生える人をふやす

    2017年10月27日 更新

    その抜け毛、危険かも? 髪の毛が抜けるメカニズムと抜け毛対策

    枕に無数の抜け毛、シャワーの排水溝に溜まった抜け毛。思いがけず出会う抜け毛に、ドキッとした経験はないですか? 抜け毛がたくさんあると、「もしかしてAGAかも?」と不安に思う人もいるでしょう。しかし、抜け毛には正常な抜け毛と異常な抜け毛があり、抜け毛の本数だけで判断はできません。抜け毛を見つけたときは、抜け毛の状態を観察してみてください。○○が○○になっている抜け毛は危険信号……?
    今回のAGA+では、抜け毛のメカニズムから原因、抜け毛を防ぐシャンプー方法まで、抜け毛に関する情報を紹介します。

    髪の毛は毎日抜けるのが当たり前

    AGA(男性型脱毛症)を発症していない人でも、髪の毛は毎日抜けるもの。

    抜け毛は人間の生理現象で、髪の毛の一生は2〜6年と考えられています。

    では、どのように成長し、抜けていくのか説明していきます。

    3つの期間に分けられる毛周期

    髪の毛の成長サイクルである毛周期は、約1,000〜2,000日の周期で起きる、髪の毛が発毛・成長・脱毛を繰り返す循環のこと。

    発毛してから約2〜4年程度かけて「成長期」、約1ヶ月の「退行期」、その後5ヶ月の「休止期」という3つの時期を繰り返します。

    髪の毛が抜ける毛周期の3段階

    • 1. 成長期:髪が太く強く成長する期間
    • 2. 退行期:成長が弱まり、脱毛の準備が始まる期間
    • 3. 休止期間:髪の成長が完全に止まり、自然に抜けるのを待っている期間

    毛母細胞と呼ばれる毛根の細胞が活発に細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛は健康に成長します。

    毛母細胞の活動が弱まり徐々に成長が止まると、毛球部分が表皮へと少しずつ近付き、脱毛の準備が始まるのです。

    1日あたりに抜ける髪の毛の量

    日本人の成人男性の場合、髪の毛の量はおよそ7〜13万本ほど。

    この7〜13万本の髪の毛が、2〜6年の時間をかけて抜け落ちると言われています。

    では、1日平均で何本くらいの髪の毛が抜けているのでしょうか。

    1日の抜け毛の計算式

    • 髪の毛7~13万本 ÷ ヘアサイクル2~6年 ÷ 1年365日 = 31~178本

    1日の抜け毛の本数は31〜178本という結果が出ましたが、個人差があるため一概に抜け毛の多少を判断することは難しいでしょう。

    例えば、もともとの髪の毛が20万本ある人の場合、1日あたり200本抜けても毛周期に異常はないと考えられます。

    また、自分の髪の毛の量や一日の抜け毛の数を把握することは難しいため、この数字はあくまで目安として捉えるようにしましょう。

    春と秋は抜け毛の多い季節

    犬や猫を飼っている人はよくわかるかと思いますが、動物には「毛の生え変わる季節」があります。

    人間も、春と秋に抜け毛が多くなると言われています。


    ここから、季節による抜け毛のメカニズムについて見ていきましょう。

    季節による抜け毛のメカニズム

    季節による脱毛の仕組みは、未だに解明されていません。

    人間も他の動物と同じく、気温の変化による体温調整のために毛量を増減させる働きがあると考えられていたり、夏の強い紫外線が髪の毛にダメージを与え、その影響が秋に抜け毛として現れるなど、諸説あるようです。

    そのメカニズムは明らかになっていませんが、春と秋は抜け毛が一時的に多くなりやすいので、一過性の抜け毛であれば不安に思うことはないでしょう。

    「正常な抜け毛」と「異常な抜け毛」は毛根から違う?

    抜け毛は本数より、髪質をチェックすることで、異常であるか否かを判断することができます。

    特に注目するポイントは、抜け毛の毛根です。

    丸く膨らんだ毛根は健康な証!

    正常な抜け毛の毛根は、マッチ棒の先のように丸く膨らんでいます。

    このタイプの抜け毛は毛周期の中で寿命を迎え、抜け落ちた髪の毛であるため、正常な抜け毛と考えられます。

    毛根の膨らみが小さい・膨らみがない抜け毛は危険!

    毛根の膨らみが小さいものは、髪の毛に栄養が行き渡らず、十分に成長する前に抜け落ちてしまった抜け毛である可能性があります。

    このタイプの抜け毛も、毛周期の流れの中で自然に抜け落ちた髪の毛ですが、髪の毛の成長が活性化されておらず、寿命が短くなっていることを示しています。


    このような抜け毛が頻繁に見られる人は、薄毛に要注意。

    毛根の膨らみが小さい・毛根がない抜け毛はAGA(男性型脱毛症)かも!

    毛根の膨らみが小さかったり、毛根のない抜け毛は、AGA患者の抜け毛に多く見られる特徴。

    このタイプの抜け毛を見つけたら、AGAの専門クリニックを受診することをおすすめします。

    AGAは進行型の脱毛症であるため、早期治療が肝心。

    少しでも不安がある人は、早めに医師へ相談しましょう。

    自然脱毛以外の抜け毛……その原因は?

    寿命を終えた髪が抜けるのは、ごく自然なこと。

    しかし、病気や精神的なストレス、生活習慣などによって起こる抜け毛もあります。

    AGA(男性型脱毛症)や円形脱毛症などの病気による抜け毛

    異常脱毛の例として、AGAや円形脱毛症などの病気による抜け毛が挙げられます。

    ●AGA(男性型脱毛症)
    AGAは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性ホルモンが原因の脱毛症。

    現在、約1,200万人がこのAGAによる薄毛であると言われています。

    ●円形脱毛症
    「10円ハゲ」とも呼ばれる円形脱毛症は、精神的なストレスが原因だというイメージを持たれがちですよね。

    しかし、近年では、自己免疫疾患やアトピー素因によって発症する可能性が高いと考えられています。

    ストレスが原因の抜け毛

    「ストレスが原因でハゲる」と昔からよく耳にしますが、真実とは少し異なります。

    ストレスが直接的に抜け毛に影響するわけではありません。

    しかし、過度なストレスを感じると、脱毛ホルモンの分泌に影響を与えたり、自律神経が乱れて頭皮環境が悪化したりするため、抜け毛につながるのでは?といった説もあるようです。

    「ストレスと抜け毛の関係」について知りたい人はこちら

     タバコやお酒が原因で起こる抜け毛

    タバコやお酒が抜け毛につながると言われるのは、どちらも「血行不良」を招くためです。

    頭皮の血行が悪化すると、髪の毛の成長に関わる毛母細胞に十分な栄養が運ばれなくなるため、太く強い髪が生えにくくなってしまいます。

    また、タバコに含まれるニコチンによってビタミンCが消費されたり、アルコールを分解するためにアミノ酸やビタミンが使われたりなど、髪の栄養となる成分が不足してしまうことも、抜け毛の原因として挙げられる理由でしょう。

    「タバコ・お酒と抜け毛の関係」についてもっと詳しく知りたい人はこちら

    抜け毛予防のためにできること

    ふさふさの髪の毛を保ちたい人に知ってほしい、「抜け毛予防」をまとめました。

    抜け毛予防①:アミノ酸・亜鉛・ビタミンなどのサプリを使って栄養補助

    髪の毛は、ケラチンと呼ばれるアミノ酸によって構成されています。


    髪の毛が健康に成長するためにも、良質なアミノ酸を摂ることが大切です。

    そんな髪の毛の主成分を合成するために大切な栄養素、亜鉛。

    亜鉛は、ケラチンの合成を助けることで髪の毛の成長をサポートすると言われています。

    また亜鉛は、AGAの原因となるジヒドロテストロンが生成されるのを阻害する働きも期待されているのです。

    亜鉛は、日本人に不足しがちな栄養素の1つで、牡蠣やビーフジャーキー、パルメザンチーズなどに多く含まれています。

    ビタミン類も、太く強い髪質を作るのに必要な栄養素。

    ビタミンは血行不良を防ぎ、新陳代謝を整えることで、清潔な頭皮環境を保ってくれます。

    発毛に効果的な栄養素についてもっと知りたい人はこちら

    抜け毛予防②:頭皮マッサージによって頭皮の血行アップ

    頭皮のマッサージによって血流が良くなり、毛母細胞に栄養が行き渡りやすくなります。

    また、頭皮を柔らかくする効果も期待でき、髪の毛が生えやすい環境に整えることもできるでしょう。

    しかし、過度に力を入れすぎたり、長時間行ったりすると、頭皮に負荷がかかり、頭皮が傷つくこともあるので注意しましょう。

    抜け毛予防③:適度な運動も抜け毛予防に効果あり

    ランニングや水泳などの有酸素運動も、抜け毛予防法の1つ。

    有酸素運動をすることにより、血行が改善されるとともに、ストレスの発散、ジヒドロテステロンの抑制にもつながるとされているのです。

    また運動不足な人は、頭皮環境が乱れていることが多く、頭皮の血行が悪く、ハゲやすい状態。

    適度な有酸素運動は、髪の毛の抜けにくい頭皮環境を作ることにつながるのです。

    市販の育毛剤を使えば髪は生えるの?

    市販の育毛剤は抜け毛を治す薬ではない

    市販で販売されている育毛品は「医薬部外品」や「化粧品」に分類されています。

    市販の育毛剤は頭皮環境を健康に保ち、抜け毛を予防するために作られたものであって、脱毛症を治す効果を持つ「医薬品」でありません。

    市販の育毛剤から期待できる効果

    髪の毛の成長に必要な栄養は、血管の中を通って毛母細胞に届けられます。

    血行不良によって栄養がうまく届かない状態になると、毛髪の成長が妨げられ、抜け毛のリスクが高まるかもしれません。

    多くの育毛剤には、血行を促進させるための成分が含まれています。

    また、毛母細胞を活性させる成分や、殺菌作用を促す成分、毛母細胞の栄養となる成分を組み合わせて構成されているものも。

    ただ、市販の育毛剤だけで抜け毛が治ることはないのが現状です。

    シャンプーによる抜け毛を防げ! 洗い方のススメ

    シャンプーをするときに、自分の抜け毛を実感する人も多いはず。

    抜け毛が多い人の中には、間違った洗い方をしている人もいるかもしれません。

    ここからは、抜け毛を予防する正しいシャンプー方法を紹介します。

    シャンプーは1日に2回以上しない!

    頭皮に皮脂が溜まることによって抜け毛が進行すると思うあまり、しっかり2回シャンプーをして、完璧に汚れを取り除こうとする人がいますが、シャンプーのしすぎは頭皮環境が乱れる原因になりかねません。

    頭皮の皮脂を過剰に洗い流してしまうことで、頭皮はカサカサに乾燥してしまい髪の毛が生えにくくなってしまいます。

    また、必要以上のシャンプーは頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の皮脂が自家上に分泌されてしまう原因にも。

    シャンプーは1日に1回に留め、どうしても髪を洗いたいときはシャンプー剤を使わず、シャワーのお湯だけにするなどの工夫をしましょう。

    スカルプシャンプー・育毛シャンプーで頭皮や抜け毛ケア

    スカルプシャンプーの「スカルプ」とは頭皮という意味です。

    頭皮の健康を考えて作られたスカルプシャンプーは、普通のシャンプーと比べ、洗浄力が抑えられているのが特徴。

    皮脂は、頭皮に溜まると酸化し抜け毛の原因となりますが、適度な皮脂は紫外線や乾燥から守る働きを持ちます。

    最低限の皮脂を頭皮に残すために、スカルプシャンプーの洗浄力は抑えられているのです。

    また、アミノ酸が配合された「アミノ酸シャンプー」も話題となっています。

    髪の毛と同じ成分であるアミノ酸を使って洗浄するため、髪へのダメージが少なく、頭皮に優しいシャンプーとされています。

    正しいシャンプーについてもっと知りたい人はこちら
    【プロが監修】ハゲる前に正しくシャンプー! 髪のプロが教える、薄毛を防ぐ髪の洗い方

    その抜け毛、もしかしたらAGA(男性型脱毛症)の可能性アリ?

    国内でおよそ1,200万人もの男性がAGAと言われています。

    AGAの原因は、遺伝と男性ホルモンであり、進行性のため早期治療が有効です。

    AGAの原因=ジヒドロテステロンの働き

    先ほど言ったように、AGAの原因は「男性ホルモン」の働きにあります。

    「テストステロン」という男性ホルモンと、還元酵素である「5αリダクターゼ」が結合することによって、「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる、脱毛を促す男性ホルモンが生成されます。

    ジヒドロテストステロンは、髪の成長期を短縮させることによって薄毛や抜け毛を引き起こします。

    抜け毛を本気で減らしたいなら?

    抜け毛による薄毛を治療するには、AGAの専門クリニックを受診することをおすすめします。

    一部の皮膚科や美容クリニックでも薄毛治療が行われていますが、AGA治療専任の医師が少なく、最適な治療が受けられるとは言えません。

    患者一人ひとりに合った治療を受けられるAGA専門クリニック

    AGA専門クリニックでは、幅広い治療薬が取り扱われており、患者一人ひとりに合う治療薬を選んでくれます。

    また、AGA専門クリニックでの治療は、血液検査や遺伝子検査の結果、カウンセリングなどから患者の症状に合わせて開始されるため、安心かつ安全。

    詳細な検査や綿密なカンセリングをもとに、さまざまな選択肢の中から治療方法を検討できることが、 専門クリニックで治療を受けることのメリットでしょう。

    AGA治療は保険適用外

    AGA治療は、皮膚科・美容クリニック・AGA専門クリニック問わず、保険適用外です。

    AGA治療は、美容整形や歯列矯正などの治療のように「自由診療」と区分されるため、100%自己負担となっています。

    治療費の相場は1ヶ月4,000〜20,000円

    AGA治療は自由診療であるため、各クリニックの治療方針は大きく異なり、治療費の額も幅があります。

    詳細な検査を行うAGA専門クリニックでは検査費があるため、皮膚科での治療と比べ、治療費が高くなる傾向にあります。

    【三大AGA治療薬】プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルの1ヶ月分の費用

    血管を拡張させ、髪の毛の細胞分裂を促すミノキシジル。

    ミノキシジル含有の外用液は、ミノキシジルの濃度によって価格は変動しますが、7,000〜15,000円程度で購入することができます。

    プロペシアは、悪性男性ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制する「フィナステリド」という成分を含む治療薬です。

    1ヶ月分で5,000〜7,500円程度で処方されます。

    ザガーロは、「デュタステリド」というAGA治療の有効成分を含む治療薬で、2016年の6月から日本での販売が開始されています。


    ザガーロは、プロペシアと同様に5αリダクターゼの阻害することによって発毛効果を持ちますが、その発毛効果はプロペシアより高いと言われています。

    ザガーロの費用は、1ヶ月で8,000〜12,000円程度となっています。

    抜け毛を治すためには、病院へ行くしかない

    髪の成長に必要な栄養を摂ったり、生活習慣を改善したり、育毛剤を使ったり、抜け毛の予防につながるポイントはいくつもありますが、そのどれもが抜け毛の根本的な解決にはなるとは言えません。

    AGAの原因はホルモンが関係しているため、AGA専門クリニックで検査を受けなければ、自分の症状を把握することも、適切な治療を受けることもできないでしょう。

    「抜け毛を改善するには病院に行かなくてはいけない」そうわかっていても、薄毛や抜け毛はセンシティブな問題であるため、薄毛治療で病院に行くことをためらう人もいるかもしれません。

    そのため、多くのAGA専門クリニックでは、プライバシーの配慮を徹底しています。

    テレビ電話でのカウンセリングを対応しているクリニックもあり、外出しなくても診察を受けることができます。

    また、診察が完全予約制であったり、待合室が完全個室になっていたりと、周りの目を気にすることなく通院できる工夫がなされています。

    カウンセリングは基本無料で行っているため、一度AGA専門クリニックに受診してみることをおすすめします。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加