AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年07月17日 更新

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説!

    年齢を重ねるごとに気になり始める薄毛。その原因がAGAである場合、自分で行う対処法には限界があります。今回は、AGAとはどんな症状なのか、またAGAの原因や特徴、治療方法について紹介します。

    AGAとは? 症状や特徴を紹介

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 1番目の画像

    AGA(Androgenetic Alopecia)とは「男性型脱毛症」を指す言葉です。

    成人男性に多く見られる症状で、生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなります。

    このAGAは、男性ホルモンの影響により薄毛の症状が進行する脱毛症で、発症する年齢によって「若年性脱毛症」と「壮年性脱毛症」に呼び分けられることもあります。

    AGAを発症すると額や頭頂部から薄毛が進行し始めることによって、M字(おでこ)やO字(頭頂部)に髪の毛が抜けていくといった症状が現れます。

    AGAの症状別の特徴

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 2番目の画像

    AGAは前頭部・頭頂部の薄毛を引き起こしますが、それぞれ特徴があります。

    まず、前頭部から薄くなる症状の場合、額の生え際が少しずつ後退していきます。

    初期の段階ではあまり目立ちませんが、そのまま放っておくとM字の形で前頭部の髪の毛が薄くなります。

    そして、頭頂部から始まる症状では、つむじのあたりから髪の毛が薄くなり始め、段々と頭皮が見えるようになるのが特徴。

    自分では見ることの少ない位置なので、気付いた頃には症状がかなり進行していることも少なくありません。

    AGAにより薄毛が進行する仕組み

    髪の毛には成長期・退行期・休止期といった、髪の毛が生え変わる「ヘアサイクル」があります。

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 3番目の画像

    しかし、AGAを発症するとこのヘアサイクルに乱れが生じ、薄毛の症状が現れます。

    成長期とは髪の毛が太く長く成長する期間を指します。

    そして、退行期とは髪の毛の成長が停止し始める期間です。

    最後の休止期とは、髪の毛の成長が完全に止まり、新しく生えてくる髪の毛を準備する期間のことを言います。

    AGAを発症すると、成長期の期間が極端に短くなってしまいます。

    すると、健康的な髪の毛が成長しづらくなり、抜け毛が増え、薄毛という症状を引き起こしてしまうのです。

    AGAのチェック方法

    AGAが発症しているかどうかは、自分ではなかなか気付きにくいもの。

    AGAの発症に自分で気づくには、AGAの特徴を理解し、日々こまめにチェックすることが大事です。

    とくにわかりやすいAGAの特徴は「抜け毛の量」です。

    AGAが発症している場合、1日における抜け毛の量が100本を超えます。

    お風呂や寝起きの枕などを見て異常に抜け毛が多いと感じた場合は、AGAを発症している可能性があります。

    また、AGAは額か頭頂部から髪の毛が薄くなっていくので、日々の生活の中で自ら気付くのはなかなか難しいもの。

    AGAの発症にいち早く気付くためには、鏡を使ってチェックするか、他の人に見てもらうのが良いでしょう。

    他にも、AGAの検査キットを利用したチェックや、AGA治療を専門に扱っている病院で科学的に調べてもらう方法もあります。

    AGAの原因はどこにある?

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 4番目の画像

    AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの影響。

    AGAによって薄毛になった箇所にはこのDHTが多く発見されており、このDHTの影響により髪の毛の生え変わるサイクルが乱されると考えられています。

    DHTとは元々、筋肉や骨格の形成に関わるテストステロンという男性ホルモンです。

    しかし、このテストステロンに還元酵素の一種である5αリダクターゼが結合すると、髪の毛の成長を阻害するDHTが生成されてしまうのです。

    AGAの発症に関わる「アンドロゲンレセプター」とは?

    アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)とは、体内で生成・分泌されている男性ホルモンを受け取る器官のことです。

    DHTは、このアンドロゲンレセプターと結合することで、髪の毛の成長を阻害するシグナルを発します。

    AGAを発症する遺伝的な原因とは?

    AGAは先祖から受け継ぐ、ある遺伝子の強さが原因で発症するとも言われています。

    原因となる遺伝子は大きく分けて「5αリダクターゼの分泌量が多い遺伝子」と「アンドロゲンレセプターの感受性が強い遺伝子」の2つです。

    先述のように、AGAはテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生まれるDHTが原因と言われていますが、5αリダクターゼが活発に活動することで、多くのテストステロンがDHTに変換されます。

    そのため、遺伝的に5αリダクターゼの働きが活発な人は、AGAになるリスクが大きくなると言われています。

    また、アンドロゲンレセプターは感受性が強いほどDHTと結合しやすく、髪の毛の成長を阻害するシグナルが出されやすくなります。

    これらの遺伝子については、AGA専門クリニックなどで行われている「遺伝子検査」で知ることができるので、気になる人は一度検査を受けてみましょう。


    Sponsored Link
     

    市販の育毛剤でAGAは治療できる?

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 5番目の画像

    市販の育毛剤に含まれている成分には、毛母細胞を活性化させる成分、殺菌成分、頭皮の血行を促進させる成分などがあります。

    しかし、市販されている多くの育毛剤は、医薬部外品や化粧品に分類されており、その目的は主に薄毛の予防や頭皮ケアです。

    そのため、医薬品ほどAGAに対する改善効果に期待できる成分は含まれていません。

    AGAの治療を希望している方は、医師が処方する薬用作用のある育毛剤を使用するようにしましょう。

    AGA治療効果が認められた医薬品を紹介

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 6番目の画像

    AGAの治療効果が認められた医薬品には、ミノキシジル外用液、プロペシア、ザガーロの3種類があります。

    この3種はAGAの治療薬として推奨されており、効果・効能が認められた医薬品となっています。

    ミノキシジル外用液の薬理作用

    ミノキシジル外用液とは医学的な根拠を元にした、AGA治療に効果のある治療薬です。

    主な薬用作用としては血管拡張・血流促進や毛包の成長促進が挙げられます。

    頭皮の血流を促進させることで、髪の毛に必要な栄養を吸い取る機能を持つ毛乳頭へ栄養を送ることができます。

    血流を促進し栄養の循環を促すことで、健康的で太く長い髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

    また、ミノキシジル外用薬は毛を生産する器官である毛包に直接働きかけます。

    毛包の細胞に働きかけ活性化させることで、縮小した毛包を成長させ健康な状態へ戻す効果に期待できます。

    毛包を健康な状態にすることで正常な発毛サイクルを生み出すことが望めるため、発毛を促すという点において優れた医薬品です。

    プロペシアの薬理作用

    プロペシアとは、厚生労働省の認可を受けたフィナステリドが主成分のAGA治療薬です。

    プロペシアは体内に存在する5αリダクターゼという酵素の働きを抑える効果があります。

    この働きによって発毛を抑制しているDHTの生成を抑制し、発毛サイクルを正常に戻し、薄毛の進行を防止します。

    このような効果から、日本皮膚科学会が策定した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」で、AGA治療の使用に強く推奨されています。

    ザガーロの薬理作用

    ザガーロとは、2016年6月に発表されたAGA治療薬で、デュタステリドという有効成分が含まれています。

    この成分は5αリダクターゼを阻害する効果があるため、DHTの生成を抑える働きがあります。これにより、乱れた発毛サイクルを正常に戻す効果に期待できます。

    また、5αリダクターゼには1型と2型の2種類があります。

    プロペシアに含まれるフィナステリドの場合、主に5αリダクターゼ2型に対して作用しますが、デュタステリドはこの2種類の5αリダクターゼに働きかけることができます。

    さらに、デュタステリドは、フィナステリドの約3倍、5αリダクターゼ2型を抑える効果があります。

    このように、ザガーロにはプロペシア以上の脱毛を防止する効果、発毛効果が期待されています。

    AGA治療薬の副作用とは?

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 7番目の画像

    AGA治療薬は医薬部外品・化粧品とは異なり、身体に大きな影響を及ぼす可能性のある医薬品です。

    そのため、ミノキシジル外用液、プロペシア、ザガーロにおいても副作用の恐れがあります。

    報告されている副作用として、勃起不全や性欲減退、身体のむくみ等が挙げられます。

    それぞれの医薬品で副作用は異なるので、医師の指示に従って服用することが大切です。

    ミノキシジル外用液の副作用

    ミノキシジル外用液の副作用は、主に頭皮のかゆみ・頭髪以外の部位の多毛・むくみ・動悸です。

    また、ミノキシジルの薬理作用である血管拡張・血流促進は、心臓やリンパといった循環器系に負担をかけることがあります。

    ミノキシジル外用薬による重篤な副作用は報告されていませんが、使用する際は、医師や薬剤師の説明をしっかりと受けましょう。

    プロペシアの副作用

    プロペシアで報告されている副作用はリビドー(性的欲望)減退や勃起機能不全(ED)、射精障害などがあります。

    副作用の症状が見られる可能性は1~5%程度ですが、AGA治療薬プロペシアによる副作用が心配な人は、医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

    また、プロペシアの内服により、肝機能障害が現れることもあるため、肝機能に不安がある人は必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

    ザガーロの副作用

    ザガーロの副作用には性欲減退、勃起不全、精液量減少などの男性機能低下に関する内容の報告があります。

    具体的な数値としては、勃起不全4.3%、性欲減退3.9%、精液量減少1.3%です。

    他にも、1%未満ですが、女性の乳房のように胸が膨らむ女性化乳房といった報告もあるようです。

    ザガーロの内服でも、肝機能障害が見られることがあるため、不安がある人は必ず医師・薬剤師に相談するようにしましょう。


    Sponsored Link
     

    AGA治療薬は病院で正しく処方してもらいましょう

    AGAとはどんな脱毛症? 原因や治療法を解説! 8番目の画像

    AGA治療薬は発毛効果が認められている医薬品ですが、副作用が起きることもあります。

    そのため、病院で医師の指示に従って使用することが大切です。

    AGAとは、主に遺伝子や男性ホルモンが原因で発症する脱毛症であり、自然治癒することはありません。

    症状に気付いたときは、少しでも早く病院で治療を受けることが大切です。

    早く対処することで、改善までの時間や身体への負担も小さくすることができるでしょう。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー