生える人をふやす

    2017年09月01日 更新

    AGAはAGA治療で正しく治す! 具体的な治療法&予防法

    AGA(男性型脱毛症)は、成人男性に多く見られる進行性の脱毛症です。男性の3人に1人が悩むと言われるAGAの効果的な治療は、主にAGA専門クリニックで受けることができます。AGAについて正しい知識を身につけ、正しいAGA対策・治療をしましょう!

    本当の話、AGA(男性型脱毛症)はただのハゲではなかった!

    ハゲと呼ばれる薄毛・脱毛症の1つAGAとは、男性型脱毛症のことを指します。

    現在、成人男性の3人に1人である約1,200万人の方がハゲに悩んでいるといわれ、そのほとんどがこの「AGA」といわれています。

    また、一般的にAGAは30~50代の成人男性に多くみられる症状ですが、AGAは思春期以降の成人男性が発症するため、最近では20代のAGA患者の方も少なくないようです。

    AGA治療が必要になる前に意識すべきこと

    AGAの治療が必要になってしまう前に、AGAの進行を少しでも抑制するため、AGAの主な要因を理解した上で的確なAGAの対策をしましょう。

    AGA(男性型脱毛症)になる原因①:運動不足

    身近な生活習慣の中で、AGAの原因となりうるのが運動不足です。

    血液を送る役割を担う筋肉が運動不足によって弱まり、新陳代謝の低下や血液の循環が悪くなります。

    すると、体の末端である髪の毛まで栄養が届かなくなり、AGAの進行を加速させてしまいます。

    また、AGAはストレスにも受けますが、このストレスも運動によって改善されることがあるため、適度な運動をするかどうかで、AGAの症状に大きな影響を与えます。

    AGA(男性型脱毛症)になる原因②:睡眠不足

    睡眠不足は肌に悪いとよく耳にしますが、人間の髪や爪、肌などを形成する上で深く関係するのが成長ホルモンです。

    髪の毛は、大部分がタンパク質で構成されているため、成長ホルモンの分泌量によって毛髪の成長も変化します。

    成長ホルモンの分泌とAGAについては詳しく解明されていませんが、規則正しい睡眠は成長ホルモンの分泌に大きく関係するため、健やかな頭髪の成長のためには睡眠も不可欠です。

    AGA(男性型脱毛症)になる要因③:過度なストレス

    私たちの身体は、受けたストレスによってさまざまな影響を及ぼしますが、AGAに侵される頭皮も例外ではありません。

    過度なストレスを受け続けると、自律神経やホルモンバランスを崩す原因となり、AGAになりやすい頭皮環境をつくってしまいます。

    投薬によるAGA(男性型脱毛症)の治療法

    AGAの主な治療法の中には、「フィナステリド(プロペシア)」と「デュタステリド(サガーロ)」の投薬によってAGAを治療する方法があります。
    以下では、聞きなれないAGAの治療薬「フィナステリド(プロペシア)」と「デュタステリド(サガーロ)」について詳しく説明します。

    AGA治療に効果的である「フィナステリド(プロペシア)」の投薬治療

    AGA治療に使われる「プロペシア」は、AGA症状の根本を改善・治療していく医薬品です。

    このAGA治療薬「プロペシア」に含まれる「フィナステリド」は、AGAの原因である5αリダクターゼという物質の活動を阻害する効果があります。

    元来、AGA治療薬の主成分「フィナステリド」は、前立腺肥大化の治療薬として開発されましたが、AGAへの毛髪増大効果が認められ、AGA治療薬として「プロペシア」という商品名で認可、販売されています。

    また、現在は特許が切れたこともあり、比較的安価なジェネリック医薬品も販売されています。

    2016年6月に販売開始されたAGA治療薬「デュタステリド(ザガーロ)」

    「ザガーロ」は、「プロペシア」同様にAGAの治療で有名で、2016年6月に販売開始された新しいAGA治療薬です。

    「プロペシア」同様にAGA治療として使われる「ザガーロ」は、成分の一般名称を「デュタステリド」といい、「フィナステリド」と同じく5αリダクターゼを阻害する効果があり、AGA治療に効果があります。

    また、「フィナステリド」はAGAの原因である5αリダクターゼ2型を阻害することでAGAの進行を抑制する一方、「デュタステリド」は5αリダクターゼ1型も阻害する効果があり、5αリダクターゼ2型を阻害する効果が「フィナステリド」の約3倍もあるとされ、AGAへの強い治療効果が期待できます。

    初期のAGA治療として推奨される「ミノキシジル外用療法」

    ミノキシジル外用は、初期のAGA症状の際に用いられるAGA治療で、男性に対しては5%ミノキシジル外用液が第一選択薬として勧められています。

    しかし、ミノキシジル外用では効果が認められなかったAGA患者も多く、「プロペシア」や「ザガーロ」によるAGA治療と併用することがAGA治療では重要と考えられています。

    また、「プロペシア」と「ザガーロ」はAGA治療に多く用いられる内服薬ですが、女性のAGA患者には十分な効果が認められてません。

    それだけではなく、妊娠中の妊婦は服用どころか、経皮吸収のおそれがあるため、手で直接触れるだけでも妊娠中の男児に悪影響を及ぼす可能性があります。

    そのため、女性のAGA患者は「プロペシア」や「ザガーロ」以外の内服薬や「ミノキシジル」配合の外用液などの処方でAGAを治療することが一般的とされています。

    まとめ

    これまで説明したように、AGAは思春期を過ぎた成人男性であれば、誰でも発症する可能性があります。

    風邪をひいても数日間安静にしていれば、ほとんどの人は完治しますが、AGAは進行性の脱毛症です。

    つまり、AGAになってしまった以上、生活習慣をどう見直そうとAGAが治ることはまずありません。

    もちろん、AGAに効果があると認められたAGAの治療薬は医薬品で、長期的かつ継続的な治療が必要とされるほか、副作用の可能性もあります。

    しかし、聞きかじったAGAの知識をもとに自己流のAGA対策をするのではなく、AGA専門病院にてAGA担当医師との相談の上、適切かつ効果的なAGA治療を行なってください。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加