生える人をふやす

    2017年09月27日 更新

    【原因究明】ハゲを治すために知っておくべき本当の話

    一口に「ハゲ」と言っても、原因や症状は十人十色です。あなたは、自分がどうしてハゲているのか、原因を知っていますか? ハゲを治すためには、なぜ薄毛が起こっているのか、原因を知ることから始まります。ハゲる原因と、それぞれの治療法をチェックしましょう。

    【ハゲ治療を始める前に】ハゲにも種類があるのは本当の話!

    ハゲを治すためには、なぜハゲが起こっているのか原因を知ることが大切です。

    適切な対策を行うためにも、ハゲるメカニズムを理解しておきましょう。

    そのハゲ、どのハゲ? ハゲる4つの原因

    • 男性ホルモンによるハゲ 《AGA(男性型脱毛症)》
    • 自己免疫疾患によるハゲ 《円形脱毛症など》
    • 頭皮環境悪化によるハゲ 《粃糠(ひこう)性脱毛症・脂漏性脱毛症など》
    • 外的要因によるハゲ 《牽引性脱毛症・圧迫性脱毛症など》

    ハゲの原因①:男性ホルモン

    ハゲに悩んでいる日本人はおよそ1,200万人。

    そのほとんどが患っているという、薄毛の病気AGA(男性型脱毛症)

    あなたのハゲがAGAの症状だとしたら、原因は男性ホルモンの一つ「ジヒドロテストステロン」です。

    誰もが持つ男性ホルモン「テストステロン」が、酵素「5αリダクターゼ」の働きによってジヒドロテストステロンに変換され、そのジヒドロテストステロンが正常な毛周期を乱すためハゲるというのが、AGAの仕組みです。

    遺伝もAGAになる原因の一つ。

    ジヒドロテストステロンを感知する「アンドロレセプター」という器官の感度は、遺伝すると考えられています。

    アンドロレセプターの感度が高い遺伝子を持っている人は、毛根がジヒドロテストステロンの影響を受けやすいため、薄毛になりやすいという説があるのです。

    さらに、5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子を持つ人は、ジヒドロテストステロンが作られやすいため、ハゲる確率が高いという一説も……。

    しかし、薄毛遺伝子を持っていてもハゲない人もいるので、必要以上に気に病む必要はないでしょう。

    ハゲの原因②:自己免疫疾患

    自己免疫疾患が原因で、頭皮に悪影響が及んだ結果、ハゲてしまうという人もいます。

    例えば、円形脱毛症は、自己免疫疾患によって起こるハゲだと考えられています。

    ストレスなどをきっかけに、頭皮や毛根部分の免疫機能が低下して、局所的に脱毛してしまうのです。

    免疫機能が低下すると、Tリンパ球とよばれるものが毛根を異物と間違えて攻撃しまい、健康な髪の毛ですら抜けてしまうのが、円形脱毛症の恐ろしいところ。

    また、円形脱毛症を発症する患者の多くがアトピー患者であることから、皮膚の疾患も関係していると考えられています。

    ハゲの原因③:頭皮環境の悪化

    頭皮環境が悪化することで、ハゲてしまうこともあります。

    ストレスや偏食、過度な飲酒や喫煙、体質に合わない頭皮・毛髪ケア用品の使用など、頭皮環境を悪化させる原因は、生活のあちらこちらに潜んでいるのです。

    最近フケが気になるという人は、特に要注意かもしれません。

    頭皮が乾燥することによって発生する乾性フケは、毛穴までも塞いでしまうことがあり、粃糠(ひこう)性脱毛症を引き起こします。

    頭皮の過剰分泌や、カビの一種である「マラセチア菌」の繁殖によって発生する脂性フケも、とても困りもの。

    偏食が続いたり、頭皮の皮脂が長期にわたって過剰分泌されたりすると、脂漏性(しろう)皮膚炎が起こり、抜け毛の原因になることがあります。

    ハゲの原因④:外的要因

    牽引性脱毛症圧迫性脱毛症は、外的要因によってハゲてしまう脱毛症です。

    髪の毛を強く引っ張ったり、髪の毛を圧迫したりすることが続くと毛が抜ける原因になります。

    牽引性脱毛症は、ポニーテールやエクステンションなどによって髪の毛を引っ張り続けた結果、髪が抜けてしまうものです。

    女性が悩みがちな脱毛症ですが、ワックスで強めにスタイリングする男性にも、牽引性脱毛症のリスクはあります。

    圧迫性脱毛症は、長時間ヘルメットや帽子をかぶっていることで、頭皮が圧迫されて血行不良になり、毛が抜けてしまうというもの。

    ハゲを導いてしまう習慣に心当たりのある人は、外的要因を取り除く努力をしてみるといいかもしれません。

    原因別に見る「ハゲを治す方法」

    ハゲを治すためには、やみくもに育毛剤を使うのではなく、原因に合わせた対策を行うことが必要です。

    ハゲの原因別に、最も効果的な治療方法や対策をみていきましょう!

    【原因別】ハゲを治す方法

    • 男性ホルモンが原因のハゲ……フィナステリド・デュタステリドの投薬治療で治す
    • 自己免疫疾患が原因のハゲ……局所免疫療法・ステロイド局所注射で治す
    • 頭皮環境悪化が原因のハゲ……頭皮の状態や体質に合わせたケア用品を使って治す
    • 外的要因が原因のハゲ……外的要因を取り除いて治す

    男性ホルモンによるハゲを治すためには、投薬治療するしかない

    ハゲの原因が男性ホルモンだった場合、つまりAGAを発症していたなら投薬治療以外に治す方法はありません。

    AGAは進行性の病気なので、放っておくとどんどんハゲていきます。

    そのハゲを止めるには、原因である男性ホルモンを、薬によってブロックするしかないのです。

    AGA治療の専門クリニックに行き、体質に合った治療薬を処方してもらってハゲを治しましょう。

    自己免疫疾患によるハゲを治すための治療法には2種類ある

    円形脱毛症などの、自己免疫疾患によるハゲを治す方法には、局所免疫療法ステロイド局所注射の2種類があります。

    局所免疫治療法とは、薬品によって人工的にかぶれを起こし、頭皮のリンパ球の作用を抑制して発毛を促してハゲを治す方法。

    ステロイド局所注射は、ステロイドを脱毛部分に注射によって注入し、ハゲを治す方法です。

    ステロイドには炎症や免疫機能を抑える効果があり、高い発毛効果が期待できる一方で、注射には痛みが伴い、注射部分が陥没するという副作用があります。

    内服薬や外用薬を処方してもらうこともできますが、ハゲを治すほどの発毛効果が得られる保証はありません。

    円形脱毛症などのハゲで悩んでいる人は、一度病院に行き、治療方法について医師に相談することをおすすめします。

    頭皮環境の悪化によるハゲを治すためには、正しい頭皮・毛髪ケアを!

    頭皮環境の悪化によるハゲは、正しい頭皮・毛髪ケアを行って頭皮環境を改善すれば、治すことができます。

    シャンプーやコンディショナーなど、自分の頭皮環境や体質にあったケア用品を選ぶようにしましょう。

    乾性フケが気になる人はアミノ酸系シャンプーを、脂性フケが気になる人は「ミコナゾール硝酸塩」が配合されたシャンプーを選ぶのがおすすめ。

    また、真菌の発育抑制・抗真菌作用をもつ「ケトコナゾール」配合のシャンプーを使うと、頭皮を清潔に保つことができます。

    ケトコナゾール配合のシャンプーは、AGA専門クリニックなどで処方されます。

    また、炎症を鎮める内服薬や抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤などの薬で治療することもできますが、副作用の懸念があるため、投薬治療をする場合はよく医師に相談しましょう。

    食生活や飲酒・喫煙習慣、ストレスなどを見直すだけでも、頭皮環境が改善されたり、ハゲを予防したりすることはできます。

    病院で治療を受けるだけでなく、普段の生活を見直して、確実にハゲを治しましょう。

    外的要因によるハゲを治すためには、外的要因を取り除くしかない

    外的要因によるハゲに悩む人は、とにかくその外的要因を取り除いて治すことを考えましょう。

    牽引性脱毛症や圧迫性脱毛症については、明確な治療法が見つかっていません。

    しかし、そもそもハゲの原因となっている外的要因を取り除けば、自然と髪が生えてきて、ハゲが緩和されると言われています。

    ポニーテールやエクステンション、ヘアアイロンや、髪に負担がかかるようなワックスを使ったスタイリング、帽子やヘルメットを長くかぶりっぱなしという習慣を変えていきましょう。

    髪を引っ張ったり圧迫したりする習慣を止めても、ハゲが治らないという人は、専門の医師に相談すべきかもしれません。

    確実にハゲを治すためには、まず医師に相談すること

    薄毛の人は自分の頭の状態を見て「ハゲている」と悩みますが、「ハゲ」と一括りにできないほど、ハゲる原因は様々です。

    なぜハゲているのか、原因を知ることができれば、最も効果的な方法でハゲを治すことができます。

    ハゲの症状を、自分一人で正しく判断するのは難しいでしょう。

    まずは病院に行き、専門医に相談したり、検査を受けたりすることで、自分のハゲがどのハゲなのかを知ることが、ヘア充への第一歩です。

    ハゲてしまったと落ち込む前に、病院に行き、医師と一緒に治す方法を考えましょう!

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加