生える人をふやす

    2017年10月27日 更新

    ハゲる遺伝子が存在するって本当? 遺伝に抗うための薄毛対策

    「ハゲは遺伝する」という言説を耳にしたことはありますか? たしかに、ハゲは遺伝子によって、親から子へと受け継がれる側面があります。AGA(男性型脱毛症)を発症しやすい、つまりハゲやすい体質かどうかは、遺伝子レベルで決まっているのです。実際に遺伝子検査で、自分が「ハゲやすい遺伝子」を持っているのかを知ることができます。
    しかし、もしあなたがハゲやすい遺伝子の持ち主だったとしても、絶望する必要はありません。現在は、遺伝的にハゲやすい人も、AGA治療薬によって薄毛を治療することができます。
    今回のAGA+では、ハゲやすい遺伝子の実態と、生活習慣に関するハゲ予防、遺伝的なハゲのための薄毛対策について解説します。

    「ハゲ」は遺伝するの?

    「ハゲが遺伝する」という言説は、部分的に正しいと言えるでしょう。

    AGA(男性型脱毛症)によるハゲは、とある物質が原因で発症します。

    その物質に関する情報の一部が、遺伝によって親から子へと受け継がれる可能性があるため、「ハゲが遺伝する」というのも、部分的には正しいということになるのです。

    しかし、ハゲやすい遺伝子を持っている人のすべてがハゲるわけではありませんし、ハゲやすい遺伝子を持っていない人がハゲてしまうこともあります。

    それを念頭において、ハゲの遺伝子について詳しく見ていきましょう。

    遺伝が関係すると言われるハゲ「AGA」

    男性を悩ませるAGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性ホルモンと遺伝による脱毛症です。

    日本では、およそ1,200万人もの男性がAGAによる薄毛に悩んでいると言われています。

    AGAによるハゲでは、男性ホルモンの働きによって髪の毛が抜け、薄毛が進行していきます。

    ハゲを引き起こす男性ホルモンに関する情報の一部を伝えるのが、遺伝子なのです。

    AGAによるハゲの原因は男性ホルモンと遺伝子

    AGA(男性型脱毛症)によるハゲに関わる男性ホルモンは、脱毛指令を発する「ジヒドロテストステロン(DHT)」。

    ハゲの原因であるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成には、「5αリダクターゼ」という酵素の働きが関係します。

    この5αリダクターゼの働きと、ジヒドロテストステロンを感知する器官の感度には、遺伝子が深く関わっているのです。

    AGAによるハゲのメカニズム

    男性ホルモンの働きによってハゲてしまうAGA(男性型脱毛症)について、そのメカニズムを簡単に知っておきましょう。

    まず、誰もが持っている男性ホルモンであるテストステロンに、5αリダクターゼという酵素が結びつき、脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロンが生成されます。

    このジヒドロテストステロンを、髪の毛の毛根部分にある男性ホルモン受容体である「アンドロゲンレセプター」という器官が感知することで、毛周期が乱され薄毛が進行してしまうのです。

    ちなみに、AGAによる薄毛は進行性。

    つまり、一度AGAによる薄毛が発症すると、治療によって男性ホルモンの活動を抑えない限り、ハゲの進行は止まらないのです。

    【ハゲの原因】ハゲが遺伝する「薄毛遺伝子」とは?

    ハゲやすい遺伝子には、2種類あります。

    将来的に薄毛決定? ハゲやすい遺伝子2つ

    • ハゲやすい遺伝子①:アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)の感受性が高い遺伝子
    • ハゲやすい遺伝子②:5αリダクターゼの活性が高い遺伝子

    ハゲは誰から遺伝する?

    理論上、ハゲは母親と父親のどちらからでも遺伝する可能性があるのです。

    2種類あるハゲやすい遺伝子のうち一つは、性染色体の一つである「X染色体」に存在し、このX染色体は、男性の場合、母親から遺伝すると言われています。

    よって、母親や母方の祖父母に薄毛の傾向がある場合は、ハゲやすい遺伝子を受け継いでいる可能性があります。

    2種類あるハゲやすい遺伝子のもう一つは、優性の遺伝子であるため、両親のどちらかが持っていれば、子に遺伝してしまうおそれがあるのです。

    よって、「母方でハゲている人はいないから大丈夫!」というわけではありません。

    両親のどちらかが、ハゲやすい優性の遺伝子を持っていた場合は、間違いなく受け継がれます。

    ハゲやすい遺伝子②:アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子

    ハゲやすい遺伝子の一つ目は、アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子です。

    アンドロゲンレセプターとは、毛根の毛乳頭部分に存在する、ジヒドロテストステロンを感知する器官(男性ホルモン受容体)です。

    このアンドロゲンレセプターについても、感受性が高いほどジヒドロテストステロンの影響を強く受け、薄毛を促進しやすくなるのです。

    そして、アンドロゲンレセプターの感受性を決めているのが、X染色体に存在する遺伝子。

    男性の場合、X染色体は母親から遺伝するため、アンドロゲンレセプターの感受性を決めるのは母親から受け継いだ遺伝子なのです。

    母方の家系に薄毛の人が多い場合、アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子を受け継いでいる可能性があるでしょう。

    ハゲやすい遺伝子②:5αリダクターゼの活性が高い遺伝子

    ハゲやすい遺伝子の二つ目は、5αリダクターゼの活性が高い遺伝子です。

    AGA(男性型脱毛症)の原因物質の一つである、5αリダクターゼ。

    この5αリダクターゼの活性、つまり「働きが活発であるかどうか」は、遺伝子レベルで決められています。

    5αリダクターゼの活性が高いほど、ジヒドロテストステロンの生成も活発に行われるため、ハゲやすくなります。

    よって、5αリダクターゼの活性が高い遺伝子を持っている人は、この遺伝子を持っていない人に比べてハゲやすいというわけです。

    この遺伝子は、両親のどちらかが持っていれば子に受け継がれる、優性のハゲ遺伝子。

    両親の家系のどちらかに薄毛の傾向があるという人には、ハゲ遺伝子の影響を受けるかもしれません。

    ハゲやすい遺伝子を持っているかは遺伝子検査でわかる!

    ハゲやすい2つの遺伝子について、これらを持っているかどうか、遺伝子検査によって知ることができます。

    「自分は、5αリダクターゼの活性が高い遺伝子を受け継いでいてハゲやすいのかも?」

    「母親から受け継いだX染色体を調べたら、アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子で、ハゲやすいかも?」

    「ハゲやすい遺伝子を持っていたらどうしよう」と心配になってしまった人は、一度遺伝子検査を受けてみてもいいでしょう。

    ハゲやすい遺伝子を持っているか調べる遺伝子検査を行うことで、薄毛治療薬がどのくらい効きやすい体質かなどもわかるため、今後の薄毛治療に役立つかもしれません。

    ハゲの遺伝子検査における「CAG」「GGC」の意味

    ハゲの遺伝子検査を受けると目にするのが、「CAG」や「GGC」という文字。

    これらは、染色体の中に存在するDNA塩基の頭文字をとったものです。

    Cはシトシン、Aはアデニン、Gはグアニンの頭文字で、これらは、男性の場合母親から受け継がれるX染色体の中に存在します。

    X染色体の中の、アンドロゲンレセプターの感受性を決める遺伝子では、これらが「CAG」の順で繰り返されている箇所があります。

    この「CAGリピート」が何回繰り返されているかによって、AGA治療薬の成分「フィナステリド」が効きやすいかどうかがわかるとされています。

    また、この「CAGリピート」の数と、グアニンとシトシンによる「GGCリピート」の数を合計することで、AGAによる薄毛を発症しやすいかどうかがわかると考えられているのです。

    要するに、CAGやGGCの羅列は、ハゲ遺伝子の指標なのです。

    ハゲの遺伝子検査を病院で行う場合

    遺伝子検査は、病院で行う場合と、検査キットによって自宅で行う場合があります。

    まずは、病院で遺伝子検査を行う場合について説明しましょう。

    遺伝子検査を実施している病院はたくさんありますが、薄毛遺伝子に関する結果が得られるかどうかは、病院によって異なります。

    病院で遺伝子検査を受けたい人は、申し込む前に、薄毛に関する遺伝情報が得られるかどうかを病院に問い合わせておくと安心です。

    薄毛に関する遺伝情報について知りたい場合、AGA専門クリニックがおすすめ。

    病院での遺伝子検査では、血液検査によって採取した血液や、口腔粘膜細胞(頬の内側の細胞)を使用して遺伝子を解析します。

    2~3週間ほどで結果が出て、ハゲやすい遺伝子を持っているかどうかが明らかになります。

    ハゲの遺伝子検査を検査キットで行う場合

    遺伝子検査キットを使用すれば、病院へ行かなくても、自宅で気軽に遺伝子検査を行うことができます。

    遺伝子検査キットの使い方はとても簡単。

    専用のスティックで口の中をこすって、口腔粘膜細胞を採取するだけです。

    採取したものを検査機関に送れば、2~3週間ほどで結果が届きます。

    遺伝子検査キットには、薄毛に関する遺伝情報を知ることができるもの以外にも、さまざまな種類があります。

    遺伝子検査キットを購入する際は用途に合ったものを選び、買い間違いのないように注意しましょう。

    ハゲの遺伝子検査では薬の効き方もわかる

    遺伝子検査を行うと、薬が効きやすい体質かどうかを知ることもできます。

    X染色体内の「CAGリピート」の数で、AGA治療薬の成分であるフィナステリドが効きやすいかどうかわかるのです。

    フィナステリドは、5αリダクターゼがテストステロンと結びつくのを抑え、ジヒドロテストステロンの生成を食い止める作用によってハゲを改善してくれる、AGAの治療成分。

    遺伝子検査によって、フィナステリドが効きにくい体質であることがわかれば、無駄な治療を省いて他の薄毛治療を試すことができます。

    それだけでも、ハゲやすい遺伝子を持っているか検査をする価値があるでしょう。

    ハゲの遺伝子検査にかかる費用の相場

    ハゲの遺伝子検査にかかる費用の相場

    • AGA専門クリニックなど医療機関を介してハゲの遺伝子検査を行う場合……約19,000~20,000円(※別途で初診料が4,000~5,000円かかる場合あり)
    • 自宅で検査キットを使ってハゲの遺伝子検査を行う場合……約10,000~15,000円

    ハゲの遺伝子検査にかかる費用は、病院で行う場合と自宅で行う場合とで大きく異なります。

    病院やAGA専門クリニックなどの医療機関を介して遺伝子検査を行う場合、検査費用の相場は19,000~20,000円程度

    この場合、遺伝子検査費用のほか、クリニックの初診料が4,000~5,000円かかる場合もあります。

    一方、自宅で遺伝子検査を行う場合は、検査キットの購入費用が10,000~15,000円程度です。

    クリニックを介して遺伝子検査を行うよりもだいぶ安価なので、「自分がハゲやすいかちょっと興味がある」という軽い気持ちで検査を行う人は、自宅で検査キットを利用するのがいいかもしれません。

    「薄毛に関して他にも色々相談したい!」という人は、AGA専門クリニックの無料カウンセリングがてら、病院で遺伝子検査を行ってみてはいかがでしょうか。

    ハゲの原因は遺伝だけではなく、生活習慣に潜んでいる

    大前提として、ハゲやすい遺伝子を持っているから100%ハゲるわけでも、ハゲやすい遺伝子を持っていないからハゲる可能性が0%であるわけでもありません。

    ハゲの原因となり得るものは、他にもたくさんあり、生活習慣のあちらこちらに潜んでいるのです。

    あなたをハゲさせる、あるいはハゲを助長させる可能性のある原因を知っておきましょう。

    遺伝子だけが全てではない! ハゲに関係する要素

    • ハゲが悪化する原因①:頭皮環境の悪化
    • ハゲが悪化する原因②:偏った食生活
    • ハゲが悪化する原因③:ストレス
    • ハゲが悪化する原因④:運動不足
    • ハゲが悪化する原因⑤:飲酒や喫煙
    • ハゲが悪化する原因⑥:外部からの刺激

    ハゲが悪化する原因①:頭皮環境の悪化

    劣悪な頭皮環境を放置すると、ハゲの原因となりかねません。

    頭皮環境は、さまざまな原因によって悪化していきます。

    頭皮の皮脂量が適量ではなかったり、頭皮の血行が悪かったり、頭皮に傷がついていたりすると、薄毛が進行する可能性があるのです。

    頭皮環境は、保湿や血行促進、栄養補給などの効果が期待できる育毛剤によってケアすることができます。

    しかし、育毛剤にできることはあくまで「頭皮環境のケア」だけであることを覚えておいてください。

    育毛剤には、男性ホルモンに作用してAGA(男性型脱毛症)の薄毛を治す効果はありません。

    AGAによる薄毛に対して育毛剤を使っている人は、種を撒いていない畑にせっせと肥料をやっているようなもの。

    畑に肥料を撒く前に、まずは種を撒きましょう!

    ハゲが悪化する原因②:偏った食生活

    偏食が続くと、ハゲてしまう可能性があります。

    例えば、「ラーメンを食べるとハゲる」というウワサを聞いたことはありませんか?

    言い回しは極端ですが、「脂っこいものを過剰に摂り過ぎると、頭皮の皮脂が過剰分泌されて頭皮環境が悪化し、薄毛につながる」ということです。

    脂質だけでなく、血行不良の原因となる塩分過多な食事も、ハゲのもとと言えるでしょう。

    野菜中心の整った食生活を心がけ、ビタミン類やたんぱく質を十分に摂取することが薄毛対策につながります。

    偏食による頭皮環境の悪化でハゲないためにも、日ごろからバランスのとれた食事を心がけてください。

    ハゲが悪化する原因③:ストレス

    「ストレスが多いからハゲる」というのは言い過ぎですが、ストレスがハゲの原因の一端を担う可能性はあります。

    過度なストレスを溜め込むと、自律神経の乱れによる血行不良を導き、頭皮環境が悪化するため、薄毛につながる場合があるのです。

    また、慢性的なストレスは自律神経を乱し、円形脱毛症を引き起こすおそれがあります。

    ストレスを溜め込みがちな人は、ストレスがきっかけで薄毛になってしまわないよう、十分に睡眠をとったり、運動や趣味で気分転換をしたり、工夫をしましょう。

    ハゲが悪化する原因④:運動不足

    運動不足も、血行不良を招くため、ハゲの原因となりえます。

    逆に言えば、運動することはとてもいい薄毛対策方法です。

    運動による薄毛予防効果は、血行促進やストレス解消が見込めるだけではありません。

    運動をすると、AGA(男性型脱毛症)の原因物質の一つである男性ホルモン「テストステロン」が、筋肉増量や骨の生成に使われます。

    十分に運動をしていれば、運動していない人よりは、AGAの影響を抑えることができるかもしれません。

    ハゲ予防のためにも、エスカレーターではなく階段を使う、一駅分ウォーキングをするなど、普段の生活に有酸素運動を取り入れましょう。

    ハゲが悪化する原因⑤:飲酒や喫煙

    飲酒や喫煙などの生活習慣も、過度になるとハゲの原因となる可能性があります。

    適量のお酒は身体にいいと言いますが、飲み過ぎは禁物。

    アルコールをたくさん摂取すると、その代謝に亜鉛などの栄養分が使われるため栄養不足になるだけでなく、頭皮の皮脂を増加させてしまうおそれもあるのです。

    また、アルコールの代謝時に発生するアセトアルデヒドが、ジヒドロテストステロンを増加させ、薄毛になりやすくしてしまうという説もあります。

    喫煙習慣は、血管収縮による血行不良や、ニコチンの作用によるビタミン不足を招き、頭皮環境を悪化させてしまいます。

    ハゲないためにも、飲酒や喫煙はほどほどにしましょう。

    ハゲが悪化する原因⑥:外部からの刺激

    外部からの物理的な刺激が原因で抜け毛が増え、ハゲてしまう場合があります。

    毎日きつい帽子やヘルメットを長時間かぶっていたり、髪の毛を強く引っ張るポニーテールのような髪型を続けたりしていると、毛根部分に力が加わり、髪の毛が抜けやすくなるのです。

    髪の毛を触る何気ない動作や、分け目がいつも同じであることなど、抜け毛が増えて薄毛につながる外的要因は少なくありません。

    サイズがきつめの帽子を頻繁にかぶっていたり、髪を強く引っ張ったりする生活習慣が続いている人は、改善を図りましょう。

    ハゲの遺伝子を持っていたらどうする? 今からできる薄毛予防!

    「ハゲの遺伝子検査をしたら、自分はハゲやすい人だった!」

    もしハゲやすい遺伝子を持っていたとしても、必要以上に焦る必要はありません。

    生活習慣に取り入れられる、ハゲ対策・薄毛予防法を紹介します。

    ハゲ遺伝子にも負けない生活習慣を! ハゲ対策・薄毛予防法

    • ハゲ対策・薄毛予防法①:育毛剤を使用する
    • ハゲ対策・薄毛予防法②:自分に合ったシャンプーを選ぶ
    • ハゲ対策・薄毛予防法③:正しいシャンプー方法を実践する
    • ハゲ対策・薄毛予防法④:バランスのとれた食事を取る
    • ハゲ対策・薄毛予防法⑤:ストレスをためない
    • ハゲ対策・薄毛予防法⑥:飲酒や喫煙を控える
    • ハゲ対策・薄毛予防法⑦:規則正しい生活習慣を心がける

    今からできるハゲ対策・薄毛予防①:育毛剤で頭皮環境を整える

    育毛剤は、ハゲる前に使うべきであることを知っていましたか?

    ハゲた後に育毛剤を使っても、育毛剤には髪の毛が生えてくる成分は含まれていないため、劇的な効果は期待できません。

    育毛剤は、ハゲる前の薄毛予防・頭皮ケアとして使うのがおすすめです。

    育毛剤の成分には、血行促進や保湿、栄養補給などの効果が期待できます。

    頭皮に塗布して使用し、薄毛に強い、理想の頭皮環境の実現を目指しましょう。

    今からできるハゲ対策・薄毛予防②:自分に合ったシャンプーを選ぶ

    毎日のケアに欠かせない「シャンプー」。

    自分に合ったシャンプーを選ぶことが、薄毛予防の第一歩です。

    シャンプーは、使用されている界面活性剤によって種類が異なります。

    ドラッグストアなどで安く手に入るシャンプーの多くは、石油系(高級アルコール系)シャンプー。

    乾燥肌の人は、低刺激で洗浄力の控えめなアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

    逆に、頭皮がオイリーな人は、やや洗浄力の強い石鹸系シャンプーを選ぶといいでしょう。

    他にも、頭皮環境をケアするために作られた「育毛シャンプー」なども販売されています。

    遺伝子に負けないハゲ対策・薄毛予防として、一度試してみてもいいかもしれません。

    今からできるハゲ対策・薄毛予防③:正しいシャンプー方法を実践する

    いいシャンプーを選んでも、ケア方法が雑では、ハゲやすい遺伝子に負けてしまいます。

    頭皮を清潔かつ健康に保ってハゲを予防するための、正しいシャンプーケア方法を理解しておきましょう。

    まず、シャンプーは一日1回と決めて、2回以上のシャンプーによる洗髪は控えるべきです。

    一日に何回もシャンプーで髪を洗うと、皮脂の分泌異常を引き起こし、頭皮にかえって悪影響を及ぼす可能性があります。

    洗髪する際は、まず最初に38度~40度のお湯で髪の毛をよく濡らします。

    シャンプーをてのひらでよく泡立ててから、髪の毛と頭皮全体になじませましょう。

    全体を洗うときは、爪を立てないように注意して、指の腹で揉むように洗います。

    そうして全体を洗い終えたら、すすぎ残しがないよう、シャワーでよく流してください。

    また、お風呂上がりは自然乾燥ではなく、ドライヤーを使って髪を乾かしましょう

    シャンプーの洗剤が残っていたり、髪を濡れたまま放置したりすると、雑菌が繁殖する原因になります。

    日々のシャンプーケアを怠らないようにして、ハゲを撃退しましょう。

    正しいシャンプー方法についてもっと詳しく知りたい人はこちら
    【プロが監修】ハゲる前に正しくシャンプー! 髪のプロが教える、薄毛を防ぐ髪の洗い方

    今からできるハゲ対策・薄毛予防④:バランスのとれた食事を取る

    ハゲ対策に欠かせないのは、バランスのとれた食事を心がけることです。

    健康な髪の毛が育つためには、たくさんの栄養分が使われます。

    髪の毛を構成するのは、ケラチンというたんぱく質。

    このケラチンは、18種類のアミノ酸が結合してできています。

    このアミノ酸の結合を助けるのは、「髪の毛にいい」というウワサをよく聞く、亜鉛です。

    そして、ビタミン類が、たんぱく質をアミノ酸に分解したり、アミノ酸の代謝を促したりして、健康な髪の毛が作られているのです。

    偏食のせいでこれらの栄養分が不足しては、頭皮が健康でも、細く弱々しい髪の毛ばかりになってしまいます。

    食事が偏りがちな人は、野菜を中心に、肉や魚、大豆、炭水化物など、バランスのよい食事を取るように心がけましょう。

    今からできるハゲ対策・薄毛予防⑤:ストレスをためない

    「ハゲやすい遺伝子を持っていた……」と落ち込んで、ストレスを感じてはいけません。

    ハゲやすい遺伝子を持っていても、しっかりと対策すればハゲを予防できます。

    そして、ストレスを溜め込むことは、心にも身体にも、そして頭皮にもよくないのです。

    自律神経が乱れて血行が悪くなり、頭皮環境も悪化して、薄毛が進行する可能性があります。

    身体を動かし、よく眠り、美味しいものを食べ……、ストレスをためない生活習慣を心がけましょう。

    今からできるハゲ対策・薄毛予防⑥:飲酒や喫煙を控える

    過度な飲酒や喫煙などの生活習慣は、頭皮環境を悪化させてハゲのリスクを高めるおそれがあります。

    暴飲を続けているうち、気付いたら「ハゲの遺伝子」に負けて髪がなくなっていた……なんてことになっては困りますよね。

    何事も“ほどほど”が肝心。

    付き合いのお酒や晩酌、食後の一服の習慣がある人は、可能な範囲で少しずつ減らしていきましょう。

    今からできるハゲ対策・薄毛予防⑦:規則正しい生活習慣を心がける

    頭皮の健康は、身体の健康と密接に結びついています。

    身体を壊すような乱れた生活習慣を繰り返している人は、必然的に頭皮も荒れ、遺伝子に関係なくハゲやすくなってしまいます。

    食生活や睡眠、適度な運動など、健康的な生活習慣を意識しましょう。

    心も身体も健康になれば、頭皮もきっと健康になります。

    ハゲやすい遺伝子によるハゲも治療で治せる?

    「ハゲやすい遺伝子を持っているから、ハゲが始まったらもう抵抗できないんだ……」

    ハゲやすい遺伝子のせいでハゲが治らないと思っている人がいたら、それは大きな間違いです。

    遺伝の影響を受けるハゲは、AGA(男性型脱毛症)。

    現在では、科学的に効果を証明されたAGA治療薬による服薬治療が実現されています。

    遺伝子レベルでハゲやすいからといって、諦めるのはまだ早いのです。

    効果が認められているハゲ・薄毛治療薬なら、遺伝子にも負けない!

    現在、遺伝子レベルのハゲにも負けないAGA治療薬は、3種類あります。

    血行促進効果によって発毛を促す、「ミノキシジル」。

    そして、5αリダクターゼの働きを抑えることで、ジヒドロテストステロンの生成をブロックする、「プロペシア(フィナステリド)」と「ザガーロ(デュタステリド)」です。

    これらのAGA治療薬なら、遺伝子によって「5αリダクターゼの活性が高い」「アンドロゲンレセプターの感受性が高い」と決まっていても、確実にハゲを治療できるのです。

    AGA治療薬は、AGA専門クリニックで処方してもらうことができます。

    「最近ハゲてきた……」という人は、「でもどうせ、ハゲやすい遺伝子だから」と諦めず、AGA専門クリニックを訪ねましょう!

    薄毛やハゲやすい遺伝子について気になったらまずは病院で相談を

    「もしかして、薄毛かも?」

    「親戚にハゲが多いけど、自分にも薄毛になりやすい遺伝子があるのかな?」

    薄毛やハゲやすい遺伝子について少しでも気になった人は、近くのAGA専門クリニックで医師に相談してみましょう。

    多くのAGA専門クリニックが、無料カウンセリングを実施しています。

    今は、ハゲやすい遺伝子を持っていても、ハゲを打ち破れる時代です。

    ハゲやすい遺伝子に負けず、ふさふさの髪の毛をキープ・ゲットしましょう!


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加