生える人をふやす

AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年04月03日 更新

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点

    現在、AGAの治療法として最も推奨されているのは、AGA治療薬による投薬治療です。ここで大切なのは、病院で治療を受けること。なぜ、わざわざ「病院で」治療を受ける必要があるのでしょう?その理由は治療との相性にありました。
    今回は、病院でAGA治療を受けるべき理由を詳しく解説します。

    効果的な「AGA治療法」って?

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 1番目の画像

    AGA(男性型脱毛症)とは、成人男性に見られる前頭部や頭頂部に見られる薄毛のこと。

    このAGAによる薄毛は、適切な治療によって改善することができます。

    ガイドラインでは、AGA治療薬による投薬治療が勧められている

    『日本皮膚科学会』と『毛髪科学研究会』によって策定された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」(以下、ガイドライン)では、AGAの治療法を5つの推奨度に分けて紹介しています。

    ガイドラインの中で、最も高い推奨度Aの評価を受けているのは、ミノキシジル外用療法・フィナステリド内服療法・デュタステリド内服療法の3つ。

    現在、AGAによる薄毛を改善するためには、この3つのAGA治療薬の投薬が有効であるとされ、薄毛治療を扱う多くの病院で処方されています。

    『AGA(男性型脱毛症)』に関するおすすめ記事
    1,200万人の敵! 男性ホルモンと関係するAGAの症状とは?


    男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインについて、もっと詳しく知りたい人はこちら
    【2017年版】薄毛治療を正しく理解したいならこれ! 「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」

    投薬治療に使われるAGA治療薬

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 2番目の画像

    AGAの治療法として最も推奨されているのは、AGAの治療薬による投薬治療。

    ここからは、それぞれのAGA治療薬が持つ「薄毛・ハゲを改善する効果」について見ていきましょう。

    効果が認められたAGA治療薬

    • ミノキシジル外用薬
    • プロペシア(フィナステリド)
    • ザガーロ(デュタステリド)

    AGA治療薬①:ミノキシジル外用薬

    ミノキシジルはAGAの治療に使われる以前、高血圧患者の降圧剤(血圧を下げる薬)として使われていました。

    しかし、ミノキシジルを投薬していた患者に体毛が濃くなる副作用が報告され、発毛効果があるAGA治療薬として研究が進められたのです。

    ミノキシジルは、頭皮の血行を促進したり、髪の毛の成長期間を延長することでAGA治療効果を発揮します。

    AGA治療薬②:プロペシア(フィナステリド)

    AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因で起こる脱毛症。

    このDHTがヘアサイクルを短くすることで、髪の毛の成長が阻害され、前頭部・頭頂部の薄毛が進行します。

    プロペシアは、このDHTの生成を抑制し、ヘアサイクルを正常に戻す効果があるのです。

    また、プロペシアとミノキシジルは、異なるアプローチによってAGAの治療効果を発揮するため、AGA治療には両薬の併用が重要と言われています。

    AGA治療薬③:ザガーロ(デュタステリド)

    ザガーロは、2015年9月に厚生労働省の認可を受け、翌年2016年6月から販売が開始された比較的新しいAGA治療薬。

    ザガーロもプロペシアと同様、AGAの原因であるDHTの生成を抑制することで発毛効果を発揮します。

    しかし、ザガーロの有効成分「デュタステリド」が持つAGA治療効果は、フィナステリドよりも強力で、とある研究ではデュタステリドの発毛効果はフィナステリドの約1.6倍とも言われています。

    ● 毛髪診断士コメント

    髪の毛は一定のサイクルで発毛・脱毛を繰り返していますが、AGAはこのサイクルを乱す脱毛症。
    AGA治療薬は、主にこのサイクルを整えることで、薄毛を治療してます。


    Sponsored Link
     

    投薬以外でもAGAを治療できる?

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 3番目の画像

    AGAの治療法として最も推奨されているのは投薬治療ですが、もちろん投薬“以外”のAGA治療法も存在します。

    投薬“以外”のAGA治療の一例

    • 育毛メソセラピー治療
      療成分や有効成分を注射器などによって頭皮に直接注入する治療法
    • HARG治療
      「HARGカクテル」と呼ばれる、治療効果が期待される成分の混合物を頭皮へ直接注入する
    • 植毛治療
      自毛植毛:AGAの影響を受けにくい後頭部などの毛組織を植える
      人工毛植毛:化学繊維で作られた人工毛を植える

    育毛メソセラピーは、内服治療や外用治療とは異なり、治療成分や有効成分を頭皮に直接注入するため、より高いAGA治療効果が期待できると言われています。

    一方のHARG治療は、抜け毛の症状が進行した患部であっても、脱毛前の毛穴を再生できるとされ、一部では確実なAGA治療と言われているようです。

    植毛治療の場合、特に人工毛による植毛に注意が必要。

    人工毛植毛では、過去に多くの有害事象が報告されており、アメリカのFDAは人工毛自体を有害器具としています。

    また、自毛植毛についても、冒頭で紹介したガイドラインでは、「AGA治療薬による投薬治療では十分な効果が得られなかった患者」に対して行うよう勧めています。

    いずれのAGA治療も標準的な治療法ではない上に、頭皮を傷つける治療法であるため、行う際は担当の医師とよく相談するようにしょう。

    ● 毛髪診断士コメント

    AGAの治療を受ける際は、担当医師と治療内容についてしっかり話し合うようにしましょう。

    AGAの治療にかかる費用って?

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 4番目の画像

    AGAを治療する上で、もう1つ気になるのが「治療にかかる費用」。

    ここからは、AGA治療に必要な治療費について見ていきましょう。

    AGAの治療薬の場合

    投薬治療に使われている主なAGA治療薬は、主にミノキシジル外用薬・プロペシア・ザガーロの3つ。

    ミノキシジル外用薬の投薬によるAGA治療の場合、クリニック・病院によってミノキシジルの濃度や外用薬の容量が異なるため、1ヶ月あたりの治療費は約7,000〜15,000円と大きな幅があります。

    ミノキシジル外用薬にかかる治療費については、クリニック・病院に直接確認するといいでしょう。

    プロペシアやザガーロによる治療では、1日1回1錠の投薬が必要であるため、プロペシアの場合は約6,000〜7,500円ほど、ザガーロの場合は約8,000〜9,000円ほどです。

    AGA治療薬の価格相場

    • ミノキシジル外用薬:約7,000〜15,000円
    • プロペシア(28錠):約6,000〜7,500円
    • ザガーロ(30錠):約8,000〜9,000円

    ● 毛髪診断士コメント

    病院によってはクリニックオリジナルの治療薬や、ジェネリックも処方しています。
    扱っている治療薬については、病院のHPを確認してみるといいでしょう。

    また、AGA治療薬による投薬治療は、継続的かつ長期的な投薬が必要です。

    そのため、「一生AGA治療薬を飲み続けるの?」と思う人もいるかもしれません。

    しかし、薄毛の原因である男性ホルモンの分泌量は40歳前後から減少傾向にあるため、AGA専門クリニックでは患者の状態や希望に合わせて、減薬や増薬を行います。

    個人差はありますが、一生AGA治療薬を服用し続けなければいけないわけではありません。

    高度なAGA治療の場合

    育毛メソセラピー治療に必要な治療費は、約20,000〜100,000円ほど

    また、HARG治療には、約80,000〜200,000円ほどの治療費がかかります。

    育毛メソセラピー治療・HARG治療に必要な治療費は、注入する成分や治療を受けるクリニックによって大きく異なります。

    さらに、育毛メソセラピー治療・HARG治療では、1回の注射を複数回にわけて行うため、治療費の総額はもっと高くなることにも注意しましょう。

    そして、植毛治療にかかる費用は、AGA治療の中でも特に高額。

    人工毛による植毛治療の場合、植毛する面積にもよりますが、約500,000円ほどの治療費が必要になるでしょう。

    また、ガイドラインでランクBの評価を受けた自毛植毛の場合、治療費は1グラフト(移植する毛穴ひとつ分)あたりで約1,000〜2,000円

    例えば、頭頂部の薄毛を補うために800グラフト(髪の毛約2,000本分に相当)植毛すれば、約800,000〜1,600,000円の治療費がかかる計算になるでしょう。


    Sponsored Link
     
    • 育毛メソセラピー治療:約20,000~100,000円(注射1回あたり)
    • HARG治療:約80,000~200,000円(注射1回あたり)
    • 植毛治療:約500,000円〜(総額)

    ● 毛髪診断士コメント

    AGA治療にかかる費用は、病院やクリニックの方針によっても変わってきます。
    詳しい治療費については、病院に直接問い合わせるといいでしょう。

    AGA治療を行っている病院って?

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 5番目の画像

    AGAの治療法にはいくつかの種類があり、それぞれ期待できる効果や、必要になる費用が異なります。

    では、そんなAGA治療はどこで受けることができるのでしょうか?

    AGA治療を行っている病院・クリニックは、主に3つ。

    AGA治療を行っている病院・クリニック

    • AGA専門クリニック
    • 皮膚科
    • 美容クリニック

    AGA専門クリニックは、AGAの治療に特化した病院の1つ。

    主にAGA治療薬の投薬による薄毛治療を行っていますが、中にはメソセラピーやHARG治療などの高度な治療を扱っている病院もあるようです。

    さらに、AGA専門クリニックではAGAの治療にあたり、血液検査や遺伝子検査、詳細なカウンセリングを行うことで、その人に合った治療法を提案しています

    また、一部の皮膚科や美容クリニックでも、AGA治療を扱っている場所があります。

    しかし、皮膚科や美容クリニックで行われるAGA治療は、プライバシーの配慮に欠けていたり、治療法の種類が少なかったりとおすすめできません。

    もしくは、そもそもAGAの治療を扱っていないことも。

    AGAによる薄毛を改善したいのであれば、できるだけAGA専門クリニックで治療を受けるようにしましょう。

    AGA治療は病院で受けることが大切

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 6番目の画像

    AGA治療の中でも、投薬治療に使われるAGA治療薬は、個人輸入代行サイトなどからも入手できます。

    しかし、推奨されているAGA治療薬の投薬であっても、病院での処方・治療を受けることが大切です。

    AGA治療薬には副作用が現れることがある

    病院でAGA治療を受けることが大切である理由の1つに、AGA治療薬の副作用が挙げられます。

    効果が認められたAGA治療薬は医薬品であり、その人の体質や体調によっては副作用が現れることもあります。

    AGA治療薬の主な副作用

    • ミノキシジル外用薬
      かゆみ、かぶれ、湿疹などの頭皮トラブル
    • プロペシア(フィナステリド)
      性欲の減退、男性機能障害、肝機能障害など
    • ザガーロ(デュタステリド)
      性欲の減退、男性機能障害、肝機能障害など

    AGA専門クリニックをはじめとする病院では、AGA治療薬の処方にあたって、詳細な検査をすることで「その人に副作用が現れやすいか」を調べてくれます。

    また、投薬によるAGA治療は、長期的かつ継続的な治療が必要です。

    病院でAGA治療薬の処方を受ければ、投薬後であっても使用するAGA治療薬の変更など、医師の適切な判断を仰ぐことができるでしょう。

    個人輸入したAGA治療薬では、思わぬ体調不良を引き起こすことがある

    先述したように、AGA治療薬は個人輸入代行サイトなどから入手することもできます。

    AGA治療は保険適応外であり、治療にかかる費用は全額負担しなければなりません。

    そのためか、海外製のAGA治療薬を個人輸入して使う人が少なくないようです。

    しかし、海外製のAGA治療薬は、国内で認可されている有効成分の含有量が異なります

    また、海外製のAGA治療薬の中には、粗悪品や偽物が紛れている可能性もあるため、副作用以外の体調不良を引き起こす危険もあるでしょう

    さらに、このような海外製のAGA治療薬によって損害を受けた場合、公的な救済措置の対象とならないため、医師による適切な処置を受けられないことがあります。

    治療費を抑えたい気持ちはわかりますが、独断で海外製の安価なAGA治療薬を使わないようにしましょう。


    Sponsored Link
     

    AGA治療に関する疑問は病院へ

    AGAは治療で治る! 知っておきたい治療の種類と注意点 7番目の画像

    AGAの治療で大切なのは自分に合った治療を行うこと

    現在、AGAの治療法として最も推奨されているのは、AGA治療薬による投薬治療です。

    しかし、AGA治療の中にはメソセラピーやHARG治療、植毛など高度な治療法も存在します。

    AGAによる薄毛を改善する上で大切なのは、その人に合った治療法を選択すること。

    自分ひとりの判断で個人輸入した治療薬や、市販の育毛剤を使っているだけでは、十分なAGA治療効果は期待できません。

    薄毛で気になることがあれば、まずは無料カウンセリングを受けてみよう

    AGAを治療する上でもう1つ大切なのが、早めの対策をとること

    AGAは進行性の脱毛症であるため、何の対策もとらなければ、前頭部・頭頂部の薄毛はみるみる悪化していきます。

    そのため、AGAによる薄毛を改善するためには、早い段階でAGAの症状に気付き、適切な治療を受けることが大切です。

    多くのAGA専門クリニックでは、AGAや髪の毛・頭皮に関する相談を基本無料で受け付けています。

    AGAの治療法に関することだけでなく、「AGAの可能性があるのか」「治療の必要はあるのか」など、医師の判断を仰ぐことができるでしょう。

    まずは、病院に行くことからAGAの治療・対策を始めてみませんか?

    ● 毛髪診断士コメント

    AGAに限らず、薄毛の改善には早期対策が大切です。
    少しでも髪の毛・頭皮に気になることがあれば、まずは医師に相談してみましょう。

    『無料カウンセリング』に関するおすすめ記事

    AGA診断がスマホでできる? かんたん無料のカウンセリングを受けてみた


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    しかし心配はありません!長友選手が出演するCMでも話題の「AGAヘアクリニック」では、病院に行かずともスマホビデオ通話で無料相談ができます。

    AGAヘアクリニックなら、病院に行かなくてもスマホで相談できちゃう!

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー