生える人をふやす

育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 アイキャッチ画像

    2018年04月03日 更新

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方

    薬局やテレビCMなどで、頻繁に見かける育毛トニック。「育毛に効果的」という宣伝文句と、その手軽さから、使用しているという人も多いのではないでしょうか。しかし、「育毛トニックで髪の毛が生える」と思っているとしたらそれは間違い。あなたは、育毛トニックが持つ効果や、育毛剤との違いを正しく説明できますか?
    今回は、 育毛トニックの効果や使い方など、育毛トニックの基礎知識を紹介します。


    目次
      +育毛剤(医薬部外品)と育毛トニックの違いって?
      1. 育毛トニックの成分は、ほとんどが「水とアルコール」だった!
      2. 【育毛剤と育毛トニック】明確な違いはなく、どちらも頭皮環境を整えるもの
      3. 育毛トニックと育毛剤の違い
      +抜け毛・薄毛対策に使える! 育毛トニックの効果
      1. 育毛トニックは、頭皮環境を整えるのに役立つ
      2. 育毛トニックの効果①:頭皮の血行促進
      3. 育毛トニックの効果②:頭皮を清潔に保つ
      +育毛トニックを使うメリットは? 
      1. 育毛トニックのメリット
      2. 育毛トニックのメリット①:手軽に使える
      3. 育毛トニックのメリット②:リーズナブルな価格で手に入る
      +メリットだけじゃない! 育毛トニックのデメリットも知っておく
      1. 育毛トニックのデメリット
      2. 育毛トニックのデメリット①:育毛トニックには直接的な発毛効果がない
      3. 育毛トニックのデメリット②:育毛トニックが与える頭皮への過剰な刺激
      +効果が認められている発毛・育毛成分とは?
      1. 育毛効果についてまとめられた「男性型脱毛症診療ガイドライン」
      2. 発毛・育毛に効果的な成分①:ミノキシジル
      3. ミノキシジルの特徴
      4. 発毛・育毛に効果的な成分②:フィナステリド
      5. フィナステリドの特徴
      6. 発毛・育毛の対策として使ってもいい成分
      7. 発毛・育毛の対策として使ってもいい成分
      +育毛トニックの正しい使い方
      1. 育毛トニックの正しい使い方
      2. 育毛トニックの正しい使い方①:育毛トニックの使用前にしっかりシャンプーをする
      3. 育毛トニックの正しい使い方②:育毛トニックをかけすぎない
      4. 育毛トニックの正しい使い方③:育毛トニックを使って頭皮全体をマッサージ
      +花王の育毛トニック「サクセス薬用育毛トニック」
      1. 育毛トニックに含まれる有効成分①:t-フラバノン
      2. 有効成分t-フラバノンの作用・効果
      3. 育毛トニックに含まれる有効成分②:ニコチン酸アミド
      4. ニコチン酸アミドの作用・効果
      5. 育毛トニックに含まれる有効成分③:ピロクトンオラミン
      6. ピロクトンオラミンの作用・効果
      +【サクセスの育毛トニック】口コミ・評価まとめ
      1. 育毛トニック「サクセスの薬用育毛トニック」口コミ:「よい」と評価した人の声
      2. 育毛トニック「サクセスの薬用育毛トニック」口コミ:「普通」と評価した人の声
      3. 育毛トニック「サクセスの薬用育毛トニック」口コミ:「悪い」と評価した人の声
      +育毛トニック「スカルプジェット」
      1. 育毛トニックに含まれる有効成分①:酢酸DL‐α‐トコフェロール
      2. 酢酸DL-α-トコフェロールの作用・効果
      3. 育毛トニックに含まれる有効成分②:グリチルリチン酸2K
      4. グリチルリチン酸2Kの作用・効果
      5. 育毛トニックに含まれる有効成分③:タマサキツヅラフジアルカロイド
      6. タマサキツヅラフジアルカロイドの作用・効果
      +【スカルプDの育毛トニック】口コミ・評価まとめ
      1. 育毛トニック「スカルプジェット」の口コミ:「よい」と評価した人の声
      2. 育毛トニック「スカルプジェット」の口コミ:「普通」と評価した人の声
      3. 育毛トニック「スカルプジェット」口コミ:「悪い」と評価した人の声
      +育毛トニックをより効果的に使うには?
      1. 頭皮の状態にあった育毛トニックを使う
      +育毛対策は育毛トニック以外にも
      1. 育毛対策に重要なポイント①:食生活
      2. 育毛対策に重要なポイント②:飲酒・喫煙
      3. 育毛対策に重要なポイント③:ストレス
      4. 育毛対策に重要なポイント④:運動
      5. 育毛対策に重要なポイント⑤:睡眠
      6. 効果的な育毛対策は育毛トニックではなく病院へ!

    育毛剤(医薬部外品)と育毛トニックの違いって?

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 1番目の画像

    薄毛対策を始めようと試みたものの、育毛剤と育毛トニックの違いがわからない……

    そもそも市販の育毛剤や育毛トニックに、育毛に有効な成分は含まれているの? 発毛効果は実感できるの?

    ……など、育毛剤や育毛トニックについてわからないことも多いと思います。

    みなさんは、「育毛剤と育毛トニックの違い」を正確に理解できていますか? 

    育毛トニックの成分は、ほとんどが「水とアルコール」だった!

    「薄毛・抜け毛対策には、育毛トニック! 」と早まる前に、育毛トニックが持つ本当の効果について理解しましょう。

    初めに結論を言ってしまうと、育毛トニックに発毛効果を期待するのは間違いです。

    「育毛トニック=手軽な育毛剤にあたる商品」と理解している人も多いと思いますが、育毛トニックと育毛剤は別物。

    薬局などで売られている多くの育毛トニックの主成分は、とアルコールです。

    育毛トニックが頭皮にもたらす効果は、「殺菌作用・冷感作用」で、あくまでも頭皮のデオドラント効果が主。

    対して育毛剤は、頭皮の血行・代謝促進の効果が期待できる成分が含まれています。

    最近では、育毛トニックにも血行を促進する成分が含まれていることがありますが、その作用は育毛剤よりも緩和なことが多いです。

    頭皮の血行・代謝促進作用を持つ育毛剤は、頭皮環境を整えるだけでなく、抜け毛対策としての効果も期待できるのです。

    【育毛剤と育毛トニック】明確な違いはなく、どちらも頭皮環境を整えるもの

    育毛剤と育毛トニックの成分や目的、効果の違いについて述べてきました。

    では、結局何が違うのか? というと明確な違いはありません。

    育毛トニックと育毛剤の違い

    • 育毛トニック:主成分は水とアルコール、殺菌効果、冷感効果が期待される

    • 育毛剤:血行・代謝促進効果、殺菌効果、頭皮に栄養を与える効果が期待される

    上記のように、成分の面で見れば、育毛トニックと育毛剤は異なります。

    しかし、両者ともあくまでも目的は頭皮環境を整えるものであって、「発毛効果はほとんど期待できない」というのが事実です。

    その理由は、市販されている多くの育毛トニック・育毛剤が、医薬部外品、もしくは化粧品に分類されるため。

    薬局などで手に入る育毛トニックに発毛効果は期待できません。

    つまり、多くの育毛剤・育毛トニックには発毛剤としての機能はしないため、「新しく髪の毛を生やす」目的で使用するのは誤りだということを理解しておきましょう。

    抜け毛・薄毛対策に使える! 育毛トニックの効果

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 2番目の画像

    医薬部外品である育毛トニック・育毛剤には、発毛効果はありません。

    しかし、「育毛トニックが髪の毛のために全く役に立たないのか?」 というと、そういうわけではありません。

    では、育毛トニックが髪の毛や頭皮に与える効果について、見ていきましょう。

    育毛トニックは、頭皮環境を整えるのに役立つ

    育毛トニックは頭皮環境を整える目的で作られています。

    育毛トニックに含まれる成分には、保湿効果や抗菌効果を持つものも多いようです。

    つまり、育毛効果は期待できないものの、頭皮環境を整える目的としては効果があると言えるでしょう。

    育毛トニックの効果①:頭皮の血行促進

    育毛トニックは、頭皮の血行促進にも効果が期待できます。

    育毛トニックの中には、血行促進作用がある成分が含まれた商品もあります。

    育毛トニックによって頭皮の血行を促進することは、薄毛や抜け毛に悩む頭皮にはとても重要です。

    髪の毛の成長に必要な栄養は、血液によって運ばれます。

    そのため、頭皮の血行が促進されることは、健康な髪の毛づくりに効果的と言えるでしょう。

    ただし、育毛トニックの持つ血行促進作用は育毛剤よりも緩和な場合が多いため、頭皮の血行を促進させたい!という人は育毛剤を用いたほうがいいかもしれません。

    育毛トニックの効果②:頭皮を清潔に保つ

    育毛トニックの効果として、頭皮を清潔に保つことも期待できます。

    先々でも述べてきたように、育毛トニックには保湿効果や血行促進作用、抗炎症作用、さらに洗浄作用があります。

    育毛トニックが持つ保湿効果や抗炎症作用で頭皮環境を整えたり、洗浄作用で頭皮の余分な脂を洗い流したりすることで、頭皮を清潔な状態に保つことができます。


    Sponsored Link
     

    育毛トニックを使うメリットは? 

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 3番目の画像

    育毛トニックは「髪の毛を生やす直接的な効果」は持ちませんが、頭皮環境改善効果を改善する効果を持ちます。

    それを踏まえ、薄毛や抜け毛で悩む人が育毛トニックを使うメリットについて紹介します。

    育毛トニックのメリット

    • 手軽に使える
    • リーズナブルな価格で手に入る

    育毛トニックのメリット①:手軽に使える

    育毛トニックのメリットとして、「手軽に使える点」が挙げられます。

    医薬部外品である育毛トニックは、ドラッグストアなどで手に入れることが可能です。

    そのため、育毛トニックは薄毛や抜け毛に悩まされている人が頭皮ケアを始める際、簡単に使い始めることができるでしょう。

    また、薄毛や抜け毛がまだ気にならない人でも、育毛トニックは「ハゲ対策」として手軽に使うことができます。

    育毛トニックのメリット②:リーズナブルな価格で手に入る

    価格がリーズナブルな点も、育毛トニックのメリットの1つ。

    育毛トニックは、育毛剤と比べると価格設定が低いものがほとんどです。

    育毛トニックは低価格な分、毎日のケアとして継続的に使いやすいといえるでしょう。

    メリットだけじゃない! 育毛トニックのデメリットも知っておく

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 4番目の画像

    育毛トニックのメリットとして、価格面や使いやすさなどを挙げました。

    しかし、毎日使うものならお財布に優しい方がありがたい……と、育毛トニックのメリットだけを見て、安易に育毛トニックを選んでしまうのはいけません。

    育毛トニックにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

    育毛トニックを購入する前に、「育毛トニックのデメリット」もしっかり理解した上で、判断しましょう。

    育毛トニックのデメリット

    • 育毛トニックには直接的な発毛効果がない
    • 育毛トニックが与える頭皮への過剰な刺激

    育毛トニックのデメリット①:育毛トニックには直接的な発毛効果がない

    育毛トニックの効果でも述べたように、医薬部外品や化粧品に分類される育毛トニックには、頭皮環境を整える効果はありますが、発毛効果はありません。

    そのため、新しい髪の毛を生やすことを期待する人には向きません。

    育毛トニックを使用するのであれば、あくまで「今生えている髪の毛の健康維持」や「頭皮の環境改善」を目的として、使用するようにしましょう。

    育毛トニックのデメリット②:育毛トニックが与える頭皮への過剰な刺激

    育毛トニックは、頭皮に過度な肌刺激を与える可能性があります。

    育毛トニックの主成分に、アルコールがあると述べました。

    育毛トニックに含まれるアルコールは、人によってかぶれや炎症を起こす場合があります。

    肌が弱い人、育毛トニックを使用して頭皮に少しでも違和感を感じたことがある人は、使用を控えた方がいいかもしれません。

    もし、育毛トニックを使用する場合、敏感肌の人でも使用できる商品を慎重に検討する必要があるでしょう。

    効果が認められている発毛・育毛成分とは?

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 5番目の画像

    「育毛トニックや育毛剤などに発毛効果が期待できないのならば、ハゲや薄毛、抜け毛の治療方法はないのか……」と思った人もいるのではないでしょうか?

    実は、発毛効果が認められている成分や、ハゲや薄毛、抜け毛の治療法は存在します。

    育毛効果についてまとめられた「男性型脱毛症診療ガイドライン」

    男性型脱毛症診療ガイドラインとは、男性型脱毛症の治療について、日本皮膚科学会が科学的根拠に基づいて推奨度をまとめているガイドラインのことです。

    このガイドラインは、日本の「AGA標準的治療試案」として作られたもの。

    研究や調査に基づいて定められているため、この男性型脱毛症診療ガイドラインを読めば、安全で育毛・発毛に効果的な治療を知ることができるのです。

    男性型脱毛症診療ガイドラインは、育毛効果の高い順に、A・B・C1・C2・Dと5段階にランク分けされています。

    男性型脱毛症診療ガイドラインについて、もっと詳しく知りたい人はこちら。
    【ハゲ薄毛】結局何が効果的? 科学的根拠のあるAGA治療法はこれだ

    発毛・育毛に効果的な成分①:ミノキシジル

    ミノキシジル」という成分は、育毛・発毛に効果的とされています。

    ミノキシジル外用薬は、男性型脱毛症診療ガイドラインでは「Aランク」に指定され、育毛に効果的な治療薬として知られています。


    Sponsored Link
     

    ミノキシジルの特徴

    • 毛乳頭細胞に働きかけることで発毛・育毛を促進する
    • AGAの治療として最初に使うべき外用薬として推奨されている

    ミノキシジルは、もともと血管の拡張作用のある降圧薬として米国で開発されました。

    その副作用として毛が生える現象が起こったことから、現在では薄毛治療薬として改良された背景があります。

    ミノキシジルは、髪の毛の成長を促す「毛乳頭細胞」に働きかけることで発毛・育毛を促進する成分。

    ミノキシジルを使った治療薬には、頭皮に直接塗布する外用薬タイプと、錠剤を飲む内服薬タイプがあります。

    しかし、ミノキシジル内服薬はまだまだ十分な研究がなされておらず、安全性が確立されていないため、現在は外用薬の処方が一般的なようです。

    発毛・育毛に効果的な成分②:フィナステリド

    男性型脱毛症診療ガイドラインで、ミノキシジル外用薬と同じく、Aランクに指定されている「フィナステリド内服療法」。

    育毛・発毛効果が認められたフィナステリドは、「プロペシア」という医薬品名で販売されています。

    フィナステリドの特徴

    • AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する
    • AGAの治療として最初に使うべき内服薬として推奨されている

    フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療に使われていた成分で、5αリダクターゼ阻害薬の1つです。

    5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種であるテストステロンに働きかけ、脱毛の原因であるジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換させる還元酵素。

    フィナステリドは、このジヒドロテストステロンの生成を抑制することで脱毛を防止し、発毛・育毛効果を発揮します。

    発毛・育毛の対策として使ってもいい成分

    男性型脱毛症診療ガイドラインでは、医薬部外品・化粧品の育毛剤に含まれている成分の有効性についても記載があります。

    ガイドラインにて、C1( 十分な根拠はないが、使ってもよい)と評価された成分は、以下の5つ。

    発毛・育毛の対策として使ってもいい成分

    • 塩化カルプロニウム(カルプロニウム塩化物水和物)
    • t-フラバノン
    • アデノシン
    • サイトプリン・ペンタデカン
    • ケトコナゾール

    ◯発毛・育毛の対策として使ってもいい成分①:塩化カルプロニウム(カルプロニウム塩化物和水物)
    塩化カルプロニウムには、血管拡張作用による発毛・育毛効果が期待されています。

    しかし、塩化カルプロニウム単独の有効性はまだ十分に実証されていないため、ガイドラインではC1と評価されているようです。

    ◯発毛・育毛の対策として使ってもいい成分②:t-フラバノン
    t-フラバノンは、髪の毛の毛球を大きく育てることで、抜け毛を減らす働きがあるとされています。

    発毛・育毛効果を示す実験結果はあるものの、こちらも実験数が少ないため、発毛・育毛効果を断言できないのが現状です。

    ◯発毛・育毛の対策として使ってもいい成分③:アデノシン
    アデノシンは、髪の毛の成長因子を増やすことで発毛・育毛効果を発揮し、抜け毛を防ぐと言われています。

    アデノシンの有効性を示す根拠は少ないものの、副作用が軽微であるため、ガイドラインではC1の発毛・育毛治療としているようです。

    ◯発毛・育毛の対策として使ってもいい成分④:サイトプリン・ペンタデカン
    髪の成長に必要なたんぱく質の生成を促したり、抜け毛を抑制したりすることから、薄毛治療に効果があるとされています。

    ただし、実験や研究の実績が少ないため、育毛効果を断言できないのが現状です。

    ◯発毛・育毛の対策として使ってもいい成分⑤:ケトコナゾール
    ケトコナゾールは、頭皮に存在する真菌に対する抗菌作用を持った成分。

    男性の薄毛に対して行うように勧められていますが、国内で市販されている育毛剤にはケトコナゾール成分は含まれていないため注意しましょう。


    Sponsored Link
     

    育毛トニックの正しい使い方

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 6番目の画像

    「育毛トニック」や「育毛に有効な成分」の基礎知識を理解したところで、「抜け毛対策には育毛トニック!」 と使い始めようとする人は多いはず。

    しかし、育毛トニックは正しい方法で使用しなければなりません。

    間違った方法で育毛トニックを使用すると、効果が得られるどころか、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼす可能性があります。

    抜け毛、薄毛を予防するためにも「育毛トニックの正しい使い方」を理解しましょう。

    育毛トニックの正しい使い方

    • 育毛トニックの使用前にしっかりシャンプーをする
    • 育毛トニックをかけすぎない
    • 育毛トニックを使って頭皮全体をマッサージ

    育毛トニックの正しい使い方①:育毛トニックの使用前にしっかりシャンプーをする

    育毛トニックを使用するときは、育毛トニックの成分が浸透しやすいように、シャンプーで頭皮の汚れをしっかり落としてから使いましょう。

    この際、頭皮ケアとして薬用シャンプーを使ってみるのもおすすめです。

    「汚れをしっかり落とす」とは言えども、ゴシゴシとこすって洗い流すことは禁物。

    シャンプーも正しいやり方で行わなければ、かえって頭皮環境を悪化させます。

    シャンプー後はタオルで髪の水気を取ってから、育毛トニックを頭皮に直接つけ、全体に伸ばします。

    正しいシャンプーの仕方について、もっと詳しく知りたい人はこちら。

    「抜け毛」の原因はシャンプーと頭皮ケアにあるかも?

    育毛トニックの正しい使い方②:育毛トニックをかけすぎない

    「早く頭皮環境を改善したい!」 と育毛トニックを必要以上につけてはいけません。

    育毛トニックによる過剰な刺激が、頭皮の炎症を起こす可能性があるからです。

    また、過剰な血行促進作用により、低血圧症になるなど健康面への影響も心配されます。

    育毛トニックを多くつけたところで、早く頭皮環境が改善されるわけではないので、育毛トニックを使用する際は適量を心がけるようにしましょう。

    育毛トニックの正しい使い方③:育毛トニックを使って頭皮全体をマッサージ

    育毛トニックを効果的に使用するために、育毛トニックを頭皮全体に伸ばす際は頭皮マッサージをするとよいでしょう。

    頭皮マッサージは、育毛トニックを使いながら指の腹で優しく揉み込んであげます。

    育毛トニックと頭皮マッサージによって、血行促進効果が期待できるでしょう。

    花王の育毛トニック「サクセス薬用育毛トニック」

    ここでは、おすすめの育毛トニック商品を2つ紹介します。

    1つ目の育毛トニックおすすめ商品は、花王株式会社が発売している「サクセス薬用育毛トニック」。

    「サクセス薬用育毛トニック」の一番の特徴は、花王が独自開発した成分「t-フラバノン」という有効成分を配合している点。

    また、「サクセス薬用育毛トニック」は、爽快感のある「ミクロ炭酸ジェットスプレー」によって有効成分を毛根の奥まで届けられるようになったそうです。

    育毛トニックの独特の香りが気になる人がいるかもしれませんが、「サクセス薬用育毛トニック」は香りの種類も豊富。

    「サクセス薬用育毛トニック」では、数あるタイプの中から、自分好みの香りを選ぶことができます。

    育毛トニックに含まれる有効成分①:t-フラバノン

    有効成分t-フラバノンの作用・効果

    • TGF-βの活性化を抑える
    • 毛母細胞を増加させる

    花王の商品「サクセス薬用育毛トニック」に含まれる有効成分「t-フラバノン」には、育毛を妨げるTGF-βを抑制することで 、健康的な髪の毛を育てる手助けする効果があると言われています。

    また、花王独自の研究では、毛母細胞そのものを増殖する効果があると報告されています。

    育毛トニックに含まれる有効成分②:ニコチン酸アミド


    Sponsored Link
     

    ニコチン酸アミドの作用・効果

    • 血行促進
    • 皮膚を正常に保つ

    ニコチン酸アミドはビタミンB群の一種で、「ナイアシンアミド」または「ビタミンB3」と呼ばれることもあります。

    ニコチン酸アミドには酸化還元反応をサポートする作用や、血行促進効果、皮膚の状態を正常に保つ効果があると言われています。

    育毛トニックに含まれる有効成分③:ピロクトンオラミン

    ピロクトンオラミンの作用・効果

    • フケやかゆみを防ぐ
    • 殺菌効果

    花王の商品「サクセス薬用育毛トニック」に含まれる「ピロクトンオラミン」には上記のような作用・効果があります。

    ピロクトンオラミンには、頭皮のフケ・かゆみを防ぐ効果があることが報告されています。

    また、殺菌作用によって頭皮環境を清潔に保つことができるのです。

    ピロクトンオラミンは、育毛トニックだけでなく、シャンプーなどの商品にも配合されていることがあるので、気になる人は購入するシャンプーの成分表をチェックしてみましょう。

    【サクセスの育毛トニック】口コミ・評価まとめ

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 7番目の画像

    花王の商品「サクセス薬用育毛トニック」の特徴や、育毛トニックに含まれている有効成分について見てきました。

    ここからは、実際に「サクセス薬用育毛トニック」の商品を使ってみた人の感想や評価、使用感をAmazonレビューの口コミを参考に見ていきます。

    育毛トニック「サクセスの薬用育毛トニック」口コミ:「よい」と評価した人の声

    数ある商品の中から「サクセス薬用育毛トニック」を選んでいる人は、なぜ「サクセス薬用育毛トニック」を選んでいるのでしょうか。

    その理由の多くは、"爽快感"にありました。

    育毛トニックにおいて好まれるのは、「圧倒的な爽快感」。

    「サクセス薬用育毛トニック」が持つ「爽快感」が、たまらなくクセになる人もいるようです。

    また、「サクセス薬用育毛トニック」のフレッシュフローラルの香りは、若い世代が使っても違和感のない香りという意見も多くあり、若いうちから育毛トニックを使用したいという人におすすめできます。

    育毛トニックの香りが気になる人は、無香タイプの商品も展開されているため、公式サイトなどをチェックしてみましょう。

    育毛トニック「サクセスの薬用育毛トニック」口コミ:「普通」と評価した人の声

    「サクセス薬用育毛トニック」を"普通"と評価した人からは、「爽快感はあるものの育毛効果は感じられない」という声が上がっています。

    そもそも育毛トニックには発毛効果はないので、髪の毛を生やしたいという願望は叶わないでしょう。

    「サクセス薬用育毛トニック」は爽快感がとくに評価されていますが、頭皮への肌刺激や、好みの使用感を考慮しながら選ぶとよいでしょう。

    育毛トニック「サクセスの薬用育毛トニック」口コミ:「悪い」と評価した人の声

    「サクセス薬用育毛トニック」を"悪い"と評価した人からは、「値段が高く、ベタつきが気になる」「香りが好みではない」という意見が多く見受けられました。

    「サクセス薬用育毛トニック」の価格は、小売価格が具体的に定められていないオープンプライスのため、ドラッグストアや薬局の店舗によって変わってくるでしょう。

    また、頭皮のベタつきは「育毛トニックのつけすぎ」によって起こる可能性もあります。

    育毛トニックを使用する場合は、用法・用量はしっかりと守りましょう。

    以下のAmazonのリンクから購入できますので、気になった方は是非チェックしてみてください。


    Sponsored Link
     

    育毛トニック「スカルプジェット」

    おすすめの育毛トニック2つ目の商品は、「スカルプジェット」です。

    「スカルプジェット」は有効成分を含んだ育毛トニック。

    育毛トニック「スカルプジェット」の特徴は、オリジナルの豆乳発酵液や「酢酸DL-α‐トコフェロール」が配合されている点です。

    育毛トニックに含まれる有効成分①:酢酸DL‐α‐トコフェロール

    酢酸DL-α-トコフェロールの作用・効果

    • 抗炎症作用
    • 血行促進

    アンファーの商品「スカルプジェット」に含まれる有効成分「酢酸DL-αトコフェロール」に期待できる作用・効果は、上記のようなものが挙げられます。

    「酢酸DL-α-トコフェロール」はビタミンE誘導体の1つ。

    ビタミンEは、「水中で溶けにくい」という特徴があります。

    そこで、ビタミンEを水に溶けやすい状態にしたものが「ビタミンE誘導体」。

    このビタミンE誘導体である「酢酸DL-αトコフェロール」は、抗炎症作用や血行不良を改善する働きがあるため、育毛に有効な成分とされてされています。

    育毛トニックに含まれる有効成分②:グリチルリチン酸2K

    グリチルリチン酸2Kの作用・効果

    • 抗炎症作用

    アンファーの商品「スカルプジェット」に含まれる有効成分「グリチルリチン酸2K」には、上記のような作用・効果があります。

    グリチルリチン酸2Kは、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸ニカリウム」とも呼ばれることがある成分です。

    「グリチルリチン酸2K」が持つ抗炎症作用は、ハゲの原因になりうる頭皮の炎症を抑える効果が期待できます。

    「グリチルリチン酸2K」は、敏感肌向けの化粧水などに使われることがある成分でもあります。

    育毛トニックに含まれる有効成分③:タマサキツヅラフジアルカロイド

    タマサキツヅラフジアルカロイドの作用・効果

    • 抗アレルギー作用
    • 血管拡張作用

    「タマサキツヅラフジアルカロイド」は、タマサキツヅラフジの根茎から抽出される成分で、円形脱毛症の治療薬としても使われる成分の一つ。

    タマサキツヅラフジアルカロイドが持つ抗アレルギー作用によって、ハゲ・薄毛の原因となりうる頭皮の炎症を抑えることができます。

    さらに、頭皮の血行を促進し毛母細胞を活性化させることで、育毛効果が期待できるとされています。

    【スカルプDの育毛トニック】口コミ・評価まとめ

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 8番目の画像

    育毛トニック「スカルプジェット」の特徴や、育毛トニックに含まれている有効成分について解説してきました。

    そこで、「スカルプジェット」の商品を実際に使ってみた人の感想や評価をAmazonのレビューを参考にみていきます。

    育毛トニック「スカルプジェット」の口コミ:「よい」と評価した人の声

    スカルプDの育毛トニック「スカルプジェット」を"よい”と評価した人からは、「育毛トニックをスプレーした時のシュワシュワ感が好き」という意見や「ベタつき感が気にならない」という意見が見られました。

    育毛トニックは、ほぼ毎日使う人が多いと思います。

    頻繁に使う育毛トニックは、使用感や肌刺激、使用後のベタつき加減なども考慮して購入できると長く使うことができるでしょう。

    また、「ジェット噴射が強力で気持ちいい」「刺激が強めで好みである」という声もありました。

    さらに、スカルプDの育毛トニックはスプレー缶がリニューアルされて、中の液漏れ防止の効果もあるとのこと。

    頭皮への刺激が強い育毛トニックを好む人は、「スカルプジェット」の使用がおすすめです。

    育毛トニック「スカルプジェット」の口コミ:「普通」と評価した人の声

    スカルプDの育毛トニック「スカルプジェット」を"普通"と評価した人からは、「爽快感が冬場は寒い」「頭皮環境の改善目的で購入するには値段が高い」という意見が見受けられました。

    育毛トニックにはアルコールやメントールが含まれているため、使用感に爽快感があるものが多いですが、冬場や冷房の効いた室内だと寒いと感じる人もいるそうです。

    また、スカルプD「スカルプジェット」は他の育毛トニックと比較しても価格設定が高めと感じるという意見も目立ちました。

    育毛トニック「スカルプジェット」口コミ:「悪い」と評価した人の声

    スカルプDの育毛トニック「スカルプDスカルプジェット」を"悪い"と評価した人からは、「リニューアル前の方が自分の髪質に合った」「使い続けるには費用がかかる」という意見が寄せられています。

    スカルプジェットがリニューアルされたことに対して、髪質が細い人だと髪の毛のボリュームが出づらくなったり、ベタつきが増えたりなどのネガティブな意見も見られました。

    決められた用法や用量をしっかり守って育毛トニックを使用することで、ベタつきなどが軽減される可能性もあります。

    育毛トニック「スカルプジェット」は、以下で購入できます。


    Sponsored Link
     

    育毛トニックをより効果的に使うには?

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 9番目の画像

    これまで、育毛トニックの正しい目的・効果などを紹介してきました。

    育毛トニックに発毛効果を期待していた人にとっては、「育毛トニックに発毛効果はない」というのは少し残念な事実かもしれません。

    しかし、育毛トニックは、正しい使い方をすれば「髪の毛のケア・抜け毛やハゲの予防」として大いに役立つアイテムです。

    「自分の薄毛はまだ大丈夫」と過信して手遅れになってしまう前に、育毛トニックで頭皮環境の改善・抜け毛の予防を始めてみてはいかがでしょうか? 

    頭皮の状態にあった育毛トニックを使う

    育毛トニックを選ぶ際は、自分の頭皮の状態に合った商品を選ぶことが重要です。

    自分に合わないものを無理して使い続けてしまうと、頭皮の炎症を起こし、頭皮環境の悪化につながるおそれがあります。

    敏感肌や乾燥肌の人はとくに、育毛トニックに含まれるアルコールで炎症を起こすこともあります。

    肌が弱い人のためにアルコールが含まれていない商品も売られているので、自分の肌質に合わせて商品を選ぶようにしましょう。

    育毛対策は育毛トニック以外にも

    育毛剤と何が違うの? 育毛トニックの効果と正しい使い方 10番目の画像

    育毛トニックは、薄毛予防の手助けとなる商品です。

    しかしながら、育毛トニックだけでは髪の毛の健康を保つことはできません。

    育毛トニックでケアしていれば万全!」と思い込んでしまうと危険です。

    日常生活のちょっとした習慣を変えるだけで、髪の毛の健康維持や育毛対策に役立つこともあるため、育毛トニックの使用と一緒に生活習慣の見直しもしてみましょう。

    育毛対策に重要なポイント①:食生活

    食生活の乱れは、髪の毛の健康や薄毛の原因に関わります。

    「過度なダイエットで、髪の成長に必要な栄養が摂取できない」「脂っこいものを過剰に摂取する」などの食生活は、頭皮環境の悪化を招くおそれがあるのです。

    昨今では栄養摂取の手助けをしてくれるサプリメントが充実していますが、原則食事から栄養を取り入れるのが好ましいとされています。

    身体の健康のためだけでなく育毛対策のためにも、しっかりと栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。

    育毛対策に重要なポイント②:飲酒・喫煙

    髪の毛の健康・育毛に関わる、アルコールの過剰摂取や喫煙。

    アルコールを摂取すると、体内でアルコールを分解する際に、アミノ酸が多く消費されます。

    「アミノ酸」は、育毛に必要な成分の1つであるため、アルコールを過剰に摂取してアミノ酸をたくさん使ってしまうと、頭皮に栄養が行き届かず、髪の毛が栄養不足になってしまうのです。

    また、タバコに含まれるニコチンの血管収縮作用は、頭皮の血行不良を引き起こします。

    頭皮の血行不良で髪の毛に十分な栄養が届かなくなり、栄養不足になる可能性があるのです。

    無理のない程度にアルコールやニコチンの摂取を控えることも、育毛対策につながるでしょう。

    育毛対策に重要なポイント③:ストレス

    ストレスが溜まると、血管が収縮し、頭皮の血行不良につながります。

    頭皮が血行不良に陥ると、髪の毛が栄養を摂取することができず、栄養不足の状態になります。

    髪の毛に栄養が行き渡らないと、育毛にも悪影響をおよぼすため、注意が必要です。

    健康な髪の毛を育てるためにも、ストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。

    育毛対策に重要なポイント④:運動

    運動不足の解消も、髪の毛の健康維持のためには重要です。

    運動をすると全身の血行がよくなるため、頭皮の血行促進につながり、育毛対策に有効です。

    また、適度な運動はストレス解消にもつながるので一石二鳥といえるでしょう。

    育毛対策に重要なポイント⑤:睡眠

    十分な睡眠を取り、睡眠の質を上げることも、育毛対策につながります。

    育毛には「成長ホルモン」が関係しており、その成長ホルモンが最も分泌されるのが「睡眠中」だと言われています。

    したがって、睡眠不足が続いた状態では、育毛にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

    育毛対策の上では、睡眠の質にも気を配り、睡眠時間をできるだけ確保するとよいでしょう。

    効果的な育毛対策は育毛トニックではなく病院へ!

    頭皮環境改善の手助けとなる育毛トニックですが、医薬部外品や化粧品に分類される育毛トニックには発毛効果がないため、根本的な育毛・発毛対策にはなりません。

    薄毛が気になり始めた人の多くが持つ「育毛トニックで育毛対策していれば、髪の毛はそのうち生えてくるだろう! 」という考えは間違いです。

    効果的な育毛対策を始めるのであれば、AGA専門のクリニックを受診するのがよいでしょう。

    AGA専門クリニックのカウンセリングでは、専門医から育毛の正しい知識・治療について話を聞くことができます。

    また、多くのAGA専門クリニックで、初回の診察を無料にしています。

    市販の育毛トニックで自己流のケアを始める前に、専門のクリニックを上手に活用して効果的な育毛対策を始めましょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー