AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
【AGA対策】「 AGA治療薬」と「育毛サプリメント」の違いって何? アイキャッチ画像

    2018年08月02日 更新

    【AGA対策】「 AGA治療薬」と「育毛サプリメント」の違いって何?

    AGAの治療に用いられる、「AGA治療薬」には科学的に認められた確かな効果があります。一方で、CMや薬局、通販サイトでは「育毛サプリメント」や「AGA対策サプリメント」といった商品も多く見かけますよね。
    AGA治療薬と市販されているサプリメントには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?
    今回のAGA+では、AGA治療薬とAGA対策サプリメントの違いと、より効果的な使用方法を紹介します。
    目次
      +AGAってどんなハゲ・薄毛のこと?
      1. AGAは前頭部と頭頂部から薄毛が進行する
      2. AGAは髪の毛の「ヘアサイクル」を乱す脱毛症
      3. ヘアサイクル
      +髪の毛のヘアサイクルを乱すAGAの原因とは?
      1. AGAの原因①:男性ホルモン
      2. AGAの原因②:遺伝
      3. AGAを助長する原因は頭皮環境の悪化
      +サプリメントとAGA治療薬の違いは?
      1. サプリメントではAGAを治療できない
      2. AGA改善には、AGA治療薬が効果的
      3. 3つのAGA治療薬
      -効果が認められたAGA治療薬とは?
      +効果的なAGA治療ガイドライン
      1. AGA治療の推奨度ランク
      2. ガイドラインでAGAの治療効果が認められたAGA治療薬①:ミノキシジル外用液
      3. ガイドラインでAGAの治療効果が認められたAGA治療薬②:プロペシア(フィナステリド)
      4. AGA治療の新薬「ザガーロ(デュタステリド)」
      +サプリメントによるAGA対策のメリット
      1. サプリメントによるAGA対策のメリット①:手軽に薄毛対策ができる
      2. サプリメントによるAGA対策のメリット②:副作用のリスクが少ない
      +サプリメントによるAGA対策のデメリット
      1. サプリメントによるAGA対策のデメリット①:育毛サプリメント自体には発毛効果はない
      2. サプリメントによるAGA対策のデメリット②:アレルギー・副作用のリスクは“0”じゃない
      +抜け毛・薄毛予防として育毛サプリメントを使用する際の注意点
      1. サプリメントを使用する際の注意点①:AGA・育毛のメカニズムを理解した上で使用する
      2. サプリメントを使用する際の注意点②:サプリメントの目安量を守る
      3. サプリメントを使用する際の注意点③:サプリメントは継続的に服用する
      +AGA対策として摂取したい育毛サプリメント
      1. AGA対策として摂取したい育毛サプリメント①:アミノ酸(タンパク質)
      2. AGA対策として摂取したい育毛サプリメント②:亜鉛
      3. 亜鉛の過剰摂取で見られる症状
      4. AGA対策として摂取したい育毛サプリメント③:ビタミン類
      5. ビタミン類が持つ薄毛・ハゲへの効果
      6. AGA対策として摂取したい育毛サプリメント④:ノコギリヤシ
      +AGA対策にはサプリメントだけでなく、育毛剤(医薬部外品)も使おう
      1. 育毛剤(医薬部外品)が持つ主な効果
      2. 頭皮環境を整える効果を持つ育毛剤(医薬部外品)の種類
      3. 血行をよくすることで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)
      4. 頭皮を清潔に保つことで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)
      5. 頭皮や髪の毛に栄養を与えることで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)
      6. 頭皮・髪の毛に合わなかったら、育毛剤(医薬部外品)の使用を控えよう
      +確実な発毛は、サプリメントではなく「AGA治療薬」
      1. サプリメントはAGA対策・育毛のサポートとして
      2. まずはAGA専門クリニックに相談

    AGAってどんなハゲ・薄毛のこと?

    最近、よく耳にするようになったAGA(男性型脱毛症)という言葉。

    現在、薄毛・ハゲに悩んでいる男性は全国でおよそ1,200万人にも上り、このうちのほとんどがAGAを発症していると言われています。

    育毛サプリメントとAGA治療薬の違いを説明する前に、まずは、AGAによるハゲ・薄毛の特徴について説明します。

    AGAは前頭部と頭頂部から薄毛が進行する

    AGAにおける最大の特徴は、「前頭部(生え際)」や、つむじ付近の「頭頂部」から薄毛が進行する点。

    また、AGAは進行性という特徴を持つため、適切な治療を施さなければ、ハゲ・薄毛の症状はどんどん進行していきます。

    AGAは髪の毛の「ヘアサイクル」を乱す脱毛症

    生理現象の一つ「ヘアサイクル」は、薄毛・抜け毛といった症状に大きく関わっています。

    ヘアサイクルとは、抜け毛が自然に発生するメカニズムのことを指します。

    髪の毛が成長できるのは、髪の毛のヘアサイクルが正常に保たれているからなのです。

    ヘアサイクルは、髪の毛が成長する成長期、髪の毛の成長が衰えていく退行期、髪の毛の成長が完全に止まり、新しい髪の毛の発毛を待つ休止期、という3つのフェーズに分かれています。

    ヘアサイクル

    • 成長期
      髪の毛が太く長く成長する時期
    • 退行期
      髪の毛の成長が止まり始める時期
    • 休止期
      髪の毛の成長が止まり、新しい髪の毛が生えてくる時期

    AGAはヘアサイクルの中でも、髪の毛の成長期を短縮してしまうことで、抜け毛や薄毛といった症状を引き起こすのです。

    このヘアサイクルは永遠に繰り返されるわけではありません。

    髪の毛を作り出す毛母細胞の分裂回数には限度があるため、ヘアサイクルを一定の回数終えると、その毛根からは髪の毛が生えなくなります

    つまり、AGAによってヘアサイクルが短縮されると、毛根の寿命も早く尽きてしまうのです。

    毛根の寿命が尽きる前に、AGA対策・治療に踏み出す必要があります。

    髪の毛のヘアサイクルを乱すAGAの原因とは?

    多くの人を悩ませている、AGA(男性型脱毛症)の原因とは何なのでしょうか?

    「ハゲは遺伝や生活習慣などが原因」という噂を耳にしたことがある人もいるかもしれません。

    遺伝やストレスもAGAの原因と考えられていますが、AGAにおける最大の原因は「男性ホルモン」です。

    AGAの原因①:男性ホルモン

    AGAによるハゲ・薄毛は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響を大きく受けています。

    AGAの原因は、ジヒドロテストステロンが前頭部や頭頂部のヘアサイクルを乱すこと。

    ジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの一種である「テストステロン」に、「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素が結びつくことで生成されます。

    このジヒドロテストロンが、ヘアサイクルを乱すことで、AGAを代表する抜け毛や薄毛といった症状を引き起こすのです。

    AGAの原因②:遺伝

    AGAによるハゲ・薄毛は、遺伝にも関係があるとされています。

    AGAとの関係が考えられている遺伝子は、アンドロゲンレセプターの感受性に関わる遺伝子5αリダクターゼの分泌量に関わる遺伝子の2種類。

    アンドロゲンレセプターとは、ジヒドロテストステロンを受け取る器官のこと。

    ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターに感知されると、脱毛を促すシグナルが出されます。

    そのため、アンドロゲンレセプターがジヒドロテストステロンを感知しやすい性質を持っていると、AGAの症状が現れやすくなるのです。

    アンドロゲンレセプターの感受性に関わる遺伝子は、母親から受け継がれると言われているため、母方に薄毛の人が多い場合は注意が必要です。

    また、5αリダクターゼの分泌量が多いと、テストステロンが脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換されやすくなります。

    この5αリダクターゼの分泌量に関わる遺伝子は、両親どちらからも受け継がれます。

    そのため、両親のいずれかが「5αリダクターゼの分泌量が多い」という遺伝子情報を持っていたら、その子どもはAGA発症のリスクが高まる、ということになるでしょう。

    AGAを助長する原因は頭皮環境の悪化

    生活習慣による頭皮環境の悪化も、AGAのリスクを高めるかもしれません。

    髪の毛を草木に例えるならば、頭皮は栄養をたっぷりと含んだ土壌。

    乱れた頭皮環境では、髪の毛は健康に成長することができません。

    脂質の多い食事や偏食、睡眠不足、飲酒、喫煙といった慢性的な生活習慣の乱れは、頭皮環境を悪化させる原因となる可能性があります。


    Sponsored Link
     

    サプリメントとAGA治療薬の違いは?

    ドラッグストアやインターネットの通販サイトでは、発毛効果やAGAの治療効果を謳った「育毛サプリメント」や「AGA対策サプリメント」が販売されており、使用者からたくさんのレビューが寄せられています。

    気軽に入手できるサプリメントに、男性ホルモンを原因とするAGAを治療する効果があるのでしょうか?

    また、「AGA治療薬」と「サプリメント」にはどのような違いがあるのでしょうか?

    サプリメントではAGAを治療できない

    錠剤やカプセル形のサプリメントは、医薬品と混同してしまいがち。

    市販されている育毛サプリメントの多くは、「健康食品」「医薬部外品」などに分類されており、医薬品のような改善効果を謳うことができません。

    一方で医薬品とは、医薬品医療機器等法(旧:薬事法)に基づき、厚生労働省の検査などによって効果や効能が認められたもの。

    食品の一種として扱われる育毛サプリメントでは、医薬品ほどのAGA治療効果は期待できません。

    しかし、AGA対策の一環として頭皮環境を整えようと思うのであれば、育毛サプリメントを服用する意味はあると言えるでしょう。

    AGA改善には、AGA治療薬が効果的

    AGA治療薬は、育毛サプリメントとは異なり、治療効果が科学的に認められた「医薬品」です。

    現在、日本で承認されているAGA治療薬は主に3つ。

    3つのAGA治療薬

    • ミノキシジル外用液
    • プロペシア(フィナステリド)
    • ザガーロ(デュタステリド)

    先述したように、医薬品にあたるAGA治療薬は、厚生労働省の検査などによって効果や効能が認められたもの。

    AGA治療薬として認められていない育毛サプリメントをはじめとする商品に、AGA改善効果はほとんどないと言っていいでしょう。

    効果が認められたAGA治療薬とは?

    薄毛に関する病気「AGA(男性型脱毛症)」は、効果が認められたAGA治療薬によって治療することが可能です。

    効果的なAGA治療ガイドライン

    日本皮膚科学会と毛髪科学研究会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」では、AGA治療法を5段階で評価しています。

    AGA治療の推奨度ランク

    • AGA治療ランクA:行うよう強く勧められる
    • AGA治療ランクB:行うよう勧められる
    • AGA治療ランクC1:行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
    • AGA治療ランクC2:根拠がないので勧められない
    • AGA治療ランクD:行わないよう勧められる

    AGA治療ランクAに該当するのは、「ミノキシジル外用療法」「フィナステリド内服療法」の2つ。

    ミノキシジル外用薬・フィナステリドは、「行うよう強く勧められる」AGA治療として、多くのAGA専門クリニックで使われているAGA治療薬です。

    ガイドラインでAGAの治療効果が認められたAGA治療薬①:ミノキシジル外用液

    ミノキシジルは、髪の毛を生成する毛母細胞の細胞分裂を活性化させる働きがあります。

    AGA治療薬「ミノキシジル外用液」は、髪の毛の成長期を延長させる作用と、休止期の髪の毛を成長期へ移行させる作用によって、AGA治療効果を発揮すると考えられています。

    ミノキシジル外用液は、AGA治療の第一選択薬として、多くのAGA専門クリニックで使用されています。

    ガイドラインでAGAの治療効果が認められたAGA治療薬②:プロペシア(フィナステリド)

    AGA治療薬プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、5αリダクターゼを阻害することで、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えます。

    また、フィナステリドとミノキシジルは、異なるアプローチでAGAの治療効果を発揮するため、多くのAGA専門クリニックではフィナステリドとミノキシジルの併用によるAGA治療を勧めています。

    AGA治療の新薬「ザガーロ(デュタステリド)」

    新たにAGAの治療効果が認められた、「デュタステリド」を有効成分とするAGA治療薬「ザガーロ」。

    新しいAGA治療薬であるため、男性型脱毛症診療ガイドラインにザガーロ(デュタステリド)についての記載はありません。

    しかし、ザガーロ(デュタステリド)は2015年9月に厚生労働省から認可を得た、れっきとしたAGA治療薬です。

    デュタステリドは、フィナステリドがほとんど阻害できなかった5αリダクターゼ1型への阻害効果も発揮するため、フィナステリド以上のAGA治療効果が期待できます。


    Sponsored Link
     

    サプリメントによるAGA対策のメリット

    前述の通り、サプリメントによるAGA(男性型脱毛症)治療効果は期待できません。

    しかし、サプリメントを使った栄養補助は、薄毛・ハゲ対策の一つとして有効でしょう。

    ここでは、サプリメントによるAGA対策のメリットを紹介します。

    サプリメントによるAGA対策のメリット①:手軽に薄毛対策ができる

    サプリメントは薬局だけでなく、通販やコンビニエンスストアでも気軽に入手することができ、値段も医薬品と比べると安価なものが多くあります。

    そして、一つの成分に特化したもの、食事で摂取しづらい栄養成分を含んだものなど、豊富な種類があることもサプリメントの魅力の一つ。

    自分の用途・目的に合わせてサプリメントを選ぶことが大切です。

    サプリメントによるAGA対策のメリット②:副作用のリスクが少ない

    また、「食品」と位置づけられているサプリメントには、副作用のリスクがある医薬品成分は含まれていません。

    AGA治療薬には副作用が心配されるものもありますが、サプリメントなら副作用の心配も少ないでしょう。

    しかし、食品の一種として位置付けられているサプリメントでも、過剰摂取により体調不良が現れることもあるので、摂取量には注意が必要です。

    一日の目安量をきちんと守ってサプリメントを摂取しましょう。

    サプリメントによるAGA対策のデメリット

    気軽に摂取できるサプリメントですが、デメリットもいくつか存在します。

    サプリメントによるAGA対策のデメリット①:育毛サプリメント自体には発毛効果はない

    「5αリダクターゼの阻害効果」や「毛母細胞の活性化」を謳って見えるサプリメントも売られています。

    育毛サプリ・AGA対策サプリの名目で売られているサプリメントに、AGA治療効果・発毛効果は期待できません。

    何度も言うようですが、サプリメントは医薬品ではなくあくまで食品の一種

    医薬部外品・食品に位置づけられることが多いサプリメントには、AGA治療薬などの医薬品に匹敵するような治療・改善効果はないのです。

    サプリメントによるAGA対策のデメリット②:アレルギー・副作用のリスクは“0”じゃない

    サプリメントを摂取することによる副作用のリスクは低いと言われていますが、アレルギー反応が起こる可能性はゼロではありません。

    サプリメントには防腐剤や合成着色料など、天然栄養成分以外のものが入っている場合があります。

    サプリメントには安全性が確認されている添加物が使われていますが、飲み合わせによっては有害性が疑われるものがあります。

    また、サプリメントにはさまざまな成分が含まれているため、誰がどんなサプリメントを摂取しても問題ないというわけではありません。

    サプリメントを摂取して体調に変化が見られた場合は、サプリメントの服用を一旦中止し、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

    抜け毛・薄毛予防として育毛サプリメントを使用する際の注意点

    薬局だけでなく、コンビニエンスストアや通販などでも購入できる育毛サプリメント。

    その手軽さゆえに、誤った方法でサプリメントを服用している人もいるかもしれません。

    正しいサプリメントの使い方を心がけることは、育毛効果を最大限発揮することにつながるでしょう。

    サプリメントを使用する際の注意点①:AGA・育毛のメカニズムを理解した上で使用する

    育毛サプリメントを摂取するにあたっては、AGA・育毛のメカニズムを理解した上で使用することが大切です。

    育毛サプリメントでは、AGAや薄毛を治療することはできません。

    サプリメントの目的は、身体に足りていない栄養成分を補うことにあります。

    サプリメント自体にAGA治療効果はありませんが、健康な頭皮・髪の毛を保つ上で、栄養バランスを整えることは大切です。

    AGA治療に限らず、他の薄毛治療を受けている場合でも、育毛剤(医薬部外品)やサプリメントを使用して頭皮環境を整えましょう。

    サプリメントを使用する際の注意点②:サプリメントの目安量を守る

    サプリメントに含まれる栄養成分をたくさん摂取したからといって、サプリメントの効果が飛躍的に上がるわけではありません。

    それどころか、サプリメントから特定の栄養成分を過剰に摂取すると、思わぬ体調不良を起こす危険もあります。

    人によって摂取量の目安が異なる場合もありますが、基本的にはサプリメントに記載されている目安量を守りましょう。

    サプリメントの摂取量について不安がある人は、医師や薬剤師に相談しましょう。

    サプリメントを使用する際の注意点③:サプリメントは継続的に服用する

    サプリメントなどに含まれる栄養成分は、代謝によって一定量が体外に排出されるため、継続的に摂取する必要があります。

    サプリメントばかりに頼らず、日々の食生活の中でバランスの取れた食事を心がけることもハゲ対策として大切です。

    メインの栄養成分は食事から、サプリメントは「食事の補助」ということを忘れないようにしましょう。


    Sponsored Link
     

    AGA対策として摂取したい育毛サプリメント

    「育毛サプリメント」と一口に言っても、サプリメントに含まれる栄養成分によって期待できる効果は異なります。

    育毛サプリメントに含まれている育毛成分として、アミノ酸・亜鉛・ビタミン類・ノコギリヤシなどが挙げられます。

    サプリメントに含まれる栄養成分が与える効果について見ていきましょう。

    AGA対策として摂取したい育毛サプリメント①:アミノ酸(タンパク質)

    髪の毛は、アミノ酸の一種である「ケラチン」と呼ばれる成分で構成されています。

    そのため、アミノ酸を成分に含むサプリメントを摂取することは、髪の毛が健康に成長する上で大切です。

    ただし、「アミノ酸をやみくもに摂取すればいい」というわけではありません。

    特定のアミノ酸を過剰に摂取すると、アミノ酸インバランスと呼ばれる状態を引き起こすおそれがあります。

    アミノ酸インバランスとは、アミノ酸同士のバランスが崩れ、身体がアミノ酸の欠乏状態と錯覚してしまう現象。

    アミノ酸に限らず、栄養素の過剰摂取は体に悪影響を及ぼすことがあるので、サプリメントの一日の目安量をしっかりと守りましょう。

    AGA対策として摂取したい育毛サプリメント②:亜鉛

    育毛サプリメントに含まれることの多い「亜鉛」。

    亜鉛には、髪の毛の主成分「ケラチン」の合成を助ける効果があると言われています。

    亜鉛が不足すると、亜鉛欠乏症によって味覚・男性生殖機能・精神・免疫力・代謝などに影響を与えるおそれがあります。

    また、亜鉛の過剰摂取にも注意が必要です。

    亜鉛を過剰摂取すると、さまざまな体調不良を引き起こすおそれがあります。

    亜鉛の摂取量は、成人男性で40~45mg、成人女性で35mgを上限としています。

    亜鉛の過剰摂取で見られる症状

    • 亜鉛の過剰摂取による症状①:発熱、頭痛
    • 亜鉛の過剰摂取による症状②:嘔吐
    • 亜鉛の過剰摂取による症状③:腎臓障害
    • 亜鉛の過剰摂取による症状④:免疫低下

    AGA対策として摂取したい育毛サプリメント③:ビタミン類

    また、AGA対策サプリメントとして忘れてはいけないのがビタミン類です。

    とくにビタミンCは、酸化防止作用や頭皮環境を整える働きがあります。

    他のビタミン類も、新陳代謝を整えたり肌を健康に保ったりする役割があるため、サプリメントを使って適宜補うようにしましょう。

    ビタミン類が持つ薄毛・ハゲへの効果

    • ビタミンA:粘膜の保護、新陳代謝を整える
    • ビタミンB群:皮膚の健康維持を助ける、代謝を整える
    • ビタミンC:酸化防止作用
    • ビタミンE:細胞の保護

    AGA対策として摂取したい育毛サプリメント④:ノコギリヤシ

    ノコギリヤシも多くの育毛サプリメントに含まれている栄養成分。

    ノコギリヤシがAGAに効果的だとされているのは、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン」の抑制に作用すると言われているためです。

    海外の研究では、ノコギリヤシが持つ5αリダクターゼ阻害効果により、AGAへの治療効果が報告されています。

    しかし、ノコギリヤシは医薬品として認可されていないため、5αリダクターゼ阻害効果には、個人差があるでしょう。

    現在、5αリダクターゼの阻害効果が認められているのは、フィナステリドとデュタステリドの2つのみ。

    AGAの治療効果が期待されているノコギリヤシ成分ですが、サプリメントとして扱われる以上、医薬品ほどの効果はないので注意しましょう。


    Sponsored Link
     

    AGA対策にはサプリメントだけでなく、育毛剤(医薬部外品)も使おう

    育毛対策を行うのであれば、サプリメントの摂取以外にも、育毛剤(医薬部外品)を使った頭皮ケアも忘れないようにしましょう。

    育毛剤(医薬部外品)が持つ主な効果

    育毛剤(医薬部外品)は、発毛効果を持つものと思われがちですが、育毛剤には発毛効果はありません。

    市販されている育毛剤の多くは、医薬部外品や化粧品に分類され、治療・発毛効果を持つ成分が含まれていないのです。

    育毛剤(医薬部外品)の役割は、頭皮環境を整えることで、薄毛・抜け毛を予防すること。

    育毛剤(医薬部外品)を使って頭皮環境を整えることは、AGA治療のためにも、育毛のためにも大切です。

    頭皮環境を整える効果を持つ育毛剤(医薬部外品)の種類

    • 血行をよくすることで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)
    • 頭皮を清潔に保つことで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)
    • 頭皮や髪の毛に栄養を与えることで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)

    血行をよくすることで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)

    多くの育毛剤(医薬部外品)には、頭皮の血行を促進する成分が含まれています。

    頭皮の血行を良くする成分を含む育毛剤(医薬部外品)は、髪の毛に十分な栄養を届け、髪の毛の健康な成長をサポートする効果が期待できます。

    頭皮を清潔に保つことで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)

    また、育毛剤(医薬部外品)の中には、頭皮を清潔に保つ成分を含んでいるものがあります。

    頭皮の常在菌が原因となる脱毛症も存在するため、育毛剤(医薬部外品)を使用して頭皮を清潔に保つようにしましょう。

    頭皮や髪の毛に栄養を与えることで薄毛を予防する育毛剤(医薬部外品)

    髪の毛が健康を維持するためには、十分な栄養を頭皮や髪の毛に届ける必要があります。

    育毛剤(医薬部外品)の中には、頭皮や髪の毛に栄養を与える効果を持つものもあります。

    育毛剤(医薬部外品)を使って、毛母細胞に栄養成分を補給することで、髪の毛の成長を助けることができるかもしれません。

    頭皮・髪の毛に合わなかったら、育毛剤(医薬部外品)の使用を控えよう

    サプリメント同様、多くの薬局や通販サイトで気軽に購入できる育毛剤(医薬部外品)も、副作用がないとは言いきれません。

    人によっては、頭皮にかゆみや発疹が出たりする場合があります。

    育毛剤(医薬部外品)を使用して、頭皮や髪の毛に異常が現れた場合は、必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

    確実な発毛は、サプリメントではなく「AGA治療薬」

    発毛効果が認められているAGA治療は、AGA治療薬による投薬治療。

    AGAによるハゲ・薄毛を治すことができないサプリメントや育毛剤も、頭皮環境を整える効果は期待することができます。

    AGA治療薬・育毛サプリメント・育毛剤のすべてについて、正しい知識を持った上で服用・使用するようにしましょう。

    サプリメントはAGA対策・育毛のサポートとして

    AGAによるハゲ・薄毛は、効果が認められているAGA治療薬によって治療することが可能です。

    しかし、AGA治療薬を服用していても、頭皮環境が乱れていては十分な発毛・育毛効果は期待できないでしょう。

    AGAを治療する上では、育毛サプリメントや育毛剤に含まれている育毛成分によって、頭皮環境を整えることも大切になります。

    また、頭皮環境を整えることはAGAに限らず、円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの薄毛を治療する上でも重要です。

    育毛サプリメントに発毛効果はありませんが、AGA治療薬による治療効果を最大限発揮させるためにも、育毛剤やサプリメントを上手に使っていきましょう。

    まずはAGA専門クリニックに相談

    AGA対策やAGA治療の効果を最大限に発揮させるためには、バランスのとれた食事やサプリメントにより不足している栄養を摂取することや、生活習慣を改善することも重要です。

    しかし、自分一人で最善の治療法や生活習慣の改善方法を見つけるのは難しいですよね。

    AGA専門クリニックでは、カウンセリングを基本無料で行っています。

    カウンセリングでは、知識の豊富なカウンセラーや医師に、AGAや薄毛治療に関する悩みを気軽に相談できます。

    また、AGA対策に有効な育毛剤・サプリメントの使い方について、薄毛治療に精通した医師が教えてくれるでしょう。

    薄毛についての悩みを抱えているのならば、まずはAGA専門クリニックの医師に直接相談してみませんか?


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー