AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年07月12日 更新

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう

    薄毛治療効果や安全性が高いとされる、フィナステリド。しかし、フィナステリドは市販されている薬には含まれない治療成分であり、詳しい効果を知らないという人も多いでしょう。今回は、AGA治療に効果的なフィナステリドについて、効果や副作用、注意点などをわかりやすく紹介します。
    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 1番目の画像

    フィナステリドの内服は最も効果的な治療法の1つ

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 2番目の画像

    2017年、AGA治療における診療ガイドラインが、日本皮膚科学会主導のもと改訂されました。

    このガイドラインではAGAに効果のある治療法を、有効性・安全性の観点からA〜Dランクの5段階で評価しているのですが、その中でフィナステリドの内服療法は「Aランク」に認定されています。

    Aランクは、AGAに対して高い効果が期待できると日本皮膚科学会が判断した治療法に与えられるもので、ガイドラインで最も推奨されている最高ランクの治療法になります。

    最高ランクAランクに指定されている治療法は、フィナステリド内服療法を含めた3種類のみ。

    もちろん、フィナステリドを使用した人全員が間違いなく効果を実感できるわけではありませんが、ガイドラインで推奨されているということは、数あるAGAの治療法の中でもとくに信頼度が高いことを意味します。

    AGA治療法の効果や安全性に不安を感じている場合は、まずはフィナステリドを選んでおけば問題ないでしょう。

    AGAの症状や原因

    AGA(男性型脱毛症)は、その名の通り男性に見られる脱毛症です。

    AGAを発症すると、頭頂部や額の生え際などから少しずつ髪の毛が抜け始め、次第に薄毛が進行します。

    思春期を過ぎた成人男性であれば、誰でも発症する可能性があるため、20代の若者でもAGAになってしまう可能性があります。

    また、AGAの初期症状として、髪の毛が柔らかくなったり細くなったりするなど、髪質の変化が現れることもあるので注意しておきましょう。

    初期症状の段階で、フィナステリドを用いて治療を開始すれば、効果も早く得られるため、AGAの進行を大幅に遅らせることもできます。

    このような症状を引き起こすAGAの原因は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモン。

    このホルモンによって髪の毛の成長サイクルが短くなり、抜け毛が進行してしまいます。

    ジヒドロテストステロンは、「テストステロン」という男性ホルモンと「5αリダクターゼ」という還元酵素が結合することで生成されます。

    5αリダクターゼは、とくに頭頂部や額の生え際あたりに多く存在していると言われているため、AGAを発症すると、頭頂部や生え際の薄毛が進行するのです。

    また、一般的に薄毛は遺伝するとよく言われますが、これもあながち間違いではありません。

    テストステロンと5αリダクターゼが結合して発生したジヒドロテストステロンは、アンドロゲン受容体という物質と結合することでヘアサイクルを乱す作用を発揮します。

    このアンドロゲン受容体の感度は遺伝することが明らかになっています。

    さらに、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの量も。母親方から遺伝すると言われているため、母方の親戚に薄毛の人が多い場合は、自分も薄毛になりやすい体質であるかもしれません。

    『遺伝』に関するおすすめ記事

    薄毛は遺伝する! ハゲやすい2つの遺伝子とは?

    AGAの進行に関わるのは、男性ホルモンや遺伝だけではありません。

    生活習慣や食生活が乱れれば、髪の毛に質のよい栄養や酸素が行き届かなくなりますし、過剰なストレスも頭皮の血行を悪化させてしまいます。

    健康な髪の毛を生やすためには、栄養や酸素を豊富に含んだ血液が欠かせないため、長期間、栄養不足や血行不良の状態が続けば、薄毛は進行しやすくなります。

    フィナステリドはジヒドロテストステロンの働きを抑制することで発毛を促す

    AGAの原因は、ジヒドロテストステロン。

    このジヒドロテストステロンの元となるのが5αリダクターゼなのですが、フィナステリドにはこの5αリダクターゼの働きを抑える効果があります。

    5αリダクターゼの働きを阻害することで、によりジヒドロテストステロンの生成が抑えられ、髪の毛の成長サイクル(ヘアサイクル)を正常に整えることができるのです。

    ヘアサイクルが正常化すれば、髪の毛の成長期間が長くなり、抜け毛防止効果を得ることができます。


    Sponsored Link
     

    フィナステリドの正しい使い方

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 3番目の画像

    フィナステリドの効果を十分に得るためには、正しい使い方を守らなければなりません。

    誤った使い方をすれば、いかに治療効果の高いフィナステリドと言えども、十分に効果を実感することができないかもしれません。

    それどころか、思わぬ体調不良を招くおそれもあります。

    フィナステリドの使い方は難しいものではなく、1日に1回、決められた量のフィナステリド錠を経口投与するだけです。

    医師の判断によっては、1日1mgを上限にフィナステリドの摂取量を増量することもできます。

    ただし、フィナステリド多く服用すればするほど効果が高く得られるとは限らないので、自己判断で勝手に摂取量を増量するのは止めましょう。

    フィナステリドの効果が得られるのはいつから?

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 4番目の画像

    フィナステリドを主成分とする治療薬の主流は「プロペシア」。

    プロペシアの添付文書では効果が確認できるまで通常6ヶ月ほどの継続投与が必要だと記載されています。

    早い人ならフィナステリドの服用を始めて3ヶ月ほどで効果を実感できる場合もありますが、基本的には約6ヶ月ほどフィナステリドの服用を続けなければ、効果を実感することはできないでしょう。

    また、フィナステリドは毎日忘れずに服用しなければ効果は期待できないので、飲み忘れには注意してください。  

    フィナステリドを6ヶ月以上服用しても効果がなく、AGAの進行が止まらない場合は、AGA以外の影響で薄毛になっている可能性もあります。

    この場合はフィナステリドの服用を続けても薄毛が改善する見込みは薄いので、フィナステリドの服用を一旦中止して、医師とよく相談しましょう。  

    フィナステリドの服用を中止するとAGAが進行する

    フィステナリドの服用によって薄毛改善効果が得られた場合、「AGAが治った」と誤解して安易に服用を中止してしまうことがあります。

    しかし、フィナステリドの効果はあくまでもAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生産を抑えるというもので、薄毛体質を根本的に解決する効果はありません。

    AGAの症状が収まったからといって、フィナステリドの服用を中止すると、体内に残っていたフィナステリドが代謝され尽くした途端に効果を失い、ジヒドロテストステロンの生成量が元に戻ってしまいます。

    フィナステリドの効果によって、AGAが完治することはありません。

    フィナステリド服用中は、AGAの症状が抑えられているだけなので、フィナステリドの効果がなければAGAによる薄毛は再び進行します。

    フィナステリドとミノキシジルの併用が効果的?

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 5番目の画像

    日本皮膚科学会のガイドラインで、フィナステリドと同じく最高ランクの効果が認められている治療法が他にもあります。

    その一つがミノキシジル外用療法。

    フィナステリド内服薬とミノキシジル外用薬を併用することで、さらに高い治療効果を得ることが可能です。

    ミノキシジルには血管を拡張させて血行を促進する効果があり、毛根に運ばれる血液量を大きく増やすことができます。

    このミノキシジルの血行促進効果によって、毛根にたっぷりと栄養が届けられ、力強い髪の毛が生えるようになるかもしれません。

    また、ミノキシジルは毛包に直接作用し、毛母細胞の活性化を促すとも言われています。

    ミノキシジルはAGAの原因に作用する力は持たないため、フィナステリドのようなAGAの原因をブロックするタイプの治療薬とは非常に相性がいいです。

    フィナステリドにミノキシジルが加わることで、抜け毛を防ぎつつ発毛を促し、薄毛を効率よく改善する効果が生まれます。

    実際に、国内にある多くのAGA専門クリニックでは、相乗効果を期待してフィナステリドとミノキシジルの併用が勧められているので、効果があるか試したい場合は医師に相談してみるとよいでしょう。

    フィナステリドの副作用

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 6番目の画像

    フィナステリドは医薬品なので、服用すると効果だけでなく副作用が現れるリスクもあります。

    フィナステリドを含む代表的な治療薬である「プロペシア」の臨床試験によると、男性が服用した場合で「性欲の減退」「勃起機能」「精液量の減少」などの副作用が確認されました。


    Sponsored Link
     

    プロペシア(フィナステリド)の副作用

    • 性欲減退(1〜5%)
    • 勃起不全(1%未満)
    • 精液量の減少(1%未満)

    プロペシアの副作用は、主に男性機能に関わるもの。

    しかし、男性機能の低下とフィナステリドの薬理における関係性は未だ明らかになっておらず、また、男性機能は精神的影響を受けやすいため、これらの副作用は「思い込み」によるものではないかとの見解もあるようです。

    男性機能の低下がフィナステリドの薬理によるものと断言はできませんが、こういった症状が起きる可能性もあると覚えておきましょう。

    このような副作用は発症頻度が高いわけではありませんし、フィナステリドの服用を中止すれば改善するケースが多いので過剰に心配する必要はありません。

    また、フィナステリドの重大な副作用として肝機能障害が見られることもあるため、肝機能に心配がある人は、定期的に肝機能の検査を受けるなど、細心の注意が必要です。

    このほか、抑うつ症状や蕁麻疹、乳房肥大に乳房圧痛などの副作用も稀に見られます。

    いずれの場合も、副作用を自覚したらフィナステリドの服用を一度中止して、すぐに病院へ行くようにしましょう。

    女性や子供は服用できない

    フィナステリドを有効成分とするプロペシアはAGA、つまり男性型脱毛症に効果的な治療薬として開発された薬です。

    薄毛で悩んでいる女性も多いと思いますが、フィナステリドは男性ホルモンに作用する薬なので、女性が使っても効果は期待できません。

    それだけではなく、フィナステリドが抑制するジヒドロテストステロンは胎児の生殖器発達に関わる重要なホルモンであるため、妊娠・授乳中の女性がフィナステリドを服用すると、胎児や乳児に悪影響を及ぼします。

    妊娠・授乳中の女性ではなくとも、女性は絶対にフィナステリドを服用しないようにしましょう。

    フィナステリドは、経皮吸収するおそれもあるため、女性は錠剤に触れることも厳禁です。

    フィナステリドの価格は?

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 7番目の画像

    プロペシアの価格は処方する病院や、フィナステリドの配合量によっても異なりますが、1箱あたり約6,000〜7,500円程度が相場です。

    また、病院処方だとプロペシアの薬代だけでなく診察料や検査費用なども必要です。

    費用が心配という場合は、プロペシアと同じフィナステリドを配合したジェネリック医薬品を使用するとよいでしょう。

    ジェネリックは開発費がかかっていない分、プロペシアより安く販売されています。

    ジェネリックは製薬会社ごとに商品名や価格が異なるので一概には言えませんが、例えば大手製薬会社が販売するジェネリックのフィナステリド錠は1mg28錠入りのタイプで、1箱あたり4,300円ほどとなっています。

    フィナステリドは長期間飲み続けることが多いので、ジェネリック医薬品を選択することは、長い目で見れば大きな節約になるでしょう。

    もちろんジェネリック医薬品でも効果や有効成分に違いはないので、プロペシアとほとんど同じ効果を得ることができます。

    海外製のフィナステリドには要注意

    AGAは命に関わる病気というわけではないので、AGA治療費は全額自己負担となります。

    保険適用することができないので、長期的に治療を続けると経済的な負担も大きくなってしまいます。

    このため、海外製の安価なフィナステリド錠を個人輸入しようとする人もいますが、薬の個人輸入は非常に危険なこと。

    確かに海外製のフィナステリド錠は安価なものが多く、経済的には助かります。

    しかし海外製のフィナステリドは、フィナステリドの成分量が少なく効果が小さかったり、品質の悪い粗悪品だったり、全く効果のない偽物をだったりする危険もあります。

    さらに怖いのが、重篤な副作用が起きた場合です。

    認可されたフィナステリド錠を使って副作用が起きた場合、公的救済措置を受けることができるので国による手厚い支援を受けることができます。

    しかし、国内で認可を受けていない海外製のフィナステリド錠は、公的救済措置の対象外となるため、万一副作用に苦しめられても支援を受けることができません

    AGA治療のために健康を害しては本末転倒なので、品質や効果の怪しい海外製のフィナステリドを個人輸入するのは止めた方が賢明です。

    フィナステリドでAGA治療したいなら専門の病院へ行こう

    フィナステリドでAGAが治る? 効果&注意点を理解しよう 8番目の画像

    ひと昔前と比べて現在はAGAの医学的な研究も進んでおり、効果的な治療を行うAGA専門クリニックも各地に存在します。

    専門クリニックでは、一般的な病院より高い薄毛への知識とノウハウを備え、フィナステリドの内服を始めとした効果の高い治療を受けることができるので、少しでも早くAGAを治療したい人にはおすすめ。

    専門クリニックではプロペシアやそのジェネリックによる投薬治療はもちろん、デュタステリドなど別の治療成分が配合された薬も選択肢できるため、フィナステリドにこだわらない多角的な治療が可能です。

    AGA治療はとにかく早く始めることが重要

    フィナステリドはAGAに対して非常に効果的な治療薬ですが、ヘアサイクルはすぐに改善するものではないため、治療効果を実感できるまでには時間がかかります。

    AGAがあまりにも進行すると、治療を始めても効果が間に合わないことがあるため、少しでも頭髪に違和感を感じたら早めにAGA専門クリニックへ行ってフィナステリドによる治療を始めましょう。

    薄毛が酷くなる前にフィナステリドで治療を行えば、治療効果を得られる可能性も高まります。

    クリニックではフィナステリドやそれ以外の治療の効果や副作用、治療費などさまざまなポイントをカウンセリングで説明してくれるので、安心して治療に臨むことができます。

    もちろん相談だけでも受け付けてくれるので、薄毛治療に少しでも興味がある人は、まずは無料カウンセリングに足を運んでみましょう。

    ● 毛髪診断士コメント

    髪の毛の成長に関わるヘアサイクルは、無限に繰り返されるわけではありせん。
    AGAによるヘアサイクルが短期化する前に治療を始めれば、薄毛・抜け毛の進行をより確実に防止することができるでしょう。

    『無料カウンセリング』に関するおすすめ記事

    AGA診断がスマホでできる? かんたん無料のカウンセリングを受けてみた

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー