AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年08月02日 更新

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策

    「きちんとシャンプーしているはずなのにフケが止まらない」という人はいませんか? フケは清潔感を損ない、印象を悪くします。今回は、そんなフケの原因と対策を紹介します!
    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 1番目の画像

    フケが止まらない原因は?

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 2番目の画像

    フケは頭皮のターンオーバーによって発生する

    フケは、頭皮のターンオーバー(新陳代謝)によって発生します。

    ターンオーバーによって皮膚が生まれ変わるときに発生する角質がフケの原因です。

    ターンオーバーを繰り返している頭皮にとって、フケが発生するのは当たり前のこと。

    しかし、本来なら小さくて気にならないはずの角質が、頭皮環境の悪化によって大きな塊となり目立つようになってしまうことも。

    では、なぜ頭皮環境は悪化してしまうのでしょうか。

    ここからは、具体的な「フケが発生する原因」について見ていきましょう。

    フケが止まらない原因①誤ったヘアケア

    爪を立ててゴシゴシと洗髪している、シャンプーのすすぎ残しがある、ドライヤーを頭皮に近づけすぎている……。

    普段から行っている間違ったヘアケアが、フケの原因となる場合があります。

    フケが止まらない原因②食生活

    から揚げやポテトチップス、背脂たっぷりのラーメン。

    脂っぽく、塩分が多いとわかっていてもついつい食べてしまいますよね。

    適度な量なら問題ないのですが、毎日のように偏った食生活をを続けていると、栄養バランスは当然悪くなってしまいます。

    この栄養バランスの偏りが、フケや頭皮環境の悪化を促す原因になるおそれがあります。

    とくに、脂っぽい食事は皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

    フケが止まらない原因③睡眠不足

    睡眠不足はストレスの原因。

    ストレスを感じると、交感神経の働きが活発となり、血管が収縮し血行が悪くなります。

    血行が悪くなると、新陳代謝も悪くなり、頭皮が乾燥してしまう原因につながることも……。

    また、ストレスはホルモンバランスを壊す一因。

    ホルモンバランスの乱れは皮脂の過剰分泌を引き起こし、止まらないフケを引き起こします。

    ● 毛髪診断士コメント

    フケは頭皮の新陳代謝によって発生します。
    普段は目に見えないほどの大きさですが、この代謝のリズムが崩れると、目に見えるほどの大きさのフケが発生してしまいます。

    フケには「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類ある

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 3番目の画像

    フケの種類①「乾性フケ」

    乾性フケは頭を掻いたときにパラパラと落ちてくるような、乾燥したタイプのフケです。

    この乾性フケの正体は、角質の塊。

    頭皮が乾燥すると、頭皮の免疫力低下によってターンオーバーのサイクルが早まり、未熟な角質が塊となってごっそり剥がれます。

    乾性フケを対策する上では、頭皮の乾燥を防ぐことが大切だと言えるでしょう。

    フケの種類②「脂性フケ」

    ベトベトしていて、頭を搔くと爪の間に詰まっているタイプのフケは、脂性フケ。

    脂性フケは、皮脂の量が多い人によく見られます。

    皮脂の分泌量が増えると、頭皮の常在菌である「マラセチア菌」が異常繁殖し、ベタベタとしたフケを発生させます。

    脂性フケの改善には、皮脂が溜まりにく頭皮環境を作ることと、マラセチア菌が繁殖しないように頭皮を清潔に保つことが大切です。

    ● 毛髪診断士コメント

    「フケ」といっても、乾性と脂性の2つの種類があり、それぞれ原因が異なります。


    Sponsored Link
     

    止まらないフケは「脂漏性皮膚炎」かも?

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 4番目の画像

    止まらないフケは「脂漏性皮膚炎」の可能性があります。

    これから紹介する症状に当てはまると思った人は、皮膚科の受診をおすすめします。

    脂漏性皮膚炎とは

    脂漏性皮膚炎とは、皮脂が過剰分泌されてしまい、その皮脂を分解する成分が原因で起こる皮膚炎のことです。

    とくに、皮脂の分泌が多い鼻や頭皮などを中心に起こります。

    炎症を起こして地肌が赤くなり、かゆみが出るのが脂漏性皮膚炎の主な症状です。

    頭皮に症状が起こると、止まらないフケの症状を悪化させてしまいます。

    脂漏性皮膚炎の原因

    脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂の過剰分泌によるマラセチア菌の繁殖と言われています。

    健康的な頭皮を保つためにはある程度の皮脂が必要ですが、皮脂が過剰に分泌されると、マラセチア菌が繁殖してしまいます。

    脂漏性皮膚炎を防ぐのであれば、菌が繁殖しにくい頭皮環境を作ることが大切です。

    乾性フケの人も注意が必要

    ここまで、脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌によって起こると説明してきました。

    しかし、脂漏性皮膚炎は、頭皮が乾燥している人や乾性フケの人も注意が必要です。

    マラセチア菌や真菌は誰の皮膚にもいる常在菌で、普段は悪影響をもたらす菌ではありません。

    しかし、乾燥や寒さで肌が刺激されると皮脂が過剰分泌され、皮脂を栄養とするマラセチア菌や真菌が増殖すると言われています。

    このような理由から、脂性フケの人だけでなく、乾性フケの人も気をつけなければなりません!

    ● 毛髪診断士コメント

    健康な頭皮を保つためには、ある程度の皮脂量が必要です。
    そのため、頭皮が乾燥していると、皮膚を保護するために皮脂が多く分泌されるようになります。

    フケが止まらないときの対策① シャンプーの仕方に気をつけてみる

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 5番目の画像

    「丁寧なシャンプーを心がけているのにフケが止まらない」という人もいるのではないでしょうか。

    頭皮環境を改善するには、シャンプーの仕方にもいくつかのポイントがあります。

    ここで紹介するポイントは3つ。

    • フケ予防のシャンプー方法①:ゴシゴシしすぎない
    • フケ予防のシャンプー方法②:すすぎ残しが無いよう、しっかりすすぐ
    • フケ予防のシャンプー方法③:シャンプー後はしっかりと乾かす

    自分が行っているシャンプーと比べていかがでしょうか。

    爪を立てて洗っていたり、お風呂あがりに髪を乾かさず寝ているなど、思い当たることはありませんか?

    何気ない日々の習慣が、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌、マラセチア菌の繁殖につながり、止まらないフケを招いているのです。

    ● 毛髪診断士コメント

    頭皮環境を整えるためには、正しくシャンプーすることが大切です。
    毎日行う何気ないケアだからこそ、正しいやり方を覚えて起きましょう。


    Sponsored Link
     

    フケが止まらないときの対策② シャンプーの見直し

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 6番目の画像

    自分に合ったシャンプー選びはフケ対策の第一歩。

    含まれている成分によって、髪の毛や頭皮によい影響を与えるものもあれば、逆効果なものもあります。

    ここではフケの症状別に3つの種類のシャンプーを紹介します。

    アミノ酸系シャンプー

    フケを止めるには頭皮環境を改善させなくてはなりません。

    一般的に頭皮環境を整えるために有効とされているのは「アミノ酸系シャンプー」。

    アミノ酸系シャンプーは天然由来の界面活性剤が使用されています。

    頭皮や髪への刺激が少なく皮脂を落としすぎないため、頭皮の乾燥を予防してくれます。

    とくに乾性フケの人におすすめのシャンプーです!

    高級系アルコール系シャンプーと比べるとやや値が張るものが多いですが、フケが止まらない人は一度試してみるといいでしょう。

    高級系アルコール系シャンプー

    「高級系」と名前が付いていますが、価格が高いわけではありません。

    むしろ、安価なものが多く、スーパーやドラックストアに陳列されているシャンプーの大半を占めています。

    高級系アルコール系シャンプーは石油系の界面活性剤を使用しており、泡立ちがよく洗浄力も高いとされていますが、必要な皮脂まで洗い流してしまうので頭皮を乾燥させてしまうおそれも。

    したがって、高級系アルコール系シャンプーの使用は、乾性フケの人にはお勧めできません!

    一方、皮脂が多かったりすでに脂性フケの症状が出ている人は、高級アルコール系シャンプーの洗浄力がないと頭皮を清潔に保てないこともあります。

    脂性フケの人は、洗浄力の高いシャンプーの使用が止まらないフケの改善に繋がる場合もあるでしょう。

    石鹸系シャンプー

    石鹸シャンプー無添加の天然由来の界面活性剤を使用しています。

    また、高級アルコール系と同じように洗浄力が強いので、皮脂をや毛穴の汚れをしっかり落としてくれます。

    石鹸系シャンプーは自然由来の成分を使っているため、比較的肌にやさしいと言われています。

    ただし、乾性フケの人にはお勧めできません。

    石鹸は肌の弱酸性とは逆のアルカリ性なので、皮膚の乾燥が悪化し、止まらないフケを助長する可能性があります。

    石鹸系シャンプーは、洗浄力が高いので、脂性フケの人にはお勧めです!

    しかし、石鹸系シャンプーは残った石鹸カスが残ってしまうことがあるので、しっかりすすいで石鹸カスを落としきることを意識しましょう。

    複数のシャンプーを紹介しましたが、フケの症状は人それぞれなので「自分の症状に合ったシャンプー選び」を心がけるようにしてください。

    ● 毛髪診断士コメント

    自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことも、頭皮環境を整える上で大切です。

    フケが止まらない時の対策③乾性フケには湯シャンもおすすめ

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 7番目の画像

    頭皮が乾燥している人や、乾性フケの症状が現れている人には、湯シャンもおすすめです。

    湯シャンは間違った方法で行うと、フケの症状を悪化させてしまうことも……。

    以下で、湯シャンの効果と正しい湯シャンの方法を見ていきましょう。

    湯シャンの効果

    湯シャンは余計な皮脂を洗い流し、頭皮を守るために必要な「皮脂膜」を残します。

    「皮脂膜」は、頭皮を乾燥から守り、頭皮が健康な状態を保つために必要な保護膜です。

    余分な皮脂だけ取り除く湯シャンは、止まらない乾性フケに効果が期待できるでしょう。

    乾性フケは、皮膚の乾燥が主な原因。

    冬の時期はとくに乾燥がひどくなるので、フケ対策として湯シャンを行ってみるのもいいでしょう!

    湯シャンの方法

    湯シャンは間違った方法で行うと、毛穴を詰まらせてしまったり、余分な脂が残ってしまったり、頭皮環境の悪化やフケの増加につながってしまう可能性があります。

    ここでは、正しい湯シャンのポイントを紹介します。


    Sponsored Link
     

    フケを抑える正しい湯シャンのポイント

    • フケを抑える正しい湯シャン①:湯シャン前にしっかりブラッシング
    • フケを抑える正しい湯シャン②:ぬるま湯が適温
    • フケを抑える正しい湯シャン③:指で洗わず、シリコンブラシで洗うのがおすすめ
    • フケを抑える正しい湯シャン④:しっかり乾かす


    脂性フケの人に湯シャンがお勧めできない理由

    脂性フケの人には、余分な皮脂が残ってしまう可能性があるので湯シャンはお勧めできません。

    脂性フケの人、頭皮がオイリーと感じる人は皮脂の分泌が活発な可能性があります。

    皮脂の分泌が活発だと、洗い流すべき皮脂が溜まり、残った皮脂によりフケが止まらなくなってしまうおそれも。

    また、マラセチア菌が繁殖しやすくなり、かゆみや炎症、脂漏性皮膚炎の原因になる可能性があるため、湯シャンは自分の頭皮環境を確認してから行なうようにしましょう。

    フケが止まらないときの対策をおさらい!

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 8番目の画像

    フケの症状を抑えるには、まず頭皮環境を改善しなければなりません。

    頭皮環境も、体内環境のうち。

    フケを出にくくするには、まず頭皮環境を改善して、生活習慣を見直すことが大切です。

    フケ対策の基本おさらい

    • フケ基本対策① :バランスのとれた食事
    • フケ基本対策②:適度な運動
    • フケ基本対策③:適切な睡眠
    • フケ基本対策④:寝具やクシを清潔に保つ
    • フケ基本対策⑤:正しいヘアケアを心がける

    寝具やクシを不清潔なまま放置していると、皮脂が溜まりマラセチア菌が繁殖してしまいます。

    マラセチア菌はフケや脂漏性皮膚炎の原因菌。

    枕カバーは定期的に洗濯、クシも水洗いできるものを選ぶなど、清潔に保てるよう工夫しましょう。

    正しいヘアケアで止まらないフケと戦おう

    間違ったヘアケアは頭皮環境の悪化を促してしまいます。

    先ほど紹介した「フケ予防のシャンプーの方法」を取り入れたり、スタイリング剤を使い過ぎないことなどが正しいヘアケアへと繋がります。

    細かな点まで気をつけるのは大変かもしれませんが、正しいヘアケアを行なうことで、フケのない頭皮を目指しましょう!

    フケが止まらないなら皮膚科の受診を

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 9番目の画像

    フケの原因は頭皮トラブルによるもの

    ここまで、止まらないフケ対策を紹介してきましたが、自力ではどうにもできない場合もあります。

    自分でできることを試しても、フケが止まらない、最近フケ増えたなと感じる人。

    また、フケと同時にかゆみや炎症があると感じた人は「脂漏性皮膚炎」や「頭皮の炎症」の可能性があるので、皮膚科を受診しましょう。


    Sponsored Link
     

    AGAとフケは関係ある?

    止まらないフケにさようなら! フケの原因と対策 10番目の画像

    AGAとは男性ホルモンが原因の脱毛症

    AGAは、男性ホルモンが原因で発症する進行性の脱毛症で、髪の毛の成長サイクルが乱されることで薄毛が進行してしまいます。

    AGAの症状は、おでこの生え際や頭頂部、もしくはその両方から現れます。

    このAGAは、薬による治療が可能です。

    「もしかしたらAGAかもしれない」と不安を感じたら、専門医に相談してみましょう。

    フケとAGAの関係

    フケとAGAは発症する原因が異なるため、フケが原因でAGAが発症することはないと考えられていますが、フケとAGAが併発する可能性はあります。

    こうした細かな頭皮状況を見極めるためにも、困ったときは専門医に足を運ぶのがおすすめです。

    フケが悪化することで、さらに抜け毛をひどくする。

    フケが悪化することで、さらに抜け毛をひどくする可能性があります。

    正常な頭皮に戻して、止まらないフケと決別してから、AGAの治療を始めましょう!

    フケや頭皮に異常を感じたら、炎症や脂漏性皮膚炎の可能性があります。

    早期の治療・改善のために、まずあ皮膚科やAGA専門医に相談してみましょう!

    ● 毛髪診断士コメント

    フケとAGAはそれぞれ原因が異なります。
    両者に関連性はありませんが、併発する可能性はあるので、正しいケア・対策を心がけましょう!

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー