生える人をふやす

    2017年10月06日 更新

    あなたのフケはどこから? 原因別フケ対策完全マニュアル

    不潔な印象を与えてしまう“フケ”。実は、フケには「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類があります。頭皮が乾燥しているのか、脂っぽいのかによって、フケの種類も対策方法も全く異なるのです。
    フケは、放っておくと抜け毛を引き起こしてしまう可能性もある厄介者。今回は、脂性フケと乾性フケの原因と対策についてまとめました。まずは自分のフケのタイプを知り、正しい対策を行って、フケを撃退しましょう!

    あなたのフケはどっち? 原因の異なる2種類のフケ

    多くの人を悩ますフケには、「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類があります。

    乾性フケと脂性フケは、それぞれ異なる原因によって発生します。

    あなたのフケは、乾いていますか?

    それとも、脂っぽくオイリーなフケですか?

    2種類のフケの特徴と原因を知っておきましょう。

    乾性フケの原因は「頭皮の乾燥」

    頭皮からパラパラと落ちてくる白いフケは、頭皮の乾燥が原因で発生する乾性フケ

    乾性フケの正体は、頭皮の乾燥によって剥がれ落ちた角質です。

    角質は新陳代謝によって一定の期間で剥がれ落ちますが、皮脂が不足しているためパラパラとした状態になるのが乾性フケです。

    頭皮が乾燥する原因は、日常生活のあちこちに潜んでいます。

    肌に合わないシャンプーを使っていたり、頭皮が血行不良であったり、栄養の偏った食生活を送っていたり……原因として思い当たることはありませんか?

    脂性フケの原因は「増殖した雑菌」

    脂性フケは、乾性フケに比べて皮脂や水分を多く含んでおり、フケの粒が大きいのが特徴。

    そんな脂性フケの原因は、マラセチア菌とよばれる雑菌です。

    頭皮の皮脂が過剰分泌されると、毛穴が詰まったり、雑菌が皮脂を餌に繁殖したりします。

    頭皮の皮脂を好む雑菌の一つ、マラセチア菌の働きによって、ベタベタとオイリーな脂性フケが発生するのです。

    脂性フケに悩んでいる人は、原因である頭皮の皮脂を抑える努力から始めましょう。

    乾燥が原因である「乾性フケ」の悩みを解決する方法

    乾性フケの悩みは、生活習慣を見直すことで軽減できるかもしれません。

    生活習慣の見直しから始める乾性フケ対策!

    • 洗浄力の控えめなアミノ酸系シャンプーを使用する
    • 血行不良を解消する
    • 栄養不足を解消する

    頭皮の乾燥が原因の「乾性フケ」対策①:洗浄力の控えめなアミノ酸系シャンプーを使用する

    乾性フケを引き起こす頭皮の乾燥は、間違ったシャンプー選びが原因かも。

    シャンプーに使われている界面活性剤には、石油系(高級アルコール系)・アミノ酸系・石けん系のものがあり、それぞれ特徴が異なります。

    ドラッグストアで手に入る安いシャンプーのほとんどは、泡立ちがよく洗浄力の強い石油系シャンプー。

    そのような洗浄力の強いシャンプーは、皮脂を必要以上に落としてしまい、頭皮が乾燥する原因になります。

    とくに乾燥肌になりやすい人は、洗浄力が控えめなアミノ酸系シャンプーを選び、頭皮の皮脂を洗い流し過ぎないように注意しましょう。

    シャンプーの成分についてもっと詳しく知りたい人はこちら
    育毛シャンプーは効果ある? 薄毛を予防するシャンプーの選び方

    頭皮の乾燥が原因の「乾性フケ」対策②:血行不良を解消する

    血行不良が原因で頭皮が乾燥し、乾性フケが発生してしまう場合があります。

    血行不良になると新陳代謝が低下し、皮脂の分泌量が少なくなって、頭皮が乾燥します。

    シャンプーをする際に頭皮をマッサージしたり、血行促進効果のある育毛剤を塗布したりすることで、血行不良の対策につながるでしょう。

    頭皮の乾燥が原因の「乾性フケ」対策③:栄養不足を解消する

    栄養不足が頭皮の乾燥を引き起こし、乾性フケの原因となってしまう可能性があります

    中でもビタミン類は、頭皮の皮脂腺と深い関係にあると言われています。

    これらの栄養分が不足すると、頭皮の皮脂分泌活動が弱まり、頭皮が乾燥してしまうことも。

    健康な頭皮を保つためにも、栄養のバランスを意識した食生活を心がけましょう。

    過剰な皮脂が原因である「脂性フケ」の悩みを解決する方法

    脂性フケの悩みは、マラセチア菌の温床となる、頭皮の皮脂を抑えることで解決できるでしょう。

    皮脂が過剰分泌される原因になりうる生活習慣を見直すことが大切です。

    過剰な皮脂の原因をブロック! 脂性フケ対策

    • 脂質を控える
    • フケ対策用シャンプーを使用する
    • 生活習慣全般を見直してみる

    過剰な皮脂が原因である「脂性フケ」対策①:脂質を控える

    脂質の多い食事は、頭皮の皮脂を過剰分泌させ、脂性フケの発生リスクを高めます。

    肉やラーメン、ファストフードなど、脂質の多い食生活は、皮脂の過剰分泌・雑菌の繁殖に直結し、脂性フケの原因になりうるのです。

    脂質の摂取はほどほどに調整し、バランスのよい食生活を心がけましょう。

    過剰な皮脂が原因である「脂性フケ」対策②:フケ対策用のシャンプーを使用する

    脂性フケ対策に効果的なシャンプーを使用することで、脂性フケの原因である雑菌の繁殖を抑えることができるでしょう。

    脂性フケ対策には、「ミコナゾール硝酸塩」や「ケトコナゾール」を含んだシャンプーがおすすめ。

    ミコナゾール硝酸塩を含むシャンプーは、薬局で購入することができます。

    マラセチア菌に対してより強い効果を持つケトコナゾール配合のシャンプーは、AGA治療の専門クリニックなどの病院で、医師から処方してもらうことが可能です。

    脂性フケ対策法③:生活習慣全般を見直してみる

    生活習慣の乱れが、頭皮の皮脂を過剰分泌させ、脂性フケを引き起こす場合があります。


    脂質の多い食事だけでなく、睡眠不足、ストレスなどが自律神経を乱し、皮脂の分泌に影響を与える可能性も否定できません。

    バランスの整った食事を心がけ、適度に眠り、定期的にストレスを解消できるよう努めましょう。

    フケや抜け毛に悩んだら、病院治療を検討しよう

    フケは粃糠(ひこう)性皮膚炎や脂漏性皮膚炎を引き起こし、抜け毛の原因になるかも

    フケの症状を放置して悪化させると、皮膚炎を伴った抜け毛を引き起こす場合があります。

    乾性フケは粃糠性皮膚炎の、脂性フケは脂漏性皮膚炎の原因となるためです。

    これらの皮膚炎は、頭皮環境を著しく悪化させ、健康な髪の毛の成長を阻害します。

    フケの症状がなかなか改善されないときは、AGA治療の専門クリニックなどで、きちんと医師に相談しましょう。

    フケの原因を知りたいなら、クリニックの無料カウンセリングがおすすめ

    薄毛や抜け毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)の影響であり、その原因は男性ホルモンによるもの。

    フケの原因とは異なりますが、頭皮環境の悪化から来る脱毛症との併発は十分に考えられます。

    また、フケは頭皮環境が乱れているサインであるため、頭皮環境の悪化によって抜け毛や薄毛が悪化するおそれも。

    「フケに困っているというだけで、病院に行くなんて……」と二の足を踏む必要はありません。

    多くのAGA専門クリニックでは、頭皮環境や薄毛の悩みについて医師に相談できる無料カウンセリングを行っています。

    フケに悩んでいる人は、できるだけ早く解決し、抜け毛に強い頭皮環境作りに努めましょう!

    「フケの原因がわからない」

    「自分の体質や生活習慣に合ったフケの対策方法が知りたい」

    そんな人は、AGA治療の専門クリニックで直接医師に聞いてみましょう。

    それが、フケを治す一番の近道です!


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加