AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは? アイキャッチ画像

    2018年08月07日 更新

    「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは?

    「ストレスでハゲそう……」
    このような、「ストレスが原因で薄毛になる」という考え方を、一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、ストレスは薄毛の間接的な原因に過ぎず、直接の原因ではありません。とはいえ、ストレスを放っておくと薄毛を助長してしまう可能性はあります。
    積み重なったストレスのせいで、薄毛が手遅れな状態になってしまう前に、薄毛対策を万全にしましょう。
    今回は、ストレスと薄毛の関係について紹介します。
    目次
      +薄毛の原因はストレスにある? 
      1. 円形脱毛症の原因は「自己免疫疾患」であるという一説
      2. ストレスから自己免疫疾患になるメカニズム
      3. ストレスは薄毛の間接的な要因である
      +多くの人が抱える薄毛の原因は? 
      1. 【薄毛の原因】男性に見られる多くの薄毛は、男性ホルモンによって引き起こされる
      2. 【薄毛の原因】女性に見られる多くの薄毛は、女性ホルモンの乱れによって引き起こされる
      3. 【FAGA編】薄毛が起こる原因
      +「ストレス」と「薄毛」の関係
      1. ストレスと薄毛の関係①:自律神経の乱れ
      2. ストレスと薄毛の関係②:血流の悪化
      3. ストレスと薄毛の関係③:皮脂の過剰分泌
      4. ストレスと薄毛の関係④:亜鉛を消費する
      5. ストレスと薄毛の関係⑤:内臓機能の低下
      +ストレスで抜け毛・薄毛にならないための対策
      1. ストレス&抜け毛・薄毛予防方法①:十分な睡眠
      2. ストレス&抜け毛・薄毛予防方法②:適度な運動
      + ストレス対策にプラスして行いたい「薄毛予防法」で抜け毛を防ごう
      1. 薄毛予防法①:育毛剤(約部外品)で頭皮環境を整える
      2. 薄毛予防法②:正しいシャンプーの仕方で頭皮ケア
      3. 薄毛予防法③:頭皮マッサージで血行を促進する
      4. 薄毛予防法④:バランスの取れた食事をとる
      +ストレス対策は薄毛予防の一つとして
      1. ストレスが薄毛の引き金になるかも
      2. 薄毛対策は、まず病院へ

    薄毛の原因はストレスにある? 

    「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは? 1番目の画像

    通勤・通学、家事に仕事……日常の中で多くのストレスを感じている人もいるでしょう。

    よく「ストレスでハゲてしまいそう」なんて言葉を耳にしますが、あながち間違いではないかもしれません。

    溜まったストレスのせいで、せっかく薄毛対策をしても期待した効果が得られない可能性もあります。

    今回のAGA+では、「ストレスと薄毛の関係性」に加え、ストレス対策と薄毛予防法についてもご紹介します。

    円形脱毛症の原因は「自己免疫疾患」であるという一説

    ストレス=「10円ハゲ」を連想する人も多いのではないでしょうか。

    円形の薄毛が起こる10円ハゲは、正式には「円形脱毛症」と言います。

    この円形脱毛症の原因は、ストレスだと思われていました。

    ところが、ストレスが直接的に円形脱毛症の原因になっているという科学的根拠はありません。

    では、円形脱毛症の原因は一体なんなのでしょう。

    円形脱毛症の原因として有力視されているのは「自己免疫疾患」です。

    自己免疫疾患とは、免疫細胞が体内の物質を「異物」とみなして攻撃することで起こる疾患の総称。

    自己免疫疾患により、髪の毛の成長に関わる毛母細胞が異物として攻撃され、抜け毛が起こると考えられています。

    ストレスが円形脱毛症や薄毛の原因だと言われるようになったのは、以下のような説によるものと考えられます。

    「ストレスが原因で自己免疫疾患になり、毛母細胞が攻撃されたことで抜け毛が起こり、結果的に円形脱毛症が発症する」

    ストレスは薄毛の直接的な原因ではありませんが、円形脱毛症との関係性が疑われている自己免疫疾患を引き起こすため、円形脱毛症の原因と言われているのかもしれません。

    ストレスから自己免疫疾患になるメカニズム

    では、ストレスがどのようにして「自己免疫疾患」を引き起こすのでしょうか。

    ストレスは、自律神経と内分泌に働きかけ悪影響を及ぼすと言われます。

    自律神経には「交感神経」と「副交感神経」が存在します。

    交感神経は活発に動いている時、副交感神経は身体がリラックスしている時に働く神経。

    人間の身体機能は、自律神経のバランスによって保たれています。

    しかし、ストレスが原因でそのバランスが崩れることがあるのです。

    そんな自律神経の乱れが、自己免疫疾患を誘発する原因になるというわけです。

    ストレスは薄毛の間接的な要因である

    ストレスが円形脱毛症と間接的に関わっていることを説明してきました。

    しかしながら、あくまでもストレスは薄毛の“間接的”な要因。

    ストレスが直接薄毛を引き起こすわけではないため、ストレスを解消したところで、薄毛が治るわけではありません。

    多くの人が抱える薄毛の原因は? 

    「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは? 2番目の画像

    ストレスによる自己免疫疾患だけが薄毛の原因ではないとすると、薄毛になる本当の原因とは何なのでしょうか。

    抜け毛を引き起こし、薄毛につながる原因をいくつか紹介します。

    【薄毛の原因】男性に見られる多くの薄毛は、男性ホルモンによって引き起こされる

    男性の抜け毛・薄毛の多くは男性ホルモンが原因。

    男性ホルモンが原因の薄毛は、「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれており、日本の成人男性のうち、3人に1人がAGAであるとも言われています。

    AGAは一度発症すると自然に治ることはなく、また進行性の脱毛症であるとされています。

    AGAの原因は、男性ホルモンの一種「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結合することで生まれる「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる悪玉ホルモン。

    ジヒドロテストステロンが、髪の毛の成長サイクル「毛周期」を乱し、抜け毛を進行させてしまう、というのがAGAのメカニズムです。

    AGAは、男性ホルモンのが原因の薄毛なので、育毛剤で頭皮環境を整えたり、頭皮マッサージを試みても直接的な薄毛の治療にはなりません。

    AGAによる薄毛を治す場合、医薬部外品である育毛剤やサプリメントではなく、AGA専門クリニックでの治療をおすすめします。

    【薄毛の原因】女性に見られる多くの薄毛は、女性ホルモンの乱れによって引き起こされる

    「男性ホルモンによって起こる抜け毛・薄毛がAGAなら、女性の抜け毛や薄毛はAGAによるものではないということ?」

    そう思う人もたくさんいるのではないでしょうか。

    確かに、女性の抜け毛・薄毛は、AGAとはやや異なるものです。

    AGAは男性特有の脱毛症であり、女性の抜け毛や薄毛は全くの別物。

    女性ホルモンの乱れによって引き起こされる女性の薄毛は、「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれます。

    女性に見られる薄毛の症状の一つ「FAGA」は、男性のように頭頂部などが部分的に薄くなるものではなく、髪の毛が細くなり全体が薄くなる「びまん性」であるという特徴を持っています。


    Sponsored Link
     

    【FAGA編】薄毛が起こる原因

    • 女性ホルモンの減少
    • 出産や経口避妊薬の影響
    • ストレスや生活習慣の乱れ

    上記のように、FAGAは「女性ホルモンや生活習慣の乱れが原因の薄毛」とされています。

    女性が行ってしまいがちな無理なダイエットも、髪の毛の健康には悪影響を及ぼすものの一つ。

    栄養バランスが取れた食事をとり、ダイエットは身体に負担をかけすぎずに、ストレスにならない範囲で行うことをおすすめします。

    「ストレス」と「薄毛」の関係

    「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは? 3番目の画像

    「ストレスは身体に悪い」というのは昔から言われてきたこと。

    ストレスは、抜け毛や薄毛を引き起こす遠因になると述べましたが、実際に髪の毛にどのような悪影響を及ぼすのかを見ていきましょう。

    ストレスと薄毛の関係①:自律神経の乱れ

    ストレスから身体を守っている神経の一つが自律神経です。

    人間の脳は、ストレスを感じると脳内の「視床下部」が反応し、ホルモンの分泌が促されます。

    しかし、強いストレスがかかったり、長期間ストレスにさらされる状態が続くと、自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

    この自律神経の乱れにより免疫機能に異常をきたし、自己免疫疾患に陥ってしまうと考えられているのです。

    自己免疫疾患になり、免疫細胞が毛母細胞を異物だと見なすことで、抜け毛が起こるとされています。

    また、自律神経の乱れはホルモンバランスにも影響を与えるおそれがあります。

    ストレスの溜めすぎで、脳の視床下部から分泌されるホルモンのバランスが乱れてしまうと、性ホルモンなどの内分泌に影響を与える可能性があるのです。

    性ホルモンとは、男性ホルモンや女性ホルモンのこと。

    男性の薄毛はAGA、女性の薄毛はFAGAが多いと考えられているため、ストレスによって性ホルモンの分泌量に影響が出れば、薄毛の悪化を招くかもしれません。

    ストレスと薄毛の関係②:血流の悪化

    慢性的にストレスを溜め込んでしまっている場合、頭皮の血流が悪化します。

    頭皮の血流が悪くなると、髪の毛に必要な栄養が頭皮に届きにくい状態になります。

    血行不良により、髪の毛が栄養不足になって抜けやすくなると、薄毛を助長しかねません。

    ストレスと薄毛の関係③:皮脂の過剰分泌

    頭皮の皮脂が過剰分泌されると、汚れが毛穴を塞ぐため、頭皮環境が悪化してしまいます。

    皮脂の過剰分泌は、シャンプーや育毛剤による誤ったケアの他、生活習慣・食生活の乱れが原因で発生します

    また、男性ホルモンの働きが皮脂の過剰分泌に影響することも。

    つまり、過度なストレスによって自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れることが、皮脂の過剰分泌を引き起こす原因の一つと言えるでしょう。

    必要以上に分泌された皮脂によって頭皮環境が悪化すると、抜け毛が起こりやすい状態になるため薄毛につながるのです。

    ストレスと薄毛の関係④:亜鉛を消費する

    髪の毛は、ケラチンと呼ばれるタンパク質(アミノ酸)の集合体によって構成されています。

    そして、このケラチンの生成を助けているのが亜鉛です。

    タンパク質・亜鉛は、髪の毛の成長にとって大切な栄養素。

    しかし、慢性的なストレス・過度なストレスを感じると、ストレスを対処するために体内で亜鉛が消費されてしまいます。

    ストレスで亜鉛が不足すると、タンパク質の生成も困難になります。

    亜鉛不足・タンパク質不足は髪の栄養不足を招き、薄毛・抜け毛を助長してしまうかもしれません。

    ストレスと薄毛の関係⑤:内臓機能の低下

    内臓機能の低下もまた、髪の毛の健康や薄毛対策によくありません。

    ストレスによる自律神経の乱れは、内臓機能にも悪影響を及ぼすのです。

    例えば、肝臓にはタンパク質を作り出す機能があります。

    肝臓機能が低下すると、当然、生成されるタンパク質の量が減少します。

    そうなると、髪の毛に必要なたんぱく質がスムーズに生成されず、抜け毛や薄毛を助長することになるのです。

    また、心臓は血液を全身に送るための大事な機能を担っており、精神的なストレスの影響を受ける器官。

    過度なストレスによってこれらの内蔵機能が低下すると、血行不良を招き、抜け毛・薄毛を引き起こすリスクが高まります。

    薄毛対策のためには、身体全体の健康にも気をつける必要がありそうですね。


    Sponsored Link
     

    ストレスで抜け毛・薄毛にならないための対策

    「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは? 4番目の画像

    ストレスによって抜け毛・薄毛を起こさないためには、やはりストレスを解消するよう心がけることが大切。

    しかしながら、仕事や人間関係、家事、育児など、人はさまざまな場面でストレスを感じるものであり、「まったくストレスを溜めない」というのは難しいでしょう。

    ではここから、薄毛に悩む人のために、ストレスの軽減につながると言われている方法をご紹介します。

    ストレス&抜け毛・薄毛予防方法①:十分な睡眠

    睡眠は、ストレスからくる抜け毛や薄毛を防ぐ上で、軽視してはいけません。

    睡眠不足は、精神的なストレスにつながります。

    もちろん、長時間寝たとしても、眠りの質が悪ければ十分な睡眠がとれたとは言えません。

    ストレス対策の上でも、薄毛・抜け毛予防の上でも、質のよい十分な睡眠をとることは大切。

    とくに、成長ホルモンと呼ばれるホルモンは、睡眠と深い関わりがあると言われています。

    成長ホルモンは、疲労の回復や細胞の修復など、私たちの身体が健康を保つ上で、大切な役割を持つのです。

    厚生労働省が発表した「健康づくりのための睡眠指針 2014」では、一日に必要な睡眠時間を6〜8時間程度としています

    ストレスで薄毛にならないためにも、成長ホルモンの分泌に影響を与えないためにも、質のよい睡眠を十分にとる必要があるでしょう。

    ストレス&抜け毛・薄毛予防方法②:適度な運動

    移動時についついタクシーを利用したり、駅の階段を避けてエレベーター・エスカレーターを使ったり、身体を動かすことに消極的な人も多いでしょう。

    しかしこうした運動不足一つも、ストレスを生む原因かもしれません。

    ストレスを溜めないためには、ランニングや水泳などの有酸素運動がおすすめ。

    有酸素運動によってストレスを発散したり、身体に適度な疲労感を与えることで、入眠しやすい状態を作ってくれます。

    さらに、有酸素運動は心肺機能を高めるため、血行良化が期待できます。

    有酸素運動を通じて頭皮の血流も改善され、髪の毛の健康に必要な栄養素が十分に行き届くようになるため、薄毛対策にぴったりなのです。

    気をつけたいことは、あくまで無理のない運動を続けることが大切であること。

    「運動しなきゃ!」とプレッシャーをかけすぎてしまうと、それが逆にストレスを増加させ、抜け毛・薄毛を助長するかもしれません。

    初めはウォーキングからでも、日常生活のさまざまなところで積極的に身体を動かしてみるとよいでしょう。

     ストレス対策にプラスして行いたい「薄毛予防法」で抜け毛を防ごう

    「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは? 5番目の画像

    「ストレスで抜け毛・薄毛を助長させないための対策」を紹介してきました。

    ここからは、それらと一緒に行いたい「薄毛予防法」です。

    薄毛予防法①:育毛剤(約部外品)で頭皮環境を整える

    薄毛を改善しようと、育毛剤を使用している人はいませんか? 

    市販の育毛剤の多くは「医薬部外品」。

    医薬部外品である育毛剤には、薄毛を治したり、髪を生やす効果は期待できません。

    あくまで抜け毛が起こりにくい環境作りを目的として作られています。

    抜けてしまった髪の毛を生やす発毛効果は期待できないとしても、薄毛や抜け毛を予防するにはおすすめのアイテムと言えるでしょう。

    また、市販されている多くの育毛剤には、抗菌成分や血行をよくする成分が含まれているので、頭皮環境を整える手助けになります。

    薄毛予防として育毛剤(医薬部外品)を使用する場合は、自分の頭皮の状態に合ったものを選んで使用するのがよいでしょう。

    薄毛予防法②:正しいシャンプーの仕方で頭皮ケア

    抜け毛・薄毛の原因はさまざま。

    頭皮の血行不良、皮脂の過剰分泌などによる頭皮環境の悪化も、抜け毛や薄毛を助長させてしまいます。

    市販の育毛シャンプーを使用するのも、育毛剤同様、薄毛そのものが改善されるわけではありませんが、頭皮環境を整える方法としておすすめです。

    育毛シャンプーは少々値段が張りますが、安価なシャンプーと比較すると洗浄力が優しく、適度な皮脂を残してくれるのが特徴。

    薄毛対策の一つとして育毛シャンプーを取り入れてもいいかもしれません。

    また、シャンプーの際は爪を立てずに洗い、最後はすすぎ残しのないよう十分に洗い流すのがポイント。

    シャンプーが流し切れていないと頭皮環境が悪化する原因になり、薄毛予防にならないので注意が必要です。

    薄毛・抜け毛の予防につながるシャンプーの仕方について詳しく知りたい人はこちら

    「抜け毛」の原因はシャンプーと頭皮ケアにあるかも?

    薄毛予防法③:頭皮マッサージで血行を促進する

    髪の毛は、血液によって栄養が届けられることで成長します。

    そのため、血流が悪くなると髪の毛に十分な栄養が運ばれず、抜け毛・薄毛を助長する原因となるのです。

    髪の毛の成長に十分な栄養を届けるためには、頭皮の血行を改善するための対策を行いましょう。

    頭皮マッサージは血行の改善を助け、抜け毛・薄毛の予防に効果的な方法です。

    また、頭皮マッサージには、頭皮の血流をよくするだけではなく、コリやたるみの引き締め・リラックス効果も期待できます。

    比較的簡単に取り入れやすい薄毛予防法なので、シャンプーと並行して実践してみるとよいでしょう。

    薄毛予防法④:バランスの取れた食事をとる

    薄毛や抜け毛予防にはバランスの取れた食事が大切。

    例えば、脂っこい物ばかりを食べていると皮脂の過剰分泌、そこから毛穴が詰まり、炎症を起こしたりと、頭皮環境が悪化し、抜け毛・薄毛につながります。

    髪の毛によいとされるタンパク質・亜鉛、ビタミンを意識しつつ、それらをバランスよく摂取するのが大切です。

    「薄毛対策によい食事」について詳しく知りたい人はこちら

    バランスの取れた食事で抜け毛対策! “2度美味しい”食べ物とは?

    髪の毛によい栄養素は、市販されている「育毛サプリメント」で補うことも可能。

    育毛剤と同様、髪が生えたりするわけではありませんが、栄養を補える点で薄毛対策には有効でしょう。

    ただし、育毛サプリメントがあったとしても、食材から栄養を取り入れることが理想的。

    食生活の乱れが気になる人は、まずはストレスにならない程度に、少しずつ食生活の改善を試してみてください。

    薄毛を予防するための食事・食べ物について知りたい人はこちら

    発毛は食事から! 髪の毛・頭皮のためにとりたい食べ物14選


    Sponsored Link
     

    ストレス対策は薄毛予防の一つとして

    「その薄毛」原因はストレス? 甘く見てはいけない“薄毛問題”とは? 6番目の画像

    十分な睡眠や適度な運動など、さまざまなストレス対策を紹介してきました。

    髪の毛の健康や薄毛予防のためにも、ストレスなく生活するのが理想でしょう。

    まったくストレスを感じずに生活することは、現実的に難しいですが、抜け毛・薄毛予防のためにも、少しずつストレス対策を始めてみてはいかがでしょうか。

    ここで紹介したストレス対策だけでなく、自分なりのストレス解消方法を見つけるといいかもしれません。

    ストレスが薄毛の引き金になるかも

    抜け毛・薄毛の原因は、人によってさまざまです。

    生活習慣や栄養バランスの乱れ、頭皮環境の悪化など……。

    ストレスも、抜け毛や薄毛の一因になる可能性があることを頭の片隅におき、適度な運動・十分な睡眠を心がけて、ストレスが溜まっている状態にならないようにするのが理想です。

    薄毛対策は、まず病院へ

    慢性的なストレス・過度なストレスを解消する以外にも、抜け毛・薄毛対策は数多くあります。

    しかしながら、自分に合った対策をしないことには、期待するような効果は得られないでしょう。

    今の自分の抜け毛や薄毛の原因が、本当にストレスかどうか正確な判断を下すのは難しいこと。

    例えば、薄毛の原因がAGAだった場合は、ストレス対策ではなくAGA治療薬の使用が必要です。

    誤った判断によって間違った対策をしてしまうと、抜け毛や薄毛を助長しかねません。

    自分の薄毛の正しい原因を知り、薄毛の症状に合った対策を始めるためにも、まずは薄毛専門のクリニックでの診察をおすすめします。

    薄毛専門のクリニックの中には、初回診察が無料のクリニックもあるため、うまく利用しながら薄毛対策を始めましょう。

    薄毛の悩みによってさらなるストレスを溜めてしまう前にも、薄毛専門クリニックで医師とともに、薄毛予防に取り組んではいかかでしょうか。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー