AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
あなたの頭皮は大丈夫? 発毛促進のために頭皮環境が重要な理由 アイキャッチ画像

    2018年08月02日 更新

    あなたの頭皮は大丈夫? 発毛促進のために頭皮環境が重要な理由

    発毛の促進、脱毛の防止に最も効果的なのは、AGA治療薬による投薬治療です。しかし、頭皮環境が乱れていては、十分な発毛効果は期待できません。よりスムーズに髪の毛の成長を促進し、薄毛を予防するために頭皮環境は健康に保つべきです。
    知らず知らずのうちに、頭皮環境を乱していないか、この記事を読みながら普段の暮らしを振り返ってみましょう。
    目次
      +【発毛促進のために】まずは発毛のメカニズムを知ろう
      1. 発毛・脱毛を繰り返す「毛周期」によって、髪の毛は健康を保っている
      2. 髪の毛の成長サイクル「毛周期」
      3. 多くの薄毛・ハゲは、成長(発毛)サイクルを乱すAGAの影響
      +そもそも「発毛促進」ってどういう意味?
      1. 「発毛」とは効果が認められたAGA治療薬による投薬治療のこと
      2. 育毛とは、頭皮環境を整えることで発毛の促進をサポートすること
      +発毛を促進する効果が認められた治療薬
      1. 男性型脱毛症診療ガイドラインでは、推奨度別に発毛を促進する対策が紹介されている
      2. 男性型脱毛症診療ガイドラインにおけるAGA治療の推奨度
      3. 発毛を促進する効果が認められた治療薬①:ミノキシジル外用薬
      4. ミノキシジルが持つ発毛の促進、脱毛の防止効果
      5. 発毛を促進する効果が認められた治療薬②:フィナステリド(プロペシア)
      6. 発毛を促進する効果が認められた治療薬③:デュタステリド(ザガーロ)
      7. 発毛を促進する効果が認められた治療薬
      +発毛効果をより促進するためには?
      1. 発毛効果を促進する方法
      2. 発毛効果を促進する方法①:育毛剤(医薬部外品)を使う
      3. 育毛剤(医薬部外品)が持つ薄毛の予防・発毛のサポート効果
      4. 発毛効果を促進する方法②:正しくシャンプーをする
      5. 発毛効果を促進する方法③:頭皮に合ったシャンプーを使う
      6. シャンプーに含まれる界面活性剤
      7. 発毛効果を促進する方法④:頭皮マッサージをする
      8. 発毛効果が期待できるツボ
      +発毛効果を促進するために生活習慣を見直す
      1. 発毛効果を促進するために生活習慣を見直そう
      2. 発毛効果を促進するために生活習慣を見直す①:バランスの取れた食事をとる
      3. 発毛効果を促進するために生活習慣を見直す②:ストレスを解消する
      4. 発毛効果を促進するために生活習慣を見直す③:適度な運動をする
      5. 発毛効果を促進するために生活習慣を見直す④:十分な睡眠をとる
      6. 発毛効果を促進するために生活習慣を見直す⑤:過度な飲酒を控える
      7. 発毛効果を促進するために生活習慣を見直す⑥:タバコを控える
      +発毛促進の鍵は、AGA専門クリニックにある
      1. 発毛を促進する上で大切なのは「自分に合った対策をとること」

    【発毛促進のために】まずは発毛のメカニズムを知ろう

    人の髪の毛は一定の周期で、発毛と脱毛を繰り返しています。

    まずは、発毛のメカニズムについて知りましょう。

    発毛・脱毛を繰り返す「毛周期」によって、髪の毛は健康を保っている

    髪の毛には、「毛周期」と呼ばれる成長サイクルがあります。

    この毛周期は、発毛と脱毛を一定の周期で繰り返しており、この毛周期が正常に保たれることで髪の毛は健康に成長できるのです。

    この毛周期には、成長期・退行期・休止期という3つのセクションがあります。

    髪の毛の成長サイクル「毛周期」

    • 成長期(2〜4年)
      発毛した髪の毛が太く長く成長する時期
    • 退行期(約1ヶ月)
      髪の毛の成長が徐々に止まり始める時期
    • 休止期(約5ヶ月)
      髪の毛の成長が完全に止まり、新しい髪の毛の発毛を待つ時期

    毛周期の多くを占めているのは、発毛した髪の毛が太く長く成長する成長期

    また、髪の毛は毛母細胞と呼ばれる細胞が、細胞分裂を繰り返すことで成長します。

    この細胞分裂がスムーズに行われるためには、頭皮の毛細血管から栄養を受け取らなければなりません。

    退行期に入ると、髪の毛は毛細血管から離れるため、徐々に成長が止まります。

    そして、休止期に入った髪の毛は成長が完全に止まり、古い髪の毛が新しい髪の毛の発毛と一緒に脱毛します。

    多くの薄毛・ハゲは、成長(発毛)サイクルを乱すAGAの影響

    現在、薄毛・ハゲに悩む人は国内におよそ1,200万人いると言われており、それは成人男性の約3人に1人の割合です。

    また、薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)の影響だと言われています。

    このAGAは、前頭部や頭頂部の毛周期を乱し、薄毛を引き起こします。

    AGAを発症する原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン

    ジヒドロテストステロンは、前頭部・頭頂部の男性ホルモン受容体に働きかけ、毛周期を乱します。

    ジヒドロテストステロンによって毛周期が乱れると、髪の毛の成長期が最短100日程度まで短縮されます。

    髪の毛の成長期が短くなることで、新たに発毛した髪の毛が太く長く成長できず、髪の毛の早期脱毛を引き起こすのです。

    したがって、AGAの原因である男性ホルモンに働きかけない限り、効果的な発毛促進は期待できません。

    そもそも「発毛促進」ってどういう意味?

    より効果的に発毛を促進するためには、男性ホルモンを抑制する必要があります。

    しかし、「発毛促進」というフレーズが、具体的に何を指しているか知っていますか?

    「育毛促進」とどのように異なるのでしょうか?

    AGA+の言う「発毛促進」が何を意味するのか、見ていきましょう。

    「発毛」とは効果が認められたAGA治療薬による投薬治療のこと

    AGA+では、発毛と育毛について、明確な区別をしています。

    AGA+での発毛とは、医学的・科学的に効果が認めれた治療法により、髪の毛が生えること・発毛することを指します。

    医学的・科学的に発毛効果が認められた治療法とは、AGA治療薬による投薬治療。

    AGA+では、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」を根拠とし、発毛を促進できるのはAGA治療薬(医薬品)による投薬治療だとしています。

    育毛とは、頭皮環境を整えることで発毛の促進をサポートすること

    AGA+における育毛とは、頭皮環境を整えること

    市販されている多くの育毛剤は、医薬部外品や化粧品に分類され、主に薄毛の予防や頭皮のケア目的で開発・販売されています。

    そのため、AGA治療薬のような医薬品と比べると、期待できる発毛効果は高くありません。

    【本当の話】薄毛は薬で治せる。相談するならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    AGAヘアクリニックは、スマホのテレビ電話で無料診察してくれるので、自宅にいながら処方が受けられます。 まずは無料診察のご予約を。
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    発毛を促進する効果が認められた治療薬

    薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)の影響と言われており、効果的な発毛を実感するためには、AGA治療薬による投薬治療が必要です。

    ここでは、発毛を促進する効果が認められたAGA治療薬について見ていきましょう。

    男性型脱毛症診療ガイドラインでは、推奨度別に発毛を促進する対策が紹介されている

    発毛を促進する効果が認められたAGA治療薬について語るには、「男性型脱毛症診療ガイドライン」について説明する必要があります。

    男性型脱毛症診療ガイドラインとは、2010年に日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が共同で策定した、発毛の促進、脱毛の防止効果のあるAGA治療法がまとめられたもの。

    男性型脱毛症診療ガイドラインでは、発毛の促進・脱毛の防止効果が期待される治療法を5段階で評価しています。

    男性型脱毛症診療ガイドラインにおけるAGA治療の推奨度

    • A(行うよう強く勧められる)
    • B(行うよう勧められる)
    • C1(行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない)
    • C2(根拠がないので勧められない)
    • D:行わないよう勧められる

    男性型脱毛症診療ガイドラインで、発毛の促進、脱毛の防止に最も効果的とされたのは、ミノキシジル外用療法・フィナステリド内服療法の2つ。

    発毛を促進する効果が認められた治療薬①:ミノキシジル外用薬

    ミノキシジル外用薬は、男性型脱毛症診療ガイドラインにて、発毛の促進・脱毛の防止効果が認められたAGA治療薬の一つ。

    ミノキシジル外用の発毛効果に関して良質な根拠があるので、男性症例に対して 5%ミノキシジル外用液を外用療法の第一選択薬として、また女性症例に対して1% ミノキシジル外用液を男性型脱毛症治療の第一選択薬として強く推奨する。

    出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版) - 日本皮膚科学会

    ミノキシジルは、髪の毛の毛包に直接働きかけ、主に2つの作用から発毛の促進・脱毛の防止効果を発揮します。

    ミノキシジルが持つ発毛の促進、脱毛の防止効果

    • ミノキシジルが持つ発毛の促進、脱毛の防止効果①:休止期から成長期への移行
    • ミノキシジルが持つ発毛の促進、脱毛の防止効果②:成長期の延長

    ミノキシジルは、休止期から成長期の移行を促すことで、発毛促進効果を発揮するのです。

    先ほど説明したように、髪の毛は発毛・脱毛のサイクル「毛周期」を繰り返しています。

    ミノキシジルは、髪の毛が抜け始める休止期に入った毛包を活性化させ、発毛を促進させます。

    ミノキシジルが持つもう一つの発毛促進、脱毛防止効果は、成長期の延長です。

    ミノキシジルによって成長期が延長されると、髪の毛はより太く長く成長できます。

    また、髪の毛の毛包は、毛周期を繰り返すうちに小さくなります。

    そして、小さくなった毛包は、アポトーシス(細胞死)を経て、フケとして体外に排出されるのです。

    ミノキシジルは毛包の縮小を防ぎ、アポトーシスを抑制することでも、発毛の促進、脱毛の防止効果を発揮します。

    発毛を促進する効果が認められた治療薬②:フィナステリド(プロペシア)

    男性型脱毛症診療ガイドラインでは、AGA治療薬の内服による発毛の促進、脱毛の防止効果も報告されました。

    発毛の促進、脱毛の防止効果が認められた治療法は、フィナステリド(プロペシア)の内服療法。

    プロペシアとは、有効成分フィナステリドを含んだ先発医薬品です。

    フィナステリド内服の発毛効果に関して良質の根拠があるので、男性症例に対する内服療法の第一選択薬として強く推奨する。

    出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版) - 日本皮膚科学会

    フィナステリドは、毛周期の乱れを引き起こすジヒドロテストステロンの生成を抑制し、発毛の促進、脱毛の防止効果を発揮します。

    フィナステリド(プロペシア)が持つ発毛の促進、脱毛の防止効果について、少し詳しく見ていきましょう。

    ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼに変換されることで生成されます。

    プロペシアの有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を抑制するのです。

    発毛を促進する効果が認められた治療薬③:デュタステリド(ザガーロ)

    有効成分デュタステリドを含むザガーロも、発毛を促進、脱毛を防止する効果が認められた治療薬です。

    男性型脱毛症診療ガイドラインにザガーロの記載がないのは、ガイドライン策定後の2015年9月に厚生労働省から認可されたため。

    デュタステリド(ザガーロ)は、フィナステリドと同様に、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、発毛の促進、脱毛の防止効果を発揮します。

    また、このデュタステリドが持つAGA治療効果はフィナステリドよりも強力との説も。

    ジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼには、1型と2型があります。

    フィナステリドは、5αリダクターゼ2型に対する阻害効果を持つ一方、1型に対してはほとんど阻害効果を発揮しません。

    しかし、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、5αリダクターゼ1型の阻害効果を持ちます。

    さらに、デュタステリドが持つ5αリダクターゼ2型の阻害効果は、フィナステリドの約3倍。

    とある研究では、デュタステリドが持つ発毛促進・脱毛防止効果は、フィナステリドの約1.6倍に相当するとされています。

    【本当の話】薄毛は薬で治せる。相談するならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    AGAヘアクリニックは、スマホのテレビ電話で無料診察してくれるので、自宅にいながら処方が受けられます。 まずは無料診察のご予約を。
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    発毛を促進する効果が認められた治療薬

    • 発毛を促進する効果が認められたAGA治療薬①:ミノキシジル外用薬
    • 発毛を促進する効果が認められたAGA治療薬②:フィナステリド(プロペシア)
    • 発毛を促進する効果が認められたAGA治療薬③:デュタステリド(ザガーロ)

    発毛効果をより促進するためには?

    AGAによる薄毛は、効果が認められたAGA治療薬によって改善できます。

    しかし、髪の毛が健康を保つためには、健康な頭皮環境が必要です。

    たとえ、効果が認められたAGA治療薬を使っていても、頭皮環境が乱れていては十分な発毛促進の効果は期待できないでしょう。

    AGA治療薬の投薬治療と併せて、頭皮環境を整えることがよりスムーズに発毛を促進する上で大切です。

    発毛効果を促進する方法

    • 発毛効果を促進する方法①:育毛剤(医薬部外品)を使う
    • 発毛効果を促進する方法②:正しくシャンプーをする
    • 発毛効果を促進する方法③:頭皮に合ったシャンプーを使う
    • 発毛効果を促進する方法④:頭皮マッサージをする

    発毛効果を促進する方法①:育毛剤(医薬部外品)を使う

    市販されている多くの育毛剤は、医薬部外品・化粧品に分類されるため、治療効果を持つ成分が含まれていません。

    しかし、頭皮環境を整える効果がある育毛剤(医薬部外品)は、髪の毛のスムーズな成長、薄毛予防に役立ってくれるでしょう。

    育毛剤(医薬部外品)が持つ薄毛の予防・発毛のサポート効果

    • 頭皮の血行不良を防ぐ
    • 頭皮を清潔に保つ
    • 頭皮や髪の毛に直接栄養を与える

    頭皮の血流が悪くなれば、髪の毛に十分な栄養が届けられません。

    また、薄毛・ハゲを引き起こす脱毛症の中には、皮脂の過剰分泌による雑菌の繁殖が原因であるものがあります。

    抗菌作用を持つ成分が含まれている育毛剤(医薬部外品)を使えば、頭皮を清潔に保つことができるでしょう。

    育毛剤(医薬部外品)には、頭皮・髪の毛の健康に必要な栄養が含まれています。

    頭皮・髪の毛に直接栄養を与えることができれば、よりスムーズな栄養補給ができるでしょう。

    中でもおすすめされている育毛剤は、浸透型発毛促進剤 ナノアクションD (医薬部外品)

    ナノアクションDは、先進のナノテクノロジーによって、毛穴と頭皮へのアプローチが可能になり、有効成分をスムーズに届けることができます。


    発毛効果を促進する方法②:正しくシャンプーをする

    頭皮環境を整える上で、大切なのがシャンプーです。

    正しくシャンプーできれば、頭皮に付いた汚れや皮脂を洗い落とすことができます。

    シャンプーの中で最も重要なポイントは、シャンプーのすすぎ

    たとえ、頭皮をしっかり洗えていても、すすぎが不十分であれば、汚れや皮脂は頭皮に残ります。

    また、シャンプーの洗浄成分が頭皮に残ったままだと、その刺激によって炎症を引き起こすかもしれません。

    発毛効果を促進する方法③:頭皮に合ったシャンプーを使う

    頭皮環境を健康に保ち、薄毛・ハゲを予防するためには、自分に合ったシャンプーを使うことも大切です。

    シャンプーには、界面活性剤と呼ばれる洗浄成分が含まれており、この界面活性剤によって皮脂を落とすことができます。

    市販されているシャンプーに含まれる界面活性剤は、主に3種類。

    【本当の話】薄毛は薬で治せる。相談するならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    AGAヘアクリニックは、スマホのテレビ電話で無料診察してくれるので、自宅にいながら処方が受けられます。 まずは無料診察のご予約を。
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    シャンプーに含まれる界面活性剤

    • シャンプーに含まれる界面活性剤①:高級アルコール系
    • シャンプーに含まれる界面活性剤②:石けん系
    • シャンプーに含まれる界面活性剤③:アミノ酸系

    高級アルコール系は、洗浄力が強いため、皮脂をしっかりと落とせるという特徴があります。

    また、他の界面活性剤を含むシャンプーと比べると低価格なのも特徴の一つです。

    石けん系は、洗浄力が強いだけでなく、自然由来の成分を使っていることが多いため、比較的肌に優しいと言われています。

    頭皮の健康を保つためには、ある程度の皮脂が必要です。

    そのため、アミノ酸系の界面活性剤は、適度な皮脂を頭皮に残すために洗浄力が控えられています。

    頭皮が脂っぽいなら高級アルコール系、敏感肌なら石けん系、乾燥しやすいならアミノ酸系を使うなど、自分の頭皮に合わせたシャンプーを使いましょう。

    発毛効果を促進する方法④:頭皮マッサージをする

    頭皮環境を整えるために、頭皮マッサージをしてみませんか?

    頭皮マッサージは、頭皮の血行不良を防ぎ、血流をスムーズにできます。

    また、頭皮マッサージをする際は、発毛に効くと言われるツボを意識してみましょう。

    発毛効果が期待できるツボ

    • 発毛効果が期待できるツボ①:百会(ひゃくえ)
    • 発毛効果が期待できるツボ②:天柱(てんちゅう)
    • 発毛効果が期待できるツボ③:風池(ふうち)

    百会(ひゃくえ)は、頭頂部のへこんでいる部分にあるツボで、頭痛、肩こり、眼精疲労、自律神経を整えるのに効果的と言われています。

    天柱(てんちゅう)は、首筋のの両側にある筋肉のくぼみ部分にあるツボで、頭痛、眼精疲労、顔のむくみに効果的でしょう。

    天柱の少し外側のくぼみ部分にあるのが風池(ふうち)と言われるツボで、頭痛、肩や首のこり、鼻づまり、のぼせにいいと言われています。

    また、ツボを押すときは爪を立てず、指の腹を使いましょう。

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直す

    頭皮環境を整え、より効果的な発毛効果を実感するには、生活習慣の見直しを怠ってはいけません。

    たとえ正しいヘアケアができていても、食事や睡眠などの生活習慣が乱れていては、頭皮環境が悪化する可能性があります。

    正しい生活習慣を心がけることで、健康な頭皮環境を保ち、薄毛のリスクを少しでも減らしましょう。

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直そう

    • 発毛効果を促進するために①:バランスの取れた食事をとる
    • 発毛効果を促進するために②:ストレスを解消する
    • 発毛効果を促進するために③:適度な運動をする
    • 発毛効果を促進するために④:十分な睡眠をとる
    • 発毛効果を促進するために⑤:過度な飲酒を控える
    • 発毛効果を促進するために⑥:タバコを控える

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直す①:バランスの取れた食事をとる

    私たちは、口にした食べ物・飲み物から栄養を摂取し、健康を保ちます。

    髪の毛も例外ではありません。

    塩分の濃い食事や脂っこい食事を続けていると、血流が悪くなり、頭皮・髪の毛に必要な栄養が滞る可能性があります。

    健康な頭皮環境を保ち、薄毛・ハゲを予防するためには、バランスのとれた食事が大切です。

    発毛効果を最大化するために、とくに摂りたい栄養はタンパク質・亜鉛・ビタミン類の3つ。

    髪の毛は、ケラチンと呼ばれるタンパク質(アミノ酸)の集合体で構成されています。

    たとえ、発毛効果が認められた治療薬を使っていても、髪の毛のもととなるタンパク質が不足していれば、十分な効果は期待できないでしょう。

    そして、このケラチンへの変換を助けているのが、亜鉛です。

    亜鉛には、もともと免疫や新陳代謝を整える栄養素であるため、身体の健康を維持するためにも亜鉛が不足しないようにしましょう

    ビタミン類は、身体の機能を正常に保つために必要な栄養素。

    多くのビタミン類は、血行不良を防いだり、皮膚を健康に保ったりと、薄毛を予防する上で大切な役割を担っています。

    バランスのとれた食事を続けるのが難しいようであれば、サプリメントで足りない栄養素を補うようにしましょう。

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直す②:ストレスを解消する

    「ストレスが原因でハゲた」と言う人がいますが、ストレスはハゲの直接的な原因ではありません。

    しかし、慢性的なストレスは、自律神経・免疫機能・内分泌の乱れを引き起こします。

    自律神経の乱れは、血行不良を誘引するため、髪の毛のスムーズな成長を妨げるでしょう。

    そして、免疫機能の乱れによる自己免疫疾患は、円形脱毛症の原因として有力視されています。

    また、多くの脱毛症には性ホルモンが関わっていると言われているため、ストレスによる内分泌の乱れも薄毛・ハゲに影響を与える可能性があります。

    より効果的な発毛を実感するためには、ストレスと上手に付き合っていくことが大切でしょう。

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直す③:適度な運動をする

    生活の中に適度な運動を取り入れることも、発毛効果をよりスムーズにできるかもしれません。

    運動不足は、血行不良を引き起こす原因の一つ。

    血管は全身に張り巡らされており、筋肉が伸縮することで血管が刺激され、血行不良を防ぐことができるでしょう。

    また、適度な運動は、ストレス解消にもつながるでしょう。

    運動が不足しいると感じる人は、軽いストレッチなど無理のない範囲で、生活の中に運動を取り入れてみましょう。

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直す④:十分な睡眠をとる

    睡眠は発毛のためだけでなく、薄毛を予防する上でも大切です。

    慢性的な睡眠不足は、自律神経の乱れを引き起こすおそれがあります。

    厚生労働省が発表した健康づくりのための睡眠指針2014では、一日に必要な睡眠時間を6〜8時間程度としています。

    適切な睡眠時間には個人差があるものの、最低6時間は睡眠をとるようにしましょう。

    また、睡眠の質にも注意が必要です。

    部屋が明るいままで寝てしまうと、睡眠が浅くなりやすいと言われています。

    発毛効果を促進するためにも、薄毛を予防するためにも、質の高い睡眠を十分にとりましょう。

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直す⑤:過度な飲酒を控える

    アルコールには血管拡張作用があるため、適度な飲酒であれば、血行不良を防ぎ、髪の毛や頭皮に栄養が届きやすくなるかもしれません。

    しかし、お酒の飲み過ぎには注意が必要です。

    アルコールの代謝時に発生するアセトアルデヒドは、睡眠障害を引き起こす原因の一つ。

    また、アルコールの代謝には大量の栄養が必要であるため、髪の毛や頭皮に必要な栄養が不足するおそれもあるでしょう。

    厚生労働省が示した節度ある適度な飲酒は、1日あたり純アルコールで約20g程度。

    適度な飲酒量は人によって異なることに注意し、お酒と上手に付き合うことも大切です。

    発毛効果を促進するために生活習慣を見直す⑥:タバコを控える

    喫煙をすると、血管の収縮作用によって血流が悪くなります。

    血流が悪くなると、頭皮や髪の毛に十分な栄養が運ばれなくなり、髪の毛の成長に悪影響を与えるおそれがあるでしょう。

    さらに、喫煙者は、非喫煙者より多くのビタミンCを消費し、血行不良を助長します。

    発毛効果を促進するためにも健康のためにも、避けたい喫煙習慣ですが、タバコには強い依存性があります。

    そのため、愛煙家にとっての無理な禁煙は、ストレスの原因になるでしょう。

    薄毛を予防するためにも、無理のない範囲で減煙を始めてみませんか?

    【本当の話】薄毛は薬で治せる。相談するならAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    AGAヘアクリニックは、スマホのテレビ電話で無料診察してくれるので、自宅にいながら処方が受けられます。 まずは無料診察のご予約を。
    Sponsored by AGAヘアクリニック


    発毛促進の鍵は、AGA専門クリニックにある

    AGA専門クリニックでは、効果が認められたAGA治療薬の処方をはじめ、一人ひとりに合った発毛治療を行っています。

    より効果的に発毛を促進するためには、AGA専門クリニックへ行くことをおすすめします。

    発毛を促進する上で大切なのは「自分に合った対策をとること」

    薄毛の多くは、男性ホルモンが原因のAGAによる影響と言われています。

    しかし、AGA以外の脱毛症である可能性もあります。

    「抜け毛が増えた」「頭頂部が薄くなった」といった症状だけで、薄毛の原因を特定することは不可能でしょう。

    より効果的に発毛を促進するためには、自分に合った薄毛対策をとることが大切です。

    AGA専門クリニックには、薄毛担当の医師が必ず在籍しており、薄毛の原因・症状に合った対策を提案しています。

    また、発毛の促進効果が認められているのは、AGA治療薬による投薬治療。

    AGA治療薬は医薬品であるため、人や体調によっては副作用が現れることがあります。

    より効果的な発毛を実感するためには、薄毛の症状や原因だけでなく、選択するAGA治療薬に報告された副作用についての知識も必要でしょう。

    AGA専門クリニックでは、薄毛や発毛に関するカウンセリングを基本無料で行っています。

    無料カウンセリングでは、薄毛治療に関する内容だけでなく、「どの育毛剤を購入すればいいか」「生活習慣をどのように改善すればよいか」なども、相談することができます。

    より効果的に薄毛を予防し、発毛を促進するためにも、AGA専門クリニックに行ってみてはいかがでしょうか?


    AGAクリニック人気ランキング

    AGAクリニックランキング

    AGA+読者に選ばれたAGAクリニックの人気ランキングを紹介します!
    ※ 人気=予約件数

    1位:AGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック

    テレビCMで話題の「ヘアクリ」ことAGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニックは、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリングを無料で行っているため、全国どこからでも、医師に直接相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることも可能です。

    2位:AGAINメディカルクリニック

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です。

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    3位:ウィルAGAクリニック

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、費用面のサポートも行っているウィルAGAクリニック

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    カウンセリングは無料、メールからいつでも予約可能です!



    >>毛髪診断士によるクリニックレビューはこちら<<

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー