生える人をふやす

    2017年10月06日 更新

    シャンプー方法で抜け毛の量が変わる! 抜け毛を減らす髪の洗い方

    シャンプーをしていると、誰でも自然に髪の毛は抜けるもの。それでも薄毛に悩む人の中には、「どうにかして抜け毛の量を減らしたい!」と切実に悩んでいる人も多いでしょう。あなたの抜け毛の量、シャンプー方法を変えることで減らせるかもしれません。
    今回は、抜け毛を予防するための正しい洗い方とシャンプー選びについて紹介します!

    シャンプーのときに髪の毛が多く抜ける?

    シャンプーをしているとき、髪の毛がたくさん抜けるのは自然なことです。

    AGA(男性型脱毛症)を発症している人も、そうでない人も、シャンプーは1日の中で最も髪の毛が抜けるタイミングだと言われています。

    髪の毛は、1日100本以上は自然に抜けていく

    シャンプーをする際に、指に絡んだたくさんの抜け毛をみて、驚いたことのある人も多いのではないでしょうか。

    人間の髪の毛は、2〜6年の毛周期の中で、成長し抜け落ち、そして新たに生え変わります。

    日本人の成人男性の毛量は、およそ7〜13万本だと言われていて、毛周期と照らし合わせて計算すると、1日あたり31〜178本ほど自然に抜け落ちることがわかります。

    よって、シャンプー時に髪の毛がたくさん抜けると感じても、そこまで心配する必要はないでしょう。

    シャンプーは頭皮環境を整える効果がある

    シャンプーは、髪の毛の汚れや頭皮の皮脂を洗い落とし、清潔な状態に保つほか、頭皮のマッサージにもなるため、頭皮の血行をよくする効果が期待できます。

    頭皮を清潔に保つだけでなく、髪の毛が生えやすい頭皮環境をつくることにつながるのです。


    シャンプーをすることは抜け毛を予防するにあたって、大切だと言えるでしょう。

    抜け毛を予防する正しいシャンプーの選び方

    スーパーやドラッグストアに行くと、棚には各メーカーからさまざまなシャンプーが販売されていて、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

    抜け毛予防のために気をつけたいのは、シャンプーに含まれる洗浄成分

    シャンプーの洗浄成分には、大きく分けて3つの種類があります。

    シャンプーの分類と選び方のコツを見ていきましょう。

    高級アルコール系シャンプー・アミノ酸系シャンプー・石けん系シャンプー

    シャンプーに含まれる洗浄成分は、界面活性剤と呼ばれるもの。

    この界面活性剤の違いからシャンプーは、高級アルコール系シャンプー・アミノ酸系シャンプー・石けん系シャンプーの3種類に分けることができます。

    スーパーやドラッグストアなどで最も目にするシャンプーが高級アルコール系シャンプーです。

    「高級」とは高価であることを意味するわけではなく、洗浄力の強いアルコールを含むことを意味しており、洗浄力が強く、泡立ちがいいのが特徴。

    アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸を含むシャンプーで、アミノ酸系の洗浄成分を使用していることにより頭皮や髪の毛への刺激が少ないと言われています。

    石けん系シャンプーは、動物や植物の油脂をアルカリで反応させて作った自然由来のシャンプーです。

    高級アルコール系シャンプーのように洗浄力が強く、頭皮への刺激が少ないのですが、洗い上がりに髪がパサついてしまうことが難点でしょう。

    3種類のシャンプーの特徴

    • 高級アルコール系シャンプー:香り・泡立ちがよく、洗浄力が強い、肌への刺激も強いのが欠点
    • アミノ酸系シャンプー:低刺激で泡立ちも良い、欠点は洗浄力が弱い点と価格が高い点
    • 石けん系シャンプー:自然由来の洗浄成分を使っているため肌への刺激が少ない、かつ洗浄力も強い、欠点は洗い心地がよくない点

    シャンプー選びは自分の肌質と要相談

    皮膚がデリケートな人やアレルギーを起こしやすい人は、シャンプーの洗浄成分に体内の免疫系が反応し、突然髪の毛が抜けることもあります。

    だからといって、洗浄力が弱いシャンプーを使えば誰でも抜け毛を予防できるわけではありません。

    皮脂の分泌が多く、頭皮に皮脂が残りやすい人の場合、アミノ酸系シャンプーだと皮脂が十分に洗浄されず残ってしまうこともあります。

    抜け毛を予防するには、なるべく肌への刺激や負担が少なく、自分の肌質に合ったシャンプーを使う必要があるでしょう。

    噂のシャンプーは抜け毛に効果があるのか?

    ノンシリコンシャンプー、スカルプシャンプー、育毛シャンプー。

    薄毛や抜け毛を気にする人なら一度は聞いたことがあるシャンプーだと思いますが、「抜け毛に本当に効果があるのか」その効果を正しく理解していない人もいるはずです。

    ここから、それぞれのシャンプーの特徴と効果を紹介します。

    ノンシリコンシャンプー

    ノンシリコンシャンプーは、髪をコーティングし、ツヤを出すために含まれるシリコンを使用していないのが特徴。

    シリコンはキューティクルをコーティングし、髪の光沢を付けるのに優れた成分ですが、このシリコンが毛穴を塞ぎ、頭皮環境が悪化することで、抜け毛の原因にもなると考えられていました。

    しかし、「シリコンが毛穴を詰まらせる」という事象について、明確な根拠はないため、無理にノンシリコンシャンプーを使う必要はないでしょう。

    スカルプシャンプー

    ここ最近、テレビCMやネットで取り上げられることが多い話題のスカルプシャンプー。

    スカルプシャンプーは、髪の毛が生えやすい頭皮環境にすることを目的に開発されたシャンプーであり、地肌への刺激が少ないアミノ酸や石けん系の界面活性剤が使われていることが多いです。

    テレビCMや宣伝方法から「育毛・発毛」というイメージを強く持つ人もいますが、実はスカルプシャンプー自体に発毛成分が配合されているわけではないため、発毛効果はありません。

    しかし、頭皮環境の乱れは健康な髪の毛の成長を妨げる原因ともなるため、抜け毛予防の一貫としてスカルプシャンプーを使うようにしましょう。

    育毛シャンプーに、発毛効果はない!

    育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーにも、発毛効果はありません。

    実は、「育毛シャンプー」と正式に名付けている商品はなく、スカルプシャンプーやそれに類する商品の別称として呼ばれています。

    髪の毛や頭皮によい成分を配合していて、頭皮環境を改善する効果があることから、育毛シャンプーに「発毛」という誤ったイメージが定着してしたのだと考えられます。

    抜け毛予防のための正しいシャンプー法

    誰でもシャンプー時は、髪の毛がたくさん抜けてしまうものと紹介しましたが、間違ったシャンプーを続けると、抜ける予定でなかった髪の毛まで抜けてしまうこともあります。

    抜け毛に悩む人に向けて、髪の毛や頭皮への負担が少ない、正しいシャンプー法を紹介していきます。

    正しいシャンプー法ステップ①:髪を濡らす前に、まずはブラッシングを

    シャンプー前の髪をブラシや櫛でしっかりと梳かすことで、絡まった髪をほぐすことができます。

    ブラッシングを行わず、シャンプーをしてしまうと、絡まった髪が指に引っ張られ、余分に髪が抜けてしまう可能性があります。

    髪は濡れると絡まりやすい性質があるため、入浴前にしっかりとブラッシングをして指通りのよい状態にすることを心がけましょう。

    整髪料が付いている場合は、無理にブラッシングをすることは避け、お湯でしっかりと洗い流すようにしましょう。

    正しいシャンプー法ステップ②:シャンプー前に、まずはお湯で頭皮の汚れを落とす

    シャンプーをする前に、まずお湯のみで髪の毛・頭皮を洗い流しましょう。

    単に頭全体を濡らすだけでなく、髪の毛についた整髪料を洗い流し、指の腹を使って優しくマッサージをするような感覚で、頭皮の汚れを落としましょう。

    ここで汚れをしっかりと落とすことで、シャンプーの泡立ちがよくなり、少ないシャンプー量でしっかりと洗浄することができます。

    正しいシャンプー法ステップ③:シャンプーはしっかりと泡立てる

    シャンプーを直接頭皮に付けてしまうと、頭皮への刺激が強すぎます。

    シャンプーは髪の毛全体に馴染むように、手のひらや泡だてネットを使ってしっかりと泡だててから使いましょう。

    正しいシャンプー法ステップ④:頭皮は「やさしく」&「しっかり」洗う

    ゴシゴシ擦るようにシャンプーをしてしまうと、頭皮や髪の毛が傷つきかねません。

    シャンプーをするときは、爪を立てず、指の腹を使ってやさしく洗うようにしましょう。

    そして、正しいシャンプー法の中で最も大切なパートが「すすぎ」

    すすぎ不足でシャンプーの泡が頭皮に残ってしまうと、汚れとなって毛穴に詰まり、頭皮環境悪化の原因になります。

    頭皮を傷付けないように優しく、しっかりとシャンプーを洗い落すようにしましょう。

    正しいシャンプー法ステップ⑤:リンスやトリートメントは髪の毛だけに

    リンスやトリートメントは髪のキューティクルにツヤを出す効果がある反面、毛穴を詰まらせることもあります。

    毛穴の詰まりが原因となって、頭皮の炎症を引き起こすこともあるので、なるべく頭皮に付着しないよう心がけましょう。

    正しいシャンプー法ステップ⑥:シャンプー後は髪の毛をしっかり乾かす

    シャンプーをした後、濡れた髪の毛のままでいませんか?

    せっかく清潔になった頭皮も、濡れたまま放置してしまうと雑菌が繁殖してしまいます。

    また、髪の毛のキューティクルは濡れると開く性質を持っているため、開いたキューティクルから栄養が漏れ、髪の毛がパサつく原因にも。

    シャンプー後はタオルでしっかり水分を取り、ドライヤーを使ってしっかり頭皮や髪の毛を乾かすようにしましょう。

    正しいシャンプー法

    • ステップ①:ブラッシング
    • ステップ②:お湯でしっかりと頭皮の汚れを落とす
    • ステップ③:シャンプーはしっかり泡立てる
    • ステップ④:「やさしく」&「しっかり」と洗う
    • ステップ⑤:リンスやトリートメントは髪の毛だけに
    • ステップ⑥:タオル、ドライヤーを使ってしっかり乾かす

    朝シャンはハゲのもと?

    朝にシャンプーをする人も多いかと思いますが、薄毛や抜け毛を気にする人はできるだけ就寝前にシャンプーは済ましてしまうことをおすすめします。

    シャンプー後の頭皮には、皮脂など頭皮を保護するものがなく、紫外線などの強い刺激に敏感になっている状態です。

    また、朝はなにかと仕事の準備に忙しく、シャンプーのために十分な時間をとれない傾向にもあります。

    このような原因から、朝シャンはハゲを気にする人にとってはあまりおすすめできないのです。

    朝シャンについて詳しく知りたい方はこちら

    正しいシャンプーで効果的な抜け毛予防を

    正しいシャンプー法を身に付けることにより、清潔な頭皮環境を整え、髪が生えやすくなる基礎を作ることができます。

    自分の頭皮環境に合ったシャンプーを使って、より効果的な抜け毛予防に努めましょう。

    また、頭皮環境は、運動・食事・睡眠など、生活習慣の影響も受けます。

    効果的な抜け毛対策には、シャンプーも含めた生活習慣全体の見直しが必要になってくるのです。

    自分の抜け毛の原因、自分に最適な抜け毛対策・予防法を知るためにも、一度病院へ行ってみませんか?

    AGA専門クリニックでは、カウンセリングを基本無料で行っています。

    頭皮や髪の毛、抜け毛についての疑問をプロに直接聞いてみましょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加