生える人をふやす

    2017年11月30日 更新

    止まらない抜け毛を防げ! 抜け毛が起こる「原因」と「予防策」まとめ

    シャンプーをした後の排水口、ドライヤー中の床……。抜け毛の量が多くて、悩んでいませんか? 髪の毛は日常的に抜けるものであり、抜け毛自体は健康な人でも起こりますが、正常な抜け毛とそうでない抜け毛があります。もしかしたら、あなたの抜け毛は「ハゲ」の前兆かもしれません。抜け毛の多さが気になる人へ、抜け毛についての正しい知識を解説します。

    「止まらない抜け毛」は異常脱毛かも?

    【抜け毛が止まらない?】髪の毛は毛母細胞によって成長する

    髪の毛は、生えてから成長し、抜け落ちるまでに一定のサイクルを繰り返します。

    このサイクルを「毛周期(ヘアサイクル)」と呼びます。

    生え始めた髪の毛は、毛根にある毛母細胞が分裂することで成長(成長期)。

    一定の成長を経た毛髪は、毛母細胞の自然死によって成長が止まります(退行期)。

    毛母細胞の活動が止まると、新しく生え始めようとする髪の毛が、古い髪の毛を押し出そうとします(休止期)。

    古い髪の毛が抜け落ち、また新しい髪の毛が成長を始めていくというのが「毛周期」の流れ。

    普段起きる「抜け毛」は、毛周期によって押し出された「古い髪の毛」のことなのです。

    毛周期は、1回あたり約1,000〜2,000日の中で「成長期」「退行期」「休止期」を経ています。

    【知っておきたい抜け毛の話】毛周期とは?

    • 成長期(約2〜4年)
      毛母細胞の細胞分裂が盛んに行われ、髪の毛が太く長く成長する期間。
    • 退行期(約1ヶ月)
      毛根部が毛細血管から離れ、徐々に髪の毛の成長が止まり始める期間。
    • 休止期(約5ヶ月)
      髪の毛の成長が止まり、古い髪の毛は抜け、新しい髪の毛の発毛を待っている期間。

    【抜け毛が止まらない?】1日で抜ける髪の毛の量は約50~200本

    成人した日本人の毛髪の本数は、平均して10万本、多くて15万本程度と言われています。

    このうち、毛周期によって1日あたり50〜200本が「抜け毛」として発生。

    つまり、どんなに健康な人でも、1日に少なくとも50本は抜け毛が起こるということです。

    もし、「200本を超えているのではないか」というほどの異常脱毛が止まらない場合、脱毛症によって毛周期が乱されているかもしれません。

    「男性型脱毛症」の影響で抜け毛が止まらない

    【抜け毛が止まらない原因】AGA(男性型脱毛症)の特徴

    AGA(男性型脱毛症)」とは、思春期を過ぎた成人男性に起こる脱毛症のこと。

    日本には、およそ1,200万人のAGA患者がおり、薄毛の多くはAGAであるとも言われています。

    AGAは進行性の脱毛症で、おでこや前頭部から徐々に薄毛が進行していくのが特徴です。

    【抜け毛が止まらない原因】AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモン

    AGAは、悪性の男性ホルモンが原因で引き起こります。

    男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結合して生成される「ジヒドロテストステロン」。

    この「ジヒドロテストステロン」がAGAの原因です。

    「ジヒドロテストステロン」は、毛周期を短期化させ、毛髪を育ちにくくさせてしまいます。

    AGAによって、「育たないまま通常よりも早く抜けてしまう毛髪」が増加。

    AGAは進行性の脱毛症なので、放っておくと抜け毛が止まらないどころか、どんどん増えてしまうのです。

    「FAGA(女性男性型脱毛症)」の影響で抜け毛が止まらない

    【抜け毛が止まらない原因】FAGA(女性男性型脱毛症)の特徴

    FAGA(女性男性型脱毛症)」は、女性に起こりうる男性型脱毛症のこと。

    女性にも少量の男性ホルモンが分泌されており、この男性ホルモンの働きかけによってFAGAは引き起こります。

    FAGAは、「びまん性脱毛症」とも呼ばれ、髪が全体的に薄くなってしまうのが特徴です。

    【抜け毛が止まらない原因】FAGA(女性男性型脱毛症)の原因は「女性ホルモンの乱れ」

    FAGAの原因は、女性ホルモン「エストロゲン」が減少してしまうことにあります。

    「エストロゲン」には発毛作用があるので、分泌量が十分ならば薄毛になるリスクは高くありません。

    しかし、加齢や出産が原因となって、女性ホルモン「エストロゲン」が減少してしまうことがあります。

    「エストロゲン」の減少によって、相対的に男性ホルモンの影響が増加。

    男性ホルモンが悪玉化してしまうと、女性ホルモンの働きかけが薄れていきます。

    その結果、毛髪の成長が妨げられ、女性でも薄毛を引き起こすおそれがあるのです。

    「FAGA(女性男性型脱毛症)」について詳しく知りたい方はこちらから
    薄毛は男女でどう違う? 女性特有の薄毛「FAGA」の症状とその原因

    「円形脱毛症」の影響で抜け毛が止まらない

    【抜け毛が止まらない原因】円形脱毛症の特徴

    10円玉サイズの小さな薄毛部分があり、かつ特定の箇所で抜け毛が止まらない場合、「円形脱毛症」という薄毛の病気を引き起こしているかもしれません。

    円形脱毛症は、「脱毛斑」と呼ばれる小さなハゲが点在するという病気。

    側頭部を中心に、一箇所だけに起こる場合もあれば、頭全体で発症し、髪全部が抜けてしまう場合もあります。

    【抜け毛が止まらない原因】円形脱毛症の原因は「自己免疫疾患」

    円形脱毛症の原因は、「自己免疫疾患」です。

    人体には、体内に入った異物を攻撃する免疫システムがあります。

    自己免疫疾患とは、その免疫システムが、異物でないものを「異物」と誤認識して攻撃してしまうという症状のこと。

    免疫システムが、髪の毛を誤って「異物」と認識し、攻撃することで円形脱毛症が引き起こります。

    「頭皮環境」の影響で抜け毛が止まらない

    【抜け毛が止まらない原因】頭皮環境の悪化で抜け毛を起こすことも

    頭皮環境の悪化が、抜け毛・薄毛を助長させている可能性もあります。

    頭皮環境が悪化することで、頭皮に皮脂が溜まったり、炎症を引き起こして、本来抜けるはずのない毛髪まで抜けたり、抜け毛を助長させかねないのです。

    抜け毛が止まらなくて悩んでいる人は、まず生活習慣や普段の頭皮ケアが正しく行われているかをチェックしてみましょう。

    抜け毛を助長させる原因①:生活習慣の乱れ

    生活習慣が乱れていると、頭皮環境に大きな影響を及ぼし、余計な抜け毛を増やしてしまいます。

    頭皮に炎症を引き起こしたり、血行が悪化して抜け毛や薄毛を助長しかねません。

    抜け毛を助長するかもしれない「悪しき生活習慣」まとめ

    • 偏食・過度な飲酒や喫煙
    • ストレスが多い
    • 運動不足
    • 睡眠不足

    抜け毛を助長させる原因②:誤った頭皮・髪の毛のケア

    生活習慣の乱れだけでなく、普段の頭皮ケアが正しくないと、抜け毛を助長してしまうおそれがあります。

    とくに注意したいのが、間違ったシャンプーの仕方。

    普段髪を洗う時、「爪を立ててゴシゴシと洗うことで爽快感を得ている」なんてことはありませんか?

    抜け毛を助長してしまう「間違ったシャンプーの仕方」

    • ゴシゴシと力を入れてしっかり洗う
    • ドライヤーの熱を避けて自然乾燥
    • 洗浄感が強いシャンプーを愛用している

    上記の項目に1つでも当てはまった人は、間違ったシャンプーによって頭皮環境が悪化し、抜け毛を助長させている可能性があります。

    以下の記事を読んで、「頭皮環境を悪化させない、正しいシャンプー」を心がけましょう。

    正しい頭皮・髪の毛のケアについて詳しく知りたい方はこちら
    「抜け毛」の原因はシャンプーと頭皮ケアにあるかも?

    医薬部外品の育毛剤を使っても抜け毛は止まらない?

    【抜け毛予防】育毛剤(医薬部外品)は抜け毛を予防するためのもの

    抜け毛や薄毛が気になったときに、まず身近なところで販売されている「育毛剤」に手を出ししがちですよね。

    しかし、市販されている多くの育毛剤は、医薬部外品や化粧品に分類されており、改善効果を持つ成分が含まれていません。

    育毛剤(医薬部外品)の使用では発毛効果が期待できませんが、頭皮環境を整え、抜け毛を予防するためにはおすすめのツールと言えます。

    医薬部外品にあたる育毛剤には、「頭皮の血行促進」、「頭皮を清潔に保つ」、「頭皮や毛髪に栄養分を与える」という3つの効果があります。

    3つの効果によって頭皮環境が整えられ、毛髪をより丈夫なものにすることが可能です。

    ここでは、医薬部外品にあたる育毛剤がどのように抜け毛を予防してくれるのか、「育毛剤が持つ3つの効果」について紹介します。

    【抜け毛予防】育毛剤(医薬部外品)の効果①:頭皮の血行を良くする

    多くの育毛剤には、頭皮の血行を促進させ、毛髪に栄養が行き渡りやすい状態にする効果があります。

    毛髪に栄養が行き渡らないと、毛母細胞の分裂が衰え、十分に髪が育たなくなります。

    そうすると髪の成長が止まり、抜け毛の増加につながりかねません。

    育毛剤を使って頭皮の血行をよくしておくことは、抜け毛を増やさないために大切でしょう。

    ただし、抜け毛自体には別の原因があるため、血行をよくしただけで抜け毛が止まるわけではないので注意が必要です。

    【抜け毛予防】育毛剤(医薬部外品)の効果②:頭皮を清潔に保つ

    多くの育毛剤には、アルコールの抗菌作用によって頭皮を清潔に保つ効果も。

    頭皮の皮脂分泌量が多すぎることで、「脂漏性脱毛症」を引き起こし、それが抜け毛の原因になっている場合もあります。

    育毛剤で頭皮を清潔に保つことで、脂漏性脱毛症の予防にもつながるのです。

    育毛剤は、シャンプーを済ませた入浴後、髪を乾かした状態で使用しましょう。

    爽快感が得られるとともに、頭皮を清潔に保つことで余計な抜け毛を防ぐことができます。

    【抜け毛予防】育毛剤(医薬部外品)の効果③:頭皮や髪の毛に栄養を与える

    育毛剤を使えば、髪の毛に必要な栄養を頭皮に直接届けることができるでしょう。

    髪の毛が健康に成長するためには、頭皮から十分な栄養を受け取る必要があります。

    毛髪の栄養分が豊富だと、細胞分裂がスムーズに行われ、髪の毛の健康を保つことができます。

    栄養分が増えたところで抜け毛を減らせるわけではありませんが、栄養が十分に届けられることで抜け毛の予防につながるでしょう。

    今からできる抜け毛予防

    今からできる抜け毛予防①:バランスのとれた食事

    抜け毛対策には、偏食をせず、バランスのとれた食事を心がけることが大切。

    食生活の乱れは、余計な抜け毛を助長するおそれがあります。

    脂っこい食べ物を摂取しすぎることで、頭皮の皮脂分泌量が増加。

    皮脂分泌量の増加は、「脂漏性脱毛症」を引き起こしてしまうかもしれません。

    また、脂っこい食べ物を抑えるだけでなく、毛髪によい栄養素を含んだ食事を心がけるのも重要です。

    日常的に食事の栄養分を考えて生活するのは、なかなか難しい気がしますよね。

    しかし、毛髪によい栄養素を含んだ食べ物は、普段の食生活に取り入れやすい身近なものばかりです。

    以下のような「亜鉛」「アミノ酸」「ビタミン」を多く含んだ食事によって、毛髪へ栄養分を送り込むことができます。

    抜け毛予防のために知っておきたい、「毛髪や頭皮によい栄養素を含む食べ物」

    • 亜鉛を含む食べ物:牡蠣・レバー・納豆・ナッツ類
    • アミノ酸を含む食べ物
      シスチン:カツオ・マグロ・ブロッコリー・たまねぎ
      メチオニン:アサリ・しじみ・にんじん・ほうれん草・牛乳など
    • 各種ビタミンを豊富に含む食べ物
      ビタミンA:(肉類)レバー (野菜類)
      ビタミンB:(肉類)豚肉・レバー(野菜類)ほうれん草・グリンピース・枝豆
      ビタミンC:(野菜類)赤・黄ピーマン (果物)アセロラ・レモン
      ビオチン:(野菜類)大豆 (魚介類)まがれい・アサリ・ししゃも・たらこ

    今からできる抜け毛予防②:ストレスを溜めない

    「抜け毛が止まらないのは、ストレスが原因かも……」と思ったことはありませんか?

    実際のところ、ストレスが直接抜け毛を引き起こしているわけではありません。

    しかし、「ストレスの溜めすぎ」によって、抜け毛が助長されている可能性が高いことには要注意でしょう。

    過剰なストレスは、体内のホルモンバランスを乱れを引き起こします。

    ホルモンバランスの乱れは、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量を増加させます。

    「5αリダクターゼ」の分泌量が多ければ、AGAの原因「ジヒドロテストステロン」が生成されやすくなります。

    つまり、5αリダクターゼの分泌量が多い人ほど、ストレスが遠因となり、AGAによる抜け毛が起こりやすいと言えるでしょう。

    逆に5αリダクターゼが多くない人ならば、ストレスでホルモンバランスが乱れてもAGAになる可能性は低いと言えます。

    とはいえ、そもそも「5αリダクターゼの分泌量が多いかどうか」を自分で調べることはできません。

    ストレスと薄毛の関係について少しでも気になったら、まずはAGA専門のクリニックに足を運び、医師に相談することをおすすめします。

    今からできる抜け毛予防③:十分な睡眠

    十分に睡眠をとることも、抜け毛の対策につながります。

    なぜならば、睡眠不足は、頭皮の血行悪化を引き起こし、抜け毛を助長するおそれがあるためです。

    抜け毛を減らすための治療を行ったとしても、睡眠不足では十分な効果は得られません。

    抜け毛が気になる人は、普段の睡眠時間を一度見直してみましょう。

    厚生労働省は、必要な睡眠時間を6〜8時間程度としています。

    頭皮環境の乱れを防ぎ、薄毛・ハゲを予防するためにも一日に6時間の睡眠をとるようにしましょう。

    今からできる抜け毛予防④:適度な運動

    抜け毛を予防するには、適度に体を動かすことも効果的。

    運動不足は、頭皮の血行を悪化や皮脂量の増加につながり、抜け毛を助長させてしまいます。

    運動不足に加えて脂っこい食事が続けば、皮脂がどんどんたまり、「脂漏性脱毛症」の原因にもなりかねません。

    抜け毛対策には、ランニングや水泳など、長時間続けられる有酸素運動が効果的とされています。

    時間があるときに、家の周りを軽くランニングするだけでも、十分抜け毛対策の一環になると言えるでしょう。

    運動と抜け毛対策の関係について詳しく知りたい方はこちらから
    適度な運動でハゲに強い身体を! ハゲ対策には有酸素運動がおすすめ

    今からできる抜け毛予防⑤:飲酒や喫煙を抑える

    「お酒の飲み過ぎ」「タバコの吸いすぎ」は、抜け毛に直接つながるわけではありませんが、頭皮環境を悪化させ、抜け毛を助長するおそれがあります。

    アルコールの多量摂取によって、「アセトアルデヒド」の分泌量が増加しますが、このアセトアルデヒドは、睡眠不足を引き起こし、頭皮環境を悪化させてしまう作用を持ちます。

    タバコの吸い過ぎは、毛髪に必要なビタミンを破壊し、毛髪の成長を妨げることにつながります。

    抜け毛を減らすには、抜け毛治療と並行してお酒やタバコの量を見直すことも大切でしょう。

    止まらない抜け毛は薬で治療できる

    【抜け毛治療は病院で!】抜け毛のほとんどはAGAによるもの

    生活習慣や頭皮ケアの見直しや育毛剤の使用によって、抜け毛を増やさないようにすることは十分に可能です。

    しかし、育毛剤を使用し、生活習慣を整えたところで、発毛が促されたり、抜け毛が根本的に減るわけではありません。

    1日に50〜200本程度の抜け毛ならば、毛周期の一環として健康な人でも起こるので、気にする必要はありません。

    しかし、200本を超えるような抜け毛が止まらない場合、男性ホルモンが原因の「AGA」にかかっている可能性を疑いましょう。

    【抜け毛治療は病院で!】効果が認められたAGA治療薬がある

    AGAは、男性ホルモンが原因の脱毛症であるため、頭皮環境を改善しただけでは治りません。

    異常脱毛が止まらずに薄毛が進行している場合は、効果が認められたAGA治療薬を服用する必要があります。

    効果が認められたAGA治療薬とは、「フィナステリド」「デュタステリド」、そして「ミノキシジル」。

    AGAによる異常な抜け毛は、これら3つのAGA治療薬を正しく服用しなければ治りません。

    AGA治療薬を処方してもらうためには、まずAGA専門の病院で診断を受ける必要があります。

    AGA治療薬について詳しく知りたい方はこちらから
    厚労省が認めたAGA治療薬! ハゲ治療の“三種の神器”

    【抜け毛治療は病院で!】異常な抜け毛が気になったら病院へ!

    抜け毛の原因の多くはAGAですが、場合によっては「円形脱毛症」や「脂漏性脱毛症」、「FAGA(女性男性型脱毛症)」が原因で抜け毛が起こることもあります。

    AGA以外の脱毛症の場合は、頭皮環境の改善に加えて投薬以外の治療法が必要になる場合も。

    とくに、FAGAの場合、女性が「フィナステリド」や「デュタステリド」を服用することができないので注意しなければなりません。

    異常脱毛が少しでも気になったら、まずはAGA専門の病院に足を運ぶのがよいでしょう。

    AGAによって抜け毛が起きているとは一概に言えず、治療法も人によって異なります。

    AGA専門の病院では、多数の薄毛治療実績に応じて、一人ひとりの抜け毛の原因を診断してくれます。

    基本無料のカウンセリングをはじめ、患者一人ひとりに合った治療法を提案してくれるのも、AGA専門の病院を訪れる魅力の一つ。

    抜け毛予防として頭皮環境や生活習慣の改善は大切ですが、もし抜け毛が気になったなら、気軽にAGA専門の病院に相談してみてはいかがでしょうか。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加