AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年08月09日 更新

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意

    薄毛や抜け毛が気になってきて、シャンプーで育毛・発毛対策を始めてみようと思う人もいるでしょう。毎日行うシャンプーは、頭皮環境を整える上で、とても大切。しかし、同時に「どのシャンプーを使えばよいのか分からない」という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?
    今回のAGA+では、シャンプーを選ぶ上でおさえておきたいポイントや、おすすめの育毛シャンプーを紹介します。
    目次
      +シャンプーには発毛効果がない?
      1. シャンプーによる発毛は治療薬との併用が前提
      2. シャンプーだけでは成分は浸透しにくい
      3. 【医薬部外品】育毛シャンプーとは
      +発毛のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分
      1. 発毛のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分
      2. 発毛のために知っておきたい洗浄成分①:高級アルコール系洗浄成分配合のシャンプー
      3. 発毛のために知っておきたい洗浄成分②:石けん系洗浄成分配合のシャンプー
      4. 発毛のために知っておきたい洗浄成分③:アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプー
      +発毛・育毛を目指す人におすすめしたいシャンプーの選び方!
      1. 発毛を助けるシャンプー選びのポイント5つ
      2. 発毛を助けるシャンプー選びのポイント①:配合成分を知る
      3. 一般的なシャンプーの4大主成分!
      4. 発毛を助けるシャンプー選びのポイント②:入手のしやすさ
      5. 発毛を助けるシャンプー選びのポイント③:価格帯
      6. 発毛を助けるシャンプー選びのポイント④:自分の頭皮に合ったものを
      7. 発毛を助けるシャンプー選びのポイント⑤:防腐剤の入っていないシャンプーの方が良いのか
      +発毛に適した環境を作るシャンプー!おすすめランキング
      1. 発毛のための環境を作るおすすめシャンプー①:アンファー(ANGFA) スカルプD オイリーシャンプー 2017年版 350ml
      2. 発毛のための環境をつくるおすすめシャンプー②:カウブランド 無添加シャンプーポンプ 550ml
      3. 発毛のための環境をつくるおすすめシャンプー③:&GINO プレミアムブラックシャンプー
      +発毛のために正しいシャンプー法を
      1. 発毛したい人は暗記すべし! 発毛のためのシャンプー法
      2. 発毛のためのシャンプー法①:入浴前に髪をブラッシングする
      3. 発毛のためのシャンプー法②:お湯だけで予洗い
      4. 発毛のためのシャンプー法③:手でシャンプーを泡立てる
      5. 発毛のためのシャンプー法④:シャンプーは爪を立てない
      6. 発毛のためのシャンプー法⑤:しっかりすすぐ
      7. 発毛のためのシャンプー法 ⑥:タオル、ドライヤーでしっかり乾かす
      +発毛のためにはコンディショナーも必至?
      1. 発毛・育毛に必要? コンディショナーの役割
      2. 発毛のためのコンディショナー使用方法①:頭皮にはつけず、髪の毛のみにつける
      3. 発毛のためのコンディショナー使用方法②:コンディショナーはしっかりと流す
      4. 髪を守る! コンディショナーの効果的な使用方法
      +発毛のために、頭皮や髪に負荷をかけないようにするポイント
      1. 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント
      2. 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント①:朝シャンはしない
      3. 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント②:コンディショナーを正しく使う
      4. 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント③:整髪料をしっかり洗い流す
      5. 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント④:短い髪型にする
      +発毛環境を整えるためにも、シャンプーに気を配ろう
      1. 発毛しやすくするために、シャンプーで頭皮環境を整える
      2. シャンプーが合わないと感じたら病院へ

    シャンプーには発毛効果がない?

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 1番目の画像

    毎日の頭皮ケアに欠かせないシャンプーに、発毛効果はあるのでしょうか?

    AGA+における「発毛」とは、医学的・科学的に効果が認められたAGA治療薬(医薬品)による投薬治療を指し、「髪の毛が生えること」を意味します。

    この定義からも分かるように、シャンプーによる頭皮ケアに発毛効果はありません。

    この「発毛」と混同されがちな言葉に「育毛」があります。

    AGA+における「育毛」の定義は、薄毛治療を行う上で、よりスムーズな発毛を促すための頭皮環境を作ること」あるいは「薄毛を予防すること」。

    最近、育毛剤・育毛サプリと並ぶ育毛アイテムとして「育毛シャンプー」が注目されています。

    しかし、この育毛に良いとされるシャンプーにも、育毛効果こそあれ、新たに髪を生やす効果はありません。

    シャンプーによる発毛は治療薬との併用が前提

    医薬部外品や化粧品に分類される育毛シャンプーには、発毛効果はありません。

    育毛シャンプーは、発毛ではなく、頭皮環境を整えることを目的としたシャンプー。

    発毛を実感したいのであれば、あなたの薄毛を進行させている脱毛症の治療が必要不可欠です。

    ただし、育毛シャンプーを使用することによって、頭皮環境改善を促すことはできます。

    また、発毛するために外用薬を使用する場合、外用薬は頭皮に直接塗布するものなので、シャンプーで頭皮をしっかりと清潔にしてあげることが大切です。

    シャンプーだけでは成分は浸透しにくい

    シャンプーだけでは、成分が頭皮に浸透しにくいとされています。

    それは、シャンプーの主な目的が頭皮・髪の毛の洗浄にあるから。

    育毛シャンプーで潤いのある頭皮を作ってから、血行改善効果や髪の毛に栄養を与える効果を持つ育毛剤を使用することで、発毛しやすい頭皮を作ることができるでしょう。

    育毛シャンプーと育毛剤、それぞれの特徴を知った上で使用しましょう。

    【医薬部外品】育毛シャンプーとは

    • 育毛シャンプーとは①:発毛効果はない
    • 育毛シャンプーとは②:シャンプーは有効成分の浸透率が低い
    • 育毛シャンプーとは③:育毛剤との併用が求められる

    発毛のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 2番目の画像

    市販のシャンプーに含まれる洗浄成分は、界面活性剤と呼ばれています。

    界面活性剤とは、皮脂や汚れなどを洗い流すためにシャンプーに配合された洗浄成分のこと。

    人によっては、シャンプーに含まれる界面活性剤や洗浄成分が頭皮に合わず、発毛・育毛に向かないものもあるかもしれません。

    発毛・育毛を意識する人は、シャンプー選びにも気を遣いましょう!

    発毛のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分

    • 発毛のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分①:高級アルコール系
    • 発毛のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分②:石けん系
    • 発毛のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分③:アミノ酸系

    発毛のために知っておきたい洗浄成分①:高級アルコール系洗浄成分配合のシャンプー

    高級アルコール系の洗浄成分が入ったシャンプーは、泡立ちがよく洗浄力も強いのが特徴。

    しかし、洗浄力が強すぎるため、敏感肌や乾燥肌の人が使用する場合は注意が必要です。

    洗浄力が強いと聞くと、頭皮が綺麗になっていいのでは? と思う人もいるかもしれません。

    洗浄力が強いシャンプーを使用すると、頭皮の健康を保つために必要な皮脂までもが流されてしまいます。

    そのため、強すぎる洗浄力を持つシャンプーは、実は発毛・育毛には適していないのです。

    発毛のために知っておきたい洗浄成分②:石けん系洗浄成分配合のシャンプー

    石けん系の洗浄成分が入ったシャンプーも、高級アルコール系と同じように洗浄力が強めです。

    天然由来の成分で、肌にも優しいとされており、しっかりと皮脂や整髪料を洗い流すこともできます。

    ただし、人の肌は弱酸性のため、石けんのアルカリ性と反応して髪の毛がパサつくことがあります。

    また、敏感肌や乾燥肌に対しては、石けん系シャンプーでも刺激が強すぎる場合があるため、肌が弱い人にはあまりおすすめできません。

    発毛のために知っておきたい洗浄成分③:アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプー

    アミノ酸系の洗浄成分が入ったシャンプーは、肌と同じ弱酸性。

    洗浄力も比較的弱く、高級アルコール系の洗浄成分が入ったシャンプーと比べて、頭皮に与えるダメージは少ないとされています。

    このアミノ酸系シャンプーは皮脂を適度に残し、頭皮の潤いを保つことに長けているため、発毛・育毛に適していると言われています。

    頭皮と髪に与えるダメージが少ないアミノ酸系シャンプーを使えば、発毛に適した頭皮環境を作ることができるかもしれません。

    薄毛の疑問は無料で聞ける!長濱ねるさんのCMで話題のAGAヘアクリニック

    ヘアクリ!長濱ねるのCMで話題AGAヘアクリニックの評判や口コミ、料金、悪い評判もあるか徹底調査しました!


    発毛・育毛を目指す人におすすめしたいシャンプーの選び方!

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 3番目の画像

    シャンプーと一口に言っても、洗浄成分は多種多様。

    シャンプーで発毛をサポートするためには、自分の目的に合ったシャンプーを使用することが大切です。

    発毛を意識してシャンプーを選ぶときのポイントは、以下の5つです!

    発毛を助けるシャンプー選びのポイント5つ

    • 発毛を助けるシャンプー選びのポイント①:配合成分を知る
    • 発毛を助けるシャンプー選びのポイント②:入手しやすさ
    • 発毛を助けるシャンプー選びのポイント③:価格
    • 発毛を助けるシャンプー選びのポイント④:自分の頭皮にあったシャンプーを選ぶ
    • 発毛を助けるシャンプー選びのポイント⑤:防腐剤は入っていない方がいいのか?

    発毛を助けるシャンプー選びのポイント①:配合成分を知る

    私たちが普段使用するシャンプーの主成分は4つ。

    一般的なシャンプーの4大主成分!

    • シャンプーの主成分①:水
    • シャンプーの主成分②:界面活性剤
    • シャンプーの主成分③:シリコン
    • シャンプーの主成分④:防腐剤

    ●シャンプーの主成分①:水
    シャンプーの中に最も多く含まれているのは水。

    シャンプーの多くは、成分の約70%が水だと言われています。

    ●シャンプーの主成分②:界面活性剤

    界面活性剤は、皮脂や汚れなどを洗い流すためにシャンプーに配合される洗浄成分のこと。

    大きく分けて、高級アルコール系(石油系)、アミノ酸系、せっけん系の3つに分類されます。

    発毛を意識したシャンプー選びの際は、界面活性剤に注目するとよいでしょう。

    ●シャンプーの主成分③:シリコン
    シリコンは、髪の毛の表面をコーティングして手触りを良くする役割を持っています。

    「シリコンは毛穴に詰まる」などの懸念を感じる人も多いかもしれませんが、シリコンが毛穴に詰まることはないとされています。

    シリコンの役割は、手触りを重視して髪の毛のコーティングをすること。

    髪のダメージを補修する効果はありません。

    ●シャンプーの主成分:④防腐剤
    雑菌などが増殖し、シャンプーが腐敗することを防ぐために配合されている成分。

    シャンプーの主成分のうち、発毛を意識したときに見るべきなのは、洗浄成分である界面活性剤

    市販の安価なシャンプーは、高級アルコール系界面活性剤を含み、洗浄力の高さを売りにしているものが多いようです。

    シャンプーの目的は頭皮の皮脂やフケを綺麗に落とすことですが、高級アルコール系界面活性剤の強力な洗浄力を用いると、頭皮に必要な皮脂をも洗い流してしまうので注意しましょう。

    頭皮に必要な皮脂までシャンプーで洗い流してしまうと、頭皮は乾燥します。

    界面活性剤配合のシャンプーの影響で皮脂が不足した頭皮は、バリアのために皮脂を過剰分泌させることがあるため、せっかく「洗浄力の高いシャンプーで頭皮を綺麗にしよう」と思っても、逆に皮脂の分泌量が増えることも。

    洗浄力が強すぎるシャンプーは、発毛が望めないばかりか、頭皮環境を悪化させるおそれがあるのです。

    発毛を意識してシャンプーを選ぶ際は、配合成分を確認しましょう。

    界面活性剤の中で最も発毛・育毛に適しているとされるのは、洗浄力の弱いアミノ酸系のシャンプーです。

    発毛を助けるシャンプー選びのポイント②:入手のしやすさ

    シャンプーは、日常的に使用する消耗品。

    シャンプーを変えたからといって、すぐに頭皮環境が改善するわけでもありませんし、頭皮環境が改善したからといって、自分の頭皮に合わないシャンプーに変えてしまえば、また頭皮環境が悪化することもあるでしょう。

    発毛しやすい頭皮環境を整えるシャンプーは、自分の頭皮に合ったシャンプーを継続して使用することが求められます。

    そのため、「発毛しやすい頭皮環境をつくる! 」「頭皮や髪に良い!」など と謳うシャンプーでも、入手が難しいシャンプーは向いていません。

    インターネットや薬局、美容院、病院などで、入手しやすいシャンプーを選びましょう。

    発毛を助けるシャンプー選びのポイント③:価格帯

    入手のしやすさに加えて、シャンプーの価格も気にするとよいでしょう。

    高いシャンプーは髪や頭皮・発毛によい気がしますが、「もったいない」と感じて1回の使用量を極端に少なくしたり、シャンプーをする回数が減ったりしては意味がありません。

    そのシャンプーの使用を継続するためにも、無理をしない範囲で、入手しやすい価格帯のシャンプーを選びましょう。

    自分に合った継続してシャンプーを使用することで発毛しやすい頭皮環境が整えられるのです。

    発毛を助けるシャンプー選びのポイント④:自分の頭皮に合ったものを

    何より大切なのは、自分の頭皮・髪に合ったシャンプーを選ぶこと。

    人気のシャンプーや人に勧められたシャンプーが、必ずしも自分の頭皮・髪に合うとは限りません。

    「自分の頭皮にはどんな成分が合わないのか」「相性のいい界面活性剤はどれか」を見極め、自分の頭皮に合うシャンプーを見つけ出しましょう。

    発毛を助けるシャンプー選びのポイント⑤:防腐剤の入っていないシャンプーの方が良いのか

    市販のシャンプーの多くには、シャンプーの品質を保つ防腐剤が入っていますが、防腐剤は頭皮の乾燥を促すので、発毛や髪には良くないと言われることもある薬剤。

    しかし、品質を保つ防腐剤が入っていないシャンプーは非常に少ないです。

    「無添加」とされるシャンプーにも界面活性剤や防腐剤は入っていること多く、入っていなければ、要冷蔵保存で保存期間が短いなど管理が大変です。

    すぐに菌が繁殖してしまうため、高温多湿な浴室には置いておけません。

    防腐剤フリーのシャンプーを使用していても、管理をおろそかにして品質が悪化してしまえば、防腐剤を含むシャンプーを使用するよりも身体に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

    そもそも、ほとんどのシャンプーに使われている防腐剤「パラベン」の安全性は保証されているので、防腐剤にあまり神経質になりすぎる必要はないでしょう。

    防腐剤を意識するよりも、界面活性剤の種類を意識する方がシャンプーを考える上で重要。

    発毛を意識したシャンプーを選ぶなら、肌と一緒の弱酸性である、アミノ酸系界面活性剤シャンプーが最も適するとされています!

    薄毛の疑問は無料で聞ける!長濱ねるさんのCMで話題のAGAヘアクリニック

    ヘアクリ!長濱ねるのCMで話題AGAヘアクリニックの評判や口コミ、料金、悪い評判もあるか徹底調査しました!


    発毛に適した環境を作るシャンプー!おすすめランキング

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 4番目の画像

    発毛を意識するなら、発毛しやすい頭皮環境を作るシャンプーを使用するのが一番!

    続いて、発毛しやすい環境のために作られたシャンプーを紹介します。

    発毛のための環境を作るおすすめシャンプー①:アンファー(ANGFA) スカルプD オイリーシャンプー 2017年版 350ml

    シャンプーベストセラーNo.1の座を射止めたのは、スカルプDオイリーシャンプー。

    頭皮が脂っぽい、脂性肌の人におすすめです!

    2017年度版で13代目となるスカルプD オイリーシャンプーは、脂性肌の人だけではなく、幅広い肌質の男性から支持を得ています。

    シャンプー部門の殿堂入りシャンプーと言っても過言ではありません。

    発毛のための環境をつくるおすすめシャンプー②:カウブランド 無添加シャンプーポンプ 550ml

    肌に優しいアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプー。

    無添加シャンプーのため、パラベンや着色料、香料が添加されていないため、添加物が気になる人にとっては嬉しいシャンプーです。

    そして、何よりポイントはその安さ。

    アミノ酸系シャンプーは価格設定が高めのものが多いですが、このカウブランドの無添加シャンプーは550mlで1,000円程度とお財布に優しい価格帯。

    アミノ酸系シャンプーを試してみたいけれど、「どれを選んだらいいかわからない」「値段が高くて手を出しにくい」という人は、まずはこちらのシャンプーを試してみてはいかかがでしょうか?

    発毛のための環境をつくるおすすめシャンプー③:&GINO プレミアムブラックシャンプー

    新発想がウリの &GINOプレミアムブラックシャンプーは、過去にシャンプー部門で三冠・コスメ部門で二冠の座に輝いたシャンプー。

    「コンディショナーは不要、髪の悩みはシャンプー1本で!」と謳う &GINOプレミアムブラックシャンプーの特徴は、「洗う」+「3分パック」。

    洗ってから3分間、流さないでパックをすることで、シャンプーの成分が閉じ込められて髪に浸透します。

    独自の技術で炭化したクレイ(炭)で色が黒くなったことから「ブラック」と名付けられました。

    シャンプー1本でコンディショナーの役割も果たす、お得なシャンプーです。

    発毛のために正しいシャンプー法を

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 5番目の画像

    日常的にするシャンプーだからこそ、発毛・育毛への意識を向けましょう。

    シャンプーにも正しい使用方法があります。

    爪を立ててガシガシと洗ってはいませんか?

    また、ザッとお湯をかぶっただけで、シャンプーをつけてはいませんか?

    誤ったシャンプーの仕方は頭皮環境に悪影響を及ぼすおそれがあります。

    発毛しやすい頭皮を作るために、正しいシャンプーの仕方をマスターしましょう!

    薄毛の疑問は無料で聞ける!長濱ねるさんのCMで話題のAGAヘアクリニック

    ヘアクリ!長濱ねるのCMで話題AGAヘアクリニックの評判や口コミ、料金、悪い評判もあるか徹底調査しました!


    発毛したい人は暗記すべし! 発毛のためのシャンプー法

    • 発毛のためのシャンプー法①:入浴前に髪をブラッシングする
    • 発毛のためのシャンプー法②:シャンプーをつける前にお湯で洗う
    • 発毛のためのシャンプー法③:手でシャンプーを泡立てる
    • 発毛のためのシャンプー法④:シャンプー時に頭皮へ爪を立てない
    • 発毛のためのシャンプー法⑤:シャンプーはしっかりとすすぐ
    • 発毛のためのシャンプー法⑥:タオル、ドライヤーでしっかり乾かす

    発毛のためのシャンプー法①:入浴前に髪をブラッシングする

    髪をお湯に付ける前に、くしで髪をとかしましょう。

    髪をくしでとかすだけでも、髪の毛に付着した汚れはある程度落とすことができます。

    髪のからまりもほどけるので、洗っている途中で指に引っかかって千切れる・抜けるなどの悲劇もおきにくくなるでしょう。

    シャンプー前に髪を丁寧にとかすのが、発毛への最初の1歩です!

    発毛のためのシャンプー法②:お湯だけで予洗い

    お湯だけでも、頭皮の汚れのほとんどは落ちるとされています。

    シャンプーの洗浄力の刺激で髪が抜ける場合もあるので、シャンプーは少ない量で済ませることが大切。

    シャンプーの量を抑えるために、シャンプーの前にお湯で予洗いをしましょう!

    洗うときのお湯の適温は、38~40度と言われています。

    発毛・育毛のために、お湯の温度も意識しましょう。

    発毛のためのシャンプー法③:手でシャンプーを泡立てる

    シャンプーを手にとって、泡立てずに髪に付けてはいませんか?

    シャンプーをそのまま髪の毛・頭皮に付けてしまうと、その刺激の強さによって頭皮トラブルが起きることもあります。

    髪・頭皮を傷めないために、先に手でシャンプーを泡立ててから、髪につけるようにしましょう!

    発毛のためのシャンプー法④:シャンプーは爪を立てない

    しっかり洗いたい気持ちに負けて、頭皮に爪を立ててシャンプーをしてはいませんか?

    頭皮に爪を立てるシャンプーは、頭皮に傷をつけてしまうダメなシャンプー法。

    さらに頭皮に傷ができると、頭皮環境が悪化し、健康な髪が生えなくなります。

    力を抜いて、丁寧に優しく、頭皮と髪を洗うことを意識しましょう!

    発毛のためのシャンプー法⑤:しっかりすすぐ

    シャンプーの洗い残しほど、怖いものはありません。

    洗い残したシャンプーは頭皮環境を悪化させる要因となります。

    頭皮に残ったシャンプー剤が原因で、頭皮に炎症が起き、そこから抜け毛が起こることもあります。

    せっかく発毛・育毛を意識してシャンプーを選んでも、しっかりとすすがなければ、発毛にとっては逆効果。

    髪と頭皮をシャンプーで丁寧に洗った後は、シャンプーを丁寧に洗い流しましょう。

    発毛のためのシャンプー法 ⑥:タオル、ドライヤーでしっかり乾かす

    自然乾燥は厳禁!

    髪のキューティクルにダメージを与えるだけでなく、湿気や濡れを好む細菌が濡れた髪や頭皮に住み着きます。

    細菌繁殖の温床となった頭皮にトラブルが起これば、発毛どころか、抜け毛の原因となることもあります。

    シャンプーの後は、タオルやドライヤーで、しっかりと乾かしましょう!

    シャンプー後のドライヤーをかける時間も「長すぎず、短すぎず」を意識するのが大切。

    長くドライヤーをあてると髪のキューティクルは傷つきます。

    ドライヤーをかける前にタオルで髪の水分をしっかりと取り、ドライヤーをかける時間を短縮しましょう。

    小さなことからコツコツ積み重ねるのが、発毛・育毛への道です!

    毎日のシャンプーでも、発毛・育毛を意識しましょう!

    発毛のためにはコンディショナーも必至?

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 6番目の画像

    コンディショナーと聞くと、女性が使うアイテムだと思う人がいるかもしれません。

    はたして、コンディショナーは女性だけの頭髪ケア商品なのでしょうか。

    発毛・育毛を心がけるのであれば、「コンディショナーは関係ない」と思っている男性もコンディショナーの役割について理解しておきましょう。

    発毛・育毛に必要? コンディショナーの役割

    コンディショナーの役割は、髪を油分でコーティングして保湿すること。

    日頃から内外から絶えずダメージを受ける髪。

    外から刺激を受けた髪に対し、何のケアも施さなければ、髪の毛のキューティクルは日に日に剥がれやすくなります。

    キューティクルが剥がれると、髪の内側にあるタンパク質や水分も失われやすい状態に。

    敏感な髪の1本1本をコンディショナーでコーティングして、髪内部の栄養素を守ってもらいましょう!

    発毛のためのコンディショナー使用方法①:頭皮にはつけず、髪の毛のみにつける

    コンディショナーの間違った使用方法の1つは、頭皮につける方法。

    コンディショナーは、頭皮に使用する商品ではありません。

    頭皮への付着を避けるために、髪の真ん中から毛先に馴染ませるようにしましょう。

    コンディショナーのコーティング力は強く、油分を含んでいます。

    油分を含んだコンディショナーが頭皮に付着すると、毛穴を詰まらせ、頭皮の健康状態を保っている皮脂量のバランスを崩してしまうかもしれません。

    毛穴が詰まると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを引き起こし、発毛どころではなくなってしまうおそれも。

    髪をコーティングする心強いコンディショナーですが、使い方を間違えれば、発毛・育毛の敵となるかもしれません。

    コンディショナーは、髪の毛先だけに付けましょう!

    発毛のためのコンディショナー使用方法②:コンディショナーはしっかりと流す

    「洗い流さない」と表記されていないコンディショナーは「洗い流す」ことが前提です。

    シャンプー同様、しっかりと洗い流しましょう。

    頭皮にはつけず、髪の毛先だけにつけて、しっかりと洗い流す。

    これが、コンディショナーの正しい使用方法です!

    薄毛の疑問は無料で聞ける!長濱ねるさんのCMで話題のAGAヘアクリニック

    ヘアクリ!長濱ねるのCMで話題AGAヘアクリニックの評判や口コミ、料金、悪い評判もあるか徹底調査しました!


    髪を守る! コンディショナーの効果的な使用方法

    • 発毛環境を整えるための使用方法①:頭皮につけない
    • 発毛環境を整えるための使用方法②:髪の真ん中から毛先にかけて馴染ませる
    • 発毛環境を整えるための使用方法③:使用後は、しっかりと洗い流す

    発毛のために、頭皮や髪に負荷をかけないようにするポイント

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 7番目の画像

    頭皮や髪に負荷をかけないことは、発毛を意識する上で必要不可欠。

    発毛しやすい環境が作られやすいために、頭皮や髪に負荷をかけないようにするポイントをおさらいしましょう!

    【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント

    • 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント①:朝シャンはしない
    • 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント②:コンディショナーを正しく使う
    • 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント③:整髪料をしっかり洗い流す
    • 【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント④:短い髪型にする

    【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント①:朝シャンはしない

    朝シャンプーをする人の多くは、頭皮を清潔な状態に保つことを目標にしているはず。

    しかし、外出する前に頭皮が「清潔すぎる状態」になるのは厄介。

    健康な頭皮は睡眠中に適度な皮脂を分泌して、頭皮に皮脂の膜をつくっています。

    外部の刺激から、頭皮を守る役割を担っているのです。

    外出前(朝)にシャンプーをしてしまうと、皮脂による保護膜が剥がれ、頭皮や毛根は紫外線などのダメージを受けやすくなります。

    適度な皮脂が洗い流された頭皮は乾燥しやすく、皮脂の分泌が過剰になる場合も。

    皮脂の過剰分泌で頭皮がベタつき、皮脂にホコリなどの汚れが付着したり、細菌感染の温床となる可能性もあるのです。

    乾燥を防ぐために過剰に皮脂が分泌された頭皮は、発毛しやすい環境とは言えません。

    発毛・育毛を意識するのであれば、朝のシャンプーはなるべく避けて、頭皮に必要な皮脂を残しましょう。

    【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント②:コンディショナーを正しく使う

    せっかくのコンディショナーも使用方法を間違えると、発毛に逆効果。

    頭皮環境を悪化させて発毛を妨げ、逆に抜け毛を増やしてしまう場合があるのです。

    発毛・育毛のためにも、使用方法を注意深く読み、正しい方法で効果的に使用しましょう!

    【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント③:整髪料をしっかり洗い流す

    髪のアレンジに使いたい整髪料ですが、洗い流さずに寝てしまうとフケや抜け毛の原因につながります。

    特に、ドライワックスは落としづらいので、丁寧にシャンプーすることが求められます。

    しかし、ワックスを洗い流そうと何度もシャンプーをすると、頭皮が乾燥してしまい、発毛には向かない頭皮環境になってしまうことも。

    頭皮の乾燥を避けるために、ぬるま湯(38度~40度)での予洗いを忘れずにしましょう!

    予洗いをすれば、1回の少量のシャンプーでもしっかりと汚れを洗い流すことができるでしょう。

    【発毛・育毛対策】頭皮に負荷をかけないポイント④:短い髪型にする

    長髪は毛根・頭皮に負担がかかるので、発毛には適しません。

    健康的な長髪を維持するためには多くの栄養素が必要ですし、手間もかかります。

    今の髪の毛を保ちたいならば、短い髪型にするという選択肢も考えるべきかもしれませんね。

    発毛環境を整えるためにも、シャンプーに気を配ろう

    シャンプー「だけ」で発毛はできない! 髪の毛を育てるシャンプー選びの極意 8番目の画像

    発毛しやすい頭皮を作るために、シャンプーは大切。

    シャンプーは発毛・育毛対策の基本であり、基礎なのです。

    発毛しやすくするために、シャンプーで頭皮環境を整える

    正しくシャンプーができていれば、頭皮環境が整い、発毛のサポートとしても役立つかもしれません。

    界面活性剤や防腐剤など、シャンプーに配合されている成分を見る癖をつけましょう。

    発毛を意識する人におすすめしたいシャンプーは、肌と同じ弱酸性のアミノ酸系シャンプーです。

    アミノ酸系シャンプーは頭皮に適度な皮脂を残し、発毛しやすい環境を整えてくれます。

    シャンプーが合わないと感じたら病院へ

    シャンプーに配合されている合成界面活性剤には、高級アルコール系界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤、石けん系界面活性剤をはじめとするさまざまな種類があります。

    肌と同じ弱酸性のアミノ酸系シャンプーが発毛・育毛に適しているとされていますが、アミノ酸系シャンプーが自分の頭皮に合うシャンプーとは限りません。

    男性も女性も、健康な髪を発毛・育毛するためには、自分に合うシャンプーを見つけることが大切です。

    しかし、どのシャンプーが自分に合っているかを判断することは、難しいかもしれません。

    AGAを専門とする多くのクリニックでは、無料カウンセリングを行っており、シャンプーの選び方やシャンプー方法についても気軽に相談することができます。

    発毛や薄毛予防について詳しい専門医が、自分の髪質・髪の状態に合ったシャンプーを見つけてくれるかもしれません。

    この機会に無料カウンセリングを受けて、自分に合ったシャンプーを見つけましょう!

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「ヘアクリ」

    ヘアクリ(AGAヘアクリニック)

    欅坂46長濱ねるさんが出演するテレビCMで話題の『ヘアクリ』ことAGAヘアクリニックは、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    サッカー日本代表 長友佑都とヘアクリ院長が語るAGA治療本当の話

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    AGAINメディカルクリニック

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー