生える人をふやす

    2017年12月27日 更新

    あなたのつむじは大丈夫? 若ハゲを引き起こす原因と正しい対策

    「若ハゲ」とは、主に10〜20代の若年世代に見られる、つむじや生え際・側頭部の薄毛に現れるハゲのこと。若ハゲの症状や原因は人によってさまざまです。とくにつむじは、若ハゲによる薄毛が目立ちやすい場所であり、つむじのハゲに悩む若い人は決して少なくありません。
    原因に合わせた対策を行い、若ハゲを撃退するために、若ハゲが起こる原因とその正しい対策を知っておきましょう!

    そもそも若ハゲって?

    一度は聞いたことがあるであろう「若ハゲ」という言葉。

    読んで字のごとく「若い人に見られるハゲ・薄毛」なのですが、その具体的な症状や原因を正しく理解している人は少ないでしょう。

    若ハゲとは、どのような特徴を持つ薄毛なのでしょうか。

    若ハゲとは10〜20代に見られる薄毛の総称

    若ハゲとは、主に10〜20代に見られる脱毛症のことです。

    しかし、この若ハゲは、インフルエンザのように特定の疾患を指すものではありません。

    若ハゲは、薄毛になるにはまだ早いと思えるような若い年齢で、薄毛・抜け毛が急激に現れることを意味します。

    若ハゲの原因はさまざまであり、若ハゲの症状が現れる場所も、つむじ・生え際・側頭部・後頭部など、人によって異なります。

    そして、この若ハゲで悩んでいる人は、決して少なくありません。

    リーブ21によって行われた2015年の調査では、脱毛が進んでいると感じている10代男性は8.5%、10代女性は11.0%と、10代のほぼ10人に1人程度の割合が若ハゲの危機を感じていると言える結果が発表されました。

    また、同調査によると、脱毛が進んでいると感じている20代男性は28.4%、20代女性は12.6%でした。

    若ハゲを引き起こす脱毛症って?

    先述したように、10〜20代に見られる薄毛・抜け毛の総称です。

    この若ハゲを引き起こす脱毛症は1つではないため、原因・症状は人によって異なります。

    続いて、若ハゲを引き起こす脱毛症について見ていきましょう。

    若ハゲを引き起こす脱毛症

    • 若ハゲを引き起こす脱毛症①:円形脱毛症
    • 若ハゲを引き起こす脱毛症②:脂漏性脱毛症
    • 若ハゲを引き起こす脱毛症③:粃糠(ひこう)性脱毛症
    • 若ハゲを引き起こす脱毛症④:男性型脱毛症

    若ハゲを引き起こす脱毛症①:円形脱毛症

    円形脱毛症は、コインサイズの脱毛斑ができる脱毛症です。

    円形脱毛症による薄毛・ハゲは、頭頂部のつむじ付近やおでこの生え際だけでなく、頭部全体に症状が現れる可能性があります。

    また、円形脱毛症が悪化すると、髪の毛だけでなく、全身の体毛にも脱毛が見られることも。

    円形脱毛症は自然治癒する場合がありますが、再発する可能性が高い若ハゲです。

    若ハゲを引き起こす脱毛症②:脂漏性脱毛症

    脂漏性脱毛症も、若ハゲを引き起こす脱毛症の一つです。

    頭皮がベタベタと脂っぽくなり、脂性のフケが出るのが特徴の脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌によって起こります。

    皮脂が過剰に分泌されると、頭皮の常在菌が繁殖し、毛穴や毛根に炎症を起こさせます。

    毛穴や毛根に炎症が起これば、当然健康な髪の毛は育たなくなり、抜け毛も増えてしまいます。

    皮脂の分泌は10代後半〜20代に多くなると言われるため、若いうちはとくに脂漏性脱毛症に注意しましょう。

    若ハゲを引き起こす脱毛症③:粃糠(ひこう)性脱毛症

    粃糠性脱毛症は、脂漏性脱毛症とは異なり、皮脂不足による乾燥が原因で引き起こされる若ハゲです。

    頭皮が乾燥すると、パラパラとした乾性フケが現れます。

    この乾性フケが頭皮を覆い、髪の毛の成長を阻害することによって粃糠性脱毛症が発症するのです。

    また、頭皮が乾燥すると痒みが起こるため、頭皮を掻いてしまい、さらにダメージを与える危険性も。

    逆に頭皮が乾燥することも、皮脂の過剰分泌を引き起こす要因になるため、粃糠性脱毛症と脂漏性脱毛症は近い関係にあると言えるかもしれません。

    若ハゲを引き起こす脱毛症④:AGA(男性型脱毛症)

    現在、日本では約1,200万人の成人男性が薄毛に悩んでいるとされ、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)の影響だと言われています。

    男性型脱毛症は、悪性の男性ホルモンが髪の毛の成長サイクルである「毛周期」を乱し、抜け毛を引き起こす脱毛症です。

    悪性ホルモンが髪の毛の成長を阻害することで、おでこの生え際、頭頂部のつむじ付近の薄毛を引き起こします。

    【男性の場合】つむじの若ハゲを引き起こす原因

    男性に見られる若ハゲの多くは、AGA(男性型脱毛症)の影響であると言われています。

    AGA(男性型脱毛症)は、主におでこの生え際・頭頂部の薄毛を引き起こす脱毛症。

    そんな、男性の若ハゲを引き起こすAGA(男性型脱毛症)の原因とは何なのでしょうか。

    つむじの若ハゲを引き起こす「AGA(男性型脱毛症)」の原因

    • つむじの若ハゲを引き起こす原因①:男性ホルモン
    • つむじの若ハゲを引き起こす原因②:遺伝

    つむじの若ハゲを引き起こすAGAの原因①:男性ホルモン

    男性の若ハゲを引き起こす脱毛症の一つ「AGA(男性型脱毛症)」の原因は、男性ホルモン「テストステロン」。

    本来、テストステロンは、性欲や筋肉・骨の形成に関わる重要なホルモンですが、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつくことによって、脱毛を引き起こす悪性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

    このジヒドロテストステロンが、生え際やつむじ付近に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、髪の毛の成長を阻害するシグナルが発されるのです。

    髪の毛の成長を阻害するシグナルが、髪の毛の成長期を極端に短くしてしまうことで、生え際・つむじ付近の薄毛を引き起こすのです。

    つむじの若ハゲを引き起こすAGAの原因②:遺伝

    「俺が若ハゲなのは親の遺伝か……」と思っている人はいませんか?

    たしかに、若ハゲと遺伝には深い関係があることは事実です。

    生え際・つむじの若ハゲを引き起こす男性型脱毛症の場合、2つの遺伝的素因が考えられます。

    生え際・つむじの若ハゲに関わる遺伝的素因

    • 生え際・つむじの若ハゲに関わる遺伝的素因①:男性ホルモン受容体の感受性
    • 生え際・つむじの若ハゲに関わる遺伝的素因②:5αリダクターゼの活性

    生え際・つむじの若ハゲに関わる遺伝的素因の一つは、男性ホルモン受容体の感受性

    ジヒドロテストステロンが、生え際・つむじ付近に存在する男性ホルモン受容体と結合することで、脱毛を促すシグナルを発します。

    そのため、男性ホルモン受容体がジヒドロテストステロンを感知しやすいと、生え際・つむじ付近の毛周期は乱されやすため、薄毛になりやすいのです。

    生え際・つむじの若ハゲには、5αリダクターゼの活性(分泌量)も関係しています。

    骨・筋肉の形成や性欲などに携わる男性ホルモン「テストステロン」は、「5αリダクターゼ」という還元酵素の働きによって、薄毛を引き起こすジ「ヒドロテストステロン」に変換されます。

    つまり、5αリダクターゼの分泌量が多ければ、それだけジヒドロテストステロンが生成されやすくなるというわけです。

    しかし、遺伝するのはあくまで「AGAの発症リスクの高さ」であって、「薄毛そのもの」ではありません。

    生え際・つむじの若ハゲに関係する遺伝的素因を持っているからといって、必ず若ハゲになるわけではないのです。

    どうしても不安な人は、AGA専門クリニックで行われている遺伝子検査を検討してみましょう。

    【女性の場合】つむじの若ハゲを引き起こす原因

    男性に多い若ハゲの症状は、生え際・つむじに見られ、その原因は男性ホルモンです。

    一方、女性に見られる若ハゲの原因は、男性とは異なります。

    女性に見られる若ハゲの場合、どんな原因が考えられるのでしょうか。

    【女性の場合】つむじの若ハゲを引き起こす原因

    • つむじの若ハゲを引き起こす原因①:ヘアスタイル
    • つむじの若ハゲを引き起こす原因②:過度なダイエット
    • つむじの若ハゲを引き起こす原因③:経口避妊薬

    女性のつむじに多い若ハゲの原因①:ヘアスタイル

    女性の中には、日常的に髪の毛を結ぶ人もいるでしょう。

    髪の毛を結ぶこと自体が若ハゲや薄毛を引き起こすわけではありませんが、強引に引っ張るようなヘアスタイルを続けている人は、注意が必要です。

    若ハゲやつむじの薄毛を引き起こす脱毛症の中には、牽引性脱毛症と呼ばれるものがあります。

    牽引性脱毛症とは、髪の毛を無理に引っ張ることで頭皮・毛根がダメージを受け、薄毛を引き起こす脱毛症。

    また、髪の毛が長い人も注意が必要です。

    髪の毛は長ければ長いほど重くなるため、毛根にかかる負担は増えます。

    美しい長い髪も、場合によっては若ハゲや薄毛を引き起こす原因になってしまうかもしれません。

    女性のつむじに多い若ハゲの原因②:過度なダイエット

    体型を気にして、食事制限によるダイエットをしている人はいませんか?

    過度なダイエットは髪の毛・頭皮の栄養不足につながり、若ハゲを引き起こすおそれがあります。

    髪の毛は、毛根に存在する毛母細胞の細胞分裂によって成長しますが、この細胞分裂が正常に行われるためには、もちろん栄養が必要です。

    ダイエットのための過激な食事制限で体内の栄養が不足すれば、細胞分裂がスムーズに行われなくなります。

    さらに、無理なダイエットによるホルモンバランスの乱れも、毛周期に悪影響を及ぼし、抜け毛を引き起こす場合があります。

    スタイル・体型を維持するためとはいえ、過度なダイエットは避けたほうがいいでしょう。

    女性のつむじに多い若ハゲの原因③:経口避妊薬の服用中止

    経口避妊薬を服用することが、一時的な若ハゲを引き起こす原因になる場合があると知っていますか?

    経口避妊薬を服用すると、髪の毛の成長を促す女性ホルモンが盛んに分泌されます。

    そして、経口避妊薬の服用を中止すると、盛んに分泌されていた女性ホルモンの分泌量が正常に戻ります。

    この急激な女性ホルモン量の減少によってホルモンバランスが乱れ、つむじなどに一時的な薄毛が見られることがあるのです。

    つむじの若ハゲを悪化させる原因

    髪の毛が健康に成長するためには、頭皮環境が健康でなければいけません。

    頭皮環境が悪化した状態では、髪の毛は健康に成長できません。

    つむじ付近の若ハゲを引き起こす原因だけでなく、若ハゲを悪化させてしまう原因についても知っておきましょう。

    つむじの若ハゲを悪化させる原因

    • つむじの若ハゲを悪化させる原因①:間違った髪の毛・頭皮ケア
    • つむじの若ハゲを悪化させる原因②:ストレス
    • つむじの若ハゲを悪化させる原因③:生活習慣の乱れ

    つむじの若ハゲを悪化させる原因①:間違った髪の毛・頭皮ケア

    シャンプーやヘアオイル、頭皮マッサージなど、髪の毛・頭皮のケア方法はさまざま。

    また、人によって髪の毛・頭皮の状態は異なるため、最も効果的なケアの仕方も人それぞれでしょう。

    若ハゲを予防する上で大切なのは、自分の頭皮・髪の毛に合ったケアによって頭皮環境を整えること

    もちろん、育毛シャンプーや育毛剤のレビュー・口コミを参考にすることは、悪いことではありません。

    しかし、育毛シャンプーや育毛剤の口コミだけを鵜呑みにせず、あくまで自分の頭皮・髪の毛の状態に合ったケアを選ぶようにしましょう。

    つむじの若ハゲを悪化させる原因②:ストレス

    若いうちからハゲるのは、ストレスが原因だという印象がありませんか?

    ストレスはあくまで若ハゲの間接的な原因であり、直接的な原因ではありません。

    しかし、若ハゲとストレスは全くの無関係というわけでもないようです。

    慢性的なストレスは、血行不良や免疫異常を引き起こす原因と考えられており、それらがつむじ・生え際の若ハゲを助長させる可能性があります。

    ストレスが原因だと噂されてきた円形脱毛症も、最近では「免疫異常に原因がある」という考えが有力だとされています。

    ストレスが直接的な原因となって若ハゲを引き起こすわけではありませんが、ストレスが若ハゲに影響を与える可能性は十分にあるでしょう。

    つむじの若ハゲを悪化させる原因③:生活習慣の乱れ

    慢性的な生活習慣の乱れは、体調を崩す原因になります。

    この生活習慣の乱れは、体調だけでなく、若ハゲにも影響を与えるおそれがあるのです。

    生活習慣についてとくに気をつけたいのは、日々の食生活。

    若ハゲに影響を及ぼすのは、過度なダイエットなどによる栄養不足だけではありません。

    先ほど紹介した脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌が原因の脱毛症ですが、この皮脂の分泌量は食生活の影響を大きく受けるのです。

    野菜が少なく、脂質・塩分の多い食事は、頭皮の血行不良や皮脂の過剰分泌を引き起こす原因です。

    もちろん、若ハゲに関わる生活習慣は、食生活だけではありません。

    睡眠不足は自律神経の乱れによる血行不良、運動不足は肥満による皮脂の過剰分泌などを引き起こします。

    「若ハゲ」は、つむじがハゲやすい?

    若ハゲは10〜20代に見られる脱毛症の総称ですが、若ハゲの多くはつむじ付近に現れると言われています。

    なぜ、つむじが真っ先に若ハゲになりやすいのでしょうか?

    つむじが若ハゲになりやすい理由は、主に4つあります。

    つむじが若ハゲになりやすい理由

    • つむじが若ハゲになりやすい理由①:つむじはそもそも髪の毛が薄い
    • つむじが若ハゲになりやすい理由②:自分ではつむじの変化に気づきにくい
    • つむじが若ハゲになりやすい理由③:つむじは男性ホルモンの影響を受けやすい
    • つむじが若ハゲになりやすい理由④:つむじは血行不良になりやすい

    つむじが若ハゲになりやすい理由①:つむじはそもそも髪の毛が薄い

    つむじは髪の毛の分け目であるため、薄毛になっていなくても、地肌が自然と透けて見える場所です。

    そのため、つむじは脱毛症による若ハゲでなくても、どうしても髪の毛が少なく見えがち。

    つむじ付近は、もとから地肌が透けて見える場所であるため、若ハゲの症状が現れると、他の頭部以上に薄毛が目立ちます。

    つむじが若ハゲになりやすい理由②:自分ではつむじの変化に気づきにくい

    つむじは、おでこの生え際や側頭部とは違って、自分では若ハゲや薄毛の症状に気づきにくい箇所であると言われています。

    事実、つむじ付近や頭頂部が若ハゲになった人は、他人に指摘されて初めて薄毛に気づくことが多いようです。

    また、AGA(男性型脱毛症)によるつむじの薄毛は徐々に進行するため、発症した初期段階では若ハゲを自覚しにくいとも考えられます。

    そのため、つむじの薄毛に気づいたときは、若ハゲがかなり進行している場合がよくあるのです。

    つむじが若ハゲになりやすい理由③:つむじは男性ホルモンの影響を受けやすい

    男性型脱毛症による薄毛の原因であるジヒドロテストステロンは、生え際とつむじ付近の毛周期を乱すことで薄毛を引き起こします。

    髪の毛に限らず、人の体毛は毛周期を繰り返しています。

    ジヒドロテストステロンは、男性の髭に作用すると毛の成長を促しますが、おでこの生え際や頭頂部のつむじ付近に作用すると、薄毛を引き起こすのです。

    このように、つむじは男性ホルモンの影響によって毛周期が乱されやすい場所であるため、若ハゲの影響を受けやすいと言われています。

    つむじが若ハゲになりやすい理由④:つむじは血行不良になりやすい

    身体に必要な栄養は、心臓のポンプ作用によって血管を通り、各器官へと運ばれます。

    頭皮や髪の毛の成長に必要な栄養も例外ではありません。

    頭頂部のてっぺん付近にあるつむじには、血液が重力に逆らって流れてくることによって、栄養が運ばれます。

    そのため、つむじは他の器官と比べると血液が流れにくいため、どうしても栄養が届けられにくいのです。

    つむじに十分な血液が運ばれないと、髪の毛は健康に成長できません。

    つむじの血行不良が直接の原因になって若ハゲが起こるわけではありませんが、つむじが血行不良になりやすいことは覚えておきましょう。

    つむじが薄毛になる前に! 若ハゲの予兆ってあるの?

    このように、つむじは他の箇所と比べて、若ハゲの影響を受けやすいと言われている場所です。

    そのため、つむじ付近の薄毛に気づいた頃には、脱毛症による若ハゲがかなり進行している場合があります。

    しかし、若ハゲになる前には、薄毛の予兆として髪の毛・頭皮に変化が見られることがあります

    少しでも早く若ハゲの予兆に気づき、つむじの薄毛対策を始めましょう。

    つむじが薄毛になる前に知りたい若ハゲの予兆

    • 若ハゲの予兆①:抜け毛の量が増えた
    • 若ハゲの予兆②:髪の毛が細く短くなった
    • 若ハゲの予兆③:アトピーになった
    • 若ハゲの予兆④:頭皮が脂っぽくなった

    若ハゲの予兆①:生え際やつむじの抜け毛が増える

    多くの若ハゲはAGA(男性型脱毛症)の影響で起こると言われています。

    そして、男性型脱毛症は髪の毛の毛周期を乱すことで、生え際やつむじの薄毛を引き起こす脱毛症。

    そのため、若ハゲによる薄毛の予兆として、生え際やつむじの抜け毛が増えることがあるのです。

    シャンプー後の排水溝や、起床後に枕を見たとき、抜け毛が増えたと感じる人は、若ハゲの症状が現れ始めている可能性があるため注意しましょう。

    若ハゲの予兆②:生え際やつむじの髪の毛が細く短くなる

    若ハゲの予兆として、生え際やつむじの髪の毛が細く短くなることがあります。

    多くの若ハゲを引き起こす男性型脱毛症は、ただ毛が抜けていくだけの脱毛症ではありません。

    男性型脱毛症とは、男性ホルモンが生え際やつむじ周りの毛周期が乱れ、薄毛を引き起こす脱毛症。

    毛周期が短縮されると、髪の毛は太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。

    そのため、男性型脱毛症が発症すると、生え際やつむじ付近に短くて細い髪の毛が増えるのです。

    「最近、つむじ付近の髪の毛が短くなった」「つむじの周りに生えてる髪の毛が細くなった」と感じる人は、男性型脱毛症によって毛周期が乱れているサインかもしれません。

    若ハゲの予兆③:アトピー

    実は、アトピーと若ハゲには、何らかの因果関係があると考えられています。

    若ハゲの1種である円形脱毛症の原因としては自己免疫疾患が有力視されていますが、円形脱毛症患者の多くにアトピー素因が見つかっているという事実があります。

    実際、アトピー治療の1つとして使われているステロイドは、円形脱毛症の治療にも効果的だとして使用されています。

    アトピー素因を持つ人が、必ずしも円形脱毛症になるわけではありませんが、薄毛と関係している可能性がある以上、注意するに越したことはないでしょう。

    若ハゲの予兆④:顔や頭皮が脂っぽくなる

    顔や頭皮が脂っぽいと、若ハゲによるつむじ・生え際の薄毛につながる可能性があります。

    脂漏性脱毛症の原因は、皮脂の過剰分泌によって頭皮の常在菌が繁殖すること。

    顔が脂っぽくなっている場合には、頭皮の皮脂も過剰に分泌されているかもしれません。

    頭皮は髪の毛に覆われているため、肌の状態を確認しにくい場所ですが、顔の乾燥具合は1つの指標になります。

    顔のテカリが気になる人は若ハゲにも注意しましょう。

    育毛剤(医薬部外品)で生え際やつむじの若ハゲは治せない?

    若ハゲによる生え際・つむじ付近の薄毛が気になり始め、市販されている育毛剤(医薬部外品)を使って自分で治療しようと思っている人はいませんか?

    残念ながら、医薬部外品に分類される育毛剤には、薄毛・ハゲを治療する成分は含まれていません。

    そのため医薬部外品の育毛剤では、若ハゲを改善できないのです。

    それでは、市販されている医薬部外品の育毛剤とは、若ハゲに対してどのような効果を持つのでしょうか。

    育毛剤(医薬部外品)は頭皮環境を整えるもの

    市販されている多くの育毛剤は、化粧品・医薬部外品に分類されており、頭皮環境を整え、薄毛を予防する目的で開発されています。

    そのため、若ハゲによる生え際やつむじの薄毛を治療する成分は含まれていないのです。

    しかし、生え際やつむじの薄毛を引き起こす若ハゲに対して、育毛剤(医薬部外品)を使用することが全くの無意味というわけではありません。

    育毛剤(医薬部外品)は主に3つの育毛効果によって、生え際やつむじの頭皮環境を整え、若ハゲを予防します。

    多くの育毛剤(医薬部外品)に含まれる若ハゲ予防効果

    • 頭皮の血行をよくして若ハゲを予防する育毛剤(医薬部外品)
    • 頭皮を清潔に保つことで若ハゲを予防する育毛剤(医薬部外品)
    • 頭皮や髪の毛に直接栄養を与えることで若ハゲを予防する育毛剤(医薬部外品)

    頭皮の血行をよくして若ハゲを予防する育毛剤(医薬部外品)

    多くの育毛剤には、頭皮の血行をよくする成分が含まれています。

    育毛剤の血行促進効果によって、髪の毛に栄養が届きやすくなることが期待できます。

    とくにつむじは、頭頂部付近に存在するため、血行が悪くなりがちな場所。

    育毛剤なら、つむじに直接塗布することができます。

    育毛剤を使ってつむじや頭皮全体の血行をよくすることで、つむじ付近の髪の毛にも十分な栄養を送ることができ、若ハゲの予防につながるでしょう。

    頭皮を清潔に保つことで若ハゲを予防する育毛剤(医薬部外品)

    育毛剤の中には、抗菌作用を持つ成分を含んでいるものもあります。

    頭皮全体を清潔に保つことで、若ハゲを予防するのです。

    若ハゲの原因として、頭皮の常在菌が異常繁殖することで抜け毛が起こる場合があります。

    育毛剤の抗菌成分によって、常在菌の繁殖が抑えられ、若ハゲによる生え際やつむじの抜け毛・薄毛を予防することができるでしょう。

    頭皮や髪の毛に直接栄養を与えることで若ハゲを予防する育毛剤(医薬部外品)

    医薬部外品である育毛剤の中には、頭皮や髪の毛に直接栄養を届けてくれるものもあります。

    何度も言うようですが、つむじは頭皮の中でも血行が悪くなりやすい場所。

    育毛剤によって、つむじ付近の頭皮・髪の毛に直接栄養を与えることができれば、髪の毛の成長がスムーズになるでしょう。

    生え際・つむじに見られる若ハゲを改善するには?

    多くの若ハゲは生え際やつむじ付近に見られ、多くはAGA(男性型脱毛症)の影響によるものです。

    市販されている育毛剤(医薬部外品)は、育毛効果を持つ成分によって頭皮環境を整え、若ハゲを予防するために開発されています。

    そのため、医薬部外品の育毛剤では、若ハゲによる薄毛の症状を治療し、改善することはできません。

    生え際・つむじの薄毛を引き起こす若ハゲは、どのように改善すればいいのでしょうか?

    男性型脱毛症ガイドラインにはAGAによる若ハゲの改善方法がまとめられている

    2010年、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が男性型脱毛症診療ガイドラインを策定しました。

    このガイドラインでは、若ハゲの大きな原因であるAGA(男性型脱毛症)の効果的な治療法が、推奨度別に紹介されています。

    【推奨度別】男性型脱毛症による若ハゲの治療法

    • ランクA(行うよう強く勧められる治療):ミノキシジル外用療法、フィナステリド内服療法
    • ランクB(行うよう勧められる治療):自毛植毛
    • ランクC1(行ってもよいが、十分な根拠がない治療):医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用
    • ランクC2(根拠がないので勧められない治療):医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用
    • ランクD(行わないよう勧められる若ハゲ治療):人工毛植毛

    ガイドラインにおいて、男性型脱毛症による若ハゲの改善効果が認められたのは、ミノキシジル外用療法フィナステリド内服療法の2つ。

    市販の育毛剤(医薬部外品・化粧品)に含まれている成分は、治療効果に関する十分な根拠が見つかていないため、C1あるいはC2に分類されています。

    効果が認められた若ハゲの治療①:ミノキシジル外用療法

    ミノキシジル外用薬は、男性型脱毛症の第一選択薬として推奨される発毛剤です。

    ミノキシジル外用薬は髪の毛の毛包に働きかけ、成長期の延長、休止期から成長期への移行をスムーズにすることで、若ハゲの改善効果を発揮します。

    男性ホルモンが原因である男性型脱毛症は、毛周期の成長期を短くすることで若ハゲを引き起こす脱毛症です。

    ミノキシジルによって髪の毛の成長期が延長されると、髪の毛が太く長く成長できるようになり、生え際やつむじの薄毛を改善するのです。

    また、ミノキシジル外用薬による若ハゲの治療において、重篤な副作用は報告されていません。

    効果が認められた若ハゲの治療②:フィナステリド内服療法

    ガイドラインでは、男性ホルモンが原因である若ハゲの治療法として、飲むタイプの発毛剤も紹介しています。

    フィナステリドは、若ハゲの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果を持つ成分です。

    ジヒドロテストステロンの生成を抑制し、生え際・つむじ付近の毛周期を正常に戻す作用によって、若ハゲを改善します。

    フィナステリドは、ミノキシジルとは異なるアプローチで若ハゲを改善するため、多くの病院で両薬の併用が勧められています。

    このフィナステリドによる若ハゲ治療については、臨床試験の結果、男性機能・性欲に関わる副作用が出る可能性があると報告されています。

    フィナステリドによって若ハゲを治療するにあたり副作用が心配な人は、医師に相談し、使用するかどうかを検討しましょう。

    効果が認められた若ハゲの治療③:ザガーロの使用

    ザガーロは、2015年9月に厚生労働省から承認を受けた新しい若ハゲの治療薬。

    ザガーロの有効成分デュタステリドは、フィナステリド同様、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、生え際・つむじの毛周期を正常に戻す効果を持ちます。

    また、デュタステリドが持つAGA治療効果・発毛効果は、フィナステリドの約1.6倍。

    デュタステリドは、生え際・つむじ付近の毛周期を正常に戻す効果がフィナステリドより強力であるため、より強い発毛効果が期待できるのです。

    ザガーロ(デュタステリド)の副作用についても、第Ⅱ・Ⅲ相国際共同治験の結果、フィナステリドと同様に男性機能・性欲に関わるものがあると報告されています。

    正しい頭皮ケアで生え際・つむじの若ハゲを予防しよう

    生え際・つむじの若ハゲ対策において重要なのが頭皮環境

    頭皮環境は、日々の頭皮・髪の毛のケア1つで整えることができます。

    頭皮や髪の毛の正しいケアを心がけ、若ハゲ対策に努めましょう。

    生え際・つむじの若ハゲ対策

    • 生え際・つむじの若ハゲ対策①:シャンプー
    • 生え際・つむじの若ハゲ対策②:育毛剤
    • 生え際・つむじの若ハゲ対策③:頭皮マッサージ

    生え際・つむじの若ハゲ対策①:シャンプー

    頭皮・髪の毛のケアと聞いて、シャンプーを思い浮かべる人は多いでしょう。

    シャンプーのやり方1つ変えるだけでも、若ハゲになりにくい頭皮環境を実現できるかもしれません。

    生え際・つむじの若ハゲ対策をする上で一番大切なのは、シャンプーのすすぎです。

    シャンプー後のすすぎが不十分だと、髪の毛や頭皮に汚れが残り、頭皮環境が悪化するおそれがあります。

    また、生え際・つむじの若ハゲを予防するためには、シャンプーの洗浄成分にも気をつけましょう。

    生え際・つむじの若ハゲ対策で気をつけたいシャンプーの洗浄成分

    • シャンプーの洗浄成分①:高級アルコール系
    • シャンプーの洗浄成分②:石けん系
    • シャンプーの洗浄成分③:アミノ酸系

    高級アルコール系の洗浄成分は、比較的安価なものが多く、洗浄力が強いことが特徴。

    石けん系は洗浄力が強い上に、自然由来の成分を使っていることが多いため、自然素材にこだわる人におすすめです。

    アミノ酸系は、頭皮の皮脂を落とし過ぎないよう洗浄力が抑えられているだけでなく、弱酸性なので敏感肌の人でも安心して使用できます。

    若ハゲ対策で大切なことは、自分の頭皮・髪の毛に合ったシャンプーを使うこと。

    自分の頭皮環境に合わせてシャンプーを選ぶだけでも、生え際・つむじの若ハゲ予防につながるでしょう。

    生え際・つむじの若ハゲ対策②:育毛剤

    育毛剤は含まれている成分によって、さまざまな作用を持っています。

    化粧品や医薬部外品に分類されることが多い市販の育毛剤は、「副作用のリスクが低い」としばしば言われます。

    しかし、市販の育毛剤(医薬部外品)に副作用が全くないわけではありません。

    生え際・つむじの若ハゲ予防のために、育毛剤の使い方にも注意しましょう。

    初めて使用する育毛剤は、添付の説明書を読むだけでなく、パッチテストをするといいかもしれません。

    生え際・つむじの若ハゲ対策③:頭皮マッサージ

    シャンプーをしているときや、育毛剤を使うときに、頭皮マッサージをしてみてはいかがですか?

    髪の毛が健康に成長するためには、頭皮から毛根に十分な栄養が届けられる必要があります。

    頭皮マッサージによって頭皮のコリをほぐせば、頭皮の血行をよくすることができるでしょう。

    また、頭皮マッサージによって血行不良を解消できれば、顔のむくみや手足の冷え性を予防できるかもしれません。

    生活習慣の見直しで生え際・つむじの若ハゲ対策

    生え際・つむじに見られる若ハゲを予防するためには、正しい頭皮ケアが大切ですが、同時に、生活習慣の見直しを怠らないようにしましょう。

    若ハゲを予防しやすい頭皮環境の実現は、生活習慣によって大きく左右されます。

    若ハゲの予防・治療効果を確実に得るためにも、一度、生活習慣を見直してみましょう。

    生え際・つむじの若ハゲ対策

    • 生え際・つむじの若ハゲ対策①:バランスのとれた食事をとる
    • 生え際・つむじの若ハゲ対策②:十分な睡眠をとる
    • 生え際・つむじの若ハゲ対策③:適度に運動をする
    • 生え際・つむじの若ハゲ対策④:ストレスを解消する
    • 生え際・つむじの若ハゲ対策⑤:過度な飲酒を避ける
    • 生え際・つむじの若ハゲ対策⑥:喫煙を控える

    生え際・つむじの若ハゲ対策①:バランスのとれた食事をとる

    食生活は、生え際・つむじの若ハゲを予防をする上で真っ先に見直したい生活習慣の1つ。

    私たちの身体は、主に食事から摂り入れた栄養によって健康が保たれています。

    必要な栄養に過不足が生じると、身体はさまざまな変調をきたします。

    脂っこい食事や塩分の多い食事は、皮脂の過剰分泌や血行不良を引き起こす原因となります。

    食事に気を遣い栄養をバランスよく摂取するだけでも、若ハゲ予防になることを覚えておきましょう。

    生え際・つむじの若ハゲを予防するため、積極的に摂取したい栄養は、アミノ酸・亜鉛・ビタミン類

    髪の毛はケラチンと呼ばれるアミノ酸の集合体によって構成されています。

    そして、亜鉛にはこのケラチンの構成を助ける作用があるのです。

    また、ビタミン類は血行不良を防ぐだけでなく、新陳代謝を整えることで頭皮の健康を保ちます。

    生え際・つむじの若ハゲ対策②:十分な睡眠をとる

    睡眠一つでも生え際・つむじの若ハゲ対策になることを知っていますか?

    慢性的な睡眠不足は、自律神経の乱れを引き起こす原因の1つであり、血行不良やホルモン分泌に影響を与えると言われています。

    厚生労働省が発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」は、6〜8時間程度の睡眠時間を確保することが理想であるとしています

    人や体調によって必要な睡眠時間は異なりますが、若ハゲ予防のために、6〜8時間ほどの睡眠をとれるよう努力しましょう。

    生え際・つむじの若ハゲ対策③:適度に運動をする

    運動不足によって筋肉が硬直すると、血行不良を引き起こす可能性があり、血行が悪いことで髪の毛や頭皮に十分な栄養が運ばれなくなります。

    適度な運動をするのも、若ハゲを予防する方法の1つ。

    筋肉の伸縮作用によって血管が刺激されると、血行促進効果が期待できます。

    また、運動によって脂肪を燃焼させることで、皮脂の過剰分泌を予防できるかもしれません。

    生え際・つむじの若ハゲ対策④:ストレスを解消する

    私たちの身体は、ストレスによるさまざまな影響を受けます。

    慢性的なストレスは、自律神経の乱れや免疫異常を引き起こす原因になり得ます。

    ストレスを無くすことは難しいかもしれませんが、自分なりのストレス解消方法を見つけ、ストレス解消に努めましょう。

    生え際・つむじの若ハゲ対策⑤:過度な飲酒を避ける

    アルコールには血管拡張作用があるため、適量の飲酒であれば、頭皮の血行不良を防ぐかもしれません。

    しかし、お酒の飲み過ぎには注意が必要。

    アルコールの代謝には多くの栄養を必要とするため、髪の毛や頭皮に必要な栄養が不足する可能性があります。

    また、アルコールの代謝時に発生するアセトアルデヒドは、睡眠障害を引き起こす物質です。

    このように、お酒の飲み過ぎは、髪の毛・頭皮の栄養不足、睡眠障害によるストレスや自律神経の乱れを引き起こすおそれがあるのです。

    厚生労働省によると、節度ある適度な飲酒は一日あたり純アルコールで20g程度とされていますが、適量は体質や体調によって異なるため、自分にとっての適量を見つけることが大切です。

    生え際・つむじの若ハゲ対策⑥:喫煙を控える

    喫煙に血管収縮作用があることは有名でしょう。

    しかし、タバコが頭皮に与える悪影響はそれだけではありません。

    喫煙者は、非喫煙者と比べてビタミンを多く消費するため、さらに血行不良が悪化します。

    頭皮の中でもつむじは血行が悪くなりやすい場所です。

    若ハゲ対策に限らず、健康のためにも、タバコは避けたほうがいいでしょう。

    しかし、タバコは依存性が強いため、無理な禁煙はかえってストレスの原因になるかもしれません。

    喫煙者は、無理のない減煙から始めてみましょう。

    若ハゲに悩んだらAGA専門クリニックへ

    若ハゲといっても、症状や原因によって効果的な対策・治療方法は異なります。

    そのため、若ハゲに悩んでいる人が自分一人だけで症状や原因を判断し、正しい対策を見つけることは難しいでしょう。

    若ハゲの治療は、AGA専門クリニック、一部の内科や皮膚科、美容クリニックで受けることができます。

    AGA+では、3つのメリットから、AGA専門クリニックによる若ハゲ治療を勧めています。

    AGA専門クリニックで受ける若ハゲ治療のメリット

    • 基本無料でカウンセリングが受けられる
    • プライバシーへの配慮がされている
    • 治療法が豊富

    無料のカウンセリングで若ハゲの相談をしよう

    AGA専門クリニックでは、若ハゲや薄毛に関する相談を基本無料で受け付けています。

    ハゲ・薄毛の治療で大切なのは、医師と患者が相談しながら、その人に合った治療を行うこと。

    ただ問診するだけではなく、生え際やつむじの薄毛状態を医師と観察することで、若ハゲの症状や原因について的確に判断することができるでしょう。

    AGA専門クリニックでは、若ハゲに関する詳細なカウンセリングを行うことで、その人に最適な治療法を見出してくれます。

    若ハゲの治療に関して、プライバシーの配慮が徹底されている

    年老いてから薄毛になるならまだしも、20〜30代で薄毛になってしまう若ハゲは、誰にとってもセンシティブな問題でしょう。

    一部の皮膚科や内科でも若ハゲ治療は行われていますが、ハゲ・薄毛治療は他の診療と平行して行われているにすぎません。

    そのためか、皮膚科や内科では、若ハゲ治療を受ける患者におけるプライバシーの配慮に欠けていたり、治療方法が限られたりしてしまう場合が多いようです。

    一方、AGA専門クリニックでは診察を完全予約制にしたり、個室の待合室を設置するなど、患者同士が顔を合わせないように工夫されています。

    もちろん、患者の症状に合った治療を受けることが可能です。

    また、一部のAGA専門クリニックでは、ビデオ通話による診断を行っているようです。

    このようにAGA専門クリニックでは、薄毛・ハゲ専門だからこそできるサービスが充実しています。

    若ハゲに関する治療法が幅広い

    若ハゲに限らず、薄毛・抜け毛の治療で大切なことは、その人に合った治療法を行うこと。

    若ハゲといっても、原因や症状は人によって異なり、どのくらい改善したいかも患者の要望によって変わります。

    また、仮に高額で確実な若ハゲ治療があったとしても、治療の継続が困難である場合、それはその人に合った治療であるとは言えないでしょう。

    AGA専門クリニックでは、効果が認められたAGA治療薬だけでなく、ジェネリック医薬品・クリニックオリジナルの処方薬・最新の治療法など、さまざまな治療を扱っています。

    治療法が豊富にあるため、患者の症状や要望に合わせた若ハゲ治療を提案することができるのです。

    若ハゲの治療で大切なのは何より早期対策。

    若ハゲによる抜け毛・薄毛は、悪化する前に治療を受けることで、改善が見込めるはず。

    「最近、つむじの薄毛が気になり始めた」「朝起きたとき、抜け毛が気になるようになった」という人は、今こそ若ハゲの対策を始めるタイミングかもしれません。

    正しい若ハゲ対策を行うために、AGA専門クリニックの無料カウンセリングを受けてみませんか?


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    \「いきなり病院はちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加