AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 アイキャッチ画像

    2018年08月07日 更新

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法

    「自分はハゲない」「まだハゲ予防・対策をする必要がない」と思っている皆さん。老若男女問わず、誰にでもハゲになる可能性はあります。まだ髪の毛が元気なうちからしっかりとハゲ予防をしておかないと、5年後、10年後に後悔することになるかもしれません。
    今回は、ハゲを予防するための対策方法を紹介します。ハゲの予防法といっても、難しいことはほとんどないので、ぜひ気軽な気持ちで試してみてください!
    目次
      +【ハゲ予防】男性がハゲる原因
      1. 【ハゲ予防】男性のハゲ・薄毛の原因①:男性ホルモン
      2. 【ハゲ予防】男性のハゲ・薄毛の原因②:遺伝
      3. ハゲに関係する遺伝子
      +【ハゲ予防】女性がハゲる原因
      1. 女性に起こるハゲの原因は「女性ホルモンの乱れ」
      2. 【ハゲ予防】女性ホルモンが乱れる原因①:妊娠・出産
      3. 【ハゲ予防】女性ホルモンが乱れる原因②:更年期
      +【ハゲ予防】ハゲを助長しかねない要素4つ
      1. 頭皮環境を悪化させる原因
      2. 【ハゲ予防】頭皮環境を悪化させる原因①:栄養バランスの偏った食事
      3. 【ハゲ予防】頭皮環境を悪化させる原因②:睡眠不足
      4. 頭皮環境を悪化させる原因③:運動不足
      5. 【ハゲ予防】頭皮環境を悪化させる原因④:ストレス
      +【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)でハゲを予防できるのか?
      1. 【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)はハゲ“予防”に使おう
      2. 育毛剤(医薬部外品)に含まれる主な成分
      3. 【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)の成分①:頭皮の血行を促進させる成分
      4. 【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)の成分②:殺菌作用のある成分
      +【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策とは
      1. 【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策①:シャンプーの選び方・洗髪方法
      2. 【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策②:育毛剤(医薬部外品)を使って頭皮環境を整える
      3. 【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策④:頭皮のマッサージで血行をよくする
      4. 【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑤:バランスのとれた食事を心がける
      5. 【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑥:ストレスをためない
      6. 【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑦:適度な運動を心がける
      7. 【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑧:十分な睡眠
      +【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素
      1. ハゲ予防におすすめの栄養素
      2. 【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素①:亜鉛
      3. 【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素②:アミノ酸
      4. 【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素③:ビタミン類
      5. ハゲ予防に効果的と言われているビタミン類
      +ハゲ予防に覚えておきたいシャンプーの方法
      1. ハゲ予防のためのシャンプー方法
      2. ハゲ予防のためのシャンプー方法①:髪をとかす
      3. ハゲ予防のためのシャンプー方法②:お湯だけで予洗い
      4. ハゲ予防のためのシャンプー方法③:手でシャンプーを泡立てる
      5. ハゲ予防のためのシャンプー方法④:シャンプー中は爪を立てない
      6. ハゲ予防のためのシャンプー方法⑤:しっかりすすぐ
      7. ハゲ予防のためのシャンプー方法⑥:タオル、ドライヤーでしっかり乾かす
      +ハゲ予防にはシャンプーの成分も大切
      1. ハゲ予防のために、シャンプーに含まれる成分を知ろう
      2. シャンプーに含まれる界面活性剤の種類
      3. シャンプーに含まれる界面活性剤①:高級アルコール系
      4. シャンプーに含まれる界面活性剤②:石けん系
      5. シャンプーに含まれる界面活性剤③:アミノ酸系
      6. ハゲ予防には頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーがおすすめ
      +効果的なハゲ予防・対策には薄毛治療薬を
      1. ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬
      2. ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬①:ミノキシジル外用薬
      3. ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬②:プロペシア(フィナステリド)
      4. ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬③:ザガーロ(デュタステリド)
      5. 効果的なハゲ予防は「病院で診てもらう」 

    【ハゲ予防】男性がハゲる原因

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 1番目の画像

    ハゲを予防するためには、まずは「ハゲになる原因」を知っておかなければなりません。

    男性のハゲの原因は、主に「男性ホルモン」と「遺伝」と言われています。

    【ハゲ予防】男性のハゲ・薄毛の原因①:男性ホルモン

    男性のハゲのほとんどは、AGA(男性型脱毛症)です。

    AGAとは、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、髪の毛の成長期を妨げ、抜け毛が起こる脱毛症のこと。

    ジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結合し、生成されます。

    AGAを発症すると、頭頂部や前頭部で抜け毛が起こり、いわゆる「M字ハゲ」「てっぺんハゲ」などの症状が現れます。

    AGAは、成人男性なら誰でも発症する可能性があるので、「最近ハゲてきたかも……」と感じている人は要注意でしょう。

    【ハゲ予防】男性のハゲ・薄毛の原因②:遺伝

    「ハゲやすい体質」は、遺伝します。

    一般的に、以下の2つの「ハゲやすい遺伝子」を持っているとハゲになる可能性が高いと考えられています。

    まず、5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子があると、5αリダクターゼがテストステロンと結びつきやすい状態になります。

    すると、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されやすくなるのです。

    また、男性ホルモンを受け入れる機関であるアンドロゲン受容体の感度が高いと、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすくなり、AGAを発症しやすくなります。

    ハゲに関係する遺伝子

    • 5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子
    • アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子

    【ハゲ予防】女性がハゲる原因

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 2番目の画像

    次は、女性に起こるハゲの原因を見ていきましょう。

    男性だけではなく女性もハゲることがありますが、原因もメカニズムも、男性とは異なります。

    女性に起こるハゲの原因は「女性ホルモンの乱れ」

    女性に起こるハゲの多くは、女性ホルモンの乱れが原因。

    女性の体内でも、わずかながら男性ホルモンが分泌されています。

    正常な状態であれば、男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が多く分泌されているため、男性ホルモンによってハゲることはほとんどありません。

    しかし、何らかの原因でホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンによって抑制されていた男性ホルモンの働きが強まり、抜け毛が起こってしまいます。

    【ハゲ予防】女性ホルモンが乱れる原因①:妊娠・出産

    女性ホルモンが乱れる原因として一番に挙げられるのが、「妊娠・出産」。

    妊娠期間中は、通常よりも女性ホルモンの分泌量が多いため、抜け毛が起こりにくい状態となっています。

    「妊娠期間中に体毛が濃くなり、増えた」という人も多いようです。

    しかし、妊娠期間を終えると女性ホルモンの分泌量が通常に戻るため、それまで抜けることのなかった髪の毛や体毛が一気に抜けてしまいます。

    そのため、「出産したらハゲた」という女性が多いのです。

    ただし、産後の抜け毛は早くて半年、長くても1年から1年半ほどで治ると言われています。

    【ハゲ予防】女性ホルモンが乱れる原因②:更年期

    更年期を迎えると、女性ホルモンの分泌量は一気に減少します。

    加齢にともない、今まで女性ホルモンによって抑制されていた男性ホルモンの働きが活発になり、抜け毛が起こるのです。

    更年期による女性ホルモンの減少が原因で起こるハゲは、男性のように「前頭部だけ」「頭頂部だけ」といった、局部的にハゲる症状とは違い、頭皮全体の髪の毛が薄くなるという特徴があります。

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 3番目の画像


    Sponsored Link
     

    【ハゲ予防】ハゲを助長しかねない要素4つ

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 4番目の画像

    男性ホルモンや女性ホルモン、遺伝の他にもハゲを助長させてしまう要素として「頭皮環境の悪化」が挙げられます。

    ハゲを助長させないために、頭皮は常に清潔に保つ必要があります。

    頭皮環境が悪化していては、健康な髪の毛が生えてくることはなく、ハゲをさらに悪化させてしまいかねません。

    効果的にハゲを予防するためには、頭皮環境を悪化させないようにしましょう。

    まずは、ハゲ予防の第一歩として、頭皮環境を悪化させる原因について理解しましょう。

    頭皮環境を悪化させる原因

    • ①栄養バランスの偏った食事
    • ②睡眠不足
    • ③運動不足
    • ④ストレス

    【ハゲ予防】頭皮環境を悪化させる原因①:栄養バランスの偏った食事

    髪の毛も、身体の一部。

    栄養バランスの偏った食事を続けていると、髪の毛も栄養不足に陥ってしまいます。

    とくに、亜鉛やアミノ酸といった髪の毛の成長に必要な栄養が不足すると、髪の毛が細く弱々しくなり、抜け毛が起こりやすくなると言われています。

    【ハゲ予防】頭皮環境を悪化させる原因②:睡眠不足

    睡眠不足も頭皮環境を悪化させる要因です。

    慢性的な睡眠不足は、自律神経の乱れや免疫力の低下を引き起こします。

    また、一説によると身体の成長に関わる成長ホルモンの分泌は、睡眠に関係しているという噂もあるようです。

    髪の毛の成長も、成長ホルモンの影響を大きく受けていると考えられているため、睡眠不足は髪の成長を阻害する可能性があります。

    また、睡眠不足は、慢性的な疲労とストレスを引き起こし、頭皮の血流を悪化させてしまうため、ハゲ以外の病気にもつながりかねません。

    頭皮環境を悪化させる原因③:運動不足

    運動不足は、頭皮の血行不良を引き起こす可能性があります。

    頭皮の血行不良を引き起こすと、髪の成長に必要な栄養が毛根まで行き渡らず、抜け毛が起こりやすくなってしまうのです。

    「デスクワークで日中はほとんど座っている」という人は、慢性的な運動不足に十分注意しましょう。

    【ハゲ予防】頭皮環境を悪化させる原因④:ストレス

    慢性的なストレスは頭皮環境を乱し、ハゲを助長する原因です。

    ストレスは、自律神経を乱す要因であり、ホルモンの分泌量に影響を与えるおそれがあります。

    さらに、ストレスは自己免疫疾患を引き起こし、円形脱毛症につながる可能性もあるでしょう。

    【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)でハゲを予防できるのか?

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 5番目の画像

    ハゲ予防のために頭皮環境を整えるアイテムとして、一番に挙げられるのが「育毛剤」。

    「育毛剤はハゲてから使うものでしょ?」

    そう思う人も多いかもしれませんが、育毛剤は“ハゲる前”に予防として使うことに意味があります。

    【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)はハゲ“予防”に使おう

    「発毛効果があるもの」と思われがちな育毛剤ですが、市販されている育毛剤(医薬部外品)のほとんどに「髪の毛を新しく生やす効果」はありません。

    しかし、「育毛剤(医薬部外品)を使っても、ハゲにとってはメリットがない」というわけでもありません。

    育毛剤(医薬部外品)には、頭皮環境を整えるための成分が豊富に含まれています。

    つまり、育毛剤(医薬部外品)は“ハゲてから”使用するものではなく、ハゲる前にハゲ予防の一環として使用するのが有効なのです。

    育毛剤(医薬部外品)に含まれる主な成分

    • ①頭皮の血行を促進させる成分
    • ②殺菌作用のある成分

    【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)の成分①:頭皮の血行を促進させる成分

    ハゲ予防のためには、頭皮の血行を促進させることが大事。

    頭皮の血行が悪ければ、髪の毛の成長に必要な栄養が毛根まで届かなくなってしまうのです。

    育毛剤には、髪の毛の成長に必要となる、頭皮の血行をよくしてくれる成分が多く含まれています。

    栄養が不足した髪の毛は、細く抜けやすくなってしまうため、育毛剤で頭皮の血行を改善することは、ハゲ予防に効果的であると言えます。

    【ハゲ予防】育毛剤(医薬部外品)の成分②:殺菌作用のある成分

    ハゲ予防のためには、頭皮環境を整えることが重要です。

    頭皮には常在菌が存在していますが、皮脂の過剰分泌などの影響でこの常在菌が異常繁殖すると、頭皮が炎症を起こし、抜け毛が発生することもあります。

    頭皮を常に清潔に保つことは、ハゲ予防の第一歩です。

    抗菌作用が含まれる育毛剤を使用し、清潔な頭皮環境をつくりましょう。


    Sponsored Link
     

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策とは

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 6番目の画像

    生活習慣の乱れは、頭皮環境の乱れにもつながります。

    ハゲを予防するためには、今の生活習慣をしっかりと見直し、効果的な薄毛対策が必要です。

    具体的にハゲを予防するための薄毛対策方法を見ていきましょう。

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策①:シャンプーの選び方・洗髪方法

    あなたは正しいシャンプーの選び方・洗髪方法を知っていますか?

    「正しいシャンプーの選び方なんて気にしたこともなかった」という人は、まずシャンプーの選び方・洗い方に関する知識を身につけましょう。

    シャンプーは、毎日髪の毛・頭皮につけるもの。

    頭皮環境は、人によって異なります。

    シャンプーが自分の頭皮環境に適していなければ、ハゲを予防するどころか、ハゲを助長するかもしれません。

    また、誤った洗髪を行っていると、知らず知らずのうちに頭皮を傷つけているかも。

    正しいシャンプーの選び方・洗髪方法については、記事の後半にまとめてあるので、自信がない人はぜひハゲ予防・薄毛対策に役立ててみてください。

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策②:育毛剤(医薬部外品)を使って頭皮環境を整える

    先ほど説明したように、育毛剤(医薬部外品)には、頭皮環境を整える成分が豊富に含まれています。

    育毛剤(医薬部外品)をハゲる前に使用することによって頭皮環境が改善されれば、ハゲを予防することにつながるでしょう。

    「少しハゲてきたかも」「抜け毛が増えたかも」

    そんな人も、ハゲの進行を予防するために育毛剤でしっかり対策しましょう。

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策④:頭皮のマッサージで血行をよくする

    日常的に頭皮マッサージを行うことも、ハゲ予防に効果的でしょう。

    頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が毛根に上手く行き渡らなくなり、髪の毛の成長が阻害されます。

    そのため、頭皮の血行を促進させる頭皮マッサージは、ハゲを予防するためにとても大切。

    また頭皮マッサージだけではなく、定期的に髪の毛をブラッシングすることも、頭皮の血行不良を防ぎます。

    頭皮マッサージもブラッシングも、強い力で行うと、逆に頭皮を傷つけてしまう可能性があるので、優しくゆっくりと行うことが大切です。

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑤:バランスのとれた食事を心がける

    偏った食生活によって、髪の毛は栄養不足になり、弱々しくなります。

    ハゲ予防には、バランスのとれた食事で、ハゲにくい頭皮・髪の毛を作ることが重要です。

    とくに、亜鉛・アミノ酸・ビタミンといった、健康な髪の毛・頭皮を作るために必要な栄養素は、日々の食事から摂るようにしたいですよね。

    髪の毛の成長に必要な栄養については、記事後半で詳しく解説します。

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑥:ストレスをためない

    ストレスは頭皮環境を悪化させる要因の一つ。

    とくに慢性的にストレスがたまっている状態は、血行不良を引き起こします。

    ハゲを予防するためには、適度にストレスを発散することが大切です。

    「ストレスがたまっているかも」と感じる人は、趣味や運動などで気分転換をすることで、ストレスを発散しましょう。

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑦:適度な運動を心がける

    適度な運動を日常的に行うことも、ハゲ予防をする上で大切なことです。

    慢性的な運動不足は血行不良を引き起こす可能性があるので、頭皮の健康のために運動は欠かせません。

    軽い運動だけでも、頭皮環境を悪化させるストレスの発散につながります。

    仕事の合間にストレッチをしたり、一駅分歩いてみるなどの身近なことでも、血行不良・ストレスを予防するには効果的かもしれません。

    「運動する時間なんてない」という人は、ストレッチなどの軽い運動を日々の生活に取り入れるといいでしょう。

    【ハゲ予防】ハゲを予防する薄毛対策⑧:十分な睡眠

    ハゲ予防のためには、十分な睡眠時間をとるようにしましょう。

    厚生労働省では、一日に必要な睡眠時間を6〜8時間程度としています。

    人や体調によって、適切な睡眠時間は異なりますが、薄毛予防のためにも、十分な睡眠時間を確保しましょう。

    また、ハゲを予防する上では、睡眠の質にも気をつけたいところ。

    部屋が明るい状態で寝てしまうと、睡眠が浅くなりやすいと言われています。

    ハゲを予防するためには、質の高い睡眠を十分にとることが大切です。

    【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 7番目の画像

    ハゲを予防するためには、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかり摂ることが大切です。

    ハゲ予防に効果的と言われている、代表的な栄養素は以下の3つ。


    Sponsored Link
     

    ハゲ予防におすすめの栄養素

    • ①亜鉛
    • ②アミノ酸
    • ③ビタミン類

    これらの栄養素は、日々の食事で摂取することが理想的です。

    しかし、どうしても不足してしまう場合は、サプリメントを活用するなどの方法を試してみてもいいでしょう。

    【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素①:亜鉛

    髪の毛の成長を助ける栄養素として有名な「亜鉛」。

    「亜鉛がハゲ予防にいい」という噂を聞いたことがある人も多いと思います。

    亜鉛には、髪の毛の主成分である「ケラチン」という、タンパク質の合成を助ける働きがあります。

    そのため、「亜鉛は髪の毛にいい」と言われているのです。

    実際、亜鉛を摂取することは、太く健康な髪の毛作りに効果があると言われていて、多くの育毛サプリに亜鉛が含まれています。

    ただし、亜鉛を大量に摂取すると嘔吐や脱水症状などの副作用が現れる可能性があるため、適正摂取量をしっかりと守る必要があるでしょう。

    亜鉛は、牡蠣や豚レバー、チーズなどに豊富に含まれています。

    【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素②:アミノ酸

    髪の毛の主成分であるタンパク質は、アミノ酸が連なって合成される物質で、ケラチンの場合は18種類のアミノ酸の結合によって生成されています。

    そのため、ケラチン合成に必要なアミノ酸を摂取することは、健康な髪の毛の成長を促すということであり、ハゲ予防につながります。

    ケラチンを構成するアミノ酸は18種類ありますが、中でも、「必須アミノ酸」は体内で合成することができないため、意識して食事に取り入れるようにしましょう。

    アミノ酸は、肉類、魚類、乳製品などに多く含まれています。

    【ハゲ予防】ハゲ予防に効果的と言われている栄養素③:ビタミン類

    ビタミン類は身体の調子を整えてくれる栄養素として知られていますが、同じく頭皮環境を整える役割も持っており、ハゲ予防に効果的だと言われています。

    ハゲ予防に効果的と言われているビタミン類

    • ①ビタミンA:肌の老化防止、粘膜の維持
    • ②ビタミンB群:代謝を整える、血行不良を防ぐ
    • ③ビタミンC:肌の老化防止、血行不良を防ぐ

    これらのビタミン類は緑黄色野菜やレバー、鶏卵などに豊富に含まれています。

    髪の毛に必要な栄養素は、身近な食べものに含まれていることがほとんど。

    日々の食事を少し意識し、ハゲを予防しましょう。

    ハゲ予防に覚えておきたいシャンプーの方法

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 8番目の画像

    シャンプーは頭皮を清潔にし、頭皮トラブルを予防する上で欠かせません。

    しかし、シャンプーの方法を間違えると、ハゲ予防どころか逆に頭皮トラブルを引き起こす可能性もあります。

    「いつも適当にシャンプーしている」「シャンプーの方法に正しいも間違いもないでしょ」

    そんな人は、今すぐにシャンプーの方法を見直す必要があるかもしれません。

    正しいシャンプーで、正しくハゲを予防しましょう。

    ハゲ予防のためのシャンプー方法

    • ①髪をとかす
    • ②お湯だけで予洗い
    • ③手でシャンプーを泡立てる
    • ④シャンプー中は爪を立てない
    • ⑤しっかりすすぐ
    • ⑥タオル、ドライヤーでしっかり乾かす

    ハゲ予防のためのシャンプー方法①:髪をとかす

    まず、入浴前に乾いた状態の髪の毛をブラシでとかしましょう。

    そうすることで、髪の毛の表面に付着したほこり汚れが落ち、シャンプーが泡立ちやすくなります。

    また、ブラッシングを行うことは頭皮の血行改善になり、ハゲ予防にも繋がります。

    ただし、髪の毛が濡れた状態でのブラッシングはNG。

    濡れた髪の毛は、表面を覆うキューティクルが非常に剥がれやすい状態になっているため、ブラッシングをすると髪の傷みを助長し、ハゲ予防にも悪影響を及ぼします。

    中には、「髪を濡らした後にクシを通している」という人もいるかもしれませんが、今日から控えた方がいいでしょう。

    ハゲ予防のためのシャンプー方法②:お湯だけで予洗い

    入浴し、シャンプーを髪の毛につける前に、お湯だけで髪の毛を洗っていますか?

    お湯だけでしっかりと予洗いすることで、髪の毛についたホコリ・皮脂のよごれが落ち、シャンプーの泡立ちがよくなります。

    このとき気をつけてほしいのが、お湯の温度

    熱湯で髪の毛を洗うと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥してしまいます。

    シャンプー時に適切なお湯の温度は、35〜40度と言われています。

    「少しぬるいかな?」と感じるくらいの温度で、予洗いを行いましょう。

    ハゲ予防のためのシャンプー方法③:手でシャンプーを泡立てる

    お湯での予洗いが終わったら、シャンプーを髪の毛につけます。

    ただし、シャンプーを液体のまま髪の毛や頭皮につけてしまうのは、おすすめできません。

    シャンプーに含まれる界面活性財は刺激性のある物質なので、シャンプーを泡立てず液体のまま頭皮につけてしまうと、頭皮がダメージを受ける可能性があります。

    頭皮への刺激はもちろんハゲ予防の妨げになるため、必ずシャンプーは手で泡立ててから髪の毛・頭皮につけるようにしましょう。

    ハゲ予防のためのシャンプー方法④:シャンプー中は爪を立てない

    シャンプーを手で泡立てたら、いよいよ洗髪です。

    このとき、「汚れを落とすためにゴシゴシ強い力で洗髪している」という人がいると思いますが、強い力での洗髪は頭皮のダメージにつながるので控えましょう。

    とくに、爪を立てての洗髪は頭皮を傷つけ、炎症を起こしてしまう可能性もあり、ハゲ予防には逆効果。

    洗髪は、指の腹で優しくマッサージをするように行いましょう。

    そうすることで頭皮の血行促進につながり、ハゲ予防のためにもよいでしょう。

    ハゲ予防のためのシャンプー方法⑤:しっかりすすぐ

    ハゲ予防のためのシャンプー法で、最も大切なポイントは「すすぎ」です。

    「しっかりシャンプーをすすいでいるつもりでも、すすぎ残しがある」

    そんな人が意外と多いようです。

    シャンプーのすすぎ残しは抜け毛・ハゲの原因になることもあります。

    とくに、耳上・襟足・額の生え際はすすぎ残しが多い箇所だと言われているので、意識してよくすすぐようにしましょう。

    また、シャンプーをすすぐとき、“髪の毛に付着したシャンプーを洗い流すイメージ”ですすいでいる人も多いと思いますが、重要なのは“頭皮に付着したシャンプー”のすすぎです。

    髪の毛の長い人はとくに、頭皮に付着したシャンプーのすすぎ残しがないように、しっかりと洗い流しましょう。

    ハゲ予防のためのシャンプー方法⑥:タオル、ドライヤーでしっかり乾かす

    入浴後は、すぐに髪の毛の水気をタオルで拭き取り、ドライヤーをかけましょう。

    「ドライヤーはかけずに自然乾燥」という人も多いかもしれませんが、自然乾燥はハゲ予防のためにいいとは言えません。

    濡れた状態の頭皮を放置し、蒸れてしまうと、頭皮に菌が繁殖します。

    繁殖した菌は頭皮の炎症を起こし、抜け毛を引き起こすこともあるので、自然乾燥はむしろハゲ予防に逆効果なのです。

    また、ドライヤーの温風も長い間当てていると、頭皮のダメージとなるので、必ずタオルである程度水気を拭き取った後にドライヤーをかけましょう。

    ドライヤーは髪の毛から20cm以上離してかけ、最後は冷風で髪の毛のキューティクルを引き締めてあげましょう。


    Sponsored Link
     

    ハゲ予防にはシャンプーの成分も大切

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 9番目の画像

    ハゲ予防を効果的に行うためには、シャンプーの方法だけではなく、シャンプーの選び方にも気を配りましょう。

    結論から言うと、自分の頭皮環境に適したシャンプーを選べばいいのです。

    しかし、「自分に適したシャンプーがわからない」という人も多いでしょう。

    そこで、ここからシャンプー選びの基礎を紹介します。

    ハゲ予防のために、シャンプーに含まれる成分を知ろう

    ハゲ予防のためのシャンプー選びで最も大切なのは、「界面活性剤」という成分の種類。

    界面活性剤は洗剤などにも含まれる、“油汚れを浮かせる成分”です。

    界面活性剤がシャンプーに含まれていることによって、頭皮の皮脂汚れがスッキリ落ちるのです。

    しかし、界面活性剤は刺激性を持つため、選び方を間違えると頭皮にダメージを与えてしまう可能性もあります。

    また、界面活性剤の種類によっては、頭皮を守るために必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮を乾燥させてしまうことにもなりかねません。

    ハゲをしっかりと予防したいのであれば、自分に適した界面活性剤を見つけることが大切です。

    シャンプーに含まれる界面活性剤は、主に以下の3種類に分けられます。

    シャンプーに含まれる界面活性剤の種類

    • ①高級アルコール系:ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなど
    • ②石けん系:ラウリン酸ナトリウム、オレイン酸ナトリウム、脂肪酸ナトリウムなど
    • ③アミノ酸系:ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、ラウロイルメチルアラニンナトリウム、ココイルグルタミン酸ナトリウムなど

    シャンプーに含まれる界面活性剤①:高級アルコール系

    高級アルコール系の界面活性剤は、ドラッグストアなどで販売されている安価なシャンプーに多く含まれています。

    値段は安価ですが、刺激・洗浄力が非常に強いため、ハゲ予防にはあまり向かないシャンプーかもしれません。

    シャンプーの種類をあまり意識せず、価格の手軽さで選んでいる場合、この高級アルコール系シャンプーを手に取っている人が多いでしょう。

    もし、「今までシャンプーは適当なものを使ってたけど、頭皮に合わない気がする」という人がいたら、高級アルコール系ではないシャンプーに変えるだけでも改善されるかもしれません。

    シャンプーに含まれる界面活性剤②:石けん系

    石けん系界面活性剤は、高級アルコール系よりも洗浄力・刺激が弱い界面活性剤です。

    自然由来で肌に優しいと言われていますが、そこそこの洗浄力もかね備えているので、“刺激は抑えたいけど、しっかり汚れも落としたい”という人に向いているシャンプーだと言えます。

    ただし、乾燥肌・敏感肌の人は石けん系でも刺激が強すぎる場合があるので、注意が必要です。

    シャンプーに含まれる界面活性剤③:アミノ酸系

    ハゲ予防として最もおすすめな界面活性剤が、アミノ酸系界面活性剤です。

    頭皮への刺激が非常に弱く、洗浄力も弱いので、頭皮にとって必要な皮脂は残してくれます。

    整髪料を使用している人や、脂性肌の人には向かないかもしれませんが、乾燥肌や敏感肌の人には非常におすすめできるシャンプーです。

    ハゲ予防には頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーがおすすめ

    この3種類の中で、一番頭皮に優しい界面活性剤は「アミノ酸系」。

    ハゲ予防のシャンプーとして最もおすすめできます。

    いわゆる「育毛シャンプー」にも、アミノ酸系の界面活性剤が多く含まれています。

    少し話は変わりますが、市販されている多くの育毛シャンプーに発毛効果はありません。

    医薬部外品に分類されている育毛シャンプーには頭皮に優しい成分が多く含まれており、頭皮環境を整える効果はありますが、発毛成分は含まれていないのです。

    つまり、ハゲ予防として育毛シャンプーを使用することには効果があるかもしれませんが、育毛シャンプーでハゲを治療することはできません。

    効果的なハゲ予防・対策には薄毛治療薬を

    生活習慣の改善でハゲを予防できる? 10年後に後悔しないためのハゲ予防法 10番目の画像

    「すでにハゲている」「薄毛の予防をしたい」そんな人には、病院での投薬治療をおすすめします。

    現在日本には、科学的に安全性・有効性が認められた薄毛治療薬が3つあります。


    Sponsored Link
     

    ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬

    • ①ミノキシジル
    • ②プロペシア(フィナステリド)
    • ③ザガーロ(デュタステリド)

    ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬①:ミノキシジル外用薬

    科学的に発毛効果が認められた薄毛治療薬の一つ「ミノキシジル外用薬」。

    ミノキシジルはもともと、高血圧の薬として開発され、その開発途中で発毛効果が確認されたため、薄毛治療薬として処方されるようになりました。

    ミノキシジル外用薬は、髪の毛の毛包に直接働きかけることで、発毛効果を発揮します。

    ハゲ予防・対策に有効な「ミノキシジル」について詳しく知りたい人はこちら
    AGA治療にはミノキシジルを使おう! 有効成分を徹底解説

    ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬②:プロペシア(フィナステリド)

    プロペシア(フィナステリド)は、AGA(男性型脱毛症)の原因を阻害することでハゲを防止する医薬品です。

    AGAの主な原因は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉男性ホルモン。

    このジヒドロテストステロンは、「5αリダクターゼ」という還元酵素と、「テストステロン」という男性ホルモンが結合することによって生成されます。

    プロペシアは、とくに前頭部・頭頂部に多く存在する「5αリダクターゼ2型」を阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐことで、ハゲの進行を抑えることができます。

    ハゲ予防・対策に有効な「プロペシア」について詳しく知りたい人はこちら
    効果アリ? 副作用が危険? AGA治療薬プロペシア(フィナステリド)の実力を徹底解説!

    ハゲ予防・対策に有効な薄毛治療薬③:ザガーロ(デュタステリド)

    ザガーロ(デュタステリド)は、プロペシアと同じく5αリダクターゼを阻害する医薬品です。

    プロペシアと異なるのは、ザガーロは5αリダクターゼ2型だけではなく、全身に存在する5αリダクターゼ1型も阻害する点。

    そのため、ザガーロはプロペシアに比べ、AGAの治療効果が約1.6倍であると言われています。

    ハゲ予防・対策に有効な「ザガーロ」について詳しく知りたい人はこちら

    認められしAGA治療薬の1つ「ザガーロ」が持つ効果はいかに?

    効果的なハゲ予防は「病院で診てもらう」 

    今回は、ハゲ予防に必要な生活習慣の改善方法を紹介しました。

    「5年後、10年後に後悔したくない!」と思った人は、今回紹介したハゲ予防を意識して、生活してみましょう。

    日常生活の中で無理せず行える予防を始めるとともに、より本格的にハゲを予防したいのであれば、一度AGA専門クリニックの受診をおすすめします。

    多くのAGA専門クリニックで行なわれている無料カウンセリングでは、頭髪ケアの相談も行なっているため、自分の頭皮に適したより効果的な予防方法で、更なるハゲ予防をできるかもしれません。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー