生える人をふやす

    2017年11月30日 更新

    あなたがハゲた原因は○○かも? 原因別「ハゲ対策」

    ハゲ・薄毛の原因は人それぞれ。
    ハゲの原因が違えば、取るべき対策や行動も変わってきます。適切なハゲ予防のためには、まずあなた自身のハゲの原因を知ることが大切。
    本記事では、ハゲ・薄毛の原因別に対策を解説しています。
    ハゲの原因と効果的な薄毛対策を知り、ハゲ・薄毛防止に努めましょう!

    ハゲ・薄毛の原因とは?

    「最近、抜け毛が気になり始めたけれど、これといって原因が思い当たらない」

    「ハゲを何とかしたいけれど、どうしたらいいのかわからない」

    こうしたハゲについての悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

    ハゲには、さまざまな原因が考えられ、自分のハゲの原因が一つとも限りません。

    また、ハゲ・薄毛の症状も、原因によって千差万別。

    早急にハゲ・薄毛の対策を講じるために、まずはあなたのハゲの原因を探っていきましょう。

    ハゲ・薄毛の原因

    • ①頭皮環境の悪化
    • ②髪の毛のダメージ
    • ③生活習慣の乱れ
    • ④ストレス
    • ⑤偏った食生活による栄養不足
    • ⑥睡眠不足

    ハゲ・薄毛の原因①:頭皮環境の悪化

    ハゲ・薄毛の原因の一つに、頭皮環境の悪化が挙げられます。

    頭皮も身体の表面と同じく皮膚の一部であるため、体質や環境によって頭皮トラブルが生じてしまうのは当然のこと。

    頭皮に不快な症状が現れた場合、決して放置してはいけません。

    まずは、頭皮に触れて状態をセルフチェックしてみましょう。

    頭皮環境セルフチェックポイント

    • 頭皮がベタベタしている
    • 頭皮が乾燥している
    • 頭皮が硬くなっている(頭皮を前後左右に動かすことができない)
    • フケが多い

    以上のチェックポイントに一つでも当てはまったら、要注意!

    もし、上記で挙げたような症状が現れていたら、頭皮環境改善を試みた方がいいでしょう。

    頭皮環境の悪化は、ハゲの原因にもつながります。

    頭皮環境が悪化すると、正常な毛周期が阻害され、健康な髪の毛の生成が妨げられてしまい、抜け毛や切れ毛の増加させてしまうのです。

    健やかで太い髪の毛を生やすためには、頭皮環境を整えることが重要です。

    頭皮環境の悪化を改善し、清潔な頭皮を保つことは、ハゲ・薄毛の防止につながるでしょう。

    ハゲ・薄毛の原因②髪の毛のダメージ

    髪や頭皮へのダメージは、抜け毛やハゲの原因につながる可能性があります。

    髪の毛や頭皮にダメージを与える要因は、紫外線、乾燥、摩擦、ヘアカラー、誤ったシャンプー方法など、挙げればキリがないほど。

    毎日外気にさらされている髪の毛や頭皮は、気が付かないうちにダメージを負っています。

    ダメージを与え続けられた髪の毛や頭皮を放っておくと、ハゲまっしぐら……ということになりかねません。

    髪の毛のパサつきも、放置しすぎると髪の毛がしなやかさを失い、切れ毛の原因につながります。

    知らず知らずのうちにハゲの道を突き進んでいる、なんてことがないように、普段から髪の毛のケアを心がけましょう。

    ハゲ・薄毛の原因③生活習慣の乱れ

    生活習慣の乱れは、ハゲ・薄毛と密接に関係しています。

    夜更かし、不規則な食事などが「ハゲる生活習慣」にあたるでしょう。

    ハゲ・薄毛を引き起こす、髪の毛の栄養不足・頭皮の血行不良は、生活習慣の乱れによって引き起こされることが多いのです。

    生活習慣の乱れは、髪の毛の成長を阻害し、ハゲを助長してしまう原因に。

    生活習慣が乱れていると感じたならば、改善を図ってハゲの原因を排除しましょう。

    ハゲ・薄毛の原因④ストレス

    ストレス社会だと言われている現代の日本。

    仕事や人間関係などで多くの人がストレスを抱えているのではないでしょうか?

    ストレスも、薄毛・ハゲの原因になりかねません。

    人間の身体はストレスを感じると、自律神経が乱れて血管が収縮し、血行が悪化する仕組みになっています。

    血流が悪くなることで、発毛に必要な栄養が隅々まで行き渡らなくなり、ハゲにつながるおそれがあるのです。

    ハゲ・薄毛の原因⑤偏った食生活による栄養不足

    内心では栄養価の高い食事を取りたいと思っていても、食べる時間がないからといって食事を抜いたり、コンビニや外食で済ませてしまったりする人も多いのではないでしょうか?

    栄養が偏った食生活は、毛髪や頭皮の健康にも影響を及ぼし、ハゲの原因となるおそれがあります。

    髪の毛は、食事から摂取した栄養をもとに生成されます。

    体内の栄養が不足してしまうと、栄養が髪の毛の成長にまで回らなくなり、結果、髪の毛の成長を阻むことになってしまうかもしれません。

    ハゲ・薄毛の原因⑥睡眠不足

    睡眠不足も、ハゲ・薄毛の原因につながる可能性があります。

    そもそも睡眠不足は、薄毛・ハゲ防止のためだけでなく、身体の健康にもいいものではありません。

    睡眠不足は、免疫力の低下を招くだけでなく、成長ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼします。

    睡眠が不足することで、成長ホルモンの分泌量が減り、毛髪を作る毛母細胞の働きが悪くなります。

    結果、健康的な太く長い髪の毛が育たず、「ハゲ」というおそろしい事態を招いてしまうのです。

    男性がハゲる原因

    ここまで、ハゲや薄毛に悩む人のために、そもそもハゲ・薄毛に陥る原因は何なのかを紹介してきました。

    実は、性別によってもハゲの特徴・原因は異なります。

    まずは、男性のハゲの特徴・原因について解説しましょう。

    男性が発症するハゲの特徴

    今や、成人男性の3人に1人が薄毛・ハゲに悩む時代。

    男性がハゲる原因として最も多く挙げられるのが、AGA(男性型脱毛症)

    「AGA」とは「Androgenetic(男性ホルモン型の) Alopecia(脱毛症)」の略称です。

    すなわちAGAとは、「男性ホルモンと遺伝が原因の脱毛症」を指します。

    男性型脱毛症は、頭皮が完全に露出してしまうハゲが特徴。

    ただし、頭皮が露出するといっても、後頭部・側頭部がハゲることはほぼありません。

    男性型脱毛症におけるハゲの進行パターンには、3種類あります。

    男性型脱毛症のハゲ進行パターン

    • M型:前頭部こめかみ部分からハゲが進行する
    • O型:頭頂部から徐々に後退してハゲが進行する
    • 複合型:M型とO型の複合

    AGAによるハゲを放置してしまうと、ハゲている部分はどんどん広がり、頭頂部・前頭部の髪も次第になくなっていきます。

    男性がハゲる原因①男性ホルモンの影響

    薄毛・ハゲに悩む男性のほとんどが罹患していると言われる男性型脱毛症は、男性のみが発症する進行性のハゲです。

    男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」にあります。

    このジヒドロテストステロンは、またの名を「脱毛ホルモン」と言います。

    脱毛ホルモンの名の通り、ジヒドロテストステロンは、ハゲ・脱毛を促すホルモンです。

    男性がハゲる原因は、この男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の影響である場合が非常に多いのです。

    男性がハゲる原因②遺伝

    男性ホルモンが原因である男性型脱毛症ですが、遺伝によって発症リスクが高まることもあります。

    男性型脱毛症の原因である、ジヒドロテストステロンの作られやすさや、男性ホルモンを受容する器官の感度は遺伝によって決まります。

    ジヒドロテストステロンの生成がされやすかったり、生成されたジヒドロテストステロンが受容されやすかったりすれば、当然、男性型脱毛症も発症しやすくなりますよね。

    このように、遺伝によって、ハゲ・薄毛になりやすい体質が受け継がれる可能性も十分にあるのです。

    女性がハゲる原因

    ハゲとは言わないまでも「髪の毛が薄くなってきたかも」「抜け毛が増えてきた」「髪の毛が全体的にボリュームダウンした気がする」そんな悩みを持つ女性もいるのではないでしょうか?

    近年、女性の間でもハゲ・薄毛が深刻な悩みとなっています。

    「髪は女の命」とも言いますが、男性と同じく、女性にもハゲ・薄毛は起こりうるのです。

    ただし、男性と女性ではハゲ方もハゲる原因も異なります。

    次は、女性のハゲの特徴・原因について説明していきます。

    女性のハゲの特徴

    女性のハゲの多くは、加齢による女性ホルモンの減少が原因で、更年期前後から症状が現れることが多いとされています。

    女性のハゲの場合、男性のように、頭皮が丸見えになるまでハゲることはほとんどありません。

    女性のハゲ・薄毛は、脱毛症状が頭髪全体で進み、全体的に少しずつ薄くなる特徴があります。

    とくに、前頭部から頭頂部の間、頭頂部が薄くなる傾向にあります。

    女性のハゲの症状で最も多いのは、毛髪全体が薄くなる「びまん性脱毛症」。

    男性のハゲのほとんどを占める男性型脱毛症の女性版で、別名「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも言われています。

    女性がハゲる原因

    • ①妊娠・出産
    • ②更年期

    女性がハゲる原因①妊娠・出産

    妊娠・出産は、人生においてとても大きなことでしょう。

    しかし、妊娠中や授乳中は身体にまつわる悩みを抱える時期でもあり、自身の健康や髪の毛の状態を考えると嬉しいことばかりではないかもしれません。

    妊娠・出産後に特に多く見られる髪の毛のトラブルといえば、抜け毛。

    「出産後、急に抜け毛が増えた」という人も多いのではないでしょうか?

    出産後の抜け毛・ハゲの原因は、分娩後脱毛症(産後脱毛症)と呼ばれるもの。

    妊娠・出産期に分泌量が増加する女性ホルモンは、出産を終えると急激に減少します。

    このホルモンバランスの乱れにともない、抜け毛が増加したり、ハゲたりすることがあるのです。

    出産から一定期間が経てば、ホルモンバランスは元に戻り、抜け毛やハゲは治まります。

    出産後にハゲが現れたり、抜け毛が増加したりした人も、そこまで心配する必要はないでしょう。

    しかし、産後しばらく経っても抜け毛・ハゲの症状が収まらない場合は、医師に相談するようにしてください。

    女性がハゲる原因②更年期

    女性がハゲる原因として考えられる、更年期。

    更年期に突入すると、心身の不調や症状が見られやすくなりますが、更年期障害は髪の毛や頭皮にも表れやすいのです。

    女性の場合、加齢にともなって女性ホルモンの分泌量が徐々に減少することが原因で、抜け毛やハゲが目立つようになってしまいます。

    とくに、髪の毛の成長に大きく関わる女性ホルモン「エストロゲン」の不足は、髪の毛の痩せや抜け毛、ハゲに大きく関わっています。

    更年期に入ると、この「エストロゲン」も量が急激に減ってしまうと考えられているため、「更年期になってからハゲた」という人も少なくないのです。

    男女共通のハゲもある?

    これまで、男女別にハゲの特徴・原因を説明してきました。

    男性のハゲは男性特有のもの、女性のハゲは女性特有のものだと思っていませんか?

    実は、男女に共通して見られるハゲもあるのです。

    次は、男女ともに発症する可能性のあるハゲの特徴・原因を説明します。

    局所的にハゲる円形脱毛症

    一般的に10円ハゲと言われる円形脱毛症は、円形や楕円形のハゲが突如局所的に出現するのが特徴。

    ハゲの大きさは、10円玉程度のものから、500円玉程度のもの、頭皮全体に広がるものまでさまざまです。

    重症の場合、頭部のみにハゲの症状がとどまらず、眉毛や体毛までごっそりなくなってしまうこともあります。

    円形脱毛症の原因としては、自己免疫疾患やアレルギー疾患、ストレス、遺伝などが考えられていますが、未だ解明されていません。

    頭皮環境の悪化が原因でハゲる脂漏性脱毛症

    脂漏性脱毛症の原因として挙げられるのは、皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化。

    脂漏性脱毛症の症状は、脂っぽい脂性フケの過剰分泌による炎症が特徴で、毛穴は皮脂でびっしりと詰まった状態になります。

    毛穴の奥まで広がる炎症が、頭皮の赤みとかゆみを生じさせ、抜け毛・ハゲを引き起こす原因に。

    一般的に、女性よりも男性の方が皮脂の分泌量が多いとされているので、脂漏性脱毛症も男性の方が発症しやすいと言われていますが、女性が発症する可能性も十分にあります。

    ハゲのサインを見逃すな!

    今は平気でも、いつかやってくるかもしれないハゲ。

    気づいたときには手遅れ、なんてことにならないように一刻も早くハゲの前兆に気づいて、ハゲの進行を食い止めたいですよね。

    「将来、ハゲるかもしれない」と不安を抱えている人に向けて、見逃せないハゲのサインをお伝えします。

    ハゲを重症化させないためにも、日頃から自分の頭皮・髪の毛の状態をチェックしてみましょう。

    【チェックリスト】ハゲのサイン

    • ①抜け毛量が増えた
    • ②生え際に産毛が目立つ
    • ③髪の毛のボリュームが出ない
    • ④頭皮が硬い
    • ⑤頭皮がかゆい

    ハゲのサイン①抜け毛量が増えた

    誰にでも起こる生理現象「抜け毛」は、毛周期の過程で発生します。

    毛周期とは、髪の毛が成長して抜け落ちるまでの一定の周期のこと。

    私たちの髪の毛が抜け落ち、新たに生え変わるのは、毛周期の仕組みゆえなのです。

    しかし、抜け毛の量が明らかに多い、増えたと感じる場合には要注意!

    抜け毛の増加は、毛周期が乱れている証拠かもしれません。

    参考までに、一日あたりの抜け毛の本数は平均50〜200本です。

    抜け毛の本数を一本一本数えることは至難の技ですが、感覚的に抜け毛が増えたと感じたのなら、ハゲのサインかもしれないと心しましょう。

    ハゲのサイン②生え際に産毛が目立つ

    髪の毛が抜け落ちたところに、新しく髪の毛が生える時は、まず産毛が生えてきます。

    髪の毛は産毛を経て、太く長く成長するのです。

    少量であれば問題ないのですが、髪の毛の密度が少なく見えてしまうことにもつながる大量の産毛は髪の毛が十分に育っていない証拠。

    つまり、生え際の産毛は、ハゲの前兆だと考えることもできます。

    生え際に産毛がたくさん生えていないか、生え際の様子をチェックしてみましょう。

    ハゲのサイン③髪の毛にボリュームが出ない

    「いくら髪の毛をセットしても、ペタンコになってしまう」という人も少なからずいることでしょう。

    あなたのヘアセットに関する悩みも、ハゲてきているゆえの悩みかもしれません。

    髪の毛にボリュームが出ないのも、ハゲの前兆の一つです。

    髪の毛のボリューム感が減る原因は、髪の毛の本数が減ること、頭皮の血行不良により髪の毛が痩せ細ることにあります。

    つまり、髪の毛のボリュームダウンは、得てしてハゲてきているかどうかを見極めるサインです。

    髪の毛のボリュームが減ってきたなと感じたら、ハゲの前兆かもしれないと疑ってかかりましょう。

    ハゲのサイン④頭皮が硬い

    頭皮が硬い状態は、ハゲの前兆かもしれません。

    頭皮が硬いから髪の毛が成長しないというわけではなく、血行が悪いから頭皮が硬いのです。

    血行不良の頭皮は、髪の毛に必要な栄養が十分に供給されず、ハゲにつながる可能性があります。

    頭皮を指の腹で押し、前後左右に動かしてみましょう。

    頭皮に弾力は感じられますか?

    頭皮を前後左右に動かすことはできますか?

    厚みや弾力を感じることができ、前後左右に動かすことができれば、血行がよい健康な頭皮だと言われています。

    一方、血行不良を起こしている頭皮は、硬く弾力がないのです。

    頭皮に定期的に触れるようにして、ハゲの前兆を見抜くことができたらいいですね。

    ハゲのサイン⑤頭皮がかゆい

    頭皮のかゆみも、ハゲの兆候かもしれません。

    頭皮にかゆみがあるからといって、薄毛やハゲにすぐに直結するわけではありませんが、かゆみをそのまま放っておくと、炎症が進み、薄毛やハゲにつながる可能性があります。

    その頭皮のかゆみは、ハゲを引き起こす炎症にかかっている、というサインかもしれません。

    頭皮のかゆみは、頭皮からの危険信号です。

    頭皮のかゆみは放置せず、何らかの対策を講じることが大切です。

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策を

    これまでに説明した通り、ハゲ・薄毛の原因は一人ひとり異なります。

    ハゲ・薄毛の原因を知った上で、それぞれに合った対策を行って、脱・ハゲを目指しましょう。

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策

    • ①育毛剤で頭皮環境を整える
    • ②シャンプーの仕方を正す
    • ③偏食を避け、バランスのとれた食事をとる
    • ④十分な睡眠をとる
    • ⑤ストレスをためすぎない
    • ⑥タバコやアルコールはほどほどに

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策①育毛剤で頭皮環境を整える

    抜け毛やハゲが気になり始めたとき、頼りがちなのが育毛剤ではないでしょうか?

    ドラッグストアなどで販売されているのをよく見かけますね。

    育毛剤にはさまざまな種類がありますが、育毛剤とは、髪の毛や頭皮によいとされる成分を含んだも医薬部外品や化粧品の総称のこと。

    育毛剤のそれぞれの成分と効果の違いを理解して、自分に合った育毛剤を選びましょう。

    しかし、市販されている育毛剤の多くは、髪の毛を生やすための成分を含んでいないため、育毛剤の使用だけではハゲ・薄毛の根本的な解決には至らないでしょう。

    ハゲに対する治療効果は望めませんが、髪の毛が成長しやすい環境を整える効果は期待できます。

    頭皮環境を整えるという意味では、育毛剤は髪の毛の成長の一端を担ってくれるのかもしれません。

    育毛剤を使って、頭皮環境を整え、抜け毛やハゲが起こりにくい頭皮を作りましょう。

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策②シャンプーの仕方を正す

    ヘアケアの必需品であるシャンプー。

    健やかな髪の毛のためには、毎日のシャンプーが欠かせません。

    髪の毛の健康維持のためだけでなく、育毛対策・ハゲ予防のためにも、正しいシャンプー方法を身につける必要があります。

    育毛対策・ハゲ予防のためのシャンプー方法は、後ほど紹介します。

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策③偏食を避け、バランスのとれた食事をとる

    ハゲ・薄毛を予防するために必要なのは、乱れた食生活による栄養不足を正すこと。

    偏食は避け、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

    とくに、アミノ酸や亜鉛、ビタミン類などは、髪の毛の成長や頭皮環境の整備につながる栄養素だと言われています。

    ハゲや薄毛が気になる人は、これらの栄養素を意識して日々の食事に取り入れてみましょう。

    しかし、あくまでも大切なのは栄養のバランス。

    アミノ酸や亜鉛など、「髪の毛にいい」と言われている栄養素でも、過剰摂取はNGです。

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策④十分な睡眠をとる

    十分な睡眠は、心身の健康だけでなく、毛髪の健康・ハゲ防止のためにも大切です。

    髪の毛は、毛根部分にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長します。

    睡眠不足は自立神経の乱れを引き起こし、ホルモン分泌に異常を来すおそれがあります。

    また、慢性的な睡眠不足はストレスにもなるでしょう。

    質の高い睡眠を十分にとることも、ハゲ予防の一つです。

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策⑤ストレスをためすぎない

    過度なストレスは、ハゲ・薄毛の一因になりかねません。

    ストレスは、髪の健康のためだけでなく、心身の健康のためにもいいものだとは言えません。

    ストレスを自覚したのならば、好きなことをしたり適度な運動をしたりして、ストレスの原因を取り除く工夫をしてみましょう。

    ハゲ・薄毛の原因にあった対策⑥タバコやアルコールはほどほどに

    タバコやアルコールは、毛髪に悪影響を及ぼし、ハゲ・薄毛の原因となる可能性があります。

    血管を収縮させる働きがあるタバコは、頭皮の血行不良を引き起こす原因です。

    また、アルコールを摂取することで、身体の栄養がアルコールの代謝に使われてしまうため、毛髪にの栄養が不足しやすくなります。

    他にも、アルコールの摂りすぎは、睡眠を阻害してしまうため、ハゲを助長してしまう可能性が高いのです。

    髪の毛の健康のためにも、ハゲを食い止めるためにも、タバコの吸いすぎ、大量のアルコールの摂取は控えるようにしましょう。

    ハゲ予防のためのシャンプー法

    適切な頭皮・毛髪ケアは、ハゲ・薄毛防止につながります。

    頭皮・毛髪ケアとして、日々当たり前のように行っているのはシャンプーではないでしょうか?

    普段のシャンプーにも、ハゲ予防の鍵は隠されています。

    正しいシャンプー法を覚えて、毎日のシャンプーを、ハゲ対策として意味あるものにしていきましょう。

    ①髪をとかす

    シャンプーをする前に、髪をとかして、汚れやホコリを落としましょう。

    シャンプーをする際に髪の毛が絡まってしまうと、必要以上に髪の毛を引っ張って頭皮や髪の毛を傷つけてしまうおそれがあります。

    髪の毛の絡まりを防いで、指通りよくシャンプーするためにも、シャンプー前のブラッシングがおすすめです。

    ②お湯だけで予洗い

    ブラッシングをした後は、お湯だけで予洗いをしましょう。

    日中、髪の毛に付いていた整髪料や皮脂・ホコリなどのほとんどは、実は予洗いだけでも十分落とすことが可能。

    あらかじめ髪の毛の汚れを落とすことで、シャンプーの泡立ちもよくなります。

    シャンプーの前に、38度前後のぬるま湯で髪と頭皮に付着した汚れをしっかりと洗い流しましょう。

    ③手でシャンプーを泡立てる

    シャンプーの原液を手に取って、そのまま髪の毛や地肌に乗せているという人は要注意です。

    とくにハゲている人の頭皮は刺激に敏感になっているので、さらにハゲを進行させてしまうかもしれません。

    シャンプーの原液をそのまま頭皮や髪の毛につけると、頭皮の毛穴に詰まったシャンプーの液を洗い流しきれないことがあります。

    間違ったシャンプーの方法は、毛穴の詰まりをはじめとする頭皮トラブル、ハゲの原因にもつながります。

    シャンプー剤は、適量を手の平で軽く泡立ててから髪の毛につけるようにしましょう。

    ④シャンプーは爪を立てない

    シャンプーをする際は、頭皮を傷つけないよう、爪を立てずに指の腹を使うのが鉄則です。

    頭皮や髪の毛をゴシゴシ強くこするなんて、もってのほか。

    ゴシゴシこすったところで、頭皮を傷つけ、抜け毛を増やす原因につながるだけです。

    ハゲを予防するためにも、頭皮を優しくマッサージするように洗うことを心がけましょう。

    ⑤しっかりすすぐ

    シャンプーの際は、すすぎが一番大事。

    シャンプーが頭皮や髪の毛に付着したままだと、かゆみや毛穴の詰まりを生じさせる原因になります。

    「洗い流すのが面倒だから」とすすぎをおろそかにすると、ハゲを予防するどころか、ハゲの進行を助長させてしまうかもしれません。

    すすぎにかける時間の目安は、シャンプーで髪を洗っている時間の2倍程度。

    シャンプー後のすすぎは、洗い残しのないよう意識的に行いましょう。

    ⑥タオル、ドライヤーでしっかり乾かす

    自然乾燥は、髪の毛の乾燥やパサつきを引き起こし、髪の毛を傷める原因に。

    髪の毛は濡れている状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイやかゆみの原因にもなりかねません。

    シャンプー後は髪の毛をそのまま放置するのではなく、タオルとドライヤーを使ってしっかりと乾かしましょう。

    ハゲている人も「ドライヤーを使うと、なけなしの髪の毛が飛んでしまいそう」とハゲを気に病んではいけません。

    髪の毛は、濡れたままの状態がいちばんダメージを受けやすいのです。

    ハゲにとっても、自然乾燥は百害あって一利なし。

    ドライヤーを使って乾かすことで、髪の毛が立ち上がり、セットがしやすくなるというメリットもあります。

    ハゲ予防にはシャンプーにもこだわりを

    シャンプーの方法と同じくらい大切なのが、シャンプー選びです。

    毎日するシャンプーだからこそ、シャンプーにも気を配りたいですよね。

    自分の頭皮や髪の毛の状態に合わないシャンプーを使っていると、頭皮環境が悪化し、ハゲを招いてしまうかもしれません。

    シャンプーには、頭皮や髪の毛に付着している皮脂や汚れを洗浄する界面活性剤という成分が含まれています。

    界面活性剤の種類は大きく分けて、高級アルコール系・アミノ酸系・石けん系の3つ。

    界面活性剤の種類ごとに、その特徴は異なります。

    自分に合ったシャンプーを使うことが、ハゲや薄毛の予防、毛髪・頭皮へのケアにつながります。

    シャンプーの洗浄成分

    • ①高級アルコール系
    • ②石けん系
    • ③アミノ酸系

    洗浄成分①高級アルコール系

    シャンプーの泡立ちのよさと、洗浄力の強さが特徴。

    ただし、頭皮へのダメージが大きく、ハゲ・敏感肌・乾燥肌の人が使用する場合は注意が必要です。

    洗浄成分②石けん系

    洗浄力が強いため、皮脂や整髪料をすっきりと洗い流します。

    自然由来の成分を使っていることが多いため、高級アルコール系と比較すると、頭皮への刺激は弱めなようです。

    アレルギー体質や敏感肌の人にも使える、身体に優しい自然派シャンプー。

    洗浄成分③アミノ酸系

    適度な洗浄力で、頭皮に必要な皮脂は残し、不要な汚れは洗い流してくれます。

    フケやかゆみも抑え、頭皮・髪を健やかに保つ効果が期待されています。

    ハゲ予防には自分の頭皮に合ったシャンプーを使おう

    さまざまな種類のシャンプーから、自分に合ったシャンプーを見つけるのは難しいかもしれません。

    しかし、シャンプーを選ぶ際に参考にしてほしい基準があります。

    ハゲ・薄毛が気になる人は、地肌に優しいアミノ酸系シャンプーを選択するのが吉。

    頭皮が乾燥しがちな人は、洗浄力の優しいシャンプーの使用をおすすめします。

    ハゲに悩んでいる人は、この機会に使用しているシャンプーを見直しましょう。

    食事の中にもハゲ対策を

    髪の毛は、食事により摂取した栄養をもとに生成されます。

    つまり、健康な髪の毛の生成には、普段の食事が重要な位置を占めることは間違いありません。

    ハゲにいいとされる成分を取り入れて、身体の内側からハゲ対策を行っていきましょう。

    ハゲの予防に役立てたい栄養

    • ①アミノ酸
    • ②亜鉛
    • ③ビタミン類

    ハゲの予防に役立てたい栄養①アミノ酸

    髪の毛は、18種類のアミノ酸が結合したタンパク質「ケラチン」という物質によって構成されています。

    アミノ酸が不足すると、このケラチンが体内で十分に生成できなくなってしまうことに。

    アミノ酸不足は、髪の毛の成長を妨げるだけでなく、ハゲ・薄毛の原因になるおそれもあるでしょう。

    したがって、アミノ酸の摂取は、ハゲ・薄毛予防にとって非常に大切なことだと言えます。

    ハゲの予防に役立てたい栄養②亜鉛

    亜鉛は、髪の毛の主成分であるケラチンという栄養素の合成を助ける働きがあります。

    また、亜鉛は細胞分裂や新陳代謝を整える働きを担っているとも言われていて、亜鉛の摂取によって毛母細胞の細胞分裂をスムーズにできるかもしれません。

    亜鉛が豊富に含まれている食品は、牡蠣などの貝類、レバーなどの肉類、カシューナッツなどが挙げられます。

    しかし、亜鉛の過剰摂取はNG。

    亜鉛の過剰摂取を続けていると、食欲不振や免疫障害、性機能の低下などを引き起こすおそれがあります。

    亜鉛の摂りすぎはハゲ防止どころか、思わぬ体調不良の原因ともなりかねないため、摂取量には注意が必要でしょう。

    ハゲの予防に役立てたい栄養③ビタミン類

    ビタミン類は、ハゲ対策としてだけでなく、健やかな髪の毛を作るためにも欠かせない栄養素です。

    ビタミンAは、頭皮の新陳代謝を整える働きがあります。

    ビタミンB群は、血行不良を防いでくれる成分。

    この他にも、髪の毛によいとされているビタミンは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB7、ビタミンCなど。

    髪質や頭皮環境を整え、ハゲの予防に役立つとされるビタミンのうち、自分に必要なビタミンを摂取することを心がけましょう。

    ハゲの原因が男性ホルモン、女性ホルモンだったら?

    記事前半で説明したように、ハゲの原因が、ホルモンの影響である可能性は大いに考えられます。

    ホルモンに起因するハゲの場合、男性であれば男性ホルモン、女性であれば女性ホルモンが関与しています。

    ここでは、ハゲの原因がホルモンにある場合について詳しく解説していきます。

    男性型脱毛症の原因は男性ホルモンの影響

    ハゲ・薄毛に悩む多くの男性が発症しているとされる男性型脱毛症。

    男性型脱毛症を発症する原因は、男性ホルモンの影響です。

    男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合し、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」という物質に変化します。

    このジヒドロテストステロンは、毛周期の中でも髪の毛を成長させる期間にあたる「成長期」を短縮させる働きを持ち、脱毛を引き起こすのです。

    毛根部分の「毛母細胞」が細胞分裂によって成長するはずの髪の毛が、毛周期の乱れにより、太く長く育たなくなります。

    これが、男性型脱毛症の正体であり、ハゲを引き起こすメカニズムです。

    男性型脱毛症の効果的な治療は「投薬治療」

    男性型脱毛症によるハゲ・薄毛に効果的なのは、ずばり、AGA治療薬による投薬治療。

    AGA治療薬は、脱毛・ハゲを促す男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する働きを持ち、男性型脱毛症によるハゲ・薄毛に効果を発揮します。

    ハゲを改善する効果のある、科学的根拠に基づいたAGA治療薬は「プロペシア(フィナステリド)」「ザガーロ(デュタステリド)」「ミノキシジル外用薬」の3つ。

    プロペシア・ザガーロは、男性ホルモンを抑制することで毛周期を正常に戻す効果を持ちます。

    一方、ミノキシジル外用薬は毛根に直接働きかけ、発毛効果を発揮します。

    男性型脱毛症の治療効果が認められているのは、投薬治療だけ。

    逆に言えば、男性型脱毛症によるハゲは、適切な治療薬の服用を行えば改善できるのです。

    女性男性型脱毛症の原因は、女性ホルモンの減少

    女性は年齢を重ねるにつれ、女性ホルモンの分泌量が減少していきます。

    女性男性型脱毛症によるハゲは、この女性ホルモンの減少が原因です。

    女性男性型脱毛症のハゲの症状としては、髪の毛が徐々に全体的に薄くなる、頭皮の地肌が透けて見えるようになる、抜け毛が増える、髪の毛からハリやコシが失われるなどが挙げられます。

    女性男性型脱毛症の場合、男性型脱毛症のように、部分的な脱毛・ハゲは見られないと言われています。

    女性男性型脱毛症は、50歳以上の女性に多いとされてきましたが、最近では20〜30代の女性にもハゲの症状が見られるようになってきたようです。

    女性男性型脱毛症の治療も治療薬によるもの

    女性男性型脱毛症によるハゲ・薄毛の治療も、男性と同様、投薬による方法が一般的です。

    しかし、女性はプロペシア・ザガーロを服用することができません。

    プロペシア・ザガーロは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを抑制することでAGA治療効果を発揮します。

    しかし、このジヒドロテストステロンは、胎児の生殖器形成に関わる重要なホルモンであり、妊娠中の女性が服用すると胎児の生殖器系性に異常を来すおそれがあるのです。

    女性のハゲ・薄毛治療に使われるのは、ミノキシジル外用薬。

    元々は血圧を下げるために使われていたミノキシジルですが、ハゲ・薄毛の治療薬として効果を発揮します。

    ミノキシジル外用薬は医薬品であるため、人や体質によっては副作用が現れる可能性があります。

    治療薬を使う際は、必ず医師に相談してからにしましょう。

    ハゲ・薄毛対策のためには?

    ここまでに説明した通り、ハゲ・薄毛の原因と症状は一人ひとり異なります。

    ハゲ・薄毛の原因は異なるにしろ、それぞれが自身のハゲ・薄毛の原因を知った上で、効果的なハゲ・薄毛対策を行うことが大切です。

    自分のハゲ・薄毛の原因を知る

    抜け毛や切れ毛といったハゲ・薄毛の症状は、デリケートな問題だけに、誰かに相談したくてもできない人が多いのではないでしょうか?

    ハゲに悩む人にとって、ハゲ・薄毛の根本的な原因が分からない状態は不安なものです。

    恥ずかしいからと言って、現状を受け止めずにハゲから逃げるようでは、ハゲは進行していくばかり。

    成人男性のうち、3人に1人がハゲ・薄毛に悩んでいるとされ、ハゲに悩む女性が増えてきているという現代。

    誰にハゲの症状が現れても、おかしくありません。

    まずは、髪の毛や頭皮の状態を確認し、自分のハゲ・薄毛の原因を突き止めましょう。

    ハゲ・薄毛の原因によって、取るべき行動や対策も変わってきます。

    ただし、自己判断は禁物。

    適切なハゲ対策や治療を行うために、一度AGA専門クリニックを受診することをおすすめします。

    AGA専門クリニックには、ハゲ・薄毛の担当医が在籍しており、ハゲ・薄毛に関する悩みを気軽に相談できる環境が整っています。

    無料カウンセリングを行っているAGA専門クリニックも多くあるので、この機会にぜひ受診してみてはいかがでしょうか?


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加