AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます アイキャッチ画像
  • PICK UP

2018年08月02日 更新

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます

現在、薄毛に悩む人は1,200万人とされ、成人男性の3人に1人の割合と言われています。
外見にも大きく関わる薄毛は、男女問わず悩みの種となるでしょう。
「薄毛は治療できる?」「どんな治療法があるの?」そんな薄毛にまつわる悩みに答えるのがAGA+(エージーエープラス)。AGA+は、薄毛に悩む読者の皆さまへ正しい情報を届け、「生える人を増やす」ことをミッションとした発毛・育毛情報メディアです。

AGA+のミッションは「生える人を増やす」

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 1番目の画像

現在、日本における薄毛の総人口は、成人男性の3分の1にあたる約1,200万人。

そのほとんどは、AGA(男性型脱毛症)の影響だと言われています。

これだけ多くの人を悩ませているが故に、「薄毛は治らない」と諦めている人も多くいるでしょう。

それは、「正しい治療をすれば、AGAによる薄毛は治る」という真実が浸透していないから。

AGAによる薄毛は治ると知った今この瞬間から、「遺伝だから」「もういい歳だから」と自分の髪の毛を諦めるのは終わりにしましょう。

AGA+は、「薄毛は治らない」という認識を覆し、医学的・科学的根拠のある正しい情報によって、読者の皆さまを正しい薄毛対策へと導き、「生える人を増やす」ことをミッションとしています。

およそ1,200万人の成人男性が悩むAGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)とは、前頭部や頭頂部から薄毛が進行する脱毛症のこと。

AGAの主な原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンです。

このジヒドロテストステロンは、髪の毛が成長して抜け落ちるまでの一定の周期「毛周期(ヘアサイクル)」を乱し、抜け毛を引き起こします。

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 2番目の画像

本来であれば、髪の毛は1,000〜2,000日の周期で発毛・脱毛を繰り返します。

しかし、ジヒドロテストステロンが毛周期を100日程度に短縮するため、髪の毛は太く長く成長する前に脱毛します。

男性の薄毛は、ジヒドロテストステロンが引き起こす毛周期の乱れによって生じているのです。

AGAについて、もっと詳しく知りたい人はこちら
1,200万人の敵! 男性ホルモンと関係するAGAの症状とは?

AGA+は「男性型脱毛症診療ガイドライン」に基づく情報を届けます

AGA+では、読者の皆さまへ正しい情報を届けるために、「男性型脱毛症診療ガイドライン」に基づいた情報・知識に沿って記事を作成しています。

男性型脱毛症診療ガイドラインは、2010年に日本皮膚科学会によって発表された、AGAに対する標準的な治療方針をまとめたもの。

◯男性型脱毛症診療ガイドライン策定の背景

 男性型脱毛症は思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症である。生理的な現象ではあるが、外見上の印象を大きく左右するので社会的な影響は大きい。最近になり男性型脱毛症に有効な外用、内服の育毛剤が開発され、皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきた。しかし、それでもなお皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が社会的に横行し、無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない。
 このような現状の中で、科学的根拠に基づいた情報を選び出し、男性型脱毛症の診療ガイドラインを作成することは、医師、患者双方にとって標準的治療法を促進するために重要である。欧米では既に診療ガイドラインが作成・公開されているが、人種、医療制度、社会的背景などに大きな違いがあり、そのままわが国の診療ガイドラインとして受け入れるのは難しい。そこで、わが国の実情に即した男性型脱毛症診療ガイドラインの作成にとりかかった。

出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版) - 日本皮膚科学会


男性型脱毛症診療ガイドラインでは、エビデンスの有益性・副作用のリスクから、複数のAGA治療法を5段階の推奨度で評価しています。

男性型脱毛症診療ガイドラインにおけるAGA治療の推奨度

  • A(行うよう強く勧められる)
    ミノキシジルの外用、フィナステリドの内服
  • B(行うよう勧められる)
    自毛植毛
  • C1(行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない)
    医薬部外品・化粧品に分類される育毛剤の外用
  • C2(根拠がないので勧められない)
    医薬部外品・化粧品に分類される育毛剤の外用
  • D(行わないよう勧められる)
    人工毛植毛

「男性型脱毛症診療ガイドライン」についてもっと詳しく知りたい人はこちら
【ハゲ薄毛】結局何が効果的? 科学的根拠のあるAGA治療法はこれだ

AGA+における「発毛」と「育毛」における効果の違い

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 3番目の画像

しばしば混同される「発毛」と「育毛」。

AGA+では、「発毛」「育毛」という2つのワードを、期待できる効果によって明確に区別しています。

AGA+における「発毛」は医薬品による治療のこと

AGA+における「発毛」は、医学的・科学的に効果が認められたAGA治療薬(医薬品)による投薬治療を指し、「髪の毛が生えること」を意味します。

発毛効果が認められているAGA治療薬は、ミノキシジル外用薬・プロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)の3種類。

ミノキシジル・フィナステリドは、男性型脱毛症診療ガイドラインにてAGAの治療効果が認められています。

また、2015年9月に厚生労働省から認可されたザガーロの有効成分「デュタステリド」も、AGAの治療効果が認められている医薬品成分。

AGA+では、ミノキシジル外用薬・プロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)による投薬治療こそが、発毛効果を発揮する治療法だとしています。

AGA+における「育毛」は頭皮環境を整えること

一方、AGA+における「育毛」の定義は、「薄毛治療を行う上で、よりスムーズな発毛を促すための頭皮環境を作ること」あるいは「薄毛を予防すること」

頭皮環境を整える効果が期待できるヘアケア用品として、育毛剤が挙げられます。

市販されている育毛剤の多くは、医薬部外品や化粧品に分類され、主に抜け毛を予防する目的で開発・販売されています。

医薬部外品である育毛剤が持つ薄毛の予防・頭皮のケア効果は、大きく分けて3つ。

医薬部外品の育毛剤が持つ頭皮環境を整える効果

  • 頭皮の血行不良を防ぐ
  • 頭皮を清潔に保つ
  • 頭皮や髪の毛に直接栄養を与える

医薬部外品に分類される育毛剤は、この3つの効果によって頭皮環境を整え、薄毛・抜け毛を予防します。

AGA+は、読者一人ひとりに合わせた発毛・育毛を勧めています

AGAを発症している場合、薄毛を改善するためには、AGA治療薬による投薬治療が必要です。

ただし、発毛効果が認められているAGA治療薬を使っていたとしても、頭皮環境が乱れている状態では、十分な改善効果を期待することはできません。

頭皮環境を整える効果がある育毛剤(医薬部外品・化粧品)は、薄毛治療を行う上で、スムーズな発毛を促してくれます。

このように、市販の育毛剤(医薬部外品・化粧品)は薄毛に対して、意味をなさないわけではありません。

男性型脱毛症診療ガイドラインでは、薄毛の症状が軽度である一部の患者に対して、ランクC1に該当する育毛剤(医薬部外品・化粧品)の外用を勧めています。

【推奨度C1】育毛剤(医薬部外品・化粧品)に含まれる成分

  • 塩化カルプロニウム
  • t-フラバノン
  • アデノシン
  • サイトプリン・ペンタデカン
  • ケトコナゾール

市販されている一部の育毛剤(医薬部外品・化粧品)は、AGA治療薬ほどの効果を期待できるものではありませんが、外用療法の一つとして推奨されています

さまざまな治療法が存在する中で、投薬治療を行う人、AGA治療薬と育毛剤を併用する人など、選択すべき治療法はそれぞれ異なります。

AGA+は、薄毛の原因や症状に合わせ、一人ひとりに合った発毛対策・育毛対策を勧めています。

AGA+がAGA専門クリニックの受診を勧める理由

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 4番目の画像

AGA+では、薄毛に悩む人に対してAGA専門クリニックの受診を勧めています。

AGAの特徴は、進行性の脱毛症であること。

放置することで、薄毛の症状はどんどん進行していきます。

AGAによる薄毛は、発毛効果が認められた治療を行わない限り、十分な改善効果は期待できないのです。

ただ、医薬品である以上は副作用のリスクも0ではなく、体質によっては使用が難しい人もいるでしょう。

そのためAGA+では、「リスクを冒してでも効果がある医薬品を使うべき」と確言するつもりはありません。

私たちは、読者の皆さまが薄毛治療に関する正しい知識を得た上で、自ら医師に相談し、自分に合った対策・治療をしてほしいという想いで、AGA専門クリニックの受診を勧めています。

AGA+がAGA専門クリニックの受診を勧める3つの理由

  • 薄毛の症状を自分一人で判断することは難しい
  • 適切な薄毛の治療法は一人ひとり異なる
  • AGA専門クリニックではプライバシーに配慮した診察・治療が行われている

薄毛の症状を自分一人で判断することは難しい

薄毛の多くはAGAによるものだと言われていますが、他の脱毛症が原因となっている可能性も考えられます。

AGA以外に薄毛を引き起こす脱毛症として、円形脱毛症や脂漏性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症などが挙げられます。

AGA治療薬は、これらの脱毛症にまで治療効果が認められているわけではないため、むやみに「AGA治療薬による投薬治療を行えばよい」というわけではありません。

専門的な知識がない状態で効果的な薄毛対策を取ることは困難です。

そして、誤った薄毛対策を行えば、薄毛の症状を悪化させる危険も生じるでしょう。

自己判断で誤った薄毛対策を取らないようにするためにも、AGA+ではAGA専門クリニックの受診を勧めています。

AGA専門クリニックに在籍する医師と相談することによって、薄毛の原因・症状に合わせた“より”効果的な対策ができるのです。

適切な薄毛の治療法は一人ひとり異なる

薄毛の原因と症状は、一人ひとり異なります。

薄毛の原因が異なれば、取るべき行動や対策は変わってきます。

また、求める治療効果も人によってさまざまです。

薄毛の治療をする上で大切なことは、患者それぞれが自身の薄毛の原因を知った上で、効果的な薄毛治療・対策を行うこと。

そして、患者が医師と共に治療の経過を観察し、増薬や減薬を行いながら、自分に合った治療法を見つけること。

体質や症状に合わない治療を続けてしまうと、副作用や思わぬ体調不良を引き起こす可能性もあります。

AGA専門クリニックでは、患者との密なカウンセリング、血液検査・遺伝子検査などの詳細な検査によって、その人に最適な治療法を提案しています。

AGA専門クリニックではプライバシーに配慮した診察・治療が行われている

外見にも関わる薄毛の症状は、非常にデリケートな問題であるため、誰かに相談したくてもできないという人も多いのではないでしょうか?

また、薄毛を治せることは知っていても、「病院へ行くのは恥ずかしい」「万が一知り合いと遭遇したらどうしよう」といった不安を抱えている人も多いようです。

しかし、多くのAGA専門クリニックでは、患者のプライバシーに配慮した診察・治療を心がけています

多くのAGA専門クリニックでは、完全予約制・個室カウンセリング・テレビ電話での診察などのシステムを導入しており、AGA専門クリニックの受診に不安を持つ人も安心して受診できるでしょう。

AGA+でのPR表記・Sponsored表記について

PR表記について

AGA+では企業やクリニックから依頼を受け、特定の商品・サービスを紹介する場合があります。

その際、広告記事であることを知らせるため、記事のアイキャッチ左下部に「PR」と表示しています。

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 5番目の画像

Sponsored表記について

AGA+では薄毛治療を扱っているクリニックの他にも、育毛・発毛に関する商品を紹介する場合があります。

アフィリエイトプログラムを使用している商品・クリニック等へのリンクには、「Sponsored by 企業名」、バナーには、「Sponsored Link」と表示しています。

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 6番目の画像


AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 7番目の画像

AGA+は薄毛に悩む人へ正しい治療法・予防法を届けます

AGA+は医学的・科学的根拠に基づいた正しい治療法を届けます 8番目の画像

スマートフォンが普及し、誰もが簡単にインターネットにアクセスできるようになった現代。

薄毛に悩む人の中には、「ハゲ  原因」と検索したことがある人も多いのではないでしょうか?

インターネット上には、薄毛やAGA治療に関する情報が溢れていますが、それらが必ずしも正しい情報とは限りません。

根拠のない情報や、誤った情報も氾濫しているのが現状です。

そうして無数に飛び交う情報の中から、効果的な薄毛対策や治療法を見つけ出すことは、極めて困難だと言えるでしょう。

AGA+は、信頼できる「男性型脱毛症診療ガイドライン」に基づき、薄毛に関するあらゆる情報・知識をできるだけわかりやすく発信しています。

私たちのミッションは、医学的・科学的根拠に基づいた正しい情報によって読者の皆さまを正しい薄毛対策へと導き、一人でも多く「生える人を増やす」こと。

薄毛の原因・治療・予防・対策などを網羅した情報源となり、読者の皆さまが抱える「薄毛や抜け毛に関する悩み」を一つでも多く解決できたなら幸いです。

AGA+は、薄毛の悩みに寄り添いながら、共に薄毛に立ち向かい、薄毛に関する正しい治療法・予防法をお届けします。