生える人をふやす

    2017年12月21日 更新

    進行性のハゲには早めの治療が必要! 早期対策が重要な理由って?

    AGAによるハゲは自然治癒しません。加えて進行性であるという特徴を持つため、放置していれば頭頂部や生え際の薄毛はどんどん進行してしまいます。
    男性に見られるハゲ・薄毛の多くは、男性ホルモンが原因であるAGAの症状だと言われており、AGA治療薬によって進行を防止することができます。

    ハゲ・薄毛はどのように進行する?

    現在、ハゲ・薄毛に悩んでいる成人男性は、日本全国で約1,200万人

    このハゲ・薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)による影響だと言われています。

    また、AGAによるハゲの進行にはある特徴があるようです。

    AGA(男性型脱毛症)によるハゲは、M字・O字に進行する

    日本では、3人に1人がAGAによるハゲ・薄毛であると言われています。

    多くの男性が悩むAGAによるハゲ・薄毛の症状は、主におでこの生え際からハゲが進行するM字タイプ頭頂部からハゲが進行するO字タイプに分けられます。

    前頭部・頭頂部からハゲ・薄毛が進行している場合、AGAの影響である可能性が高いでしょう。

    AGA(男性型脱毛症)によるハゲの進行パターンを記した「高島分類」

    AGAの進行パターンには、前頭部から進行するタイプ、頭頂部から進行するタイプ、前頭部・頭頂部の両方から進行するタイプがあります。

    このAGAの進行パターンを分類したのが「高島分類」です。

    高島分類は、現在もAGAによるハゲ・薄毛の進行レベルの目安として、多くのAGA専門クリニックで用いられているようです。

    AGA(男性型脱毛症)による薄毛の初期段階

    • 分類レベルⅠ:AGAによる脱毛が始まっているかもしれないが、自覚するまでに至らない状態
    • 分類レベルⅡ:左右の生え際が少しずつ後退し始め、M字型になりそうな状態
    • 分類レベルⅡ-a:おでこの生え際全体の後退が始まっている状態

    *高島分類におけるⅡ-a型までの初期段階であれば、AGAの治療効果は高いと言われています。

    AGA(男性型脱毛症)による薄毛の進行パターン

    • 分類ⅡVertex:Ⅱ型に加え、頭頂部も薄くなり始めた状態
    • 分類レベルⅢ:Ⅱ型がさらに進行した状態
    • 分類レベルⅢ-a:Ⅲ型に加え、さらに前頭部も徐々に薄くなる状態
    • 分類レベルⅢVertex:Ⅲ型に加え、頭頂部の薄毛がさらに進行した状態
    • 分類レベルⅣ:おでこの生え際がさらに後退し、頭頂部の薄毛も進行した状態
    • 分類レベルⅣ-a:Ⅳ型に加え、前頭部の薄毛がさらに進行した状態
    • 分類レベルⅤ:Ⅳ型の薄毛がさらに進行した状態
    • 分類レベルⅤ-a:Ⅴ型に加え、前頭部の薄毛がさらに進行した状態
    • 分類レベルⅥ:前頭部と頭頂部の薄毛がつながった状態
    • 分類レベルⅦ:Ⅵ型がさらに進行し、側頭部の毛量も少なくなってきた状態

    日本人の薄毛は頭頂部から進行すると言われており、高島分類の中でもⅡVertex型の進行パターンが多いと言われています。

    進行性のハゲ「AGA(男性型脱毛症)」の原因って?

    AGA(男性型脱毛症)によるハゲ・薄毛は、前頭部や頭頂部から進行していきます。

    進行性であるという特徴を持つAGAの原因とは、一体何なのでしょうか?

    ハゲが進行する原因①:男性ホルモン

    ハゲが進行する原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンです。

    前頭部・頭頂部に存在する男性ホルモン受容体が、ジヒドロテストステロンを感知すると、脱毛を促すシグナルが発せられます。

    このシグナルによって、髪の毛の成長が阻害され、ハゲは進行するのです。

    また、ジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつくことによって発生します。

    テストステロンは、本来、性欲や筋肉・骨の形成に関わる重要なホルモンですが、5αリダクターゼによって、ハゲを進行させる脱毛ホルモンに変換されてしまうのです。

    ハゲが進行する原因②:遺伝

    「ハゲ・薄毛は遺伝する」と噂されていますが、事実、ゲ・薄毛に関係する遺伝子情報は存在すると考えられています

    ハゲの進行に関係する可能性がある遺伝子情報は、主に2つ。

    ハゲとの関係が疑われる遺伝子情報

    • ハゲとの関係が疑われる遺伝子情報①:男性ホルモン受容体の感受性
    • ハゲとの関係が疑われる遺伝子情報②:5αリダクターゼの活性

    ハゲの進行には、男性ホルモン受容体の感受性が大きく関係しており、この感受性に関する情報が遺伝する可能性があるのです。

    この男性ホルモン受容体の感受性が高いと、ジヒドロテストステロンを感知しやすいため、脱毛を促すシグナルが作られやすくなります。

    男性ホルモン受容体の感受性に関わる遺伝子情報は、X染色体に存在すると言われており、両親のいずれかが感受性の高い遺伝子情報を持っていた場合、子に引き継がれる可能性があるのです。

    また、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの分泌量も遺伝が関係すると言われています。

    この5αリダクターゼの分泌量が多いほど、ジヒドロテストステロンが生成されやすく、ハゲが進行しやすくなるのです。

    5αリダクターゼの活性が高い遺伝子は、顕性(優性)遺伝すると言われているため、親のいずれかが5αリダクターゼの分泌量が多い遺伝子情報を持っていると、ハゲが進行しやすいおそれがあります。

    ハゲの進行に関わる遺伝子情報は、AGA専門クリニックなどで行われている遺伝子検査で知ることができます。

    ハゲ・薄毛を進行しやすくする原因って?

    ハゲ・薄毛が進行する多くの原因は、男性ホルモンの影響と言われています。

    しかし、髪の毛の健康を保つためには、栄養を十分に保った頭皮環境が必要です。

    また、ハゲ・薄毛を引き起こす脱毛症の中には、頭皮環境の乱れが原因となるものがあります。

    頭皮環境が乱れる原因についても知っておきましょう。

    ハゲが進行しやすくなる原因①:生活習慣

    頭皮は髪の毛に覆われていますが、皮膚の一部。

    皮膚によくない生活習慣は、頭皮環境の乱れにも関係してくるのです。

    頭皮環境の乱れを引き起こす生活習慣

    • 頭皮環境の乱れを引き起こす生活習慣①:偏食
    • 頭皮環境の乱れを引き起こす生活習慣②:睡眠不足
    • 頭皮環境の乱れを引き起こす生活習慣③:運動不足
    • 頭皮環境の乱れを引き起こす生活習慣④:飲酒・喫煙

    思い当たる生活習慣はありますか?

    慢性的な生活習慣の乱れは、ハゲだけでなく、頭皮の炎症を引き起こす原因にもなり得ます。

    頭皮環境の乱れはハゲの直接的な原因ではありませんが、髪の毛の健康を保つためにも、一度生活習慣を見直してみてもいいかもしれません。

    ハゲが進行しやすくなる原因②:ストレス

    ストレスもハゲが進行しやすくなる原因の一つと考えられています。

    慢性的なストレスは、血行不良や消化器機能の低下を引き起こすおそれがあるのです。

    血行不良によって頭皮の血流が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が不足しがちになり、ハゲの進行が深刻化する可能性があるでしょう。

    「円形脱毛症によるハゲの原因はストレスだ」と噂されていますが、近年有力視されているのは自己免疫疾患による免疫異常

    しかし、慢性的なストレスは血行不良だけでなく、免疫系にも影響を与える可能性があるため、円形脱毛症などのハゲと無関係ではなさそうです。

    ハゲ・薄毛の進行を止めるには?

    AGAによるハゲ・薄毛は、自然治癒することがないため、適切な対策をとらなければ改善できません。

    男性ホルモンが原因のハゲは、効果が認められている治療薬によって、進行を食い止めることができます。

    ハゲの進行は投薬治療によって防止・改善できる

    日本皮膚科学会と毛髪科学研究会は、2010年に男性型脱毛症診療ガイドラインを策定し、ハゲの効果的な治療法を示しています。

    このガイドラインでは、進行性のハゲであるAGAの効果的な治療法を5段階で評価しており、もっとも有効なハゲ・薄毛治療は、AGA治療薬による投薬治療であるとされました。

    男性型脱毛症診療ガイドラインにおけるハゲ・薄毛治療の推奨度

    • ハゲ・薄毛治療の推奨度A:行うよう強く勧められる
    • ハゲ・薄毛治療の推奨度B:行うよう勧められる
    • ハゲ・薄毛治療の推奨度C1:行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
    • ハゲ・薄毛治療の推奨度C2:根拠がないので勧められない
    • ハゲ・薄毛治療の推奨度D:行わないよう勧められる

    ハゲ・薄毛の治療となると、育毛剤の使用を連想する人は多いでしょう。

    しかし、市販されている育毛剤に含まれている多くの成分は、このガイドラインではC1・C2レベルに分類されており、ハゲの進行防止に十分な効果を発揮しません

    ガイドラインで効果が認められた治療薬は、ミノキシジル外用薬フィナステリド内服薬の2つ。

    また、ガイドラインに記載はありませんが、有効成分デュタステリドを含む治療薬「ザガーロ」も、2015年9月に厚生労働省によってAGA治療の有効性が認められています。

    ハゲ・薄毛の進行を食い止められるAGA治療薬、それぞれの効果を見ていきましょう。

    ハゲの進行を止める治療薬①:ミノキシジル外用薬

    ガイドラインでは、有効成分ミノキシジルを5%含有した外用薬の使用をハゲ・薄毛治療の第一選択薬として推奨しています。

    ミノキシジルは髪の毛の毛包に働きかけ、ハゲの進行を防止し、薄毛治療効果を発揮します。

    ミノキシジルのハゲ・薄毛治療効果は、大きく分けて2つ。

    ミノキシジルのハゲ・薄毛治療効果

    • ミノキシジルのハゲ・薄毛治療効果①:成長期の維持・延長
    • ミノキシジルのハゲ・薄毛治療効果②:休止期から成長期への移行を促す

    ミノキシジルは髪の毛の成長期を延長することで、髪の毛の成長を促し、ハゲ・薄毛の治療効果を発揮します。

    また、ミノキシジルは、髪の毛が抜け始める休止期の毛包に働きかけることで、成長期への移行を促し、ハゲの進行抑制・発毛効果を発揮するのです。

    しかし、ミノキシジルは医薬品成分であるため、体質や体調によっては副作用が見られるかもしれません。

    ミノキシジル外用薬によるハゲ治療で重篤な副作用は報告されていませんが、頭皮のかゆみや発疹などの頭皮トラブルが起きる可能性があります。

    もともと肌の弱い人や頭皮トラブルを抱えている人は、一度医師に相談してみましょう。

    ハゲの進行を止める治療薬②:プロペシア(フィナステリド)

    ガイドラインでは、フィナステリドによる内服療法もハゲの進行を防止する有効なAGA治療であるとされています。

    フィナステリドは、5αリダクターゼを阻害する効果により、ハゲの原因「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制し、ハゲの進行防止・発毛効果を発揮するのです。

    AGAによるハゲ・薄毛の進行は、ジヒドロテストステロンによって髪の毛の成長期が短くなるこどで起こります。

    フィナステリドによって、髪の毛の成長期を正常に戻すことで、髪の毛が太く長く成長できるようになるのです。

    また、このフィナステリドとミノキシジルは、異なるアプローチでハゲの進行を防止し、発毛を促進するため、多くのAGA専門クリニックでは両薬の併用を勧めています。

    フィナステリドもハゲの進行を防止、発毛効果が認められた医薬品ですが、人によっては副作用が現れる可能性があります。

    ハゲ治療薬の一つプロペシア(フィナステリド)の二重盲検比較試験で報告された副作用は、性機能障害と性欲の減退

    プロペシア(フィナステリド)に見られる副作用と発生頻度

    • 勃起不全(1%未満)
    • 精液量の減少(1%未満)
    • 性欲減退(1〜5%未満)

    臨床試験において、フィナステリド内服による副作用には個人差があります。

    心配な人はAGA専門クリニックに在籍する医師に相談するといいでしょう。

    ハゲの進行を止める治療薬③:ザガーロ(デュタステリド)

    ハゲの進行防止・発毛効果を持つ有効成分デュタステリドは、ザガーロという医薬品名で2016年6月から販売が開始されています。

    デュタステリドが持つハゲの進行防止・発毛効果は、フィナステリド同様、ジヒドロテストステロンを抑制するものです。

    また、デュタステリドのジヒドロテストステロン抑制効果は、フィナステリド以上と言われているため、より強力なハゲの進行防止・発毛効果が期待できるでしょう。

    デュタステリド服用によって見られる副作用は、性機能障害と性欲の減退

    ザガーロ(デュタステリド)に見られる副作用と発生頻度

    • 勃起不全(4.3%)
    • 精液量の減少(1.3%)
    • 性欲減退(3.9%)

    ザガーロ(デュタステリド)は、第Ⅱ・Ⅲ相国際共同治験において、日本人を含む症例557例中95例(17.1%)に勃起不全・精液量の減少・性欲減退などの副作用が報告されました。

    副作用の発生頻度は、デュタステリドの方がやや高めのようです。

    育毛剤(医薬部外品)を使ってハゲが進行しにくい頭皮環境を作ろう

    頭頂部や前頭部のハゲが進行し始めたら、AGA治療薬の投薬によって改善することができます。

    しかし、可能であるなら、ハゲ・薄毛を未然に防ぎたい人もいるでしょう。

    ハゲ・薄毛になりにくい頭皮環境を作りたいなら、育毛剤がおすすめです。

    市販されている育毛剤(医薬部外品)には、頭皮環境を整えてくれるさまざまな成分が含まれています。

    健康な頭皮を保つことで、ハゲ・薄毛を予防できるでしょう。

    医薬部外品である育毛剤ではハゲの進行を止められない

    市販されている多くの育毛剤は、主に医薬部外品・化粧品に分類されており、ハゲの進行予防・頭皮ケアを目的に販売されています。

    そのため、育毛剤(医薬部外品)には、ハゲの進行を防止したり、発毛を促す成分が含まれていません。

    育毛剤(医薬部外品)とはハゲの進行を防止するため・発毛効果を得るために使うものではなく、頭皮環境を整えることでハゲの進行を予防するもの

    すでにハゲの進行が見られる人が育毛剤(医薬部外品)を使っても、目に見えた改善効果は期待できないのです。

    育毛剤は主に3つの効果によって頭皮環境を整える

    育毛剤はハゲの進行を防止するためのものではなく、頭皮環境を整えて、ハゲ・薄毛を予防するためのものであることがわかったでしょう。

    市販されている育毛剤は、大きく分けて3つの効果から頭皮環境を整え、ハゲ・薄毛を予防してくれます。

    頭皮環境を整える育毛剤(医薬部外品)の種類

    • 頭皮の血行不良を防ぐことで頭皮環境を整える育毛剤(医薬部外品)
    • 頭皮を清潔に保つことで頭皮環境を整える育毛剤(医薬部外品)
    • 頭皮や髪の毛に栄養を与えることで頭皮環境を整える育毛剤(医薬部外品)

    髪の毛が健康に成長するためには、毛細血管から必要な栄養を受け取らなければいけません。

    頭皮の血行が悪いと、髪の毛の成長に必要な栄養が届きにくくなることで頭皮環境が乱れ、ハゲが進行しやすくなるおそれがあります。

    頭皮の血行不良を防ぐ成分が含まれる育毛剤(医薬部外品)は、頭皮の血流をスムーズにすることで、毛根に効率よく栄養が届けられるようになるのです。

    また、ハゲが進行する原因には頭皮の常在菌が関係する場合があります。

    育毛剤(医薬部外品)によって頭皮を清潔に保つことで、菌の繁殖を防ぎ、ハゲ・薄毛を予防できるでしょう。

    そして、育毛剤(医薬部外品)の中には、頭皮に直接栄養を与えてくれるものもあります。

    頭皮に直接栄養が届けられることで、髪の毛に必要な栄養が確実に届けられるようになれば、髪の毛がしっかりと育つようになるかもしれません。

    育毛シャンプーを使ってより効果的なハゲ・薄毛対策をしよう

    育毛剤(医薬部外品)によってハゲ・薄毛の進行を予防することはできますが、頭皮が汚いままでは、育毛剤の有効成分が頭皮に浸透しにくくなってしまいます。

    ハゲ・薄毛がより進行しにくい頭皮を作りたいのなら、シャンプーにもこだわるようにしましょう。

    シャンプーの洗浄成分には、主に高級アルコール系・石けん系・アミノ酸系の3種類があり、ハゲ・薄毛対策にはアミノ酸系がよいと言われています。

    育毛シャンプーの名で売られている多くのシャンプーは、このアミノ酸系に属します。

    アミノ酸系の育毛シャンプーは、洗浄力が抑えられているため、皮脂の落としすぎを防いでくれるのです。

    また、アミノ酸は髪の毛を構成する成分でもあるため、ハゲ・薄毛予防のシャンプーを探している人は、アミノ酸系の育毛シャンプーを使ってみるといいかもしれません。

    生活習慣からハゲの進行を予防・対策しよう

    頭頂部や前頭部のハゲ・薄毛が気になっている人で、育毛剤や育毛シャンプーを使っている人は少なくないでしょう。

    しかし、ハゲ予防のために生活習慣を見直す人はいるでしょうか?

    生活習慣の乱れは、頭皮環境が乱れる原因になり得ます。

    ハゲの予防には、頭皮や髪の毛のケアが大切ですが、生活習慣の乱れにも気をつけるようにしましょう。

    生活習慣の見直しでハゲ対策

    • 生活習慣からハゲ対策①:食生活を見直す
    • 生活習慣からハゲ対策②:ストレスを解消する
    • 生活習慣からハゲ対策③:十分な睡眠をとる
    • 生活習慣からハゲ対策④:適度な運動を心がける
    • 生活習慣からハゲ対策⑤:過度な飲酒を避ける
    • 生活習慣からハゲ対策⑥:喫煙を控える

    生活習慣からハゲ対策①:食生活を見直す

    脂質や塩分の多い食事は、皮脂の過剰分泌や血行不良の原因になるおそれがあります。

    また、野菜不足な食生活が続いても、頭皮に必要な栄養分を十分に摂取することができなくなるため、やはり栄養バランスの整った食生活が大切です。

    栄養バランスを意識した食事は、頭皮環境の健康を保ち、ハゲ・薄毛対策になるでしょう。

    ハゲ・薄毛対策で摂りたい栄養は主に、アミノ酸・亜鉛・ビタミン類

    アミノ酸は髪の毛の構成するケラチンの原料であり、亜鉛はこのケラチンへの変換をサポートしてくれる栄養。

    また、ビタミン類は、血行不良を防ぎ、新陳代謝を整えてくれます。

    栄養バランスの取れた食事を継続するのが難しい場合は、サプリメントなどを使って不足しがちな栄養を補うようにしましょう。

    生活習慣からハゲ対策②:ストレスを解消する

    ハゲ・薄毛が進行しやすくなる原因の一つであるストレスは、自律神経の乱れによる血行不良、免疫異常による円形脱毛症を引き起こす可能性があります。

    また、慢性的なストレスは、ハゲ・薄毛だけでなく、身体の不調を引き起こす原因です。

    ストレスの感じ方は人それぞれですが、こまめなストレス解消一つでもハゲ・薄毛対策になるでしょう。

    生活習慣からハゲ対策③:十分な睡眠をとる

    睡眠不足が慢性化すると、自律神経の乱れを引き起こすおそれがあるようです。

    また、睡眠のも大切です。

    部屋の電気をつけたままだったり、布団・ベッド以外の場所で寝てしまったりすると、眠りが浅くなりやすいと言われています。

    次の日が休みだと、つい夜更かしをしてしまう人もいるでしょう。

    しかし、睡眠不足は身体だけでなく頭皮にとっても重大な問題です。

    ハゲ・薄毛対策のためにも、質のいい睡眠をしっかりとるようにしましょう。

    生活習慣からハゲ対策④:適度な運動を心がける

    「最近、体動かしてないな……」という人はいませんか?

    適度な運動によって筋肉が伸縮すると、血管が刺激され血行がスムーズになるといわれています。

    また、テストステロンが筋肉・骨の形成に使われるため、ハゲの原因であるジヒドロテストステロンが生成されにくくなるかもしれません。

    適度に汗をかくことは、ストレス発散にもなるでしょう。

    運動が不足しがちと思う人は、生活の中にウォーキングのような簡単な運動を取り入れてもいいかもしれません。

    生活習慣からハゲ対策⑤:過度な飲酒を避ける

    「酒は百薬の長」とも言われるように、適度な飲酒は、アルコールの血管拡張作用によって血行をよくしてくれると言われています。

    しかし、飲み過ぎはハゲ・薄毛を助長する原因となりかねません。

    アルコールの代謝に多くの栄養が使われてしまうため、髪の毛や頭皮に必要な栄養が不足してしまう可能性があります。

    また、アルコールの代謝時に発生するアセトアルデヒドは、二日酔いだけでなく、睡眠障害の原因にもなると言われています。

    厚生労働省による節度ある適度な飲酒は、1日あたり純アルコールで約20gとしており、ビールなら中瓶1本、清酒は一合とされています。

    適量は人によって変わりますが、お酒の飲みすぎには注意しましょう。

    生活習慣からハゲの進行を予防・対策⑥:喫煙を控える

    タバコを吸うことで、血管収縮作用による血行不良が起きると、頭皮や髪の毛に栄養が届きにくくなってしまいます。

    また、タバコを吸う人は非喫煙者と比べて多くのビタミンを消費するといわれており、喫煙は身体にとっても頭皮にとっても有害。

    しかし、無理な禁煙はタバコを吸う人にとって、ストレスの原因にもなってしまうでしょう。

    無理のない範囲で減煙することも、ハゲ・薄毛予防のためには大切です。

    ハゲの進行が気になったら病院へ

    AGAによるハゲ・薄毛は、進行性という特徴を持つため、治療・改善には早期対策が要。

    そのため、少しでもハゲ・薄毛が気になり始めたら病院へ行くべきなのです。

    効果的なハゲ・薄毛治療はAGA専門クリニックで受けよう

    当然ですが、ハゲ・薄毛とはいっても、人によって進行の仕方が異なります。

    また、どのくらい改善したいかという要望も人によって異なるでしょう。

    ハゲ・薄毛の改善効果が認められているAGA治療薬であっても、改善効果が現れるまで3〜6ヶ月ほどの時間がかかります。

    AGA治療薬は医薬品であるため、使用する人の体質によって効果・副作用の現れ方や発生頻度が異なります。

    ハゲ・薄毛治療の上で大切なのは、医師と相談して、その人に合った治療法を見定めること。

    AGA専門クリニックでは、基本無料のカウンセリング、血液・遺伝子検査、問診などから患者一人ひとりに合った治療を選ぶことができます。

    年齢とともに進行すると思われていたハゲ・薄毛は、適切な治療を受ければ、改善することができる時代になりました。

    「ハゲの進行が始まっているかも」と少しでも感じたら、無料相談から始めましょう!


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    \「いきなり病院はちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加