AGA+ [エージーエープラス]
生える人をふやす
髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! アイキャッチ画像
    毛髪診断士

    2018年08月07日 更新

    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説!

    髪の毛が薄くなってきたと感じたら、原因を調べて、改善に向けて適切に行動することが大切です。今回は、よく見られる薄毛の原因や、髪を増やしたいときに役立つ方法などをまとめていきます。
    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! 1番目の画像

    髪の毛が薄くなった! 考えられる原因は?

    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! 2番目の画像

    髪の毛が薄くなる原因は、髪の栄養不足や頭皮環境の乱れ、毎日のスタイリングなど、数多く存在します。

    薄毛の原因にはこうした生活習慣からなるものに加え、AGAを始めとする「脱毛症」が関係していることもあります。

    薄い髪の毛を改善するには、頭皮や髪の毛の状態をしっかりとチェックし、現状を正しく把握することが非常に重要です。

    髪の毛の栄養不足に注意! 侮れない食生活の影響

    毛根にある毛母細胞が分裂をすることで、発毛や成長を繰り返しているのが髪の毛です。

    毛母細胞が活発に働くためには、頭皮から十分な栄養を吸収することが必要。

    頭皮の栄養分が不足していると、毛母細胞がスムーズに活動できず、抜け毛が増えて薄い髪の毛になってしまうことがあります。

    こういった栄養不足が原因の薄毛を改善するには、日々の食事内容を見直すことが重要です。

    食事で摂取した栄養素は、体の中で分解されて頭皮の栄養としても使われます。

    食事の栄養バランスが乱れていると、髪の成長に必要なエネルギーを頭皮に届けることができず、結果として髪の毛が薄い状態になってしまうこともあるので注意しましょう。

    髪の発育を助ける栄養を理解し、薄毛を未然に防ごう

    髪の発育に必要とされているのが、亜鉛です。

    亜鉛は、細胞の働きを良くして発毛や髪の成長をサポートしています。

    髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質ですが、このケラチンを作るためにも亜鉛は必要です。

    この亜鉛は、男性が発症するAGAと呼ばれる脱毛症を改善するためにも役立つと考えられています。

    また、髪の毛の材料になるたんぱく質も、薄い髪の毛を改善したいときには十分に摂取しておきたい成分。

    さらに、血流を良くするなど、髪の毛の発育を陰ながら支えるビタミン類もしっかりと摂取する必要があります。

    インスタント食品を多く食べている方や外食が多い方は、このような栄養を十分に摂り込めていない可能性があるため、偏った食生活にならないよう意識しましょう。

    薄い髪の毛の原因が「頭皮環境」にある場合も

    髪の毛が薄い人は、頭皮にトラブルを抱えているケースも少なくありません。

    頭皮は健康な髪を育てるための、言わば土壌になる部分です。

    頭皮が荒れていると、髪の成長が妨げられるだけでなく、抜け毛が目立って髪の毛が薄い状態になることも。

    例えば頭皮に炎症があると、十分に成長しない状態で髪が抜け落ちてしまい、薄毛を促進させてしまうことにもつながります。

    炎症の1つの原因になるのが、頭皮の過剰な皮脂や汚れ。

    日ごろのシャンプーでしっかりと皮脂や汚れを取り除くことができないと、頭皮が脂っぽい状態になり、吹き出物や湿疹といった炎症の症状を誘発しやすくなります。

    シャンプーの頻度が少ない人や丁寧に洗えていない人に多いのが、この手のトラブルです。

    ただ、頭皮の汚れや炎症を気にするあまり、シャンプーの回数を増やし過ぎるのはやめましょう。

    シャンプーで皮脂をとりすぎると、頭皮が過剰に乾燥してしまし、かえって皮脂分泌が増えてしまう場合も。

    また、ゴシゴシと頭皮を強く洗いすぎるのも禁物。

    このような洗い方は頭皮にストレスがかかり、薄い髪の毛になりかねないので注意をしましょう。

    ヘアスタイルによっても薄毛の発生率は変わる?

    意外かもしれませんが、「ヘアスタイル」が薄い髪の毛の原因になっている場合もあります。

    ヘアスタイルが薄毛の原因になるケースが多いのは女性です。

    女性のポニーテールやアップスタイルのまとめ髪などは、頭皮に大きな負荷がかかります。

    常に一方向に引っ張られている状態になるため、頭皮環境が悪化して抜け毛が増えてしまう、といったことも起こります。

    また男性の場合は、常に同じ場所に分け目を設けていると、女性と同じようにヘアスタイルによる薄い髪の毛を招くリスクが高くなります。

    例えば前髪を上げてオールバックにしている人は、生え際の髪が薄い状態になる可能性があるため、注意が必要です。

    薄い髪の毛になるのを防ぐためには、頭皮に負担のかからないヘアスタイルを取り入れるなど、日頃から頭皮環境について気をつけるといいでしょう。

    髪の毛が成長するメカニズムは?

    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! 3番目の画像

    髪の毛は、成長期・退行期・休止期の3つのフェーズからなる、ヘアサイクルを通して成長しています。

    頭皮の毛母細胞が働き始め、発毛がスタートするのが成長期。

    成長期では、発毛した髪の毛が徐々に太く長くなっていきます。

    また成長期は、ヘアサイクルの中でも1番期間が長く、通常は2年から4年前後続きます。

    成長期の次に巡ってくる退行期では、毛母細胞の活動が弱まり、髪の毛の成長が徐々にストップしてきます。

    退行期は1ヵ月間で、その後、毛根は休止期に入ります。

    休止期の約5か月の間は、次の髪の毛を生成するための準備期間。

    毛母細胞も活動をストップし、髪の毛の成長も休止状態になります。

    このような正常なヘアサイクルで髪の毛が成長を続けていれば、極端に髪が薄い状態になることはないでしょう。

    つまり、薄い髪の毛になってしまう人は、何らかの原因でヘアサイクルが乱れている可能性が考えられます。

    正常なヘアサイクルが保たれていないと、抜け毛が増える一方で新しい髪の毛がなかなか生えず、髪の毛が薄い状態になってしまいます。

    薄い髪の毛を防ぐには、正常なヘアサイクルを繰り返す必要があるのです。


    Sponsored Link
     

    薄毛を招く脱毛症にはさまざまな種類がある?

    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! 4番目の画像

    髪の毛を薄い状態にしてしまうのが、これから紹介するような脱毛症です。

    薄い髪の毛の原因になる脱毛症として有名なのが、AGAやFAGAです。

    このほかにも、牽引性脱毛症や脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などがあります。

    ここでは、「AGA」と「FAGA」について詳しく紹介していきます。

    薄毛を引き起こすAGA(男性型脱毛症)とは?

    多くの男性の薄毛を引き起こしているのが、AGA(男性型脱毛症)です。

    AGAは、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが原因の脱毛症で、20代や30代の比較的若い男性にも見られます。

    生え際や頭頂部の髪が薄い状態になるのが、AGAの1つの症状。

    ジヒドロテストステロンが頭部の男性ホルモン受容体に働きかけると、ヘアサイクルのリズムを乱すシグナルを発します。

    このシグナルによって髪が成長するべき成長期が極端に短くなり、髪の毛が抜けやすくなるのがAGAのメカニズムです。

    髪の成長期が短くなると、細く弱々しい髪の毛が増え、シャンプーなどの日常的な刺激ですぐに抜けるようになります。

    その結果、髪の毛が薄い状態になってしまうのがAGAの特徴です。

    薄毛を引き起こすFAGA(女性男性型脱毛症)とは?

    男性のAGAと並び称されるのが、女性のFAGA(女性男性型脱毛症)です。

    FAGAの原因は女性ホルモンの乱れです。

    女性ホルモンの1つであるエストロゲンは髪の毛の成長を促す作用があります。

    しかし、何らかの要因でエストロゲンの分泌が乱れると、抜け毛が目立つようになり、女性も薄毛になってしまうことがあります。

    女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるのは、産後や更年期などです。

    ストレスはホルモンバランスが乱す原因になりうるため、ストレスが溜まっている状態はやはりFAGAの発生率が高くなります。

    女性のFAGAは、頭部全体が薄い状態になるのが大きな特徴です。

    男性のAGAのように特定の場所から薄毛が始まるわけではないため、「気がついたら髪が薄い状態になっていた」といったケースが多いです。

    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! 5番目の画像

    髪の毛が薄くなったときに必要な対策は?

    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! 6番目の画像

    ここで取り上げる改善法は、薄い髪の毛に気づいてからでも試してみる価値があるアプローチです。

    気になるものがあったら、ぜひ試してみてください。

    シャンプーの仕方を見直して薄毛を未然に防ぐ

    髪の毛や頭皮に与える影響が大きいのが、毎日のシャンプーです。

    ヘアサイクルが乱れて髪が薄い状態になっているときには、一度シャンプーの仕方を見直してみましょう。

    頻繁に洗いすぎていないか、洗い残しが発生していないか、などはとくに重要な点です。

    頭皮の状態を観察してみて、痒みやフケといった症状が見られたら、シャンプーの仕方や使用するシャンプー剤を見直してみると良いでしょう。

    頭皮にかかるストレスを減らすことで、髪の毛が薄い状態を悪化させずにすむ場合もあります。

    髪の毛が薄い部分は、とくに優しく洗いましょう。

    とは言っても、頭皮への負担を気にしすぎてシャンプーの頻度を極端に減らすのは得策ではありません。

    正常なヘアサイクルで成長している髪の毛でも1日に100本程度は抜けるので、少量であれば髪が抜けたからといって過剰に不安になる必要はないでしょう。

    それでも頭皮への影響が気になるという人は、刺激の弱いシャンプー剤を用いて、38度くらいのぬるま湯で洗うようにするといいでしょう。

    医薬部外品の育毛剤を使ってみよう

    医薬部外品や化粧品として販売されている育毛剤は、頭皮の環境を良くするといった効果を持ちます。

    多くの医薬部外品の育毛剤には、血行不良や皮脂の過剰分泌を予防してくれる成分が含まれれています。

    例えば、市販されている多くの育毛剤には、頭皮の血流を良くする成分が含まれています。

    また、過剰な皮脂分泌を抑えて頭皮を清潔に保つ植物エキスなども、良く使用されている成分。

    この手の育毛剤には、髪の成長に必要な栄養分などが含まれています。

    髪の毛の成長に必要な栄養分を補いたいという人は、使用を検討してみてもいいかもしれません。

    市販の育毛剤には明確な発毛効果はありませんが、上手に使用をすれば、それ以上髪の毛が薄い状態になるのを防げる可能性があります。

    生活習慣を整えるのも薄い髪の毛を予防する方法の1つ

    ホルモンバランスはもとより、頭皮環境も、健康状態によって大きく左右されます。

    生活習慣が乱れて健康状態が悪化していると、AGAやFAGAのリスクも高くなります。

    食事や睡眠、ストレスなどは、頭皮の環境にも影響を与えており、生活習慣の乱れは髪の毛を薄い状態にしてしまう原因の1つです。

    生活習慣の影響で自律神経が乱れ、頭皮の血流が悪くなり、髪の毛が薄い状態になってしまうことも考えられます。

    実際、働き盛りの男性や、家事や育児に追われる女性の中には、薄い髪の毛に悩む人が多く見られます。

    生活習慣が乱れがちな人は、今の生活を一通り見直してみるのも、薄い髪の毛を改善していくための方法になるでしょう。

    飲酒や喫煙の習慣も、抜け毛を増やして薄い髪の毛を悪化させてしまうことがありますので、嗜好品は適切な量を意識して楽しみましょう。


    Sponsored Link
     

    薄くなった髪の毛は元に戻る? 効果が見込める方法は?

    髪の毛が薄くなってきた! 薄毛の原因と対策を徹底解説! 7番目の画像

    手を打つのが早ければ、一度薄い状態になった髪の毛であっても、元に戻ることが期待できます。

    薄い髪の毛を元の状態に戻したいときには、以下で紹介するような方法を検討してみるのも良いでしょう。

    薄い部分が目立つようなときには、自分で判断せず、専門家に相談するのが安心です。

    発毛効果が認められている治療薬を試す!

    薄い髪の毛に悩む人の多くが良く利用しているのがミノキシジルです。

    ミノキシジルは、元は高血圧の改善に使われていた治療薬ですが、薄い髪の毛の治療にも広く用いられるようになっています。

    ミノキシジルは、血管を広げて頭皮の血流をアップする効果があります。

    このミノキシジルを含有した外用薬は、薄い髪の毛を治療する医療機関でも処方されているポピュラーな治療薬です。

    ミノキシジルの成分を配合した外用薬は、薄毛の女性にも使用が勧められています。

    男性のAGAの治療薬として有名なのが、プロペシアやザガーロです。

    プロペシアは、主に5αリダクターゼ2型の作用を抑え、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を防ぐ働きがあります。

    一方、ザガーロは、5αリダクターゼ1型と2型の両方を抑えられるのが特徴で、その治療効果が話題になっている薬です。

    一般的に、プロペシアには薄毛の進行を遅らせる作用、ザガーロには薄い状態を改善する作用が期待されています。

    「髪の毛が薄い……?」と感じたらお医者さんに相談!

    髪の毛の薄い状態が目立つようになったら、一度病院で診察を受けてみましょう。

    薄毛の専門医が常駐している病院では、その人の頭皮や髪の状態を詳しくチェックして、髪が薄い状態になっている原因を特定します。

    AGAの疑いがあるなど、ホルモンの影響が考えられるときには、血液検査も行われますので、正確な診断が受けられます。

    髪の毛が薄い状態になっている原因を特定すれば、それに合わせた対策を講じることができます。

    頭皮の環境や健康状態などは一人ひとり違うため、まずは専門医の診察を受けるのが自分に合った対策を知る方法になるでしょう。

    薄い髪の毛が気になりだしたときには、早めに対策をスタートするのが大切です。


    AGA専門クリニックってどこに行けばいいの?

    薄毛で悩んでいてAGA専門病院に相談したいけれども、「お金はいくらかかるんだろう」 「薬の副作用が不安……」と、なかなか踏み出せないものですよね。

    でも大丈夫! 「まずは相談だけで◎」というクリニックがたくさんあります!

    病院に行かずにスマホで相談できちゃう「AGAヘアクリニック」

    AGAヘアクリニック

    サッカー日本代表の長友選手が出演するテレビCMで話題の『AGAヘアクリニック』は、スマホアプリによるテレビ電話カウンセリング無料で行っているため、全国どこからでも、気軽に相談できます!

    そして、薬は診察後に自宅に宅配便で届くので、外出なしで薄毛治療を受けることが可能です。

    オーダーメイド治療薬の処方も受けられる「AGAINメディカルクリニック」

    AGAINメディカルクリニック

    20代・30代を専門に治療する「AGAINメディカルクリニック」!

    「八重洲院」と「秋葉原院」の2箇所あり、どちらも駅から徒歩1分とアクセス良好です♪

    『もし発毛しない場合は治療の途中でも全額返金いたします』という心強さ。

    もちろん無料カウンセリングも実施中なので、気になった人は24時間対応のメール予約から!

    モニター割引など費用面でのサポートも充実!「ウィルAGAクリニック」

    ウィルAGAクリニック

    治療費の不安を解消するため、ウィルAGAクリニック表参道本院では費用面のサポートも行っています。

    モニター割引を利用すれば、オリジナル治療薬の処方や、LHDV頭皮注入治療が33%割引。

    さらに、ウィルAGAクリニックは日本先端発毛再生医療学会から認定を受けており、2年以上の長期治療を受ける場合、治療費の30〜40%にあたる補助金を受けることもできるようです。

    もちろん無料カウンセリングを実施していて、メールからいつでも予約可能です♪

    AGAや薄毛に悩む人たちに正しい治療を勧めるサイトポリシー