生える人をふやす

    2017年12月28日 更新

    新たに髪を生やしたいなら「正しい発毛対策」を! 効果的な発毛対策まとめ

    「発毛剤」と「育毛剤」。あなたはこの違いを説明することができますか? 実は、発毛剤と育毛剤は全くの別物で、効果も用途も異なります。進行してしまった薄毛を改善したいのであれば、育毛剤ではなく発毛剤を正しく使う必要があるのです。
    今回のAGA+では、今日からすぐ始められる発毛対策を紹介します。

    発毛効果と育毛効果の違い

    薄毛を気にしている人であれば、発毛剤育毛剤などのヘアケア商品の購入を検討したこともありますよね。

    市販されている発毛剤や育毛剤の効果は、その商品によってさまざまです。

    発毛効果があるもの、育毛に効果があるもの、どちらを選べばいいのかわからず、迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。

    発毛効果と育毛効果は全くの別物

    薄毛の度合いによって、発毛剤を使うべきか、育毛剤を使うべきなのかは異なります。

    発毛剤と育毛剤とを正しく使い分け、薄毛の悩みへ的確にアプローチしましょう。

    発毛は「医薬品による治療」、育毛は「薄毛予防と発毛のサポート」を意味する

    発毛剤は、薄毛を治療・改善し、頭皮に新しく発毛させることを目的としたもの。

    毛母細胞の活性化や細胞分裂の促進効果を持ち、使用することで毛が抜けてしまった部分の修復が期待できるのです。

    医薬品に分類される発毛剤は、医師から処方される医療用医薬品(処方箋)の発毛剤と、薬剤師が常駐する薬局などで販売されている第1類医薬品にあたる発毛剤に分けられます。

    一方で、育毛剤は、発毛剤と違って今生えている毛を抜けにくくするもの。

    栄養成分や保湿成分、頭皮トラブルを抑える成分が含まれ、頭皮環境のケアに役立ちます。

    発毛剤が医薬品に該当する一方、育毛剤の多くは医薬部外品である化粧品に分類され、頭皮ケアや発毛サポートといった目的で使用することが推奨されます。

    育毛剤には発毛効果がある?

    育毛剤(医薬部外品)には、発毛剤の使用で得られるような発毛効果はない

    前述のとおり、医薬部外品である育毛剤は、いま生えている髪にのみ効果があるもの。

    残念ながら、発毛剤のように新たに発毛を促す効果はありません

    髪が抜け落ちてしまった部位に発毛を促したい場合には、育毛剤ではなく発毛剤を使用する必要があることに注意しましょう。

    ただし、育毛剤は、髪の細毛化の予防などの頭皮トラブルを防ぐためにはおすすめかもしれません。

    育毛剤が持つ効果は、主に以下の3つ。

    発毛剤とは異なる! 育毛剤(医薬部外品)の効果

    • 育毛剤(医薬部外品)の効果①:頭皮の血行を促進することで薄毛を予防する効果
    • 育毛剤(医薬部外品)の効果②:頭皮を清潔に保つことで薄毛を予防する効果
    • 育毛剤(医薬部外品)の効果③:頭皮・髪の毛に直接栄養を与えることで薄毛を予防する効果

    育毛剤(医薬部外品)の効果①:頭皮の血行を促進することで薄毛を予防する効果

    睡眠不足や食生活の乱れ、飲酒や喫煙・ストレスなど、さまざまな要因をきっかけに私たちの身体の血流は悪化します。

    血行が悪化すると、髪の毛に必要な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や細毛化の原因になるかもしれません。こうして起こった血行不良に対して予防効果を発揮するのが、育毛剤(医薬部外品)。

    血行を促進する効果を持つ育毛剤(医薬部外品)を使用することで、髪の成長を促し、薄毛を予防するのです。

    髪の細毛化に悩んでいる場合には、生活習慣を改善することが大切ですが、補助的に育毛剤(医薬部外品)を使用して対策するのもよいでしょう。

    育毛剤(医薬部外品)の効果②:頭皮を清潔に保つことで薄毛を予防する効果

    皮脂の過剰分泌フケの大量発生が見られた場合、頭皮環境の良化に努める必要があります。

    頭皮トラブルをそのまま放置しておくと頭皮の菌が異常繁殖を起こし、抜け毛や細毛化、脂漏性(しろうせい)脱毛症の原因となるためです。 

    殺菌効果を持つ育毛剤(医薬部外品)には、常在菌の繁殖を抑え、頭皮トラブルを解決する効果があります。

    頭皮トラブルを抱えている人は、殺菌成分が含まれた育毛剤(医薬部外品)を探しましょう。 

    育毛剤(医薬部外品)の効果③:頭皮・髪の毛に直接栄養を与えることで薄毛を予防する効果

    髪の毛が健康に成長するためには、頭皮から十分な栄養を受け取る必要があります。

    育毛剤(医薬部外品)の中には、頭皮の血行よくする効果を持つ成分、殺菌効果を持つ成分だけでなく、髪の毛・頭皮に栄養をふくんでいるものがあります。

    私たちは普段、主に口にしたものから栄養を摂取しますが、育毛剤(医薬部外品)によって栄養がスムーズに頭皮・髪の毛に届けられるでしょう。

    発毛効果が認められたAGA治療

    AGA(男性型脱毛症)は、成人男性(日本人)の3人に1人が発症しているといわれており、その患者数は1,200万人にも及ぶとされています。

    AGAの原因は、ジヒドロテストステロンという毛周期を短縮させる男性ホルモンの1種。

    このジヒドロテストステロンの生成を食い止めなければ、額の生え際頭頂部から薄毛が進行してしまうのです。

    男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、発毛効果が認められた治療とは?

    日本皮膚科学会と毛髪化学研究会によって作成された、男性型脱毛症診療ガイドラインでは、発毛効果のあるAGAの治療方法を推奨度別に紹介しています。

    【ランク別】発毛のためのAGA治療推奨度

    • 発毛治療ランクA:ミノキシジル外用薬、フィナステリド内服薬
    • 発毛治療ランクB:自毛植毛
    • 発毛治療ランクC1:t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾール
    • 発毛治療ランクC2:セファランチン
    • 発毛治療ランクD:人工毛植毛

    この中でも、「ミノキシジル外用薬」は、発毛効果に良質な根拠があるとされており、AGA治療の第一選択薬として推奨されています。

    発毛効果のある治療薬①:ミノキシジル外用薬

    発毛効果があるとして、ガイドラインで最高評価を得た1つ目の発毛治療薬がミノキシジル外用薬

    もともと高血圧の患者向けに処方されていたミノキシジルですが、使用した患者に多毛症の傾向が見られたため、発毛効果が期待され、AGA治療薬として使用されるようになりました。 

    発毛効果が見られた原因は、ミノキシジルが持つ血管拡張作用毛母細胞の活性化作用によるもの。

    ミノキシジルを塗布することで、頭皮の血管が広がり、髪の毛の成長に必要な栄養素を行き渡らせる効果が期待できるのです。

    また、毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂を促し発毛させる効果を持ちます。

    ミノキシジルには、頭皮に直接塗布する外用薬と錠剤型の内服薬が存在しますが、ガイドラインに記載されているのは外用薬の発毛効果のみ。

    一方で、内服薬はガイドラインには記されていませんが、体内に直接ミノキシジルを取り入れられるという点で、より高い発毛効果が期待できるという声もあります。

    発毛効果のある治療薬②:フィナステリド(プロペシア)内服薬

    発毛効果が認められ、ガイドラインで最高評価を得たもう一方の発毛治療薬がフィナステリド(プロペシア)

    フィナステリドには、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑え、発毛を促す効果があります。

    AGAの発症と進行のメカニズムは、男性ホルモンテストステロン5αリダクターゼ還元酵素が結びつき、脱毛司令を発するジヒドロテストステロンが発生すること。

    フィナステリドは、この5αリダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンの発生を防いでくれます。

    すると、短縮した毛周期が改善されるので、発毛効果が得られるのです。 

    このフィナステリド(プロペシア)は、ミノキシジルとは異なるアプローチで発毛効果を発揮するため、多くのAGA専門クリニックでは両薬の併用が勧められています。

    発毛効果のある治療薬③:デュタステリド(ザガーロ)

    ガイドラインには記載されていませんが、高い発毛効果が期待されているのがデュタステリド(ザガーロ)。 

    デュタステリドには、プロペシアの上位互換と呼べる発毛効果があります。 

    AGAの一因である5αリダクターゼには、1型と2型が存在します。

    先に紹介したプロペシア(フィナステリド)は、1型の5αリダクターゼを阻害することで、発毛効果を発揮するのです。

    一方で、ザガーロは1型、2型ともに治療効果があり、2型の抑制効果もプロペシアの約3倍と言われています。

    この点でザガーロは、プロペシア以上に優秀な発毛効果を持つ発毛治療薬だとされているのです。

    発毛効果を持つ治療薬、その副作用とは?

    医薬品には多かれ少なかれ、副作用があるもの。

    当然発毛効果を持つ3つの治療薬にも副作用が考えられます。

    ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドについて、不安視される副作用の実態を解説していきます。

    発毛効果のあるミノキシジルの副作用

    ミノキシジル外用薬で考えられる副作用としては、かゆみかぶれ湿疹といった肌のトラブル。 

    さらに、ミノキシジルはもともと降圧剤として利用されていた成分なので、頭痛めまい動悸など血圧に関する症状が現れる場合があります。

    発毛効果のあるフィナステリド(プロペシア)の副作用

    フィナステリドの使用によって見られる副作用は、性欲減退精子量減少勃起力の低下などの男性機能に関わるもの。

    発生率をみると、性欲減退は1〜5%未満の人に見られ、精子量減少と勃起力の低下は1%未満となっています。

    また、フィナステリドは、成人男性にのみ発毛効果が認められているものです。

    プロペシアを妊婦が摂取すると、フィナステリドの薬理作用により、男子胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼすおそれがあります。

    そのため、女性がプロペシアを服用することは大変危険であり、使用が禁止されているのです。

    発毛効果のあるデュタステリド(ザガーロ)の副作用

    デュタステリドの副作用は、フィナステリドと同様に男性機能に関連するものです。

    ただし、デュタステリドを服用すると、プロペシアより高い確率で副作用が発症するとされています。

    その発生率は、性欲減退が3.9%、精子量減少が4.3%、勃起力低下が1.3%

    【まとめ】発毛効果が認められた、治療薬の効果と副作用

    • ミノキシジル
      発毛効果:血管拡張作用、毛母細胞活性化による発毛
      発毛効果の副作用:低血圧、動悸、息切れ、めまい
    • フィナステリド
      発毛効果:5αリダクターゼ2型の抑制による発毛
      発毛効果の副作用:性欲減退、精子量減少、勃起力の低下
    • デュタステリド
      発毛効果:5αリダクターゼ1型・2型の抑制による発毛
      発毛効果の副作用:性欲減退、精子量減少、勃起力低下(発症確率はプロペシアより高い)

    プラセンタ治療の発毛効果とは

    近年多くの女性に活用され、その発毛効果に注目が集められているのがプラセンタ治療です。

    プラセンタとは、哺乳類の胎盤を意味し、胎児が育つのに必要な栄養素を含んだ器官のこと。

    プラセンタ治療は、ヒトの胎盤からアミノ酸や髪の成長因子を抽出した「胎盤エキス」を頭皮に直接注入する「プラセンタ注射」によって行われます。

    女性のフィナステリド内服は禁忌とされていますが、プラセンタ治療は重大な副作用がなく、男性・女性問わず治療を受けることが可能。

    そのため、発毛効果を得たい女性の強い味方といわれています。

    プラセンタ治療のメリットは、プラセンタ注射で頭皮に直接有効成分を注入できること。

    また、胎盤エキスにビタミン類を加えるなど、患者の体質や要望に合わせて、薬剤を組み変えられることも魅力の一つでしょう。

    プラセンタ治療のデメリットとしては、科学的な発毛効果が現時点では解明されていないことが挙げられます。

    各種有効成分による作用が、間接的に育毛や発毛効果を及ぼすと考えられており、実際に発毛効果があるか判明するにはもう少し時間がかかりそうです。

    発毛効果が期待されるプラセンタはサプリメントで摂取することも可能

    プラセンタ注射では主に、人の胎盤から抽出したヒトプラセンタが使用されます。

    これに対して、市販のサプリメントに用いられるプラセンタの成分は、豚由来のブタプラセンタや馬由来のウマプラセンタ

    動物由来のプラセンタは、ヒトプラセンタと違って滅菌処理などの工程が必要なため、製造過程で有効成分が減少してしまいます。

    ただし、「プラセンタ注射」にやや抵抗を感じるという人は、サプリメントで補給することもおすすめできます。

    【発毛対策の一環】シャンプー選びも重要

    求める効果によって、「発毛剤を使用するか、育毛剤を使用するか」選択が変わることを解説してきました。

    しかし、発毛において気をつけるべきなのは、「育毛剤と発毛剤の選び方」だけではありません。

    実は、日常的に使用するシャンプーも、あなたの肌質によって購入する商品を変えるべきなのです。

    肌質に合わないシャンプーの使用は、頭皮環境の乱れを起こし、発毛阻害の可能性を高めます。

    発毛対策の一環として頭皮環境を正常に保つために、シャンプー選びにも気を配りましょう。

    発毛のため知っておきたい、シャンプーの種類

    • 【発毛対策】シャンプーの種類を知ろう①:高級アルコール系
    • 【発毛対策】シャンプーの種類を知ろう②:石けん系
    • 【発毛対策】シャンプーの種類を知ろう③:アミノ酸系

    【発毛対策】シャンプーの種類を知ろう①:高級アルコール系シャンプー

    シャンプーには、皮脂の汚れを落としやすくする界面活性剤という成分が含まれています。

    アルコール由来の界面活性剤が含まれているシャンプーが、「高級アルコール系シャンプー」。

    このシャンプーの特徴は、洗浄効果が高く泡立ちが良いため、頭皮や髪の皮脂汚れを落としやすいこと。

    高級アルコール系シャンプーは、頭皮のべたつきに悩む、脂性肌の人にとくにおすすめです。

    一方で、紫外線などのダメージから頭皮を守るのに必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮ダメージを受けやすくなってしまうおそれがあります。

    頭皮のダメージや乾燥は抜け毛を引き起こし、発毛対策の妨げになることも。

    市販されているシャンプーのほとんどが高級アルコール系であるため、とくに乾燥肌敏感肌の人は商品選びに注意し、低刺激のシャンプーを使用した発毛対策をしましょう。

    【発毛対策】シャンプーの種類を知ろう②:石けん系シャンプー

    石けん系シャンプーは天然由来成分から作られており、私たちに昔から馴染み深いもの。

    高級アルコール系シャンプーと同様、洗浄力が高く頭皮や髪の皮脂汚れを落としやすいため、脂性肌の人におすすめです。

    乾燥肌や敏感肌の人は、極力使用を避け、別の商品での発毛対策を検討しましょう。

    【発毛対策】シャンプーの種類を知ろう③:アミノ酸系シャンプー

    汚れや皮脂を優しく洗浄し、頭皮環境の改善を目的としたアミノ酸系シャンプー。

    アミノ酸由来の界面活性剤は、洗浄効果が穏やかで、髪や頭皮への刺激が少ない成分です。

    皮脂の落としすぎで頭皮トラブルを起こすリスクが少なく、乾燥肌や敏感肌の人も安心して使うことができるので、発毛対策にとくにおすすめ。

    また、髪のもとになるタンパク質「ケラチン」は、18種類のアミノ酸が結合したものであるため、髪にアミノ酸を補給して成長を促すことも期待されています。

    【発毛対策の一環】頭皮マッサージで頭皮環境を改善する

    【発毛対策】頭皮マッサージには血行良化の効果がある

    頭皮マッサージは、頭皮の血流を改善し、髪の毛へ栄養が送られるのを助ける効果があります。

    とくに睡眠不足や偏った食習慣、飲酒や喫煙、ストレスなど、乱れた生活習慣を続けているという自覚がある人は、頭皮マッサージを行って、血行不良の改善に努めたいところ。

    血行を良化させ、発毛対策のベースとなる頭皮環境を手に入れましょう。

    【発毛対策】頭皮マッサージの方法

    • 頭皮マッサージの方法①:円を描くようにこめかみ付近からマッサージ
    • 頭皮マッサージの方法②:頭皮の血流と同様に、下から上へと移動する
    • 頭皮マッサージの方法③:指の腹で、頭皮全体を指圧していく

    【発毛対策】頭皮マッサージの注意点

    長時間の頭皮マッサージは頭皮に負担をかけてしまうため、血行をよくする効果が期待できるからといって、マッサージのしすぎには注意しましょう。

    また、マッサージの際に爪を立てることは、頭皮を傷つけ、発毛対策どころか頭皮トラブルを起こす原因になりかねません。

    指の腹を使って、優しく、気持ちよさを感じる程度の力で行うようにしましょう。

    なお、頭皮マッサージを行うことによって、すぐに頭皮環境が改善し、発毛対策になるというわけではありません。

    頭皮マッサージを習慣化し、頭皮の血行が常によい状態にしておくことが大切。

    発毛対策として頭皮環境を整えるためにも、シャンプー後などに定期的に行うようにしましょう。

    サプリメントに発毛効果はある?

    【発毛効果あり?】サプリメントは主に栄養補助食品、健康補助食品に分類され、発毛効果はない

    「発毛や育毛に効果がある」と謳って見えるサプリメントを目にしたことはありませんか。

    これらのサプリメントを服用するだけでは、発毛効果は期待できません。

    サプリメントは、あくまで足した栄養素を補う効果しかないからです。

    サプリメントの目的は、食事で足りない栄養素を補い、頭皮環境を整える手助けをすること。

    また育毛剤と同様に、AGA(男性型脱毛症)を治療したり、発毛効果を促したりするような成分もサプリメントには含まれていません。

    発毛対策には、発毛効果のある治療薬の使用が必要不可欠

    発毛効果を実感したいのであれば、発毛作用のある治療薬を使用した上で、食事で不足した栄養バランスを補うためにサプリメントを服用するのがおすすめです。

    ここでは、多くの発毛サプリメントに含まれる代表的な栄養素とその効果を紹介していきます。

    発毛対策の一環!サプリメントで摂りたい栄養素

    • 発毛対策の栄養素①:アミノ酸
    • 発毛対策の栄養素②:亜鉛
    • 発毛対策の栄養素③:ビタミン類

    【発毛対策】発毛のために摂りたい成分①:アミノ酸

    私たちの髪の毛は、18種類のアミノ酸が結合したたんぱく質「ケラチン」で構成されています。

    アミノ酸が不足すると、ケラチンが十分に生成されなくなるため、抜け毛や細毛化の原因となるおそれがあるのです。

    そのため、まずは毎日の食事に気を配り、アミノ酸が不足しないよう対策する必要があります。

    アミノ酸を豊富に含む食べ物とは、野菜類であれば、ニンジンほうれん草玉ねぎなど。

    魚介類であれば、マグロカツオエビイワシなど。

    これらの食品が不足してしまっている場合に、発毛サプリメントの服用をおすすめします。

    発毛効果のために摂りたい、アミノ酸を含む食品

    • 野菜類:にんじん、ほうれん草、玉ねぎ
    • 魚介類:マグロ、カツオ、エビ、イワシ

    【発毛対策】発毛のために摂りたい成分②:亜鉛

    髪の必須栄養素として名高い亜鉛には、細胞分裂を助けて、新陳代謝を整える効果があります。 

    髪の毛の成長を支えている毛母細胞も細胞の一種であるため、亜鉛をしっかりと摂ることで、抜け毛の防止や髪の成長にも効果が期待できるかもしれません。

    加えて、亜鉛には髪の毛のもとになる、ケラチンの生成を促す重要な効果も。 

    亜鉛が不足すると、髪の毛を構成するケラチンの生成が進まず、抜け毛や細毛化の原因となるおそれがあります。

    まずは、アミノ酸を食事でしっかりと摂れるように意識してみましょう。

    亜鉛を豊富に含む食べ物は、牡蠣うなぎなどの魚介類。

    その他、レバー卵黄納豆などの大豆製品に豊富に含まれています。 

    食事で不足している自覚がある人は、サプリメントで補うことでも十分に発毛対策になるでしょう。

    発毛効果のために摂りたい、亜鉛を含む食品

    • 魚介類:牡蠣、うなぎ
    • その他:レバー、卵黄、納豆などの大豆食品

    【発毛対策】発毛のために摂りたい成分③:ビタミン類

    ビタミン類は、発毛のための頭皮環境を整える効果だけでなく、摂り入れた亜鉛やタンパク質の吸収率を高めるなどのさまざまな効果を持ちます。

    髪の健康のために意識して摂取したいビタミンは、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCなど。

    発毛効果を実感したいのであれば、各種ビタミンを食事やサプリメントでしっかりと摂り、発毛のための頭皮環境を整える必要があります。

    発毛効果のために摂りたい! 各種ビタミンの効果と食品

    • ビタミンA(レバー、うなぎ、モロヘイヤなど)……頭皮の乾燥を防ぐ効果や、皮膚を丈夫に保つ効果
    • ビタミンB群(レバー、カツオ、バナナなど)……代謝や新陳代謝を整える効果
    • ビタミンC(アセロラ、ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリーなど)……亜鉛の吸収とコラーゲン生成の補助効果

    発毛のために今から対策をしよう!

    十分な発毛効果を得るためには、頭皮環境を整えることが大切

    発毛対策には、発毛効果のある治療薬の使用が必要不可欠。

    また、発毛に効果的な治療薬の使用以前に、ベースとなる頭皮環境を整えることも重要です。

    頭皮環境を悪化させてしまう原因の1つが「生活習慣の乱れ」。

    毎日の生活習慣を見直して、発毛効果を得やすい頭皮環境へと改善していきましょう。

    【発毛対策の一環】頭皮環境を整える生活習慣

    • 発毛対策①:ストレスと上手に付き合う
    • 発毛対策②:食生活のバランスを考える
    • 発毛対策③:飲酒を控える
    • 発毛対策④:禁煙する
    • 発毛対策⑤:睡眠の質と量を確保する

    発毛対策①:ストレスと上手に付き合う

    薄毛を招く原因の1つとして、ストレスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 

    ストレスは、自律神経ホルモンバランスの乱れを引き起こし、頭皮環境の悪化を起こす原因の1つとされています。 

    自律神経には、交感神経副交感神経があり、通常2つの神経のバランスが保たれているものですが、ストレスを溜めてしまうと交換神経が優位な状態が続きます。 

    交感神経が優位な状態が長期に及ぶと、疲労が溜まる、血管が収縮するといった変調が起こってしまうのです。 

    溜まったストレスを解消するには、副交感神経が働くよう、リラックスできる時間を取ることが大切。 

    睡眠をしっかりとる、運動を習慣化する、友人と話すなどのストレス対策で、発毛のための頭皮環境を整えましょう。 

    発毛対策②:食生活のバランスを考える

    食生活の乱れは、頭皮環境悪化の原因となります。

    とくに発毛したい人にとって、脂質の多い食事には要注意。 

    このような食生活は皮脂の過剰分泌を起こし、頭皮トラブルや、脂漏性脱毛症の原因となります。 

    また、野菜不足も、髪や頭皮にとってよくありません。 

    各種ビタミンには、頭皮環境を正常に保つ効果が期待できるためです。 

    頭皮トラブルに悩んでいる人は、脂質・塩分を控えて、野菜を積極的に取り入れ、発毛効果を得るために頭皮環境を整えましょう。

    発毛対策③:飲酒を控える

    大量の飲酒は、頭皮環境に悪影響を及ぼす可能性があります。 

    体内に取り入れたアルコールが分解されるときに、ビタミンや亜鉛を消費してしまうからです。

    髪によいビタミンや亜鉛を大量に消費してしまえば、頭皮環境の悪化や、髪の細毛化などのマイナスの効果を及ぼす可能性も。

    さらに、アルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドという物質には、睡眠を阻害する効果があります。  

    「眠りにつきにくくなる、眠りが浅くなる」といった睡眠の問題は、ストレス耐性の低下、成長ホルモンや性ホルモンの分泌量の低下を起こします。 

    発毛対策を考えている人は、普段の飲酒量にも気を配りましょう。

    発毛対策④:禁煙する

    煙草には交感神経を働かせる効果があります。

    交感神経が活発になると、血管が収縮し、髪の細毛化の原因となりかねません。 

    また、タバコにはビタミンCを破壊する作用も。 

    ビタミンCは抗ストレス作用を持ち、私たちのストレス耐性を高めてくれるものです。

    ビタミンCが破壊されると、ストレス耐性の低下につながり、頭皮環境悪化のリスクを高めます。 

    発毛対策のためには、最終的に禁煙を心がけるのが望ましいでしょう。

    しかしながら、愛煙家がいきなり禁煙をすることは、かえって精神的ストレスにつながります。

    発毛を目指すならば、まずは少しずつ減煙することを心がけましょう。

    発毛対策⑤:睡眠の質と量を確保する

    頭皮環境を整え、発毛したい人にとって、睡眠不足は大敵。

    睡眠が不足は、血行不良や新陳代謝が乱れる原因です。

    また、慢性的な睡眠不足はストレスの原因にもなりえます。

    厚生労働省は、 一日に必要な睡眠時間を6〜8時間程度としているため、平日でも6時間ほどの睡眠時間を確保するようにしましょう。

    発毛対策は「AGAの専門クリニック」で!

    効果的な発毛対策は人によって異なる

    一口に発毛対策といっても、さまざまな方法があります。

    そして、AGA治療薬の種類・シャンプーの選び方、生活習慣の改善など、効果的な発毛対策は人によって異なるのです。

    まずは記事を参考に、自身の生活習慣やヘアケアの誤りを正し、頭皮環境の正常化を目指しましょう。

    また、発毛を実感するには、治療薬を用いた方法が必要不可欠。

    薄毛が進行してしまっている場合には、クリニックを訪れ、治療薬を処方してもらいましょう。

    効果的な発毛対策のために、まずは気軽に無料カウンセリングで相談を

    AGAの専門クリニックの中には、初回無料でカウンセリングを行っているクリニックも。

    薄毛に悩み、発毛を真剣に考えている人は、まずはクリニックへ行き、自分の悩みや症状を医師に伝えてみることをおすすめします。

    専門知識のある医師に相談し、具体的な発毛対策を聞くことで、不安の解消につながり、自分にあった発毛対策を見つけられるはず。

    クリニックで話を聞いた上で、効果的な発毛対策を実践し、薄毛の悩みを解消しましょう。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    \「いきなり病院はちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加