生える人をふやす

    2017年09月19日 更新

    ヘアオイルの正しい効果とケア方法を知る!オイルケアで健康な髪の毛を目指そう

    髪の毛のケアにもさまざまな方法があります。今回AGA+ではオイルケアにフォーカスしてヘアオイルの効果と使用法、おすすめのヘアオイルを紹介します。
    自分の悩みや髪質に合ったケアを理解して、髪の毛の健康を保ちましょう。

    髪の毛の健康にヘアオイルが効果的?

    髪の毛を保湿する印象が強いヘアオイルですが、保湿以外にも髪の毛の健康保持につながるさまざまな効果が期待できます。

    正しく使用すれば頭皮環境を整えてくれたり、髪の毛にツヤを与えてくれることも。

    はじめに、ヘアオイルが与える髪の毛への効果を見ていきましょう。

    ヘアオイルの効果①:髪の毛の乾燥を防ぐ

    ヘアオイルには、髪の毛の乾燥を防ぐという効果があります。

    シャンプーやトリートメントで十分にケアをしても、髪の毛から水分が蒸発する状態だと乾燥を招いてしまいます。

    そこで、髪の毛から栄養や水分が逃げないよう蓋をする役割として、ヘアオイルを使用しましょう。

    水分の蒸発を防ぐことで髪の毛の乾燥やパサつきの予防になります。

    ヘアオイルの効果②:ドライヤーの熱から髪の毛を守る

    ヘアオイルには、熱から髪の毛を守る効果があります。

    お風呂上がりやヘアセットの際に使用するドライヤー・コテなどは、熱によって髪の毛にダメージを与えてしまいます。

    ヘアオイルで髪の毛をコーティングすることで熱が与える髪の毛へのダメージを和らげてくれるでしょう。

    ヘアオイルの効果③:髪の毛の摩擦を緩和

    ヘアオイルには、摩擦を緩和してくれる効果があります。

    ブラッシングの際に生じる摩擦は、髪の毛を傷める一因です。

    ブラッシングの前にヘアオイルを髪の毛に馴染ませることで摩擦を緩和し、切れ毛や枝毛を予防してくれます。

    ヘアオイルの効果④:頭皮や髪の毛の汚れを落とす

    ヘアオイルには、汚れを落とす効果があります。

    シャンプー前に頭皮をヘアオイルでマッサージすることで、シャンプーでは落ちきれない汚れを落とすことができます。

    スタイリング剤をきちんと洗い流すためにも、ヘアオイルはおすすめです。

    オイルを使った正しい髪の毛のケア方法を知る

    オイルを使った正しいヘアケアを理解して、効果的なケアを実践しましょう。

    正しく髪の毛をケア➀:オイルの量は?

    ヘアオイルをつけすぎてしまうと、ベタついて見える原因になったり、服や首など髪以外にオイルが付着してしまうこともあるので自分の適量を見つけましょう。

    オイル量の目安としては、ショートヘアの場合1~2滴、セミロングの場合2~3滴、ロングの場合3~4滴です。

    ただし、あくまでも目安なので、自分の髪質や季節によって調整するといいでしょう。

    正しく髪の毛をケア②:オイルを使うタイミングは?

    オイルには、使用する適切なタイミングがあります。

    髪の毛は濡れるとキューティクルが開きます。

    濡れている髪の毛は、成分が浸透しやすい状態になっているため、濡れている状態で使用すると良いでしょう。

    お風呂上がりのタオルドライ後にオイルを使用すれば、成分の浸透乾燥の予防、ドライヤーの熱によるダメージを軽減してくれる効果が期待できるでしょう。

    他にも、シャンプー前に使用することで、頭皮や髪の毛についた汚れを落としやすくする効果もあります。

    正しく髪の毛をケア③:オイルの付け方は?

    ヘアオイルを付ける際は、適量のオイルを取り、両手に十分広げて馴染ませてから髪の毛に付けるようにしましょう。

    こうすることでオイルをムラなく髪全体に付けることができ、髪の毛がベタつくのを防ぐことができます。

    髪の毛に馴染ませた後にも手にオイルが残ってしまう場合は、付け過ぎなので量に注意しましょう。

    正しく髪の毛をケア④:オイルを付ける場所は?

    髪の毛は、根元よりも毛先の方が紫外線やドライヤーの熱などの外的ダメージを受けやすいので、毛先を中心に髪全体に馴染ませるように付けるようにしましょう。

    髪の毛の内側から全体に馴染ませるように付けることで、ベタついた印象にならずに仕上げることができます。

    また、頭皮に直接付けてしまうと、髪のボリュームがなくなったり、全体がベタついた印象になってしまうので注意しましょう。

    髪の毛の悩みに合ったヘアオイル! 効果を理解して自分に合ったオイルを見つける

    ヘアオイルにはさまざまな種類がありますが、期待できる効果はオイルによって異なります。

    それらをきちんと理解し、髪の毛の悩みに合ったオイルを使いましょう。

    おすすめヘアオイル➀:ツバキ油

    「ツバキ油」は、植物の種子から採取される植物性の油です。

    ツバキ油の成分の中にはオレイン酸が含まれており、この成分は髪の毛の水分が蒸発してしまうのを防いでくれます。

    ツバキ油はオレイン酸の含有量が高いため、髪の毛や頭皮を乾燥から守ってくれる効果が期待できます。

    またサポニンという殺菌・抗菌作用がある成分もツバキ油に含まれているため、頭皮環境の改善に効果的でしょう。

    おすすめヘアオイル②:ひまし油

    「ひまし油」は、トウゴマの実を搾って作られた植物性の油です。

    ひまし油は、ビタミンEミネラルたんぱく質の他、オメガ6オメガ9などの美容効果が高い脂肪酸を含みます。

    また、ひまし油に含まれるリシノール酸は高い抗菌作用を持っているのが特徴。

    油分による保湿作用の他に、抗菌作用、抗炎症作用にも期待できます。

    おすすめヘアオイル③:ホホバオイル

    「ホホバオイル」は、ホホバという木の種子から抽出された植物性の油です。

    ホホバオイルには、ワックスエステルという成分が含まれており、その含有率は植物性オイルの中で最大と言われています。

    ワックスエステルの成分は人間の皮脂とほとんど同じ成分であることから、頭皮や髪の毛に馴染みやすいという特徴が挙げられます。

    また、ホホバオイルは安全性の高さと保湿効果が強みとされています。

    オイルを使ったケアの注意すべき点

    オイルを使ったヘアケアを実践する前に、注意しておきたいことをチェックしましょう。

    「自然由来=絶対安全」は間違い!

    自然由来のオイルなら100%全ての人に合うという認識は間違いです。

    体質や肌質によってアレルギーを起こす可能性があることを頭に入れておきましょう。

    少しでも異常が見られた場合は使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

    オイルケアで健康な髪の毛を目指そう

    正しいオイルケアは、健康な髪の毛を目指す方法の1つ。

    頭皮の乾燥や、頭皮環境の悪化に伴った雑菌の繁殖は、薄毛を助長してしまう可能性があります。

    正しいオイルケアは、髪の毛へのダメージや頭皮の乾燥を防ぎ、薄毛の一因を予防する1つの手段として効果が期待できるかもしれません。

    気になった人は、オイルでのヘアケアを始めてみてはいかがでしょうか。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加