AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い アイキャッチ画像

    2018年08月26日 更新

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い

    多くの育毛サプリにノコギリヤシエキスが含まれていますが、ノコギリヤシだけで薄毛の改善はできないという意見も。ノコギリヤシに期待されている育毛効果とAGA治療薬との違いについてわかりやすく解説します。
    目次
      +育毛・発毛効果が期待されている天然成分「ノコギリヤシエキス」って?
      1. 育毛・発毛効果が期待されるノコギリヤシは、古くから民間薬として使われてきた
      2. 育毛・発毛効果が期待されるノコギリヤシは、日本国内では医薬品として認可されていない
      3. ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果
      +ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛効果って?
      1. ノコギリヤシに期待される育毛・発毛効果は、5αリダクターゼの阻害効果によるもの
      2. ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果
      3. ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果
      +ノコギリヤシとプロペシア、育毛・発毛効果が強いのはどっち?
      1. ノコギリヤシに育毛・発毛効果は認められていない
      2. ノコギリヤシと前立腺肥大症の研究(2011年)
      3. ノコギリヤシと前立腺肥大症の研究(2006年)
      4. プロペシアは薄毛の治療効果が認められた発毛剤(医薬品)
      +育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点
      1. 育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点
      2. 育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点①:ノコギリヤシは薄毛の治療効果が認められていない
      3. 育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点②:妊娠・授乳中の女性はノコギリヤシの使用を避けたほうがよい
      +育毛・発毛を目指す方法は、ノコギリヤシ以外にもある
      1. ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート
      2. ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート①:バランスのよい食事をとる
      3. ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート②:ストレスを解消する
      4. ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート③:十分な睡眠をとる
      5. ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート④:適度な運動をする
      6. ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート⑤:飲酒を控える
      7. ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート⑥:喫煙を控える
      +ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素
      1. ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素
      2. ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素①:亜鉛
      3. ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素②:アミノ酸
      4. ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素③:ビタミン類
      5. ビタミン類の育毛効果
      6. ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素②:大豆イソフラボン
      +ノコギリヤシの育毛・発毛効果は信ぴょう性が薄い…… より確実な発毛・育毛を目指すならクリニックへ!
      1. 発毛・育毛するためには、クリニックでの相談が近道

    育毛・発毛効果が期待されている天然成分「ノコギリヤシエキス」って?

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い 1番目の画像

    多くの育毛サプリメントに含まれている天然成分「ノコギリヤシ」

    ノコギリヤシは、北米に多く生息しているヤシ科のハーブの一種です。

    ノコギリ状の大きな葉を持つため、ノコギリヤシと名付けられました。

    実は、このノコギリヤシが育毛・発毛に効果があるの可能性があるとして、注目されているのです。

    育毛・発毛効果が期待されているノコギリヤシとは、どんな成分なのでしょうか。

    育毛・発毛効果が期待されるノコギリヤシは、古くから民間薬として使われてきた

    ノコギリヤシエキスは、古来、北米の先住民の民間薬として広く使われていた天然成分。

    中国で「棕櫚子(しゅろし)」と呼ばれていたノコギリヤシには、古くから漢方薬として使用されてきた歴史もあるようです。

    その後、1950年頃には、ノコギリヤシに男性の滋養強壮・利尿・鎮静効果が期待されるようになり、より多くの人に使われるようになりました。

    そして、1990年頃には、ノコギリヤシに「前立腺肥大症に特異的な効き目がある」という研究結果が報告され、ノコギリヤシは医薬品としても注目を浴びます。

    そして現在、ノコギリヤシは「前立腺肥大症に効き目があるのであれば、同じ男性ホルモンが原因となるAGA(男性型脱毛症)にも治療効果があるのでは?」と考えられ、研究が行われているのです。

    育毛・発毛効果が期待されるノコギリヤシは、日本国内では医薬品として認可されていない

    薄毛の予防やハゲの治療を考えている人の中には、「ノコギリヤシには育毛・発毛効果がある」と期待している人もいるでしょう。

    しかし、育毛・発毛効果が期待されているノコギリヤシは、日本国内で医薬品として認可されていません。

    一部のヨーロッパ諸国では、ノコギリヤシが医薬品として認可されていますが、これはあくまで「前立腺肥大症の治療薬」として期待されているため。

    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果

    • ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果①:前立腺肥大症の予防・改善効果
    • ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果②:前立腺炎を抑制する効果
    • ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果③:排尿障害を改善する効果

    今のところ、ノコギリヤシの育毛・発毛効果を医学的に認めている国はありません。

    ノコギリヤシは、育毛サプリメントなどに含まれ、日本国内では食品の一種として扱われています。

    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛効果って?

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い 2番目の画像

    古くから民間薬として使われてきたノコギリヤシは、前立腺肥大症の予防や育毛・発毛に効果がある成分として期待されています。

    これは、ノコギリヤシに5αリダクターゼ阻害効果があると考えられているためです。

    ノコギリヤシに期待される育毛・発毛効果は、5αリダクターゼの阻害効果によるもの

    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛効果を理解するためには、5αリダクターゼの作用について説明する必要があります。

    5αリダクターゼは、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を構成する還元酵素。

    このジヒドロテストステロンは、同じ男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼと結合することで生成されます。

    ノコギリヤシには、この5αリダクターゼの阻害効果があると考えられたため、「AGAの治療効果があるのでは?」と話題になっているのです。

    もし、ノコギリヤシに5αリダクターゼの阻害効果があるとすれば、ノコギリヤシの摂取によってAGAを治療し、育毛・発毛効果が期待できるでしょう。

    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果

    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果は、主に以下の3つ。

    薄毛の疑問は無料で聞ける!長濱ねるさんのCMで話題のAGAヘアクリニック

    ヘアクリ!長濱ねるのCMで話題AGAヘアクリニックの評判や口コミ、料金、悪い評判もあるか徹底調査しました!


    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果

    • ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果①:前立腺肥大症の予防・改善効果
    • ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果②:前立腺炎を抑制する効果
    • ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛“以外”の効果③:排尿障害を改善する効果

    とくに、前立腺肥大症は、ジヒドロテストステロンの過剰作用が原因と言われています。

    ノコギリヤシによって5αリダクターゼを阻害できれば、前立腺肥大症の予防・改善効果が期待できるでしょう。

    ノコギリヤシとプロペシア、育毛・発毛効果が強いのはどっち?

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い 3番目の画像

    薄毛・抜け毛の対策を考えている人の中には、プロペシアという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

    プロペシアは、フィナステリドを有効成分として含んだ発毛医薬品(AGA治療薬)。

    育毛・発毛効果が期待されているノコギリヤシと、AGA治療薬であるプロペシアでは、どちらが薄毛・抜け毛に対して効果的なのでしょうか?

    ノコギリヤシに育毛・発毛効果は認められていない

    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛効果の根拠は、AGAの原因物質を生成する5αリダクターゼを阻害するというもの。

    本当に、ノコギリヤシに5αリダクターゼ阻害効果があるのであれば、AGAだけでなく、ジヒドロテストステロンが原因となる前立腺肥大症にも治療効果を発揮するはずです。

    しかし、2011年にアメリカ国立補完統合衛生センター(NCCIH)が行った試験では、「ノコギリヤシと前立腺肥大症(BPH)に関連する泌尿器症状は軽減されなかった」と報告されています。

    ノコギリヤシと前立腺肥大症の研究(2011年)

    • 被験者:高齢男性369人
    • 実験内容:被験者に1年半の間毎日ノコギリヤシ320mg、またはプラセボ(偽薬)を投与
    • 実験結果:ノコギリヤシは前立腺肥大症に関連する泌尿器症状に対して、プラセボと同等の効果しか見られなかった
    このノコギリヤシと前立腺肥大症の研究では、ノコギリヤシ抽出物を最大で標準日用量の3倍(320mg)投与しても、プラセボ(偽薬)と同等の治療効果しかなかったと報告されています。


    また、2006年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)が助成した研究でも、ノコギリヤシが前立腺肥大症の治療薬にならないと報告されています。

    ノコギリヤシと前立腺肥大症の研究(2006年)

    • 被験者:中等度から重度の前立腺肥大症を有する男性225人
    • 実験内容:被験者に1年間毎日ノコギリヤシ320mg、またはプラセボを投与
    • 実験結果:ノコギリヤシ・プラセボのどちらも前立腺肥大症の改善は認められなかった

    2006年の研究でも、ノコギリヤシが前立腺肥大症に対して治療効果を持っていないことが明らかになっています。

    このように、ノコギリヤシに期待されていた育毛・発毛効果の根拠である「5αリダクターゼの阻害効果」は認められていません。

    プロペシアは薄毛の治療効果が認められた発毛剤(医薬品)

    一方、プロペシアとは、有効成分フィナステリドを含んだ発毛医薬品。

    5αリダクターゼ阻害薬として使われてきた医薬品成分フィナステリドには、医学的・科学的に認められた薄毛治療効果があります。

    医薬品成分フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬として使われていました。

    そして2010年、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会によって策定された男性型脱毛症診療ガイドラインでは、フィナステリドの薄毛・抜け毛治療効果が認められています。

    フィナステリド内服の発毛効果に関して良質の根拠があるので、男性症例に対する内服療法の第一選択薬として強く推奨する。他方、更年期以後の女性に無効である事実と胎児への副作用を勘案すると、女性症例に対して使用しないよう勧告する。

    出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版) - 日本皮膚科学会

    医薬品成分フィナステリドは、5αリダクターゼ阻害効果によって、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制し、薄毛・抜け毛を治療します。

    また、フィナステリドは医薬品成分であるため、体質や体調によっては、副作用が現れる可能性があることもあるので注意しましょう。

    フィナステリドを有効成分とするプロペシアの臨床試験で報告された副作用は、主に男性機能に関するもの。

    重篤な副作用として肝機能障害が報告されていますが、この肝機能障害は医薬品成分が肝臓で代謝されるためであり、プロペシアに限ったものではありません。

    薄毛の疑問は無料で聞ける!長濱ねるさんのCMで話題のAGAヘアクリニック

    ヘアクリ!長濱ねるのCMで話題AGAヘアクリニックの評判や口コミ、料金、悪い評判もあるか徹底調査しました!


    育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い 4番目の画像

    「育毛・発毛効果が認められていないとしても、ノコギリヤシを試してみたい」という人もいるかもしれません。

    育毛・発毛効果が期待されているノコギリヤシは、手軽に摂取できて、忍容性が高く、女性も服用できるという大きなメリットがあります。

    しかし、発毛・育毛対策としてノコギリヤシを用いる場合には、覚えておきたい注意点も存在します。

    育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点

    • 育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点①:ノコギリヤシには薄毛の治療効果が認められていない
    • 育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点②:妊娠中の女性はノコギリヤシの使用を避けたほうがよい

    育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点①:ノコギリヤシは薄毛の治療効果が認められていない

    何度も言うようですが、日本国内において、ノコギリヤシは医薬品ではなく食品として扱われています。

    副作用の危険が少ないと言われていますが、AGA治療薬のような薄毛の改善効果は期待できません。

    すでに薄毛や抜け毛の症状がみられる人は、ノコギリヤシではなく、AGA治療薬を使用しましょう。

    育毛・発毛対策として、ノコギリヤシを試す場合の注意点②:妊娠・授乳中の女性はノコギリヤシの使用を避けたほうがよい

    ノコギリヤシに期待されている育毛・発毛効果は、5αリダクターゼ阻害効果によるジヒドロテストステロンの生成を抑制すること。

    このジヒドロテストステロンは、胎児の性機能発達に関わる重要なホルモンです。

    5αリダクターゼ阻害効果が存在するかも未だ認められていないノコギリヤシですが、もしノコギリヤシに5αリダクターゼ阻害効果が存在した場合、妊娠・授乳中の女性が摂取することで、胎児や乳児の性機能に悪影響が出るかもしれません。

    忍容性が高いノコギリヤシですが、妊娠中・授乳中の女性は医師に相談した上で、慎重にノコギリヤシを摂取するようにしましょう。

    育毛・発毛を目指す方法は、ノコギリヤシ以外にもある

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い 5番目の画像

    正しく育毛・発毛をサポートするためには、生活習慣を見直し、頭皮環境を整える必要があります。

    ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート

    • ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート①:バランスのよい食事をとる
    • ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート②:ストレスを解消する
    • ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート③:十分な睡眠をとる
    • ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート④:適度な運動をする
    • ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート⑤:飲酒を控える
    • ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート⑥:喫煙を控える

    ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート①:バランスのよい食事をとる

    私たちの身体は、主に食べ物・飲み物から栄養を取り入れることによって、健康を保っています。

    もちろん、頭皮も例外ではありません。

    頭皮環境を整え、育毛を行うためには、食生活の見直しが重要です。

    とくに、脂っこい食事が多いという人は要注意。

    脂質の摂りすぎは、血行不良や皮脂の過剰分泌など、頭皮環境の悪化を引き起こすおそれがあります。

    育毛にいいとされている栄養素については、記事の後半にまとめてあるので、是非参考にしてみてください。

    ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート②:ストレスを解消する

    しばしば、ストレスがハゲの原因と言われることがありますが、これは誤り。

    ストレスは、ハゲ・薄毛の直接的な原因ではありません。

    しかし、育毛を行う上で、ストレスを解消することは重要です。

    慢性的なストレスは、自律神経の乱れや免疫力の低下、血行不良を引き起こす可能性があります。

    ストレスの感じ方は人それぞれであるため、自分に合ったストレス解消法を見つけることが育毛対策の一つでしょう。

    ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート③:十分な睡眠をとる

    睡眠のとり方も、育毛・発毛のサポートをする上で大切です。

    慢性的な睡眠不足は、ストレスの原因であり、自律神経の乱れを引き起こすかもしれません。

    厚生労働省は、一日に必要な睡眠時間を6〜8時間程度としているため、最低6時間は睡眠をとるようにしましょう。

    そして、睡眠の質にも注意が必要です。

    部屋が明るいままで寝てしまうと、睡眠が浅くなりやすいと言われています。

    また、スマートフォンやLED照明に含まれているブルーライトには、睡眠を浅くする作用があると考えられています。

    就寝前は部屋を暗くし、ブルーライトを見ないようにするなどの工夫をしましょう。

    育毛・発毛効果を促進するためにも、薄毛を予防するためにも、質の高い睡眠を十分にとることが大切です。

    ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート④:適度な運動をする

    「最近、運動不足だな……」と感じていませんか?

    運動不足は、血行不良や皮脂の過剰分泌を引き起こす要因の一つ。

    頭皮環境を整える育毛対策のために、適度な運動を生活の中に取り入れてみましょう。

    筋肉の伸縮によって血管が刺激されれば、血行不良を防ぐことができます。

    また、運動によって汗をかけば、ストレス発散にもなるかもしれません。

    ちょっとしたストレッチや、ウォーキングを心がけることも育毛・発毛につながります。

    ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート⑤:飲酒を控える

    お酒の飲み方を見直すことも、育毛・発毛の上で大切です。

    アルコールには、血管拡張作用があるため、適度な飲酒であれば血行不良を防いでくれるでしょう。

    しかし、お酒の飲み過ぎは育毛・発毛の敵。

    アルコールの代謝時に発生するアセトアルデヒドは、睡眠障害を引き起こす原因です。

    また、アルコールの代謝には亜鉛などの栄養が大量に消費されるため、髪の毛・頭皮に必要な栄養が不足するおそれがあります。

    厚生労働省による節度ある適度な飲酒は、1日平均純アルコールで約20g程度

    人や体調によって適量は異なりますが、頭皮環境を整え、効率よく育毛を行うためにも、お酒は適量を守って楽しみましょう。

    ノコギリヤシ“以外”でできる育毛・発毛のサポート⑥:喫煙を控える

    喫煙による血管の収縮作用は、血行不良の原因です。

    頭皮の血流が悪くなれば、髪の毛に必要な栄養が不足するおそれがあります。

    また、タバコを吸っている人は非喫煙者と比べ、ビタミンを多く消費します。

    育毛・発毛のためにも、健康のためにも止めたい喫煙習慣ですが、タバコは強い依存性があることで有名。

    育毛・発毛のためといっても、ヘビースモーカーの人がいきなり禁煙を始めると、強いストレスを感じるおそれもあります。

    タバコを吸っている人は、無理のない範囲で減煙を始めてみましょう。

    薄毛の疑問は無料で聞ける!長濱ねるさんのCMで話題のAGAヘアクリニック

    ヘアクリ!長濱ねるのCMで話題AGAヘアクリニックの評判や口コミ、料金、悪い評判もあるか徹底調査しました!


    ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い 6番目の画像

    育毛にいいと言われている栄養素は、ノコギリヤシだけではありません。

    育毛サプリメントの多くには、ノコギリヤシのほかに、亜鉛やアミノ酸、ビタミン類、大豆イソフラボンなどが含まれています。

    ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素

    • ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素①:亜鉛
    • ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素②:アミノ酸
    • ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素③:ビタミン類
    • ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素④:大豆イソフラボン

    ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素①:亜鉛

    皮膚や粘膜の状態を正常に保つ働きがある亜鉛。

    ミネラルの一つである亜鉛が、育毛・発毛のサポートになることを知っていますか?

    亜鉛には、髪の毛を作るタンパク質の合成を助ける働きがあります。

    そのため、太く健康な髪の毛を作り、育毛・発毛をサポートするためには、亜鉛の摂取が大切なのです。

    近年では、偏食や過度なダイエットによって亜鉛が不足する人が多いようです。

    食品添加物は亜鉛の吸収を阻害するため、加工食品やレトルト食品ばかり食べている人は、亜鉛不足に注意しましょう。

    また、亜鉛の過剰摂取にも注意が必要です。

    亜鉛は毒性が低いと言われていますが、亜鉛の過剰摂取は、急性線中毒による胃障害、めまい、吐き気などの副作用が現れる可能性があります。

    厚生労働省による亜鉛の必要摂取量は、一日あたり成人男性で11mg、成人女性で8mgとしています。

    もし、亜鉛が足りないと感じる人は育毛サプリメントなどを使って、亜鉛を補うようにしましょう。

    ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素②:アミノ酸

    髪の毛の主成分「ケラチン」は、 18種類のアミノ酸の結合により生成されています。

    そのため、育毛のためには、アミノ酸の摂取が大切です。

    とくに、「シスチン」というアミノ酸は、髪に一番多く含まれるアミノ酸。

    シスチンは、抜けにくくハリがあり、若々しい髪を作る上で欠かせない成分です。

    もちろん、シスチンだけを摂取すればいいというわけではなく、18種類全てのアミノ酸が髪の生成においては重要です。

    ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素③:ビタミン類

    育毛のためにはビタミン類の摂取も欠かせません。

    ビタミン類は、頭皮環境の改善を促してくれる栄養素。

    とくに、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCは頭皮環境を健康に保つ上で、重要な栄養素です。

    ビタミン類の育毛効果

    • ビタミンA:頭皮の新陳代謝を促進。乾燥予防にもなる
    • ビタミンB群:頭皮の代謝や血行をよくする
    • ビタミンC:抗酸化作用があり、毛母細胞や頭皮の老化を防ぐ

    ノコギリヤシ以外の、育毛効果を持つ栄養素②:大豆イソフラボン

    大豆イソフラボンも、育毛によいと言われている栄養素の一つ。

    大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つエストロゲンと似た化学構造をしており、男性ホルモンの働きを抑える作用があるのです。

    大豆イソフラボンの摂取による副作用は報告されていませんが、過剰摂取は体調不良を招く危険性があるので、育毛・発毛のためとはいえ、一日の摂取量には気をつけましょう。

    ノコギリヤシの育毛・発毛効果は信ぴょう性が薄い…… より確実な発毛・育毛を目指すならクリニックへ!

    ノコギリヤシで薄毛予防ができるって本当? ノコギリヤシの育毛効果&AGA治療薬との違い 7番目の画像

    ノコギリヤシには、AGA治療薬のような薄毛治療効果は認められていません。

    すでに薄毛に悩んでいる人は、ノコギリヤシの摂取ではなく、クリニックでの治療によって、より確実な発毛・育毛を目指しましょう。

    発毛・育毛するためには、クリニックでの相談が近道

    AGA専門クリニックでは、ノコギリヤシの摂取のような、科学的根拠がない発毛・育毛対策ではなく、研究によって治療効果が証明された医薬品による治療を受けることができます。

    効果的な育毛・発毛とは、その人に合った対策をとること。

    AGA専門クリニックでは、丁寧なカウンセリングのもと、その人の体質・症状に合った治療を行うことができます。

    AGA専門クリニックの、育毛・発毛に関するカウンセリングは基本無料で行われています。

    薄毛が気になり、本気で「発毛・育毛をしたい!」と考えているのであれば、一度AGA専門クリニックに相談へ行ってみてはいかがでしょうか?

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「ヘアクリ」

    ヘアクリ(AGAヘアクリニック)

    欅坂46長濱ねるさんが出演するテレビCMで話題の『ヘアクリ』ことAGAヘアクリニックは、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    サッカー日本代表 長友佑都とヘアクリ院長が語るAGA治療本当の話

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    AGAINメディカルクリニック

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー