生える人をふやす

自分に合ったハゲ治療法はどれ? さまざまな発毛治療のメリット・デメリット アイキャッチ画像

    2018年04月03日 更新

    自分に合ったハゲ治療法はどれ? さまざまな発毛治療のメリット・デメリット

    AGAには、効果が認められた治療薬がありますが、ハゲ・薄毛の治療は投薬治療の他にもさまざまな方法があります。
    ハゲ・薄毛を改善するためには、自分の症状や原因に合った治療を行うことが重要。今回のAGA+では、効果が認められている薄毛治療薬や最新技術を使ったハゲ治療まで、それぞれの特徴をまとめました。
    ハゲを治すためにはどんな選択肢があるのか、自分に最も適したハゲ治療法を探し、ハゲ改善の第一歩につなげましょう!
    目次
      +【ハゲ治療の前に】ハゲの原因って?
      1. 【ハゲ治療の前に】ハゲの原因①:男性ホルモン
      2. 【ハゲ治療の前に】ハゲの原因②:遺伝
      3. 【ハゲ治療の前に】ハゲの原因③:病気の影響
      +【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねないもの
      1. 【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねないもの①:頭皮環境の悪化
      2. 【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねないもの②:生活習慣
      3. ハゲを助長する生活習慣
      4. 【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねない理由③:ストレス
      +【ハゲ治療の前に】育毛剤はハゲ治療に効果がある?
      1. 【ハゲ治療の前に】育毛剤に発毛効果・ハゲ治療効果はない
      2. 【ハゲ治療の前に】育毛剤(医薬部外品)の目的はハゲ治療ではなく、頭皮環境を整えること
      +【ハゲ治療の前に】育毛剤(医薬部外品)の種類と効果って?
      1. 【ハゲ治療の前に】 頭皮の血行を促進する育毛剤(医薬部外品)
      2. 【ハゲ治療の前に】 頭皮を清潔に保つ育毛剤(医薬部外品)
      3. 【ハゲ治療の前に】 頭皮や髪の毛に栄養を与える育毛剤(医薬部外品)
      +【ハゲ治療の前に】効果が認められているハゲ治療は?
      1. 男性型脱毛症診療ガイドラインにおけるハゲ治療の推奨度
      2. 効果が認められているハゲ治療①:ミノキシジル外用薬による治療
      3. 効果が認められているハゲ治療②:フィナステリド(プロペシア)による治療
      4. 効果が認められているハゲ治療③:デュタステリド(ザガーロ)による治療
      +【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療
      1. 【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療①:植毛治療
      2. 【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療②:育毛メソセラピー治療
      3. 【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療③:HARG治療
      +【ハゲ治療の前に】ハゲ治療の副作用やデメリット
      1. ハゲ治療の副作用やデメリット①:ミノキシジル外用薬による治療の場合
      2. ハゲ治療の副作用やデメリット②:フィナステリド(プロペシア)による治療の場合
      3. ハゲ治療薬の副作用:フィナステリド(プロペシア)の場合
      4. ハゲ治療の副作用やデメリット③:デュタステリド(ザガーロ)による治療の場合
      5. ハゲ治療薬の副作用:デュタステリド(ザガーロ)の場合
      6. ハゲ治療の副作用やデメリット④:植毛治療の場合
      7. ハゲ治療の副作用やデメリット⑤:育毛メソセラピー治療の場合
      8. ハゲ治療の副作用やデメリット⑥:HARG治療
      +【ハゲ治療の前に】ハゲ治療にかかる費用
      1. ハゲ治療にかかる費用①:ミノキシジルによる治療の場合
      2. 【ハゲ治療の前に知っておきたい】ミノキシジルの価格
      3. ハゲ治療にかかる費用②:フィナステリド(プロペシア)による治療の場合
      4. 【ハゲ治療の前に知っておきたい】フィナステリド(プロペシア)の価格
      5. ハゲ治療にかかる費用③:デュタステリド(ザガーロ)による治療の場合
      6. 【ハゲ治療の前に知っておきたい】デュタステリド(ザガーロ)の価格
      7. ハゲ治療にかかる費用④:植毛治療の場合
      8. ハゲ治療にかかる費用⑤:育毛メソセラピー治療の場合
      9. ハゲ治療にかかる費用⑥:HARG治療の場合
      +【ハゲ治療の前に】ハゲの治療には保険が適用される?
      1. ハゲ治療は自由診療であるため、保険が適用されない
      +ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめ
      1. ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめな理由①:薄毛・ハゲの担当医師が必ず在籍している
      2. ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめな理由②:プライバシーの配慮
      3. ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめな理由③:豊富なハゲ治療法
      +【ハゲ治療の前に】ハゲの治療と並行したいハゲ対策
      1. ハゲの治療と並行したいハゲ対策①:正しい頭皮ケア
      2. ハゲの治療と並行したいハゲ対策②:食生活
      3. ハゲの治療と並行したいハゲ対策③:飲酒・喫煙
      4. ハゲの治療と並行したいハゲ対策④:睡眠
      5. ハゲの治療と並行したいハゲ対策⑤:適度な運動
      6. ハゲの治療と並行したいハゲ対策⑥:ストレスの軽減
      +最も効果的なハゲ治療とは?
      1. 効果的なハゲ治療は人それぞれ
      2. 効果的なハゲ治療のためにも一度病院へ

    【ハゲ治療の前に】ハゲの原因って?

    【ハゲ治療の前に】ハゲの原因①:男性ホルモン

    ハゲや薄毛の症状が気になった際、疑われるのはAGA(男性型脱毛症)

    AGAは、男性ホルモンが原因で起こるハゲの病気です。

    男性ホルモンの一つジヒドロテストステロンは、毛髪の成長を妨げることでハゲ・薄毛を引き起こします。

    このジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの一つであるテストステロンが、還元酵素である5αリダクターゼと結合することによって生成されます。

    【ハゲ治療の前に】ハゲの原因②:遺伝

    「ハゲや薄毛は遺伝する」と聞いたことがありませんか?

    たしかに、AGAには遺伝が関係すると考えられ、ハゲ・薄毛に関わる遺伝子が存在します。

    AGAによるハゲと密接な関係にある遺伝子情報は、男性ホルモン受容体の感受性5αリダクターゼの分泌量の2つ。

    ハゲの原因であるジヒドロテストステロンは、前頭部・頭頂部に存在する男性ホルモン受容体と結合することで、髪の毛の成長を阻害するシグナルを出します。

    そのため、男性ホルモン受容体がジヒドロテストステロンを感知しやすい性質を持っていると、髪の毛の成長を阻害するシグナルが出されやすくなるのです。

    この男性ホルモン受容体の感受性はX染色体上に存在します。

    さらに、男性(XY)が持つX染色体は母親(XX)から引き継ぐため、母方の家系に男性ホルモン受容体の感受性が高い人がいると、子に引き継がれる可能性があるのです。

    また、ハゲを引き起こすジヒドロテストステロンが生成されやすいかどうかは、5αリダクターゼの分泌量が関係しています。

    5αリダクターゼの分泌量が多いほど、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されやすくなり、ハゲの原因となるジヒドロテストステロンが多く生成されます。

    この5αリダクターゼの分泌量は顕性(優勢)遺伝すると言われており、両親のいずれかが分泌量が多い遺伝子情報を持っていた場合、子に引き継がれるおそれがあるのです。

    このように、ハゲ・薄毛と遺伝は密接な関係にあります。

    【ハゲ治療の前に】ハゲの原因③:病気の影響

    もともとの持病が原因で、ハゲや薄毛の症状が表れてしまうこともあります。

    脂漏性皮膚炎、アトピー自己免疫疾患を抱えている人は、とくに注意が必要です。

    脂漏性皮膚炎による脂漏性脱毛症や、原因として自己免疫疾患が有力視されている円形脱毛症など、男性ホルモンが原因ではない別のハゲを引き起こしかねません。

    また、病気の多くは生活習慣に起因して起こるため、頭皮・髪の毛のためにも健康のためにも、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

    それでも症状が改善されない場合は、なるべく早く医師に相談することをおすすめします。

    【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねないもの

    【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねないもの①:頭皮環境の悪化

    直接ハゲや薄毛の原因につながるわけではありませんが、ハゲ・薄毛が気になったら「頭皮環境」を見直す必要があります。

    頭皮環境を悪化させる要因は間違ったシャンプーケアなどに限らず、食事、睡眠、運動など日常の至るところに存在します。

    また、効果的なハゲ治療を受けていても、頭皮環境が乱れていれば、十分な改善効果は期待できません。

    ハゲをより効果的に治療するためにも、ハゲを予防するためにも、健康な頭皮環境を保ちましょう。

    【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねないもの②:生活習慣

    頭皮環境を整えるために、日々の生活習慣を見直してみましょう。

    生活習慣の悪化は身体の健康だけでなく、頭皮にも悪影響を及ぼします。

    頭皮環境を悪化させ、ハゲや薄毛を助長しかねない生活習慣は、主に以下の4つ。

    ハゲを助長する生活習慣

    • 偏食
    • 過度な飲酒と喫煙
    • 睡眠・運動不足
    • 間違ったシャンプーや頭皮ケア

    このような習慣は、頭皮環境の悪化を引き起こし、ハゲを助長するおそれがあります。

    ハゲ対策につながる、頭皮にやさしい生活習慣のポイントは、後の章で詳しく見ていきましょう。

    【ハゲ治療の前に】ハゲを助長しかねない理由③:ストレス

    「ハゲの原因はストレス」という言説を耳にしたことはありませんか?

    頭皮環境の悪化と同じように、ストレスが多いからといって、必ずしもハゲや薄毛になるわけではありません。

    しかし、ストレスはハゲやすい頭皮環境を作り、毛髪の成長を妨げる可能性があることに注意しましょう。

    ストレスは、主に免疫異常や自律神経の乱れを引き起こす原因となります。

    とくに免疫異常が原因の円形脱毛症とストレスは、深い関わりがあると考えられています。

    また、ストレスによる自律神経の乱れは血行不良だけでなく、ホルモンバランスにも影響を与えるおそれがあるため、日頃からストレス解消に努めましょう。


     

    【ハゲ治療の前に】育毛剤はハゲ治療に効果がある?

    【ハゲ治療の前に】育毛剤に発毛効果・ハゲ治療効果はない

    ハゲ・薄毛が気になり始めて、つい育毛剤を手に取ってしまう人はたくさんいます。

    しかし、市販されている育毛剤のほとんどは発毛効果を持たないため、育毛剤を使ってハゲ・薄毛を治療することはできません。

    これは、育毛シャンプーや育毛サプリにおいても同様です。

    市販されている育毛剤の中でも、化粧品や医薬部外品に分類されているものには、ハゲ・薄毛の改善効果を持った治療成分は含まれていないのです。

    【ハゲ治療の前に】育毛剤(医薬部外品)の目的はハゲ治療ではなく、頭皮環境を整えること

    市販されている多くの育毛剤は、医薬部外品・化粧品に分類されるため、治療効果を持つ成分が含まれていません。

    では、育毛剤(医薬部外品)は薄毛・ハゲに対してどんな効果を持つのでしょうか?

    育毛剤(医薬部外品)は頭皮環境を整え、今生えている髪の毛を抜けにくくするもの。

    頭皮環境の悪化は、ハゲの直接的な原因ではないものの、余計な抜け毛を増やし、ハゲを助長するおそれがあります。

    医薬品でない育毛剤に発毛効果はありませんが、ハゲや薄毛を予防するために、頭皮環境を整える成分が含まれています。

    ハゲの治療や予防をするうえで、頭皮環境を整えることはとても大切。

    医薬部外品にあたる育毛剤だけではハゲや薄毛は治らなくても、ハゲ治療効果を最大化するために、併せて活用したいアイテムです。

    【ハゲ治療の前に】育毛剤(医薬部外品)の種類と効果って?

    市販されている育毛剤の効果は、含まれている有効成分によって異なります。

    ここでは、多くの育毛剤(医薬部外品)に含まれている成分について見ていきましょう。

    【ハゲ治療の前に】 頭皮の血行を促進する育毛剤(医薬部外品)

    育毛剤(医薬部外品)の中には、頭皮の血行をよくする成分を含むものがあります。

    頭皮の血行がよければ、十分な栄養分が毛根まで行き渡るため、髪の毛の成長をスムーズにできるでしょう。

    頭皮の血行が悪いと、髪の毛に必要な栄養が不足し、ハゲ・薄毛を助長するおそれがあります。

    育毛剤(医薬部外品)によって頭皮の血行不良を防ぎ、ハゲ・薄毛になりにくい頭皮環境を作りましょう。

    【ハゲ治療の前に】 頭皮を清潔に保つ育毛剤(医薬部外品)

    頭皮に余計な皮脂や汚れが溜まると、雑菌の繁殖を引き起こし、毛髪の成長にも影響を及ぼしかねません。

    そのため、薄毛を予防するには、頭皮の血行をよくするだけではなく、頭皮を清潔にすることも大切です。

    抗菌作用がある成分を含んだ育毛剤(医薬部外品)を使えば、頭皮全体を清潔に保つことができ、薄毛・ハゲの予防につながるでしょう。

    【ハゲ治療の前に】 頭皮や髪の毛に栄養を与える育毛剤(医薬部外品)

    多くの育毛剤(医薬部外品)には、頭皮の血行を促す成分だけでなく、頭皮・髪の毛によい栄養成分が含まれています。

    健康な髪の毛の成長には、十分な栄養が必要です。

    育毛剤(医薬部外品)は、頭皮や髪の毛に直接栄養を与え、頭皮や髪の毛の栄養不足を防いでくれるでしょう。

    このように育毛剤(医薬部外品)は、「髪の毛を生やすもの」ではなく、「抜け毛を予防し、髪の毛の成長をサポートするもの」として、大きな役割を持っています。

    【ハゲ治療の前に】効果が認められているハゲ治療は?

    数あるハゲ治療の中でも、科学的に効果が認められているのは、AGA治療薬による投薬治療のみ。

    投薬治療は、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、最も推奨されているハゲの治療法なのです。

    ガイドラインでは、ハゲ治療の有効性が5段階で評価されています。

    ハゲに対する投薬治療は最高ランクのAに位置づけられ、行うよう強く勧められているハゲ治療です

    男性型脱毛症診療ガイドラインにおけるハゲ治療の推奨度

    • ハゲ治療の推奨度A:行うよう強く勧められる
    • ハゲ治療の推奨度B:行うよう勧められる
    • ハゲ治療の推奨度C1:行うことを考慮してもよいが根拠がない
    • ハゲ治療の推奨度C2:根拠がないので勧められない
    • ハゲ治療の推奨度D:行わないよう勧められる

    効果が認められているハゲ治療①:ミノキシジル外用薬による治療

    ミノキシジルは、発毛効果がある治療薬です。

    ガイドラインでは、ミノキシジル外用薬による投薬治療が、最も推奨度の高いランクAに指定されています。

    AGA治療における第一選択薬として、ミノキシジル成分5%含有の外用液が推奨されているのです。

    ミノキシジル外用薬は毛包に直接働きかけ、髪の毛の脱毛防止と発毛促進という2つの作用によって、ハゲ治療効果を発揮します。

    効果が認められているハゲ治療②:フィナステリド(プロペシア)による治療

    フィナステリド内服治療も、ガイドラインの中で強く勧められているハゲ治療法です。

    フィナステリドは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼを阻害することで、抜け毛を抑えます。

    このフィナステリドは、ミノキシジルと異なるアプローチでハゲを治療するため、多くのAGA専門クリニックでは両薬の併用によるハゲ治療が勧められています。

    効果が認められているハゲ治療③:デュタステリド(ザガーロ)による治療

    デュタステリドを主成分とするザガーロは、2016年6月に発売された新しいAGA治療薬です。

    ザガーロは新薬であるため、2010年に策定されたガイドラインに記載されていませんが、2015年9月にAGA治療薬として厚生労働省からの認可を受けており、効果が科学的に認められているものです。

    このデュタステリドが持つ脱毛防止効果は、フィナステリドよりも強力で、より高いハゲ治療効果を期待できます。

    ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼには1型と2型があり、フィナステリドは1型に対して、ほとんど阻害効果を発揮しません。

    一方、デュタステリドは、5αリダクターゼ1型と2型の両方を阻害することが可能。

    その上、デュタステリドが持つ5αリダクターゼ2型への阻害効果は、フィナステリドの約3倍と言われており、より強力なハゲ治療効果が期待できるのです。


     

    【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療

    【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療①:植毛治療

    植毛治療とは、毛髪をハゲている部分に直接植え付けることで、物理的に髪の毛を増やすハゲ治療です。

    この植毛治療には、後頭部や側頭部などの毛髪をハゲた場所に移植する自毛植毛と、ポリエステルや合成繊維などで人工的に作られた髪の毛を植える人工毛植毛があります。

    ハゲの部分に髪の毛を植え付けるため、短期間で毛量を増やせるハゲ治療と言えるでしょう。

    【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療②:育毛メソセラピー治療

    育毛メソセラピーとは、ハゲ治療に効果的と言われる薬剤や、栄養成分を頭皮に直接注入するというハゲの治療法。

    有効成分を頭皮に直接届けられるため、発毛効果が現れやすいと考えられていますが、投薬治療よりも有効であるという根拠はまだ見つかっていません。

    また、育毛メソセラピーは新しい治療法であるため、ハゲ治療として行う際は医師としっかり相談するようにしましょう。

    【ハゲ治療の前に】ハゲ専門病院で受けられる薄毛・発毛治療③:HARG治療

    HARG治療法は、HARGカクテルと呼ばれる成長因子を頭皮に直接注入することで、発毛効果を得ようとするハゲ治療法です。

    HARG治療は、育毛メソセラピーと同様に新しいハゲの治療法で、日本医療毛髪再生研究会が認定した専門病院で治療を受けられます。

    HARG治療も標準的なハゲ治療法ではないため、投薬治療による改善効果が十分に見られなかった際に試みるといいでしょう。

    ただし、治療薬服用による治療法に対して、治療費が著しく高価なため、簡単に試せる治療法とは言えないかもしれません。

    【ハゲ治療の前に】ハゲ治療の副作用やデメリット

    ハゲ治療の副作用やデメリット①:ミノキシジル外用薬による治療の場合

    ハゲの治療薬は医薬品であるため、確率は高くないものの、いくつかの副作用があります。

    臨床試験では、ミノキシジル外用薬による重篤な副作用は報告されていませんが、体質によっては頭皮のかゆみなどの頭皮トラブルが現れる可能性があります。

    また、ミノキシジルは高血圧患者の降圧剤として使用されていたため、人によっては動悸やむくみが見られるようです。

    ハゲ治療の副作用やデメリット②:フィナステリド(プロペシア)による治療の場合

    ジヒドロテストステロンの発生を抑えるフィナステリド(プロペシア)の副作用は、主に性機能や性欲に関わるもの。

    ハゲ治療薬の副作用:フィナステリド(プロペシア)の場合

    • 性欲減退(1〜5%未満)
    • 勃起機能の低下(1%未満)
    • 精液量の減少(1%未満)

    しかし、臨床試験では、フィナステリド錠とプラセボ(偽薬)における副作用の発生頻度に有意な差は見られなかったようです。

    男性の性欲や性機能はメンタルの影響を受けやすいと言われているため、「治療薬を飲んでいるから副作用があるかもしれない」という思い込みによって起こっている可能性も否定できないのです。

    副作用について不安がある人は医師に相談するといいでしょう。

    ハゲ治療の副作用やデメリット③:デュタステリド(ザガーロ)による治療の場合

    ザガーロの副作用による症状は、プロペシアとほとんど変わりませんが、プロペシアと比べると副作用の発生頻度がやや高めのようです。

    ハゲ治療薬の副作用:デュタステリド(ザガーロ)の場合

    • 性欲減退(3.9%)
    • 勃起機能の低下(4.3%)
    • 精液量の減少(1.3%)

    また、プロペシアとザガーロ共通の副作用として、肝機能障害が考えられます。

    しかし、この肝機能障害は医薬品が肝臓で代謝されるためであり、ハゲ治療薬に限って現れる副作用ではありません。

    肝機能に異常がある人は、ハゲ専門の病院で副作用について相談してみましょう。

    血液検査などによって、肝機能障害が起こりやすいかどうかを知ることができます。

    ハゲ治療の副作用やデメリット④:植毛治療の場合

    植毛治療は、短期間で髪の毛を増やせますが、毛髪を頭皮に直接植え付けるので、頭皮が傷つくおそれがあります。

    さらに、植毛によって髪の毛が増えても、脱毛症自体が治るわけではない点にも注意が必要です。

    ハゲを引き起こす脱毛症の原因に合わせた対策を行わなければ、いくら髪の毛を植え付けたところで焼け石に水。

    また、植毛治療を行う場合、高額な治療費がかかる上に、植毛治療の推奨度は決して高くありません。

    日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症診療ガイドラインでは、自毛植毛がランクB、人工毛植毛は最も低いランクDとなっています。

    自毛植毛は、AGA治療薬で効果が見られなかった場合且つ、十分な経験と技術を持った医師が行う場合に限り、勧められるハゲの治療法です。

    一方、人工毛植毛は化学繊維で作られた毛髪が頭皮に有害であるため、ハゲ治療として行わないよう勧められています。

    植毛治療は、科学的にも経済的にも決して勧められる治療法ではないため、植毛を検討する場合、ハゲ治療専門の医師によく相談する必要があるでしょう。

    ハゲ治療の副作用やデメリット⑤:育毛メソセラピー治療の場合

    育毛メソセラピー治療法は、植毛治療と同様に頭皮を傷つけるおそれがあります。

    育毛メソセラピー治療は注射によって行われるため、治療後の痛みや腫れにも注意が必要です。

    また、直接注入する方が投薬よりも効果的であるという科学的根拠はありません。

    育毛メソセラピーはまだ新しい治療法で、標準的なハゲ治療法ではないため、こちらも医師と相談してから行うようにしましょう。

    ハゲ治療の副作用やデメリット⑥:HARG治療

    HARG治療も、育毛メソセラピーと同様に新しいハゲ治療法の一つです。

    そのため、まだハゲ治療法として科学的に根拠が認められていません。

    また、ハゲ専門病院の中でも日本医療毛髪再生研究会が認めた病院でしか行われていない治療であるため、HARG治療を扱っていない病院も多いようです。

    HARG治療も標準的な治療法ではないため、投薬治療で十分な改善効果が見られなかった場合、担当医師と相談した上で行いましょう。


     

    【ハゲ治療の前に】ハゲ治療にかかる費用

    ハゲ治療にかかる費用①:ミノキシジルによる治療の場合

    【ハゲ治療の前に知っておきたい】ミノキシジルの価格

    • 約7,000〜15,000円

    ガイドラインで推奨されているミノキシジル外用薬による治療の場合、ミノキシジルの濃度や容量によって価格が異なります。

    ミノキシジル外用治療にかかる詳しい費用は、受診を考えている病院のホームページなどで確認しましょう。

    ハゲ治療にかかる費用②:フィナステリド(プロペシア)による治療の場合

    【ハゲ治療の前に知っておきたい】フィナステリド(プロペシア)の価格

    • 1箱28錠:5,000〜7,500円

    プロペシアは1日1回、1錠と決められているので、1ヶ月にかかる治療費は5,000〜7,500円ほどになるでしょう。

    ハゲに効果的な治療薬の処方は、ハゲ専門の病院で診察を受ける必要があります。

    病院によっては、初回に限り治療薬の割引を行っている場所もあります。

    しかし、AGA治療薬によるハゲ治療には長期的・継続的な投薬が必要です。

    長く継続して通える病院なのかを最優先に考え、初回の割引だけで判断しないようにしましょう。

    ハゲ治療にかかる費用③:デュタステリド(ザガーロ)による治療の場合

    【ハゲ治療の前に知っておきたい】デュタステリド(ザガーロ)の価格

    • 1箱30錠:約8,000〜12,000円

    ザガーロはプロペシアと同じく1日1回の服用で、1ヶ月分にかかる治療費は、8,000〜12,000円ほど。

    ザガーロはプロペシアと比べると治療費はやや高めですが、プロペシア以上のハゲ治療効果を期待されているため、ザガーロを服用する患者も増えているようです。

    ハゲ治療にかかる費用④:植毛治療の場合

    植毛治療は投薬治療に比べて推奨度が低い上、安価な植毛治療でも、髪の毛を植え付けるのに数十万円ほどの治療費が必要です。

    病院によって植毛にかかる費用は異なりますが、中には100万円近くかかる場合もあります。

    また、植毛治療を受けた後も、定期的なメンテナンスが必要なため、コストパフォーマンスがいいとは言えません。

    短期間で髪の毛の量を増やせる点が植毛治療のメリットですが、それ相応の治療費が必要でしょう。

    ハゲ治療にかかる費用⑤:育毛メソセラピー治療の場合

    育毛メソセラピー治療は、ハゲ專門の病院で行うことができる治療法の一つです。

    注射する有効成分によっても治療費は変動しますが、高いところだと1回の注射で10万円近くの治療費がかかることも。

    その上、育毛メソセラピー治療は数回の注射を行う必要があるため、治療費の総額は決して安い金額ではありません。

    育毛メソセラピー治療を行う際は、治療費用や治療効果について医師から話を聞き、きちんと相談するようにしましょう。

    ハゲ治療にかかる費用⑥:HARG治療の場合

    HARG治療法は、日本医療毛髪再生研究会が認めた病院でのみ実施されており、治療を受けることができます。

    費用は病院や注入する成分、施術する範囲によって異なりますが、1回の注射につき8〜20万円ほどの治療費がかかります。

    HARG治療法は、この注射を数ヶ月から一年間続けるため、高額な治療費が必要です。

    【ハゲ治療の前に】ハゲの治療には保険が適用される?

    ハゲ治療は自由診療であるため、保険が適用されない

    ハゲ治療で注意したいのは、治療費を患者が全額負担する必要があるということ。

    ハゲ治療は整形・美容医療と同じく、自由診療として扱われており、保険が一切適用されません。

    ただでさえ高額な治療費を全額負担するのは、経済的にも大変なこと。

    AGAの専門病院では診察費や治療薬の割引、ジェネリック医薬品の処方など、患者の経済面をサポートするための工夫がされています。

    また、AGA専門病院ではカウンセリングを基本無料で行っているため、まずはお金をかけずに相談し、経済状況に合わせた治療方法を医師に相談するといいでしょう。


     

    ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめ

    ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめな理由①:薄毛・ハゲの担当医師が必ず在籍している

    ハゲが少しでも気になったら、まずはAGA專門病院に行くことをおすすめします。

    一部の内科、美容クリニックでもハゲ治療を受けられますが、ハゲ・薄毛担当の医師が在籍していないことが多いようです。

    AGAの専門病院には、ハゲ・薄毛担当の医師が必ず在籍しているため、効果的なハゲ治療法を提案してくれます。

    そして、AGA專門病院ではハゲ・薄毛に関するカウンセリングを基本無料で行っています

    基本無料のカウンセリングでは、ハゲの治療法はもちろん、治療費や治療薬の副作用、予防法など、ハゲに関する悩みについて気軽に相談することができるでしょう。

    ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめな理由②:プライバシーの配慮

    AGA専門の病院では、カウンセリングから診断・治療まで、患者個人のプライバシーを守るための工夫がされています。

    一部のAGA専門病院では、完全個室による診察が行われています。

    患者同士が顔を合わせないよう工夫されているため、周りの目を気にすることなくハゲ治療を受けられるでしょう。

    また、スマホを使ったビデオ通話によるカウンセリングを行っている病院も。

    「いきなり病院に行くのはちょっと……」と思う人でも、自宅で気軽にカウンセリングを受けられることが魅力です。

    ハゲ治療を受けるならAGA専門病院がおすすめな理由③:豊富なハゲ治療法

    効果的なハゲ治療は、患者一人ひとりによって異なります。

    そのため、ハゲ治療の上で大切なのは、医師と患者が相談しながら効果的な治療法を見つけていくこと。

    一部の内科、美容クリニックでは「ハゲの治療も行っている」程度にすぎないため、AGAを専門に扱うAGA専門クリニックと比べると、治療法は多くないでしょう。

    数多くの治療実績をもつAGAの専門病院では、幅広いハゲ治療法の中から一人ひとりに合った治療法を提案してくれます。

    【ハゲ治療の前に】ハゲの治療と並行したいハゲ対策

    ハゲの治療と並行したいハゲ対策①:正しい頭皮ケア

    頭皮環境を清潔に整えることは、余計な抜け毛を増やさないためにも、ハゲを予防するためにも大切。

    育毛剤に発毛効果はありませんが、育毛剤によって頭皮環境を整えることで、より効果的なハゲ治療効果が得られるでしょう。

    育毛剤について詳しく知りたい人はこちら
    「育毛剤」は本当にハゲ・薄毛の治療に効果を及ぼすのか?

    また、頭皮環境を整える方法として、正しいシャンプーケアを心がけることも大切です。

    シャンプーのときに頭皮マッサージをするなど、日頃の正しい頭皮ケアが頭皮環境の改善につながります。

    ハゲを悪化させないためにも、毎日のシャンプー方法を見直しましょう。

    正しいシャンプーの仕方について詳しく知りたい人はこちら
    【プロが監修】ハゲる前に正しくシャンプー! 髪のプロが教える、薄毛を防ぐ髪の洗い方

    ハゲの治療と並行したいハゲ対策②:食生活

    野菜が不足した、脂っこく塩分の多い食事は頭皮環境を悪化させ、フケや頭皮のかゆみ、皮脂の過剰分泌につながります。

    とくに皮脂の過剰分泌は、脂漏性脱毛症の原因である頭皮の常在菌を繁殖させる要因になるため、注意が必要です。

    バランスの取れた食事によって頭皮環境を整えることは、ハゲ治療をサポートするだけでなく、ハゲ・薄毛の予防にもつながります。

    より効果的なハゲ治療のためには、バランスの取れた食事が大切ですが、毛髪や頭皮によい栄養を積極的に摂るようにしましょう。

    毛髪や頭皮によい栄養として、アミノ酸・亜鉛・ビタミン類が挙げられます。

    髪の毛はケラチンといわれるアミノ酸によって構成されており、この構成を助けるのが亜鉛です。

    また、ビタミン類は血行不良を防ぎ、新陳代謝を整えてくれるため、頭皮環境を健康に保ってくれます。

    ハゲの治療と並行したいハゲ対策③:飲酒・喫煙

    ついついお酒を飲み過ぎてしまったり、過度な喫煙をしてはいませんか?

    適度な飲酒ならば問題ありませんが、飲み過ぎは毛髪や頭皮に悪影響を及ぼす危険があります。

    アルコールの代謝時に発生するアセトアルデヒドは、睡眠障害を引き起こす原因です。

    慢性的な睡眠不足は、自律神経の乱れによる血行不良を引き起こし、毛髪や頭皮の健康な成長を妨げてしまいます。

    また、喫煙は血管を収縮させ、血行不良を引き起こします。

    さらに、喫煙者は非喫煙者と比べてビタミンを大量に消費してしまうため、タバコはビタミン不足によっても、健康な髪の毛が育つのを邪魔します。

    このように、過度な飲酒や喫煙は身体の健康だけでなく、髪の毛・頭皮にとっても有害です。

    禁酒・禁煙でハゲや薄毛が治るわけではありませんが、ハゲ治療の一環として、休肝日を設けたり、タバコの本数を減らす努力をしましょう。

    ハゲの治療と並行したいハゲ対策④:睡眠

    どんなに効果的なハゲ治療や頭皮ケアを行っても、毎日の睡眠が不足していては、十分な治療効果を期待することはできないでしょう。

    睡眠不足が引き起こす血行不良や免疫力低下は、頭皮環境の悪化にもつながります。

    6〜8時間程度の睡眠が理想的だと言われていますが、ハゲ治療のためには睡眠の質にも気をつけたいところ。

    部屋が明るいままで就寝してしまったり、寝る直前までパソコンやスマホの画面を見ていると、眠りが浅くなると言われています。

    睡眠の質を上げることは、頭皮環境の向上につながるため、ハゲ・薄毛の予防法の一つとして、十分な睡眠を心がけましょう。

    ハゲの治療と並行したいハゲ対策⑤:適度な運動

    ハゲの治療と並行して、適度な運動によって頭皮環境を整えることも大切です。

    運動不足は頭皮の血行を悪くし、ハゲを助長する原因。

    血行不良を防ぐには、有酸素運動がおすすめ。

    有酸素運動とは、ランニングや水泳など、身体に大きな負担をかけずに長時間続けられる運動のことです。

    適度な運動は頭皮に限らず、肥満の予防やストレス解消にもなるため、生活の中に簡単な運動を取り入れましょう。

    ハゲの治療と並行したいハゲ対策⑥:ストレスの軽減

    「ストレスでハゲる」という噂がありますが、ストレスはハゲの直接的な原因ではありません。

    しかし、ストレスは自律神経、ホルモンの分泌量、免疫系に影響を与えるため、ハゲを助長する可能性があります。

    ストレスの感じ方は人それぞれですが、治療と並行して自分なりのストレス解消法を見つけ、実践することも、より効果的なハゲ治療につながるでしょう。


     

    最も効果的なハゲ治療とは?

    効果的なハゲ治療は人それぞれ

    効果的なハゲ治療法は、効果が認められたAGA治療薬による投薬治療であることに変わりはありません。

    しかし、AGA治療薬による投薬治療が、必ずしもハゲに悩む全ての男性に効果があるとは限りません。

    ハゲ・薄毛の原因のほとんどがAGA(男性型脱毛症)であると言われていますが、ハゲ・薄毛を引き起こしている脱毛症やその原因は、人それぞれ異なります。

    AGA治療薬は、AGA以外の脱毛症にまで改善効果が認められているわけではありません。

    そのために、ハゲ・薄毛を改善するためには原因に合った治療が必要です。

    AGA専門クリニックでは、基本無料のカウンセリングや詳細な検査によって、患者一人ひとりに合った治療法を提案してくれます。

    効果的なハゲ治療のためにも一度病院へ

    日本の成人男性のうち3人に1人にあたる約1,200万人を悩ませているといわれる、ハゲの元凶AGA(男性型脱毛症)は、一度発症すると自然治癒することがありません。

    AGAは髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)の乱れによって、ハゲ・薄毛を引き起こす脱毛症。

    実は、一つの毛根が繰り返すことのできる毛周期の回数は限られています。

    そのため、十分な毛周期が残っていればいるほど、つまり若いうちに薄毛治療を始めるほど、改善される可能性は高いと考えられています。

    AGAによるハゲ・薄毛の治療には早期対策が重要なのです。

    そして、AGA治療薬を始めとした多くの治療法の中から、自分に合った最も効果的な治療法を見つけることが何よりも大切。

    ハゲ・薄毛治療について少しでも気になることがあったら、ハゲ専門医によるカウンセリングを受けてみましょう。

    ハゲの悩みを一人で抱え込んではいけません。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー