生える人をふやす

    2017年09月07日 更新

    【AGA対策まとめ】対策するなら早めが吉! 生活習慣の見直しも大事?

    成人男性の3人に1人が薄毛に悩んでいる時代。この記事を読んでいるあなたもその1人なのでしょう。普段の生活習慣の見直しが、AGA(男性型脱毛症)にかからない根本的な対策につながるかもしれません。ここでは、早期のAGA対策によってヘア充を目指すための「本当の話」をまとめました。

    3人に1人が薄毛に悩む時代

    AGA(男性型脱毛症)とは「Androgenetic Alopecia」の略で、名前通り成人男性によくみられる薄毛の状態です。

    AGAによる薄毛は徐々に進行していく

    このAGAの症状の特徴は、額の生え際や頭頂部の髪から薄くなっていくのが、AGAの特徴。

    現在、日本では成人男性の3人に1人である約1,200万人が薄毛に悩み、そのほとんどがAGAだと言われています。

    AGAのメカニズムを解説

    髪の毛には一定の寿命があり、健康な人の髪の毛も成長しては抜けるを繰り返しています。

    この毛髪の成長サイクルを毛周期(ヘアサイクル)と言います。

    毛周期が正常に保たれていれば薄毛になることはありませんが、AGAの人はこのサイクルが乱れているため薄毛になってしまうのです。

    ヘアサイクルを乱す原因には「ジヒドロテストステロン(DHT)」の過剰分泌が挙げられます。

    ジヒドロテストステロン(DHT)が引き起こす毛周期の乱れが薄毛に直結

    通常、髪の毛は成長期が2〜4年程度、退行期が1ヶ月程度、休止期が5ヶ月程度で1,000〜2,000日のサイクルで生えかわります。

    しかし、AGAを発症した人の毛周期はジヒドロテストステロンによって短縮され、100日程度になってしまうことも。

    こうして、成長しきらない髪の毛、すなわち細い髪の毛ばかりになってしまうことが薄毛につながっているのです。

    さらに、個人差はありますが、一生のうちの毛周期の回数は決まっています。

    そのため、毛周期が短いスパンで繰り返されることで、薄毛まっしぐらの道を進むことになるのです。

    進行性のAGA(男性型脱毛症)は早期の対策・治療を

    AGAは円形脱毛症のように局所的な薄毛がみられることはなく、おでこやつむじ付近から徐々に薄毛になっていく進行性。

    自然治癒したケースはほとんどなく、放置すればほぼ100%薄毛に。

    だからこそ、できるだけ早い段階で症状を自覚し、AGA担当医と相談することが、何よりの薄毛の予防・改善に繋がります。

    生活習慣の改善で少しでもAGA(男性型脱毛症)を予防!

    ここまでで、AGAのメカニズムとその恐ろしさはわかったことでしょう。

    以下では、生活習慣を少し改善することでできるAGA予防法を解説していきます。

    AGAになりにくい身体を作るために見直したい生活習慣

    • 食生活
    • 飲酒・喫煙の習慣
    • 適度な運動
    • ストレス解消
    • 頭皮や髪の毛のケア
    もちろん、生活習慣の改善がAGAの根本的な原因であるジヒドロテストステロンの抑制に直接作用するわけではありません。

    しかし、生活習慣を改善することで薄毛になりにくい身体を作ることは、薄毛・ハゲの治療と同じくらい大切なことでしょう。

    脂っこいものの食べ過ぎは髪の成長を妨げかねない

    まず、薄毛を抑えるために心がけるべきなのは、乱れた食生活を正すこと。

    とくに、脂肪分の摂り過ぎには注意をしなければいけません。

    これは、脂っこいものを食べ過ぎが頭皮の皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴が詰まったり、フケが出たりと髪の毛の成長の妨げになりかねないためです。

    もっと詳しく「食生活とハゲの関係」について知りたい人はこちらから

    極度な飲酒は髪の毛にとってもNG

    また、お酒の飲み過ぎも避けた方がいいでしょう。

    アルコールを分解する際に生じる「アセトアルデヒト」は、髪の毛の成長に欠かせない睡眠を阻害してしまいます。

    また、アセトアルデヒトにはAGAの原因であるジヒドロテストステロンを増加させる働きがあるという一説もあります。

    適度な飲酒はリラックス効果や血行促進など、髪の毛にいい影響を与えることもありますが、飲み過ぎは髪の毛にとってもよくないでしょう。

    髪にとってもタバコは百害あって一利なし

    タバコも髪の毛の成長に害悪を及ぼす可能性があることが指摘されています。

    喫煙すると血管が収縮し、髪の毛に回るはずだった栄養が行き届きにくくなるのです。

    また、栄養の吸収を促進するビタミンCが喫煙によって破壊されることも、毛髪の成長にとってはよくないでしょう。

    もっと詳しく「飲酒・喫煙とハゲの関係」について知りたい人はこちらから

    運動不足も頭皮環境を悪化させかねない

    私たちの身体は、筋肉を動かすことで血管が刺激され、血行が促進されます。

    しかし、忙しいせいか運動不足気味と感じている人は多いでしょう。

    このように、血行が悪いと体の末端である髪の毛に栄養素がまわらず、ハゲを助長、健康な毛髪の成長を妨げてしまうおそれがあります。

    もっと詳しく「運動とハゲの関係」について知りたい人はこちらから

    ストレスは髪の毛の成長に影響あり!

    「ハゲの原因はストレス」ということをよく耳にしませんか?

    ストレスがAGAの直接的な原因になることはありませんが、ホルモンバランスが崩れたり、血行不良など、ストレスの影響で起きてしまう症状が髪の毛の成長を妨げてしまいます。

    もっと詳しく「ストレスとハゲの関係」について知りたい人はこちらから

    誤った頭皮や髪の毛のケア

    頭皮環境を悪化させてしまう環境はさまざまですが、何よりも普段の頭皮ケアをしっかりと行うことは大切。

    とくに間違ったシャンプーの仕方は余計な抜け毛を増やしたり、頭皮環境が直接悪化してしまう原因になりかねません。

    もっと詳しく抜け毛を減らすための洗髪法や頭皮ケアについて知りたい人はこちらから

    「ヘア充」になるための対策とは

    根本的な解決のためにはAGA担当医に相談すべし


    生活習慣の改善は薄毛を抑える効果を期待できますが、あくまで間接的なアプローチです。

    やはり、薄毛の根本的な原因を解決するには、AGA専門クリニック医師の診察を受けることがもっとも確実です。

    そして、早い段階でAGAだと気づき、AGA担当医の判断を仰ぐことが何よりの薄毛の治療・予防になります。

    ヘア充の鍵はAGAクリニックにある

    AGAに限らず、抜け毛や薄毛の原因になる要素はたくさんあり、自分ひとりでだけで的確な判断をすることは困難。

    少しでも薄毛について気になることがあったら、まずはAGA専門のクリニックで気軽にカウンセリングを受けてみることを強くおすすめします。

    AGAの専門クリニックでは、自分に合った治療法でハゲを治し、自分に合った「ヘア充」への近道を教えてくれるでしょう。

    AGAの専門クリニックで実際に治療をした体験記事はこちらから

    AGA(男性型脱毛症)対策のためには、まずは生活習慣の改善から!

    それでも、生活習慣を見直すことが頭皮にプラスの影響を与えることは間違いありません。

    薄毛がどのように進行するのかを理解した上で、何をすべきかしっかり考えて実践しましょう。

    薄毛を改善し、髪の毛がフサフサで充実している「ヘア充」への大きな一歩になるはずです。

    もっと詳しく「AGA対策」を知りたい人はこちらから


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?<PR>

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手のCMで話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニック:病院に行くのは面倒……ならば自宅でスマホ相談!

    サッカー日本代表の長友選手のCMで話題のAGAヘアクリニックはスマホアプリによる無料テレビ電話診察を行っているため、全国どこからでも診察が受けられます。

    薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療ができてしまいます。

    ・サッカー日本代表 長友選手とAGAヘアクリニック院長の対談はこちら

    【CM放映中】サッカー日本代表 長友佑都と語るAGA治療「本当の話」

    \「無料スマホ診察でもちょっと不安……」という方は/

    LINE@で友だち追加