AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年05月07日 更新

    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方

    ドラッグストアや通販サイトには、色々な種類の育毛剤がずらり。毛量に悩み、本当に髪の毛が生えるのか半信半疑なまま育毛剤を選んでいませんか? 「おすすめの育毛剤」といったネットの評価をいまいち信じられないなら、育毛剤の成分とその効果を学び、選ぶ目を養いましょう。
    今回のAGA+では、市販の育毛剤が持つ効果から「育毛剤の選び方」を紹介します!
    目次
      +市販されている育毛剤の特徴って?
      1. AGA+における「育毛」と「発毛」のちがい
      2. 医薬品でない育毛剤は「頭皮ケア」を目的に作られたアイテム
      3. 市販の育毛剤(医薬部外品)に「発毛効果」はない!
      +市販育毛剤(医薬部外品)が持つ3つの効果
      1. 市販育毛剤(医薬部外品)の役割①:頭皮の血行促進
      2. 血行促進効果をもたらす育毛剤成分の例
      3. 市販育毛剤(医薬部外品)の役割②:頭皮に栄養を与える
      4. 育毛剤に含まれる栄養成分の例
      5. 市販育毛剤(医薬部外品)の役割③:殺菌作用で頭皮を清潔に
      6. 殺菌・消毒作用をもたらす育毛剤成分の例
      +市販育毛剤の効果を高める育毛剤の使い方
      1. 育毛剤のベストな使い時は「お風呂上がり」
      2. 育毛剤の効果が高まる条件
      3. 医薬部外品でも育毛剤の用法・用量は守るべき
      +【おすすめ3選】市販の育毛剤を選ぶならコレ!
      1. 市販のおすすめ育毛剤①:発毛効果を得たいなら『リアップX5プラスローション』
      2. 市販のおすすめ育毛剤②:頭皮環境を整えるなら『濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)』
      3. 市販のおすすめ育毛剤③:栄養を補給するなら『IQOS(イクオス)』
      +頭皮ケア方法は育毛剤だけじゃない
      1. 【育毛剤だけじゃない】頭皮のための見直しポイント
      2. ①:シャンプーの仕方を見直す
      3. 【頭皮ケア】正しいシャンプー方法
      4. ②:ドライヤーのかけ方を見直す
      5. 【頭皮ケア】正しいドライヤーのかけ方
      6. ③:食生活を見直す
      7. 【育毛剤だけじゃダメ】頭皮によい栄養分
      -頭皮の気になることはカウンセリングから!
    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 1番目の画像

    市販されている育毛剤の特徴って?

    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 2番目の画像

    「育毛剤」の定義の前に、そもそも「育毛」とはどういう意味か考えたことはありますか?

    一般的に「育毛剤」として市販されている製品は、その効果によって「育毛剤」と「発毛剤」とに分けることができます。

    AGA+では、育毛と発毛をそれぞれ異なるものとし、以下のように定義しています。

    AGA+における「育毛」と「発毛」のちがい

    • 育毛……「薄毛治療を行う上で、よりスムーズな発毛を促すための頭皮環境を作ること」あるいは「薄毛を予防すること」
    • 発毛……医学的・科学的に効果が認められたAGA治療薬(医薬品)による投薬治療を指し、「髪の毛が生えること」

    以上の定義に則れば、市販の育毛剤と呼ばれるものでも、ミノキシジルなどの成分を含む医薬品は「発毛剤」、医薬成分を含まない、頭皮環境を整えるための医薬部外品は「育毛剤」と改めて言い換えることができるのです。

    市販の育毛剤を購入する際は、まず、求める効果が「育毛効果」なのか「発毛効果」なのかをよく考えましょう。

    ● 毛髪診断士コメント

    市販されている多くの育毛剤には、医薬品のような「発毛効果」は期待できません。
    育毛剤を使う前に、自分が求める効果が発毛なのか、育毛なのか確認するようにしましょう。

    医薬品でない育毛剤は「頭皮ケア」を目的に作られたアイテム

    医薬部外品に該当する育毛剤の目的は、主に頭皮をケアすることです。

    医薬成分を含まない育毛剤(医薬部外品)に期待できるのは、頭皮環境を整える効果のみ。

    つまり、医薬部外品である育毛剤の役割は、栄養補給や血行促進、保湿、殺菌・消毒などに留まります。

    市販の育毛剤(医薬部外品)に「発毛効果」はない!

    医薬部外品である育毛剤に、「発毛効果」つまり「毛を生やす」効果を期待するのはお門違い。

    頭皮ケアではなく発毛目的のために市販の製品を購入するなら、ミノキシジルなどの医薬成分を含んだ、医薬品にあたる「発毛剤」に絞って考えなければなりません。

    医薬部外品と医薬品とでは、成分が異なるため、効果に明らかな違いがあります。

    育毛剤を選ぶ際は、「頭皮ケア」を目的としたものが欲しいのか、「発毛」を目的としてものが欲しいのか、区別して考えてみてください。

    市販育毛剤(医薬部外品)が持つ3つの効果

    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 3番目の画像

    市販されている育毛剤(医薬部外品)の効果は、主に「頭皮環境を整える」こと。

    頭皮ケアに役立つ市販育毛剤の働きについて、成分の名前を挙げながら簡単に説明していきます。

    市販育毛剤(医薬部外品)の役割①:頭皮の血行促進

    育毛剤(医薬部外品)には、頭皮の血行促進を期待できる製品がたくさんあります。

    医薬部外品である市販育毛剤の中で、血行促進効果をもたらしてくれる成分は以下の通り。


    Sponsored Link
     

    血行促進効果をもたらす育毛剤成分の例

    • センブリエキス
    • トウガラシチンキ
    • ニンジンエキス
    • カッコンエキス

    頭皮の血行が促進されると、髪の毛の成長に必要な栄養分が毛根まで十分に運ばれるようになるため、丈夫で健康な髪の毛が育つのに役立ちます。

    頭皮の血行良化には、頭皮マッサージも効果的ですが、育毛剤の成分にたよってみるのも間違いではありません。

    喫煙による血管収縮など、血行不良の原因は生活のあちらこちらに潜んでいます。

    頭皮ケアに役立つ育毛剤(医薬部外品)を選ぶ際は、血行促進に効く成分を含んでいるものを選んでみてはいかがでしょうか。

    市販育毛剤(医薬部外品)の役割②:頭皮に栄養を与える

    医薬部外品である市販育毛剤には、頭皮や髪の毛に好影響を及ぼす栄養成分がたくさん配合されています。

    頭皮や髪の毛を健康を保つために必要な栄養分を、頭皮に十分に補給することも、育毛剤の役割の一つなのです。

    育毛剤に配合される栄養分としては、以下のようなものが代表的です。

    育毛剤に含まれる栄養成分の例

    • ビタミンA・B類
    • ミネラル
    • オウゴンエキス
    • オトギリソウエキス

    育毛剤に含まれるこれらの栄養成分は、毛母細胞の状態を整えて髪の毛の成長を助けたり、頭皮に栄養を与えたりします。

    これらの成分や生薬などの成分を含んでいるか、成分表を見ながら、頭皮に栄養補給ができるような市販育毛剤を選びましょう。

    市販育毛剤(医薬部外品)の役割③:殺菌作用で頭皮を清潔に

    育毛剤を使うことで、殺菌・消毒作用によって頭皮を清潔に保ち、雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

    殺菌・消毒作用をもたらす育毛剤成分の例

    • ヒノキチオール
    • I-メントール
    • β-グリチルレチン酸
    • ピロクトンオラミン

    頭皮をケアする上で、頭皮を不潔することは最も避けるべき。

    頭皮の皮脂やフケ・汚れなどが溜まれば、それらを餌に、頭皮に雑菌が繁殖します。

    常在菌である「マラセチア菌」が異常繁殖することによって引き起こされる脂漏性脱毛症を始め、頭皮に雑菌が繁殖すると、頭皮トラブルが発生し抜け毛や薄毛が起こりやすくなります。

    殺菌・消毒作用を持つ育毛剤でケアすれば、このような頭皮トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

    皮脂の多い人や汗をかく人など、頭皮環境に心配がある人は、頭皮を清潔に保つ成分の含まれた市販育毛剤を利用してみてください。

    ● 毛髪診断士コメント

    育毛剤に期待できる効果は、含まれている成分によって異なります。
    購入する際は、商品の裏面にある成分表を見てみるといいでしょう。


    Sponsored Link
     

    市販育毛剤の効果を高める育毛剤の使い方

    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 4番目の画像

    市販の育毛剤をせっかく購入して使用するのだから、十分な育毛効果を得たたいですよね。

    2つのポイントを確認して、育毛剤の効果を十分に発揮させるためのベストな使い方を抑えておきましょう。

    育毛剤のベストな使い時は「お風呂上がり」

    ずばり、育毛剤の効果を高めるベストタイミングはお風呂上がりです。

    お風呂で髪の毛を丁寧に洗い、お風呂から上がってドライヤーで十分に髪の毛を乾かしたら、その瞬間がチャンスです。

    育毛剤の効果が高まるときとはずばり、育毛剤の薬剤が最も浸透しやすいとき。

    お風呂上がりのドライヤー後は、頭皮や毛穴の汚れが落ちて清潔な状態であり、且つ頭皮も髪の毛も乾いています。

    育毛剤を適量手に取り、頭皮マッサージをするように頭皮を揉み込みながら、全体にまんべんなく塗布してください。

    育毛剤の薬剤が頭皮や毛穴に浸透する、ベストタイミングを逃さないようにしましょう。

    育毛剤の効果が高まる条件

    • 頭皮や毛穴が清潔である
    • 頭皮や髪の毛が乾いている

    医薬部外品でも育毛剤の用法・用量は守るべき

    医薬部外品に属するとしても、市販育毛剤の用法・用量を守らないと、育毛効果を得られないどころか、却って頭皮が悪影響を受ける場合があります。

    育毛剤などを過度に使えば、痒みやかぶれなどの症状が現れる場合があるのです。

    育毛剤の用法・用量は、製品によって異なります。

    一日に何度、どのくらいの量を塗布するのかは、パッケージや説明書でよく確認して使用するようにしましょう。

    ● 毛髪診断士コメント

    医薬部外品でも人によっては、頭皮に合わないこともあります。
    育毛剤を購入する際は、しっかり成分表や注意書きを確認しましょう。

    【おすすめ3選】市販の育毛剤を選ぶならコレ!

    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 5番目の画像

    一口に育毛剤と言っても、「医薬品」か「医薬部外品」かによって、得られる効果は異なります。

    これらの基礎知識を踏まえて、成分から考えるおすすめ育毛剤を3つご紹介しましょう。

    市販のおすすめ育毛剤①:発毛効果を得たいなら『リアップX5プラスローション』

    リアップX5プラスローション』は、医薬品に属しており、いわゆる「発毛効果」を持つ市販の育毛剤。

    外用することで、血行促進効果によって発毛を促せる「ミノキシジル」という成分が5%含まれています。

    リアップの医薬成分ミノキシジルは、男性型脱毛症診療ガイドラインでもAGA治療の第一選択薬に推奨されている、信頼のおける成分です。

    「医薬部外品」にあたる育毛剤には、ミノキシジルのような発毛成分は入っていないので、「髪の毛が生える」効果はありません。その点、リアップは医薬品なので、「毛が生える」効果を期待してもいいでしょう。

    「とにかく髪の毛が生えてきてほしい」という人は、リアップのような、医薬品に属する市販育毛剤を選ぶといいでしょう。

    ミノキシジル5%の発毛剤は、女性が利用するには不適です。発毛効果を持つ育毛剤を探している女性は、『リアップリジェンヌ』のような、ミノキシジル1%配合の女性用製品を利用しましょう。

    市販のおすすめ育毛剤②:頭皮環境を整えるなら『濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)』

    発毛効果のない医薬部外品の育毛剤なら、『濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)』がおすすめ。

    育毛剤ブブカには、血行促進効果が見込めるセンブリエキスやdl-αトコフェノール、高い保湿効果を持つコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が、頭皮環境を整えてくれます。

    石油系界面活性剤や、着色料、香料などの添加物を使っていないのも安心です。

    育毛剤ブブカは、水分を奪うアルコールの配合量を抑え、保湿作用の期待される海藻由来の成分などを積極的に配合しています。保湿に徹底的にこだわった育毛剤であると言えるでしょう。

    乾燥肌の人や、パラパラした乾性フケに悩まされている人は、保湿成分を頼って育毛剤ブブカを選んでみてはいかがでしょうか。

    市販のおすすめ育毛剤③:栄養を補給するなら『IQOS(イクオス)』

    育毛剤『IQOS(イクオス)』は、医薬部外品ですが、その豊富な栄養成分が自慢です。

    髪の毛が育つのに必要なアミノ酸やビタミン類、天然由来の栄養成分などを含めて、61種類もの栄養成分を含有しています。

    もちろん、コラーゲンなどの保湿成分や、ジオウエキスなどの血行促進成分も入っているので、血行促進・保湿・栄養補給という、医薬部外品である市販育毛剤に期待する3つの効果は網羅していると言えるでしょう。

    使っていれば髪の毛が生えるというわけではないので、医薬部外品である育毛剤の使用には根気が必要です。使い続けていれば、頭皮環境が整っていくので、抜け毛が減り、新しい髪の毛が丈夫に育ちやすい状態になるでしょう。


    Sponsored Link
     

    頭皮ケア方法は育毛剤だけじゃない

    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 6番目の画像

    頭皮の健康を保つ頭皮ケア方法は、育毛剤を使うことだけではありません。

    普段の生活の中で、いくつかのポイントを見直せば、今よりもっと頭皮をいたわることができるかも。

    小さな心がけで始められる、頭皮ケア方法をご紹介します。

    【育毛剤だけじゃない】頭皮のための見直しポイント

    • シャンプーの仕方を見直す
    • ドライヤーのかけ方を見直す
    • 食生活を見直す

    ①:シャンプーの仕方を見直す

    シャンプーによる洗髪は、毎日の何気ない習慣です。

    この習慣一つについても、頭皮をいたわるシャンプー方法を知っているのといないのとでは、頭皮のコンディションに差が出ます。

    シャンプーする際に気をつけるべきポイントは、以下の通りです。

    【頭皮ケア】正しいシャンプー方法

    • 入浴前にブラッシングをしてホコリや粗い汚れを落とす
    • シャンプーをつける前に髪をお湯でよく予洗いする
    • お湯の温度は38度~40度に調整する
    • シャンプーの薬剤を手のひらでよく泡立ててから頭につける
    • 爪を立てないよう親指の腹を使って頭皮マッサージを行いながらまんべんなく洗う
    • シャンプーが残らないように薬剤や泡をしっかり洗い流す

    上から順に、ポイントを確認していきましょう。

    入浴前にブラッシングをしておけば、絡んだ髪がほどけ、ホコリや大きな汚れを落とすことができるので、シャンプーの量を抑えられます。

    シャンプーをつける前に、38度~40度の熱すぎずぬるすぎない適温のお湯でよく髪を洗い流しましょう

    ここでも大きめの汚れを先に落とし、シャンプーの薬剤が泡立ちやすいように髪の毛や頭皮をよく濡らしておきます。

    シャンプーの薬剤は、そのままだと頭皮には刺激が強すぎるため、手のひらでよく泡立ててから髪の毛につけるのを忘れないでください。

    爪を立てて頭皮を傷つけないよう、親指の腹を使い、頭皮を揉み込むように洗いましょう。

    頭皮マッサージの要領で洗髪すると、頭皮の血行良化が期待できます。

    シャンプーがまんべんなく行き渡り、しっかりと洗えたら、泡や薬剤が残らないようにお湯でよく洗い流しましょう

    すすぎ残しがあると、頭皮が炎症を起こす原因となるので、とくに髪の根元や頭皮を注意して洗浄してください。

    気をつけなければいけないことがたくさんあるように見えますが、どれも些細なことばかりです。

    今日の洗髪から、ぜひ実践してみましょう。

    ②:ドライヤーのかけ方を見直す

    シャンプーできれいに髪を洗ったら、乾かすときもポイントを抑えて、頭皮ケアに努めましょう。

    せっかくきれいに洗髪しても、髪を濡れたまま放置すると、雑菌が繁殖し、頭皮環境が悪化します。

    お風呂から上がったら、まずはタオルで髪の毛の水分を十分に吸い取りましょう。

    ドライヤーの熱にたよりすぎず、しっかりとタオルドライを行ってからドライヤーをかけることが重要です。

    【頭皮ケア】正しいドライヤーのかけ方

    • タオルを頭に載せてタオルごしにかける
    • 頭皮に高熱の刺激を与えすぎないよう、20センチほど離してかける
    • 髪の毛を持ち上げて根元から毛先へ温風を当てる
    • ほとんど乾いたら冷風を当てる
    • 乾かし終わったらブラッシングする

    ドライヤーの温風は高熱なので、頭皮や髪の毛を長時間温風に晒したり、ドライヤーを近づけすぎたりすると、熱による刺激が悪影響になります。

    できるだけ短時間でドライヤーを済ませるためにも、先にタオルドライで水気をとっておくことが大切なのです。

    ドライヤーは頭皮から20センチ以上離し、タオルごしにかけると、熱による刺激から頭皮や髪を守ることができます。

    まずは髪の毛を持ち上げるようにして、髪の毛の根本から毛先にかけて温風を当てていきましょう。

    表面や毛先は比較的すぐに乾くので、頭皮に近い内側の部分から乾かしていくのがコツです。

    髪の毛がほとんど乾いたら、風を冷風に切り替えると、キューティクルを引き締めることができます。

    ドライヤーでしっかり乾かしたら、ブラッシングで髪の毛を整えることも忘れずに。

    ③:食生活を見直す

    自分の身体をいたわるにも頭皮をいたわるにも、やはり食生活は無視できない要素です。

    丈夫で健康な髪の毛が育つためには、栄養分が必要不可欠。

    栄養補給効果が期待される市販の育毛剤を使っているだけでは、安心とは言えません。

    日頃の食べ物から、頭皮に気を遣ってみましょう。


    Sponsored Link
     

    【育毛剤だけじゃダメ】頭皮によい栄養分

    • タンパク質、アミノ酸
    • 亜鉛
    • ビタミン類

    髪の毛の主成分はタンパク質だということを知っていましたか?

    髪の毛は、18種類のアミノ酸で構成されるケラチンというタンパク質から作られます。

    アミノ酸やタンパク質が足りないと、髪の毛の原材料が不足するため、太くしなやかな髪の毛は育ちません。

    アミノ酸に分解するためのタンパク質や、体内では生成できない必須アミノ酸を摂取するため、肉や魚、卵、大豆、乳製品などを十分に摂りましょう。

    また、髪の毛の主成分であるケラチンを合成するのを助ける栄養分が亜鉛です。

    亜鉛が不足すると、体内にある酵素の働きが阻害され、身体はさまざまな異常をきたします。

    亜鉛を多く含む食材としては牡蠣が有名ですが、牡蠣を定期的に摂取するのは難しいので、肉類や豆類、乳製品をよく食べ、亜鉛摂取に努めましょう。

    ビタミン類は、亜鉛など他の栄養分をアシストするように働き、さまざまな作用によって髪の毛の健康を支えています。

    現代人は野菜不足になりがちですが、サラダや野菜ジュースを積極的に選び、ときにはサプリメントなどで補って、ビタミンを摂取しましょう。

    頭皮の気になることはカウンセリングから!

    市販の育毛剤は○○を見ればわかる! 失敗しない選び方 7番目の画像

    頭皮のこと、髪の毛のこと、抜け毛のこと。

    髪の毛について少しでも不安があったら、まずはAGA専門クリニックの無料カウンセリングを利用してみましょう。

    多くのAGA専門クリニックが、頭皮や髪の毛の様子を見ながら患者の悩みを聞くカウンセリングを無料で行っています。

    自宅にいながら悩みを相談できる、スマホのテレビ電話を使った無料カウンセリングを行っているクリニックも少なくないので、まずはそういった気軽なサービスから利用してみてください。

    一人でくよくよしていても、髪の毛は生えてきません。

    専門家のアドバイスを元にして、育毛剤や生活習慣の見直しによる頭皮ケアを行い、髪の悩みを解決しましょう。

    ● 毛髪診断士コメント

    育毛剤は薄毛や抜け毛を予防するための「医薬部外品」。
    すでに薄毛の症状が見られる人は、早めに病院へ行きましょう。

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー