生える人をふやす

    2017年09月27日 更新

    【衝撃】CMで人気の育毛剤、使っても髪が生えないのには「深いワケ」があった!

    ハゲや薄毛に悩む人のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)を患っていると言われています。ハゲ対策として最初に思いつきやすいのは「育毛剤」ですが、AGAの場合、どんなに育毛剤を使っても髪の毛は生えません。頭皮環境を整えてくれる育毛剤は、ハゲを治すのではなく、薄毛を予防する「医薬部外品」なのです。今回は、そんな育毛剤が持つ効果について解説します。

    そもそも育毛剤って何?

    育毛剤とは、頭皮環境を整えるための医薬部外品です。

    育毛剤は、「頭皮環境を改善し、毛髪の成長を促すもの」であり、「新しく髪の毛を生やすもの」ではありません。

    市販の育毛剤の多くは、そもそも発毛効果のある成分を含んでいないのです。

    育毛剤の商品紹介サイトやパッケージをよく見ると、「髪の毛が生える」とは表記されていません。

    薬機法(旧薬事法)違反になるおそれがあるため、発毛成分を含んでいない以上、「髪の毛が生える」とは言えないのです。

    育毛剤に含まれている成分の効果

    育毛剤にはさまざまな成分が含まれており、それらが持つ効果によって、抜け毛が起こりにくい頭皮環境が作られるのです。

    育毛剤に含まれる成分には、大きく4つの効果があります。

    育毛剤の4つの効果

    • 血行促進効果
    • 毛母細胞の活性効果
    • 殺菌効果
    • 栄養補給効果

    育毛剤の効果①:血行促進効果

    育毛剤には、血行を促進する効果があります。

    多くの育毛剤に含まれているセンブリエキスやM-034、セファランチンなどの成分が、頭皮の血行を促進。

    頭皮の血行が促進されると、食べ物やサプリメントから摂取した栄養分が頭皮へしっかりと行き渡ります。

    毛根の毛母細胞が栄養分を受け取ることで、健康で抜けにくい髪の毛が育つというわけです。

    育毛剤は、血行促進効果によって、髪の毛に栄養分が行き渡るのを助けます。

    育毛剤の効果②:毛母細胞の活性効果

    育毛剤には、毛母細胞を活性化させると言われるものもあります。

    毛根の内側にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛が成長するという仕組みです。

    育毛剤に含まれるチクセツニンジンやペンタデカン酸グリセリドなどの成分が、髪の毛の成長を決める毛母細胞を活性化すると考えられています。

    育毛剤の効果③:殺菌作用

    殺菌作用によって、頭皮環境を清潔に保つ育毛剤もあります。

    イソプロピルフェノールやヒノキチオールなど、アルコール系の成分を含んでいる育毛剤は、殺菌効果が期待できるでしょう。

    頭皮に雑菌が繁殖すると、フケが起こったり、毛穴が皮脂でふさがったりする原因になります。

    頭皮を常に清潔に保つ手段として、育毛剤を使うのもいいかもしれません。

    育毛剤の効果④:栄養補給効果

    頭皮に栄養を補給してくれる育毛剤もあります。

    とくに亜鉛やビタミン類は、多くの育毛剤に使われています。

    髪の毛は、ケラチンというタンパク質でできており、亜鉛はアミノ酸がケラチンになるのを助けます。

    ビタミン類も血行を促進したり、亜鉛の働きを助ける効果があり、抜け毛を予防するためには大切。

    育毛剤によって、不足しがちな栄養分を補うことを考えてみてもいいでしょう。

    「育毛剤」に含まれる成分や効果について、もっと詳しく知りたい人はこちら。

    育毛効果が認められている成分「ミノキシジル」

    ミノキシジルは、AGAの第一選択薬である

    ミノキシジルは、男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて発毛効果が認められた成分。

    このガイドラインでは、成人男性においてミノキシジル成分5%含有の外用液」がAGA治療の第一選択薬として推奨されています。

    ミノキシジルは、血行促進効果によって「髪の毛を生やす」

    ミノキシジルには、育毛剤に含まれる成分よりも確かな血行促進作用が認められており、確かな発毛効果が期待できます。

    もともとは、高血圧の患者向けに「降圧剤」として使用されていたミノキシジル。

    処方された患者の体毛が濃くなるという副作用がみられたため、のちに再開発され、今ではAGA治療薬としても活躍しているのです。

    ミノキシジルによって副作用が出ることも

    ミノキシジルは医薬成分であるため、少なからず副作用が起こる可能性があります。

    ミノキシジルの副作用には、頭皮のかゆみや発疹が確認されています。

    頭皮に違和感を感じた場合、使用を中断して、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

    発毛効果の認められたミノキシジルとは

    • 男性型脱毛症診療ガイドラインで、AGAの第一選択薬として認められている
    • 血行促進効果によって髪の毛を生やす
    • 医薬成分なので副作用が出ることがある

    ミノキシジル含有の市販育毛剤は「リアップ」だけ

    発毛効果が認められた医薬成分であるミノキシジルを含有しているのは、市販の育毛剤の中で「リアップ」だけです。

    リアップ系の育毛剤は、ミノキシジルを1%配合している「リアップ」を含めて3種類あります。

    ミノキシジルだけでなく、頭皮環境を整え、清涼感を与える成分も配合した「リアッププラス」

    そして、ミノキシジルを贅沢に5%配合し、皮脂抑制や頭皮の炎症を抑える成分を加えた「リアップX5プラス」です。

    育毛剤は、医師や薬剤師と相談して使用しよう

    市販されている育毛剤の多くは医薬部外品であるため、「現状維持」か「予防」以上の効果はありません。

    そのため、薄毛や抜け毛が進行している場合、市販の育毛剤だけでハゲは治療できないのです。

    また、多くの育毛剤は医薬部外品ですが、体質に合わなければ、かぶれや痒みなど副作用のような症状が出る可能性もあります。

    一度病院でのカウンセリングを受け、市販の育毛剤で十分なのか、AGA治療薬による治療が必要なのかを、専門医に判断してもらうことをおすすめします。

    多くのAGA専門クリニックは、無料でカウンセリングを行っています。

    ぜひ一度医師に相談し、賢く正しく薄毛を治療しましょう!


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加