生える人をふやす

    2017年10月27日 更新

    薄毛を生活習慣から見直そう! 薄毛の原因と効果的な対策法

    あなたは、薄毛になりやすい生活をしていませんか? 生活習慣が乱れると頭皮環境も悪化し、薄毛になりやすくなります。では、どのように生活が乱れると薄毛につながるのでしょうか。薄毛のメカニズムを正しく理解し、適切な薄毛対策を始めましょう。

    なぜ、早めの薄毛対策が必要?

    薄毛対策は、早期対策が重要になります。

    「もっと薄毛が進行したら考えよう」

    これでは、手遅れになる可能性もあります。

    早めの薄毛対策が必要な理由は、主に4つ。

    早めの薄毛対策が必要な理由

    • ① ある程度抜け毛が進むと、髪の毛が生えてこなくなる
    • ② 毛根の数は胎児のときから変わらない
    • ③ 加齢にともない薄毛が進行する
    • ④ 薄毛改善には時間がかかる

    早めの薄毛対策が必要な理由①:ある程度抜け毛が進むと、髪が生えてこなくなる

    一度髪の毛が抜けてしまったら、その毛根から髪の毛が生えてこないというわけではありません。

    髪の毛には、毛周期という髪の成長サイクルがあります。

    毛周期は、髪が作られてから抜けるまでの期間のことを指しますが、毛周期が一度終わっても、その毛根からは新たに髪が生え、成長と脱毛を何回も繰り返します。

    しかし、無限に髪が生え続けるというわけではありません

    一定の毛周期を繰り返すと、その毛根からは髪が生えてこなくなります。

    抜け毛が増えるということは、毛周期が短くなり、通常よりも早く髪が抜けてしまう状態であるということです。

    抜け毛が多い状態を放置していると、毛根は寿命を迎え、二度と髪が生えてこなくなってしまいます

    早めの薄毛対策が必要な理由②:毛根の数は胎児のときから変わらない

    毛根の数は、胎児のときから一生変わることはありません。

    そして、1つの毛根が寿命を迎えると、その毛根から髪が生えてくることはありません。

    毛根の数は増やせないので、今ある全ての毛根が寿命を迎えてしまえば、一生髪が生えなくなってしまいます。

    手遅れになる前に、早めの薄毛対策をしましょう。

    早めの薄毛対策が必要な理由③:加齢にともない薄毛が進行する

    加齢にともなって体力が落ちていくように、頭皮環境も加齢によって衰えていきます。

    高齢になると毛母細胞の働きが低下し、薄毛が進行します。

    つまり、高齢になってから薄毛対策を行っても、なかなか効果が出にくいのです。

    細胞がまだまだ元気な若いうちから、薄毛対策をすることで、薄毛になるリスクをより低くできるでしょう。

    早めの薄毛対策が必要な理由④:薄毛改善には時間がかかる

    いざ薄毛対策を始めても、すぐに髪が生えるわけではありません。

    薄毛対策を始めてから、改善効果が見られるまでには長期的・継続的な薄毛対策が必要になります。

    薄毛対策が遅れれば遅れるほど、改善までの時間も長くなるので、できれば薄毛になる前から対策を立てておいた方がいいでしょう。

    そもそも、薄毛になる原因って?

    薄毛には、さまざまな原因があります。

    まずは薄毛になってしまう原因を知らなければ、効果的な対策を立てることはできません。

    薄毛における、主な原因を見ていきましょう。

    薄毛の原因①:男性ホルモン

    薄毛に悩む多くの男性が、AGA(男性型脱毛症)だと言われています。

    AGAの原因は男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」

    同じく男性ホルモンの「テストステロンと、毛乳頭に存在する還元酵素「5αリダクターゼ」が結合して、ジヒドロテストステロンを生成します。

    ジヒドロテストステロンには毛周期を短くし、薄毛を進行させる作用があります。

    薄毛の原因②:遺伝

    AGAの原因であるジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼが結合することによって生成されます。

    生成されたジヒドロテストステロンが、「アンドロゲン受容体」と結合することによって、脱毛命令が発信され、薄毛が進行します。

    そして、AGAの原因となる5αリダクターゼの活性と、アンドロゲン受容体の感度は遺伝すると言われています。

    5αリダクターゼの働きが活発な遺伝子が遺伝すれば、ジヒドロテストステロンは生成されやすくなります

    また、アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子が遺伝すれば、脱毛命令が発信されやすくなるのです。

    このような遺伝子を持っている人は、持っていない人と比べると、AGA発症の可能性が高いと言われています。

    また、発毛に関与する遺伝子があることもわかっており、その遺伝子が欠損している人は薄毛になりやすいとの研究結果もあります。

    薄毛の原因③:頭皮環境の悪化

    頭皮環境の悪化も、薄毛の原因になる可能性があります。

    あなたの生活習慣が、頭皮環境の悪化につながっていないかチェックしてみましょう。

    頭皮環境を悪化させる生活習慣

    • 偏った食事:髪に必要な栄養が足りていない
    • 運動不足:頭皮の血行が悪くなる
    • 睡眠不足:成長ホルモンが分泌されない
    • 髪を乾かさない:頭皮に雑菌が繁殖する
    • シャンプーの選び方・仕方が間違っている:頭皮が乾燥したり、傷ついたりする
    • 髪を引っ張る:頭皮に負担がかかる。牽引性脱毛症の原因に
    • ヘアアイロン・ドライヤーのしすぎ:頭皮や髪に負担がかかる
    これらの行動は、頭皮環境の悪化につながるおそれがあります。

    思い当たるポイントがある人は、無理のない範囲で生活習慣の見直し・改善をしてみましょう。

    生活から見直す薄毛対策

    生活習慣が頭皮に悪影響を与え、薄毛の原因になることはわかりました。

    それでは、生活習慣をどのように改善すれば、薄毛対策になるのでしょうか。

    薄毛対策①:「食事・睡眠・運動」から見直す

    頭皮だけではなく、身体の健康にも重要な「食事・睡眠・運動」。

    バランスのいい食事、十分な睡眠、適度な運動、どれも基本的ですがとても大切なことです。

    まず、食事については、髪のもととなる「亜鉛」や「タンパク質」を豊富に含む食べ物を摂取するようにしましょう。

    具体的には、牡蠣・カシューナッツ・納豆・牛肩肉などに含まれてます。

    また、睡眠不足が薄毛の悪化につながるおそれも。

    睡眠が不足していると、疲労やストレスが溜まってしまい、血流が悪くなります。

    血流が悪くなると、頭皮環境も悪化してしまい、薄毛になりやすくなるのです。

    最後に、適度な運動も薄毛対策には重要。

    適度な運動は血行をよくし、それによって髪の成長に必要な栄養が血液を通してどんどん頭皮に届けられます。

    また、薄毛との関係が深い「ストレス」の発散にもなるので、日頃から適度に運動することを心がけるといいでしょう。

    薄毛対策②:シャンプーを見直す

    シャンプーの選び方やシャンプー方法、間違っていませんか?

    まず、シャンプーは洗浄力が高いものを避け、肌への刺激が弱いものを選びましょう。

    洗浄力が高すぎるシャンプーは皮脂を過剰に洗い流してしまい、頭皮の乾燥につながります。

    乾燥肌や敏感肌の人には、洗浄力が高すぎず、頭皮に優しい「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。

    皮脂が気になる人や、「スタイリング剤を使用しているからしっかり汚れを落としたい!」という人には、洗浄力が高めでも、比較的肌に優しいとされる「石鹸系シャンプー」もおすすめです。

    また、シャンプーの仕方も見直しましょう。

    爪を立てて洗ったり熱湯で洗ったりすると、頭皮にダメージを与えてしまいます。

    【薄毛対策】正しいシャンプー方法

    • ブラッシングをしてから入浴をする:ホコリなどの汚れをあらかじめ落としておく
    • お湯でしっかり髪を洗う:シャンプーのつけすぎで頭皮の乾燥を防ぐために、お湯で頭皮や髪の汚れを落としておく
    • 40度以下のお湯で洗う:熱湯でのシャンプーは頭皮乾燥の原因に
    • 指の腹でマッサージするように洗う:頭皮が傷つかないよう優しく洗う。頭皮の血行を促進する効果も

    正しいシャンプーの方法についてもっと知りたい人はこちら
    【プロが監修】ハゲる前に正しくシャンプー! 髪のプロが教える、薄毛を防ぐ髪の洗い方

    薄毛対策③:ドライヤーの仕方を見直す

    入浴後は、必ずドライヤーで髪を乾かしましょう。

    自然乾燥は、頭皮の雑菌が繁殖する原因になります。

    ただし、ドライヤーのかけすぎは頭皮や髪に大きな負担となるので、髪の水分をタオルで優しく拭き取ってから、ドライヤーをかけるようにしましょう。

    薄毛対策④:帽子を長時間着用しない

    帽子の長時間着用で、頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなります。

    また、小さい帽子の場合は頭を締め付け、頭皮の血行が悪くなりがちです。

    帽子は、自分の頭のサイズに合ったものを選び、長時間着用しないようにしましょう。

    薄毛対策⑤:育毛剤を使う

    薄毛が気になると、つい手を伸ばしたくなる育毛剤ですが、育毛剤に発毛効果はありません。

    市販の育毛剤は、医薬部外品・化粧品に分類され、主に頭皮環境を整え、薄毛を予防するためのもの。

    育毛剤を上手に使い、薄毛になりにくい頭皮環境を作りましょう。

    薄毛対策⑥:サプリメントを摂取する

    薄毛対策として、サプリメントを摂取するという手もあります。

    サプリメントは“栄養補助食品”であり、薬ではないので、あくまでも普段足りていない栄養を補ためのものとして使うのがベスト。

    食事だけでは不足しがちな、髪のための栄養をサプリメントで摂取しましょう。

    薄毛予防効果のあるサプリメント

    • 亜鉛:髪を構成するケラチンの合成を助ける
    • アミノ酸:ケラチンのもととなる
    • ビタミン類:頭皮の代謝促進、皮脂分泌のコントロール、アミノ酸の代謝を助けるなどの効果がある
    • ノコギリヤシ:AGAの原因となる「5αリダクターゼ」を阻害する効果が期待されている

    すでに薄毛が気になるなら、病院へ

    生活習慣を正すことは、「髪を生やす」ための方法にはなりません。

    「すでに薄毛が進行している」「薄毛を早く治したい」という人は病院へ行きましょう。

    薄毛には医学的・科学的に認められている治療法があります。

    薄毛対策として最も効果が高いのは、病院での治療です。

    医学的・科学的に根拠のある薄毛治療

    薄毛の治療に効果が認められている治療成分は、フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルの3つ。

    科学的な根拠を持つ薄毛治療成分(治療薬)

    • フィナステリド(プロペシア)
    • デュタステリド(ザガーロ)
    • ミノキシジル

    これらの3つは医薬品のため、AGA専門クリニックなどの病院で処方してもらう必要があります。

    本当に効果的な薄毛治療を考えるならば、まず病院で相談してみましょう。

    AGA専門クリニックで薄毛の原因を知ろう

    「薄毛で病院って何科に行けばいいの?」と疑問に思う人も多いでしょう。

    薄毛治療は、一部の皮膚科や内科でも行うことができます。

    しかし、薄毛の原因がAGAであった場合、皮膚科や内科で受けられる治療はあくまでも“現状維持”にしかなりません。

    「薄毛を治したい!」という人は、AGA専門クリニックに行きましょう。

    AGA専門クリニックは、薄毛の大半を占めるAGA(男性型脱毛症)専門のクリニックです。

    AGA専門クリニックには、薄毛治療の専門医が在籍していて、“現状維持”ではなくフサフサになるための治療をしてくれます

    もちろん、AGA以外の薄毛も診断してもらえるので、薄毛が気になる人はまずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加