生える人をふやす

    2017年09月21日 更新

    AGAの原因はどこにある? 二度と髪の毛が生えなくなってしまうその前に

    AGA(男性型脱毛症)という言葉は知っていても、AGAの原因を正しく理解している人はまだまだ少ないでしょう。
    今回は、AGAとはそもそも何者で、どんなメカニズムでハゲるのか、その原因について紹介します。

    1,200万人が悩まされているAGA(男性型脱毛症)とは

    薄毛やハゲで悩んでいる人は全国で1,200万人に上り、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)が原因だと言われています。

    AGA(男性型脱毛症)てどんなハゲ?

    AGAには、生え際や頭頂部の髪が薄くなるという特徴があります。

    AGAは、世間で俗に言われる若ハゲやM字ハゲ、てっぺんハゲと呼ばれるもので、身体の栄養状態や年齢に関係なく髪の毛が抜け落ちます。

    AGA(男性型脱毛症)の原因

    では、どんなメカニズムでAGAは引き起こされるのでしょうか。

    AGAの詳しい原因を説明します。

    AGA(男性型脱毛症)はジヒドロテストステロン(DHT)が原因?

    AGAとは「androgenetic alopecia」の略で、「androgenettic=男性ホルモン」「alopecia=脱毛症」を指し、「男性ホルモンが原因の脱毛症」です。

    AGAの主原因は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」。

    ジヒドロテストステロンは毛周期を短縮させます。

    毛周期とは髪の毛が生え変わるサイクルのことで、短縮されることにより、十分に成長していない細く短い髪が増えたり、抜け毛が増加します。

    AGAの原因となるジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくことで生成されます。

    AGA(男性型脱毛症)の原因は遺伝子にも

    「ハゲは遺伝する」とよく耳にしますが、AGAは遺伝との関係も考えられています。

    男性ホルモンを受容する「アンドロゲンレセプター」の感受性がX染色体に存在しており、母親もしくは母方の祖父母が薄毛であれば、AGAを引き起しやすい遺伝子を持っている可能性が高いでしょう。

    ただし、これらの遺伝子を受け継いだからと言って、必ずしもAGAが発症するわけではありません。

    AGA(男性型脱毛症)のメカニズム

    先で少し触れた毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間があります。

    毛周期について

    • 成長期:早期、中期、後期に分けられ、髪の毛が生えて太く、長くなる期間。
    • 退行期:毛球(毛根の膨らんでいるところ)が小さくなり始め、毛母細胞の細胞分裂も減少し、髪の毛が成長しなくなる期間。
    • 休止期:新たな毛母細胞が供給され、新しい毛を作り出す準備期間。毛母細胞が少しずつ活発になっていき、再び成長期へとつながる。
    この毛周期は、通常2〜6年間ほど維持されますが、ジヒドロテストステロンによって100日程度まで短縮されてしまう場合も。

    一生のうちに髪が生え変わる回数には限りがあり、毛周期を終えた毛根から髪の毛は生えてきません。

    AGAを放置すると、いつの間にか一生分の毛周期を使い切り、取り返しのつかないことになる場合もあります。

    抜け毛を助長する原因

    AGAを助長する原因はさまざま。

    薄毛の進行に拍車をかける、さまざまな原因を見ていきましょう。

    食生活の乱れが原因でAGAが加速する?

    ファストフードやインスタント食品など、高カロリーかつ動物性油脂を多く含む食べ物ばかり食べているとAGAの進行を助長させ、症状が悪化する可能性が高まります。

    これらの食品は血液中のコレステロールの増加、血流の悪化を招きかねません。

    この結果、髪を作り出す毛母細胞に必要な栄養が行き渡らず、髪の成長を阻害するおそれがあるのです。

    過度なアルコール摂取が原因でAGAが加速する?

    過度なアルコールの摂取は、肝臓の働きを妨害し、髪の成長に必要なタンパク質の不足を招きかねません。

    さらに、アルコールを分解する際に発生する「アセトアルデヒド」という有害物質によって、睡眠の質が低下することにつながります。

    睡眠は、髪の成長に欠かすことのできない大切な要素。

    睡眠不足によってホルモンのバランスが崩れると、ホルモンの過剰分泌を引き起こすおそれもあります。

    喫煙の習慣が原因が原因でAGAが加速する?

    タバコを吸うことによって、血管が収縮します。

    頭皮の血流が悪化することは、髪の毛に必要な栄養素を十分に補給することが難しくなるということです。

    そして、タバコに含まれるニコチンには、体内のビタミンCを消費する作用があります。

    ビタミンCには、身体に必要な栄養素の吸収を助ける働きがあります。

    ニコチンによってビタミンCが破壊されることで、身体に必要な栄養の吸収率が下がるおそれがあり、AGAに追い打ちをかけかねません。

    ストレスが原因でAGAが加速する?

    過度なストレスによって、自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性があります。

    前述したように、AGAは男性ホルモンによって引き起されます。

    ホルモンバランスを乱すほどの過度なストレスには注意が必要です。

    AGA(男性型脱毛症)の対策

    AGAや抜け毛に悩んでいる人は、自分なりの対策を考えていることでしょう。

    しかし、AGAの原因は男性ホルモンであり、抜け毛を助長してしまう原因は生活の中にたくさんあります。

    より効果的な抜け毛対策をするためにも、一度AGA専門クリニックでカウンセリングを受けてみませんか?

    AGA専門クリニックではカウンセリングを基本無料で行っています。

    カウンセリングで抜け毛の状態や、AGAの進行状況を知ることが一番効果的な抜け毛の対策になるでしょう。

    また、AGAは進行性の脱毛症であるため自然治癒は見込めません。

    AGAによって毛周期が乱れ、取り返しのつかないことになる前に、AGA専門のクリニックで適切な治療を行うことが、薄毛改善への近道です。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加