生える人をふやす

    2017年09月06日 更新

    薄毛に悩める男性必見! 薄毛につながる原因と改善法

    多くの男性が抱える悩み「薄毛」。髪が薄くなると周囲からの目がついつい気になってしまいますよね。
    今回は、薄毛につながる原因とその改善法について紹介します。薄毛を改善し、ヘア充になるために適切な対策をとりましょう!

    男性が薄毛になる原因として考えられるもの

    男性が薄毛になる原因① 生活習慣の乱れ

    偏った食生活(脂質の多い食事)

    食事に野菜を取り入れるのには手間がかかるため、肉類中心の食生活を送っている男性は多いのではないでしょうか。

    肉類を食べ過ぎてしまう人は皮脂の大量分泌や血流の悪化を引き起こしやすく、頭皮環境の悪化につながるため要注意です。

    できるだけ魚や野菜を取り入れたバランスのよい食事を考えましょう。

    また、手間がかからないという点でインスタント食品も手を出してしまいがち。

    しかし、これらの食品にも多量の油分が含まれており、結果として頭皮環境を悪化させるため薄毛に悩んでいる男性は控えることをおすすめします。

    飲酒・喫煙の習慣

    毛髪の主成分であるケラチンという成分は体内のアミノ酸が結合してできたものですが、飲酒によって摂取されたアルコールを分解するためにはこのアミノ酸を消費してしまいます。

    お酒を頻繁に飲む男性は、毛髪の生成に必要なアミノ酸が不足してしまうおそれがあり、髪の発育不良につながる場合があるため注意しましょう。

    また、タバコに含まれるニコチンは自律神経に作用し、血管を収縮させ、頭皮に栄養素が行き届くのを阻害してしまいます。

    薄毛が気になりだしたら禁酒・禁煙を心掛けましょう。

    完全にやめることが難しいとしても、量を減らすなどの努力は必要です。

    睡眠不足・睡眠の質の悪化

    毛髪や頭皮が日中に受けたダメージは睡眠中に修復されますが、睡眠不足や睡眠の質が悪化するとそのダメージが回復しにくくなり、薄毛や抜け毛を引き起こすおそれがあります。

    また、睡眠不足は後述するストレスとも密接な関係があり、睡眠時間が短くなる・睡眠の質が低下すると自律神経が乱れ、ストレスを感じやすくなります。

    男性が薄毛になる原因② 慢性的なストレス

    睡眠不足や慢性的なストレスは血管を収縮させ、頭部の血流を悪化させます。

    すると毛髪の成長に必要とされる栄養分が行きわたりにくくなり、髪が細くなる、抜け毛が増加するといった症状が見られるようになります。

    また、ストレスは胃や肝臓、腸などの内臓器官の機能を悪化させ、健康な毛髪を作り出すために必要なタンパク質の吸収を低下させることも知っておきましょう。

    頭皮の健康を維持するためには、日常に適度な運動をするといったストレスを軽減するための対策が必要です。

    男性が薄毛になる原因③ ジヒドロテストステロン(DHT)

    薄毛に悩む男性の大半が、AGA(男性型脱毛症)を発症しています。

    AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結びつき、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化することにより起こります。

    このジヒドロテストステロンは毛髪の成長を阻害して毛周期を不安定にし、脱毛を促進させてしまうので薄毛の主要因だと言えます。

    男性が薄毛になる原因④ 遺伝

    薄毛の原因は遺伝だという話はよく耳にしますが、これはあながち間違った話ではありません。

    正確には、AGAの原因となる5αリダクターゼという還元酵素の分泌量に遺伝が関連してるためです。

    遺伝的に5αリダクターゼの分泌量が多い人はAGAの進行が早く、少ない人は薄毛になりにくい体質であると言えます。

    男性に多い薄毛のタイプとその原因

    タイプ① 前頭部の薄毛

    前頭部付近の薄毛に悩んでいる人は、AGA(男性型脱毛症)を発症していることがほとんどです。

    AGAには、脱毛を促進するジヒドロテストステロンが大きく関わっており、根本から解決するためにはAGA専門クリニックで治療を受けることが必要となります。

    タイプ② 頭頂部の薄毛

    頭頂部の薄毛に悩んでいる人もAGA(男性型脱毛症)の可能性が高いと言えます。

    生活習慣を改善するだけでは根本的な解決にはならないため、専門医への受診をおすすめします。

    タイプ③ 後頭部の薄毛

    後頭部の薄毛が気になる場合には、AGA以外の脱毛症が考えられます。

    これは後頭部の毛根には、AGAの原因であるジヒドロテストステロンが作用する受容体がないと考えられているためです。

    頭皮環境の悪化を原因とする脱毛症が疑われるため、規則正しい生活をすることで症状の改善を目指しましょう。

    ただし脱毛症に関して正確に自己判断をすることは難しいため、後頭部の薄毛が気になる場合にも医師を受診することが望ましいでしょう。

    タイプ④ 側頭部の薄毛

    側頭部の毛根にはジヒドロテストステロンが作用する受容体はないため、AGA以外の脱毛症が原因と考えられます。

    側頭部に円形脱毛症などの症状が見られた場合、眼精疲労が関係しているおそれがあります。

    これは目を酷使する生活が続くと、目の周囲にある筋肉が緊張状態になり、側頭部付近の血流が悪化すると考えられているためです。

    PCやスマートフォンを長時間使う習慣のある人は、できるだけ時間を制限するように心掛けましょうね。

    薄毛に悩める男性必見! 効果のある治療薬

    薄毛に効果がある治療薬① ミノキシジル外用薬・内服薬

    ミノキシジル外用薬(外用液)は男性型脱毛症ガイドラインで薄毛治療への効果が認められている治療薬です。

    ミノキシジルはもともと高血圧の患者に対して使用されていましたが、臨床試験において薄毛の改善にも効果が見られたため、薄毛治療薬として販売されるようになりました。

    血管拡張作用があるため、頭部の血流を改善させ、毛髪に必要となる栄養素が十分に行きわたるよう働きかけます。

    また、ミノキシジルには頭皮に直接散布するタイプの他に、内服するタイプもあります。

    内服薬は男性型脱毛症ガイドラインには記載されてはいませんが、頭皮に散布する外用薬と比較しても薄毛への高い改善効果が期待できるとされています。

    一方で副作用の懸念もあるため、内服薬を希望する場合には専門医に相談しましょう。

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」について、詳しく知りたい人はこちら。

    薄毛に効果がある治療薬② フィナステリド(プロペシア)

    こちらも男性型脱毛症ガイドラインにて薄毛治療に効果が認められている治療薬です。

    AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで引き起こされます。

    フィナステリドは、テストステロンを変化させてしまう5αリダクターゼという還元酵素の働きを抑える作用を持つため、使用により薄毛の原因となっていた毛周期の乱れを改善することができます。

    一方で性欲減退・精子量減少といったホルモンに関する副作用が発生する場合があり、症状が見られた際には医師への相談が必須です。

    薄毛に効果がある治療薬③ デュタステリド(サガーロ)

    男性型脱毛症ガイドラインでは言及されていませんが、薄毛治療に対する効果が見られ、2016年6月から販売されている治療薬です。

    効き目としてはフィナステリドと同じくジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果を持ちますが、フィナステリドと比較しても高い効果が期待されています。

    その反面、副作用の発生率が高いため、必ず医師の診断のもと服用するようにしましょう。

    AGA治療で薄毛を改善し、ヘア充を目指そう!

    男性が薄毛になる原因と、その対策について解説しました。

    生活習慣に気をつけることは、薄毛になりにくい頭皮環境につながりますが、すでにAGAを発症している場合には、AGA治療薬の使用が必須です。

    「最近薄毛が気になる……」という男性は、無料カウンセリングを行っているAGA治療の専門病院を訪ねてみましょう。

    それが、ヘア充への第一歩です。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加