AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
急激な抜け毛に終止符を! 進行性脱毛症「AGA」の対策いろは アイキャッチ画像

    2018年08月02日 更新

    急激な抜け毛に終止符を! 進行性脱毛症「AGA」の対策いろは

    「シャワー後に大量の髪が落ちていた……」「枕元の抜け毛が気になる……」 。急激に薄毛や抜け毛の症状が出た場合、あなたはAGAを患っているかもしれません。AGAは早めの対策を怠ると、取り返しのつかないことになるおそれもあります。薄毛に悩めるあなたに、AGAの基礎知識と、今日から始められるAGA対策を紹介します。
    目次
      +AGA(男性型脱毛症)とは?
      1. AGAは男性型脱毛症のこと。成人男性の3割がAGAを罹患!
      2. AGAの症状は、「生え際と頭頂部の薄毛の進行」
      3. AGAは毛周期が乱れることで細毛化、薄毛になる病気
      4. 恐怖!AGA患者の毛周期
      +AGAの原因とは
      1. AGAの原因①:悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の影響
      2. AGAの原因②:遺伝
      3. AGAの発症確率を上げる遺伝子
      +効果的なAGA対策って?
      1. 「男性型脱毛症診療ガイドライン」にAGAへの対策が明記されている
      2. 男性型脱毛症診療ガイドラインで高い評価を受けた治療薬
      3. AGAに有効な対策①:ミノキシジル外用療法
      4. AGAに有効な対策②:プロペシア(フィナステリド)内服療法
      5. AGAに有効な対策③:ザガーロ(デュタステリド) 内服療法
      +AGA対策の最前線!最新のAGA治療とは
      1. 【注目】最新のAGA治療
      2. 最新のAGA治療①:育毛メソセラピー治療
      3. 最新のAGA治療②:HARG治療
      4. 最新のAGA治療③:自毛植毛
      +育毛剤はAGAに対して有効な対策なのか?
      1. AGA改善の効果はないが、頭皮環境を整える効果は期待できる
      2. 【AGA対策の一環】育毛剤(医薬部外品)の効果とは
      3. 育毛剤の効果①:頭皮の血行良化
      4. 育毛剤の効果②:頭皮を清潔に保つ
      5. 育毛剤の効果③:頭皮や髪の毛に栄養を与える
      +AGA対策の一環として、正しいシャンプーの実践を
      1. 【AGA対策】頭皮トラブルを防ぐ、正しいシャンプーの方法
      2. 【AGA対策の一環】正しいシャンプーの進め方
      3. 【AGA対策】シャンプーでAGA予防①:髪をとかす
      4. 【AGA対策】シャンプーでAGA予防②:お湯だけで予洗い
      5. 【AGA対策】シャンプーでAGA予防③:手でシャンプーをよく泡立てる
      6. 【AGA対策】シャンプーでAGA予防④:シャンプー時は爪を立てずに
      7. 【AGA対策】シャンプーでAGA予防⑤:しっかりとすすぐ
      8. 【AGA対策】シャンプーの洗浄成分にも気を配る
      +育毛サプリメントはAGA対策としてよいのか?
      1. 【AGA対策】サプリメントは「栄養補助食品」、AGA対策はできない
      2. 【AGA対策】育毛サプリメントの効果
      3. 【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分
      4. 【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分①:アミノ酸
      5. 【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分②:亜鉛
      6. 【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分③:ミレットエキス
      7. 【まとめ】育毛サプリメントに含まれる成分と効果
      8. 【AGA対策】育毛サプリメントの注意点
      +AGA対策の第一歩、生活習慣の改善
      1. 【AGA対策】今日から始められる、生活習慣の改善
      2. 【AGA対策】生活習慣の改善①:ストレスと上手に付き合う
      3. 【AGA対策】生活習慣の改善②:高脂肪な食生活を避け、栄養バランスを考える
      4. 【AGA対策】生活習慣の改善③:飲酒は適量にする
      5. 【AGA対策】生活習慣の改善④:喫煙の習慣を断つ
      6. 【AGA対策】生活習慣の改善⑤:睡眠をしっかりとる
      7. 【AGA対策】生活習慣の改善⑥: 適度な運動を取り入れる
      +「効果的なAGA対策」は人それぞれ
      1. AGAは早期の対策が肝心!
      2. まずはAGAクリニックを訪ね、自分に合ったAGA対策を見つける

    AGA(男性型脱毛症)とは?

    AGAは男性型脱毛症のこと。成人男性の3割がAGAを罹患!

    「AGA」という言葉を耳にしたことはあるけれど、実はよく知らないという人も多いのではないでしょうか。 

    AGAは、「Androgenetic Alopecia」の略称で、男性型脱毛症のことを指しています。

    男性ホルモンが原因とされるこのAGAは、日本でおよそ1,200万人の成人男性が発症していると言われています。

    つまり、日本の成人男性のおよそ3分の1が、AGAを罹患しているのです。

    現在薄毛に悩んでいない人でも、今後AGAを発症し、薄毛や抜け毛の症状に悩まされる可能性は少なくありません。

    薄毛や抜け毛が少しでも気になりだしたらAGAを疑い、まずは自分にできるAGA対策を実践するのがよいでしょう。

    AGAの症状は、「生え際と頭頂部の薄毛の進行」

    「シャンプー時に大量の髪が抜け落ちている、起きたら枕元の抜け毛が気になる」といった苦い経験をしたことはないでしょうか。

    そんな時には、髪全体のボリュームや各部位の毛量を鏡でチェックしてみましょう。

    とくに、額の生え際や頭頂部付近の薄毛や抜け毛が目立つという人は要注意。

    額の生え際や頭頂部の髪が徐々に薄くなっていくのが、AGAの特徴

    また、AGAは進行性の病気です

    早めに対策を取らなければ、生え際や頭頂部の薄毛は、AGAによってますます進行してしまいます。

    AGAは毛周期が乱れることで細毛化、薄毛になる病気

    AGAが進行性の病気とされるのには、髪の成長の仕組みが大きく関係しています。

    髪には「毛周期」と呼ばれる、生えてきてから成長し、抜け落ちるまでの期間があります。

    そして毛周期の中でも、髪が太く長くなっていく期間を成長期、髪の成長が止まる期間を退行期、そこから毛が抜け落ちるまでを休止と呼びます。

    AGAを患っていない健康な人の毛周期は、成長期が2〜6年、退行期が2週間、休止期が4か月ほど。

    一方でAGAを発症した人は、生え際や頭頂部付近の髪の成長期が最大で100日程度に短縮してしまい、成長途中で抜け落ちてしまいます。

    そのため、AGAを患うと生え際や頭頂部の毛量が急激に減少し、薄毛が進行してしまうのです。

    恐怖!AGA患者の毛周期

    • 健康な人の毛周期:髪の成長期が最長6年ほど続く
    • AGA患者の毛周期:成長期が100日程度に短縮

    AGAの原因とは

    AGAの原因①:悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の影響

    AGAを発症し薄毛が進行してしまう原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉男性ホルモン。

    この男性ホルモンには、髪の成長期を短縮させ、薄毛の症状を進行させる作用があるため、脱毛ホルモンと呼ばれることもあります。

    ジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの「テストステロン」に還元酵素「5αリダクターゼ」が結合することで生み出されます。

    完成したジヒドロテストステロンが遺伝子に指令を出し、髪の成長を抑える「成長抑制因子」を働かせ、髪の成長期が短縮。

    すると急激にAGAが進行し、薄毛や抜け毛の増加に悩まされてしまうというわけです。

    AGAの鍵が、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」にあるということは、AGA対策において重要なポイントになるので、押さえておきましょう。

    AGAの原因②:遺伝

    「ハゲは遺伝が原因」と都市伝説のように囁かれているのを聞いたことがありませんか?

    実際のところ、遺伝が直接的な原因となってAGAを引き起こすことはありません。

    ただし、「ハゲやすい遺伝子」が実際に存在することから、「AGAになりやすいかどうか」が遺伝によって決まるというのは本当です。

    なぜなら、遺伝が脱毛を促す男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成に大きな影響力を持っているから。

    AGAの発症確率を上げる遺伝子は、主に以下の2つ。

    AGAの発症確率を上げる遺伝子

    • AGAの発症確率を上げる遺伝子①:5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子
    • AGAの発症確率を上げる遺伝子②:アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子

    テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる「5αリダクターゼ」の活性力は、遺伝によって左右されていると言われています。

    つまり、遺伝的に5αリダクターゼの活性が高い人は、ジヒドロテストステロンが生成されやすく、AGAになる可能性も大きくなるということ。

    また、ジヒドロテストステロンを受容する器官「アンドロゲンレセプター」の感受性も、遺伝によって決まると言われいます。

    アンドロゲンレセプターの感受性が高いほど、ジヒドロテストステロンが受容されやすくなり、AGAを発症する確率も上がるのです。

    「ハゲやすい遺伝子」があるかどうかは、AGA専門クリニックで行っている「遺伝子検査」を通じて知ることができます。

    ただし、「ハゲやすい遺伝子」があるからといってAGAになるとは限らず、逆に遺伝子がなくてもAGAを発症する可能性は十分にあります。

    効果的なAGA対策って?

    「男性型脱毛症診療ガイドライン」にAGAへの対策が明記されている

    日本皮膚科学会という団体が、AGAに対して有効な対策をまとめた「男性型脱毛症診療ガイドライン」を発表しています。

    このガイドラインで記載されているAGA治療のうち、AGAに対して高い治療効果を持つとして、とくに推奨されているのが2つのAGA治療薬による投薬治療。

    進行性のAGAを食い止めるために、効果の認められたAGA治療薬について学んでいきましょう。

    男性型脱毛症診療ガイドラインで高い評価を受けた治療薬

    • AGA治療薬①:ミノキシジル
    • AGA治療薬②:プロペシア(フィナステリド)

    AGAに有効な対策①:ミノキシジル外用療法

    AGAへの有効な対策として、ガイドラインで最高評価を受けた1つ目のAGA治療薬が、「ミノキシジル外用薬」です。

    血管拡張作用を持つミノキシジルは、もともと高血圧の患者向けに処方されていましたが、発毛の副作用が多数報告されたため、新たにAGA治療成分として再開発されました。

    ミノキシジルが持つ発毛効果は、髪の毛を作り出す毛乳頭細胞に直接作用することで、発毛を促すというもの。

    ミノキシジルが含まれる薬には、頭皮に直接塗布する「外用薬」と錠剤型の「内服薬」が存在しますが、ガイドライン内で記述があるのは「外用薬」のみです。

    一方で、内服薬はガイドラインには記されていませんが、体内に直接ミノキシジルを取り入れられるという点で、AGAに対して外用薬以上の効果が期待できるという声も。

    ただし内服薬は、外用薬と比較して副作用のリスクが高いとされているため、服用には注意が必要です。

    ミノキシジル使用時に考えられる副作用としては、かゆみや頭皮の炎症といった頭皮トラブル。

    内服薬の場合、これに加えて頭痛めまい動悸などの副作用が現れることがあります。

    AGAに有効な対策②:プロペシア(フィナステリド)内服療法

    ガイドラインで高く推奨されているもう一方のAGA治療薬が、プロペシア(フィナステリド)

    プロペシアには「5αリダクターゼ」の働きを抑え、AGAの原因「ジヒドロテストステロン」の生成を防ぐ効果があります。

    プロペシアを継続的に服用することによって、ジヒドロテストステロンにより短縮した毛周期が正常なサイクルに戻り、生え際や頭頂部から起こる薄毛の進行を食い止めることができます。

    主な副作用は、性欲減退精子量減少勃起不全といった、性機能に関連するもの。

    さらにプロペシアは、胎児の性機能に影響を与えるとして、女性への処方が禁じられています。

    女性版AGAと呼ばれるFAGAの患者も、プロペシアをAGA治療薬として服用することはできません。

    AGAに有効な対策③:ザガーロ(デュタステリド) 内服療法

    AGA対策として高い効果が期待されているのが、ザガーロ(デュタステリド)です。

    このAGA治療薬には、プロペシアの上位互換と呼べる効果があります。

    AGAの一因である「5αリダクターゼ」には、1型と2型が存在しますが、先に紹介した「プロペシア」は5αリダクターゼ2型にしか効果がありません。

    一方で、ザガーロは5αリダクターゼ2型だけではなく、1型にも抑制効果があります。

    また、2型に対する抑制効果もプロペシアの約3倍

    この点で、ザガーロはプロペシア以上の効果があるAGA治療薬として期待されているのです。

    ザガーロの副作用は、プロペシアと同じく性ホルモンに関連するものが考えられますが、高い効果の反面、副作用の発生率はプロペシアより高いとされているので注意しましょう。

    またプロペシアと同様、女性が服用することはできません。

    AGA対策の最前線!最新のAGA治療とは

    男性型脱毛症診療ガイドラインでは、AGAに対してミノキシジルとプロペシアがとくに推奨されていますが、クリニックでのAGA治療は日々進化を遂げています。

    今後、さまざま治療法に対しての研究が進むことで、さらに有効性が高いAGA治療が確立されるかもしれません。

    ここでは新たなAGA対策として期待されている、最新のAGA治療について紹介していきます。

    【注目】最新のAGA治療

    • 最新のAGA治療①:育毛メソセラピー治療
    • 最新のAGA治療②:HARG治療
    • 最新のAGA治療③:自毛植毛

    最新のAGA治療①:育毛メソセラピー治療

    最近導入するクリニックが増え、新しいAGA対策として注目が集められているのが、育毛メソセラピー治療」

    育毛メソセラピー治療は、AGAで進行してしまった薄毛の箇所に直接、有効成分を送りこむ方法で行われます。

    注入される成分としては、ミノキシジルフィナステリドビタミンコラーゲンなど。

    このような有効成分を極細の治療針や、超音波を使って頭皮の皮下細胞に浸透させます。

    育毛メソセラピー治療のメリットは、外用薬で頭皮に塗布するよりも、薬剤が直接薄毛の箇所に届くことで、AGAに対して早期に効果が得られやすいと期待されています。

    また、薄毛の症状や患者の体質に合わせた薬剤の組み合わせが可能なため、自分にあったAGA対策を受けることができます。

    デメリットは、投薬治療よりも治療費が高額になる場合が多いこと。

    育毛メソセラピー治療は、治療費が1万5000円~3万円を超えるクリニックもあり、AGAに対する治療効果を実感するには複数回の治療が必要だとされています。

    最新のAGA治療②:HARG治療

    育毛メソセラピー治療と同じく、有効成分を直接頭皮の皮下細胞に浸透させるHARG治療。

    有効成分に髪の成長因子が含まれている点で、育毛メソセラピーとは一線を画すAGA治療です。

    この方法で注入される髪の成長因子は、細胞自体に働きかけ、AGAが進行する以前の頭皮や髪の状態へと戻し、さらに頭皮の状態を良好に保つ効果があります。

    育毛メソセラピーの場合、治療を終えると発毛や抜け毛予防の効果が止まってしまいますが、細胞にまで働きかけるHARG治療の効果は、治療後も継続。

    AGAで受けたダメージを修復し、その効果が継続する点で、HARG治療は「再生医療」だとされており、AGAへの新たな対策として期待されています。

    最新のAGA治療③:自毛植毛

    AGAを長期間治療せずに放置してしまうと、毛母細胞が死んでしまい、AGA治療薬では改善できない状態にまで薄毛が進行してしまう場合があります。

    このようなAGA患者に有効な対策が、自分自身の髪の毛を移植する自毛植毛という方法。

    自毛植毛で採取されるのは、AGAの一因である「5αリダクターゼ」の影響を受けにくい、後頭部や側頭部の髪。

    採取した部位の髪を、AGAの進行した生え際や頭頂部付近に移植することで、薄毛を改善させることができるのです。

    自毛植毛のメリットとしては、自毛のため移植部分に違和感がなく、定着した髪が永久的に生え続けること。

    拒絶反応が発生しやすい人工毛を用いた方法に対して、自毛植毛での髪の定着率は90%以上とされています。

    一方で、自毛植毛のデメリットとしては、最大で50万円ほどの費用が必要になること。

    また、植毛した部位の髪が定着したとしても、AGA治療薬の使用を継続しなければならない場合があります

    自毛植毛のように、AGAの放置により毛母細胞が死んでからの治療は大変高額になるので、早期にAGA治療薬を用いて対策を行うのが金銭面において賢い選択だと言えます。

    育毛剤はAGAに対して有効な対策なのか?

    AGA改善の効果はないが、頭皮環境を整える効果は期待できる

    育毛剤(医薬部外品)は発毛剤とは違い、「現状生えている髪を抜けにくくし、太く成長していくのを助ける」効果を持つもので、新たに髪を生やす効果はありません

    AGAの原因を抑制できる成分も含まれていないので、AGAを対策したい場合には、AGA治療薬を用いる必要があることにも注意しましょう。

    ただし、育毛剤には頭皮環境を改善する成分が含まれているため、薄毛予防やAGA対策の一環としての使用はおすすめです。

    医薬部外品である育毛剤に期待される効果は、大きく分けて以下の3つです。

    【AGA対策の一環】育毛剤(医薬部外品)の効果とは

    • 育毛剤の効果①:頭皮の血行良化
    • 育毛剤の効果②:頭皮を清潔に保つ
    • 育毛剤の効果③:頭皮や髪の毛に栄養を与える

    育毛剤の効果①:頭皮の血行良化

    睡眠不足や食生活の乱れ、飲酒や喫煙、ストレスなど、さまざまな要因をきっかけに、私たちの身体の血流は悪化します。

    この血流の悪化が頭皮付近で起こると、血液を通して頭皮に送られる栄養素が滞り、髪の細毛化や薄毛につながってしまう原因となるのです。

    こうして起こった血行不良に対して、効果を発揮するのが「育毛剤」。

    育毛剤には、血行促進成分を含んでいるものが多く、長期的に使用することで、頭皮の血流を改善する効果が期待できます。

    血行促進成分にあたるものは、センブリエキスニンジンエキストウガラシチンキなど。

    血行不良を改善するには、生活習慣を正すことが大切ですが、補助的に育毛剤を使用し、薄毛対策を行うのもよいでしょう。

    育毛剤の効果②:頭皮を清潔に保つ

    「頭がベタベタする、フケが異常に出る……」という人は、頭皮環境改善が必要です。

    皮脂の過剰分泌やフケ、かゆみといった頭皮トラブルを放置しておくと、頭皮の菌が異常繁殖を起こし、「脂漏性(しろうせい)脱毛症」を引き起こす原因となります。

    このように異常繁殖した常在菌の数を減らし、頭皮トラブルを解決してくれるのが、育毛剤がもつ「殺菌作用」。

    殺菌作用にあたる成分は、メントールヒノキチオールなど。

    頭皮トラブルに悩んでいる人は、まず殺菌成分が含まれた育毛剤を探してみましょう。

    育毛剤の効果③:頭皮や髪の毛に栄養を与える

    健康な髪を育てるには、「毛母細胞に必要な栄養素が行き渡っている状態」が理想です。

    育毛剤には、ビタミンアミノ酸オウゴンエキスなどの栄養素を含むものもあり、これらは毛母細胞に栄養を与え、健康な髪が成長しやすいよう働きかけます。

    また、中には、毛母細胞自体を活性化させる成分をもつ育毛剤も。

    ビチオンペンタデカン酸グリセリドなどの成分が、毛母細胞活性化成分にあたります。

    髪の細毛化に悩んでいる人は、育毛剤を使用することで、髪の栄養不足への対策をとるのがおすすめです。

    AGA対策の一環として、正しいシャンプーの実践を

    AGAの対策には治療薬の使用が必要不可欠ですが、土台となる頭皮環境を整えることも重要

    頭皮環境を整えた上で、AGA治療薬を使用することによって、よりAGAが改善している実感も得られやすくなるでしょう。

    けれど、いざ頭皮環境を整えようと思っても、育毛剤の使用以外に対策が思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。

    そんな人たちにまず実践してほしい対策が、日々のシャンプーの方法を見直すこと

    洗い方やシャンプー選びに気をつけ、抜け毛や頭皮トラブルを減らしながらAGA対策をしていきましょう。

    【AGA対策】頭皮トラブルを防ぐ、正しいシャンプーの方法

    【AGA対策の一環】正しいシャンプーの進め方

    • シャンプーでAGA予防①:髪をブラッシングする
    • シャンプーでAGA予防②:お湯だけでしっかりと洗う
    • シャンプーでAGA予防③:手でシャンプーをよく泡立てる
    • シャンプーでAGA予防④:爪を立てずにマッサージする
    • シャンプーでAGA予防➄:流し残しがないようすすぐ

    【AGA対策】シャンプーでAGA予防①:髪をとかす

    まず、入浴前に、髪をブラッシングしておきましょう。 

    髪に付着しているホコリやゴミは、ブラッシングで十分落とすことができます。

    また、ブラッシングには、シャンプー中に髪が絡まるのを防ぎ、必要以上の抜け毛を回避する効果も。 

    毛先、髪の中頃、髪の付け根の順番でブラッシングすると、途中で髪が切れることが少なくなることも押さえておきましょう。

    【AGA対策】シャンプーでAGA予防②:お湯だけで予洗い

    次に、シャンプーをする前にお湯でしっかりと髪と頭皮を洗い流すこと。 

    ワックスなどのスタイリング剤はお湯で落ちるものも多く、お湯だけの洗髪でも十分綺麗になります。

    お湯だけで予洗いをすることで、髪の毛にしっかりと水分が残るため、シャンプー時に泡が消えてしまうのを防ぐ効果もあります。

    【AGA対策】シャンプーでAGA予防③:手でシャンプーをよく泡立てる

    髪や頭皮をお湯で十分洗い流した後は、シャンプーを適量手に取り、頭皮にもみこむように洗っていきます。 

    ここで注意したいのが、シャンプーをよく泡立ててからつけること

    原液を直接つけるのは、頭皮に強い刺激を与えルため、頭皮トラブルにつながるおそれがあります。

    また、泡立ちがよくなるからと大量のシャンプーを使う人もいますが、これも要注意。

    洗髪後に薬剤が残りやすくなり、頭皮トラブルを起こす原因にもなるので、シャンプーの使いすぎは控えましょう。

    【AGA対策】シャンプーでAGA予防④:シャンプー時は爪を立てずに

    洗うときは、頭皮マッサージをするように洗うことを心がけましょう。 

    頭皮マッサージをすることで、リラックス・ストレス解消効果も期待できます。 

    注意点としては、爪を立てて洗わないようにすること。 

    頭皮に傷ができてしまい、炎症などの頭皮トラブルや抜け毛を引き起こしてしまうためです。 

    優しく、指の腹を動かしながらのシャンプーを意識することが大切です。 

    【AGA対策】シャンプーでAGA予防⑤:しっかりとすすぐ

    シャンプーが頭皮に残らないよう、しっかりとすすぎます。

    すすぎ残しがあると、頭皮に残った薬剤が頭皮トラブルの引き金となってしまうかもしれません。

    ここでも爪を立てないようにし、優しく丁寧に洗い流すことを心がけましょう。

    【AGA対策】シャンプーの洗浄成分にも気を配る

    あなたがいつも何気なく選んでいるシャンプーも、頭皮トラブルの原因となりかねません。

    とくに高級アルコール系の界面活性剤を含むシャンプーは刺激が強いため、使う人の体質によっては頭皮トラブルや抜け毛増加を引き起こすおそれもあります。 

    肌が弱い人や頭皮環境への対策を考えている人は、シャンプー購入時に成分表記をチェックするようにしましょう。 

    髪によいシャンプーとしてはアミノ酸シャンプーがありますが、髪や頭皮への刺激を抑えることができ、敏感肌やアトピー肌の人でも安心して使うことができます。 

    頭皮トラブルによる抜け毛に悩んでいる人には、とくにおすすめです。 

    育毛サプリメントはAGA対策としてよいのか?

    【AGA対策】サプリメントは「栄養補助食品」、AGA対策はできない

    「発毛や育毛に効果がある」と謳った、育毛サプリメントを目にしたことはありませんか。

    実は、これらのサプリメントの使用は、育毛の対策方法としては不十分なもの。

    サプリメントは、あくまで不足した栄養素を補う効果しかないからです。

    また、育毛剤(医薬部外品)と同様、AGAの一因となる「5αリダクターゼ」を抑制する成分もサプリメントには含まれていません

    繰り返しますが、AGA対策には、AGA治療薬の使用が必要不可欠です

    サプリメントは、「食事の栄養バランスを整えた上で、不足した栄養素をサプリメントで補う」といった使い方をするのがよいでしょう。

    【AGA対策】育毛サプリメントの効果

    育毛サプリメントには、頭皮環境の改善が期待できる成分が含まれています。

    代表的な成分としては、アミノ酸亜鉛ミレットエキスなど。

    サプリメントに含まれる、これらの有効成分の効果について知っていきましょう。

    【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分

    • 【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分①:アミノ酸
    • 【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分②:アミノ酸
    • 【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分③:ミレットエキス

    【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分①:アミノ酸

    髪の毛は、18種類のアミノ酸が結合した「ケラチン」で構成されています。

    これらのアミノ酸が不足すると、ケラチンが十分に生成されなくなるため、太く健康な髪を作ることができなくなります。

    そのため、まずは毎日の食事に気を配り、アミノ酸が不足しないよう対策する必要があるのです。

    アミノ酸を豊富に含む食べ物としては、野菜類であれば、ニンジンほうれん草玉ねぎキャベツ

    魚介類であれば、マグロカツオエビアサリしじみなど。

    これらの食品が不足してしまっている場合に、育毛サプリメントを使用するといいでしょう。

    【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分②:亜鉛

    髪の必須栄養素として名高い亜鉛には、細胞分裂を助けて、新陳代謝を整える効果が。 

    髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって成長するので、亜鉛をしっかりと摂ることで、抜け毛の防止や髪の成長にも効果が期待できます。 

    加えて、亜鉛にはケラチンの生成を促す重要な働きも。 

    亜鉛が不足すると、ケラチンの生成が進まず、髪の成長鈍化や抜け毛の増加につながります。

    亜鉛を豊富に含む食べ物としては、魚介類では、牡蠣うなぎ

    その他、レバー卵黄納豆などの大豆製品に豊富に含まれています。

    食事で亜鉛が摂れていない人は、サプリメントで不足分の対策を行っていきましょう。

    【AGA対策】育毛サプリメントに含まれる成分③:ミレットエキス

    キビの抽出物から作られるミレットエキスは、ケラチンに含まれるアミノ酸の一部を含有。

    また、頭皮の血行促進効果のあるローズマリーが含まれているのも嬉しいところ。

    ミレットエキスを取り入れることで、細毛化した髪を改善、太い髪へと成長させていく効果が期待できるのです。

    これらの成分が含まれたサプリメントを上手に使って、頭皮環を改善し、健康な髪や頭皮を手に入れましょう。

    【まとめ】育毛サプリメントに含まれる成分と効果

    • アミノ酸:たんぱく質「ケラチン」の生成に使われる
    • 亜鉛:代謝の向上 、「ケラチン」の生成を補助
    • ミレットエキス:アミノ酸を含む 、血行促進作用

    【AGA対策】育毛サプリメントの注意点

    育毛サプリメントは、あくまで栄養補助食品として、頭皮環境の正常化が期待できるもの。

    普段の食事をおろそかにしていては、サプリメントが効果を発揮するどころか、抜け毛の増加や頭皮トラブルにつながりかねません。

    また、効果を期待して過剰にサプリメントを摂取することも、かえって身体の変調を招くことがあるため、控えるべきです。

    サプリメントは規定の量を守って、使用するようにしましょう。

    AGA対策の第一歩、生活習慣の改善

    進行してしまったAGAの対策には、AGA治療薬の使用が必要不可欠。

    ただし、「AGA治療薬を使用しているから大丈夫」と頭皮環境をないがしろにすることは、治療効果の減少や、AGA以外の薄毛の原因となります。

    AGA対策の一環として、ベースとなる頭皮環境を改善することはとても重要なのです。

    AGA治療と平行して、毎日の生活習慣を改善し、頭皮環境の悪化を防ぎましょう。

    【AGA対策】今日から始められる、生活習慣の改善

    • 【AGA対策】生活習慣の改善①:ストレスと上手に付き合う
    • 【AGA対策】生活習慣の改善②:高脂肪な食生活を避け、栄養バランスを考える
    • 【AGA対策】生活習慣の改善③:飲酒は適量にする
    • 【AGA対策】生活習慣の改善④:喫煙の習慣を断つ
    • 【AGA対策】生活習慣の改善⑤:睡眠をしっかりとる
    • 【AGA対策】生活習慣の改善⑥:適度な運動を取り入れる

    【AGA対策】生活習慣の改善①:ストレスと上手に付き合う

    薄毛を招く原因の1つとして、ストレスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

    ストレスは、自律神経の乱れなどを引き起こし、血管を収縮させてしまうため、頭皮環境の悪化を引き起こす原因の1つとされています。

    自律神経には交感神経副交感神経があり、通常この2つの神経が上手くバランスを取られているのですが、ストレスを溜めてしまうと交換神経が優位な状態が続きます。

    交感神経が優位な状態が長期に及ぶと、「疲労が溜まりやすくなる、血管が収縮する」といったさまざまな身体の変調が起こってしまうのです。

    溜まったストレスを解消するには、副交感神経が働くように、自分なりにリラックスできる時間を取ることが大切。

    今日から始められるストレス対策としては、「睡眠をしっかりとる、運動を習慣化する、友人と話す」などがとくにおすすめの対策です。

    【AGA対策】生活習慣の改善②:高脂肪な食生活を避け、栄養バランスを考える

    食生活の乱れは、思わぬ不調の原因となり、それは髪にとっても例外ではありません。

    とくに、高脂肪な食事が大好きな人は要注意

    このような食生活は皮脂の過剰分泌を起こし、かゆみやフケなどの頭皮トラブルや、脂漏性脱毛症の原因となります。

    また、野菜不足も髪や頭皮にとっては良くありません。

    野菜類に含まれる各種ビタミンには、頭皮環境を正常に保つ効果が期待できるためです。

    ビタミンが不足してしまうと、血行不良や頭皮トラブルを引き起こし、薄毛を助長してしまいます。

    薄毛や頭皮トラブルに悩んでいる人は、食事に野菜を取り入れ、頭皮環境改善の対策をしていきましょう。

    【AGA対策】生活習慣の改善③:飲酒は適量にする

    適量であればさほど問題はないものの、「飲み過ぎ」は頭皮環境に悪影響を及ぼす可能性もあります。

    体内に取り入れたアルコールを分解するためには、髪の成長に不可欠な栄養素である、ビタミン亜鉛を消費してしまうからです。

    ビタミンや亜鉛を大量に消費してしまえば、頭皮環境を改善しにくくなったり、太く強い髪が生えにくくなったりと、髪にとってマイナスの影響を及ぼす可能性も。

    さらに、アルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドという物質には、睡眠を阻害する作用が。

    「眠りにつきにくくなる、眠りが浅くなる」といった睡眠の問題は、ストレス耐性の低下、成長ホルモンや性ホルモンの分泌量低下といった不調を引き起こします。

    これも頭皮や髪にとっては良くないですよね。

    AGA対策の一環として頭皮環境を整えたいのであれば、飲酒の量にも気を配ることをおすすめします。

    【AGA対策】生活習慣の改善④:喫煙の習慣を断つ

    百害あって一利なしと言われる煙草。

    その言葉通り、髪にとってもさまざまな悪影響を及ぼします。

    煙草には交換神経を働かせて、血管を収縮させる作用があるので、髪の細毛化や薄毛を引き起こす原因となりかねません。

    また、煙草にはビタミンCを破壊する作用があります。

    ビタミンCは抗ストレス作用を持ち、私たちのストレス耐性を高めてくれます

    しかし煙草はビタミンCを破壊してしまうので、結果としてストレス耐性が低下する可能性を高めます。

    さらにビタミンCの破壊は、血行促進作用を持つビタミンEの吸収率低下を引き起こします。

    煙草に含まれる有害物質が、血行不良を招くことにつながり、薄毛を助長させてしまうのです。

    AGAや薄毛に悩んでいる喫煙者は、本数を減らし、最終的には禁煙することを目標に生活習慣を改めていきましょう。

    【AGA対策】生活習慣の改善⑤:睡眠をしっかりとる

    頭皮環境を整えたい人にとって、睡眠不足は大敵。

    睡眠時間の不足や浅い眠りが続くと、成長ホルモンや性ホルモンの分泌量が低下し、ダメージを受けた心身の修復が進みません。

    日中に受けた紫外線などの頭皮ダメージが回復されないので、頭皮の炎症やフケ、かゆみなどの頭皮トラブルが起こりやすくなるのです。

    また、自律神経やホルモンバランスの乱れも、睡眠不足が一因

    交換神経が過敏になると、ストレス耐性の低下や血行不良を起こしやすくなり、薄毛が進行するきっかけとなってしまいます。

    そしてホルモンバランスの乱れは、女性にとっては深刻な問題。

    女性ホルモンエストロゲンプロゲステロンが減少すると、抜け毛の増加や肌荒れにもつながってしまいます。

    頭皮環境に気を配るのであれば、睡眠不足への対策が必要不可欠といえます。

    【AGA対策】生活習慣の改善⑥: 適度な運動を取り入れる

    運動不足は、身体にさまざまな悪影響を及ぼしますが、その1つに血行不良があります。

    血液を送る役割を担っている筋肉が運動不足で弱まると、血行不良を起こし、冷えや頭皮環境の悪化を引き起こしやすくなるのです。

    血行不良からくる身体の不調を改善するために、適度な運動を習慣化し、代謝の向上を意識しましょう。

    中でもとくにおすすめしたいのが、ウォーキング、ランニング、水泳などの有酸素運動

    身体への負担が少ないため誰にでも続けやすく、さらに高い脂肪燃焼効果もあります。

    また、運動はストレス発散にも効果的。

    ストレスを適度に発散することで、疲労の回復や血行改善の効果が期待できます。

    意識的に運動し、上手にストレス対策をしていきましょう。

    「効果的なAGA対策」は人それぞれ

    AGAは早期の対策が肝心!

    AGAは進行性の病気のため、対策を怠るとますます抜け毛や薄毛の症状が悪化します。

    額の生え際頭頂部の薄毛が気になりだしたら、できるだけ早くAGAクリニックを訪れ、診察を受けるなどの対策方法を考えましょう。

    またAGA治療薬での対策と並行して、生活習慣やヘアケアを見直し、頭皮環境を改善していくことも大切。

    抜け毛や薄毛につながりかねない習慣を控え、頭皮環境を正常化するよう努めましょう。

    まずはAGAクリニックを訪ね、自分に合ったAGA対策を見つける

    AGAクリニックの中には、基本無料でカウンセリングを行っているクリニックもあります。

    AGAで薄毛が進行すると不安が募りますが、専門医に相談することで、気持ちが楽になる場合も。

    額や頭頂部の薄毛が気になりだしたら、まずは気軽に無料のカウンセリングを利用してAGAクリニックを訪れ、専門医に悩みを打ち明けてみましょう。

    その一歩が、薄毛改善につながるはずです!


    AGAクリニック人気ランキング

    AGAクリニックランキング

    AGA+読者に選ばれたAGAクリニックの人気ランキングを紹介します!
    ※ 人気=予約件数

    1位:AGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック

    テレビCMで話題の「ヘアクリ」ことAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニックは、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリングを無料で行っているため、全国どこからでも、医師に直接相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることも可能です。

    2位:AGAINメディカルクリニック

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です。

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    3位:ウィルAGAクリニック

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、費用面のサポートも行っているウィルAGAクリニック

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    カウンセリングは無料、メールからいつでも予約可能です!



    >>毛髪診断士によるクリニックレビューはこちら<<

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー