリスクを高める食べ物の代表格である「ラーメン」。塩分の高いスープとこってりした油、小麦粉で作られた麺は、身体に悪いかもと思っていてもどうしても食べたくなってしまいますよね。日本人のソウルフードともいえるラーメンですが、ハゲと関係があることを知っていましたか?
    今回は、ラーメンが頭皮環境を悪化させると言われる原因を探り、頭皮環境に優しい食生活を紹介します。

    「ラーメンの食べ過ぎはハゲる」と言われる理由

    ラーメンがハゲる原因とされる理由は、塩分過多・高脂質・炭水化物過多にあります。

    それぞれが頭皮環境に与える影響を探っていきましょう。

    ラーメンがハゲると言われる原因①:塩分過多による血流悪化

    厚生労働省が2015年に策定した「食事摂取基準」によると、成人男性の1日あたりの塩分摂取量は8.0g、成人女性は7.0gが理想的だと規定されていました。

    一方、ラーメン一杯に含まれる塩分量は6〜7gと言われており、たった一杯でほぼ1日の摂取基準を満たしています。

    ラーメンのように塩分が多く含まれる食べ物は、ナトリウムの働きにより血中の水分量が増加し、高血圧につながります。

    高血圧により悪化した血流は、毛根に十分な栄養を送ることができず、「髪の毛が生えにくい」頭皮環境となりかねません。

    ラーメンがハゲるといわれる原因②:高脂質な食べ物は皮脂の分泌を促し毛穴を皮脂で埋める

    脂質の過剰摂取は、皮脂腺を刺激し、皮脂の過剰分泌を促します。

    頭皮に皮脂が過剰分泌され、それが酸化し、毛穴に詰まり、毛穴で雑菌を繁殖させます。

    その結果、頭皮に炎症が起こり、抜け毛やハゲの原因になるおそれがあるのです。

    ラーメンがハゲるといわれる原因③:炭水化物によって血流が悪化

    ラーメンを食べるとハゲると言われる原因は、ラーメンの麺に含まれる炭水化物も関係しています。

    炭水化物から摂取される糖分により、血糖値は上昇、血流が悪化し、毛根に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

    また、炭水化物が糖分として吸収・分解されるときに消費されるビタミンBも、抜け毛と関係していると言われているのです。

    ビタミンBは、皮脂の分泌を抑制する働きがあるため、炭水化物の分解にビタミンBを使いすぎてしまうと、皮脂の抑制が効かなくなり、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

    つまり、炭水化物の過剰摂取は、頭皮の皮脂を過剰分泌させ、血流を悪化させるため、ハゲにつながると考えられているのです。

    ハゲたくないけどラーメンは食べたい! ハゲないための食生活の工夫

    ラーメンの食べ方や、食生活全体を改善することで、少しでもハゲにくい頭皮環境を作ることができるでしょう。

    「ハゲたくないけど、ラーメンも食べたい!」という人に向けて、食生活に取り入れてほしい工夫を紹介します。

    ラーメンのスープを飲まないことで摂取塩分をカット!

    塩分の多くは、スープに含まれています。

    スープを残すだけでも、全体の約40%の塩分をカットすることができるという説もあるほど。

    また、スープの中には大量の脂質も含まれているため、スープを飲まないことで、減塩・減脂の効果が期待できます。

    日頃の食生活を見直す

    塩分や脂質、炭水化物の摂取をなるべく控えながら、鶏や魚、大豆などの低脂質・高タンパクな食品は髪の毛にいいとされています。

    また、炭水化物を糖分に分解するとき必要となる、ビタミンBを摂取できる食品を食生活に取り入れる工夫も大切。

    ビタミンBは、納豆や卵、レバーに多く含まれる成分です。

    低脂質・高タンパクとビタミンBを多く含む食品を、積極的に摂取する食生活をおすすめします。

    適度な運動はハゲ予防になる

    ハゲない体内環境を作るには、適度な運動も必要不可欠です。

    ラーメンなどの塩分過多になりがちな食生活を続けることによってドロドロになった血液は、運動をすることによって改善できるでしょう。

    ウォーキングや水泳などの比較的体への負担が小さい有酸素運動を、週末に取り入れるだけでも血流改善の効果が期待できます。

    頭皮と運動、一見関係が薄そうに思えますが、ハゲを予防する大切な生活習慣の1つなのです。

    ラーメン絶ちはハゲの根本的解決策ではない!

    これまで説明してきたように、ラーメンは育毛を妨げる原因となる成分が多く含まれています。

    ただ、勘違いしてはいけないのが、ラーメンを日常的にたくさん摂取することが頭皮環境の悪化につながるのであって、ラーメンを絶つだけで髪が生えてくるわけではないということです。

    ハゲの原因の多くは男性ホルモンによるもの

    ハゲの原因の多くは、男性ホルモンによる影響です。

    抜け毛を促す男性ホルモン「ジヒドロテステロン」が過剰に分泌されることにより、AGA(男性型脱毛症)は発症します。

    AGAを改善するために、バランスのよい食生活や適度な運動はもちろん大切ですが、AGA専門のクリニックに足を運び、ハゲを誘発する男性ホルモンの分泌を抑える治療薬を使うことが最も効果的。

    ハゲに悩む人は、現状を把握するためにも、一度AGA専門のクリニックで医師に相談してみてはいかがでしょう。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加