生える人をふやす

    2017年09月25日 更新

    薄毛の治療に保険は適用? 不適用? 治療費を抑える方法

    薄毛治療には「保険が適用される」場合と「適用されない」場合があります。AGA(男性脱毛症)の治療は、残念ながら保険適用外。それでも髪の毛が充実しているヘア充になりたい! そんな人たちのために、なんとか治療費を安く抑える方法はないのでしょうか? 今回のAGA+では、薄毛治療の保険について本当の話をします。

    保険が適用される薄毛と、されない薄毛がある

    病院やAGA治療の専門クリニックで薄毛の治療を受けるとき、診療費や薬代が気になりますよね。

    残念ながらAGAの薄毛治療は「自由診療」のため、患者が100%費用を負担しなければなりません。

    しかし中には、保険が適用される「保険診療」の薄毛治療もあります。

    保険が適用される薄毛と適用されない薄毛の違いは、保険診療の定義にあります。

    まずは、保険診療の定義を確認しましょう。

    保険診療とは

    保険診療とは、国民健康保険や社会保険等の健康保険などの公的医療保険制度が適用される診療を受けることです。

    主な健康保険の種類

    • 健康保険(社会保険):主に企業に務める人が加入
    • 共済保険:主に公務員が加入
    • 国民健康保険:主に自営業者が加入
    健康保険の加入者は、保険料を納めれば、保険が適用される診療を受ける際、自己負担額を2~3割に抑えることができます。

    保険診療は、疾患によって点数(価格)が決まっています。

    そのため、保険診療であればどの病院にかかっても診療費は変わりません。

    基本的に、保険が適用されるのは次の場合なので覚えておきましょう。
    • 「生活に支障が出る」もしくは「命にかかわる」病気や怪我の治療

    自由診療とは

    自由診療とは公的医療保険制度の枠外の診療で、保険制度が適用されません。

    自由診療の主な例

    • 保険医療機関以外での治療(鍼灸、マッサージなど)
    • 美容整形
    • 歯列矯正
    • 保険で認められていない検査法・手術法
    • 厚生労働省が承認していない治療や薬の使用
    保険診療と異なり、患者が診察代・治療代・薬代などを100%自己負担しなければなりません。

    AGAの治療は、保険医療機関以外での治療に該当します。

    また自由診療の場合、診療費の設定方法に決まりがないため、クリニックによって診療費が異なります。

    保険が適用される2つの薄毛治療

    保険が適用される薄毛治療は次の2種類です。

    いずれも、保険が適用される疾患により、薄毛が生じています。
    • 皮膚疾患が原因の薄毛
    • 免疫機能の異常が原因の薄毛

    皮膚疾患が原因の薄毛

    皮膚疾患が原因の薄毛には主に「脂漏性脱毛症」と「粃糠性(ひこうせい)脱毛症」があります。

    脂漏性脱毛症とは

    • 脂漏性皮膚炎で頭皮に「脂性フケ」が生じる
    • 過剰に分泌された皮脂や粘性のフケが毛穴が塞ぎ炎症が起こる
    頭皮環境が悪化し、皮脂が過剰に分泌されると「脂漏性皮膚炎」が引き起こされます。

    脂漏性皮膚炎は、毛穴に存在し、皮脂を養分とする「マラセチア菌」が原因の皮膚炎です。

    この皮膚炎にかかると皮脂が毛穴を塞ぎ、頭皮に炎症が起こることで薄毛につながります。

    脂漏性皮膚炎が薄毛の原因である場合には、保険が適用されるのです。

    粃糠性(ひこうせい)脱毛症とは

    • 皮脂欠乏症皮膚炎(乾皮症)で頭皮が乾燥し「乾燥フケ」が生じる
    • 乾燥したフケが頭皮を覆うと雑菌の繁殖や髪の毛の成長を妨げるおそれがある
    シャンプーのし過ぎなどで頭皮が乾燥すると、皮脂が足りなくなり「皮脂欠乏症皮膚炎」が引き起こされます。

    この皮膚炎にかかると乾燥から生じたフケが毛穴を塞ぎ、頭皮に炎症が起こることによって、薄毛につながるのです。

    皮脂欠乏症皮膚炎が薄毛の原因であれば、保険適用の治療を受けられます。

    保険が下りる薄毛の原因となる皮膚炎には、この他に、整髪剤などに接触して皮膚がかぶれる「接触性皮膚炎」や「アトピー性皮膚炎」があります。

    免疫機能の異常が原因の薄毛

    10円ハゲとも呼ばれる「円形脱毛症」は、免疫不全が原因の薄毛です。

    円形脱毛症とは

    • 年齢や性別を問わず発症する
    • 円形やまだら状に脱毛する
    • 悪化すると頭全体に広がることもある
    円形脱毛症は、免疫機能が髪の毛を攻撃してしまうことで起こります。

    Tリンパ球という免疫機能が毛根を攻撃し、まだ伸びるはずだった髪の毛が早々抜けてしまうのです。

    従来は、円形脱毛症の原因はストレスだと考えられていました。

    しかし現在は、ストレスとの関係性は薄いのではないかと考えられています。

    免疫機能に対する治療なので、円形脱毛症の治療では保険が適用されます。

    AGA(男性型脱毛症)による薄毛は保険適応外

    AGAは、男性ホルモンが毛周期に悪影響を及ぼし、髪の毛が弱く薄くなる脱毛症です。

    頭部の疾患ですが、厚生労働省からは「保険を使ってもよい病気」と認められていません。

    AGAは命に関わる病気ではないため、治療は美容目的とされてしまうのです。

    AGA治療の専門のクリニックの治療費の相場

    AGA治療の専門クリニックでは主に以下の治療を受けられます。

    AGA治療の専門のクリニックで受けられる主な治療

    • カウンセリング:初回は基本的に無料
    • プロペシアの処方:1ヶ月5,000~7,500円ほど
    • ザガーロの処方:1ヶ月8,000~12,000円ほど
    • ミノキシジル外用薬の処方:1ヶ月7,000〜15,000円ほど
    他にも、自毛植毛法や、毛髪再生医療の一つであるHARG療法などの治療を受けられる専門クリニックもあります。

    この2つの治療法の場合、費用はおよそ数十万円。

    いずれにせよ、保険適用外の治療です。

    AGAの治療法についてもっと詳しく知りたい人はこちら

    AGA治療にかかる費用についてもっと詳しく知りたい人はこちら

    AGA治療費に医療費控除は原則適用されない

    1年に10万円以上の医療費がかかった場合は、確定申告で「医療費控除」を受けることができます。

    しかし、医療費控除は健康保険と同じく、「命にかかわる」もしくは「生活に支障」をきたす病気や怪我に適用されるもの。

    AGA治療は美容目的とみなされるので、原則適用されません。

    医療費控除を受けられる場合

    AGA治療では原則医療費控除を受けることはできませんが、「税務署が認めた場合」に限り、控除を受けられる可能性があります。

    医療費控除を受けるポイント

    • 予防目的でなく治療目的で医師の診療を受ける
    • 医師の診察を受けて診断書・処方箋をもらう
    • 診療費の領収書と診断書・処方箋を漏らさず提出する
    申請すれば必ずしも医療費控除が適用されるわけではありませんが、AGA治療にかかる費用のはできるだけ抑えたいですよね。

    医療費控除を受けるために、診療費の領収書や診断書・処方箋などの資料を保管して、税金の無料相談を受けてみるといいでしょう。

    「薄毛治療」の保険適用に関する本当の話

    AGA治療の専門クリニックへ行くと、治療費用は1ヶ月に5,000〜18,000円程度。

    少しでも治療費を抑えたいと考え、薬を個人輸入したりする人もいますが、安全性が保証されていないことと、効果が定かではないためおすすめできません。

    AGAヘアクリニックを始めとする多くのクリニックが、無料カウンセリングを行っています。

    それぞれのニーズに合わせた、最適な治療法を提案してくれるため、安全に治療効果を得ることができます。

    何より、専門医に相談できるので安心して治療を進めることができます。

    効果のない薬をいつまでも買い続けるよりも、クリニックに行って効果的な治療薬を処方してもらうほうが、トータルで考えると安く済むかもしれません。

    ヘア充になりたいのであれば、一度クリニックを受診して、医師と相談することをおすすめします。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加