AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方 アイキャッチ画像

    2018年07月17日 更新

    薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方

    薄毛を予防するためには、頭皮環境を整えることが重要。頭皮環境には日々の生活習慣が反映されます。今回は、薄毛を助長させかねない生活習慣や、すぐ実践できる薄毛予防を紹介します。
    薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方 1番目の画像

    薄毛予防のためのシャンプー方法・シャンプー選び

    薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方 2番目の画像

    薄毛予防を始めるにあたって、まず見直したいシャンプー。

    自分の頭皮に適したシャンプーを正しく使うことは、頭皮環境を整えることにつながります。

    しかし、自分の頭皮に適さないシャンプーを使用していたり、頭皮を傷つけるような方法でシャンプーをしていたりすると、逆に頭皮環境を悪化させてしまうことも。

    毎日行うシャンプーで頭皮環境を悪化させないためにも、シャンプーの方法・選び方は注意しましょう。

    薄毛を予防するシャンプー方法とは?

    薄毛を予防するには、まずはシャンプーの方法を意識することが大切。

    シャンプーは頭皮を清潔に保つために大事な役割を果たしていますが、誤ったシャンプー方法はかえって頭皮環境の悪化を招き、薄毛を助長させることがあるので注意が必要でしょう。

    毎日の入浴の際に実践したい、正しいシャンプーの方法は次の通りです。  

    薄毛を予防する正しいシャンプー方法

    • ①入浴前に軽くブラッシングをしてホコリや汚れなどを落とす
    • ②38〜40度程度の少し温いお湯をたっぷり使って、ホコリや皮脂などを洗い流す
    • ③シャンプーは手でしっかりと泡立ててから使用する
    • ④襟足や耳元から上に向かって、指の腹を使って優しくマッサージするようにシャンプーをする
    • ⑤たっぷりのお湯でシャンプーが頭皮に残らないように、しっかりと洗い流す

     以上が薄毛予防に最適な、頭皮に優しいシャンプーの方法です。

    自分の頭皮に合ったシャンプー選びで薄毛予防を

    薄毛予防を意識するなら、シャンプーの成分にもこだわりましょう。

    シャンプーに含まれる成分の中でも、注意すべきは「界面活性剤」。

    界面活性剤は、主に「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」の3種類に分けられます。

    高級アルコール系の界面活性剤は泡立ちが良く、高い洗浄力を持っていますが、頭皮への刺激が強めなのが難点。

    次に、石けん系は、石けんをベースとしたシャンプーであることが特徴です。

    この石けん系のシャンプーも洗浄力に優れ、毛穴内部の皮脂汚れもしっかりと取り除いてくれますが、頭皮への刺激は比較的弱め。

    最後に、アミノ酸系シャンプーは、サロンなどでよく使用されているタイプのシャンプーで、洗浄力は控えめ、頭皮に優しいという特徴があります。

    シャンプー選びは自分の頭皮に合ったものを選ぶことが大切です。

    高級アルコール系や石けん系のシャンプーは洗浄力に優れているので、頭皮の汚れや整髪料をしっかり落としたいという人に向いています。

    ただし、洗浄力の強いシャンプーは、頭皮への刺激が強いため、敏感肌や乾燥肌の人には向きません。

    一方、アミノ酸系のシャンプーは、頭皮への刺激が少ないため、敏感肌や乾燥肌の人も安心して使用できます。

    シャンプーは頭皮環境を健康的に保つために使うもの。

    薄毛予防を意識するのであれば、まずはシャンプーの成分にこだわって、自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。 

    ● 毛髪診断士コメント

    肌質と同じように、頭皮の質感も人によって異なります。
    薄毛予防のためには、頭皮の状態に合ったシャンプーを使うようにしましょう!

    ドライヤーの使い方を紹介! 自然乾燥は薄毛予防に

    入浴後のドライヤーも、薄毛予防では大事なポイント。

    「ドライヤーは髪が傷むような気がするから使わない」といった人もいますが、入浴後すぐに髪の毛をしっかりと乾かさなければ、菌が繁殖して、炎症の原因となります。

    また、濡れた髪の毛はキューティクルが剥がれやすく、髪の毛のパサつきが起こりやすくなってしまいます。

    入浴後はタオルでしっかりと水分を取り除き、ドライヤーを使って髪を乾かすようにしましょう。

    ドライヤーを当てる前にしっかりとタオルドライしておくことで、ドライヤーを使用する時間を短くすることができます。


    Sponsored Link
     

    薄毛を予防する正しいドライヤーの方法

    • ドライヤーを使用する前にタオルドライ
    • ドライヤーは髪から20cm離す
    • 同じ箇所に長時間温風を当てない
    • 頭皮→毛先の順に乾かす

    薄毛予防に最適な食べ物! 毎日の食事にうまく取り入れましょう 

    薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方 3番目の画像

    毎日の食事を工夫することも、薄毛予防に効果的です。

    髪の毛は食事から得た栄養をもとに作られています。

    そのためバランスのとれた食事を摂ることは、健康な髪の毛や頭皮を守るために欠かせません。

    そこで、ここでは髪にいい成分をたっぷりと含んでいる食べ物を中心に紹介していきます。

    髪の毛の主成分は「ケラチン」というタンパク質

    髪の毛は、そのほとんどがケラチンと呼ばれる成分で構成されています。

    ケラチンとは、18種類のアミノ酸で構成されるタンパク質の一種。

    たんぱく質やアミノ酸の不足によって、ケラチンが不足してしまうと、髪の成長が遅くなったり抜けやすくなったりする原因に。

    薄毛予防のためには、このケラチンが不足しないように、毎日の食事で十分に栄養を摂取することが大切です。

    薄毛予防で悩んでいる人は、毎日の食事に含まれている成分にも着目して、髪に必要な成分を補うようにしましょう。 

    たんぱく質の合成に不可欠!不足しがちな亜鉛は上手に補給しましょう 

    薄毛予防において重要な栄養素の一つが亜鉛。

    亜鉛は、ケラチンの合成を助けるため、健康でハリのある髪を作り出すために欠かせない栄養素です。

    また、亜鉛は皮膚の健康を保つコラーゲンの生成にも深くかかわります。

    亜鉛は牡蠣やレバーなど食材に豊富に含まれています。

    1日の適性摂取量は男性(15〜69歳)が10mg、女性(12〜69歳)が8mgですが、男女ともほとんどの人がこの推奨量に達していないと言われています。

    亜鉛は日常の食事だけでは摂取しにくい成分ではありますが、食事内容を工夫し、必要であればサプリなども組み合わせて上手く摂取し、薄毛を予防しましょう。

    野菜に多い栄養素! ビタミンは髪の成長にも欠かせません 

    ビタミン類も薄毛予防には欠かせない栄養素です。

    ビタミン類は、髪の毛の主成分であるケラチンの合成を助けたり、皮脂の分泌をコントロールしたりと、さまざまな働きで頭皮や髪の毛の健康を守っています。

    ビタミン類は薄毛予防に欠かすことができない成分なので、毎日の食事で十分にビタミンを摂取するように意識しておきましょう。

    ビタミン類の中でもとくに重要なのが、ビタミンB6。

    ビタミンB6には亜鉛の働きを助けて、ケラチンの合成を促すといった作用があります。

    また、ビタミンB6には代謝を促す作用もあり、頭皮の環境改善にも重要な成分です。

    ビタミン類はたんぱく質、脂質、その他のビタミン類と合わさることで薄毛予防に力を発揮します。

    薄毛予防を意識する方は、食事のバランスをよくすることを心掛け、とくにビタミンB6が豊富に含まれている野菜などを積極的に食べるようにして薄毛予防を始めましょう。 

    続いては、薄毛予防におすすめの3つの食べ物を紹介します。

    薄毛予防におすすめの食べ物

    • ① 卵
    • ② 鶏胸肉
    • ③ 牡蠣

    ① 卵

    まずは、卵。

    タンパク質が豊富な卵は、薄毛予防にぴったりな食べ物です。

    卵のおすすめの食べ方は、「ゆで卵」。

    卵は、白身と黄身をかき混ぜて食べると、白身に含まれる「アビジン」というタンパク質が、黄身に含まれる「ビオチン」の吸収を阻害してしまいます。

    ビオチンは、髪の毛にとって大切な栄養素の一つなので卵を食べるときは、できるだけ、卵と黄身が分離している状態のものを食べるようにしましょう。

    ② 鶏胸肉

    鶏の胸肉にも、卵と同じく、良質なタンパク質がたっぷりと含まれています。

    肉などに含まれる脂肪分の摂りすぎは頭皮環境を悪化させる要因となってしまいますが、鶏の胸肉は脂肪分がほとんど含まれていないため、薄毛予防にうってつけの食材と言えるでしょう。

    ③ 牡蠣

    髪の成長を促す大切な成分「亜鉛」が豊富に含まれているのが牡蠣です。

    牡蠣には多くの亜鉛やビタミン類が含まれており、髪の成長に必要な成分をしっかりと供給してくれます。

    ● 毛髪診断士コメント

    薄げの呼ぶで大切なのは、栄養バランス。
    特定の栄養素ばかり摂るのではなく、バランスのとれた食事を心がけましょう。


    Sponsored Link
     

    生活習慣が薄毛を加速! 何気ない習慣から見直しましょう 

    薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方 4番目の画像

    薄毛の発症には、遺伝的素因や男性ホルモンなどが大きく影響していますが、飲酒や喫煙、不規則な食生活や睡眠不足といった生活習慣の乱れも無関係ではありません。

    飲酒や喫煙が薄毛予防の妨げとなってしまうのは、飲酒や喫煙が血流を悪化させてしまうから。

    髪は、毛細血管から必要な栄養素を吸収して髪を作っています。

    血流が悪化すると必要な栄養素が十分に得られず、髪の成長が阻害されてしまいます。

    また、肝臓はアルコールの分解にビタミンやたんぱく質を大量に消費するため、髪に必要な栄養素が不足し、頭皮環境も悪化してしまうのです。

    不規則な食生活や睡眠不足も、血流の悪化を招き薄毛予防の妨げとなります。

    薄毛予防を始めるにあたって、まずはこのような生活習慣を見直し、髪や頭皮にストレスがかからないよう注意してみましょう。 

    ● 毛髪診断士コメント

    何気ない生活も、薄毛予防に関係してきます。
    普段から、健康的な生活を心がけしょうね。

    薄毛の原因はさまざま! 薄毛の原因をチェックしてみましょう

    薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方 5番目の画像

    薄毛を予防するためには、薄毛の原因をきちんと理解しておくことが必要です。

    しかし、薄毛の原因は、人によってさまざま。

    また、男性と女性でも、薄毛のメカニズムは異なります。

    効果的な薄毛予防を行うために、薄毛の原因やメカニズムをしっかりと理解しておきましょう。

    男性を悩ませる薄毛、AGA(男性型脱毛症)

    男性の薄毛のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)によるものと言われています。

    AGAは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛ホルモンが髪の毛の成長を妨げることによって起こります。

    髪には毛周期と呼ばれる「髪の毛の成長サイクル」がありますが、ジヒドロテストステロンにはこの毛周期を短くする作用があります。

    毛周期が短くなるということは、髪の毛の成長期が短くなるということなので、髪の毛が細くなったり、十分に成長する前に抜けてしまったりするのです。

    AGAの症状はおでこの生え際部分や頭頂部から緩やかに始まります。

    AGAは進行性であるため、自己流の薄毛予防で自然に回復することはないでしょう。

    時間が経つごとに、脱毛範囲も広がってゆき、脱毛部分からはやがて髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

    AGAは早い人で10代の後半から、主に30代から40代にかけて発症します。

    男性の方で地肌の見える部分が多くなってきたと感じる人や、髪の毛が細くなってきたと感じる人は、できるだけ早めに医療機関で薄毛予防を始めるようにしましょう。 

    女性にも多い薄毛!FAGAは女性特有の脱毛症です 

    女性の薄毛で増加しているのが、FAGA(女性男性型脱毛症)。

    FAGAは、男性の薄毛とは基本的なメカニズムが少し異なっているため、男性とは違った薄毛予防が必要となります。

    このFAGAの原因は、加齢や出産などによって女性ホルモンの量が減少し、相対的に男性ホルモンの量が増加してしまうこと。

    FAGAは、男性の薄毛のようにはっきりと髪が減少するのではなく、全体的に髪が薄くなる「びまん性」という特徴を持ちます。

    症状が進行すると髪全体のボリュームが薄くなり、つむじ部分が広がったように見えることがあります。

    髪のボリュームがなくなってきたり、つむじが広がってきたりしたと感じる女性は、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

    ストレスに注意!ストレスは薄毛を加速させる要因です 

    ストレスは血行不良を招く原因となります。

    ストレスが薄毛の直接的な原因となるわけではありませんが、ストレスによる血行不良は髪の成長を妨げる要因となるので注意が必要です。

    脱毛症の一つである円形脱毛症の原因は「ストレス」と言われることが多いですが、最新の研究ではストレスではなく「自己免疫疾患」が円形脱毛症を引き起こしていると考えられています。

    しかし、この自己免疫疾患は、ストレスと無関係ではありません。

    自己免疫疾患を発症させる要因の一つが「ストレス」だと言われているのです。

    このようにストレスも薄毛予防に影響を及ぼします。

    毎日の生活習慣などに気を配り、できるだけストレスを溜めないようにすることが効果的な薄毛予防に繋がるでしょう。

    ● 毛髪診断士コメント

    薄毛の原因は人によって異なり、その対策も変わってきます。
    まずは「自分の薄毛の原因が何なのか」を知ることから薄毛対策を始めてみましょう!


    Sponsored Link
     

    自己流では限界も!正しい薄毛予防は医療機関で相談しましょう

    薄毛予防を始めよう! 生活習慣の見直し方 6番目の画像

     薄毛予防で大切なのは自分に合った方法を見つけることです。

    しかし、自己流の薄毛予防で効果を実感することは難しいかもしれません。

    そこで、おすすめしたいのが医療機関の受診です。

    医療機関で相談すれば、薄毛の原因の究明と自分に合った薄毛予防のアドバイスを受けることができます。

    自分の薄毛の原因に合った適切な対処を行うことで、薄毛を予防することができるかもしれません。

    効果的な薄毛予防を始めたい人は、まずは医療機関を受診しましょう。

    早期治療が大切! 薄毛は医療機関で治療できます 

    医療機関で行われる主な薄毛治療は、治療薬による投薬治療。

    フィナステリドやデュタステリドを有効成分とする薬は、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制し、薄毛の進行を予防することができます。

    AGAクリニックなどの医療機関では、厚生労働省に認可されている治療薬を処方しています。

    AGAクリニックでは、綿密な検査によって体質や症状に合った治療薬を処方してくれます。

    また、AGAクリニックでは治療以外にも、薄毛予防に効果的な生活習慣などのアドバイスを受けることもできるでしょう。

    効果的な薄毛予防法を探している方は、まずはAGAクリニックなどが行っている無料のカウンセリングなどを利用し、医師からのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

    ● 毛髪診断士コメント

    男性に見られる薄毛の多くはAGAの影響と言われていますが、その他の脱毛症の影響であることもあり得ます。
    まずは、病院で自分の薄毛の原因が何なのか知ることが大切です!

    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー