生える人をふやす

    2017年11月30日 更新

    女性の薄毛のメカニズムとは? 効果的な育毛剤や治療薬はないの?

    薄毛というと男性の悩みというイメージが強く、育毛剤も男性に向けられた商品ばかりだと感じる女性も、多いのではないでしょうか。では、女性がもし薄毛に悩んだ場合、どのように薄毛治療をしたらよいのでしょうか。
    今回は、女性が薄毛になる原因、薄毛を予防するための対策、薄毛になったときの治療法について紹介します!

    【薄毛の症状】薄毛・抜け毛、女性と男性で違いはあるの?

    「男性の薄毛」と「女性の薄毛」、少し違ったイメージを持っているのはないでしょうか。

    男性の薄毛の場合は、M字ハゲやてっぺんハゲ、バーコードハゲなど、頭皮が明らかに露出した薄毛を連想する人が多いと思います。

    一方で女性の薄毛の場合は、髪の毛全体のボリュームがダウンし、分け目が薄くなった状態を想像する人が多いのではないでしょうか。

    なぜ、男性と女性で薄毛・抜け毛の症状は異なるのでしょうか。

    男性と女性それぞれの薄毛や抜け毛の症状・特徴について、少し詳しく見ていきましょう。

    【男性の薄毛】男性は頭頂部、前頭部からハゲていく

    男性の薄毛や抜け毛というと、先でも述べた通り、M字ハゲやてっぺんハゲ、バーコードハゲと言った、頭皮が大きく露出してしまったハゲ方を想像する人が多いと思います。

    男性の薄毛のほとんどが、AGA(男性型脱毛症)によるものだと言われています。

    AGAは、頭頂部やおでこ付近から薄毛が進行しやすい特徴があり、成人男性のおよそ3人に1人にあたる約1,200万人が発症していると言われる脱毛症です。

    このAGAは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が原因。

    このジヒドロテストステロンにより髪の毛のヘアサイクルである「毛周期」が短縮化されることで、強く丈夫な髪の毛の生成が困難になり、薄毛となります。

    M字ハゲやてっぺんハゲ、バーコードハゲはAGAが原因の薄毛だと言えます。

    【女性の薄毛】女性の薄毛の症状はびまん性

    女性の薄毛の症状は、びまん性が多くを占めると言われます。

    びまん性とは、局所的に症状が出るのではなく、広範囲に満遍なく症状が出ている状態を指します。

    なぜ、女性の薄毛はびまん性の場合が多いのでしょうか。

    ここからは順を追って、女性が薄毛になる原因について紹介します。

    【女性の薄毛】女性に多い薄毛・脱毛症

    女性の薄毛はびまん性が多いと紹介しましたが、具体的にはどのような薄毛・脱毛症があるのでしょうか。

    以下に、代表的な女性の薄毛・脱毛症を原因とともに3つ紹介します。

    女性に多い薄毛・脱毛症

    • 女性に多い薄毛・脱毛症①:女性男性型脱毛症(FAGA)
    • 女性に多い薄毛・脱毛症②:牽引性脱毛症
    • 女性に多い薄毛・脱毛症③:円形脱毛症

    【女性の薄毛】女性に多い薄毛・脱毛症①:女性男性型脱毛症(FAGA)

    女性の薄毛には、「女性男性型脱毛症(FAGA)」と言われる脱毛症が存在します。

    この女性男性型脱毛症には、男性ホルモンと女性ホルモンが関係しているとされる薄毛・脱毛症で、男性のように、頭頂部や生え際部分の髪の毛から薄毛が進行するのではなく、髪全体が均一に薄くなっていくという特徴があります。

    女性男性型脱毛症は、髪の毛全体のボリュームが薄くなっていくことから「びまん性脱毛症」とも言われます。

    女性の薄毛であるのにも関わらず、「男性ホルモンが原因」と聞いて驚いた女性もいるかもしれませんが、女性の身体の中にも男性ホルモンは存在するのです。

    【女性の薄毛】女性に多い薄毛・脱毛症②:牽引性脱毛症

    牽引性脱毛症とは、髪の毛が引っ張られ続けることによって抜け落ちてしまう脱毛症。

    ポニーテールやエクステ、ヘアアイロンなど日常的に髪の毛を巻いたり、引っ張ったりする機会が多い女性ほど牽引性脱毛症になる可能性は高まると言えるでしょう。

    髪の毛が引っ張られると、特定の髪の毛に長期的に負荷がかかるため、頭皮の血行が悪化しやすくなります。

    血行が悪化することで、髪の毛の成長に必要な栄養成分が頭皮に十分行き渡りづらくなり、抜け毛・薄毛のリスクが高まります。

    ヘアアレンジを多く行う女性であれば、年齢に関係なく発症するおそれがあります。

    【女性の薄毛】女性に多い薄毛・脱毛症③:円形脱毛症

    10円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症は、男性・女性ともに発症する脱毛症です。

    この円形脱毛症は名前の通り、円形や楕円形に髪の毛が局所的に脱毛する病気。

    薄毛・脱毛の原因としては、自己免疫疾患が有力視されていますが、アトピーなどのアレルギ疾患やストレスなども関連性が高いとされています。

    女性の薄毛・抜け毛の原因は?

    結局のところ、女性の薄毛・抜け毛の原因は何なのでしょうか。

    女性が薄毛になる原因を6つ紹介します。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛の原因①:妊娠・出産

    女性の薄毛・抜け毛の原因の1つに妊娠や出産があります。

    妊娠・出産期は、体内の男性ホルモン・女性ホルモンのバランスが大きく変化します。

    体内のホルモンバランスが崩れることで、抜け毛や薄毛の症状が現れる女性もいるようです。

    ただし、妊娠や出産によってホルモンバランスが乱れ、抜け毛の症状が見られたとしても、おおよその女性は自然に薄毛や抜け毛の症状が薄れていくことが多いようです。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛の原因②:更年期・加齢

    加齢や更年期によって女性ホルモンの分泌が減少していき、女性の薄毛や抜け毛のリスクは高まると言えます。

    女性ホルモンの一種である「エストロゲン」には、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」とは逆に、髪の毛を育てる働きがあります。

    すなわち、女性ホルモンの分泌が盛んに行なわれているときは、女性男性型脱毛症などの薄毛に悩まされるおそれは低いと言えるでしょう。

    女性の血中に含まれる男性ホルモンの濃度は、男性の約20分の1と少ないため、女性ホルモンが優位に働いている状態であれば、男性ホルモンの影響で薄毛に悩まされる心配はほとんどありません。

    しかし、加齢や更年期などによって、女性ホルモンの分泌が減少すると男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまい、薄毛のリスクは高まります。

    加齢や更年期などが薄毛の原因になることもあるでしょう。

    ただし、女性男性型脱毛症の症状が現れたとしても、男性と比べて女性ホルモン量が圧倒的に多いため、薄毛の進行は緩やか。

    女性が薄毛になっても、頭頂部やおでこ付近が急激にハゲることがないのは、こういった点に理由があるようです。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛の原因③:ホルモンバランスの乱れ

    妊娠・出産、更年期の時期でなくともホルモンバランスが崩れ、薄毛の症状に悩まされる場合はあると言います。

    女性の中には日常的に、ピルなどを服用されている人もいるのではないでしょうか。

    ピルには女性ホルモンの一種であるエストロゲンが含まれており、ピルを服用中は女性ホルモンの量が上がるため、髪の毛の成長は活発になります。

    しかし、ピルの服用をやめた際、その反動でか薄毛の症状が現れる場合があるようです。

    薄毛になる原因は、それまでピルによってサポートされていたエストロゲンの量が低下し、体内のホルモンバランスが崩れてしまうため。

    ピルを服用することで、いわば人為的に妊娠しているかのような状態を作っているのです。

    そのためピルの服用をやめると、妊娠・出産時の産後脱毛に近い抜け毛の症状が見られる可能性があります。

    ピルの服用中止による抜け毛の場合、妊娠・出産時と同じく、一時的な薄毛・抜け毛で終わる場合が多いようです。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛の原因④:ストレス

    過度なストレスは、女性の薄毛・抜け毛の原因の1つになり得ます。

    ストレスを原因とする薄毛・抜け毛の場合、年齢に関係なく10代・20代といった若い女性でも悩まされることがあります。

    では、ストレスのどのような点が女性の薄毛や抜け毛の原因となる可能性があるのでしょうか。

    ストレスが原因で薄毛・抜け毛になる可能性がある理由は、大きく分けて2つあります。

    1つ目の理由は、ストレスは自律神経の働きを乱す原因となる可能性があるからです。

    過度なストレスは、自律神経の乱れにつながると言われています。

    男性・女性に限らず自律神経が乱れると、交感神経が優位な状態になりやすくなります。

    交感神経が優位な状態が続くと、身体の緊張状態が続く原因となり、血管が収縮、血流の悪化を招きやすくなるのです。

    身体の血行の悪化は、女性の頭皮も例外でなく影響を受けます。

    その結果、血行の悪い状態が続き、頭皮が固くなってしまうなどの影響が出ます。

    健康な髪の毛の成長に必要な栄養分を運ぶ血液が送られづらくなることで、男性に比べ、薄毛に悩まされる印象のない女性も、薄毛や抜け毛の症状を引き起こすのです。

    また、ストレスには髪の毛の成長には欠かすことのできない栄養である亜鉛を大量に消費する性質があります。

    男性・女性ともに、健康な髪の毛の成長に、亜鉛は欠かせません。

    ストレスによって亜鉛が不足し、薄毛や抜け毛のリスクが高まっていると言えるでしょう。

    2つ目の理由は、ホルモンバランスの乱れによるものです。

    男性・女性ともに、ストレスが原因でホルモンバランスが乱れることがあります。

    ストレスが原因で男性・女性ともに自律神経が乱される可能性があると先で述べましたが、自律神経が乱れることでホルモンバランスも乱れる可能性があります。

    丈夫で健康な髪の毛を育てるために必要な女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌に乱れが生じるだけでなく、育毛を妨げる原因となる男性ホルモンの分泌を促してしまう可能性もあるのです。

    男性にとっても、女性にとっても髪の毛の成長に欠かせない女性ホルモン、エストロゲンの分泌が低下し、髪の毛の成長にとって害悪な男性ホルモンが通常よりも分泌されることでパワーバランスが崩れ、女性の薄毛や抜け毛のリスクが高まるのです。

    また、ホルモンの分泌量により頭皮に影響が出ることで薄毛となることも。

    男性ホルモンの分泌が活発になったり、優位に男性ホルモンが働いたりすることで、男性・女性ともに皮脂の分泌は活発になります。

    皮脂の分泌が活発になると、男性と比べて一般的に皮脂量が少ないとされる女性の頭皮も、オイリーになることがあります。

    頭皮や育毛にとって、男性・女性ともにある程度の皮脂は必要ですが、それ以外の皮脂は頭皮の毛穴詰まりや雑菌の繁殖などを促す火種となってしまうことも。

    頭皮の毛穴詰まりや雑菌の繁殖によって、女性の頭皮環境が悪化、薄毛の原因となるかもしれません。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛の原因⑤:生活習慣

    女性の薄毛や抜け毛は、生活習慣に原因があるかもしれません。

    そうは言っても、薄毛の原因となる生活習慣はさまざま。

    ここからは、「睡眠による薄毛」と「ダイエットによる薄毛」の2つに絞って、女性の薄毛の原因を紹介します。

    ●睡眠による薄毛

    睡眠不足が原因で以下のような悪影響が現れる可能性が考えられます。

    十分な睡眠が摂られていないと、頭皮をはじめとした身体の免疫力低下につながりかねません。

    免疫力が低下することで、男性・女性ともに頭皮環境が悪化するリスクは高まります。

    頭皮環境の悪化が、薄毛のリスクを高めてしまうことも。

    また、睡眠不足は成長ホルモンの分泌の妨げとなりかねません。

    成長ホルモンとは、名前の通り、身体の成長を助けるホルモンのこと。

    体内のタンパク質を合成し、細胞の働きを高める成長ホルモンは、骨や筋肉、血液など身体の成長にとっても欠かすことのできないもの。

    また成長ホルモンは、新陳代謝の活発化を促し、消耗した細胞を修復する働きも持ちます。

    身体の成長に欠かすことのできない成長ホルモンは、発毛にも大きく関わっています。

    男性・女性ともに成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠中。

    成長ホルモンが分泌されることで髪の毛を生やすもとになる「毛母細胞」が活性化し、健康な髪の毛が生え、薄毛や抜け毛のリスクは軽減されます。

    ●ダイエットによる薄毛

    女性は、男性と比べてダイエットへの意識が高い人が多いかもしれません。

    男性・女性ともに髪の毛は、体内に取りこまれた栄養素から生成されています。

    すなわち、過度な食事制限付きのダイエットによって、女性の髪の毛の成長に必要な栄養成分が不足した場合、女性でも薄毛や抜け毛の症状を引き起こす可能性があります。

    過度なダイエットによって細い身体を手に入れたとしても、それは必ずしも女性らしく美しい身体であるとは限りません。

    さらに、その過度なダイエットと引き換えに、美しい髪の毛が失われ、薄毛となってしまうリスクもあります。

    無理なダイエットは、薄毛を防ぐためにも絶対にやめましょう。

    薄毛・抜け毛になりたくないのであれば、過度な食事制限を必要とするダイエットを検討している、またはすでに行っているという女性は、ダイエットの方法を見直すことをおすすめします。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛の原因⑥:食生活の乱れ

    先ほど紹介した過度なダイエットの延長と言えるかもしれませんが、男性・女性ともに日々の食生活の乱れには注意が必要。

    食生活が乱れている人の多くは、男性・女性に限らず、脂質の多い食事を摂っていることが多いようです。

    脂質の多い食生活を送っていると、頭皮の皮脂量が増えやすいと言われています。

    頭皮の皮脂が余分に分泌されることで、頭皮の毛穴詰まりや雑菌の繁殖、薄毛を招きやすい状態を作ってしまうかもしれません。

    薄毛や抜け毛を防ぐのであれば、男性・女性ともに頭皮環境を健康に保ち、栄養バランスの取れた食生活を送るよう心がけましょう。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛対策

    美しい髪の毛を保つために、薄毛・抜け毛対策をしっかり行いたいという女性も多いでしょう。

    ここからはそんな人のために、「薄毛・抜け毛対策」を紹介します。

    【女性の薄毛】女性の薄毛・抜け毛対策①正しいヘアケア「シャンプー」

    1日に抜ける髪の毛の量は、平均でおよそ50〜200本程度。

    男性・女性ともに、抜け毛の6〜7割ほどがシャンプー時に抜けていると言われています。

    シャンプーをしているときに抜け毛が多くなる理由としては、もともと抜けていて他の髪の毛に絡まっていたものが解けるため。

    他にも、抜けかけていた髪の毛がシャンプーによる刺激で抜けるためなど、要因はさまざまです。

    シャンプーの仕方によっては、本来抜ける必要のない髪の毛も抜けてしまったり、頭皮を傷つけたりして、頭皮環境を悪化させるかもしれません。

    正しいヘアケアを紹介する前にまずは、薄毛・抜け毛を促進させてしまうかもしれない、誤ったシャンプーの仕方について紹介します。

    【女性の薄毛】薄毛・抜け毛のリスクを高める洗髪方法①:ゴシゴシと洗う

    髪の毛を洗うときに、爪を立ててゴシゴシと洗っている女性はいないでしょうか。

    爪を立てゴシゴシと洗うことで、本来抜ける必要のない髪の毛がその刺激で抜けてしまったり、頭皮を傷付けたりすることになりかねません。

    強くゴシゴシと洗った方が、爽快感を得られるかもしれませんが、薄毛・抜け毛、頭皮環境に気を配っている女性であれば控えることが吉でしょう。

    【女性の薄毛】薄毛・抜け毛のリスクを高める洗髪方法②:朝シャン

    朝にシャンプーした方が眠気覚ましにもなってスッキリする、というような理由から、朝にシャンプー・入浴をしている女性は多いのではないでしょうか。

    しかし、朝シャンは、男性・女性ともに抜け毛や薄毛のリスクを高めてしまうかもしれません。

    人は夜寝ている間に汗をかくため、朝は毛穴が開いています。

    毛穴が開いている状態で朝シャンプーをすることで、男性の頭皮も女性の頭皮も通常よりも刺激を受けやすくなります。

    さらにその開いた毛穴には、シャンプーやリンスが入り込みやすいため、キレイにシャンプー剤を洗い落とすことが難しく、男性・女性ともにすすぎ残しを作りやすくなってしまいます。

    また、朝は時間に追われている場合が多く、十分な入浴・シャンプーの時間が取れずにパパッと済ませている人は多いはずです。

    しかし、先ほども紹介した通り、男性・女性ともに朝は毛穴が開いているため、シャンプーやリンスがただでさえ落としにくい状況です。

    すすぎが不十分だと、毛穴が詰まったり、雑菌の繁殖のリスクを高めてしまいます。

    髪の毛を大切にしたいという女性は、夜寝る前にきちんと入浴し、髪の毛を労ってあげましょう。

    ここまでに女性の薄毛・抜け毛を促進させる恐れのあるシャンプーの仕方について紹介してきました。

    ここからは、女性の抜け毛や薄毛を予防するためのシャンプー(洗髪)の仕方を紹介していきます。

    【女性の薄毛を防ぐ】抜け毛・薄毛を予防するための洗髪方法①:洗髪の前に髪の毛をブラッシングする

    お風呂に入る前に、軽く髪の毛をブラッシングをしましょう。

    髪の毛に付着したホコリなど表面的な汚れを落としたり、髪の毛のもつれをほどいてあげたりすることで、洗髪時の余分な抜け毛や薄毛のリスクを軽減することができます。

    このとき強い力でブラッシングするのは禁物。

    頭皮を傷めてしまったり、抜け毛・薄毛の原因となりかねません。

    【女性の薄毛を防ぐ】抜け毛・薄毛を予防するための洗髪方法②:シャンプーを髪の毛に付ける前にお湯で素洗いする

    洗髪時の抜け毛の中には、シャンプーの持つ洗浄剤の刺激が原因となって抜けている髪の毛もあります。

    そのため、男性・女性ともにシャンプーは極力少量にとどめ、シャンプーのし過ぎは控えましょう。

    シャンプーで髪の毛を洗う前に、お湯のみで洗うことで、頭皮や髪の毛の余分な汚れを落とすことが可能です。

    シャンプーの泡立ちもよくなり、少量でもスッキリ感を持たせることができるはずです。

    【女性の薄毛を防ぐ】抜け毛・薄毛を予防するための洗髪方法:③お湯の温度は40℃を超えないようにする

    髪の毛を洗うときのお湯が熱すぎると、その熱が頭皮に余分な刺激を与えてしまうかもしれません。

    また、お湯がぬるすぎるのも、頭皮の皮脂や汚れが落ちにくくなるため適しません。

    髪の毛を洗うときは、38〜40℃のお湯で洗うようにしましょう。

    【女性の薄毛を防ぐ】抜け毛・薄毛を予防するための洗髪方法:④洗うときは下から頭頂部に優しく揉み込むように

    男性・女性ともに、頭皮の血行は下から頭頂部にかけて流れています。

    抜け毛や薄毛を防ぐためにも、頭皮の血の巡り方に沿うように洗いましょう。

    襟足や耳周りなどの端の部分から、頭頂部にかけておよそ20〜30秒かけて、指の腹で優しく揉み込むように洗うのが◎。

    薄毛を防ぐためにも、このときもゴシゴシとこすって洗うのは禁物です。

    【女性の薄毛を防ぐ】抜け毛・薄毛を予防するための洗髪方法:⑤髪の毛は自然乾燥に任せずドライヤーで乾かす

    入浴後に髪の毛を乾かすのが面倒で、自然乾燥させている女性もいるかもしれません。

    女性は特に、髪の毛が男性よりも長い人が多いため、乾かすのには手間がかかります。

    しかし、自然乾燥で髪の毛を乾かすと、髪の毛のキューティクルにダメージを与えるだけでなく、湿気や髪の毛のムレから雑菌の繁殖しやすい頭皮環境につながりかねません。

    頭皮環境を守ることは、薄毛・抜け毛予防の一助となります。

    少し手間に感じるかもしれませんが、薄毛にならないためにもしっかりと髪の毛を乾かすようにしましょう。

    【女性の薄毛を防ぐ】抜け毛・薄毛を予防するための洗髪方法⑥:ドライヤーは長く当てすぎない

    ドライヤーをかけて髪の毛を乾かすときも、抜け毛や薄毛を防ぎ、頭皮環境を守るために心がけるとよいポイントがあります。

    ドライヤーを長時間かけていると、男性・女性ともに熱によって髪の毛のキューティクルを傷つけてしまうおそれがあります。

    そのため、タオルでしっかりと水分を拭き取ってからドライヤーをかけるようにしましょう。

    このとき、強い力でゴシゴシと拭くのではなく、優しく拭き取ってあげることを心がけてください。

    髪の毛が大方乾いたら、熱くなった頭皮やキューティクルを引き締めるため、ドライヤーを冷風に切り変えるのもおすすめです。

    【女の薄毛】女性の薄毛・抜け毛対策②正しい頭皮ケア

    男性・女性ともに薄毛・抜け毛を予防するためには、正しい頭皮ケアをしてあげることが大切です。

    正しくない頭皮ケアを正解だと思い込み、施してしまっている場合もあります。

    誤った頭皮ケアは薄毛のリスクを高めかねません。

    ここで、誤ったヘアケアの一例を紹介しましょう。

    女性が特に多いと思いますが、保湿のために入浴後、オイルマッサージを身体や頭皮に毎日のように行っている人もいると思います。

    しかし、これは間違ったヘアケアであり、薄毛を助長してしまっているおそれがあります。

    必要量の皮脂は、潤いを保つために必要ですが、毎日のようにオイルマッサージをすることで皮脂の分泌に悪影響を与えてしまっている可能性があります。

    ヘアケアとしてオイルマッサージをする場合は、薄毛を予防するためにも週1回程度の頻度にするようにしましょう。

    【女の薄毛】女性の薄毛・抜け毛対策③ストレスを避ける

    前述の通り、過度なストレスやストレスの蓄積は、女性の薄毛・抜け毛の原因の1つになりうる可能性があります。

    ここでは手軽にできる、女性におすすめなストレスの解消法をいくつか紹介します。

    【薄毛を防ぐ】女性の薄毛・抜け毛対策! 女性におすすめなストレス解消法①:自宅で簡単なヨガをやってみる

    ヨガと言っても、いきなり本格的に行う必要はありません。

    自宅で手軽にできるヨガから始めてみましょう。

    静かな部屋で心落ち着け、腹式呼吸を10分程度行ってみてください。

    腹式呼吸はストレス解消によいとされる呼吸法であり、ヨガの基本。

    これだけでも、リラックス効果が見込めるはずです。

    【薄毛を防ぐ】女性の薄毛・抜け毛対策! 女性におすすめなストレス解消法②:ランニング・ウォーキング

    ランニングは、脳のリラックス効果をもたらすセロトニンというホルモンの分泌を促す効果があると言われています。

    いきなりランニングはハードルが高いと感じられる方は、ウォーキングから始めてみましょう。

    ランニングでもウォーキングでも重要なのは、継続することです。

    無理のない範囲で、「これくらいなら続けられそう」というペースで行うようにしましょう。

    【薄毛を防ぐ】女性の薄毛・抜け毛対策! 女性におすすめなストレス解消法③:長めの入浴

    湯船に浸かって、いつもより長めに入浴をするというのも薄毛対策として1つの手です。

    入浴によって体温が上昇することで血行促進が促され、老廃物が排出されやすくなります。

    お湯の温度は男性・女性ともに38〜40℃が最適。

    長めの入浴によって副交感神経が刺激され、リラックス効果をもたらします。

    アロマに興味のある女性であれば、お気に入りのアロマオイルを湯船に数滴入れてみたり、泡風呂にしてみてもいいでしょう。

    リラックス効果が増し、楽しみながら薄毛予防ができるかもしれませんね。

    【女の薄毛】女性の薄毛・抜け毛対策④:規則正しい生活を

    先で十分な睡眠を摂ることが重要だと言いましたが、睡眠の質を保つことも、薄毛や抜け毛を予防する上で気をつけるべきポイントの1つ。

    睡眠不足はもってのほかですが、睡眠の質も重要なのです。

    以下に質のよい睡眠を摂るためのポイントをまとめておきます。

    薄毛・抜け毛を予防! 質のよい睡眠を摂るためのポイント

    • 【女の薄毛】女性の薄毛を防ぐ①:就寝前にカフェインの摂取をしている場合は控える
    • 【女の薄毛】女性の薄毛を防ぐ②:就寝前にパソコンやスマートフォンなどの電子機器の使用は控える

    カフェインは睡眠を浅くする原因となりかねません。

    質のよい睡眠を取りたい方は男性・女性に限らず、カフェインの摂取を控えましょう。

    就寝前に電子機器を使用することは、液晶から発生するブルーライト光の刺激を受けることとなり、睡眠の質の低下させる原因となります。

    薄毛の原因となるリスクを軽減するためにも、意識してみてはいかがでしょうか。

    先で、過度なダイエットの危険性について紹介しましたが、ここでは女性の薄毛を防ぎ、キレイな髪の毛を作るために必要な栄養成分について紹介します。

    【美意識の高い女性必見】美しい髪の毛を保つための栄養成分

    • 【薄毛対策】女性の髪の毛を守る栄養成分①:タンパク質
    • 【薄毛対策】女性の髪の毛を守る栄養成分②:ビタミン類
    • 【薄毛対策】女性の髪の毛を守る栄養成分③:アミノ酸
    • 【薄毛対策】女性の髪の毛を守る栄養成分④:亜鉛

    男性・女性ともに髪の毛の主成分は、タンパク質の1つである「ケラチン」によって構成されています。

    すなわち、タンパク質が不足することで、男性・女性ともに丈夫で健康な髪の毛の生成が難しくなってしまうかもしれません。

    ビタミン類には、血行促進や頭皮環境の保護など、女性の美しい髪の毛を育てるために欠かせない多くの効果があります。

    抜け毛・薄毛を防ぎ、育毛に適した頭皮環境を作るためには欠かすことができない成分だと言えるでしょう。

    アミノ酸には、髪の毛の生成を助けたり、髪の毛にハリを持たせたりする効果があります。

    亜鉛には、髪の毛の主成分であるケラチンの生成を助ける働きがあります。

    つまり、亜鉛不足は、男性・女性ともに髪の毛の生成を妨げるおそれがあるのです。

    また、亜鉛には「5αリダクターゼ」を阻害する働きがあるとされます。

    5αリダクターゼは、男性ホルモンの1つであるテストステロンと結合することで、強力なホルモン「ジヒドロテストステロン」に変化します。

    ジヒドロテストステロンは、AGAの原因物質です。

    亜鉛が5αリダクターゼを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を妨げます。

    亜鉛を適切に摂取することで、薄毛予防の効果が期待できるかもしれません。

    【薄毛対策】女性の薄毛に効果的な育毛剤・薄毛治療薬とは?

    びまん性脱毛症などを始め、薄毛が気になり始め、「育毛剤」や「薄毛治療薬」の使用を検討している女性もいるのではないでしょうか。

    ここからはびまん性脱毛症を始めとする女性の薄毛に効果を示す、育毛剤・薄毛治療薬を紹介していきます。

    【薄毛対策】女性の薄毛に効果が認められている治療薬はミノキシジル

    ミノキシジルとは薄毛治療薬の名前ではなく、薄毛治療薬の中に含まれる有効成分の名前。

    リアップなどの市販の育毛剤の中に含まれていることから、ミノキシジルの名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。

    女性の薄毛にも効果的とされるミノキシジルにはどのような薄毛治療効果があるのでしょうか。

    薄毛に対してどのような効果があるのか、具体的な治療効果を見ていきましょう。

    ミノキシジルは血行促進効果、血管拡張作用を持ちます。

    ミノキシジルによって頭皮の毛細血管を拡げることで、頭皮に届く髪の毛に必要な栄養成分が増え、薄毛の改善が見込まれます。

    さらに、ミノキシジルが毛母細胞に直接育毛を働きかけることで、薄毛への治療効果があるという説もあるようです。

    ミノキシジルが毛母細胞を活性化させることで、毛包を育て、髪の毛が太く丈夫に成長するとされます。

    しかし、なぜミノキシジルが毛母細胞を活性化するのか、詳しいメカニズムはいまのところ解明されていません。

    日本皮膚科学会によって策定された、男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)によれば、女性に推奨されるミノキシジル治療薬は、1%の外用薬。

    女性のミノキシジル治療薬は、男性の5分の1程度の成分含有量で、薄毛治療効果が期待できます。

    上記で少し触れたリアップなどの市販の育毛剤を始め、その他、市販される育毛剤には女性の薄毛や抜け毛に対してどのような薄毛治療効果があるのでしょうか。

    市販される育毛剤の薄毛への効果を、以下で紹介します。

    【薄毛対策】市販の育毛剤の効果①:頭皮を清潔に保つ

    市販される育毛剤には、頭皮を健康に保つ効果があります。

    市販されている育毛剤にはアルコール成分である、イソプロピルフェノールやヒノキチオールが配合されています。

    イソプロピルフェノールやヒノキチオールが含まれる育毛剤は、殺菌作用があり、頭皮を清潔に保つための働きを持ちます。

    薄毛を根本から治すわけではありませんが、健康で美しい髪の毛を生やすためには清潔な頭皮環境を作ることが必須です。

    市販の育毛剤にも、一定の抜け毛予防効果は見込むことができそうです。

    薄毛を防ぐために頭皮環境をケアしたいという女性にはよいかもしれません。

    【薄毛対策】市販の育毛剤の効果②:頭皮の血行促進

    市販される育毛剤には、塩化カルプロニウムやセンブリエキス、M-034など、薄毛を根本から治すわけではないものの、頭皮の血行促進を促す効果があります。

    これらの育毛剤によって頭皮の血行がよくなり、髪の毛の成長に必要な栄養成分を頭皮に供給しやすくなります。

    頭皮の血行促進を促して薄毛対策をしたいという女性は試してみてもよいでしょう。

    【薄毛対策】市販の育毛剤の効果③:髪の毛や頭皮に栄養を与える

    市販される育毛剤には、亜鉛やアセチルメチオニンなど髪の毛を構成するために欠かせない栄養成分を含んでいるものがあります。

    これらの栄養成分が含まれた育毛剤の使用することで、髪の毛に必要な栄養成分を頭皮に直接届けることができます。

    薄毛を根本から治すわけではありませんが、健康な髪の毛を生成するための手助けとなってくれる可能性があります。

    頭皮に直接栄養成分を与え、薄毛対策を施したい女性であれば試す価値はあるかもしれません。

    【薄毛を治す】女性の薄毛を改善・治療するには?

    びまん性脱毛症を始めとする女性の薄毛に効果を示す、育毛剤・薄毛治療薬を紹介してきました。

    結局のところ、女性の薄毛を治療するのであれば、なにが正解なのでしょうか。

    以下で、3パターンの薄毛の症状に分けて女性の薄毛治療方法を紹介していきます。

    【薄毛を治す】女性の薄毛治療・改善法①:女性男性型脱毛症の場合

    女性男性型脱毛症、びまん性脱毛症による薄毛の場合は、ミノキシジル配合の育毛剤の使用が女性に推奨されています。

    ミノキシジルは薄毛の症状に陥った髪の毛の成長期間を元の状態に近い間隔にまで伸ばす効果も期待できると言われ、髪の毛の成長、薄毛改善が狙えます。

    男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)でも、ミノキシジルは男性・女性ともに薄毛治療の第一選択薬に指定されています。

    【薄毛を治す】女性の薄毛治療・改善法②:牽引性脱毛症の場合

    牽引性脱毛症は、ポニーテールやエクステ、ヘアアイロンなど、日常的に特定の髪の毛に負荷をかかり、頭皮の血行が悪化することで引き起こされる薄毛です。

    牽引性脱毛症の場合、女性は髪の毛を縛るのをやめるなど、髪の毛にかかる負担を解消しましょう。

    そうすれば、これといった薄毛治療を施さなくとも、薄毛の症状が改善される場合が多いと言われています。

    【薄毛を治す】女性の薄毛治療・改善法③:円形脱毛症の場合

    円形脱毛症による薄毛の場合、男性・女性ともにステロイド局所注射か局所免疫療法によって治療されるケースが多いです。

    薄毛になっている部分に直接ステロイドを注射することで、炎症や免疫機能を改善します。

    ステロイド局所注射は、円形脱毛症による薄毛の症状がなかなか改善されない場合に用いられ、男性・女性ともに高い薄毛改善効果が見込めます。

    しかし、注射時に強い痛みがあり、場合によってはステロイドによる副作用が起こる場合もあります。

    局所免疫療法は人工的にかぶれを起こす化学試薬、スクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)もしくはジフェニルシクロプロペノン(DPCP)を使って、意図的にかぶれを起こすことで発毛・薄毛改善を促す薄毛治療方法。

    副作用としてかぶれなどの副作用が考えられますが、約9割の男性・女性に薄毛改善効果が見られます。

    局所免疫療法は、およそ半年から1年強ほどの治療期間を要し、じっくりと薄毛治療することが必要になります。

    まずは、薄毛治療に詳しい医師に相談するといいでしょう。

    【女性の薄毛対策・薄毛治療】もし薄毛が気になっていたら

    今回は、女性の薄毛について、女性の薄毛のメカニズムならびに市販の育毛剤が示す薄毛への効果、対策・治療方法などを紹介してきました。

    もしこの記事を読んだ人のなかで、「薄毛かもしれない」と不安に思っている人がいれば、薄毛治療の第一歩として、ここで紹介した情報を踏まえ薄毛対策・薄毛治療を行うようにしましょう。

    薄毛治療は早ければ早いほど、効果を発揮します。

    薄毛を本気で治す! 薄毛を専門に扱うAGA専門クリニックへ

    ここまでの話を踏まえて、薄毛治療を本気で検討しているという人は、AGA専門クリニックに足を運ぶことをおすすめします。

    AGA専門クリニックはプライバシーの配慮が徹底されているだけでなく、無料のカウンセリングを行っているところも数多くあります。

    さらに、AGA専門クリニックの中には、テレビ電話による診察を行っているところもあり、病院に足を運ぶのはまだ抵抗があるという人も、手軽に薄毛診察を受けることができます。

    薄毛の悩みをいち早く解決するためは、医師の指導のもとで治療を行うことが一番の近道。

    薄毛を改善するためにも、まずはカウンセリングで薄毛に対する悩みを、医師に相談してみましょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加