AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年05月07日 更新

    AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です

    AGA(男性型脱毛症)の治療費に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。確かにAGA治療は自由診療のため、治療費が予想以上にかさんでしまうこともあります。できれば薄毛治療の安全性を保ちながら、費用は安く抑えたいですよね。
    今回のAGA+では、比較的費用を安く抑えられると評判のAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品について紹介します。
    AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です 1番目の画像

    有効成分フィナステリドを含む、AGA治療薬「プロペシア」とは?

    AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です 2番目の画像

    男性型脱毛症診療ガイドラインで推奨されたフィナステリド内服療法の1種

    国内で約1,200万人もの人が発症しているとされるAGA(男性型脱毛症)。

    その脱毛症は進行性で、AGA治療薬を用いた治療を行わなければ、どんどん脱毛範囲が広がってしまうことになります。

    このように多くの人を悩ませるAGAに対して、日本皮膚科学会が「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」を作成し、AGAに効果がある治療をまとめました。

    この男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインの中で、AGAに対して強く推奨されている治療法の1つが、「プロペシア」を含むフィナステリド内服療法です。

    プロペシアには、AGA進行の一因「5αリダクターゼ」を抑制する効果がある

    有効成分「フィナステリド」を含む、プロペシアの効果を解説する前に、AGAが進行するプロセスについて理解しておきましょう。

    AGAによる脱毛が進行する原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。

    この男性ホルモンには、髪が成長してから抜けるまでのサイクル「毛周期」を短縮させる作用があり、まだ抜けるはずのない髪が抜けてしまう状態を作り出します。

    AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です 3番目の画像

    具体的には、毛周期のうち「成長期」と呼ばれる、髪が太く・長く成長していく期間を急激に短縮させてしまうのです。

    そんな恐ろしい作用を持つジヒドロテストステロンが発生する過程には、2つの物質が大きく関わっています。

    1つ目は、一度は耳にしたことがあるであろう「テストステロン」という男性ホルモン。

    もう1つは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させてしまう効果を持つ、「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素です。

    本来、テストステロンは性欲や筋肉・骨の形成に関わる重要なホルモンですが、これに働きかける「5αリダクターゼ」を見過ごしてはいけません。

    男性ホルモン「テストステロン」に、この「5αリダクターゼ」が結びつくことによって、私たちの毛周期を狂わせるジヒドロテストステロンが生み出されてしまうのです。

    これがAGAが進行するメカニズム。

    AGAの進行を食い止めるためには、「5αリダクターゼ」の働きを抑制し、ジヒドロテストステロンの発生を抑える必要があるのです。

    そして、この5αリダクターゼの働きを抑制する「フィナステリド」という成分を含む治療薬が、前述の「プロペシア」というAGA治療薬なのです。

    AGA治療薬「プロペシア」には、ジェネリック医薬品がある

    AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です 4番目の画像

    そもそもジェネリック医薬品とは?

    ジェネリック医薬品とは、後発薬と呼ばれる医薬品で、開発された先発薬と同じ成分を含み、同じような効果があると期待されるものです。

    プロペシアのジェネリック医薬品であれば、プロペシアと同じくフィナステリドを含み、5αリダクターゼを抑制する効果が期待できます。

    また、ジェネリック医薬品は研究開発の費用が抑えられているため、比較的安価で販売されています。

    ● 毛髪診断士コメント

    AGA治療は保険の適用されない自由診療なので、費用がかさむ場合がありますが、ジェネリック医薬品を上手に活用することにより、薬の効果を保ちながら費用を安く抑えた治療を受けることができるのです。

    プロペシアのジェネリック医薬品は、先発薬の7~8割程度の価格

    前述の通り、ジェネリック医薬品は開発費が抑えられているため、先発薬よりも安価で手に入れることができます。

    プロペシアのジェネリックは、28錠で5,000円程度。

    プロペシア自体の費用は、6,000~7,000円程度かかるとされており、ジェネリックを使用することで本来の7~8割ほどの負担額で、治療を受けることができるのです

    気になるプロペシアのジェネリック医薬品を扱う製薬会社

    プロペシアのジェネリック医薬品は、含有成分と同じ「フィナステリド」という名称で販売されており、大手製薬会社が取り扱っています。


    Sponsored Link
     

    プロペシアのジェネリック医薬品まとめ

    • プロペシアのジェネリック①:「ファイザー」フィナステリド錠0.2mg/1mg
    • プロペシアのジェネリック②:「クラシエ」フィナステリド錠0.2mg/1mg
    • プロペシアのジェネリック③:「サワイ」フィナステリド錠0.2mg/1mg

    いずれのジェネリック医薬品も、プロペシアと同様の有効成分「フィナステリド」を含んでいることから、AGAの一因である「5αリダクターゼ」を抑制してくれます。

    AGA専門クリニックで現在治療を受けている人もそうでない人も、プロペシアの費用が気になる場合には、医師にプロペシアのジェネリック医薬品使用を相談してみてはいかがでしょうか。

    プロペシアのジェネリック医薬品を服用する際の注意点

    AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です 5番目の画像

    プロペシアのジェネリック医薬品を用いても、同様の副作用の発生が考えられる

    どんな薬にも、副作用はつきもの。

    プロペシアの服用により、考えられる副作用は性欲減退・精子量減少・勃起不全など、性ホルモンに関連するものです。

    これは、有効成分「フィナステリド」を含む、プロペシアのジェネリック医薬品にも同じことが考えられます。

    しかし、含有する全ての成分が、プロペシアとそのジェネリックで同じというわけではないため、プロペシアとは異なる副作用が起こる可能性もあります。

    プロペシアやそのジェネリックの副作用発生率を高いととらえるか、そうでないかは人それぞれですが、服用に関して不安がある場合には、医師に相談するようにしましょう。

    プロペシアのジェネリック医薬品、その副作用も先発薬と同等!

    • プロペシア及びそのジェネリックの副作用①:性欲減退(1〜5%未満)
    • プロペシア及びそのジェネリックの副作用②:精子量減少(1%未満)
    • プロペシア及びそのジェネリックの副作用③:勃起不全(1%未満)

    先発薬・ジェネリックに関わらず、「プロペシア」の服用は医師に相談すること

    プロペシアの服用に関しては、必ず医師に相談するようにしましょう。

    プロペシアの副作用発生率は、いずれも1~5%以内となっていますが、患者の体質や薬の飲み合わせによって、思わぬ身体の不調が発生する場合があります。

    AGA専門のクリニックであれば、血液検査などから患者の体調を調べた上で、安全性の高い治療を進めていくことができるのです。

    また、身体に変調が発生した場合にも、信頼できる医師に相談することで、その後の治療を柔軟に変更することができます。

    プロペシアの個人輸入はNG! ジェネリックを謳った偽物・粗悪品がある可能性も

    プロペシアの購入に関して調べると、海外からの個人輸入を促すような情報が記載されている場合がありますが、プロペシア及びそのジェネリック医薬品を個人輸入することはおすすめできません。

    なぜなら、プロペシアの偽物粗悪品が販売されている可能性が否定できないためです。

    そのような錠剤を服用した場合、効果がないばかりか、プロペシア(フィナステリド)の本来の副作用では考えられない身体の変調を起こすおそれもあります。

    確実性の高い効果と安全性を考えると、医師の診断を受け、有効成分「フィナステリド」を含むプロペシア及びそのジェネリックを処方してもらうのがよいでしょう。

    プロペシア及びそのジェネリック医薬品を手に入れたい場合には、必ず医師の相談のもと処方を受け、身体の変調を感じた際にはすぐに再診を受けることをおすすめします。

    プロペシアのジェネリックが気になる人は、病院の無料カウンセリングへ

    AGA治療薬の費用抑えませんか? 「プロペシアのジェネリック医薬品」は安全で安価な治療が可能です 6番目の画像

    AGA専門クリニックの中には、基本無料のカウンセリングを行っている病院がある

    「最近抜け毛が増えてきたかも……」「おでこの生え際が後退してきた……」

    そんな悩みを抱えるあなたは、AGAを患っているかもしれません。

    AGAは進行性の脱毛症のため、早め早めにプロペシアやそのジェネリック医薬品を用いた治療に踏み切ることが大切。

    将来の頭皮や髪が不安な人は、AGA専門クリニックが行っている基本無料のカウンセリングを利用し、まずは頭皮の状態や治療薬について相談してみましょう。

    プロペシアやジェネリック医薬品を含むAGA治療薬の中から、あなたに合った治療薬を選び、それらを使用した治療を受けることができるはずです。

    通院中の人も、ジェネリック医薬品を検討してみよう

    プロペシアと同じ成分「フィナステリド」を含みながら、7~8割程度の価格で治療を受けることができる、プロペシアのジェネリック医薬品。

    プロペシアと比較して効果が同等かつ安価なため、プロペシアの費用に負担を感じている人は、ジェネリック医薬品の使用を医師に相談してみましょう。

    ● 毛髪診断士コメント

    お財布への負担が少なくAGA治療を進められるのは大事ですね。より前向きな気持ちで、薄毛治療に専念できるかもしれません。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー