AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
育毛シャンプーは今ある髪を守るもの! ハゲないために知っておきたいシャンプーの基礎知識 アイキャッチ画像

    2018年08月09日 更新

    育毛シャンプーは今ある髪を守るもの! ハゲないために知っておきたいシャンプーの基礎知識

    育毛対策の一つとして挙げられるシャンプー。薄毛・ハゲに悩んでいる人の中には、「育毛シャンプー」を使用しているという人も多いかもしれません。果たして、「スカルプD」や「サクセス」などで有名な育毛シャンプーは、ハゲの改善に効果があるのでしょうか?今回は、そんな育毛シャンプーに関する疑問を解決します。
    目次
      +育毛シャンプーが持つ「育毛」効果とは?
      1. 育毛シャンプーの「育毛」とは、頭皮環境を整え、発毛をサポートすること
      2. 育毛と発毛の違い
      3. 育毛シャンプーに薄毛治療・発毛効果がある成分は含まれていない
      4. 育毛シャンプーの本当の効果は頭皮環境を整えること
      5. 育毛シャンプーによって予防できる主な頭皮トラブル
      +育毛対策のためにはシャンプーの洗浄成分を知る 
      1. シャンプーの洗浄成分
      2. 育毛のために知りたいシャンプーの洗浄成分①:高級アルコール系シャンプー
      3. 育毛のためにはシャンプーの洗浄成分を知る②:石けん系シャンプー
      4. 育毛のためにはシャンプーの洗浄成分を知る③:アミノ酸系シャンプー
      +【頭皮ケア】育毛シャンプーの選び方まとめ
      1. 【頭皮ケア】育毛シャンプーを選ぶ際に気をつけたいポイント6つ
      2. 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント①:アミノ酸系シャンプーか
      3. 育毛シャンプーに含まれている頭皮環境を整える成分
      4. 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント②:保湿成分が入っているか
      5. 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント③:無添加のシャンプー
      6. 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント④:シリコンが入っていないか
      7. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴
      8. 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント⑤:継続して使える価格か
      +【ランキング別】男性の薄毛対策におすすめされている育毛シャンプー
      1. 【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー①:スカルプD スカルプシャンプー オイリー2017年版
      2. 【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー②:スカルプD スカルプシャンプー ドライ2017年版
      3. 【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー③ :PRO TEC(プロテク) 頭皮ストレッチ シャンプーポンプ 300g (医薬部外品)
      4. 【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー④:コタ セラ シャンプー
      5. 【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー⑤:サクセス薬用シャンプー
      6. 男性編:おすすめ育毛シャンプーまとめ
      +【ランキング別】女性の薄毛対策におすすめされている育毛シャンプー
      1. 【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー①:資生堂 アデノバイタル シャンプー
      2. 【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー②:DANY
      3. 【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー③:スカルプDボーテ シャンプー
      4. 【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー④:スカルプDボーテ ナチュラスター シャンプー
      5. 【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー⑤:ボズレー プロフェッショナル シャンプー
      6. 女性編:おすすめ育毛シャンプーまとめ
      +育毛のための正しいシャンプーの仕方
      1. 【育毛対策】正しいシャンプーの仕方
      2. 正しいシャンプーの仕方①:シャンプー前に髪の毛をとかす
      3. 正しいシャンプーの仕方②:シャンプーをする前にお湯だけで予洗い
      4. 正しいシャンプーの仕方③:頭にすぐシャンプーを付けてしまうのではなく、まずは手でシャンプーを泡立てる
      5. 正しいシャンプーの仕方④:シャンプーは下から上、シャンプーは爪を立てない
      6. 正しいシャンプーの仕方⑤:シャンプーをした後はしっかりとシャンプーを洗い落す
      7. 正しいシャンプーの仕方⑥:シャンプーの後はタオル、ドライヤーでしっかり乾かす
      8. 育毛対策のためには朝のシャンプーを避ける
      +シャンプーだけでは限界が? 育毛対策はシャンプーだけじゃダメ!
      1. 【育毛シャンプー】育毛シャンプー以外に気をつけるべきこと5選
      2. 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと①:食生活
      3. 気をつけるのは育毛シャンプーだけじゃない! 育毛対策に重要な栄養成分
      4. 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと②:ストレス
      5. 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと③:睡眠不足
      6. 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと④:飲酒・喫煙
      7. 育毛シャンプー以外に気をつたいこと⑤:運動不足
      +シャンプーは育毛・発毛の基本
      1. 正しいシャンプーで育毛・発毛に適した頭皮環境を
      2. 【シャンプー任せにしない】より効果的な発毛・育毛はAGA専門クリニックで

    育毛シャンプーが持つ「育毛」効果とは?

    頭皮や髪の毛に悩みを抱える人なら、一度は手に取ったことがあるであろう育毛シャンプー

    この育毛シャンプーには、どういった効果があるのでしょうか。

    育毛シャンプーの「育毛」とは、頭皮環境を整え、発毛をサポートすること

    しばしば混同される「育毛」と「発毛」。

    AGA+では、育毛発毛について明確な区別をしています。

    育毛と発毛の違い

    • 育毛:頭皮環境を整えること
    • 発毛:投薬治療によって薄毛が改善すること

    AGA+では、育毛を頭皮環境を整えること」と定義しています。

    そのため、AGA+内で扱う育毛効果とは「頭皮環境を整える効果」を指し、シャンプー・育毛剤による頭皮ケア、生活習慣の改善などがこれにあたります。

    一方、発毛は投薬治療によって薄毛が改善すること

    AGA+で紹介している発毛効果のある治療法は、ミノキシジル外用薬・プロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)による投薬治療のみです。

    育毛シャンプーに薄毛治療・発毛効果がある成分は含まれていない

    育毛シャンプーを使うだけでは、薄毛を改善し、発毛することはできません。

    育毛シャンプーの多くは、「化粧品」に分類されており、頭皮の不快な臭いを抑える、頭皮・髪の毛を清潔に保つなど、頭皮や髪の毛の健康を保つ目的で販売されています。

    育毛シャンプーの代名詞的存在である「スカルプD」も、薄毛・抜け毛予防目的で開発されているため、薄毛を治療するための成分は含まれていません。

    すでに薄毛の症状が現れている場合、育毛シャンプーを使っても薄毛・抜け毛が治ることはないのです。

    しかし、薄毛・抜け毛に対して育毛シャンプーが全く意味がないというわけではありません。

    育毛シャンプーには「頭皮環境を改善する」という、髪の毛の成長にとって嬉しい効果があります。

    育毛シャンプーの本当の効果は頭皮環境を整えること

    育毛シャンプーは、頭皮環境を整えるためのもの。

    とくに頭皮の皮脂が過剰に分泌されていたり、フケが出ていたりする場合、育毛シャンプーを使用することで頭皮環境を整え、薄毛・抜け毛が起こりにくい健康な頭皮環境を作ることができるでしょう。

    育毛シャンプーによって予防できる主な頭皮トラブル

    • 脂漏性(しろうせい)皮膚炎
    • 乾性フケによる炎症

    脂漏性皮膚炎は、頭皮の常在菌である「マラセチア菌」の異常繁殖によって引き起こされます。

    乱れた食生活などによって頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、マラセチア菌が異常繁殖し、頭皮に炎症が起こります。

    この炎症により頭皮環境が悪化すると、脂漏性脱毛症という脱毛症を引き起こしてしまう可能性があるのです。

    マラセチア菌のような真菌には、ミコナゾール硝酸配合の育毛シャンプーを使用するのがおすすめ。

    ミコナゾール硝酸塩を含んだ育毛シャンプーを使えば、ミコナゾールが持つ抗真菌作用により、フケの発生を抑える効果が期待できます。

    それでも頭皮環境の乱れが治まらない場合は、AGA専門クリニックなどで処方される「ケトコナゾール」配合の育毛シャンプーの使用を検討しましょう。

    ケトコナゾールは真菌の発育抑制や高い抗真菌作用を持つ医薬成分です。

    ミコナゾールやケトコナゾールが配合された育毛シャンプーは、抗菌作用によって頭皮環境を整え、髪の毛が成長しやすい頭皮を作ってくれるでしょう。

    一方、乾性フケによる頭皮の炎症は、頭皮の皮脂不足、頭皮の乾燥、皮膚の新陳代謝の乱れが主な原因となります。

    頭皮が乾燥すると、脂漏性皮膚炎で発生するようなベタベタした脂性のフケではなく、カサカサした乾性のフケが発生し、頭皮に炎症が起こります。

    この状態を放置してしまうと、粃糠性(ひこうせい)脱毛症と言われる脱毛症を引き起こす可能性も。

    乾燥しやすい頭皮には、アミノ酸系の育毛シャンプーがおすすめ。

    洗浄力が比較的優しいアミノ酸系の育毛シャンプーは、頭皮の油分を適度に残すことができます。

    アミノ酸系の育毛シャンプーは、頭皮の潤いを保つことで乾燥を防いでくれるシャンプーなのです。


    Sponsored Link
     

    育毛対策のためにはシャンプーの洗浄成分を知る 

    頭皮トラブルを引き起こす原因は、人によって異なります。 

    育毛対策の上で重要なのは、頭皮の状態に適した育毛シャンプーを見つけること。

    シャンプーに含まれている洗浄成分の種類・特徴を知ることで、より効果的な育毛を心がけましょう。

    シャンプーの洗浄成分

    • シャンプーの洗浄成分①:高級アルコール系
    • シャンプーの洗浄成分②:石けん系
    • シャンプーの洗浄成分③:アミノ酸系シャンプー

    育毛のために知りたいシャンプーの洗浄成分①:高級アルコール系シャンプー

    ドラッグストアなどで安く売られているシャンプーの多くは、高級アルコール系のシャンプーです。

    高級アルコール系シャンプーの特徴は、洗浄力が高く、リーズナブルなものが多いこと。

    シャンプーの泡立ちがよく強い洗浄力を持ちますが、頭皮への刺激が強いため、敏感肌・乾燥肌の人にはおすすめできません。

    洗浄成分として「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」が配合されていれば、そのシャンプーは高級アルコール系シャンプーです。

    シャンプーのボトルに配合成分が記載されているため、シャンプーを購入する際に確認してみましょう。

    育毛のためにはシャンプーの洗浄成分を知る②:石けん系シャンプー

    石けん系シャンプーは自然由来の成分が配合された、肌に優しいシャンプー。

    界面活性剤として、ラウリン酸カリウム・オレイン酸カリウムなどが含まれています。

    洗浄力が強い石けん系シャンプーは、皮脂や整髪料を洗い流すことに適しているといわれています。

    しかし、石けん系のシャンプーはアルカリ性であるため、弱酸性の髪の毛がアルカリ性に傾いてしまい、髪の毛がパサつくことがあるようです。

    洗浄力は強いので、皮脂のベタつきが気になる人にはおすすめのシャンプーですが、敏感肌・乾燥肌の人は石けん系シャンプーの使用は避けたほうがいいでしょう。

    育毛のためにはシャンプーの洗浄成分を知る③:アミノ酸系シャンプー

    育毛のためのシャンプーにこだわりたいのであれば、アミノ酸系のシャンプーがおすすめ。

    スカルプシャンプー・育毛シャンプーの多くは、アミノ酸系の界面活性剤を使用しています。

    アミノ酸系のシャンプーは高級アルコール系シャンプーなどに比べ、頭皮への刺激が少ないのが特徴です。

    アミノ酸系シャンプーの見分け方は、次の見出しで解説します。

    【頭皮ケア】育毛シャンプーの選び方まとめ

    シャンプーに含まれる洗浄成分の種類は理解できたでしょうか?

    しかし、洗浄成分の種類は理解できても、「育毛にいいシャンプーの選び方がイマイチわからない……」という人もまだまだ多いかと思います。

    ここからは、育毛シャンプーの選び方のポイントを5つ紹介します。

    【頭皮ケア】育毛シャンプーを選ぶ際に気をつけたいポイント6つ

    • 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント①:アミノ酸系シャンプーか
    • 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント②:保湿成分が入っているか
    • 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント③:無添加のシャンプーか
    • 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント④:シリコンが入っていないか
    • 【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント⑤:継続して使える価格か

    【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント①:アミノ酸系シャンプーか

    育毛シャンプーを選ぶときは、アミノ酸系洗浄成分が配合されているシャンプーかどうかを確かめるようにしましょう。

    髪の毛は、アミノ酸の集合体によって構成されています。

    アミノ酸系洗浄成分配合シャンプーは、高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーと比べ、頭皮への刺激が少ないのが特徴。

    育毛対策をする上で、アミノ酸系シャンプーを使いたい人は、シャンプーの成分表示に以下のような成分が含まれているか確かめてみましょう。


    Sponsored Link
     

    育毛シャンプーに含まれている頭皮環境を整える成分

    • アミノ酸系育毛シャンプーに含まれる成分①:メチルアラニン系成分
    • アミノ酸系育毛シャンプーに含まれる成分②:メチルタウリン系成分
    • アミノ酸系育毛シャンプーに含まれる成分③:ココイル系成分
    • アミノ酸系育毛シャンプーに含まれる成分④:ベタイン系成分
    • アミノ酸系育毛シャンプーに含まれる成分⑤:グルタミン酸系成分
    • アミノ酸系育毛シャンプーに含まれる成分⑥:グリシン系成分
    • アミノ酸系育毛シャンプーに含まれる成分⑦:サルコシン成分

    【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント②:保湿成分が入っているか

    先で紹介したようなアミノ酸系の育毛シャンプーは、洗浄力が抑えられており、保湿力に優れているシャンプーと言えますが、さらにシャンプーを選ぶ上でのポイントがあります。

    それは、シャンプーに保湿成分が含まれているかどうか。

    アミノ酸系シャンプーの中でも、ホホバオイルなどのアロマオイルが配合された育毛シャンプーは、保湿力に優れていると言われています。

    頭皮の乾燥が気になる人は、育毛シャンプーを購入するときに注意してみましょう。

    【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント③:無添加のシャンプー

    育毛シャンプーを選ぶ際、無添加のシャンプーであるかどうかも注目してみるとよいでしょう。

    シャンプーに含まれる防腐剤などの添加物は、アレルギーを引き起こす可能性があります。

    とくに、敏感肌や乾燥肌の人の場合、シャンプーに含まれる添加物が頭皮に悪影響を及ぼす可能性が高くなるので、注意しましょう。

    【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント④:シリコンが入っていないか

    シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴・効果を見ておきましょう。

    シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴

    • シリコンシャンプー:髪の毛のキューティクルをシリコンがコーティングしてくれるため髪の毛のまとまりがよくなる
    • ノンシリコンシャンプー:洗い上がりがサッパリと軽やか、髪の毛への負担が少ない

    シリコンが配合された育毛シャンプーは、洗い上がりの質感や髪の毛のまとまりがよくなります。

    多くのシャンプーに含まれるシリコンは、頭皮の毛穴詰まりを招いたり、頭皮環境の悪化などを引き起す可能性があると言われていました。

    しかし、最近では、シャンプーに含まれているシリコンの粒子が毛穴詰まりを引き起こす可能性は低いと考えられているようです。

    無理にノンシリコンシャンプー使用する必要はありませんが、どうしてもシリコン配合のシャンプーを使いたくないという人は、ノンシリコンのシャンプーを使うようにするといいでしょう。

    【頭皮ケア】育毛シャンプー選びのポイント⑤:継続して使える価格か

    育毛シャンプーを選ぶ際、頭皮環境にあった育毛シャンプーを選ぶことは大切ですが、継続して使用可能な価格かどうかも非常に重要なポイントです。

    シャンプーによる育毛対策は、日々継続して行うことが重要。

    あまりにも高価な育毛シャンプーを使っていると、続けることが難しくなったり、もったいなくて使いにくく感じてしまうかもしれません。

    「この価格であれば、無理なく続けられそう」という範囲で育毛シャンプーを選ぶようにしましょう。

    【ランキング別】男性の薄毛対策におすすめされている育毛シャンプー

    ここでは、市販されているシャンプーの中から、おすすめの育毛シャンプーを紹介します。

    知識はつけても、何を選べばいいのかわからないというあなたは、このおすすめシャンプーリストの中から、「自分にはコレだ!」と思うようなシャンプーを選んでみてください。

    【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー①:スカルプD スカルプシャンプー オイリー2017年版

    毛髪に悩みを抱えている人のみならず誰もが知っているスカルプDの2017年版シャンプー。

    皮脂のベタつきの気になる人におすすめのシャンプーです。

    【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー②:スカルプD スカルプシャンプー ドライ2017年版

    こちらは皮脂の乾燥が気になる人に適したシャンプーです。

    頭皮の乾燥によって引き起される粃糠性のフケなどに対して効果的なシャンプーだと言えるでしょう。

    【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー③ :PRO TEC(プロテク) 頭皮ストレッチ シャンプーポンプ 300g (医薬部外品)

    この育毛シャンプーは、うるおい成分「ショウガ根茎エキス」を配合しており、頭皮にうるおいを与えることで頭皮を柔らかくしてくれます。

    シャンプーと同時に、頭皮マッサージをすることで頭皮を柔らかくし、血行不良によるハゲ・薄毛のリスクを減らしましょう。

    【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー④:コタ セラ シャンプー

    皮脂の余分な脂や頭皮の炎症を抑える効果が期待できるシャンプー。

    「泡切れもいい」というレビューもあるため、すすぎ残しが防げるかもしれません。

    【男性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー⑤:サクセス薬用シャンプー

    皮脂から発生する頭皮の不快なニオイや、皮脂のベタつきを予防する効果が期待できるシャンプーの一つ。

    皮脂の余分な脂を洗い落し、爽快・スッキリ感を与えてくれるでしょう。


    Sponsored Link
     

    男性編:おすすめ育毛シャンプーまとめ

    • おすすめ育毛シャンプー①:スカルプD スカルプシャンプー オイリー2017年版
    • おすすめ育毛シャンプー②:スカルプD スカルプシャンプー ドライ2017年版
    • おすすめ育毛シャンプー④:コタ セラ シャンプー
    • おすすめ育毛シャンプー③:資生堂 アデノバイタル シャンプー
    • おすすめ育毛シャンプー⑤:サクセス薬用シャンプー

    【ランキング別】女性の薄毛対策におすすめされている育毛シャンプー

    女性だって、育毛シャンプーで綺麗な髪の毛が保てるなら使ってみたいですよね。

    そこで、髪の毛のケアに敏感な女性に人気のシャンプーをリストしてみました。

    女性の髪を美しく保つためのシャンプー選びに役立ててください。

    【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー①:資生堂 アデノバイタル シャンプー

    頭皮への刺激が少なく、少量でも泡立ちがしっかりとしているシャンプー。

    皮脂の汚れが気になる人におすすめの薄毛対策シャンプーです。

    【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー②:DANY

    こちらのシャンプーにも有効成分アデノシンが配合されています。

    頭皮に優しいアミノ酸系のノンシリコン育毛シャンプーです。

    シャンプーの泡立ちがよく、香りがよいのも特徴の一つでしょう。

    【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー③:スカルプDボーテ シャンプー

    こちらは女性ホルモンに着目し開発された育毛シャンプー。

    豆乳発酵液である「ソイセラム」が配合されています。

    洗い上がりのスッキリ感、香りのよさはもちろんですが、髪の毛にハリ・ボリュームを持たせてくれるシャンプーです。

    【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー④:スカルプDボーテ ナチュラスター シャンプー

    天然由来成分が90%以上配合された、髪の毛に優しいオーガニックシャンプーです。

    もっちりとした濃密な泡で髪の毛のダメージを補修でき、頭皮環境のケアに役立つシャンプー。

    【女性の薄毛対策】おすすめされている育毛シャンプー⑤:ボズレー プロフェッショナル シャンプー

    敏感肌の女性におすすめなシャンプー。

    植物由来の洗浄成分で優しく洗い上げる弱酸性のノンシリコンシャンプーです。


    Sponsored Link
     

    女性編:おすすめ育毛シャンプーまとめ

    • おすすめ育毛シャンプー①:資生堂 アデノバイタルスカルプエッセンスV
    • おすすめ育毛シャンプー②:DANY
    • おすすめ育毛シャンプー③:スカルプDボーテ シャンプー
    • おすすめ育毛シャンプー④:スカルプDボーテ ナチュラスター シャンプー
    • おすすめ育毛シャンプー⑤:ボズレー プロフェッショナル シャンプー

    育毛のための正しいシャンプーの仕方

    育毛のためにシャンプーの種類や有効成分に気を配ることはよいことですが、育毛対策にはシャンプーの仕方にも注意が必要です。

    正しいシャンプー法を身につけることで、より薄毛・抜け毛が起こりにくい頭皮環境を作ることができるかもしれません。

    【育毛対策】正しいシャンプーの仕方

    • 正しいシャンプーの仕方①:シャンプー前に髪の毛をとかす
    • 正しいシャンプーの仕方②:シャンプーをする前にお湯だけで予洗い
    • 正しいシャンプーの仕方③:頭にすぐシャンプーを付けてしまうのではなく、まずは手でシャンプーを泡立てる
    • 正しいシャンプーの仕方④:シャンプーは下から上、シャンプーは爪を立てない
    • 正しいシャンプーの仕方⑤:シャンプーをした後はしっかりとシャンプーを洗い落す
    • 正しいシャンプーの仕方⑥:シャンプーの後はタオル、ドライヤーでしっかり乾かす

    正しいシャンプーの仕方①:シャンプー前に髪の毛をとかす

    シャンプーをする前に、髪の毛を軽くとかしてあげるようにしましょう。

    シャンプー前に一度髪の毛をとかすことで、髪の毛の絡まりをほどいたり、髪の毛の表面に付着した汚れをある程度落とすことができます。

    このとき、髪の毛をとかさずにシャンプーをしてしまうと髪の毛が指に絡まり、シャンプーのときに余分な抜け毛を増やしてしまうかもしれません。

    シャンプーをするとき、髪の毛は濡れているため、どうしても絡まりやすくなります。

    髪の毛を濡らす前にしっかりと髪の毛をとかし、指通りのよい状態にするように心がけましょう。

    ただし、ワックスなどの整髪料が髪の毛に付いている場合は、無理に髪の毛をとかそうとはせず、シャンプーする前に、じっくりとお湯洗いをして落とすようにしましょう。

    正しいシャンプーの仕方②:シャンプーをする前にお湯だけで予洗い

    シャンプーをする前に、まずお湯だけで髪の毛・頭皮を洗うようにしましょう。

    お湯だけでも、髪についた整髪料や汚れをある程度、洗い流すことができます。

    しっかりと予洗いで汚れを落としておくことで、シャンプーの泡立ちがよくなり、より少ない量のシャンプーでしっかりと洗髪することができるのです。

    正しいシャンプーの仕方③:頭にすぐシャンプーを付けてしまうのではなく、まずは手でシャンプーを泡立てる

    シャンプーを直接頭につけてしまうと、頭皮への刺激が強すぎるおそれがあります。

    しっかりと手のひらや泡だてネットを使って泡だててから、シャンプーすることで頭皮への刺激を抑え、髪の毛や頭皮全体にもシャンプーが馴染みやすくなります。

    育毛対策のためにも、シャンプーをしっかりと泡立ててから、シャンプーするようにしましょう。

    正しいシャンプーの仕方④:シャンプーは下から上、シャンプーは爪を立てない

    シャンプーをするときは、髪の毛の量が多い襟足や耳周りから頭頂部にかけて、優しく揉み込むように洗うようにしましょう。

    また、血液は首から頭頂部にかけて流れています。

    頭皮の血の巡りに沿って、およそ20〜30秒、しっかりと指の腹で揉み込むようにシャンプーするのがポイントです。

    シャンプーのとき、余計なダメージを頭皮や髪の毛に与えないためにも、ゴシゴシと爪を立ててシャンプーをしないようにしましょう。

    さらに、洗い上がりがスッキリさせたいからといって、シャンプーのし過ぎには注意が必要です。

    シャンプーに含まれる洗浄剤・界面活性剤によって、頭皮の皮脂が落とされ過ぎてしまうと、頭皮の乾燥につながります。

    シャンプーによって頭皮環境を悪化させてしまっては、元も子もありませんよね。

    正しいシャンプーの仕方⑤:シャンプーをした後はしっかりとシャンプーを洗い落す

    シャンプーのなかでも、シャンプーのすすぎは非常に重要なポイント。

    シャンプーのすすぎが不十分だと、シャンプーの泡が頭皮に残ってしまう可能性があります。

    頭皮に残ったシャンプーの泡は、汚れとなり毛穴詰まり・頭皮の炎症の原因となりかねません。

    シャンプーのすすぎ残しによって、頭皮トラブルを起こさないためにも、しっかりとシャンプーをすすぐようにしましょう。

    正しいシャンプーの仕方⑥:シャンプーの後はタオル、ドライヤーでしっかり乾かす

    シャンプーをした後、髪の毛を乾かすのが手間だからといって、自然乾燥させてしまっている人もいるのではないでしょうか。

    自然乾燥に任せて髪の毛を乾かしてしまうと、髪の毛にダメージを与えるだけでなく、せっかくシャンプーできれいにした頭皮に菌を繁殖させてしまうかもしれません。

    シャンプーの後は、タオルで髪の毛の水気をとってからドライヤーをかけるようにしましょう。

    しっかりタオルドライすることで、ドライヤーの時間を減らすことができ、熱によるダメージを少なくしてくれるかもしれません。

    育毛対策のためには朝のシャンプーを避ける

    朝は夜と比べ、時間がないためかどうしてもシャンプーのすすぎが疎かになりがちです。

    さらに、朝は寝ている間に頭皮から汗を放散するため、頭皮の毛穴が開きシャンプーの界面活性剤などの薬剤が毛穴に入り込みやすく、シャンプーを洗い落しにくくなります。

    飲み会や仕事で帰宅が遅くなっても、育毛のことを真剣に考えているのであればシャンプーを次の日の朝に持ち越さず、夜のうちに済ませて寝るようにしましょう。


    Sponsored Link
     

    シャンプーだけでは限界が? 育毛対策はシャンプーだけじゃダメ!

    シャンプーの種類やシャンプーの仕方にいくら気をつけても、頭皮環境を乱すような生活を続けていては、効果的な育毛対策になりません。

    ここでは、頭皮環境を乱してしまうシャンプー以外の要因について見ていきましょう。

    【育毛シャンプー】育毛シャンプー以外に気をつけるべきこと5選

    • 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと①:食生活
    • 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと②:ストレス
    • 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと③:睡眠不足
    • 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと④:飲酒・喫煙
    • 育毛シャンプー以外に気をつけたいこと⑤:運動不足

    育毛シャンプー以外に気をつけたいこと①:食生活

    シャンプーの種類やシャンプーの仕方にいくら気をつけても、普段の食事に気をつけなければ、頭皮環境が乱れ、薄毛や抜け毛を引き起こすかもしれません。

    栄養バランスが乱れた食事をしている人の多くは、脂質の摂り過ぎになっている場合があります。

    脂質の摂り過ぎは、皮脂が過剰分泌される原因の一つ。

    栄養バランスの取れた食事をするための第一歩として、まずは脂質の摂り過ぎに気をつけまししょう。

    また、脂質以外の栄養成分の過不足にも注意が必要です。

    育毛のために特に意識して摂取したい栄養成分を紹介します。

    気をつけるのは育毛シャンプーだけじゃない! 育毛対策に重要な栄養成分

    • 育毛対策に重要な栄養成分①:タンパク質
    • 育毛対策に重要な栄養成分②:ビタミン類
    • 育毛対策に重要な栄養成分③:アミノ酸
    • 育毛対策に重要な栄養成分④:亜鉛

    育毛のためにも、これらの栄養素を、普段も食事の中で意識して摂取するようにしましょう。

    育毛シャンプー以外に気をつけたいこと②:ストレス

    ストレスも薄毛・抜け毛の原因となる可能性があります。

    ストレスには自律神経やホルモンバランスを乱す働き、血行不良、亜鉛の消費などを引き起す要因。

    ストレスの発散の仕方は人それぞれですが、育毛対策の上で、自分なりのストレス解消法を見つけることも、シャンプーと同様大切です。

    育毛シャンプー以外に気をつけたいこと③:睡眠不足

    睡眠不足は頭皮だけでなく、身体の免疫機能の低下に繋がりかねません。

    免疫機能が低下すれば、頭皮環境の乱れを引き起こす可能性が高まります。

    また、育毛対策には睡眠の質にも気をつけるようにしましょう。

    明るい部屋で寝てしまったり、寝る直前までスマホやパソコンの画面を見ていると、睡眠が浅くなるおそれがあります。

    睡眠不足はストレスの原因にもなりえるため、十分な睡眠を心がけるようにしましょう。

    育毛シャンプー以外に気をつけたいこと④:飲酒・喫煙

    育毛対策を心がけるのであれば、飲酒や喫煙にも注意が必要でしょう。

    お酒は適量であれば問題はありませんが、過度の飲酒は身体にとっても髪の毛にとっても有害。

    過度の飲酒は、皮脂量を増加させるだけでなく、アルコールを分解するときに生まれるアセトアルデヒドという成分の働きによって頭皮に悪影響を及ぼす可能性があります。

    髪の毛・頭皮のことを考えるのであれば、喫煙を控えることも育毛対策の一つ。

    喫煙は、血管の収縮による血行不良、育毛に大切なビタミンを多く消費してしまいます。

    喫煙者は、ストレスにならない範囲で減煙を心がけましょう。

    育毛シャンプー以外に気をつたいこと⑤:運動不足

    運動不足は、育毛にとってあまり好ましくありません。

    運動不足は血行不良の原因となり、頭皮や髪の毛に十分な栄養が届けられなくなるおそれがあります。

    運動が苦手で、運動することがストレスになってしまうという人であれば、簡単なストレッチやヲーキングなどを普段の生活の中に取り入れてみましょう。


    Sponsored Link
     

    シャンプーは育毛・発毛の基本

    シャンプーは頭皮環境を整える上で大切ですが、シャンプーをしただけで薄毛・抜け毛が治るようなことはありません。

    しかし、正しいシャンプーをすることで薄毛・抜け毛を予防、発毛しやすい頭皮環境をつくることはできます。

    育毛のためにも、シャンプーには気を配るようにしましょう。

    正しいシャンプーで育毛・発毛に適した頭皮環境を

    育毛・発毛について気にしている人は、今回紹介したようなポイントを目安に、育毛シャンプーを選んでみてください。

    今回、アミノ酸系の育毛シャンプーをとくにおすすめしていたように感じられた人もいるでしょう。

    しかし、アミノ酸系の育毛シャンプー以外のシャンプーが自分の頭皮には適しているという人も一定数います。

    よって、「アミノ酸系シャンプーなら間違いないだろう」と安易にアミノ酸系シャンプーを選ぶのではなく、自身の頭皮環境についてよく考え、自分の頭皮に合ったシャンプーを購入しましょう。

    【シャンプー任せにしない】より効果的な発毛・育毛はAGA専門クリニックで

    育毛対策にはシャンプーの仕方、バランスの取れた食事など、生活習慣を見直す必要があるため、「どこから手を付けたら……」と悩んでしまう人もいるかもしれません。

    そういった人には、ぜひ一度、AGA専門クリニックに足を運んでみましょう。

    AGA専門クリニックでは、シャンプーをはじめとする育毛対策についてのアドバイスはもちろん、発毛効果が認められた薄毛・抜け毛治療を行っています。

    AGA専門クリニックには、無料カウンセリングを行っているところも多くあります。

    プロによって行われる無料のカウンセリングで、育毛や発毛に関する悩みを解決することが、正しい育毛対策の第一歩になるでしょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー