生える人をふやす

    2017年09月07日 更新

    AGA治療におけるプロペシア(フィナステリド)の効果

    AGA治療に効果的であるプロペシア(フィナステリド)。
    薄毛に悩む人であれば、プロペシアがAGA(男性型脱毛症)の治療にどのような効果を与えるか気になるでしょう。
    今回は、そんなプロペシアの効果の本当の話をお届けします。

    プロペシア(フィナステリド)の効果

    フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する成分です。

    フィナステリドは、男性型の抜け毛の原因である「5αリダクターゼ」という物質の活動を阻害する効果のある医薬成分で、AGA治療薬として使われています。

    もともとフィナステリドは前立腺肥大に効果がある治療薬として開発されましたが、男性型脱毛への毛髪増大効果が認められ、AGA治療薬として「プロペシア」という商品名で認可、販売されています。

    プロペシア(フィナステリド)がなぜAGA治療に効果的か

    プロペシアはなぜAGA治療に効果を発揮するのでしょうか。

    その解説をしていく前に、AGAによって髪の毛が抜け、薄毛になっていく仕組みについて知っておきましょう。

    プロペシア(フィナステリド)の効果とあわせて知っておきたい「AGAによる脱毛の仕組み」

    AGA治療薬「プロペシア」の効果とあわせて知っておきたいのが、「脱毛のメカニズム」です。

    髪の毛には、成長し抜けるまでに一定の周期があります。

    髪のサイクル(毛周期)

    • 成長期:毛髪が活発に成長する
    • 退行期:毛髪が退行していく
    • 休止期:毛根の毛包胚芽細胞が再生し、新たに毛髪が作られる
    通常、成人の髪の毛は1日に50〜200本程度が抜けていくのですが、男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンには前頭部および頭頂部の毛髪の成長サイクルを短くする作用があります。

    頭髪は、成長期が2〜4年程度、退行期が1ヶ月程度、休止期が5ヶ月程度で1,000日から2,000日の毛周期を繰り返します。

    しかし、AGAの方は、ジヒドロテストステロンが正常な毛髪の成長サイクルを阻害し、成長期を短縮してしまいます。

    結果として太く長い髪の毛が育たず、短く細い髪の毛となる軟毛化現象を引き起こします。

    そして最終的に、皮膚表面から髪の毛が出現しなくなってしまうのです。

    AGA治療薬「プロペシア(フィナステリド)」がなぜ効果的か

    脱毛の仕組みで述べたように、AGAには男性ホルモンが深く関係しています。

    男性ホルモンであるテストステロンが、「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンという物質に変換されます。

    ジヒドロテストステロンが前額部や頭頂部に存在する男性ホルモン受容体に結合すると、髪の元になる細胞(毛母細胞)の増殖を抑制し、成長期を阻害してしまいます。

    プロペシアは、「5αリダクターゼ2型」の活動を阻害する効果があり、短くなってしまった成長期期間を元に戻し、毛髪サイクルを正常にすることができるのです。

    また、一般的にプロペシアの効果を確認するためには、1日1回の内服で6ヶ月の連続服用が目安とされています。

    プロペシア(フィナステリド)利用の注意点

    必ず医師の処方のもと服用する

    プロペシアは医薬品です。

    そのため、必ず医師の処方のもとに服用しましょう。

    近年はインターネットで海外製のプロペシアや、その他の国内未認可のフィナステリド配合の薬を購入できるようになっています。

    しかし、個人輸入のプロペシアやフィナステリド配合薬には、偽物が非常に多く出回っているという問題があります。

    副作用とは別に、偽物のプロペシアを服用したことによる体調不良を招くケースも報告されています。

    医薬品の個人輸入が認められるケース

    • 外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合
    • 海外からの旅行者が常備薬として携行する場合

    副作用のリスクがある

    プロペシア(フィナステリド)の主な副作用と発生率

    • 性欲減退(1〜5%未満)
    • 勃起機能の低下(1%未満)
    • 精液量の減少(1%未満)
    医薬品には少なからず副作用があります。

    とくにプロペシアの副作用はセンシティブな症状であり、皆さん不安になりやすい傾向にあります。

    プロペシア(フィナステリド)の副作用について、より詳しく知っておきたい人はこちら。

    「男性機能に悪影響」はウソ? フィナステリドの副作用に関する本当の話

    実際に毎日AGA治療に携わっているAGA専門病院の医師に相談することで、病院の治療実績や薬の具体的な効果、患者の年齢、AGA進行状況に合わせた副作用発生情報を得ることができます。

    AGA治療はプロペシア(フィナステリド)の効果だけでいいのか?

    48週(約1年)の間、プロペシアの服用を続けた臨床試験にて、50%以上の方にAGAの改善効果が認められました。

    また、プロペシアと同様の作用で3倍の発毛効果があるとされる新薬、ザガーロ(成分名:デュタステリド)も2015年9月に日本国内で承認されており、AGA専門クリニックでの処方が始まっています。

    プロペシア以外の治療薬を使ったAGA治療について知りたい人はこちら。

    医薬品の相談だけでなく、AGA治療では毎日の生活サイクルなどが非常に重要です。

    まずはAGA専門病院の医師に相談してみましょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加