生える人をふやす

    2017年11月30日 更新

    ハゲ防止の鍵は頭皮環境? 効果的なAGA対策とは

    ハゲ・薄毛の多くは、男性ホルモンが原因である「AGA」の影響だと言われています。AGAによる脱毛を防止するには、適切な治療だけでなく、頭皮環境を整えることも大切です。
    今回のAGA+では、脱毛防止・発毛効果が認められた治療薬、正しい頭皮ケアについて解説します。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAってどんな薄毛・抜け毛?

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAのメカニズム

    AGAは「男性型脱毛症」とも呼ばれる、成人男性に起こる脱毛症。

    日本では、およそ1,200万人の成人男性がハゲ・薄毛とされ、この多くがAGAの影響と言われています。

    そんなAGAは、髪の毛の成長サイクルである毛周期を乱すことで、抜け毛・薄毛を引き起こす病気。

    本来、髪の毛は2〜6年の周期で発毛・脱毛を繰り返していますが、AGAを発症した人は、毛周期が100日程度に短縮されます。

    毛周期が乱されることで、髪の毛は太く長く成長することができず、早期に脱毛するのです。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAによる薄毛・抜け毛の特徴①:頭頂部・前頭部からハゲる

    AGAは、主に頭頂部や前頭部からハゲるのが特徴です

    そして、円形脱毛症のように局所的なハゲが見られるのではなく、おでこの生え際・頭頂部のつむじ付近から徐々に薄毛になっていきます。

    また、AGAによる薄毛・ハゲはゆっくりと進行していくため、第三者に指摘されて初めて自分の薄毛に気付く人も多いようです。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAによる薄毛・抜け毛の特徴②:自然治癒しない

    AGAのもう一つの特徴は、自然治癒しないこと

    薄毛・抜け毛を引き起こす脱毛症の中には、時間経過とともに症状が緩和されていく脱毛症もありますが、AGAは例外。

    生え際・頭頂部の薄毛がAGAによるものだった場合、適切な治療を受ける必要があります。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAの原因は何?

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAの原因①:男性ホルモン

    成人男性を悩ませるAGAの原因は、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロン

    このジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの一つテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結び付くことによって生成されます。

    ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンを受け取るアンドロゲンレセプターと結合すると、髪の毛の成長に影響を与えるシグナルを出します。

    生え際・頭頂部のアンドロゲンレセプターにジヒドロテストステロンが作用することで、髪の毛の成長を阻害するシグナルが出され、髪の毛が早期に脱毛するのです。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAの原因②:遺伝

    「AGAやハゲの原因は遺伝」という噂を聞き、「父親や祖父がハゲだから自分も……」と不安に思ったことはありませんか?

    残念ながら、「AGAやハゲになりやすい遺伝子を受け継ぐことがある」というのは本当です。

    AGAになりやすい遺伝子には2つの種類があります。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAになりやすい2つの遺伝子

    • 5αリダクターゼの分泌量に関わる遺伝子
    • アンドロレセプターの感受性に関わる遺伝子

    まずは、5αリダクターゼの分泌量に関わる遺伝子について。

    AGAの原因であるジヒドロテストステロンが生成されやすいかどうかは、テストステロンと結合する5αリダクターゼの分泌量に関係しています。


    5αリダクターゼの分泌量が多いと、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されやすくなります。

    この5αリダクターゼの分泌量に関する遺伝子は、顕性(優勢)の遺伝子。

    両親のどちらかがこの遺伝子を持っていれば、必ず子に受け継がれます。

    また、アンドロゲンレセプターの感受性も遺伝の影響を受けると言われています。

    アンドロゲンレセプターとは、男性ホルモンを感知する受容体のこと。

    ジヒドロテストステロンは、頭頂部や前頭部にあるアンドロゲンレセプターと結合することで、毛周期を乱すシグナルを出します。

    そのため、アンドロゲンレセプターの感受性が高いほど、ジヒドロテストステロンを感知しやすくなり、毛周期が乱されやすくなるのです。

    アンドロゲンレセプターの感受性に関わる遺伝子情報は、X染色体に存在。

    つまり、父親(XY)・母親(XX)のいずれかがこの遺伝子情報を持っていた場合、子に遺伝する可能性があります。

    しかし、これら2つの遺伝子を持っているからといって、必ずしもAGAが発症するわけではありません。

    逆に、AGAになりやすい遺伝子を持っていなくても、AGAが発症することがあるでしょう。

    自分が「AGAになりやすい遺伝子を持っているか」や「そもそも、AGAになりやすいのかどうか」は、AGA専門病院で行っている遺伝子検査血液検査で知ることができます。

    「遺伝によってハゲるのではないか……」という人は、一度AGA専門病院で検査を受けてみましょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGA(男性型脱毛症)を助長するおそれがあるもの

    AGA(男性型脱毛症)を助長するおそれがあるもの①:頭皮環境の悪化

    AGAの直接的な原因になるわけではありませんが、頭皮環境の悪化によって髪が育ちにくくなり、AGAを助長することがあります。

    頭皮環境を悪化させる要素は、生活のあらゆるところに潜んでいます。

    【AGA防止のために知っておきたい】頭皮環境を悪化させる要素

    • 間違った頭皮や髪の毛のケア
    • 間違ったシャンプー選びや洗髪
    • 生活習慣の悪化

    例えば、間違った頭皮や髪の毛のケア、間違った髪の洗い方をしていると、頭皮に炎症が起きて、抜け毛を助長するおそれがあります。

    また、食生活の乱れ飲み過ぎ寝不足など、生活習慣の悪化も髪の毛の健康を害す要因です。

    間違った頭皮ケアや生活習慣の悪化によって、必ずしも抜け毛が増えるわけではありませんが、髪の毛・頭皮を健康に保つためには注意が必要でしょう。

    普段の生活から頭皮環境を意識することで、AGAの予防につながるかもしれません。

    AGA(男性型脱毛症)を助長するおそれがあるもの②:ストレス

    「ストレスが多すぎて、ハゲそう」という心配をしたことはありますか?

    ストレスが原因でAGAになることはありませんが、AGAを防止する上で、ストレスには注意しましょう。

    ストレスには、髪の毛や頭皮に悪影響を与えるおそれがあります。

    【めざせAGA防止】ストレスが髪の毛・頭皮に与える悪影響

    • 血行不良
    • 自律神経の乱れ

    ストレスによる血行不良は、毛髪や頭皮の栄養不足につながるかもしれません。

    また、自律神経の乱れはホルモン分泌に影響を与えたり、免疫異常を引き起こす原因です。

    先ほども言ったように、ストレスはAGAやハゲの直接的な原因ではありませんが、間接的にAGAやハゲを悪化させる要因となるでしょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGA(男性型脱毛症)を防止するには?

    【AGA防止のために知っておきたい】育毛剤(医薬部外品)ではAGAを防止できない!

    ハゲ・薄毛の対策として、育毛剤を思い浮かべる人は少なくないでしょう。

    しかし、ほとんどの育毛剤では根本的にAGAを防止することは不可能。

    なぜなら、育毛剤の多くは化粧品・医薬部外品に分類されるため、AGAの防止効果・改善効果を持つ成分が含まれていません(※ 医薬品に分類されている一部の育毛剤・発毛剤には、一定の効果が期待できます)。

    育毛剤(医薬部外品)は、あくまで「頭皮環境を整える」ためのもの。

    AGAの進行を防止・治療するためには、効果が認められたAGA治療薬の使用が望ましいでしょう。

    日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が作成した男性型脱毛症診療ガイドラインでは、さまざまなAGA治療法を、抜け毛防止効果や発毛効果の有効性、副作用の頻度から5段階で評価しています。

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」におけるAGA治療の推奨度

    • A:AGA治療として行うよう強く勧められる
    • B:AGA治療として行うよう勧められる
    • C1:AGA治療として行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
    • C2:AGA治療として根拠がないので勧められない
    • D:AGA治療として行わないよう勧められる

    育毛剤(医薬部外品)に含まれている成分は、このガイドラインでC1・C2に位置づけられ、AGAによる抜け毛防止効果には十分な根拠が認められていません。

    一方、AGAによる抜け毛を防止し、十分な発毛効果が認められ、ランクAに位置づけられたのはミノキシジル外用療法・フィナステリド内服療法の2つ

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAを防止する治療薬①:ミノキシジル

    AGAを防止する治療薬として、まずミノキシジル外用薬が挙げられます。

    ガイドラインで効果が認められているのは、ミノキシジル成分5%含有の外用液による治療。

    このミノキシジルは、髪の毛の毛包に直接働きかけ、抜け毛防止・発毛効果を発揮します。

    ミノキシジル外用液は、AGA治療において「第一選択薬」として認められており、AGAを防止・治療していくためには、最初に手にとるべき治療薬であると言えます。

    「髪を生やしたい」「抜け毛を防止したい」という場合には、医薬部外品の育毛剤ではなく、効果が認められたミノキシジル外用薬を使いましょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAを防止する治療薬②:フィナステリド(プロペシア)

    フィナステリド(プロペシア)も、効果が認められたAGA治療薬の一つで、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

    フィナステリドはこの5αリダクターゼ阻害効果によって、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン」の生成を防ぎ、脱毛防止効果を発揮します。

    また、このフィナステリドはミノキシジルとは異なるアプローチによって抜け毛を防止、発毛効果を発揮するため、多くのAGA専門クリニックでは両薬の併用を勧めているようです。

    「発毛効果」があるミノキシジルと、「脱毛防止効果」があるフィナステリドを併用することで、より強力なAGAの改善効果が期待できるでしょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAを防止する治療薬③:デュタステリド(ザガーロ)

    デュタステリド(ザガーロ)は、フィナステリドと同じく5αリダクターゼを阻害することで、AGA改善効果を発揮する治療薬。

    ザガーロは新しいAGA治療薬であるため、2010年に作成されたガイドラインに記載はありませんが、2015年9月に厚生労働省から認可を受けているAGA治療薬です。

    もともとデュタステリドは前立腺肥大症の治療に使われていましたが、脱毛を防止する作用が見つかり、AGA治療薬としての研究が進められました。

    デュタステリドは、「5αリダクターゼ」に対して、フィナステリドよりも強力な阻害効果を持っています。

    フィナステリドは、5αリダクターゼ2型のみを阻害しますが、デュタステリドは5αリダクターゼ1型と2型の両方を阻害。

    5αリダクターゼ2型に対しては、デュタステリドはフィナステリドの約3倍の阻害効果を持ちます。

    ザガーロは新しいAGA治療薬ですが、フィナステリドより強力なジヒドロテストステロン抑制効果を発揮することから、高いAGA防止効果が期待されています。

    AGAは育毛剤(医薬部外品)で防止できるのか?

    結論から言うと、医薬部外品にあたる育毛剤ではAGAを防止できません。

    しかし、育毛剤(医薬品部外品)がAGAによる薄毛に対して、効果を全く持たないわけではありません。

    市販の育毛剤(医薬部外品)は、病気の予防・頭皮ケアの目的で開発されており、頭皮環境を整えることでAGAになりにくい頭皮を作ることができるでしょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】医薬部外品にあたる育毛剤の効果

    • 育毛剤の効果①:頭皮の血行促進
    • 育毛剤の効果②:頭皮や髪の毛に栄養を与える
    • 育毛剤の効果③:頭皮を清潔に保つ

    【AGA防止のために知っておきたい】医薬部外品にあたる育毛剤の効果①:頭皮の血行促進

    育毛剤(医薬部外品)の効果としてまず挙げられるのが、頭皮の血行促進

    髪の毛が健康に成長するためには、髪の毛に十分な栄養を届ける必要があります。

    頭皮の血行がよくなることで、髪の毛に栄養がスムーズに届けられます。

    また、AGA治療薬と並行して育毛剤を使うことで、髪の毛の健康を保ちつつ、より効果的に脱毛を防止することができるでしょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】医薬部外品にあたる育毛剤の効果②:頭皮や髪の毛に栄養を与える

    先述したように、髪の毛・頭皮が健康を保つためには、十分な栄養が必要です。

    育毛剤(医薬部外品)には、頭皮や髪の毛の健康を保つために必要な成分が含まれており、頭皮に直接塗布することで、有効成分を確実に届けることができます。

    育毛剤(医薬部外品)によって頭皮の血行をよくするだけでなく、頭皮や髪の毛に栄養をダイレクトに与えることができるでしょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】医薬部外品にあたる育毛剤の効果③:頭皮を清潔に保つ

    育毛剤(医薬部外品)には、髪の毛を育ちやすくする効果だけでなく、頭皮を清潔に保つ効果もあります。

    育毛剤の中には抗菌作用を持つ成分が含まれており、頭皮に存在する雑菌の繁殖を防いでくれるでしょう。

    AGA以外の脱毛症の中には、雑菌の繁殖による頭皮の炎症が原因である「脂漏性脱毛症」と呼ばれる脱毛症があります。

    どんなに栄養たっぷりの頭皮であっても、雑菌が繁殖するような頭皮環境では、髪の毛の健康を維持できません。

    育毛剤(医薬部外品)によって頭皮を清潔に保つことで、AGA治療薬が持つ脱毛防止・発毛効果をサポートできるでしょう。

    【AGA防止のために知っておきたい】日頃からできるAGA対策

    【AGA防止のために知っておきたい】日頃からできるAGA対策①:正しいシャンプー

    AGAを防止するためには、効果が認められたAGA治療薬の使用が最も効果的です。

    しかし、AGA治療薬を使っていても、日々の頭皮・髪の毛のケアを怠っていては、AGA治療薬による十分な脱毛防止・発毛効果は得られないでしょう。

    頭皮・髪の毛のケアで気をつけたいことは、正しくシャンプーをすること。

    髪を洗うとき、爪を立ててゴシゴシ洗っている人はいませんか?

    爪を立ててシャンプーをすると、頭皮が傷ついてしまい、頭皮の炎症を引き起こすおそれがあります。

    また、シャンプーの回数が多すぎたり逆に少なすぎるのも頭皮環境の悪化につながるでしょう。

    シャンプーのし過ぎによって頭皮が乾燥したり、少なければ頭皮に皮脂が溜まり、毛穴を詰まらせるかもしれません。

    そして、シャンプー後のケアにも気をつけましょう。

    ドライヤーが面倒だからといって、頭皮・髪の毛を自然乾燥させてしまうと、雑菌の繁殖につながります。

    お風呂上がりは、タオルやドライヤーを使ってしっかりと髪の毛・頭皮を乾かしましょう。

    AGA予防に有効なシャンプー仕方について詳しく知りたい人はこちら
    【プロが監修】ハゲる前に正しくシャンプー! 髪のプロが教える、薄毛を防ぐ髪の洗い方

    【AGA防止のために知っておきたい】日頃からできるAGA対策②:自分に合ったシャンプーを使う

    普段使っているシャンプーで、髪のパサつきや頭皮のかゆみなど、違和感を感じたことはありませんか?

    頭皮環境を整えるためには、正しいシャンプーの仕方だけでなく、自分に合ったシャンプーを使うことも大切です。

    シャンプーの中でもとくに注意したいのが、「育毛シャンプー」の使用。

    育毛シャンプーと聞いて、「これなら髪が生える!」と期待したことはありませんか?

    しかし、育毛剤と同様、育毛シャンプーにも「髪を生やす」効果はありません。

    育毛シャンプーの目的は、あくまで頭皮・髪の毛の健康を保ち、薄毛を予防すること。

    髪を生やすことはできなくても、育毛シャンプーは頭皮環境を整えることで、薄毛やAGAを予防してくれます。

    多くの育毛シャンプーは、頭皮に必要な皮脂を落とし過ぎないように作られているため、通常のシャンプーと比べて洗浄力が控えられており、AGAによる薄毛を助長させないためにおすすめ。

    【AGA防止のために知っておきたい】日頃からできるAGA対策③:育毛剤・頭皮マッサージで頭皮ケア

    AGA防止のためには、髪の毛だけでなく頭皮全体のケアも重要。

    ここでは育毛剤(医薬部外品)の使用と頭皮マッサージについて紹介します。

    「正しい頭皮ケア」として育毛剤を使用することは、AGAによる抜け毛を予防する上で大切です。

    育毛剤が持つ殺菌作用によって、頭皮全体を清潔に保つことができます。

    ただし、育毛剤の使い過ぎには注意が必要です。

    「爽快感」を求めてついつい多めに使ってしまう......というのはかえって頭皮を傷つける原因になります。

    育毛剤(医薬部外品)に含まれているアルコール成分が頭皮に多く残ってしまうと、かぶれや炎症を引き起こし、頭皮環境を悪化させるおそれがあります。

    そして、AGAの予防として有効な頭皮ケアとして挙げられるのが頭皮マッサージ。

    これは、普段の空いた時間でも気軽にできるのでおすすめです。

    指の腹を使って、やさしく頭全体を揉んであげるだけ。

    頭皮にほどよい刺激を与えることで、頭皮全体の血行促進につながります。

    【AGA防止のために知っておきたい】日頃からできるAGA対策④:生活習慣の改善

    頭皮環境を整えることができるのは、頭皮や髪の毛のケアだけではありません。

    普段の生活習慣を見直すことも、AGAやハゲの予防につながるでしょう。

    生活習慣が乱れているからといって、直接AGAにつながるわけではありませんが、場合によってはAGA以外のハゲを引き起こすおそれもあるのです。

    AGAに限らず、ハゲを予防するためには、正しい生活習慣を心がけることが重要です。

    また、どんなに効果的なAGA治療法でも、生活習慣が乱れていては、十分な脱毛防止・発毛効果を発揮できません。

    AGA治療を考えている人は、AGA治療の前に生活習慣を見直すところから始めてみましょう。

    【めざせAGA防止】AGAを助長させかねない生活習慣

    • 偏食が多い
    • 過度な飲酒・喫煙
    • 睡眠不足
    • 運動不足

    【AGA防止のために知っておきたい】日頃からできるAGA対策⑤:ストレス

    普段からストレスを感じていて、「将来ハゲるかも……」と不安を感じていませんか?

    ストレスは、血行不良や睡眠不足を招き、頭皮環境を悪化させる一因にもなりかねません。

    また、ストレスによる自律神経の乱れはホルモン分泌にも影響を与えるため、性ホルモンが原因の脱毛症にも関係するかもしれません。

    ストレスが直接ハゲにつながることはないものの、場合によっては「ハゲやすい頭皮」になることがあります。

    自分なりのストレス解消法を見つけることも、AGAの予防や頭皮環境の改善に一役買ってくれるかもしれません。

    「ストレスとハゲの関係」が少しでも気になった人は、まずAGA專門クリニックのカウンセリングを受けてみるのもよいかもしれません。

    【AGA防止のために知っておきたい】AGAを治すには?

    AGA治療薬の処方はAGA専門クリニックで受けよう

    現在、AGAによる脱毛を防止し、発毛効果が認められている治療法は、AGA治療薬による投薬治療です。

    そして、このAGA治療薬を使用するためには、AGA専門の病院で医師による診断を受ける必要があります。

    また、AGA治療薬による脱毛防止・発毛効果を得るためには、3〜6ヶ月ほどの時間がかかると言われています。

    AGA治療で大切なのは、その人に合った治療法を継続的・長期的に行うこと。

    AGA専門クリニックの中には、効果が認められたAGA治療薬以外に、ジェネリック医薬品やクリニックオリジナルの治療薬を処方してくれる場所があります。

    より効果的な脱毛防止・発毛効果を得るためには、医師と相談した上で自分に合った治療薬を見つけていくことが重要です。

    AGA防止のためには、AGA治療薬を投薬しながら総合的なケアを

    AGA治療のためには、脱毛防止・発毛効果が認められたAGA治療薬を使えばいいということではありません。

    AGAによる抜け毛をより効果的に防止し、発毛効果を得るためには、治療だけなく総合的なケアが必要です。

    たとえ、効果的なAGA治療を行っていても、頭皮・髪の毛のケアが誤っていたり、乱れた生活習慣を続けていては、十分な治療効果は期待できないでしょう。

    「AGAを治すためには、薬を飲む以外に何をしたらいいの?」という気軽な質問でも、数多くのAGA治療実績を持つ專門クリニックでは、一人ひとりに合ったAGA治療法や対策を提案してくれます。

    抜け毛を防止、効果的な発毛のためにAGA専門クリニックで相談

    AGAの専門クリニックでは、カウンセリングを基本無料で行っており、薄毛に関する悩みを医師に直接相談することができます。

    脱毛防止・発毛効果が認められたAGA治療薬に関する質問だけでなく、今の生活習慣や頭皮・髪の毛の状態から、将来AGAになる可能性があるかどうかもアドバイスしてくれるでしょう。

    AGAは早期対策一つで、薄毛を改善できる可能性がグンと高まります。

    「最近、抜け毛が増えた気がする」、「おでこが広くなったのってAGAの影響かな」と不安を感じている人は、今がAGA治療を始めるタイミングかもしれません。

    AGA対策の第一歩として、無料のカウンセリングを受けてみませんか?


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加