生える人をふやす

  • PR

2017年12月05日 更新

長友選手の「本当の話」CMで話題のAGAヘアクリニックの評判や価格は?実際に生えた人の画像も!

AGA(男性型脱毛症)という言葉は聞いたことがあっても、それが何かはわからないという人は多いかもしれません。
男性の3人に1人が薄毛に悩み、そのほとんどがAGAだと言われています。

長友選手のTVCMで話題のAGAヘアクリニックとは

嘘のような情報があふれ信じられない、何が本当の話なのかわかりにくい薄毛治療の世界。そんな薄毛治療を「本当の話」でクリアにし身近にしていくことがAGAヘアクリニックの目指すもの。

「本当の話」をテーマに、AGAヘアクリニック院長水島医師とサッカー日本代表 長友佑都選手が対談を行っています。

「AGA」という言葉は聞いたことがあるのですが、しっかりと理解はできていませんね。この機会にぜひ教えていただきたいです。

AGAは、「男性型脱毛症」の略称なのですが、この病気は、日本の成人男性の3人に1人が罹患している病気と言われているんです。私としては、このAGAに対する一般的な意識を変えていきたいと考えています。


対談の様子はこちら!
サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療本当の話

男性の3人に1人が発症!?そもそもAGAとは何か

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」のことです。

薄毛・脱毛症の多くは、頭皮環境の悪化が原因だと思ってはいませんか? AGAは頭皮環境の悪化から来る薄毛・脱毛症とは、原因と症状が異なります。

AGAが発生する最も大きな原因は、男性ホルモンの影響にあります。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、「5αリダクターゼ」という物質と結合し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化します。

このジヒドロテストステロンは、髪の毛が持つ毛周期の中でも「成長期」の期間を短くする働きを持ち、ジヒドロテストステロンが作用しやすい人ほど、毛周期が乱れやすくなります。

通常は約4年かけて成長し抜けていく髪の毛が、AGAになると3か月程度に短縮してしまう

ジヒドロテストステロンが引き起こす毛周期の乱れによって、髪が十分に育たなくなり、薄毛が目立つようになるというのが、AGAなのです。

AGAを治すには、ドラッグストアやネットで買える育毛剤ではNG!

上述のように、AGAは男性ホルモンが引き起こす病気です。

ドラッグストアやネットで購入できる育毛剤(医薬部外品)では改善が見込めません。悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える医薬品が効果的です。

AGAを治す「3種の治療薬」とは?

AGAによる薄毛を治療するためには、科学的根拠に基づいたAGA治療薬を服用し、脱毛を促す男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制することが必要です。

AGA治療薬を服用することで乱れた毛周期が整えられ、新しい髪の毛が成長しやすくなります。

【AGA治療】AGA(男性型脱毛症)を治す治療薬①:プロペシア(フィナステリド)

国内では、「プロペシア」というフィナステリドを有効成分としたAGA治療薬が販売されています。

プロペシア(フィナステリド)は、AGAの原因「ジヒドロテストステロン」を生成する「5αリダクターゼ」を阻害する効果を持ちます。


5αリダクターゼが阻害されることで、ジヒドロテストステロンの生成量が減少。

ジヒドロテストステロンを抑えることで毛周期を正常化させ、再び太く強い髪の毛が成長することに繋がります。

AGA治療薬プロペシア(フィナステリド)の効果を体感するには、1日1回、最低でも6ヶ月以上の継続的な服用が必要とされています。

【AGA治療】AGA(男性型脱毛症)を治す治療薬②:ザガーロ(デュタステリド)

デュタステリドを有効成分に持つAGA治療薬は「ザガーロ」という名称で販売されています。

ザガーロは、プロペシアと同様、5αリダクターゼに働きかけてジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。

実は5αリダクターゼには、1型と2型があり、どちらもAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを生成に関係します。

ザガーロは5αリダクターゼ2型をプロペシアの約3倍、1型に至っては約100倍もの阻害効果を持っており、よりジヒドロテストステロンの生成を阻害する効果があるのです。

ザガーロは、プロペシアの投与と比べ、AGAの改善効果も大きいと言われています。

ザガーロもプロペシア同様、効果を実感するには1日1回、最低でも6ヶ月以上は治療薬の服用が必要とされています。

【AGA治療】AGA(男性型脱毛症)を治療する物質③:ミノキシジル

AGA治療薬として認可されているミノキシジルは、血管拡張のための薬剤とされており、毛乳頭につながる毛細血管を拡張することで毛母細胞に栄養を行き渡りやすくする働きがあります。

つまり、ミノキシジルには「発毛」の効果があるのです。

そもそも髪の毛は、毛母細胞が髪の根元にある「毛乳頭」から栄養を受け取り、細胞分裂をすることで成長します。

毛母細胞に十分な栄養が届かなかったり、男性ホルモン等の影響があると、細胞分裂が効率よく行われず、髪の毛が健康に育ちません。

プロペシアやザガーロはジヒドロテストステロンの生成を阻害、ミノキシジルは血行促進や育毛効果があるため、併用することでAGAの治療に大きな効果をもたらすと言えます。

【AGA治療】AGA治療薬の副作用とは

AGA治療薬は医薬品であるため、少なからず副作用のリスクがあります。

前述のプロペシア・デュタステリド・ミノキシジルの副作用はどのようなものかまとめました。

【AGA治療】プロペシア(フィナステリド)の主な副作用と発生率

  • 性欲減退(1〜5%未満)
  • 勃起機能の低下(1%未満)
  • 精液量の減少(1%未満)

【AGA治療】ザガーロ(デュタステリド)の主な副作用

  • 性欲減退(3.9%)
  • 勃起不全(4.3%)
  • 精液量の減少(1.3%)

プロペシアやザガーロでは、男性にとって非常にセンシティブな副作用があげられています。

男性の性欲に関わっている男性ホルモンは「テストステロン」。

AGA治療薬「プロペシア」や「ザガーロ」の有効成分「フィナステリド」や「デュタステリド」は、ジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼの働きを阻害することで、AGA治療効果を持ちます。

フィナステリドやデュタステリドには、テストステロンそのものを阻害・抑制する働きはないため、フィナステリドやデュタステリドが性欲減退などの男性機能の低下に直接的に関係しているとは考えにくいという説もあります。

性的欲求や勃起不全などの男性機能は、精神の影響を受けやすいとされています。

従って、「プロペシアを飲んだことで男性機能の低下が起こるのではないか」と心配し過ぎることで、性欲減退や男性機能の低下を誘発してしまうこともあるかもしれません。

【AGA治療】ミノキシジルの使用で起こりうる副作用

  • 頭皮のかゆみ
  • 頭髪以外の部位の多毛
  • むくみ
  • 動悸・不整脈

AGA治療薬ミノキシジルの副作用は、プロペシアやザガーロに比べると受け止めやすいものかもしれませんが、必ず医師の指導のもとで使用しましょう。

また、ミノキシジルの血管拡張・血流促進効果は、循環器系(心臓・血液・リンパ)に負担をかけることが考えられます。

以下のような疾患を持っている人は、ミノキシジル配合の治療薬の使用を避けた方がいいでしょう。

【AGA治療】ミノキシジルの使用を避けた方がいい人

  • 不整脈の人
  • 高血圧の人
  • 低血圧の人
  • 心臓の疾患の人
  • リンパなどの疾患を持っている人

もちろん、疾患を抱えていてもミノキシジルを使ったAGA治療を受けられる可能性はあります。

必ずAGA専門クリニック等で診察を受け、医師のアドバイスのもとミノキシジルを使いましょう。

【AGA治療】AGA治療の費用に健康保険は適用されない!

AGA治療は健康保険が適用されない「自由診療」です。よって、AGAの治療費用は100%自費で支払わなくてはなりません。

では、AGA専門クリニックでのAGA治療にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。

このAGA治療費を高額と受け取るか安いと取るかは、個人の薄毛の悩みの程度や、経済状況によるでしょう。

AGAヘアクリニックでのAGA治療費用例

  • 現在の状態を維持・予防したい:5,500円/月
  • 現在の状態から髪を生やしたい:18,000円/月

見た目が変わることによって、心が変わり、人生が変わることもあります。

AGAの進行状況や年齢によっても費用は異なるため、まずはAGA専門クリニックの無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

AGA+では、実際にAGA専門クリニックでのAGA治療で髪の毛が生えた編集部員らの経験を元に、病院でのAGA治療をおすすめしています。

AGA治療を受けられる病院はどこに?

AGA治療を受けられる病院①:AGA専門クリニック

AGA治療は、薄毛治療専門の病院で診察を受けることが大切です。

ハゲや薄毛が気になっても、「遺伝や年齢のせいだから仕方ない」と諦めている人はいませんか?

AGAを始めとするハゲや薄毛は、正しい治療法で治療することができます。

薄毛治療専門の病院ならば、遺伝や年齢以外の薄毛についても、きちんと原因を調べてくれるだけでなく、一人ひとりに合ったAGA治療法を提案してくれます。

最近は、皮膚科や美容クリニックなどでもAGA治療を行えるようになってきましたが、AGA+で最もおすすめしているのは「AGA専門クリニック」。

AGA専門クリニックでは、無料カウンセリングを実施していたり、プライバシーに配慮していたりと、安心して薄毛治療が受けられる環境が整っています。

AGA専門クリニックのメリット・デメリット

  • メリット
    →基本無料のカウンセリング・プライバシーの保護・一人ひとりに合ったAGA治療法のサポート・数多くの薄毛治療実績がある専門医が在籍
  • デメリット
    →AGA専門クリニックの数がまだあまり多くない

AGA治療を受けられる病院②:皮膚科

AGA治療は、皮膚科の病院でも診察することができます。

AGA専門クリニックは都市部に多く点在しますが、皮膚科ならばより身近なところで診察や治療が受けられるのがメリットでしょう。

ただし、AGA治療に効果的な治療薬は処方してもらえても、皮膚科には薄毛治療の専門医がいるとは限らないのが難点と言われています。

AGAであるという診断はされても、あくまで提案してくれるのは現状維持の治療法のみ。

また、内科などと同じ一般的な病院なので、AGA専門クリニックと比べてプライバシー保護の配慮がなく、AGA専門クリニックほどおすすめはできないでしょう。

AGA治療を受けられる病院③:美容整形クリニック

最近では、美容整形のクリニックでもAGA治療を受けられます。

美容医療においてもプライバシーへの配慮は重要なので、診察室が完全個室であることがメリット。

クリニックによっては、近年になってAGAや薄毛治療の専門医が増えたり、女性の薄毛向けの治療プランを設けているところがあるのも特徴です。

よって、患者一人ひとりに合った薄毛治療法で、より効果的なAGA治療を行うことができるかもしれません。

ただし、全ての美容整形クリニックにおいて薄毛治療の専門医がいるとは限らないので注意が必要です。

美容整形クリニックのメリット・デメリット

  • メリット
    →プライバシーの保護・患者に寄り添った治療を受けられる
  • デメリット
    →どこの美容整形クリニックでも薄毛治療が受けられるとは限らない

AGA治療は「AGA専門クリニック」で!

AGA治療はAGA専門クリニックで受けるべき理由①:無料カウンセリング

AGA専門クリニックの強みは、「数多くの治療実績を持つ薄毛やAGA治療の専門医がいること」「基本無料のカウンセリング」、そして「プライバシー保護への配慮」でしょう。

基本無料のカウンセリングでは、治療法はもちろん、治療費用や予防法、薄毛治療薬の副作用など、薄毛治療に関することならなんでも相談に乗ってくれます。

AGA治療は「AGA専門クリニック」で受けるべき理由②:プライバシー保護への配慮

AGA専門クリニックでは、カウンセリングから診断・治療まで、プライバシーがしっかりと保護されているのが特徴。

デリケートな薄毛の治療は、周りの目を気にしがち。

多くのAGA専門クリニックでは、診察室が完全個室なので、安心して薄毛治療を受けられます。

また、テレビ電話でのカウンセリングを行っているクリニックもあります。

AGA治療は「AGA専門クリニック」で受けるべき理由③:薄毛治療の幅が広い

科学的根拠に認められた薄毛治療法は、AGA治療薬による投薬治療であることは確かですが、全ての薄毛男性が「投薬によって必ずAGAが治る」とは限りません。

AGA専門クリニックでは、患者一人ひとりにあった最も効果的な薄毛治療法を提案してくれます。

周りの目を気にせず、治療実績豊富な専門医のカウンセリングを受けることができるAGA専門クリニックは薄毛の味方です。

自分に合った薄毛治療法を見つけるためにも、まずは、AGA専門クリニックの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

診察料0円、明朗な治療費とスマホアプリ遠隔診察という革新

AGAヘアクリニックでは、患者一人一人の悩みに向き合い、目的に合わせた治療を行うとともに、スマートフォンさえあれば自宅や全国どこからでもテレビ電話診察を受けられる革新的サービスを提供しています。

Webで予約を行えば、アプリをインストールし予約時間を待つだけ。予約時間になるとアプリにTV電話がかかってくるので、そのまま診察を受けてください。

診察後に自宅など指定の住所に薬が発送されるため、「治療していることがバレたくない」「誰かに会ったら気まずい」といった理由でAGA専門クリニックに行けなかった人にも最適です。

診察後に、「薬による治療は必要ない」と判断されることもあります。AGAヘアクリニックは不要な勧誘はせず、「本当の話」をお伝えします。

AGAヘアクリニックの特長:本当の話

  • これらが0円!:初診料・再診料・テレビ電話診察料・医療相談料
  • 月々のお薬代は5,500円~最大31,000円まで:本当に必要な治療を明朗な会計で!
  • スマホTV電話で全国どこからでも診察が受けられる(診察無料)

生えるって本当の話? AGAヘアクリニックの治療事例

AGAヘアクリニックで薄毛を改善した方々の治療事例です。

CASE 1

治療薬:デュタステリド配合内服薬、ミノキシジル配合内服薬、ミノキシジル外用液

治療期間:5ヶ月(現在継続中)

CASE2

治療薬:デュタステリド配合内服薬、ミノキシジル配合内服薬、ミノキシジル外用液

治療期間:5ヶ月(現在継続中)

CASE3

治療薬:デュタステリド配合内服薬、ミノキシジル配合内服薬

治療期間:5ヶ月(現在継続中)

AGA+編集部員もAGAヘアクリニックでの治療を受けてみました

左が治療開始前、右が開始10か月後です。

詳しくはこちらの記事から:
【画像あり】薄毛は病院で治せる!と聞いたので行ってみた

編集部員「通院とかは続かないと思っていたんですが、スマホのTV電話で診てもらえたので楽に続けられました。薬を飲み始めて3か月くらいで頭皮を手で触った時の感触が変わってきて、5〜6か月ではツルっとしていた部分にも産毛がびっしり生えていて感動しました!このまま、数年振りの前髪をつくりたいです!」

AGAの薄毛は治せる!これ、本当の話です

「本当の話」として、今まで不透明だったAGA治療を透明にしていくAGAヘアクリニック。その想いが、薄毛に悩む男性の人生を変えていくことでしょう。