AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 アイキャッチ画像

    2018年09月03日 更新

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」

    自分の頭頂部を鏡で見て薄毛に「ハッ」と驚いた人はいませんか? 頭頂部は普段視界に入りにくいだけあって、薄毛に気付くのが遅れ、すでに広がってしまった薄毛にショックを受ける人もいるでしょう。
    焦って市販の育毛剤を使用したもののなかなか改善されず、一度薄毛になったらもうおしまい……と治療を諦めてはもったいない!
    頭頂部の薄毛は原因を理解し、それぞれに合った正しい治療をすれば改善できる可能性があります。
    治療を諦めてしまう前に、頭頂部の薄毛について正しい知識を身につけましょう。
    目次
      +「頭頂部の薄毛」その特徴とは?
      1. 「O字ハゲ」? 「つむじハゲ」? 頭頂部の薄毛は何ハゲ?
      2. 放置厳禁! 医薬部外品の育毛剤では治らない? 頭頂部の薄毛はハゲの原因になります
      +遺伝のせいだけじゃない! 頭頂部が薄毛になる原因
      1. 頭頂部の薄毛はAGAである可能性が高い! 
      2. 頭頂部の薄毛の原因①男性ホルモン
      3. 頭頂部の薄毛の原因②遺伝
      4. 遺伝性のある薄毛遺伝子
      +ハゲ・薄毛は男性だけじゃない? 女性も頭頂部の薄毛に注意!
      1. 女性の薄毛「FAGA」その特徴は? 
      2. 女性にみられる薄毛の特徴
      3. 女性が薄毛になる原因①妊娠・出産
      4. 女性が薄毛になる原因②更年期
      +頭頂部の薄毛を助長する原因
      1. 頭頂部の薄毛を助長する原因①頭皮環境の乱れ
      2. 【頭頂部の薄毛を助長する原因】頭皮環境の乱れ編
      3. 頭頂部の薄毛を助長する原因②生活習慣
      4. 【頭頂部の薄毛を助長する原因】生活習慣の乱れ編
      5. 頭頂部の薄毛を助長する原因③偏った食事
      6. 【頭頂部の薄毛を助長する原因】偏った食事編
      7. 頭頂部の薄毛を助長する原因④ストレス
      8. 【頭頂部の薄毛を助長する原因】ストレス編
      9. 頭頂部の薄毛を助長する原因⑤喫煙
      10. 頭頂部の薄毛を助長する原因⑥アルコール
      +頭頂部の薄毛に育毛剤(医薬部外品)は効果あり?
      1. 頭皮の血行をよくしてくれる育毛剤(医薬部外品)
      2. 頭皮を清潔に保ってくれる育毛剤(医薬部外品)
      3. 頭皮や髪の毛に直接栄養を与える育毛剤(医薬部外品)
      +頭頂部の薄毛対策は原因に合った対策を! 
      1. 頭頂部の薄毛対策①頭皮環境を整える
      2. 頭頂部の薄毛対策②正しくシャンプーをする
      3. 頭頂部の薄毛対策③自分に合ったシャンプーを使う
      4. アミノ酸系シャンプーの特徴
      5. 頭頂部の薄毛対策④ストレスをためない
      6. 頭頂部の薄毛対策⑤バランスの取れた食事を
      7. 薄毛対策に効果的! 髪の毛を構成する主な栄養素
      8. 頭頂部の薄毛対策⑥飲酒・喫煙はほどほどに
      +意外な頭頂部の薄毛対策
      1. 逆立ちが頭頂部の薄毛対策につながるかも
      2. 頭頂部の薄毛対策! おすすめな逆立ちの仕方
      +頭頂部の薄毛を誤魔化したいなら?
      1. 頭頂部の薄毛・つむじハゲ(O字ハゲ)のカバー法①ヘアスタイル・髪型
      2. 薄毛が目立たなくなるヘアスタイル
      3. 頭頂部の薄毛カバーするなら②エクステ・ウィッグ
      4. 薄毛が目立たなくなるアイテム
      +頭頂部の薄毛は治療するべき?
      1. 効果が認められた薄毛・抜け毛治療①ミノキシジル
      2. 効果が認められた薄毛・抜け毛治療②フィナステリド(プロペシア)
      3. 効果が認められた薄毛・抜け毛治療③デュタステリド(ザガーロ)
      -頭頂部の薄毛を治したいなら「薄毛専門クリニック」へ!

    「頭頂部の薄毛」その特徴とは?

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 1番目の画像

    「薄毛」や「ハゲ」と聞くと、何となく頭頂部の髪の毛が薄い状態を想像する人が多いのではないでしょうか? 

    薄毛やハゲにもいくつかタイプがありますが、つむじ付近の髪の毛が短くなってきた人や、抜け毛が気になるようになってきた人は要注意です。

    「O字ハゲ」? 「つむじハゲ」? 頭頂部の薄毛は何ハゲ?

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 2番目の画像

    自分ではチェックしにくい頭頂部の薄毛。

    頭頂部の薄毛は「O字ハゲ」や「つむじハゲ」とも呼ばれます。

    自発的にチェックしないと、自分で自分の頭頂部を見る機会はあまりないですよね。

    そのため、気付かないうちに頭頂部の薄毛やハゲが広がったり、つむじなのか薄毛なのかわからなかったりなんてことも。

    頭頂部の薄毛・ハゲは放っておくと手遅れになる可能性もあります。

    自分の頭頂部の状態をしっかりチェックして、薄毛の可能性がある場合は早めに治療できるといいでしょう。

    放置厳禁! 医薬部外品の育毛剤では治らない? 頭頂部の薄毛はハゲの原因になります

    頭頂部には「つむじ」がありますよね。

    そのため、髪の毛が薄く見えるだけなのか、薄毛・ハゲの前兆なのかがわかりにくく、放置してしまいがちな部分でもあります。

    しかし、頭頂部の薄毛は放っておいても自然と治ることはありません。

    また、薄毛だからといって市販の育毛剤(医薬部外品)を使って「頭皮マッサージをしていれば大丈夫!」という考え方も危険です。

    むしろ、放置したことで薄毛の範囲が広がり、ハゲが進行してしまうおそれがあります。

    頭頂部の薄毛が危険な理由は、AGA(男性型脱毛症)の初期症状の可能性があるからです。

    AGAを発症すると、頭頂部の抜け毛が増え、徐々に薄毛が進行するというパターンが多くあります。

    もし頭頂部が薄毛になった原因がAGAだった場合、市販の育毛剤(医薬部外品)では改善できません。

    頭頂部の薄毛を改善するためには、専門のクリニックで治療を受ける必要があるでしょう。

    遺伝のせいだけじゃない! 頭頂部が薄毛になる原因

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 3番目の画像

    薄毛やハゲになる原因はさまざま。

    乱れた生活習慣が原因で、頭皮環境が悪化し、薄毛を助長してしまう可能性も。

    先ほども述べたように、頭頂部の薄毛やハゲの原因がわからないまま「薄毛が気になる=育毛剤を使えば安心」と考えることは危険です。

    薄毛の症状や頭皮の状態に合わない育毛剤を使い続けても、薄毛を効果的に改善することはできないでしょう。

    薄毛を改善するには、正しい原因を知り、その原因に合った対策をすることが重要です。

    頭頂部の薄毛はAGAである可能性が高い! 

    頭頂部の薄毛やハゲが気になる場合、AGA(男性型脱毛症)の可能性があります。

    AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンと遺伝が関係する進行性の脱毛症です。

    AGAには、頭頂部や前頭部などの、男性ホルモンの影響を受けやすい部位から、徐々に髪の毛が生えなくなり、薄毛・ハゲになるという特徴があります。

    従って頭頂部に薄毛が見られる場合、AGA(男性型脱毛症)の可能性が考えられるのです。

    AGAが原因である薄毛には、男性ホルモンが関係しているため市販の育毛剤(医薬部外品)だけでは改善されません。

    専門のクリニックを受診し、治療を受ける必要があるでしょう。

    頭頂部の薄毛の原因①男性ホルモン

    AGA(男性型脱毛症)の初期症状とみられる頭頂部の薄毛は、男性ホルモンの影響によって起こります。

    男性ホルモンの一種である「テストステロン」と還元酵素である「5αリダクターゼ」の結合によって、AGA(男性型脱毛症)は発症します。

    両者が結合することで「ジヒドロテストステロン」(DHT)に変換され、このジヒドロテストステロンが髪の毛の成長サイクルである「毛周期」を乱し、脱毛を引き起こすのです。

    AGA(男性型脱毛症)によって毛周期が乱されると、髪の毛が完全に成長しきる前に抜けてしまいます。

    結果的に、頭頂部付近の髪の毛が細毛化して薄毛が進行し、やがて髪の毛が生えなくなり、そしてハゲてしまうのです。

    頭頂部の薄毛の原因②遺伝

    頭頂部の薄毛やハゲの原因は遺伝の可能性もあります。

    薄毛・ハゲの遺伝にはAGA(男性型脱毛症)が関係しています。

    AGAは、男性ホルモンと遺伝が原因の脱毛症。

    薄毛やハゲになりやすい遺伝子を親から受け継いでしまった場合は、薄毛・ハゲになる可能性が高いとされています。

    最新の研究では、遺伝する可能性がある薄毛遺伝子が2種類発見されています。

    遺伝性のある薄毛遺伝子

    • 薄毛遺伝子①:5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子
    • 薄毛遺伝子②:アンドロゲンレセプターの感受性が強い遺伝子

    薄毛遺伝子1つ目が「5αリダクターゼの活性をもつ遺伝子」。

    この5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結び付くことでジヒドロテストステロンを生成します。

    ジヒドロテストステロンはAGA(男性型脱毛症)の原因であり、毛周期を乱して頭頂部の薄毛やハゲを進行させるのです。

    5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性遺伝子であるため、両親のどちらかがこの遺伝子を持つ場合、子供に受け継がれる可能性が高いとされています。

    薄毛遺伝子2つ目は「アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子」。

    アンドロゲンレセプターとは、男性ホルモンホルモンを感知する器官のことです。

    アンドロゲンレセプターは、毛母細胞内に存在します。

    このアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合、毛周期を乱す原因のジヒドロテストステロンを感知しやすくなり、薄毛やハゲが進行します。

    もし両親のどちらかに薄毛の人がいる場合は、自分の薄毛の原因が遺伝子である可能性があることも理解しておくといいでしょう。

    薄毛遺伝子を持っているかどうかは、遺伝子検査を行っているクリニックなどで調べることができます。

    少しでも「AGAかもしれない……」と思った人は、育毛剤で頭皮マッサージをする前に、クリニックで医師に相談することをおすすめします。

    ハゲ・薄毛は男性だけじゃない? 女性も頭頂部の薄毛に注意!

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 4番目の画像

    「ハゲ・薄毛は男性だけ!」と思っていたら大間違いです。

    女性にもハゲや薄毛になる可能性はあります。

    しかし、女性の場合、ハゲや薄毛になりやすい場所や程度が男性とは異なり、部分的に薄毛が進行するというよりも髪の毛全体のボリュームが少なくなってしまう傾向があります。

    男性と同様に、女性もハゲ・薄毛の原因を理解して、正しい治療をすることが大切です。

    女性の薄毛「FAGA」その特徴は? 

    女性が薄毛になる場合の原因としてFAGA(女性男性型脱毛症)が挙げられます。

    FAGAによる薄毛は、女性ホルモンの減少によって体内のホルモンバランスが崩れてしまうことが原因です。

    FAGAは男性のAGAとは異なり、頭部全体が薄毛になる「びまん性」という特徴があります。

    男性特有のAGAと違い、女性の場合は目に見える症状が出るまでに時間がかかるため、気付かないうちに症状が悪化し、薄毛が進行してしまうことも。

    また、女性の薄毛にはいくつかの特徴があります。

    女性にみられる薄毛の特徴

    • 薄毛の特徴①:髪の毛のボリュームが減った
    • 薄毛の特徴②:頭皮が見えるようになった
    • 薄毛の特徴③:髪の毛が細くなった
    • 薄毛の特徴④:髪の毛のコシがなくなった

    上記のような特徴が見られる女性は、薄毛の症状が現れ始めているかもしれません。

    女性が薄毛になる原因①妊娠・出産

    女性は、妊娠や出産を経験すると一時的にホルモンバランスが乱れ、抜け毛が起こり薄毛になる場合があります。

    これを「産後脱毛」とも呼びます。

    女性は妊娠中、母体や胎児を守るために女性ホルモンが増加し、その影響で毛周期の「成長期」が長くなります。

    しかし産後、女性ホルモンが急激に減少することで「成長期」であった髪の毛が「休止期」に移行し、短期間で抜け毛が増え薄毛になる場合があるのです。

    ホルモンバランスが原因である薄毛なので、育毛剤(医薬部外品)を使用しても薄毛に対する直接的な解決策にはならないでしょう。

    一般的に、妊娠・出産によるホルモンの乱れが起こったことが原因である女性の薄毛は、産後6ヶ月ほどでおさまるとされています。

    しかし、頭皮の環境や生活習慣などで左右される場合もあることを、頭に入れておきましょう。

    女性が薄毛になる原因②更年期

    女性の薄毛やハゲの原因として、更年期も考えられるでしょう。

    更年期とは、卵巣機能の衰えにより女性ホルモンが減少する期間のこと。

    一般的に更年期は40代から50代の女性に多いとされ、閉経を迎える前後に症状が現れます。

    更年期による女性の薄毛は、体内の女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが乱れることが原因です。

    頭頂部の薄毛を助長する原因

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 5番目の画像

    頭頂部の薄毛を助長してしまう要因はさまざまです。

    「美しくなりたい!」と始めたヘアケアが間違っていて頭皮環境が悪化したり、「痩せたい!」と始めたダイエットが原因で薄毛を助長してしまったり。

    頭頂部の薄毛を助長する原因は、女性の身近なところに潜んでいるかもしれません。

    「薄毛になりたくない!」と育毛剤(医薬部外品)で頭皮マッサージをしたり、スカルプケアアイテムで薄毛対策を始める前に、しっかりと薄毛の原因を理解して、それぞれの原因に合った正しい薄毛対策を心がけましょう。

    間違った対策法は薄毛を進行させてしまう可能性があるので、要注意です。

    頭頂部の薄毛を助長する原因①頭皮環境の乱れ

    頭頂部の薄毛を助長させる原因の一つが、頭皮環境の乱れです。

    【頭頂部の薄毛を助長する原因】頭皮環境の乱れ編

    • 薄毛の原因①:頭皮の乾燥
    • 薄毛の原因②:脂漏性皮膚炎

    頭皮環境の乱れの例として、乾燥により頭皮からフケが出る・皮脂の過剰分泌により頭皮の毛穴が詰まってしまう状態などがあります。

    頭皮の汚れを落としたい一心で、洗浄力の高いシャンプーを使用して必要な皮脂までも落としてしまうと、頭皮が乾燥してしまいます。

    また、頭皮を乾燥から守るため過剰に皮脂の分泌が行われた結果、脂漏性皮膚炎になてしまう可能性も。

    脂漏性皮膚炎とは、過剰に分泌された皮脂のせいで、皮脂を餌にしているマラセチア菌が異常繁殖し、頭皮に炎症を起こす症状を言います。

    べたべたとしたフケが出たり、頭皮に痒みがある人は要注意! 

    脂漏性皮膚炎のおそれがあります。

    頭頂部の薄毛を助長する原因②生活習慣

    頭頂部の薄毛を助長するものとして、生活習慣も深く関わってきます。

    【頭頂部の薄毛を助長する原因】生活習慣の乱れ編

    • 薄毛の原因①:睡眠不足
    • 薄毛の原因②:運動不足

    仕事や飲み会で、つい睡眠不足が続いてしまうこともあるでしょう。

    しかし睡眠不足などの生活習慣の乱れは、薄毛を助長することも。

    慢性的な睡眠不足は、自律神経を乱す原因だけでなく、血行不良を引き起こすおそれもあります。

    つまり、睡眠時間が短かったり質の悪い睡眠を続けていると、血行不良によって髪の毛が十分な成長を遂げることができなくなり、薄毛や抜け毛の原因になるかもしれないのです。

    さらに、成長ホルモンには体の回復を促す機能があり、睡眠が足りていないと頭皮のダメージを蓄積してしまうおそれもあります。

    乱れた生活習慣の2つ目に挙げられるのが、運動不足です。

    運動不足になると、血液循環が悪くなり、頭頂部の薄毛を助長することがあります。

    特に女性は、冷え性の人も多いでしょう。

    冷えは、頭皮や血管・血流などに影響し、頭頂部の薄毛にも関わります。

    血液の流れをよくするために、適度な運動や、頭皮マッサージをすることで、頭頂部の薄毛対策にも効果的です。 

    もちろん睡眠不足・運動不足は、薄毛だけでなくお肌や健康にも影響するため、改善するよう心がけるといいでしょう。

    頭頂部の薄毛を助長する原因③偏った食事

    【頭頂部の薄毛を助長する原因】偏った食事編

    • 薄毛の原因①脂質の多い食事
    • 薄毛の原因②ムリなダイエット

    偏った食生活も、頭頂部の薄毛を助長する原因になります。

    脂質が多い食事をとっていると、皮脂が過剰に分泌されます。

    その結果、頭皮環境を悪化させ、頭頂部の薄毛を助長することも。

    さらに、女性に多いのが無理なダイエットによる偏った食事です。

    ダイエット期間中、サプリメントで栄養を補っている人もいるでしょう。

    しかし、人間に必要な栄養素はサプリメントだけでは補いきれません。

    必要な栄養素を摂取できない結果、髪の毛に栄養が行き渡らないのです。

    栄養失調状態になるまでダイエットをした場合、髪の毛の組織も栄養不足に陥り、毛周期に影響を及ぼします。

    髪の毛の成長期が短くなり、休止期が長くなります。

    休止期が長くなると抜け毛を引き起こし、頭頂部の薄毛を助長してしまうのです。

    また、ダイエットは自律神経の乱れや、ホルモンバランスの乱れを引き起こす危険性があります。

    ホルモンバランスの乱れは、頭頂部の薄毛にも大きく影響するので、注意したいポイントです。

    頭頂部の薄毛を助長する原因④ストレス

    【頭頂部の薄毛を助長する原因】ストレス編

    • 薄毛の原因①:ストレス
    • 薄毛の原因②:生理不順

    頭頂部の薄毛には、ストレスも大きく関わります。

    働く女性が増えた昨今、男性同様あるいはそれ以上に、仕事でストレスを抱えてしまう場合もあります。

    また、育児や家庭内でのストレスが、頭頂部の薄毛を助長してしまうことは珍しくありません。

    人間はストレスを受けると、自律神経が乱れ、血液量が減って血行が悪くなると言われています。

    頭皮の血行が悪くなると、髪の毛に十分な栄養素が行き渡らないため、髪の毛の成長(育毛)に悪影響を及ぼしかねません。

    そして、女性特有の症状で生理不順が挙げられます。

    生理不順にもさまざまな原因があります。

    ストレスや生活習慣が影響して生理不順を起こすこともありますが、中でも経口避妊薬(ピル)は女性ホルモンと関係するため、髪の毛の育成にも関わってくる可能性があるのです。

    経口避妊薬は、プロゲステロンという女性ホルモンの一種。

    これを一定期間内服した後で服用を中止した場合、一時的に休止期の髪の毛が多くなり、抜け毛を引き起こすと言われています。

    頭頂部の薄毛を助長する原因⑤喫煙

    タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させます。

    血管が収縮すると、血液量が減って十分な栄養が髪の毛に行き渡らなくなります。

    結果的に成長した髪の毛に育たず、やせ細った髪の毛が生えるようになったり、抜け毛を引き起こして頭頂部の薄毛につながる可能性があるのです。

    また、ニコチンには体内のビタミンCを消費する働きがあります。

    ビタミンCには栄養の吸収を促す働きがあるため、頭皮環境にもいい影響を及ぼしてくれるでしょう。

    しかし、ニコチンによってビタミンCが消費されると、身体に必要な栄養の吸収効率が落ち、頭皮が必要な栄養素を吸収できなくなる可能性があります。

    栄養補給が十分に行えなくなるため、喫煙は、ハゲの原因である頭皮環境の悪化となりかねません。

    また、他の人が吸っているタバコの煙(副流煙)にも有害な物質が含まれているので、副流煙を吸うことも避けたいところです。

    頭頂部の薄毛を助長する原因⑥アルコール

    最後に頭頂部の薄毛を助長する原因として挙げられるのが、アルコールです。

    アルコールが体内で分解される際、「アセトアルデヒド」という毒性の物質が作られます。

    このアセトアルデヒドには、ハゲの原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を増加させる働きがあると考えられています。

    ジヒドロテストステロンが増加すると、毛周期が乱されて抜け毛を引き起こし、頭頂部のハゲや薄毛を助長してしまうのです。

    また、お酒を飲みすぎると、アルコールを代謝するために髪の成長に必要な栄養が不足しやすくなります。

    さらに、アルコールを多量接種すると、皮脂を過剰分泌させると言われているため、過度な飲酒は頭皮環境の悪化にもつながります。

    お酒による二日酔いで睡眠不足に陥り、頭皮に栄養が行き渡らなくなる悪循環に陥るおそれもあるでしょう。

    「アルコールの摂取が多いかも……」と感じる人は、生活習慣を見直すことをおすすめします。

    頭頂部の薄毛に育毛剤(医薬部外品)は効果あり?

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 6番目の画像

    気になる頭頂部の薄毛。

    早めに治療して、つむじの薄毛が悪化・進行してしまう前に、何とかしたいですよね。

    再三述べてきましたが、「ハゲや薄毛の治療・対策として、市販の育毛剤を使って頭皮マッサージをしていれば髪の毛が生えてハゲないだろう!」という解釈は間違い。

    市販の育毛剤(医薬部外品)には「発毛効果はない」ということを理解しておきましょう。

    「発毛効果がないなら、育毛剤に意味はないのか」と言われたら、決して意味がないわけではありません。

    薄毛の原因になる生活習慣などを見直した上で、育毛剤(医薬部外品)を頭皮環境の改善や血行促進に活用すれば、効果的な薄毛対策になります。

    育毛剤(医薬部外品)の正しい効果と使い方を理解して、適切な薄毛対策に取り組みましょう。

    頭皮の血行をよくしてくれる育毛剤(医薬部外品)

    育毛剤(医薬部外品)の中には、頭皮の血行をよくしてくれる成分を含むものがあります。

    多くの育毛剤(医薬部外品)には新陳代謝の促進に加え、血行促進作用の成分が含まれているのです。

    育毛剤(医薬部外品)を活用しつつ、頭皮マッサージなどで頭皮の血行を促進することは、今生えている髪の毛を健康な状態に導く効果が期待できるでしょう。

    頭皮を清潔に保ってくれる育毛剤(医薬部外品)

    育毛剤(医薬部外品)には、頭皮環境を清潔に保つ効果があるものもあります。

    余分な皮脂は毛穴を詰まらせ、頭皮環境の悪化を招きますが、皮脂を落としすぎても逆効果です。

    育毛剤(医薬部外品)には、頭皮の皮脂を抑制するタイプのものや、汚れを除去するタイプのものがあります。

    皮脂の過剰分泌は、頭皮のカビを繁殖させる原因にもなるため、上述したような効果が期待できる育毛剤(医薬部外品)を使うことで、頭皮を清潔に保ち、健康な頭皮環境を作る効果が期待できるでしょう。

    頭皮や髪の毛に直接栄養を与える育毛剤(医薬部外品)

    育毛剤(医薬部外品)には、頭皮や髪の毛に栄養を与える効果も期待できます。

    ただし、頭皮や髪の毛へ効率的に栄養を与えるには、生活習慣を見直して、食事の栄養バランスを改善することも重要です。

    生活習慣を見直した上でさらに、育毛剤(医薬部外品)に含まれるビタミンやミネラルを直接頭皮や髪の毛に補うことが、今生えている髪の毛の健康を保つ手助けになるかもしれません。

    頭頂部の薄毛対策は原因に合った対策を! 

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 7番目の画像

    頭頂部の薄毛、つむじハゲの原因は多岐にわたります。

    薄毛の原因を特定せず間違った対策を続けていても、期待した効果はきっと得られないでしょう。

    専門のクリニックで医師に相談し、ハゲ・薄毛の原因をしっかりと特定してから、原因に合った対策を取ることが理想です。

    まずは、日常的にできる薄毛対策を紹介します。

    頭頂部の薄毛対策①頭皮環境を整える

    頭頂部の薄毛の対策に限らず、薄毛を改善したいのであれば、まずは頭皮環境を整えることが大切。

    頭皮の過剰な皮脂の分泌や極度の乾燥などが見られる場合、抜け毛・薄毛の原因になります。

    皮脂の落としすぎや乾燥対策として、保湿効果や殺菌効果のある育毛剤を使用してもいいでしょう。

    健康な髪の毛を保つためには、健康な頭皮環境作りが大切です。

    頭頂部の薄毛対策②正しくシャンプーをする

    正しいシャンプーの仕方を知っていますか? 

    シャンプーを正しくすることで、頭皮の環境を清潔に、そして健康的に保つことができます。

    シャンプーは爪を立てず、頭皮マッサージをするように優しく洗いましょう。

    また、洗い残しをしないことが重要です。

    まずは、地肌まで濡れた状態でしっかりと泡立てます。

    頭皮に直接シャンプーを付けるのは刺激が強いので避けましょう。

    爪を立てたり、1日に何度もシャンプーすることは必要な皮脂まで落とし、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を招きます。

    また、シャンプーが頭皮に残っている状態だと、頭皮に痒みが出たりフケの原因になります。

    シャンプーをすすぐ際は水ではなく、37度程度のぬるま湯でしっかりと流しましょう。

    頭頂部の薄毛対策③自分に合ったシャンプーを使う

    頭頂部の薄毛対策として、体質に合ったシャンプーを選びましょう。

    洗浄力や刺激の強いシャンプーを使うと、頭皮環境が悪化するおそれがあります。

    頭皮や髪の毛にダメージがある人、ハゲや薄毛が気になる人におすすめのシャンプーはアミノ酸系のシャンプーです。

    アミノ酸系シャンプーには地肌に優しいという特徴があります。

    オイリー体質の人は石鹸系シャンプーが効果的とされています。

    アミノ酸系シャンプーの特徴

    • 低刺激
    • 頭皮に必要な皮脂は残してくれる

    上記の理由から、頭皮の乾燥によるフケや、過剰な皮脂の分泌に悩んでいる人に対して、頭皮環境の改善が期待できるでしょう。

    頭皮環境が改善されることで、頭頂部の薄毛・つむじハゲの対策につながります。

    頭頂部の薄毛対策④ストレスをためない

    ストレスを溜めないことが薄毛対策として大切です。

    ハゲ・薄毛対策のために、無理して禁煙・禁酒を始めたり、過度な運動をすることはストレスの原因になります。

    ストレスを溜めないためにも、禁煙・禁酒などの取り組みは急に始めるのではなく、負担にならない範囲で、徐々に始めるのがいいでしょう。

    頭頂部の薄毛対策⑤バランスの取れた食事を

    ハゲ・薄毛の対策として、バランスの取れた食事はとても大切です。

    人間の身体は、生命維持に必要な場所から優先的に栄養を運ぶ仕組みになっています。

    髪の毛は、生命の維持に直接的な関係がないため、優先順位が低いのです。

    つまり、十分にバランスの取れた栄養を取らないと、毛乳頭まで栄養素が運ばれて来ません。

    ハゲや薄毛の対策のためにも、日ごろからバランスの取れた食事を取ることが重要になってきます。

    薄毛対策に効果的! 髪の毛を構成する主な栄養素

    • 薄毛対策で意識したい栄養①たんぱく質
    • 薄毛対策で意識したい栄養②ビタミン類
    • 薄毛対策で意識したい栄養③亜鉛

    髪の毛はたんぱく質からできています。

    そのため、髪の毛の成分であるたんぱく質を取ることは、髪の毛の健康・薄毛対策として大切です。

    また亜鉛は、たんぱく質の合成を助ける働きがあり、髪の毛にとって重要な栄養素となっています。

    ビタミン類には新陳代謝を整える作用があるため、頭皮の健康や髪の毛の健康維持を期待できます。

    育毛剤で髪の毛に栄養を与えるだけでなく、しっかりと食べ物から栄養を摂取することが重要であることを理解しましょう。

    頭頂部の薄毛対策⑥飲酒・喫煙はほどほどに

    過度な飲酒・喫煙は、髪の毛や頭皮の健康に悪影響を及ぼし、頭頂部の薄毛を助長する可能性があります。

    もちろん、髪の毛だけでなく、身体全体の健康に影響を与えるおそれも。

    お酒の量を減らしたり、禁煙に取り組むことが、頭頂部の薄毛対策として効果が期待できるでしょう。

    注意しておきたいのが、急な禁酒・禁煙はストレスにつながるということです。

    初めは、自分にストレスがかからない範囲で、徐々に量を減らしていくことをおすすめします。

    意外な頭頂部の薄毛対策

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 8番目の画像

    「逆立ちが薄毛の対策になる」

    この言葉だけを聞くと、にわかには信じがたいですよね。

    しかし、逆立ちが育毛に効果的というのはあながち嘘ではないようです。

    ここからは、ちょっと意外な頭頂部の薄毛対策を紹介します。

    逆立ちが頭頂部の薄毛対策につながるかも

    「逆立ちが薄毛対策として効果が期待できるなら、簡単に治療できていいじゃん! 」とむやみに頭を下に向けるのではなく、正しい逆立ち方法をおさえておきましょう。

    頭頂部の薄毛対策! おすすめな逆立ちの仕方

    • ①壁を利用した完全倒立
    • ②三点倒立
    • ③サルワーンガアサナのポーズ(ヨガのポーズの1つ)

    逆立ちが頭頂部の薄毛対策によいとされる理由の1つに、逆立ちの際の姿勢が挙げられます。

    人間は生活していく中で、重力の影響を受けています。

    そのため、血液は下に溜まりがちになり、頭皮の血行も悪くなってしまうのです。

    逆立ちをすることで、足に溜まった血液が逆流し頭皮の血液の流れがよくなり、髪の毛に栄養を行き渡らせる働きをするのではないかと考えられているのです。

    血液循環以外にも、普段使わない筋肉を使うことで、肩周辺の筋肉がほぐれて、肩凝り解消の効果が期待されます。

    肩凝りは、頭皮の血行を悪くしている原因の一つと考えられているため、肩凝りを解消することは頭皮の血行促進に繋がるでしょう。

    逆立ちは、1日1~3回、1分間を目安に逆立ちするのがよいとされています。

    長時間逆立ちをすると気分が悪くなる可能性もあるので、無理しない程度にトライしてみましょう。

    また、頭頂部を床に強く擦りつけてしまうと、薄毛の原因になりかねないので注意が必要です。

    頭頂部の薄毛を誤魔化したいなら?

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 9番目の画像

    頭頂部の薄毛・つむじハゲ(O字ハゲ)を改善するために治療していても、効果が現れるまで薄毛を誤魔化したいですよね。

    そんな時に使える、薄毛・つむじハゲ(O字ハゲ)の誤魔化し方を紹介します。

    頭頂部の薄毛・つむじハゲ(O字ハゲ)のカバー法①ヘアスタイル・髪型

    よく、頭頂部の薄毛や、つむじハゲ(O字ハゲ)を気にするあまり、治療せずに坊主にしてしまう人もいます。

    しかし坊主は、頭皮が日に焼けてしまうのでおすすめはできません。

    坊主にせずとも、ヘアスタイルを工夫すれば、薄毛やつむじハゲ(O字ハゲ)を誤魔化すことはできます。

    薄毛が目立たなくなるヘアスタイル

    • 薄毛隠しに効果的なヘア①:ハゲに目がいかないように他の部分に目立つポイントをつくる
    • 薄毛隠しに効果的なヘア②:サイドの髪の毛を刈るなどして、薄毛の部分よりもオシャレに薄いポイントをつくる
    • 薄毛隠しに効果的なヘア③:髪を伸ばし、ハゲをカバー

    頭頂部の薄毛や、つむじハゲ(O字ハゲ)が気になる人は、サイドの毛を刈り込むデザインがおすすめ。

    頭頂部よりも薄い部分を作ることで、つむじハゲ(O字ハゲ)も目立たなくなります。

    また頭頂部の薄毛の場合は、伸ばした髪の毛で薄毛部分をカバーする髪型もいいかもしれません。

    頭頂部の薄毛カバーするなら②エクステ・ウィッグ

    頭頂部の薄毛や、つむじハゲ(O字ハゲ)が気になるけれど、ウィッグには少し抵抗があるという人もいるかもしれません。

    どうしても「ウィッグ・カツラ」=「ハゲ隠し」というイメージが強いのではないでしょうか? 

    しかし、最近ではファッションとして、あえてウィッグを使用する人も多いのです。

    見た目もとてもナチュラルで、地毛としっかり馴染むものも数多くあります。

    薄毛が目立たなくなるアイテム

    • ウィッグ
    • エクステ

    ウィッグにも、頭頂部の隠したい部分だけをポイントでカバーしてくれるタイプや、頭全体を覆うタイプなど、さまざまなものがあります。

    部分使いでサクッと隠したい人には部分用のウィックがおすすめ。

    逆に、ガラッと雰囲気を変えたいという人は、フルウィッグがおすすめです。

    ウィッグの他にも、エクステで髪の毛の量を増やすことで薄毛をカバーできる場合もあります。

    エクステは美容院で手軽につけられたり、自分の好みの量に調整しやすいという点も、メリットの一つでしょう。

    頭頂部の薄毛は治療するべき?

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 10番目の画像

    「育毛剤を使っても頭頂部の薄毛や、つむじハゲ(O字ハゲ)が改善されない」

    「頭頂部の薄毛はどうしようもない」

    そんな風に、治療を諦めてはいませんか? 

    自分からは見えにくい頭頂部だからこそ、治療に踏み出すタイミングを逃してハゲが進行してしまう場合もあります。

    気づいた時にはもう手遅れ……という事態を避けるために、頭頂部の薄毛や、つむじハゲ(O字ハゲ)が少しでも気になったら、クリニックにて薄毛治療について相談することをおすすめします。

    薄毛には、効果が認められた治療法が存在します。

    専門のクリニックで受けられる「薄毛治療」について見ていきましょう。

    効果が認められた薄毛・抜け毛治療①ミノキシジル

    薄毛や抜け毛に効果が認められた治療の中に、「ミノキシジル」の投薬があります。

    ミノキシジルは降圧剤として用いられていた際に、体毛が濃くなる副作用が発見されたことをきっかけに開発された「AGA治療薬」です。

    現在では、国内でも、日本皮膚科学会が作成した「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、ミノキシジル外用薬のAGA(男性型脱毛症)への効果が認められています。

    ミノキシジルの外用薬は薄毛の部分に直接塗ることが可能。

    また、ミノキシジルを使った薄毛治療は、効果を実感するまでに3〜6ヶ月かかると言われています。

    ミノキシジルの治療は、根気よく続ける必要があるでしょう。

    効果が認められた薄毛・抜け毛治療②フィナステリド(プロペシア)

    効果が認められた薄毛治療として、「フィナステリド」も挙げられます。

    フィナステリドはAGAの治療成分の一つで、薄毛の改善が期待できる薬です。

    厚生労働省の認可を受けたAGA治療薬「プロペシア」として広く販売されています。

    フィナステリドを主成分とするプロペシアは、5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害する効果を持っています。

    この5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」を脱毛ホルモンとも呼ばれる「ジヒドロテストステロン」に変化させてしまう物質。

    このジヒドロテストステロンには、前頭部および頭頂部の毛髪の成長サイクルを短くする作用があります。

    正常な毛周期をジヒドロテストステロンが阻害することによってAGAによる薄毛が引き起されるのです。

    プロペシアの成分であるフィナステリドはAGAによる薄毛治療として認められています。

    プロペシアによる薄毛治療も、ミノキシジル同様に、最低3〜6ヶ月以上続けることが推奨されています。

    何度も言うように、薄毛を改善するためには、根気よく治療を続けることが大切なのです。

    効果が認められた薄毛・抜け毛治療③デュタステリド(ザガーロ)

    薄毛に効果のある治療として、最後に「デュタステリド」を紹介します。

    有効成分デュタステリドを含むAGA治療薬「ザガーロ」は、2016年に新しく発売されたAGAの治療薬です。

    デュタステリドは、フィナステリドと同様、AGAの発症要因となる「5αリダクターゼ」を阻害し、脱毛の原因になる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する効果を持つ医薬品成分。

    AGAを原因とする薄毛には、大きな効果を発揮する治療薬です。

    このデュタステリドは、フィナステリドと比べ、治療効果が高いと言われており、個人差はあるものの、早い人は12週ほどで薄毛治療の効果を実感することができたという報告もあるようです。

    頭頂部の薄毛を治したいなら「薄毛専門クリニック」へ!

    諦めるのはまだ早い! 頭頂部の薄毛と戦うための「ハゲ基礎知識」 11番目の画像

    増えてきた抜け毛や、頭頂部の薄毛は、もしかするとAGAのサインかもしれません。

    頭頂部の薄毛を「まだ若いから大丈夫!」と放置して、手遅れになってしまう前に、一度専門のクリニックを受診してみてはいかがでしょうか? 

    AGAの専門クリニックは、多くの場合カウンセリングを無料で行っているため、コストをかけずに薄毛の原因を調べることが可能です。

    「これはきっと薄毛じゃない。つむじ……つむじ……」と唱えて現実から目を背けるのではなく、薄毛治療のプロである医師へ、早めに相談することをおすすめします。

    AGAクリニック人気ランキング

    AGAクリニックランキング

    AGA+読者に選ばれたAGAクリニックの人気ランキングを紹介します!
    ※ 人気=予約件数

    1位:AGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック

    テレビCMで話題の「ヘアクリ」ことAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニックは、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリングを無料で行っているため、全国どこからでも、医師に直接相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることも可能です。

    2位:AGAINメディカルクリニック

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です。

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    3位:ウィルAGAクリニック

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、費用面のサポートも行っているウィルAGAクリニック

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    カウンセリングは無料、メールからいつでも予約可能です!



    >>毛髪診断士によるクリニックレビューはこちら<<

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー